カローラ スポーツ。 トヨタ カローラスポーツ

カローラスポーツ(トヨタ)の中古車

カローラ スポーツ

新型カローラスポーツの全体評価 (出典:) トヨタカローラ スポーツは、2018年6月26日に発売されたハッチバック型の乗用車です。 特徴となるのは、「デザイン」と「走りの質の高さ」「乗り心地の良さ」です。 そして、ハイブリッド車の燃費が非常に優れている点となります。 こちらは後ほどくわしく検証していきます。 なお、エクステリア、内装のクオリティの高さは申し分ありません。 それでは、くわしく見ていきましょう。 発売当初は賛否両論が出たものの、見た目は高評価で安定しています。 ハッチバックを採用しているものの野暮ったい雰囲気にならず、豊かなカラーや高級感あふれるオリジナルホイールも好評。 ボディーカラーは白だけでも2種類あり、他社では見られない「ブラッキッシュアゲハ」などの独自色も用意され、注目です。 外装はとても艶っぽくて色気があり、デザイン性の高さは抜群です。 」 黒のカローラスポーツコンビニで見たけど惚れた。 オキサイドブロンズメタリック ? って色の現物を見てみたい。 新型カローラスポーツの内装の口コミ 内装の質感、クオリティは高い カローラの内装は質感に優れ、まるで上質な欧州車のような風合いがあります。 カローラスポーツのベースとなるシートカラーはブラックです。 加えて特別仕様のスポーツシートが運転席と助手席に使用されているのも特徴。 どのモデルを選んでもシートはホールド力が高く、常に安定した姿勢でドライビングを楽しむことができます。 後席とラゲッジの狭さを検証 カローラスポーツのデメリットとして最も目立つ口コミが 「後席が狭い」という点です。 これは見た目を優先した結果、あえてトヨタがそのような設計にしています。 それでは、実際の画像を確認してみましょう。 まず、実際のスペースは、 カローラスポーツの後席はこんな感じ。 欧州車のスポーツ系セダン・ハッチバックのあの広さ感。 狭いと感じるか、必要充分と感じるかは人それぞれ。 ラゲッジスペースについては、意見が分かれていて、狭いという声からおよそ350Lのゆったりした収容スペースがあるので便利という声までさまざまでした。 燃費の良さは口コミで高く評価されています。 プリウスハイブリッドに比肩するほどの低燃費水準であり、価格を考えるとコストパフォーマンスは高いといえます。 インプレッサスポーツとの燃費比較• インプレッサスポーツ:13. 燃費だけでいえば、ライバル車はプリウス以外は考えられません。 (インプレッサスポーツは11. 69~13. 燃費についてはハイブリッドの方が断然評価が高いといえるでしょう。 燃費に関する口コミ カローラスポーツ1. 2Lターボ 遂に試乗してきました! デザインは賛否両論あるけれど、 今までに味わった事の無い 衝撃的な乗り心地の良さと スムースな加速、安全装備、 どこを取っても素晴らしい車。 (引用:) カローラスポーツで最も挙がったのが「衝撃を受ける」ほどの乗り心地の良さ。 スポーツモデルにも関わらずしなやかで、ゴツゴツしないと評判です。 スポーツモデルのため静粛性、運転のしやすさも申し分なく、トルク感も抜群。 パワー不足という声も出ましたが、ドライブモードも搭載され、実際に試乗するとほとんど気になりません。 6段MT仕様の評価も高い カローラスポーツのMT試乗してきた! 思ったよりもスムーズに走るし、ミッションが操作しやすいしに良いね。 車の出来もかなり良さそうで。 乗る前は1. 2lターボはパワー不足じゃないかなとも思ってたけど、意外と気にならなさそう — ウルグス urugusu29 カローラ スポーツに追加採用された6段MT仕様は、 1. 2リッターターボモデルのみに搭載されたもの。 この6MT仕様車は、カローラスポーツのグレードランキングでも上位を占めています。 燃費を重視した「ECOモード」• 滑らかな走りの「NORMAL」• 走行性能重視の「SPORT」 「ターボエンジンの逞しい走りを楽しみたい」という人からはSPORTモードでの運転がおすすめです。 