フリーズ ドライ ポケモン。 【ポケモン剣盾】ラプラス(キョダイマックス)の育成論!努力値と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

【ポケモン剣盾】キョダイラプラス強すぎて対戦環境が終了【種族値と育成論】

フリーズ ドライ ポケモン

どうも、ジャムです。 新年度を迎え、希望に満ち溢れている人も、うつで仕方がない人もポケモン飽きた人もこんにちは~。 今回紹介するのはマンムーです。 メガガルーラの登場で個体数は減りましたが、とても広い技範囲を持っており刺さるPTにはとことん刺さります。 そしてこのマンムーはXYからの新技フリーズドライを習得しました。 この技は氷技でありながら水タイプに抜群を取れます。 マンムーは水ロトムやギャラドス、ヌオー、ヤドランなど水タイプの浮いてるポケモンや物理受けの水ポケモンを呼びやすく、この技が刺さりやすいと考え育成しました。 それでは配分など。 Cは後ほど与ダメを載せますが、ぶっぱしないと火力がなさすぎるのでCは削れません。 XYのガッサは準速ばかりなので最速にする意味はないかなと思いました。 与ダメ フリーズドライ H252振りミトム 49. 5% 乱数二発 96. 48% H252振りヌオー 確定一発 H252振りラグラージ 86. 3% 乱数一発 18. 75% H191-D121ギャラドス 87. 6% 乱数一発 25% H252振りヤドラン 48. 5~57. 4% 乱数二発 91. 9% D4振りガブリアス 確定一発 なお、マリルリに対するダメは地震もフリドラもほとんど同じです。 疲れたんでダメ計ここら辺で終わりにします。 もうちょい載せて欲しいのあったらコメントしてください。 水ポケモンでマンムーの一貫を消してるPTなどでは積極的にフリーズドライ打っていきましょう。 だいたい刺さります。 残り一つの技なのですがどれも一長一短なのでPTと相談してください。 どうしてもステロ撒きが欲しいというわけでなければ、岩石封じでいいと思います。 マンムーは初手で出しやすいポケモンですが、初手でハッサムやガルーラに対面すると起点にされ終わりかねないので裏にこいつらのケアできるポケモンを控えさせといてください。

