オーディオ インターフェイス。 オーディオインターフェイスの基礎構造と基本知識

オーディオインターフェイスの基礎構造と基本知識

オーディオ インターフェイス

Point!• Firewire接続を使用するとUSBポートを節約できるというメリットがある。 アウトプットにスピーカーやヘッドホンを繋げてパソコンの音を出力してみよう! オーディオインターフェイスの アウトプットチャンネルにスピーカーやヘッドホンを繋げてパソコンの音を出力してみましょう。 ヘッドホンの場合! ヘッドホンの場合は「 PHONES」と書かれたステレオ出力チャンネルに繋ぎます。 このとき、 1本のステレオケーブルに左右の音が出力されてヘッドホンまで届きます。 スピーカーの場合! スピーカーは左右別々に出力するので、 モノラルケーブルを2本使用するという点に注意しましょう💡 モノラルケーブルへの出力は、オーディオインターフェイス本体の「 OUTPUTS」と書かれた数字へ、基本は「1-2」、「3-4」のように隣り合った数字の差込口を組み合わせて使用します。 一般的に 数字の小さいほうが左(白ケーブル)、 数字の大きい方が右(赤ケーブル)として使う慣習になっています💡 オーディオインターフェイスへマイクやギターを繋げてみよう! 次はオーディオインターフェイスにマイクやギターを繋げて音を入力してみましょう💡 マイクの場合はXLR端子がおすすめ! マイクを接続する際、 オーディオインターフェイスに上のようなXLR受け口がついている場合は、 XLRケーブルを使用して接続するのがおすすめです! XLRインプットでは コンデンサーマイクに欠かせない48V電源が付いていたり、何かと優遇されているので搭載されている場合は是非使いましょう💡 最近のオーディオインターフェイスではXLR受け口に モノラルフォーンケーブルを差し込むことも可能です。 ギター・ベースのLINE録りならHi-Zに対応していればどこへ繋げてもOK! ギターやベースを直接オーディオインターフェイスに繋げて録音する際には、通常の接続ではほとんど音を拾うことができません。 そこで、楽器を接続するときだけは、 そのチャンネルだけHi-Z(ハイインピーダンス)モードに切り替えて使用します。 対応・非対応はオーディオインターフェイスにもよりますが、 Hi-Zモードを使えるチャンネルであれば、どこへ繋げても大丈夫です💡 オーディオインターフェイスの繋ぎ方のまとめ!• オーディオインターフェイスの基本的な繋ぎ方は3つ(パソコンとのやりとり、インプット、アプトプット)!• 業務用機も民生機も基本は同じ考え方でOK!• マイクやギター・ベースはインプットチャンネルに繋ぐ!• ヘッドホンやスピーカーはアウトプットチャンネルに繋ぐ!• パソコンへの接続にはUSBを使用するのがおすすめ!• マイクやギター・ベースなどはインプットチャンネルに繋ぐ!• マイクを繋ぐ際には、XLR端子を使用するのがおすすめ!• ギターやベースを繋ぐ際には、Hi-Z(ハイインピーダンス)に対応しているインプットチャンネルを使用する! 今回はオーディオインターフェイスの繋ぎ方について、オーディオインターフェイスが どのような経路で音を扱っているか、 周辺の機材はどのチャンネルに接続すれば良いかについて紹介しました💡 今回紹介した以外にも光ファイバーやデジタル出力、MIDIインプット・アウトプットなどを備えたオーディオインターフェイスもありますが、最近では使用される機会も少なくなっています。

