カントン 包茎 治し 方。 カントン包茎の見分け方|真性包茎や仮性包茎との違いとは|包茎男子.jp

仮性包茎の治し方/私はこうして仮性包茎を治した。

カントン 包茎 治し 方

ページコンテンツ• そもそも包茎の原因ってなんだろう?? 今も昔も「包茎」で悩まされている方は少なくないでしょう。 思春期の男性や大人になってからも包茎は恥ずかしいですよね…。 『原因がわかれば包茎ともおさらば!』、ですよね? まずは包茎になる原因を確認していきましょう。 まず、 包茎には「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」「埋没包茎」の4種類があります。 当然ですが、それぞれ原因が異なります。 【仮性包茎】の原因 日本人の7割前後はこの「仮性包茎」だと言われています。 その原因には様々な原因が考えられますが、1番の原因は亀頭をかぶせる皮の部分が長いということです。 それと同時にペニスが小さいことも要因の一つです。 男性器の成長が止まり、皮が余ってしまっているだけのシンプルなものです。 仮性包茎は日本人だけでなく、世界の男性の中でも割合は圧倒的に多いです。 【真性包茎】の原因 多くの男性は思春期に自分の皮を剥く練習を行い、仮性包茎やズル剥けペニスに変化していきます。 中学生にもなると保険の授業や男性同士の会話の中で「ペニスの皮はどこまで剥けたのか?」と話題になることもあり、性的な情報を知ることも多くなります。 こうした環境からも成長期に自分で亀頭の皮を剥くことを覚え、真性包茎を改善していくのです。 しかし、思春期の環境を閉鎖的に過ごしていると皮を剥いていない、ということになり成人になっても真性包茎のままになってしまいます。 真性包茎は、ほとんどが何もしなかったことが原因になっています。 成人になっても真性包茎のままであれば、自分でなんとかしようとは考えず、 包茎治療を行っている医療機関に相談することにしましょう。 【カントン包茎】の原因 カントン包茎になる人は大きく分けて2種類あります。 カントン包茎になる理由 1. 強引に全部の皮を剥いてしまい、戻せなくなってしまうケース 2. 思春期にペニスが著しく成長して、寝ているときの勃起によって無意識に剥けてしまうケース 通常は少しずつ包皮が伸びていき、痛みがなく亀頭を露出することが出来るようになりますが、その過程を省略し、一気に剥けてしまった時にカントン包茎になる場合があります。 重度の場合は手術の必要がありますが、 多くの人はなんとか自力で戻し、カントン包茎を改善できます。 自力で戻すのが不安な場合は恥ずかしがらずに後継治療や手術を受けましょう! 【埋没包茎】の原因 亀頭に皮が被るという一般的な包茎とは明らかに要因が異なります。 ズル剥けの人でも中年太りなどが原因で大人になってから埋没包茎になることもあります。 痩せれば解決出来る可能性が高いのも埋没包茎の特徴です。 しかし、必要以上にペニスが埋没して短くなってしまっている人がいます。 そのような方は自分での解決は不可能ですので、長茎手術を受けましょう。 主な対策 ペニスの成長とともに皮剥ぎ行為などの努力を行えば、仮性包茎になることを防ぐことができます。 【真性包茎】の治し方 真性包茎は性的な勉強や教養を行ない、皮を剥こうということをしていけば、まず防げるものです。 万が一、成人になっても治らない場合は包茎治療を行いましょう。 【カントン包茎】の治し方 カントン包茎は突発的になってしまうことが多いので、気をつける必要がありますが、自力で治すことができるので、焦らずに改善していきましょう。 重度の場合や不安な場合は包茎治療を行いましょう。 【埋没包茎】の治し方 埋没包茎は肥満になることで発生することが多いです。 痩せればまず治りますので、埋没包茎になってしまった場合はまず痩せるように努力をしましょう。 ペニスがあまりにも短小の場合は、痩せても治りませんので、手術を行いましょう。 包茎は4種類ありましたが、それぞれが違う要因でなってしまうものなのでしっかりと対策をしていく必要があります。 手術や包茎治療に頼るのは簡単ですが、まずは相談をして手術や治療が必要なのか、自分でなんとかできるのかを把握しましょう! 包茎を治すと感じられる良いことがこれ! 包茎を治すと様々な メリットがあります。 包茎改善のメリット1:【セックスの持続時間が長くなる】 セックスの持続時間については誰もが頭を悩ますことだと思います。 包茎だと早漏であるということもよく言われています。 早漏の原因と対策 普段包茎によって亀頭が皮に覆われ、亀頭が刺激に対して敏感になっていることにあります。 なので、包茎を解消して普段から刺激に慣らしておく必要があります。 包茎改善のメリット2:【コンプレックスの解消】 包茎に対してコンプレックスを抱いている人も多いかと思います。 包茎を改善することによって、見られることに対しての恥じらいがなくなり、自身がつきます。 正常なペニスを手に入れることができます。 包茎改善のメリット3:【恥垢や悪臭がなくなる】 包茎の場合は性病にもかかりやすくなります。 それは、恥垢が原因の多くを占めています。 もちろん包茎でもしっかりと洗浄をすれば問題はありませんが、それでも洗い残しが出てきてしまいます。 包茎を改善することは洗い残しを減らしたり、包茎内の残った恥垢から漂う悪臭も一緒に除去することができます。 男性としてのメリットがたくさん! 包茎は改善をしても損はありませんので、改善をしていきましょう。 ペニラボがおすすめする包茎の治し方はこれだ! 早急に改善したい場合は包茎手術を受けましょう。 ただ、手術をしなくても改善できる場合があります。 どうしても包茎を改善したいと考えている人は恥じらいはあると思いますが、自分だけで抱え込まず、ぜひお近くの包茎治療を行っている医療機関に相談しに行きましょう。 おすすめの包茎クリニックはABCクリニック。 他のクリニックとくらべて値段も安く、全国展開しているので知名度も高く安心できる大手のクリニックです。

