遊戯王 禁止カード 理由。 キャノンソルジャーが禁止カードになった理由

禁止カード(遊戯王OCG)とは (キンシカードとは) [単語記事]

遊戯王 禁止カード 理由

ペガサスが使ってたことでお馴染みの サウザンド・アイズ・サクリファイス。 サクリファイスと 千年眼の邪教神の融合で召喚される。 融合モンスターでは珍しい星1つでありながら、 融合モンスター初の禁止カード。 さらに 遊戯王の中で最初のアルティメットレアカード。 見るからにやばそう感すごいんですけど、やっぱり効果がチート級。 サウザンド・アイズ・サクリファイス自体の攻撃と守備はそれぞれ0なんですが、 毎ターン相手のモンスターを 装備カードに出来てしまうという凶悪ぶり。 つまりフィールド上に 攻撃力3000守備力3000のモンスターがいたらそいつを装備して同じ攻撃力と守備力になっちゃうというぶっ飛び設定。 星の数も少ないので出しやすいが、その効果が悪影響を及ぼすためリミットが設けられた。 このキラースネーク、攻撃力と守備力は弱めでほんとザコキャラ扱いなんです。 しかしデュエリストは気づいてしまった。 『別に手札が増えたからって 禁止するほ どやないやろ?』 と感じるかもしれません。 しかし! 実は、遊戯王の世界ではめちゃくちゃ危険なんです。 というのも、強力なカードって 「手札を1枚捨てる」というのが発動条件だったりします。 例えば 「コストダウン」というカードは手札を1枚捨てることでモンスターのレベルを2も下げるカード。 故にこのキラースネークは禁止カード扱いとなったのです。 カオス・ソルジャーやカースオブドラゴンといったスター系モンスターの1つである「混沌の黒魔術師」。 これが禁止カードとなった理由はその 効果。 「混沌の黒魔術師が召喚に成功したとき、 墓地から魔法カードを手札へ加える。 」 というもの。 一見 ありがちな効果っぽいんですが、これも遊戯王的にはアウト。 遊戯王は魔法カードがかなり重要視されているゲームでその引き1つで戦局が変わることも往々にして有り得ます。 そのため、普通は 1度使った墓地の魔法カードはもう使用できません。 万が一また使用するなら手札を数枚捨てたりと リスクが必要なんです。 しかし混沌の黒魔術師は 召喚するだけでそれを可能にしてしまう。 ここが禁止カードとなった理由です。 『デッキからカード引くだけやろ? それくらいええやんけ?』 となりそうですが、 遊戯王は無限ループと同じくらい 『ドロー』にも厳しいです。 なにかデメリットや縛りがあればよかったんですが、サンダーボルトやハーピィの羽根帚と同様にノーリスクかつ速攻で発動出来るというのがキツかったようですね。 この心変わりも初期から存続する強力カードで後の コントロール奪う系カードの先駆け的存在。 後に下位互換である『洗脳〜ブレインコントロール〜』ってのも出てくるんですが、 それさえも禁止カードになってますwww 相手が強力なモンスター出すほどオイシイ展開になるので、自分の手札に「心変わり」が来た時はニヤニヤを隠すことに徹しておりました。 その効果は「デッキ破壊ウィルス」という名に恥じないヤバさ。 枚数指定がないので、場合によっては相手のフィールドも手札もスッカラカンになる可能性もあります。 一応 デメリットとして、 発動後に相手のデッキから3体のモンスターを 墓地へ送るという縛りもあるので、墓地を多用するデュエリストにはチャンスを与えます。 でもそれ以上に攻撃力1500以上は全滅という効果はデカすぎましたww 相手の手札も 全て確認出来るわけですからね。 制限カードといえば 光の護封剣や エクゾディアあたりがメジャーですねえ。 あと強欲な壺の下位互換である 『貪欲な壺』ってのもここです。 遊戯王の世界観的には 強欲>貪欲なんですwww このあたりが遊戯王っぽくていいですね…w アラサーになって遊戯王したくなったら是非参考にされてください…。 さらば!!.

次の

【最新禁止カードリスト・リミットレギュレーション改訂(2019.4月)】レダメ禁止!サンボル解禁!

