適応 障害 甘え。 仕事で適応障害になりやすい人は?甘えではない!職場での対処法

「適応障害は甘え」と言われ続けて休職に追い込まれた私が語る【4つの対策】

適応 障害 甘え

「僕は 私 は、もしかしたら適応障害かもしれない」 僕らの日常には、さまざまな出来事とストレスが降りかかります。 それに伴う不安・ダメージが弱ければすぐ適応し、自分の精神や行動を適切にコントロールできる。 だけど、それが強いと適応できず…適応障害になってしまいます。 自分自身がそうなのかもしれないと疑っている人も多いでしょう。 そこで、仕事における適応障害と甘えの線引きと、適応障害の症状に当てはまる人が今後取るべき行動の選択肢とを紹介したいと思います。 仕事における適応障害と甘えはここが違う! 適応障害の症状タイプ別まとめ 仕事の不安やストレスに甘えているだけの状態と、適応障害とは大きな違いがあります。 少しでも適応障害の可能性を感じているのなら、詳しい症状を学ぶことが大事です。 適応障害の症状をタイプ別にまとめてみたので、一緒に見ていきましょう。 抑うつタイプ 抑うつというのは、気分が落ち込むことで「活動したくない」と脳がストップをかける状況のことです。 「憂鬱により行動を抑制している」から抑うつだと覚えておくと、わかりやすいと思います。 このタイプの適応障害の症状としては、次のようなものが挙げられるんです。 ぼんやりとしてるけど鋭い憂鬱感• 大きく慢性的な絶望感• 思考力と判断力が鈍る• やたらと涙もろくなる• 感情をコントロールすることができない• 簡単な行動を起こすのに大きなエネルギーを要するようになる 簡単に言うと「うつ病」ですね。 仕事に行けなくなったり、仕事中ずっと気分が落ち込んでいたりする場合もこれに当てはまります。 甘えているだけだと「大きく慢性的な絶望感」「感情のコントロールがきかない」「簡単な行動すら難しくなる」などの症状は出ないでしょう。 不安タイプと、抑うつ+不安タイプもある 不安タイプというのは、漠然とした不安感にあおられて精神が過敏になってしまうことです。 そこから過呼吸や呼吸困難・パニック発作などを引き起こすことがあります。 仕事をすることが難しい状態と言えるでしょう。 仕事中に過呼吸になったことがあるとか、息苦しさを覚えたり、何か大きな不安に駆られて居ても立ってもいられなくなったりしたのなら、このタイプに当てはまります。 また、抑うつタイプと混合する場合もあるんです。 激しい不安と気分の落ち込みとが同時に襲ってくるため、仕事だけでなく日常生活すらも難しくなってきます。 体の病気で入院した後に「適応障害かもしれない」と疑い始めた人に、当てはまるケースが多いです。 行動障害タイプと、精神障害+行動障害タイプ 通常なら考えられないような行動をしてしまう症状のことを、行動障害タイプと言います。 仕事の無断欠勤• クライアントに対する暴言や暴力• 仕事場での悪戯行為• 犯罪行為 異常な行動が増えていると指摘されたことがあれば、このタイプに当てはまります。 このタイプの適応障害は万引きなどの犯罪行為をすることもあり、社会生活的にかなり危険です。 また、抑うつタイプや不安タイプのような情緒的な障害と同時に発生するケースもあります。 子どもの場合は不登校になるなどの症状が出ますが、大人の場合は出勤困難症や人間不信などになりがちです。 特定不能な症状タイプ 特定不能とされているのは、肩こり・頭痛・倦怠感などの身体症状や引きこもりといった症状です。 これまで紹介した症状のパターンに比べると少し軽めなものが多いと感じるかもしれませんが、これも適応障害の立派な症状というわけですね。 頭痛や倦怠感などは情緒障害と同時に起こることも多く、注意が必要です。 