次の

フリーズドライの遺伝方法|ポケモン知恵袋|ポケモン徹底攻略

フリーズ ドライ ポケモン

【ポケモン剣盾】3月はキョダイラプラス環境【育成論と対策と入手方法】 こんにちは 44 です。 やってますか? ランクバトルも新シーズン始まりましたがいかがお過ごしでしょうか。 今シーズンから環境破壊級の怪物が解禁されましたね。 キョダイマックスラプラスです。 キョダイラプラスの入手方法【シールド限定出現】 キョダイマックスラプラスはシールド限定で巨人の腰掛けの太い光レイドバトル限定出現なので、シールドバージョンを買うかシールドを持っている友達に交換してもらうなどしましょう。 2020年1月10日 金 9時~2月7日 金 8時59分までイベントがやっていましたが、現在は終了しています。 します。 ちなみにソードはキョダイセキタンザンがでます。 キョダイマックスラプラスの強さ でも紹介しましたが、ラプラスは素のステータスが高く、覚える技も強力なポケモンです。 そのラプラスの氷タイプのダイマックス技がダイアイスからキョダイセンリツになるのがキョダイマックスラプラスです。 これは攻撃しながらオーロラベール(リフレクター+ひかりのかべの両壁)を同時にはるもので、本来オーロラベールは天候があられのときにしか使えず、バイバニラやアローラキュウコンしかろくに使えなかった強力な技です。 ただでさえ超耐久のラプラスが• ダイマックスでHP2倍• さらに壁で耐久2倍 となって実質的に耐久4倍になるので、キョダイセンリツの発動を許してしまうとその時点からラプラス1体で2〜3体のポケモンを倒してしまうほどのチート性能を持っています。 そのため、今シーズンから対策が必須の一体になりました。 シーズン開始前から「最強」と話題に上がっていたのでシーズン開始初日から早速動画でも取り上げられてますね。 キョダイマックスラプラスの育成論 もちものをひかりのねんどにする型と弱点保険にする型、普通のラプラスと同じ耐久寄りの育成をする場合とラプラスミラー意識の最速調整が強いと言われています。 タマゴ技遺伝方法 ラプラスはランクバトルで使えるようにするためにかなり多くのタマゴ遺伝を駆使します。 トレーナーの育成スキルが結構必要なのでここでまとめておきます。 なお、タマゴ技はレイドラプラスか野生のオーララプラスがランダムで稀に覚えていることもあります。 技を忘れた場合はポケモンセンターの技思い出しおじさんに思い出させてもらいましょう。 うたかたのアリア:(基本はレイドかオーララプラスで入手)• フリーズドライ:• つのドリル:• じわれ:• げんしのちから: タマゴから生まれないキョダイマックスラプラスを捕まえたあとにつのドリルなどの遺伝技を教える方法はこちらを参照してください。 【キョダイマックスラプラスの育成論1】基本のキョダイラプラス• 特性:シェルアーマー• 個体値:A抜け5V(A逆Vが理想)• もちもの:ひかりのねんど・じゃくてんほけん• わざ:フリーズドライ・うたかたのアリア・つのドリル・10まんボルト 特徴・戦い方: 初手に出して何も考えずにキョダイセンリツをうって壁展開しあとは弱点をついていくだけです。 壁ターンを稼ぐための受けポケモンやラプラスもつのドリルで一撃必殺しましょう。 特性シェルアーマーで壁展開でつらい急所という運ゲーも封殺しましょう。 オーロラベールのターンを8ターンにすることができ、壁対策をしていないパーティ相手ではほぼ勝ち確定。 ちなみにいのちのたまをもたせても確定1発ではラプラスを倒せません。 絶対零度は氷タイプのラプラスには無効化されるのでつのドリルかじわれを選択しましょう。 つのドリルはサニーゴに効かず、じわれはアーマーガアに効きませんがサニーゴよりアーマーガアのほうが環境に多いのでつのドリル推奨です。 一発で倒せるまで削れていない場合は相手の弱点保険が発動する可能性があるのでうつタイミングは気をつけましょう。 【キョダイマックスラプラスの育成論2】ミラー意識一撃必殺ラプラス• 特性:シェルアーマー• 個体値:A抜け5V(A逆Vが理想)• もちもの:カゴのみ・ひかりのねんど・たべのこし・とつげきチョッキ• わざ:フリーズドライ・つのドリル・ねむる・まもる 特徴・戦い方: ラプラス対面に出してキョダイセンリツでこちらも壁をはってから、ダイマックスがとけたあと一撃必殺を連打します。 ラプラスを倒したあとはフリーズドライで削るもよし、一撃必殺を狙うもよし、ねむる+まもるで相手の壁ターンの消費を狙うもよしです。 Hに振ると2nになってしまうのでこちら。 相手がひかりのねんど持ちでない場合はねむる+まもるで相手の壁ターン消費してもこちらは3ターン残る計算。 また、ラプラスがいないパーティとの戦いのときも相手のダイマックスを枯らすクッションとして機能できます。 火力無振りのため、確定3発以上必要なポケモンが多く確率論的には一撃必殺連打と通常削りの確定数は変わりません。 (?) うたうで眠りを狙うのもありでしょう。 眠らせたあとに一撃必殺を連打しましょう。 みがわり+たべのこしもいいでしょう。 一撃必殺を含む相手のラプラスの攻撃を凌げます。 ヌケニンというHP1でも抜群以外すべての技を無効化するポケモン(ほぼラプラスピンポイントメタで出てくる)にターンを消費される可能性を考慮して、げんしのちからを覚えさせるのもありです。 