各ドライブモードの切り替えが簡単にできる、という点も好評です。 「 街乗りにとても適した走りの車だと思います。 走り出す時に鈍重さを感じるようなことはありません。 とはいえ、弾むような突き抜けた力強さがあるわけでもないので、女性でも扱いやすいモデルだと言えるでしょう。 」 ライバル車のシビックと比べて、運転性が大きく上回るといった口コミもありました。 新型カローラスポーツの価格はお得感あり 新型カローラスポーツの価格は、1. 2Lターボモデルが210万円から240万円程度。 一方、1. 8Lハイブリッドモデルは240万円から270万円前後が相場です。 高いのではないか?という声が出たものの、徐々にハイブリッド車のお得感が評価されはじめています。 発売当初は辛口だった値引きも拡大中のため必見です。 「 ハイブリッドエンジンを搭載した車種の中には300万円を超えるものが少なくありません。 それと比較すると、カローラスポーツの販売価格が200万円台で収まっているというのは評価できます。 基本的には燃費を考慮して、ハイブリッドを選ぶ人が目立ちました。 一方で、ターボガソリン車も気になる方が多いようです。 原則として、2万km以上走らないと価格差は埋められませんので、そこまで距離を走らないという方はターボガソリン車で良いかと思います。 ただ、スポーツタイプにハイブリッド車は少なく、ハイブリッドならカローラスポーツ一択と言われるほど、ハイブリッド車は評価を高めています。 長年乗ることが前提であれば、ハイブリッドを選ばれるのがよいでしょう。 4WDの評価は? カローラスポーツは、ハイブリッド車がFF。 ガソリンターボ車が4WDの設定のみとなっています。 4WDには前述した6段MT仕様が搭載されていて、評価は高いです。 パワー不足を指摘する声も一部であるため、この点は試乗されるとよいでしょう。 カローラスポーツのCMは評判が悪い? カローラスポーツのCM 気持ちいい日篇 30秒 最後に、話題を集めているカローラスポーツのCMについて触れておきます。 最新CMは俳優の菅田将暉さんと、女優の中条あやみさん。 こちらは残念ながら口コミでは賛否両論が目立ちました。 ただし、車そのものの評価ではなく、CMの中で音を外して歌うシーンが波紋を呼んでいます。 一方で舞台となった四国のUFOラインは、一見の価値があるほど美しいです。 CMの口コミ カローラスポーツのCM。 最後の音程外すところがとても不快で…気持ち悪くなるのです。 あれ、名曲だよ、ほんとはさ。 残念だよ。 — hiromido hirodcherry0625 カローラスポーツのメリット・デメリットのまとめ! 新型カローラスポーツは、トヨタらしいこだわりが随所に見られる高品質なモデルです。 改めてカローラスポーツのメリットデメリットをまとめました。 メリット• デザイン性の高さと豊富なカラーが魅力。 欧州車を思わせる質の高い内装。 スポーツモデルでハイブリッド車を搭載。 燃費効率に優れる。 乗り心地の良さが 群を抜く。 運転性能、安全装備も文句なし。 デメリット• 後席の足元空間が狭い。 購入前の試乗は必須。 ややパワーが弱いという声あり。 ガソリン車は決して安くない価格帯。 口コミを見るとデメリットが少なく、メリットが多いことがよく分かります。 そして、代えがきかない車ということができるかと思います。 総合点が高く、今後はさらに人気化することは間違いないでしょう。 間違いなく買いの一台という結論 後席を犠牲にしてデザインと走りの質を高めていますが、 デメリットが気にならなければ間違いなく買いの一台と言える車です。 購入を検討される方は、実際に販売店に足を運んで試乗しておきましょう。 トヨタの中でも総合力の高いクルマで、強くおすすめします。 カローラスポーツの割引相場はこちら! カローラスポーツの値引き相場をご存じですか? カローラスポーツは人気車のため、割引は辛口と言われています。 しかし、その中でも値引き事例は増え始めています。 値引きの方法はシンプルで、最新相場とコツを押さえれば誰でもできます。 カローラスポーツの値引き情報は以下をご確認下さい。