症状に当てはまる人がこれからとるべき行動の選択肢3つ 適応障害の症状を見てみると、甘えというのとは全く異なることがわかりますよね。 甘えというには仕事においても、日常生活においても支障が出る症状ばかり。 それに当てはまる人はとにかく注意が必要です。 適応障害の可能性が大きい人がこれからとるべき行動は、これから紹介する3つのパターンだと僕は思います。 とりあえず病院に行く とりあえず、病院に行くことが大事です。 適応障害の症状というのはどれも「特有のもの」ではありません。 確かに深刻な症状が多いものの適応障害ではないケースもあり、一過性のものも中にはあります。 ほかの病気の可能性も否定できません。 自分が今どうしてそういう状態に陥ってしまっているのかをハッキリさせるためにも、適応障害だとしたら適切な治療法をとるためにも、病院に行きましょう。 適応障害を判断する基準は、以下の通りです。 適応障害のきっかけと考えられる原因があってから、一般的に考えられるよりもずっと強い症状が出ているかどうか• 仕事や日常生活に支障が出ているかどうか まずは、 ハッキリ確認できるようなストレス要因と症状との関連性を調べることになります。 そのうえでその症状が特に強いのかどうか、仕事などに大きく支障が出ているかを調べるんです。 治療法に関しては、ストレスを取り除くこととストレスに対処する方法を学ぶことを薦められます。 ストレスが取り除かれると、半年以内に適応障害の症状はおさまるとされているんです。 ストレス要因によっては仕事を続ける道をお医者さんが一緒に探してくれるだろうし、続ける道が無いなら仕事を辞めないといけないという後押しをしてくれるでしょう。 まずは自分のストレス要因を調べ、症状と結びつけて適切な治療法を選ぶことができるように通院からはじめよう! 2. 休職または退職して様子をみてみる 適応障害の可能性が高いなら、まずストレスから離れることが大事です。 根本的に取り除かないと意味がありませんが、とりあえず休職または退職して様子をみるのもアリだと思います。 休職中・退職後は、なるべくストレスを受けないような過ごし方をしましょう。 体力が落ちていると感じれば体を休め、体力はあるけど倦怠感があるなら心を休めてみてください。 明るく健康的な生活になるように心がけながら、自分の心身が回復するような行動をとることが大事です。 休職中はあまり遊んではいけないと思う人もいるかもしれませんが、遊ぶことが症状改善に向かうこともあります。 また、復職するときには転職エージェントなどの支援サービスを使うのがオススメですよ。 仕事において強いストレスとなっている要因を取り除くため、転職エージェントに「こういう仕事や職場はNG」と伝えておきましょう。 そうするだけで、あなたが「適応障害かもしれない」と感じている症状の原因は取り除かれます。 あとはゆっくり焦らずに方向性を定めて、じっくり取り組むことが大事です。 余裕があれば今から転職活動を始めてみる 精神的・体力的にまだ余裕がある人や、適応障害ではなかったけど今の仕事を続けられないほどのストレスを抱えているという人は、今から転職活動を始めてみましょう。 仕事に支障が出るくらい強い症状が出ているのなら、その仕事を続けることは難しいと僕は思います。 仕事自体を変えるにしても職場だけを変えるにしても、どのみち治療のために転職は必要不可欠になる可能性が高いです。 また、 転職するしないに関わらず今の仕事におけるストレスなどを相談しておくことには意味があると思います。 転職活動を始めておけばそれだけで気分が楽になることもあるし、通院後やっぱり転職したほうが良いということになったとしてもすぐ動き出せるでしょう。 とにかくまずは病院、余裕がある人は転職活動! これが、適応障害の疑いがある人が最初にとるべき行動です。

