パッセージ ドラマ。 パッセージ第4話のネタバレ感想!エイミーの変化【海外ドラマ】

パッセージ第4話のネタバレ感想!エイミーの変化【海外ドラマ】

パッセージ ドラマ

打ち切りショックな海外ドラマまとめ一覧2020-19年18年17年 随時更新中! 毎年続々無残にも打ち切られていく人気海外ドラマたち・・そんな辛い打ち切り海外ドラマのうち特にショックが大きかった作品を、 2 020-19年最新終了ラインナップから2018-17年迄、各年ごとにわかりやすくまとめました。 当記事では、私が個人的に大好きで悲しくてショックだった打ち切りドラマ(マイナー作でも)に加え、世界的に特にショックが大きかった人気のある打ち切り海外ドラマも発表していきます。 (つまり個人的にも世間的にもショックが少ないマイナーな打ち切りドラマは当記事には載りません。 ここは簡易コーナーなので画像や説明もほぼありません。 夫を警官に殺された夫を演じています。 超ショックで・・・超名作がたったの2シーズンで・・・ **面白すぎる超おすすめティックはで30日無料見放題できます! 他のヒーロー系ドラマとは全く違う魅力があるティック、とにかく最高に楽しくて、スリスもあって衝撃もあって面白くて、癒やしで、愛らしくて・・・・ 本当に素晴らしいドラマなんです!!!!! すぐ虜になり、多くの視聴者も同じようにはまっててすごく好評だったのに・・・ なんで・・・・・ まだまだ続くと思われていたのに、無残な打ち切り宣告に唖然・・・。 もちろん熱いファンが多いロングシリーズ作品なだけに、打ち切りで多くのファンに多大なるショックを与えた&私もびっくりした、という意味でこちらで紹介していますが、私自身はあまり視聴できていません。 **次のページに2020-19年打ち切りショックな海外ドラマまとめはまだまだ続きます!!!長くなりすぎたので分割しますね。 評判はなかなか。 ロバートダウニーJr主演、日本での評判もかなり高い。

次の

海外ドラマデータベース:パッセージ

パッセージ ドラマ

sponsored link パッセージ 海外ドラマ のキャスト エイミー・ヴェラフォンテ(演:サナイヤ・シドニー) 天涯孤独の少女。 ジャンキーの母親と暮らしていたが、亡くなってしまう。 製薬会社に目をつけられ、被験者として連れていかれる。 エイミーを演じているのは女優のサナイヤ・シドニーです。 サナイヤ・シドニー 名前:Saniyya Sidney 生年月日:2006年10月30日(13歳) 2012年映画「The Babysitters」でデビュー。 「Roots」「アメリカンホラーストーリー」への出演を経て、パッセージの大役を掴む。 ブラッド・ウォルガスト( 演:マーク=ポール・ゴスラー) 受勲歴のある元軍人。 マーク=ポール・ゴスラー 名前:Mark-Paul Gosselaar 生年月日:1974年3月1日(45歳) 出身:アメリカ、カリフォルニア州、ロサンゼルス 父のハンスはオランダ出身で、ドイツとオランダ系ユダヤ人の血を引いている。 父方の曾祖父母はホロコーストで亡くなった。 マークの母は、インドネシアとオランダの血を引いており、バリ出身。 そういったバックグラウンドからマークはオランダ語を話せる。 マークは5歳からモデルとして活動。 母親がマネージャーを務めていた。 子役時代にはディズニーチャンネルの「Good Morning, Miss Bliss」に出演。 「Dead Man on Campus」などのティーン向け映画に出演しつつ、「NYPD ブルー」「リゾーリ&アイルズ」などのテレビドラマへのゲスト出演でキャリアを積んだ。 ジョナス・リア(演:ヘンリー・イアン・キュージック) 製薬開発者で、プロジェクトノアの一員。 ティムとともにウィルスを発見した。 ヘンリー・イアン・キュージック 名前:Henry Ian Cusick 生年月日:1967年4月17日 出身:アメリカ、ホノルル ペルー人の母と、スコットランド人の父の元、ペルーで生まれた。 2歳でスペインに、その後、グラスゴーに引っ越し。 その後はトリニダードトバゴに10年住んだ。 スコットランドで演技を学び、舞台俳優としてキャリアをスタート。 「ロスト」のデズモンド役で世界的な知名度を得た。 ティム・ファニング(演:ジェイミー・マクシェーン) 最初の感染者。 ジョナスの同僚。 ジェイミー・マクシェーン 数々のドラマにゲスト出演。 代表的な作品は、「24」「フィアーザ・ウォーキングデッド」。 映画は「ゴーンガール」「マイティソー」にも出演している。 ニコール・サイクス(演:キャロライン・チケジー) 軍医で、プロジェクトノアのリーダー。 キャロライン・チケジー 名前:Caroline Chikezie 生年月日:1974年2月19日 出身:イギリス、ナイジェリア ナイジェリア人の両親の元、イギリスで誕生。 14歳の時に「女優になる」という夢をあきらめるために、ナイジェリアの全寮制の学校に入る。 イギリスに戻った後は大学で化学を学んでいたが、中退。 後に、イギリスの演劇学校に入学した。 その後、映画やテレビドラマに進出した。 クラーク・リチャーズ(演:ヴィンセント・ピアッツァ) 製薬会社の責任者。 ブラッドとは友人関係にあった。 ヴィンセント・ピアッツァ 名前:ヴィンセント・ピアッツァ 生年月日:1976年5月25日 出身:アメリカ、ニューヨーク イタリア系の父と、ドイツ系の母の元、NYに生まれる。 学生時代はホッケーに力を入れており、それで奨学金を獲得したほどの腕前だった。 大学に入りホッケーを続けるも肩の怪我で、大学を1年で辞めることに。 その後、演技コーチの指導を受け、演技の道に入った。 ショーナ・パブコック(演:ブリアンヌ・ハウィー) ウィルスの感染者。 年齢が若いため、他の被検者よりも症状が出ておらず、見た目も保っている。 ブリアンヌ・ハウィー 名前:Brianne Howey 生年月日:1989年5月24日 出身:アメリカ、カリフォルニア州、ロサンゼルス 高校卒業後、ニューヨーク大学のティッシュ・スクール・オブ・アーツで演劇を学んだ。 パッセージ 海外ドラマ のあらすじ 2015年、2人の製薬研究者の男達が250年生きているという男をボリビア高原に探しに行く。 そこで1人の男が特殊なウイルスに感染してしまう。 それがきっかけで新薬開発「プロジェクト・ノア」が始まる。 製薬会社の研究室にはヴァンパイアのように血を好む狂暴な被験者達がいた。 新薬開発を急ぐ研究者達は、年齢が若い被検者を探し、10歳のエイミー・ヴェラフォンテに目をつけた。 エイミーはジャンキーの母親と2人暮らしだったが、最近母が亡くなり、天涯孤独になっていた。 そんなエイミーを連れてくる任務を受けた、元特殊部隊のブラッド・ウォルガスト。 パッセージ 海外ドラマ の感想 「あたいの名前はエイミー・ヴェラフォンテ」という少女の独白から始まる本作。 リドリー・スコット製作総指揮という点が気になって、見ました。 ブラッドはエイミーを送り届ける任務を放棄して、エイミーを守ろうとします。 エイミーを気遣う姿は、親のようでもあるブラッド。 なぜそんなにエイミーに肩入れするのか?というと、実は子供を亡くした経験がある、ということが1話で発覚します。 エイミーとブラッドは逃げ切れるのか? 子供を亡くし、元嫁と微妙な仲のブラッドのプライベートライフも気になります。 俳優さんもそんなに有名な人はほとんどいませんが、 LOSTのデズモンド役の、ヘンリー・イアン・キュージックが出ていました。 LOSTファンには嬉しいキャスティングですね。 ブラッドを演じるのは俳優の マーク=ポール・ゴスラー。 公式サイトではおっさん、と言われてましたが、そんなことはなく。 クリス・プラット似のイケメンだと思います。 放送が始まったばかりですが、最後まで見続けたい作品です。 パッセージはで配信しています。