次の

ゲーム実況用のオーディオインターフェイスをオススメ3つ選んでみた【初心者向け】

オーディオ インターフェイス

オーディオインターフェイスとは? PCでオーディオを高音質で入力、出力が可能になる装置で 音楽用のマイクやエレキギターなどの信号を扱えるようにするインターフェース。 歌ってみたやゲーム実況、ライブ配信など音声を重視するクリエイターには必須のアイテムとなっていて、 実質これがないと音声の入力はできないんじゃないかみたいなやつです。 楽器と同じで値段もピンキリではあるが5000~30000円くらいが相場かと思います(幅が広すぎて参考になるか微妙ですが)。 オーディオインターフェイスの使い方 USB接続が一般的 オーディオインターフェイスの多くはUSBでPCに接続します。 USB接続したオーディオインターフェイスに対し、出力デバイス(イヤホンやスピーカー)を接続し音を出力したり、入力デバイス(マイクや電子楽器)を接続してPC側に取り込んだりして利用します。 接続例 簡単な接続例を図にしてみました。 以下をご覧ください。 PCと入出力デバイスの間にオーディオインターフェイスが挟まれる感じっすね。 音量の調節などもオーディオインターフェイスが担うようになります。 オススメのオーディオインターフェイス3選! 使い方や用途も分かったところで、初心者にオススメのオーディオインターフェイスを多摩川さんの独断と偏見でご紹介しようと思います! 別にオーディオの専門家じゃないんで、玄人の方はコメントにて助言頂ければ幸いです。 ベリンガー U-PHORIA 1-Channel UM2 用途に合わせたものを手に入れよう! いかがだったでしょうか。 一口にオススメといっても使っているPCやOS・作業環境でバラバラなので、購入の際は商品詳細をきちんと確認しましょう。 ことゲーム実況に関して言えば、ノイズなく実況音声を録音できれば必要十分かと思いますので「 つまみ等がシンプル」で「 自分の環境で使える」ことを意識していれば初心者は失敗しにくいのかなと思います。 多摩川さんの一押しはこれ! 明智くんへのオススメになりますが、上記の3点の中だと 「UR12」あたりが良いんじゃないかなと個人的には思います。 値段も8000円前後で比較的安価ですし、実況で出来ることは間違いなくできる上、Cubaseもついてるんで簡単な作曲くらいならできるはず。 WindowsでもMacでも使えるし小さくてシンプル、まさに入門モデルっすね。