次の

適応障害は甘えなのか?適応障害の方への家族や職場での接し方

適応 障害 甘え

適応障害という精神疾患は、誰にでも起こりえるものですが、未だに理解が得られていないように見受けられます。 鬱病もそうですが、こういった精神疾患を発症してしまったが故に、仕事を一時休職することに対して「甘え」や「怠け」という誤解を持つ人がまだいます。 しかし、適応障害はれっきとした精神疾患であり、治療をしないままでいるといつまで経っても社会に復帰できなくなる可能性もあります。 スポンサーリンク そもそもストレスというものは、外的刺激を受けることであり決死て嫌なことのみではありません。 語源を調べてみると、圧力という丹後が出てきます。 まさにそれであり、どんなことでも当事者にとって圧力、刺激となれば、それは「ストレス」と呼ばれるものなのです。 嫌なストレスというのはノルマが厳しい、上司からの叱責、家庭の不和等が和えられます。 そして、嬉しいことでのストレスとはマリッジブルーやマタニティ・ハイ等に代表される環境の変化です。 これらをストレッサーと呼びます。 すなわち、環境の変化によってストレスを感じ、感情をコントロールできなくなる状態を適応障害というのです。 様々なストレッサーにより、自分の中の心の許容量(キャパシティ)をオーバーしてしまう状態なのです。 スポンサーリンク ですから、こういった事情で仕事を休職する理由としては「配属先に馴染めなかった」「仕事が過多すぎた」等が挙げられますので、決心て本人の性格が弱いからではないのです。 もちろん、生まれ持った性質というのはありますが、本人の意思と関係なくストレスに晒されることにより、感情が不安定になってしまうのです。 また、甘えと違う点として、適応障害に陥ってしまった方々は少なくともその現況から脱しようと試みているのです。 しかし、傍から見ると「仕事が緩慢である」等見られますので、素人には判別の付き難い病でもあります。 適応障害になってしまったからといって、仕事を休職することは甘えではなく、元の生活を取り戻す為のファーストステップなのです。 周りの理解や援助を得ることで、休職後からの復帰もスムーズに行えます。 スポンサーリンク.