遊戯王 禁止カード 理由

簡単に3000程度のダメージを望めるため、そのくらいまで減らしたら終焉だして起動効果で終了と凄いうさんくさい。 これで終わらなくとも場にウィッチかクリッターをだしておけば八汰をサーチできるため、それでヤタロックして終了とこれまた非常にうさんくさい。 八汰とウィッチがいないとはいえエンドカードとして優秀すぎることには変わりないので、もう帰ってこれないだろう。 ・ファイバーポッド 数あるポット ド シリーズでこいつだけ禁止なのはひとえに「戻しすぎ」。 こんなのに場を荒らされてはプレイングより運の要素のほうが強くなってしまう。 あとどちらのターンでリバースしてもほぼ間違いなくコントローラーが有利になってしまうのも理由の1つか。 ・魔導サイテンティスト ライフコスト1000、出せる融合モンはレベル6以下、融合モンのダイレクトアタック不可、エンドフェイズで融合デッキに戻るとこれだけのデメリットがありながら「この効果は1ターンに1度だけ」という文がなかったために悪用され尽くした。 有名どころではカタパ1killで、早い話ライフ1000払って相手に1100〜1150の効果ダメージを与えつづけて殺すというデッキが活躍した。 それでなくとも出した融合モンを生贄召喚の生贄にしたり、サウサクだして除去したりと色々使えすぎた。 永久禁止指定は免れまい。 ・八汰烏 これほどまでにゲームを終わらせるカードというのも他にない。 その低ステータスから戦闘ダメージを与えるためにはダイレクトアタックを暗に要求しているが、このゲームでそれをやるのはそう難しいことではない。 そしてその条件さえ満たしてしまえば相手のドローフェイズをスキップする。 現状維持ではまた八汰に殴られるのは明白なのでなんとかしなくてはならないが、その八汰はスピリット故に場に残らない。 こいつを倒すためには罠で除去るか、ハンデスで手札から落とすしかない。 地割れ等の通常魔法やモンスターによる戦闘破壊はまず見込めないというのは相当に鬱陶しい。 そして八汰に攻撃された時点の手札でそれに対応できるカードがなければそこで詰み。 サンダーボルトや羽根箒以上に禁止から帰ってこれないであろうカードだ。 ・キラー・スネーク コストで捨てては戻ってくるし、場に出せば消えない壁として相手にモンスターの多重展開を強いるしつこさ。 その使い勝手は最高でどんなデッキに入れても役に立つ。 初期から活躍してきたこのカードが遂に引退なされたのはつい最近。 せめてアビス・ソルジャーがでてくるまではいて欲しかった。 ・黒き森のウィッチ これまたひとえに「サーチ範囲広すぎ」に尽きる。 守備力1500より高いカードなんてほとんどデッキに入らないため、事実上全てのモンスターをサーチできるようなもの。 さすがにこれは鬱陶しすぎると禁止指定を食らった。 同時期にクリッターも禁止になったが、次の改定でクリッターは復帰。 クリッターは攻撃力を見てるためアタッカーを持ってこれないから、ウィッチほどではないということだろう。 ・悪夢の蜃気楼 非常食やサイクロンといった速攻魔法を使って相手ターンのうちに墓地送りにしてしまうことで大量ドローを可能にするカード。 遊戯王では手札が多ければ多いほど有利になるゲームであるため、大量ドローというのは非常に強い。 そんなコンボじみたことをしなくてもドロー加速というのはそれだけで強かったりするし、もう帰ってこれない空気に満ちている。 こういった永久機関は色々悪用できてしまうので、例えそれが成立しにくいコンボであっても根絶やしにされる運命にあるようだ。 ・心変わり コントロール奪取は相手のアド-1にするためこれまた非常に強力。 それがノーコスト且つ裏表問わず奪えるときては流石に暴れすぎ。 今では下位互換にあたる洗脳や精神操作が出ており、これももう帰ってこれる空気じゃない。 ・サンダー・ボルト どんな状況においても役に立つワイルドカード。 その行き過ぎた汎用性はもはや汎用などというレベルではなく、万能兵器。 