次の

トヨタ カローラスポーツ

カローラ スポーツ

販売期間 2018年6月26日 - 5名 5ドアハッチバック 1. 2Lターボ:型: 1,196cc 1. 8Lハイブリッド:型: 1,797cc 駆動方式 (アクティブトルクコントロール4WD:1. 2Lターボのみ) 1. 8Lハイブリッド: 型:交流同期電動機 1. 2Lターボ: 185N・m 18. 8Lハイブリッド: エンジン: 142N・m 14. 6kgf・m 1. 2Lターボ: Super CVT-i 6速MT(前輪駆動のみ) ( 2018年8月-) 1. 8Lハイブリッド: 電気式 前:コイルスプリング 後:コイルスプリング 全長 4,375mm 全幅 1,790mm 全高 1,460mm(前輪駆動) 1,490mm(四輪駆動) 2,640mm 車両重量 1,310kg - 1,400kg ( 2018年6月-2018年8月) 1,300kg - 1,400kg ( 2018年8月-)) ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク 後:ディスク 別名 カローラハッチバック(米国) カローラ(欧州) カローラハッチ(オセアニア) (台湾) 先代 (日本・欧州各2代目) カローラ スポーツ( COROLLA SPORT)は、が生産・販売する型の乗用車である。 それまで「カローラiM」として販売していた北米では「カローラ ハッチバック」に改称され、2018年6月より投入されている。 欧州向けには2018年ので、当初3代目オーリスとして初披露されていたが 、後にオーリスの名を廃止することを明かし、「カローラ」の名称で2019年初頭から販売が開始された。 なお、日本市場においては「12代目カローラシリーズの先駆け」とトヨタ自らが公表 する通り、本モデルに続き、2019年9月にセダンが「カローラ」として、ワゴンが「」としてそれぞれフルモデルチェンジされた。 車載通信機「 Data Communication Module 」を全車に標準搭載し、同時に新型に移行した15代目と共に「初代」を標榜。 シャシーはTNGAに基づく新プラットフォームを採用しているほか、上級グレードにはメーカーオプションで可変式の「AVS」を用意しており(後述)、「走る・曲がる・止まる」といった車両性能の向上に大きく力を入れている。 また、全高は前輪駆動車が-20mm、四輪駆動車が-10mmとなり、ワイド&ローをより強調したフォルムとなっている。 なお「カローラ」の名を冠し、かつで取り扱うクラスのハッチバックは、2006年10月に販売終了となった以来11年8か月ぶりとなる。 モデルのは購入層の平均年齢がおおむね70歳代、モデルのにおいてもおおむね60歳代ということから、トヨタには本モデルの投入を通じて顧客層の若返りを図る狙いがある。 「カローラ スポーツ」の名称は、日本では初となるが、北米市場では1977年-3代目カローラ(E5 型)、1979年-4代目(E7 型)、1984年-5代目(E8 型)、1988年-6代目(E9 型) から、欧州市場では2002年-9代目(E12 型) 、豪州市場では2006年-10代目(E15 型) 、まで使用されている。 フロントグリルに装着されているエンブレム メカニズム パワートレインは2種類を設定。 2代目オーリスから継続搭載される1. 2Lターボエンジン「」型は、2代目オーリスのプレミアムガソリン指定からレギュラーガソリン対応に変更となったが、最高出力・最大トルクの数値に変化はない。 トランスミッションは2代目オーリス同様「Super CVT-i」で、新たに10速スポーツシーケンシャルシフトマチックを採用(2代目オーリスでは7速)。 また、2018年8月には6速MTを追加した。 駆動方式は前輪駆動と四輪駆動(アクティブトルクコントロール4WD)を設定。 なお、2代目オーリスに搭載されていた1. 5Lの1NZ-FE型、1. 8Lの2ZR-FAE型は廃止された。 ハイブリッド車用の「」型エンジンは、その形式名こそ2代目オーリスと共通だが、4代目から搭載が開始された大幅改良版に変更。 併せてモーターも「3JM」型から「1NM」型との組み合わせとなっている。 オーリスとの比較では、システム最高出力こそ90kW(122PS)と10kW(14PS)低下しているが、実用燃費が向上。 なお、駆動方式は前輪駆動のみの設定となる。 