次の

適応障害で休職する人へ送る、休職中の過ごし方と再発防止のススメ

適応 障害 甘え

適応障害とうつ病の違い 適応障害は、皇太子妃の雅子様が診断されたことで耳にしたことがある人もいるかもしれません。 厚生労働省のページでの「適応障害」の説明はこちらです。 適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。 たとえば憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になったりします。 また、無断欠席や無謀な運転、喧嘩、物を壊すなどの行動面の症状がみられることもあります。 ストレスとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れると、症状は次第に改善します。 でもストレス因から離れられない、取り除けない状況では、症状が慢性化することもあります。 そういった場合は、カウンセリングを通して、ストレスフルな状況に適応する力をつけることも、有効な治療法です。 適応障害は、 「ある特定の状況やできごと」がストレスとなっていることが原因で、日常生活や人間関係などに不安感や抑うつ気分がでている状況です。 適応障害は、 原因となるストレスから離れると症状を改善します。 仕事や職場がストレスの原因となっている場合、症状が出るのですが、休みの日に趣味をしたり、旅行に行ったりして楽しむことはできるのです。 うつ病は、環境か変わっても気分が晴れないので、休みの日でも憂鬱な気分が続き何かを楽しむ気分になれません。 この点が適応障害とうつ病大きな違いと言えます。 適応障害とうつ病の症状の違い 適応障害は、不安、意欲の低下、食欲不振、倦怠感などうつ病と同じような症状がみられます。 ただ、うつ病と大きく違うのは、このような 抑うつ状態の持続性です。 うつ病は持続的な憂鬱感や興味・関心の喪失や食欲の低下、不眠などが2週間以上続きます。 適応障害は、ストレスの原因から距離を置くと症状が緩和され、趣味などを楽しむ余裕が出てきます。 ただし、適応障害が慢性的に続くとうつ病に移行する危険性があるので、適応障害はうつ病ともかかわりが深い病気でもあります。 私が適応障害を発症した原因と症状 会社員として働いてて10年経った時に私の上司が、その上の上司とけんかをして急に退職することになりました。 部署内でその上司の次に社歴が長かったのが私であり、私は部署の責任者をすることになりました。 これが私にはとても大きな精神的な負担でした。 私は人のサポート的な仕事は非常に得意で、性格的にも向いていると感じているのですが、人の上に立ったり、人に指示しマネージメントすることはあまり得意ではありません。 しかし、責任者、管理職となったからには、部署をまとめ、仕事の方向性、部下の指導をしなければいけません。 私を含め7名の部署だったのですが、部下それぞれに考え方があるので、仕事内容の不満、納得がいかないことなどをぶつけられることもありました。 私が「こうするんだ」ということを強く示してリーダーシップを発揮できればよかったのですが、そのことが私にはストレスでしかありませんでした。 次第に部下の1人(年齢は私より上)の私に対する態度がとても高圧的になりました。 私のやり方に納得がいかなかったのでしょう。 同じ部署内の他の同僚などに対応する時は笑顔で普通に話しているのですが、私にはとてもきつくあたってくるようになりました。 そのことも私はとてもショックで、ますますリーダーとしての自信をなくし、その部下がいる前では話すことすら心臓がバクバクして極度の緊張状態になるようになりました。 私に現れた身体の不調• 夜眠れない• 苦手な彼と話そうと思うと鼓動が早くなる• 突然涙が出てくる、泣いてしまう• 朝仕事に行こうとすると胸が苦しくなる• 食欲がなくなる その部下と関わらない仕事はスムーズにできるのですが、その部下と関わる必要がある仕事は後回しにしてしまい、仕事が滞っていくようになったのです。 今までは会社が楽しく、休むことが嫌だったくらい仕事人間でした。 しかし、管理職になり部下との関係がうまくいかなくなってから、その部下がいる日は「仕事に行きたくない」ので夜眠れないのですが、その部下が休みや出張でいない日は「仕事に行きたくない」という気持ちが出てこず、スムーズに眠ることができました。 こういった状況からも、 私の場合は「適応障害」を起こしているストレス因は、確実にその部下との関係性でした。 適応障害の対処法 適応障害の治療としては、3つの方法がアプローチがあります。 そのため、その環境から離れれば症状は改善します。 仕事や職場環境、職場の人間関係が原因の場合は、 「休職する」、「部署異動をする」、「退職・転職する」ことなどがあります。 ストレスに強い人もいれば、ストレスに弱い人もいます。 「適応力を高める」ということは、ストレスとあまり感じないように受け止め方を変えるということです。 ただ、何十年もかけて築き上げた性格を変えるということは、簡単ではありません。 専門家のカウンセリングを受けながら、時間をかけて気長に続けていくことが必要です。 