これまた下位互換にあたるライトニング・ボルテックスという後釜がいるため帰ってこれる空気じゃない。 今までも例がいくつかあったが、このようなあからさまな下位互換ができるほど禁止カードは影響力があったという証明に他ならない。 ・死者蘇生 他のメジャーな蘇生カードの早すぎた埋葬とリビングデッドがなんらかのリスクを負っているのに、これは完全にノーデメリット。 あまつさえ相手の墓地も対象と完全上位互換。 ミラーフォースに並んで遊戯王を象徴するカードであったが、その万能っぷり故に禁止カードへ左遷。 もうこういった単純パワーカードは帰ってこれないんだろうなぁ。 ・いたずら好きな双子悪魔 先手双子の悪夢は記憶に新しいところ。 プレイングもなにもあったもんじゃない。 もう本気で帰ってこなくていいですから。 ・天使の施し 強欲な壺と違って手札が増えるわけではない(捨てるカードにもよるが)。 にも関わらず禁止なのは「捨てる」というところにある。 上級モンスターや墓地で効果を発揮するモンスターなど、墓地にいてもらったほうがありがたいモンスターは少なくない。 それでなくともその状況ではいらないカードを捨てることで手札の質がよくなる。 そういった使い方をすることで強欲な壺以上の活躍をすることがあるのが禁止の理由。 ちなみにこれは1度禁止になった後制限に戻り、今再び禁止入りしている経緯がある。 最初の理由は開闢・終焉の餌を簡単に作れるため、次の理由は暗黒界というカードの効果で捨てることで特殊召喚できるモンスターが出現したことだ。 ・苦渋の選択 これまたサンボルや死者蘇生とは違ったベクトルでのワイルドカード。 基本的に墓地に捨てたいカードを5枚選べばデッキ圧縮+ドローの質の向上となり、また相手がどれを選んでも勝てるというカードを5枚選べばそれで終了とエンドカードにもなる。 今では墓地資産の概念が強くなり、これほどまでに簡単に墓地にモンスターを溜められるカードはもう帰ってこれる空気じゃない。 下位互換というにはいささか劣化しすぎだが、おろかな埋葬で我慢しよう。 ・強引な番兵 ノーコストで相手の手札を見れてさらに1枚をデッキに戻す。 所謂3大ハンデスの中でも一番コストパフォーマンスが高いカード。 デッキに戻すというのは墓地に落とすより利用が難しく、また相手のデッキを膨張させるのはそれだけで強い。 ゲームを決めるカードではないが、未来の不安を取り除く要素としてはこれ以上ないほどに強いので、もう帰ってこなくていいですよほんとに。 ・ハーピィの羽根箒 魔法・罠版のサンダー・ボルト。 サンボルが禁止ならこれも当然禁止になって然るべき。 相手にだけ全体除去を押し付けるのはあまりに強すぎる。 シンプルに強いのでコメントしづらいカードだ。 ・第六感 悪夢の蜃気楼のところで述べたが、大量ドローは非常に危険だ。 失敗したところで最大4枚のカードがデッキから墓地に落ちるだけ(あとアド-1)。 2回使われるだけでかなりげんなりするんだから、これの壊れっぷりがどれほどのものか推して知るべし。 ・王宮の勅命 八汰烏ほどではないがこれもゲームを終わらせるカード。 基本的に逆転は魔法カードで行われる。 モンスターでは大ピンチを覆すのは難しく、罠はショッカーやお触れの存在故にデッキに占める割合が抑えられるのがセオリー。 故に勅命を張られると途端に状況の逆転が困難になり、そのまま押し切られてしまうということが珍しくない。 しかも下手に維持コストがあるため、コントローラーが魔法を使いたくなったら維持コストを払わずに破壊すればいいと、デメリットがデメリットでなくなっている。 その維持コストもたったのライフ700と軽いものであるのもおかしい。 これももう帰ってこれないカードの1つだろう。 遊戯王を象徴するカードであるため禁止化を嘆く声も少なくなかった。 そのせいかなんなのか一度制限に戻ってきたが再び禁止になった経緯がある。 これについては賛否両論分かれるため、制限に戻ってくる可能性もなきにしもあらず。 41 recent comment.