一撃必殺ラプラスでラプラス対策を紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 キョダイマックスラプラスの対策 弱点保険が発動すると突破不可能なので弱点以外で対策しましょう。 オーロラベールが発動したラプラスは半分以上削ってから弱点をうたないと、もし耐久振りのラプラスの場合は2〜3割しか削れないどころか弱点保険が発動して返り討ちにあってしまい、そのままラプラスの弱点を持たない2体目、3体目のポケモンを簡単に3タテされてしまいます。 といっても、超火力ポケモンでかつ弱点をつける下記の2体はラプラス対策として優秀です。 素早さもラプラスより速いため、上から一撃で倒せるでしょう。 ハチマキ五里霧中ヒヒダルマ(ばかぢから)• 命の珠はりきりパッチラゴン(でんげきくちばし) ラプラスの対策はラプラスでする。 ミミッキュの対策はミミッキュでする。 と同じ理論です。 基本的にはミラー対策をしているラプラスの方が勝ちます。 ダイホロウやダイアークで耐久を下げて2体以上で突破していく。 いわゆる役割集中です。 ラプラスを倒したあとはかわらわりなどで壁を破壊しましょう。 ミミッキュ• ギルガルド• etc… 氷技・水技・水にも抜群になるフリーズドライによってほとんどのポケモンが弱点をつかれてしまい、あまりラプラスを対策できるポケモンは多くないのでラプラスは強力ですね。 こちらも壁をはって耐久し、相手の壁を枯らすのもありです。 キョダイラプラス• オーロンゲ• ニャオニクス• エーフィ• ピクシー• サーナイト• カイリキー• アローラキュウコン• バイバニラ• etc… キョダイラプラスはダイマックスが切れてしまえば壁を貼れないので、こちらはダイマックスせずに壁を貼れるポケモンを出して、まもるなどを駆使してキョダイマックスラプラスの攻撃を耐えきって壁ターンも枯らしてから倒しましょう。 相手のラプラスがそれを見抜いてこれらのポケモンの有利ポケモンに交代してくる可能性もあるので、これらのポケモンの有利ポケモンの有利ポケモンを想定して一緒に選出しましょう。 カビゴンで壁ターンを枯らすのもありです。 ドわすれ・ねむるを覚えたカビゴンであれば、ラプラスの攻撃を余裕でしのぎ切ります。 ただしラプラスはラプラス対策にじわれ・つのドリルいずれかの一撃必殺を採用している事が多いので、こちらもじわれによる一撃必殺を狙うのがいいでしょう。 かわらわり以外の壁破壊技も有効です。 サイコファング(ウオノラゴンなど)• きりばらい(ローブシンなど) かわらわりはラプラスの弱点をついてしまうため、弱点保険を発動させて手がつけられなくなってしまいます。 こちらも壁をはって耐久を上げたあとであれば、ドリュウズやキリキザンなどのつるぎのまいからのかわらわりが強力です。 壁貫通で攻撃できる特性すりぬけもちも対策になるでしょう。 ドラパルト(氷2倍弱点)• シャンデラ(水2倍弱点)• ニャオニクス• オンバーン(氷4倍弱点)• カラマネロ• エルフーン(氷2倍弱点) といっても、氷・水のいずれかで弱点をつかれてしまうポケモンばかりなので難しいところです。 一応すりぬけハチマキカラマネロのばかぢからでH252ラプラスは43. 後続に壁破壊のサイコファングもちウオノラゴンやかわらわりドリュウズなどをおいておくといいでしょう。 ラプラスのダイマックスが切れたあとなら、下図のようにHD特化ラプラスでもない限りシャンデラのダイバーン2発で倒せます。 すばやさはシャンデラのほうが速く、弱点となる水タイプもダイバーンで晴れになり威力が半減(0. 5倍)します。 なお、晴れ下ダイバーンとダイソウゲン(エナジーボール)では、ダイバーンがタイプ一致1. 25倍でダイソウゲンが弱点2倍なので等倍でもダイバーンのほうが火力がでます。 僕は今作シャンデラをほぼ100%編成しているので、水相手はだいたいこれで対策してます。 サイコキネシスでドヒドイデ対策もできるのでおすすめです。 シャドボ・だいもんじ・サイコキネシス・エナジーボールでフルアタにしやすく、ラプラスの攻撃を受けられるとつげきチョッキももたせやすいです。 前述したヌケニンもラプラス対策になります。 基本的にヌケニンの弱点をラプラスは採用していないので、ラプラス対面でヌケニンがやられることはありません。 ヌケニンによるラプラス対策を紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 急所を狙うのもいいでしょう。 ピントレンズトゲキッス• 長ネギネギガナイト 急所ランク+3で確定急所になりますが、これらのポケモンは急所に当たりやすいです。 急所に当たれば壁や防御・特防ランクアップもすべて無効化して1. 5倍のダメージを与えられます。 シェルアーマーラプラスには急所に当たらないので、シェルアーマーラプラスにあたってしまった場合は諦めましょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】3月はキョダイラプラス環境【育成論と対策と入手方法】 いかがでしたでしょうか。 ここまでチート性能だと3月から当分キョダイマックスラプラスが環境に溢れることになるので、対策必須ですね。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

