グロー ハイパー 使い方。 【先行実機レビュー】「グローハイパー」がやって来た!徹底分析!

【動画あり】glo hyper(グローハイパー)の感想レビュー。吸い応えは改善されてる?

グロー ハイパー 使い方

最初に良い評価、悪い評価を伝えちゃうね! 良い評価 気になる吸いごたえは、確かにアップしてる 一番気になってた吸いごたえですが、 今までのグローと比べると確実にアップしてますね。 「のどに来るキック感がもっとあればな~」 なんてグローユーザーには、うれしいデバイスになりそうです。 スティックが太くなってるので、一度に吸い込める量が多くなった感覚があります。 そのため、 一吸いで感じられるキック感も増してるような気がしますね。 味が長持ちしてる 吸い終わりになると、味が薄くなる現象が気になってた人も多いハズ。 「もしかしたら、ガツンと来る感じは、最初だけかも?」 なんて、心配してましたが、風味も長続きしますね。 やっぱり新しいスティックの影響が大きいんだと思います。 グローハイパーは、 専用のスティックの改良に、力を入れてることがわかりますね。 使いやすいデザイン グローセンスは、賛否が分かれる斬新なデザインでしたね。 でも、グローハイパーは、かなりシンプルで使いやすいです。 形がスマートなので、違和感なく、外でも持ち歩きやすいですね。 見た目はグロープロと似てます。 グロープロより重いですが、ほとんど違いがわからないですね。 悪い評価 今までのたばこは吸えない 通常のスーパースリムたばこは、挿入しても吸えないので、注意。 どの種類のタバコスティックも吸えたら最強だったのですが、なかなか難しいですよね。 グローハイパー専用のタバコスティックを用意する必要があります。 性能はグロープロとそこまで変わらない グローハイパーとグロープロの特徴は似ています。 >>> そのため、 グロープロをすでに持ってる場合、購入に迷うかもしれません。 でも、 吸いごたえの面では、大きく変化があるので、注目したいですね。 以下で、さらに具体的な感想をお伝えしますね。 グローハイパーをレビューした感想 吸いごたえ• 旧グローより、ガツンと感じる吸いごたえ 「 加熱式タバコに慣れきった人はきつい?」 って感じるほど、インパクトはありました。 紙タバコから移行する人には、ピッタリな強さかもしれませんね。 加熱式風味が少なくなり、独特の臭みが薄い 加熱式タバコって、紙タバコにはない独特の臭みがありますよね。 「加熱式タバコ独自の香りは苦手」 ってあなたは、グローハイパーなら改善できます。 思いっきり吸いやすくなった感じがします。 「 一気に水蒸気を吐き出したい!」 ってあなたは、太いスティックはうれしいかも。 グローハイパーの評判 タバコの重さはバツグンに感じる グローハイパーなるものを吸わせてもらったけど重い — 結城友奈 yukiyuna5459 まわりの吸ってみた人の声を聞いても、タバコの強さは感じてますね。 しかも、コーヒーの香りを追加してるスティックなので、純粋なレギュラーを求めてる人からは、 「余計なアレンジしないで~」 って意見も出てますね。 今後の売れ行き次第で、レギュラー味が追加されるかもしれないので、待ってみるのもアリですね。 テラコッタ タバコ• ブリリアント ベリー• トロピカル スワール 半数がメンソールで攻めてきています。 人気度がわかりますね。 メインのフレーバーがメンソールの人には、ピッタリな味のラインナップです。 今までのグローの吸いごたえが足りなかった人 「グローってちょっと味が薄いよね」 なんて感想を持ってた人は、グローハイパーで改善できる可能性があります。 明らかにパンチ感、キック感は増してるので、吸いごたえが物足りないって不満があった人には、うれしい新型デバイスですね。 最後まで風味を楽しみたい人 「最後の方って味が薄くなるので、テンション下がる」 なんて声も多いです。 細長いと、中に詰まってる旨味も少なくなりそうなイメージしますよね。 でも、グローハイパーなら吸い終わりまで大きな変化なく、味わうことができました。 最後まで旨味を味わえるスティックに仕上がっているのは、大きなポイントです。 買わなくていい人 グロープロで満足してる人 比較の対象とされるのは、グロープロ。 デザインも性能も似てるためですね。 でも、「今のグロープロで大満足!」 ってあなたは、グローハイパーを買う必要はないかもしれません。 買ったほうがいい人は、グロープロよりも、吸いごたえが欲しい人ってことですね。 加熱式タバコ独特の匂いが好きな人 グローハイパーは、紙タバコ風味に近づけてるデバイスです。 そのため、加熱式タバコ独特の匂いは少なくなっています。 この独特の香りが苦手な声も多いですが、逆に 「加熱式タバコ風味がたまらなく好き」 ってあなたは、紙タバコ風味のグローハイパーはきついかもしれません。 microUSBタイプの充電に統一してる人• グローナノ• glo series2• glo series2 mini はすべて、microUSBの充電方式ですね。 でも、 グローハイパーは、USB-Cの充電方式に変更になっています。 もし、microUSB版のグローも併用していて 「色々な充電コードを持ち歩きたくない」 ってあなたは、充電方式の変更がデメリットになるかもしれません。