次の

オーディオインターフェイスのおすすめ12選。自宅を音楽スタジオに

オーディオ インターフェイス

初めに オーディオインターフェイスをなんとなく理解している人がいますが、ほとんどの方が正確にちゃんと理解していないため、使い方を間違えていたり、正確に音声のポテンシャルを活かしきれていない現場がたくさんあることに気が付きました。 今回は、インターフェイスの構造と技術がどのようにコンピュータと音声をやり取りしているのか、をめちゃくちゃ詳しく解説していく予定です。 また、以下を読む前に前作のの仕方を読んでおくと良いかもしれません。 良い音を録りたい、良い音で聞きたい、という場合はここの予算をケチってしまうと、高音質録音や高音質再生が不可能になります。 結構勘違いされがちですが、高ビットデプスや高サンプルレートで収録しているから音質がいい、というのは イコール 関係になりません。 それなりに比例した関係性を持ってはいますが、ちゃんとしたインターフェイスでないかぎり 高ビットデプス 高サンプルレート 収録する利点は殆どありません。 容量の無駄です。 コンピュータオーディオの基礎 自然界に存在する音は アナログ です。 これを Analog Digital Conversion ADC と言ったりアナログ・デジタル変換という して デジタルデータ にします。 そしてソフトウェアを使い、コンピュータまたはデバイス上の記録メディア上に保存します。 この時必要なものがマイクです。 アナログの空気振動を微弱な電圧に変えてこれをオーディオインターフェイスの ADC に送り、ADC はその微弱な電気信号を デジタルデータ へと書き換えています。 再生はその逆で、デジタルデータ を Digital Analog Conversion DAC [ダック] という名称で有名 してスピーカやヘッドフォンが扱える電気信号 アナログ信号 に変換してから出力します。 このとき DAC から出力される信号は微弱なため、スピーカだけでは音声が上手く再生されません。 ですからアンプが必要になってきますがこれは別の話ですので今回は説明しません。 実際の オーディオコンバータ はチップでオーディオインターフェイスの基板上に必要なチャンネル分搭載されいる。 アナログからデジタル、デジタルからアナログへ 音声信号をアナログからデジタルへ変換する場合には、いろいろな技術が使われいます。 これらの技術概論を理解していないと、音質の向上や音声の扱い方を理解できなくなります。 標本化定理とサンプリング周波数 標本定理とは、簡単に説明すると人間はアナログの情報をデジタルに変換した場合「2倍の情報量がないと再構築できない、ちゃんと人間がそれを認識できない」というものです。 今スタンダードな動画の fps は 30 ですが、人間は 15fps くらいでこの世界を捉えていると言われています。 しかし、15fps の映像をみると明らかにカクカクした映像を認識できる思います。 デジタル化において人間に違和感なく認識させるためには、情報は2倍 30fps 必要ということになります。 音声のサンプリング周波数は現在、映像分野でのスタンダードは 48kHz です。 単純に考えると 48kHz のサンプリング周波数であれば、48,000Hz までの音声信号を記録できそうな感覚がありますが、先程説明した標本定理から 48kHz の場合、その半分 24,000Hz までの音声信号しか記録できません。 オーディオクロック ほとんどの映像関係者はオーディオマスタークロックというものを知らないと思いますが、大きなエディットスタジオにお勤めの方なら、業務用ビデオシンクやマスタークロックジェネレーターの存在を知っていると思います。 ビデオシンクのために使うものですが、精度の高いクロックジェネレーターを使うとディスプレイの発色がよくなるなど言われます。 このような現象がオーディオインターフェイスでも起こります。 ビデオ環境でもクロックジェネレーターが必要なことを考えたらオーディオインターフェイスにもちゃんとしたオーディオ用マスタークロックが必要なことは容易に理解できるでしょう。 世界中でトップシェア誇る Antelope Audio 社製マスタークロック Trinity 日本のプロスタジオはほぼこれ ジッター 良くこの業界、ジッターという言葉を聞く事があるが、時間軸のズレのことをジッターという。 たま~にジッターノイズということを聞くことがあるが、それはジッターノイズではなく、シンク出来ていないときに発生する同期ずれ、シンクノイズだ。 以下の図で解説する。 引用: デジタルなのになぜ音が変わるの? ジッター Jitter とは、電気通信などの分野において、時間軸方向での信号波形の揺らぎの事であり、その揺らぎによって生じる映像等の乱れのことも指す。 by Wiki: とある。 映像の分野でも重要なクロックジェネレーターだが、音響の分野でも一緒だ。 例えばアナログの信号を正確にサンプリングしたい場合、サンプリング周波数の周波数を増やし、クロックジェネレーターの精度を上げる必要がある。 