次の

実は怖い!?カントン包茎のタイプとすぐにでも治すべき理由

カントン 包茎 治し 方

カントン包茎は誤解が多い 真性や仮性については何となくイメージできても、カントンについて正確に理解している人は多くはありません。 たとえば、以下の場合はどうでしょうか? ・包皮口が狭いが、平常時は何とかペニスの皮を剥くことができる。 勃起時に皮が剥けると亀頭が締めつけられる感覚がある(場合によっては、締めつけられて亀頭が痛い)。 この状態をカントンと考えている方もいますが、正確には「カントンになる一歩手前の仮性」だと言えます。 別の言い方をすれば、「包皮口が狭い仮性」です。 この状態で無理に皮を剥こうとすると、包皮口が亀頭の根元を締めつけて血流が滞り、亀頭が膨れて皮が元に戻らなくなることがあります。 この「皮が元に戻らない状態」がカントンです。 勃起時に締めつけられても「皮が元に戻って亀頭が覆われる」のであれば仮性です。 包皮口が狭い状態のリスク・デメリット カントン包茎になるリスクがある 包皮口が狭いのに、無理に剥こうとすると包皮が翻転してカントン包茎になるリスクがあります。 自分で剥こうとする場合だけでなく、セックスや睡眠時の勃起などによって意図せず包皮が翻転してカントン包茎に陥るケースもあります。 満足のいくセックスができないことがある 包皮口が狭い場合、勃起時にペニスが突っ張ったり痛みが生じたりします。 セックスの際に痛みがあると感度が低下し、正常に射精できないことがあります。 早漏の原因になることがある 包皮口が狭いと亀頭を全部露出させるのが難しいため、ペニスが刺激に弱い傾向にあります。 そのため、包茎でない人に比べると敏感で、早漏になりがちです。 悪臭の原因になることがある 包皮口が狭いと皮が剥けにくく、亀頭と包皮の間に汚れや細菌が溜まりやすくなります。 しっかり洗って清潔にしていないと、悪臭の原因になることがあります。 性病にかかるリスクがある 包皮口が狭いと亀頭と包皮の間に汚れや細菌が溜まりやすく、不衛生になりがちで、性感染症などの感染症にかかりやすくなります。 性感染症にかかると、セックスによってパートナーに移してしまうリスクもあります。 包皮口が狭い方に多いお悩み お悩みは様々ですが、包皮口が狭い方に多いのは、「ペニスの見た目に関するお悩み」と「セックスに関するお悩み」です。 ペニスの見た目に関するお悩み 「皮を被ったペニスを見られるのが恥ずかしい・・・」 「人に比べると、小さくて先細りな気がする・・・」 包皮口が狭いと、平常時のほとんどは皮を被った状態なので、ペニスの見た目がコンプレックスになっている方は多いようです。 何とか手で剝くことはできるものの、亀頭を全部露出させるのは難しいため、温泉や銭湯・サウナなどを避ける方もいます。 また、勃起しても亀頭が圧迫されるため、ペニスの発育が妨げられることがあります。 人によっては、いわゆる「先細り」のペニスになってしまうケースもあり、そうなるとやはり、人前で裸になることに抵抗を感じてしまうようです。 包皮口が狭くても、日常生活に問題がなければ治療をする必要はありません。 しかし、ペニスの見た目がコンプレックスになっているなら、美容目的で治療を受けるのもいいでしょう。 