「症状に対して薬を使う」対症療法なので一時的に症状は治まりますが、 根本的な治療にはなりません。 私が適応障害になった原因は、職場での後輩との人間関係だったので最終手段として退職しても薬物療法はしないつもりでした。 「もうこのままでは、部署をまとめていけない」「後輩との関係も修復できそうにない」と限界を感じた私は職責が上の上司に「辞めたい」と相談しました。 その上司は、私の突然の退職の申し出に非常に驚いていました。 その上司は全国を飛び回っており、月に数自治しか顔を合わさないので、何の問題もなく仕事をしているように見えていたようです。 私の心の中では苦しさでいっぱいで今にも潰れそうだったのに、まったく伝わっていなかったのです。 私が後輩との関係のことを告げ、「もう仕事を続けていくことができそうにない」ということを打ち明けると、「辞めることはいつでもできるんだから、一旦、休職してゆっくり休んでみなさい。 時間と距離を置けば、また変わるかもしれない。 」と温かい言葉をかけてくださいました。 その時の私は完全に視野が狭くなっていたので、辞めることしか頭にありませんでした。 会社を辞めても転職先も決まっていなかったので、「どうせ家でゆっくりするなら休職という選択でもいいかもしれないな」と休職させてもらうことになりました。 私の次に職歴が長かったのが、私のストレスの原因である後輩だったので、仕事の引継ぎをすることが何よりも苦痛でたまりませんでした。 「彼に引継ぎのために会話をしなければいけないなら、辞めた方がまし」と何回思ったか数え切れません。 「私が休職することに対して彼はどう思っているだろうか」「迷惑をかけられたことに対して腹を立てているだろう」などいろいろなことを考えてしまい、夜眠れない毎日でした。 私の見方になってくれていた上司から「簡単な引き継ぎ事項を紙に書いて渡すだけでもいいか」と言われながら、なんとか仕事の連絡事項を告げて休職期間に入りました。 いざ、休職してみる少しずつ仕事のことは頭から離れていきました。 ストレスの原因の彼とも会わないので、いろいろな症状が出なくなりました。 休職で改善された症状• 不眠がなくなった• 涙が出ることがなくなった• 動悸がしたり、心臓がバクバクすることがなくなった• 耳鳴りが止まった• 憂鬱な気分がなくなった• 笑顔で家族と話せるようになった• 最初の1週間くらいで症状がよくなり、気分も楽になりました。 外に出かけたり、気分転換やリフレッシュをして楽しい気分にもなることができました。 しかし、休職期間も後半に入ると気分が憂鬱になる日が出てきました。 そりゃそうですよね。 休職期間が終わってまた会社に戻れば、同じ環境が待っているのですから。 休職して心身ともに回復しても、ストレスの原因が残っている職場に復職すれば、また適応障害が再発してしまいます。 なので、私は2つの行動をしました。 1つは休職期間中に上司と面談の機会を設けてもらい、部署異動のお願いをしました。 私にできることは部署異動のお願いまでで、それが受け入れられるかどうかは会社の判断なので結果はすぐにはわかりません。 もし、部署異動ができず同じ環境に戻るのであれば、退職するしかないと思っていたので、体調が回復している間に転職活動も合わせて行うようにしました。 もう1つは、 転職エージェントの会社3社に登録をしました。 そして、コンサルタントの人とのカウンセリングを受け、今の私が転職できそうなところを提案してもらいました。 実際に転職活動をして、意外と転職先候補がたくさんあることがわかり、 「今の職場がダメでも他がある」と思えたことは思った以上に大きな心の安心になりました。 休職する前の精神状態では、転職活動すらする気力がありませんでした。 しかし、休職して精神状態も落ち着いたことで、冷静な判断ができるようにもなり、「勢いで辞めてしまうのではなく、ちゃんと次の準備をしておこう」と思えるようにもなりました。 転職エージェントの方と話していると、私のように職場の人間関係のストレスで精神的に病んでしまい、転職する人もたくさんいるとのことでした。 そうした実際の事例なども教えてもらうと 「悩んでいるのは私だけじゃないんだ」という心強さにもなりました。 私の場合は、その後、部署異動が認められたので、実際に転職活動をすることなくストレスの原因から離れることができました。 もし、今私と同じように苦しんでいる人に伝えたいのは、 苦しい環境からは逃げてもいいんです。 休職でも異動でも転職でもいろいろな方法があります。 今の環境から離れるための最善の方法を探してみてください。 できれば、まずは休職や異動がおすすめですが、やむを得ない場合は退職するという選択肢もありです。 ただし、心身が不安定な時に勢いで会社を辞めてはいけません。 まずは転職エージェントで相談してください。 転職で失敗する人は自分一人で転職活動をしてしまうからです。 1人でできることには限界があります。 しかも心身ともに疲れている時は、ミス判断をしてしまいがちです。 転職のプロに相談して、しっかりアドバイスをもらいましょう。 きっと新しい道が開けるはずです。

次の