図を見て欲しい、正確なマスタークロック 黒 とジッターが発生しているクロック 赤 ではサンプリングした波形に誤差が生じている。 これが音質に影響を与えるということを理解して欲しい。 どちらがいい音かは、実際に聞いてみないとわからないが、ジッターが多い方がなんとなく音に悪影響を与えそうだと理解できるだろう。 実際には正確なマスタークロックだからといって音質がいいとは限らない 以上の様に、オーディオマスタークロックが必要であることを理解できると思う。 レコーダーとオーディオインターフェイスの種類 実際には、収録現場で大掛かりなレコーディングシステムを構築することは非常に難しいので、カメラに付属している端子からレコーディングしたりフィールドレコーディング用のレコーダを使用するのが現実的です。 レコーダーとオーディオインターフェイスは同じ様な振る舞いをするので同じものと勘違いされがちですが、オーディオインターフェイスはコンピュータと接続して使用するものになります。 オーディオインターフェイスは基本的にコンピュータが無いとそれ自体でレコーディング、再生できないもので、明確に違うものと考えてください。 レコーダー オススメピンタイプのレコーダー、B帯無線機を買うより安上がりで音質もカメラに録音するより、こちらのほうが良い。 コストパフォマンスに優れたマルチレコーダー、マイクを4本も挿せるので、これで基本的には大丈夫なはず。 レコーダーの場合、音質向上は基本的に期待出来ません。 ポータブルやフィールドレコーディングを前提としてるので、バッテリー持ちや小型化なので設計がかなり簡略化されています。 使い勝手や予算、マイクの種類等で適切なものを選ぶといいでしょう。 オーディオインターフェイス 映像現場の場合、編集時に主に使うことになるでしょう。 DaVinci Resolve や Premiere Pro などで再生している音声を扱う際に効果を発揮するでしょう。 特にオーディオインターフェイスの音質は音声処理の質に大きく影響します。 映像現場の方は最近は Windows が増えていると思いますが、Mac でも使えたほうが良いということで、両プラットフォームに対応しており、コストパフォーマンスと音質を両立出来ている市販のオーディオインターフェイスは多くありません。 また USB と Thunderbolt 両接続方法をサポートしている製品は稀です。 上記の両プラットフォームと両接続方法に対応している製品は以下です。 低ジッタでクロック精度も高く、Windows、Mac 共に USB、Thunderbolt 接続が可能で安定性も高い ただし 30万円〜 と少しコストがかかる 業界標準としては AVID 社の Pro Tools と Media Composer になるので HDX 対応品を買う制作会社が多いかもしれません。 Antelope Audio Goliath HD、Orion 32 HD• Apogee Symphony HD option card• AVID MTRX AVID の純正機• Focusrite RED series• Lynx Aurora HD AVID 純正品は余裕で 100万円を超え、アナログ信号を扱えるようにチャンネルを増やすと 200万 300万 かかるものになります。 上記のメーカは価格を抑え、なおかつ他チャンネル高品質な HDX system 対応の製品がサードパーティとして販売されています。 個人でこの様なシステムを組むのはフリーランスエンジニアでもごく一握りです。 ミキサー型 インターフェイスになるものもありますが、ほとんどが大型でホールなど業務レベル向けに設計されており、映像編集や音響制作の現場では使用されません 超大型の SSL や NEVE、API などのインラインコンソールは除く。 現在はほとんどがデジ卓かコントロールサーフェイスであり、一般向けのミキサー型は微妙な製品しかなく、インターフェイスとしての能力がかなり低いです。 わざわざミキサー型を買うにはそれなりの理由が必要です。 インターフェイスとしての性能は非常に低いことを理解してください。 オーディオインターフェイスの構造 オーディオインターフェイスは大まかにマイクプリ搭載型とラインレベル統一機の2種類があります。 ラインレベル統一機は高級機で限られた条件やスタジオでしか利用することはないと思いますので、今回はマイクプリ搭載型のインターフェイスを説明します。 また説明順は信号の流れを表します。 マイクプリ マイクプリアンプ XLR 端子対応の製品はこの様なケーブルコネクタと入出力ソケットに対応している。 XLR 端子を接続することが出来る製品はマイクプリが搭載されています。 マイクは微弱な電気信号を扱うため、その信号のレベルを増幅してあげないとレコーダーに記録出来ないからです。 その信号増幅装置がマイクプリアンプです。 これが搭載されていない機器ではマイクを使って収録ができません。 