次の

【遊戯王】最強の禁止カード16枚まとめ! 規制された理由も

遊戯王 禁止カード 理由

《血の代償》とは? 永続罠(禁止カード) 500ライフポイントを払う事で、モンスター1体を通常召喚する。 この効果は自分のメインフェイズ時及び 相手のバトルフェイズ時にのみ発動できる。 《血の代償》はBOOSTER3で登場した永続罠。 500ライフポイントを払うことでモンスター一体を通常召喚する効果を持ちます。 発動回数に制限がないため、ライフポイントが続く限り何回でも召喚権を増やすことが可能です。 《血の代償》が登場した初期の遊戯王OCGの環境では手札にモンスターが溜まることが少なく、カードプールが充実し、モンスターのサーチ手段が充実した近年になり《血の代償》は真価を発揮。 禁止カードに指定されることとなります。 《血の代償》の効果 《血の代償》は500LPを払うことで召喚権を増やすことができるカードであり、ターン1制限がないためライフが続く限り無限に召喚権を得られます。 通常のデッキであれば無限に召喚権を得ても、大量展開する前に手札のモンスターカードが切れてしまいます。 しかし大量のドローソースやサーチカードと組み合わせると《血の代償》は真価を発揮します。 たとえば《手札断殺》や《チキンレース》《強欲で謙虚な壺》《凡骨の意地》等のドローソースと組み合わせ、モンスターカードを手札に揃えて《血の代償》を発動。 モンスターカードを一気に盤面に揃えるといった展開が考えられます。 《血の代償》は誕生当時は活躍の機会が無かった ドローソースやサーチカードと組み合わせることで強力な効果を発揮する《血の代償》ですが、誕生当時は活躍の機会が得られないカードでした。 当時の遊戯王OCGはカードプールが不十分であり、ライフコストを支払ってまで通常召喚したいモンスターが手札に溜まるシチュエーションがそもそもあまり無かったのです。 初期のローカルルールでは500LPを払って上級モンスターを召喚する事態も 一方で初期の遊戯王OCGのローカルルールでは《血の代償》は途轍もない価値を見出され、高価格で取引される時期もありました。 その理由は《血の代償》のエラッタ前の効果テキストにあります。 《血の代償》のエラッタ前の効果テキストは以下の通り。 1体につき500ライフポイントを支払う事で、通常の召喚とは別にモンスターを召喚できる。 上記の効果テキストは、コストを支払うことで通常召喚とは別に上級モンスターも召喚可能と誤解するプレイヤーを一定数生み出しました。 当時はインターネットが今ほどには発達しておらず、カードショップの店員ですら公式裁定を正確に把握していないという事態も少なくありませんでした。 よって《血の代償》が500LPで上級モンスターを召喚できるというローカルルールは一部でしばらく力を持ちました。 その後《血の代償》のテキストはエラッタされ、こうしたプレイヤー間の誤解は収束していきました。 《血の代償》が禁止カードになった理由 《血の代償》が禁止カードになった理由は、《血の代償》の効果が現環境では強すぎるためです。 わずか500LPで召喚権を得続けることができる効果は、サーチ手段もドローソースも豊富な現環境では得られるメリットとデメリットが釣り合っているとは言えません。 1キルを可能とするポテンシャルを備えていると判断されたため、2014年4月付で禁止カードに指定されました。 《血の代償》はカードプールが存在すればするほど相対的に強化される効果を持つため、大幅なエラッタ抜きで制限復帰することは難しいでしょう。 《血の代償》と代償ガジェット 《血の代償》は「LIMITED EDTION 6」で登場した「ガジェット」モンスターを中心とするガジェットデッキと好相性であることでも知られていました。 ガジェットデッキは互いをサーチしあう《イエロー・ガジェット》《グリーン・ガジェット》《レッド・ガジェットを中心に構築され、ガジェットモンスター以外を魔法・罠カードで埋め尽くす構築が主流。 サーチ能力によってモンスター切れを防ぎ、絶え間なくモンスターを展開することが可能。 代償ガジェットはガジェットデッキに《血の代償》を入れることでモンスターの召喚をより効率よく行うことを主要コンセプトとしたデッキです。 代償ガジェットデッキのサンプルレシピ モンスター 魔導戦士 ブレイカー 1 氷帝メビウス 1 同族感染ウィルス 1 賢者ケイローン 1 異次元の女戦士 1 レッド・ガジェット 3 ならず者傭兵部隊 1 サイバー・ドラゴン 3 グリーン・ガジェット 3 イエロー・ガジェット 3 魔法・罠 貪欲な壺 2 抹殺の使徒 1 地砕き 3 大嵐 3 光の護符剣 1 月の書 1 強欲な壺 1 強奪 1 押収 1 リミッター解除 1 ブラック・ホール 1 シールドクラッシュ 1 サイクロン 1 エネミーコントローラー 1 炸裂装甲(リアクティブアーマー) 3 血の代償 2 激流葬 1 代償ガジェットの回し方.

次の