コロナ 東京 都 感染 者。 感染防止徹底宣言ステッカー|東京都防災ホームページ

東京都 新型コロナ感染者の情報管理システム 運用開始

コロナ 東京 都 感染 者

公開日:令和2年(2020)6月21日 教育庁 都立学校の教育職員が新型コロナウイルスに感染したことが確認されましたので、以下のとおりお知らせします。 【概要】 (1) 年代:30代 (2) 性別:女性 (3) 居住地:都内 (4) 症状・経過:• 6月16日 出勤。 退庁後、夕方37度台の発熱。 17日 朝、38度台の発熱。 医療機関を受診し、PCR検査を勧められた。 18日 PCR検査を実施。 19日 検査の結果、陽性判明。 現在 本日から保健所指定の宿泊施設に移動し療養している。 (5) 対応• 〇 保健所により濃厚接触者と指定された学校関係者は、児童・生徒のみである。 当該児童・生徒については、6月16日から6月29日まで2週間の出席停止とし、保健所から当該児童・生徒の保護者へ連絡の上、PCR検査を実施する。 〇 現時点で体調不良を訴える児童・生徒、教職員はいない。 〇 当該校では毎日校内の消毒を行っているが、当該職員の感染を受けて、職員室、教室等、当該職員の行動範囲を再度消毒した。 〇 保健所より臨時休業の必要はないとの判断があったこと、当該職員は常にマスクを着用しており、濃厚接触者は直接接触した児童・生徒のみであること、校内を毎日消毒していること等から、当該校の臨時休業は行わない。 〇 当該校の保護者には、6月20日に学校の対応についてメールにて周知した。

次の

今日の感染者数は?東京都の新型コロナウィルス発生者数|ぐぐみた

コロナ 東京 都 感染 者

感染者数を掲載している杉並区のホームページ 練馬は年代、性別も掲載「高齢だけでない実態知って」 小池百合子知事が記者会見で「感染爆発の重大局面」と述べた3月27日、は感染者の年代、性別を一覧にして、区のホームページに掲載。 保健予防課の担当者は「感染者は年配の人、というイメージがあった。 実態を知ってもらうため年代を載せた」と話す。 31日現在、累計20人に上る患者のうち30代は2人、20代が1人、10歳未満は1人いる。 これ以前、感染者数を公表していたのは、の2区のみ。 江戸川区の担当者は「正確な情報を伝えることが感染拡大やデマを防ぐことになる」と説明。 公表にあたっては感染者の同意を条件にしている。 杉並区など、プライバシー配慮のため年齢と性別伏せる 30日に公表を開始したは、プライバシーに配慮して年齢や性別、発生エリアは公表しない。 「感染リスクがあることを胸に刻み、自己防衛に努めてほしい」としている。 は4月1日から、区民でPCR検査が陽性だった人数と退院者数の午後3時までの合計を、毎日、午後5時までに公表することにした。 年齢や住んでいる地域などは公表しない。 世田谷区内では3月18日までに3人だった陽性者が、4月1日時点では45人に達した。 退院者は9人に上る。 も1日、3月23日からの1週間の感染者数を公表した。 港区、中野区も近日中の公表準備を進めている。

次の

東京都の新型コロナウイルス感染者の分布マップ(市区町村別) | グラフストック

コロナ 東京 都 感染 者

新型コロナウイルスの感染者に偏見を持たないようにと、東京都教育委員会は、小中高校生向けの教材を作成した。 新型コロナの感染から回復した人や、感染リスクと隣り合わせで働く人たちへの差別的な行動を防ぐためだ。 今月から授業が一部再開された都内の学校で使われる。 「コロナウイルスがうつるといわれ、かなしんでいる人がいます」(小学生向け)。 都は今月3日、そんな言葉で始まるA4判裏表の教材を、都立学校約250校や小中学校を所管する区市町村に送った。 朝の会やホームルームでの活用を想定しているという。 中高生向けの教材では、新型コロナに感染したプロ野球、阪神の元ヘッドコーチ、片岡篤史さんの言葉を紹介。 厳しい入院生活を支えてくれた医療従事者への感謝の思いを、朝日新聞のインタビュー記事から引用している。 教材で伝えたいのは、新型コロナの治療・療養を終えた人や医療関係者、命や暮らしを守る仕事に従事する人たちの立場を想像することの重要性だ。 新型コロナをめぐっては、感染者の氏名をネットに掲載して攻撃しようとする動きや、医療従事者やその家族がホテルでの宿泊を断られるケースが報告されている。 都内の学校長からも、「偏見や差別の防止につながる教材がないか」との問い合わせが都教委にあったという。 都教委の担当者は「正しい知識がないからこその不安が、偏見や差別を生む。 新型コロナにとどまらず、人権問題について考えるきっかけにもなってほしい」と話す。 受け取った学校からは「ぜひ活用したい」といった声が寄せられているとしている。 (荻原千明).

次の