また、このマイクプリアンプの性能が音質に直結します。 マイクプリの性能が低ければマイク本来の電気信号を上手に増幅出来ず、アナログ信号波形が変形してしまいます。 これが音質の低下の原因になり、安いものはこのマイクプリの性能が悪いため音質が良くない、ということになります。 せっかく良いマイクを買ってもカメラ直付けや、安いレコーダ、インターフェイスを使って収録しても宝の持ち腐れです。 特に安いインターフェイスに搭載されているマイクプリは総じて質が悪いです。 安いインターフェイスは安いチップを使うため、高サンプルレートで収録しても元々の ADC の質が良くないので音質向上には繋がりません。 また安いインターフェイスは精度の悪いオーディオクロックが採用されているのでサンプリングの質自体が良くなく、音質向上には繋がりません。 USB または Thunderbolt 転送 録音時、AD アナログからデジタル変換 された信号はケーブルを伝わりコンピュータの DAW 上やレコードソフトに配置されます。 データ自体は記録メディアに保存されます。 HDD か SSD に限られてくると思います 再生時、デジタルの信号はオーディオインターフェイスへ送られ DA デジタルからアナログ変換 され、その信号は任意のアナログ端子に出力できます。 DA の場合はどこのアナログチャンネルに出力させるかの選択もできます。 これがかなり重要な機能になるのですが、ほとんどの一般向け製品では細かな出力設定ができません。 これをルーティングというのですが、アナログデジタルの関係性を理解でき、なおかつ入出力のフレキシブルさを要求される際には必須です。 1ch や 5. 1ch を行うためには任意のデータを DA させそれを任意のスピーカに送ることができないといけません。 スピーカやヘッドフォン出力 最近のインターフェイスは親切なので、メイン出力にメイン信号を出力してくれるように設計されています。 ただし、すこし複雑なルーティングや任意のチャンネルだけを別端子に再生させたい場合などにルーティング理解する必要があります。 インターフェイスによって設定方法は異なります、これらは各インターフェイスで使い方を覚える必要があります。 オーディオインターフェイスとは まとめ• レコーダと勘違いされがちですが、コンピュータオーディオを入出力するためのインターフェイスです。 基本的な構造は アナログ回路の入力と ADC、 DAC とアナログ回路の出力、クロックジェネレーターが搭載されている• 今後は音声データの扱い方も説明しないといけませんが、オーディオインターフェイスの構造と知識が正確に理解できていない人が多いと感じたため、このノートを作成致しました。 映像制作では PC や Mac オンボードのスピーカやイヤフォンで処理している人も多いかと思いますが、レベルを上げるためにはインターフェイスからスピーカやモニタリング用のヘッドフォンに音を出力させ、編集する必要があります。 実際には皆さんの声やコメントを聞きたいと思っています。 質問等あればお気軽にください。 それに答えたいと思います。 よろしくお願い致します。 おまけ。 音質向上に効果があること 1. 電源を変える 実は商用 100V 自宅やオフィスの壁コンセントのこと はめちゃくちゃ質が悪いです。 余裕があれば別途電源を買いましょう。 安定電圧電源やノイズ消去技術を採用したパワーディストリビュータやパワーコンディショナーを使うと効果があります。 ケーブルを変える 実際に変化があります。 どれが正解かといわれるとどれも正解であり不正解の世界ですが、業界標準として Mogami がプロオーディオの世界では圧倒的な支持率があります。 コメントありがとうございます。 タイムコードを同期できないが、全体が有線で完結できるレコーダーの場合、編集点を作ることが非常に大切だと思います。 よくあるのが、手を画面の前で叩いて、同期点を作ることです。 ものすごく大切ですので「よーい、アクション!」は大切です。 音声と映像がずれるのは扱っている動画音声のサンプルレート周波数が違うときに起こります。 レコーダーによってはフレームレートに合わせて収録できるタイプのありますが、基本的にはサンプルレートが基となると思います。 収録音声が 44. 1kHz なのに、カメラ側の音声が 48kHz 固定になっているので音ズレが起きたりします。 長い収録だと、何秒もズレてきます。 必ず、サンプルレート周波数は 48kHz に固定するか、96kHz など倍数で収録し、もし間違えたら、編集プロジェクトと周波数をあわせることを心がけて下さい。 最近はアナログB帯を使わずにデジタル 2. 4GHz 帯や 5GHz 帯を使ったワイヤレス製品がかなり出回りましたが、非常にレイテンシーが多いです。 10ms 以上も送れる製品が多く、ズレとして認識できます。 こうなったらやはり、同期点があることが非常にありがたくなります。 結論として、「よーい、アクション!」はステレオタイプの撮影のものまねですが、非常に有効な撮影技術です。

次の