ラプラス

フリーズ ドライ ポケモン

キョダイラプラスで環境終了 ポケモンランクマッチに新しいシーズンが開幕し、キョダイマックスポケモンが沢山解禁されました! その中で解禁されたキョダイマックスのひとつ、「キョダイラプラス」が強すぎます。 今まで散々大袈裟に、このポケモンが強いだのなんだの取り上げてきましたが、今回はガチです。 対戦環境をまるまる破壊してしまうほど、ありえない技を手に入れてしまいました。 キョダイセンリツというクソ技 オーロラベールが既に強い ポケモンサンムーンの時代に作られた「オーロラベール」という技があります。 「ひかりのかべ」「リフレクター」の2つの技を同時に張る、物理特殊の両方の攻撃のダメージを5ターン半減するというとても強い技です。 「あられ」状態のときにしか効果がないが、技を2枠使い、2ターン使うはずの壁貼り行為を1枠1ターンで済ませられるため、当時の対戦環境で猛威を奮いましたが、 キョダイセンリツは更に… キョダイラプラスに与えられた、キョダイマックス技「キョダイセンリツ」は「こおり」タイプの技を媒体とした攻撃技で 追加効果として、 オーロラベールと同じ効果があります。 わかっていただけるでしょうか、このイカレ具合が 「ひかりのかべ」「リフレクター」という元々強い技が、1ターンで張れるようになって強いのが、「オーロラベール」 その「オーロラベール」を大ダメージ技を打ちながら、ついでに張れてしまうんです… これはダメだろ… 元々硬いラプラスが更に… ラプラスの種族値 HP 130 攻撃 85 防御 80 特攻 85 特防 95 素早さ 60 合計種族値 535 HP種族値が高過ぎるので、HPに努力値を最大まで振った、ラプラスを弱点技でも一撃で倒すのは難しいです。 持ち物「じゃくてんほけん」で更に… タダでさえ硬い「ラプラス」に、「オーロラベール」を張られてしまった場合は、弱点技で殴らないと高火力技で殴られまくってしまい、引けをとってしまいますが、 悲しいことにそのラプラスに「じゃくてんほけん」を持たせることが多く、弱点技でぶん殴られると火力が上がり、更に止めることができない化け物が誕生します。 キョダイラプラスのおすすめ技 「うたかたのアリア」 みず技 タイプ一致 威力90 命中100 音技 みがわりを貫通する。 相手のやけど状態を治す。 「のどスプレー」発動の為の積み技。 「フリーズドライ」 こおり技 タイプ一致 威力70 命中100 こおりタイプの技だが、みずタイプにもばつぐんで通る。 「水技」と「フリーズドライ」の通りはとても良い。 また「ヌオー」「トリトドン」などの草技しか弱点がないポケモンにも4倍弱点で倒すことができる為、かなりの有用。 みずタイプ ひこうタイプ共に通る「フリーズドライ」だが、アーマーガアには等倍のためあったら便利。 また「フリーズドライ」はダイマックスしたらただのこおり技になるため、ダイマックス中にギャラドス対面で4倍で打てる「10まんボルト」はあると役に立つ。 「かみなり」 電気技 威力120 命中70 「かみなり」にすると威力が120になり、ダイマックスしていなくとも高火力になる。 命中が低いため、採用されないが「大雨」状態では必中になる。 アーマーガアやサニーゴといった受けポケモンに強くでれる。 ダイマックス中の相手には効かないため、ダイマックスが読める場面では絶対に打ってはいけない。 ゴーストタイプに効かない「つのドリル」も強い。 「こおりのつぶて」 こおりタイプ 物理技 威力40 命中100 必ず先制で攻撃できる。 優先度プラス1 貴重な先制技。 少し足りない火力を補う。 すばやさの遅いラプラスに相性が良い。 ラプラスの先制技は有名なので持っていなくても警戒させるという意味で働いてくれることもある。 ラプラスの特性 とくせい:ちょすい みず技を受けると最大HPの4分の1回復する。 ねっとうワンウエポンの受けサイクルで採用されることが多い、「ドヒドイデ」「ヌオー」の並びに強くなり、地面タイプや岩タイプに飛んでくる水タイプ技の受け先として役に立つ。 とくせい:うるおいボディ 「おおあめ」状態の時に、状態異常が治る。 ダイマックスして「ダイストリーム」を打つことで状態異常が治る便利なとくせい。 「あくび」や「どくどく」など硬いラプラスを崩す受けポケモンの常套手段を軒並み無効化できる。 ラプラス=「ちょすい」だと思い立ち回られるので元々水技は飛んでくることは少ない為、意外性の選択肢としてこちらの採用もあり。 キョダイラプラス対策 キョダイラプラス対策になるポケモンの記事です、.

次の