リヤサスペンションは、2代目オーリスが下位グレードにを採用していたのに対し、全てのグレードでに統一。 路面や走行状況に応じて瞬時に4輪それぞれの減衰力を切り替え、あらゆる路面で高級車並みの快適な走りを実現する」とアナウンスされている。 ショックアブソーバーはとの共同開発で、ピストン摺動面の摩擦を増やす方向という、従来とは逆の斬新な発想で作られている。 この他電子制御により、フロント内輪にブレーキをかけを解消してハンドリングを向上させる、ACA(アクティブコーナリングアシスト)も採用している。 予防安全技術 第2世代型の予防安全パッケージ「」を全車に標準装備。 はミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた方式を採用し、歩行者検知(昼間・夜間)・自転車運転者検知(昼間)機能を付加した最新機能を搭載。 また、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援するレーントレーシングアシスト、カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示することで道路標識の見落としを減らし、安全運転を促すロードサインアシストといった第2世代型の新機能に加え、(全車速追従機能付)、オートマチックハイビームが含まれる。 また、インテリジェントクリアランスソナーの静止物を検知するパーキングサポートブレーキや、左右後方から接近する車両を検知して、衝突被害の軽減に寄与するリヤクロストラフィックオートブレーキであるパーキングサポートブレーキや、など、駐車スペースで発生するさまざまな事故を予防する機能を、1. 2LターボのCVT車とハイブリッド車にメーカーオプションで設定している。 年表 2018年3月23日 2018年で、北米仕様の「カローラハッチバック」を初披露。 米国では2018年夏に「カローラiM」の後継モデルとして発売すると発表。 また、日本でも2018年初夏からで販売を開始する予定であることがアナウンスされた。 2018年6月26日 「 カローラスポーツ」として日本で発表・発売。 キャッチフレーズは「新世代ベーシック。 」で、CMキャラクターは、。 「インテリジェントマニュアルトランスミッション」(iMT)搭載車は8月発売予定、とアナウンスされた。 グレード構成は、ハイブリッド車の「HYBRID G」と1. 2Lターボ車の「G」の2種類が基本で、それぞれに、廉価グレードの「G"X"」と最上級グレードの「G"Z"」を設定。 エクステリアでは、フロントロアグリルのフレーム部に「ガンメタリック艶有り塗装」、同メッシュ部に「ガンメタリック半艶塗装」、フロントフォグランプベゼルに「ブラック艶有り塗装」を施すほか、メッキドアウインドゥフレームモールディングを採用。 インテリアでは、本革巻き3本スポークステアリングホイール、本革巻きシフトノブ、4. 2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、左右独立温度コントロールフルオートエアコン、オーディオレス(6スピーカー)などを装備する。 また1. 2Lターボ車の「G」のみ、パドルシフトが与えられる。 シート表皮はファブリック、内装色は「ブラック」が標準設定。 インテリアでは、1. 2Lターボ車のパドルシフトが非装備となるほか、3本スポークステアリングホイールとシフトノブがに 、オートエアコンがシングルモード仕様に、スピーカーは4スピーカーにそれぞれグレードダウンされる。 また、フロントドアトリムショルダー(ソフトタイプ/ステッチ付)がオミットされるほか、ドアアームレスト表皮、センターコンソールボックスはステッチ付合成皮革巻きからファブリックに変更される等、インテリアの素材・加飾はシンプルな仕様となる。 なお、シート表皮はファブリック、内装色は「ブラック」のみの設定となる。 また、フロントロアグリルのフレーム部は「サテンクロムメッキ」、センターピラーガーニッシュは「ブラック艶有り塗装」にそれぞれグレードアップされるほか、リヤバンパーにはクロムメッキ加飾が追加される。 インテリアでは、メーターがオプティトロンメーターに変更されるほか、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイは7. 0インチに大型化され、スピードメーター表示を追加。 