次の

加熱式たばこ「glo(グロー)」の使い方マニュアル【完全版】

グロー ハイパー 使い方

glo pro(グロープロ)の実機 僕はグロープロの 「ブラック」を購入しましたが、同梱品がこちらです。 付属品は従来のグローとほぼ同じですが、USBケーブルが 「Type-C」に変更されました。 グロープロ本体です。 グロープロの背面。 コントロールボタンがギザギザになりました。 少しだけラグジー感がアップしたと思います。 グロープロの重さは 「約98g」とシリーズ2とほぼ同じですね。 グロープロの上部です。 グロープロの下部。 USBの挿入部分はデバイス側面に設置されました。 グロープロとグローミニの比較画像。 サイズ的にはグローミニとそれほど変わらないと思います。 記念にプロ・ナノ・ミニで3ショット撮影。 グロープロの価格は 「4,980円 税込 」で、現時点でのカラバリは 「ブラック」「シャンパン」の2色となっています。 【追記】グロープロが新価格の 「2,980円」になりました。 加熱時間が40秒から20秒に短縮!• 喫煙時間が3分半から4分に延長!• ブーストモードを搭載! 個人的には喫煙時間の延長が1番嬉しいかも。 加熱温度も 「10度」高くなったので、これまでよりスティック1本の満足度は高くなるかもしれませんね。 グロープロの連続使用回数は 「20本」で、シリーズ2の 「25本」よりは少なめですが、個人的には連続で20本吸えれば十分満足な気もします。 加熱時間 通常20秒 ブースト10秒 使用時間 通常4分 ブースト3分 充電時間 90分 USB Type-C 連続使用回数 20回 重量 約98g サイズ 約82mm x 43mm x 21mm グロープロでケントスティックを吸ってみた! 実際にグロープロでケントスティックを吸ってみました。 ……感想としては、加熱時間がかなりスムーズになったと思います。 味や吸いごたえに関しては、従来モデルとの違いはそれほど感じません。 とはいえ、1本の喫煙時間が30秒延長されたので、これまでより確実に 「吸った感」はありますね。 そういった意味でも、グロープロの方がコスパ的にも優れていると思います。 ブーストモードは1本の喫煙時間が 「3分」に減るものの、加熱時間は 「10秒」に短縮され、吸いごたえも通常時よりアップするという機能です。 使い方も簡単で、コントロールボタンを通常よりも少しだけ長押しするだけ。 実際にグロープロのブーストモードで吸ってみましたが…… ……確かに吸いごたえがアップしているのが実感できます。 ぶっちゃけ、あまり期待していなかったブーストモードですが、この吸いごたえは予想以上でした。 とはいえ、スティックの風味が少しだけ焦げ臭くなるので、この辺は好みがわかれるかもしれません。 個人的には通常モードで4分吸いたい派かも 笑.

次の

glo pro(グロープロ)の違いをレビュー!ブーストモードの使い方も紹介!

グロー ハイパー 使い方

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(以下略、BATジャパン)は、6月22日より数量限定で、加熱式たばこを初めて使用するユーザーにも使いやすい新色のデバイス「glo hyper Black(グロー・ハイパー・ブラック)」を、コンビニエンスストアを含む全国の主要なたばこ取扱店にて発売します。 ブルー、ホワイト、オレンジカラーのラインナップの中に、新色となるブラックが数量限定で追加。 ボディ全体を包むツヤ消しの質感は、重厚感があり圧倒的な存在感を放ちますね。 ボタン一つの分かりやすい操作性も特徴です さらに、グロー・ハイパー専用の「KENT neostiks(ケント・ネオスティック)トゥルー・シリーズ」3銘柄も登場。 6月15日より「ケント・ネオスティック・トゥルー・タバコ」、「ケント・ネオスティック・トゥルー・メンソール」、「ケント・ネオスティック・トゥルー・ベリー・ブースト」を、全国のグローストアとグローオンラインストア、およびコンビニエンスストアを含む全国の主要たばこ取扱店にて発売中です。 価格は各470円(税込)、1箱20本入り パッケージは、ケントブランドとしての統一感を維持しながら、銘柄ごとの違いを色合いで表現しています。 では、それぞれの特徴について紹介します。 ケント・ネオスティック・トゥルー・タバコは、紙巻きたばこの味わいに近いです。 ケント・ネオスティック・トゥルー・メンソールは、スースーしたミントの刺激によるバランスの取れた吸い心地。 ケント・ネオスティック・トゥルー・ベリー・ブーストは、カプセルをつぶすとブルーベリーの香りが口の中に広がり、味わいを楽しめるメンソールです。 すでに発売中のグロー・ハイパー専用のたばこスティック「neoスティック」シリーズに、ケントブランドが新たに加わったわけですが、グローユーザーにはケントは、馴染み深い味だけに発売を待っていたユーザーも多かったことでしょう。 価格もneoスティックより、30円安いという点からもケント・ネオスティックはオススメですよ。 撮影/我妻慶一 【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】 外部サイト.

次の