次の

【ザ・パッセージ】新作ドラマの感想:アポカリプス寸前の世界で少女を守るオッサン

パッセージ ドラマ

2019年 アメリカ マーク=ポール・ゴスラー、サナイヤ・シドニー、ジェイミー・マクシェーン 政府が秘密裏に進めていた「プロジェクト・ノア」 ボリビアで見つけた謎のウィルスを元に新薬の開発を進めるプロジェクトのはずがとんでもない方向に進み、人体実験される少女を救うんだと立ち上がるおじさんの話(笑 おじさんはウォルガスト(マーク=ポール・ゴスラー)と言って元特殊部隊の連邦捜査官でおっさんのくせにキレッキレ。 人体実験される少女エイミー(サナイヤ・シドニー)はただ単に10歳で身寄りがいないってことで選ばれた。 原作があるらしいです。 ヒット小説らしい。 原作とどれくらい一致してるのかは知らないけど、パンデミックと人類滅亡、政府の陰謀をミックスしたドラマ。 元々ボリビアで発見されて「人類滅亡する」ウィルスから守るために新薬をって言うてたのに、いつの間にか中国で発生した鳥インフル用の新薬開発に代わり、最後には生物兵器開発になって、何なんだって感じ(笑 被験者はみんな吸血鬼に生まれ変わり、どんどんと人を襲う。 襲われた人も吸血鬼になるので殺すしかない。 で、結局は人類滅亡するのよね? 何故かエイミーは100年生きてる。 そして吸血された人を弓矢でハントしてる。 うううううん。 シーズン1で打ち切られたのがわかる。 ってか打ち切られたので最後に詰め込んだって感じ? エイミーの予知の内容も不明のままだし、ウォルガストにワクチン打って治ったのに何で世界は救われなかったのか、不明だし。 消化不良でした。 元々はボリビアやのにね、まぁどこでも発生源になりうるってことよ。 そして、発生源をつぶすために本当に核を落す諸国。 マジか?怖すぎ。 いや、強引すぎる脚本(笑• 第10話余分。 DVD販売とか後日配信でも稼げるから(本放送の視聴率コケても)全体としての体裁だけは繕 つくろ っとこう感が見え見え。 最後の1回あんな急展開 急転回 は反則っしょ。 最終話で唐突に置いてけぼりにされた(少女以外の)全員の登場人物たち(の処遇)はサテ置いても、ひとつ手前の第9話で命を落としてた「珈琲肌の蓮舫さん」に関しちゃ、もうちょっと丁寧な描き方で死なせてほしかったかなー。 goo.

次の