さらに自動防眩インナーミラーが装備される。 専用デザインのスポーツシートを採用。 シート表皮はファブリック、内装色は「ブラック」が標準設定。 「HYBRID G"Z"」、「G"Z"」のみのメーカーオプションとして、AVS、カラーヘッドアップディスプレイ、電動ランバーサポートなどが設定されている。 ボディカラーは、2代目オーリスから継続設定となる「ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)」、「シルバーメタリック」、新設定の「スーパーホワイトII」、「アティチュードブラックマイカ」、「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(メーカーオプション)」に加え、新規開発色の「スカーレットメタリック(メーカーオプション)」、「オキサイドブロンズメタリック」、「シアンメタリック」の全8色を設定。 2018年8月2日 6速MT車を発売。 2Lターボエンジンを搭載する「G"X"」、「G」、「G"Z"」の前輪駆動車に新設定された6速MTは、「インテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)」と呼称。 コンピューターがドライバーのクラッチ、シフト操作にあわせて、最適なエンジン回転数になるよう制御を行い、常時、スムーズな発進をサポートするとともに、ドライブモードセレクトでSPORTモードを選択すると、走行中の滑らかな変速をアシストする機能を有する。 2019年9月17日 カローラ(セダン)及びカローラツーリングのフルモデルチェンジと同時に一部改良。 キャッチフレーズは「あなたの真ん中へ。 この世界の真ん中へ。 」 ボディカラーに「エモーショナルレッドII(メーカーオプション)」を追加設定して9色に拡大するとともに、「G」と「G"Z"」(「HYBRID G」・「HYBRID G"Z"」を含む)にはアティチュードブラックマイカと組み合わせたツートーン3色(ホワイトパールクリスタルシャイン・エモーショナルレッドII・シアンメタリック)がメーカーオプション設定された。 内装は「G"Z"」と「HYBRID G"Z"」において、本革シートの内装色にブラックが追加設定されたほか、カローラ(セダン)やカローラ ツーリングに採用されているディスプレイオーディオが全車標準装備され、スマートフォンとの連携(SmartDaviceLink・・)に対応したほか、エントリーナビキット又はT-Connectナビキットの選択により車載用ナビ機能の利用も可能である。 走行性能ではサスペンションが最適化された。 2020年5月1日(補足) を除く全ての地域での全車種併売化に伴い、、、・ネッツトヨタ東都を除くでの販売が開始された。 2020年6月1日 一部改良並びに特別仕様車「G"Style Package"」・「HYBRID G"Style Package"」を発売。 ボディカラーは「スカーレットメタリック(メーカーオプション)」と「オキサイドブロンズメタリック」を廃止する替わりに新色の「グレーメタリック」が追加され、メーカーオプションの「ホワイトパールクリスタルシャイン」は「プラチナホワイトパールマイカ」に変更。 特別仕様車は「G」・「HYBRID G」をベースに、外観はブラック塗装の16インチ専用アルミホイール、Bi-Beam LEDヘッドランプ、LEDデイライト、LEDフロントフォグランプが特別装備されたほか、フロントロアグリルのフレーム部にサテンクロムメッキ、リアバンパーにクロムメッキ加飾がそれぞれ施された。 内装はの「レザテック」と合成皮革を組み合わせたブラックの専用シート表皮を採用したスポーツシートや7. 0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが特別装備された。 モータースポーツ BTCC 2019年の(BTCC)で、それまでを用いてきたスピードワークス・モータースポーツを支援するかたちで、マニュファクチャラーとして復帰する英国トヨタは、カローラスポーツをベースとした『カローラBTCC』を開発。。 食品会社のGinsterがメインスポンサーとなり、『Team Toyota GB with Ginsters』として参戦。 ドライバーは同チームでインディペンデント王者となったトム・イングラム。 初年度は4勝を挙げてランキング6位につけた。 2年目からはメーカー支援の強化により『 UK with Ginsters』を名乗り、ドイツのトヨタ・モータースポーツGmbH()とも連携しながらマシン開発を進める。 また2022年導入のハイブリッドシステムをテストするマシンとして、カローラBTCCが選ばれている。 に換装され、心臓部には1000馬力のを収める。 エナジードリンクのにカラーリングされ、ドライバーは2015年王者のが務める。 開幕戦でデビューウィンを飾り、2018・2019年と年間ランキングでは2位の好成績を収めている。 脚注 [] 注釈• Adaptive Variable Suspension System(アダプティブ・バリアブル・サスペンション・システム)• メーカーオプションのインテリジェントクリアランスソナーを装着時、フロントロアグリルのフレーム部は「ガンメタリック艶有り塗装」、同メッシュ部は「ガンメタリック半艶塗装」、フロントフォグランプベゼルは「ブラック艶有り塗装」となる。 メーカーオプションのを選択時、本革巻き3本スポークステアリングホイール、本革巻きシフトノブ、ステアリングヒーターをセットでメーカーオプション装着が可能。 また、1. 2Lターボ車のみパドルシフトも装着される。 『トヨタカローラスポーツのすべて』 平成30年8月13日 刊行• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2018年3月23日 ,• 英語 プレスリリース , トヨタ自動車, 2018年3月6日 , 2019年1月18日閲覧。 英語 プレスリリース , トヨタ自動車, 2018年8月28日 , 2019年1月18日閲覧。 プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2018年6月26日 ,• 清水直茂・富岡恒憲 2018年6月26日. 日経 xTECH. 2019年1月18日閲覧。 トヨタ自動車. 2018年7月17日閲覧。 小松哲也 2018年6月26日. レスポンス. 2019年1月18日閲覧。 MOOK 「トヨタ・カローラ50年とその時代」 2016年12月1日発行• Toyota Motor Sales, U. ,Corolla,U. ,1984,1985,1989• Toyota Motor Europe,Corolla,Belgium,2002• Toyota Australia,Corolla,Australia,2006• 日経XTECH 2018年7月30日• RESPONSE 2020年5月3日閲覧• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2018年3月23日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2018年6月26日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2018年8月2日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2019年9月17日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2020年6月1日 ,• 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - シリーズ12代目モデルより日本国内・・市場向けのナローボディ仕様を含めプラットフォーム、パワートレインを共用。 - プラットフォーム、パワートレインを共用。 - プラットフォーム、およびパワートレインを共用。 - におけるカローラスポーツの現地名。 日本・欧州における先代車種。 外部リンク•

次の

トヨタ カローラスポーツ

カローラ スポーツ

グレードからカローラスポーツの中古車を探す カローラスポーツ(トヨタ)のクルマ情報(中古車両)をグレードから簡単に車両検索できます。 グレード名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 157. 8〜 259. 3万円 266万円 34. 5万円 248. 8万円 34. 1万円 30. 3万円 17. 9万円 240万円 17. 9〜 269. 5万円 276. 4万円 17.

次の