セックスに関するお悩み 「自慰は問題ないけど、セックスは怖い・・・」 「セックスをすると、痛くて血が出ることがある・・・」 包皮口が狭いと、セックスによって包皮が裂けて出血したり、包皮が翻転してカントンになったりすることがあります。 自慰であれば自分でコントロールできますが、セックスとなると意図せぬアクシデントも起こります。 このような恐怖感から、セックスに対して消極的になってしまう方も多いようです。 不安なくセックスをしたいのであれば、治療を検討してもいいかもしれません。 カントンになってしまうと手術が必要になるので、予防するという意味でも治療は有効です。 術後の仕上がり 術後の仕上がりは、「採用する術式」「病院・クリニックの実績」「術者の経験」などによって変わってきます。 特に大きな違いが生まれるのが、「保険か自費か」という点です。 カントン状態は病気の一種なので、一般病院で受ける場合は保険が適用されます。 ですが、保険の手術は、あくまでも状態を解消することだけを目的としており、仕上がりの美しさは考慮されません。 そのため、不自然な見た目になるケースもあります。 一方、自費の手術であれば、カントン状態を治すことだけでなく仕上がりの美しさも考慮されるので、ほとんど違和感のない自然な仕上がりが期待できます。 「手術を受けたことをバレたくない」と考えるなら、自費での治療を選択するのが賢明です。 狭い包皮口は自分で矯正できるのか 包皮口が狭い状態を、包皮輪狭窄(ほうひりんきょうさく)と言います。 包皮輪狭窄の方は、「ペニスの見た目が悪い」「セックスに不安がある」といった理由から、「矯正器具」で改善を図る人も多いようです。 矯正器具の多くは、日常的に亀頭を露出させることで包皮に「剥け癖」をつけることを目的としています。 リングタイプや下着タイプ、接着剤タイプなど様々な種類のものがありますが、効果には個人差があります。 矯正器具で包皮口が広がり、改善できるのであれば、それに越したことはありません。 ですが、なかには安全性に問題がある矯正器具もあるので、安易に使用するのはおすすめできません。 安全かつ確実に改善したいのであれば、実績豊富な病院・クリニックでの包茎手術をおすすめします。

次の

真性包茎やカントン包茎を無料で治す方法【キトー君】

カントン 包茎 治し 方

包茎の種類は3つ 冒頭で紹介した3つの種類について、それぞれの「原因」「問題点」「治療方法」を詳しく説明します。 仮性包茎 仮性包茎とは、勃起時・通常時ともに亀頭全体、または亀頭の一部が包皮に覆われているが、自分で包皮を剥くことが出来る状態です。 包茎の症状としては最も多く、 包茎男性の約9割が仮性包茎です。 仮性包茎とひとくくりにされますが、仮性包茎の中でも症状の重いもの、軽いものがあります。 勃起時に亀頭のほぼ全てが露出される状態もあります。 仮性包茎は皮を剥いて洗うことも出来るので、衛生面や健康面で深刻な問題を引き起こすケースは少なく、 必ずしも手術が必要なわけではありません。 しかし、 見た目の悪さ、早漏や臭いといった事を解消したいという理由で手術を受ける方も多いです。 原因 余剰包皮がペニスよりも長い、いわゆる 皮あまりが原因です。 または、 亀頭が十分に成長していない先細りペニスが原因の場合もあります。 亀頭のカリの大きさが十分あれば、余った包皮が亀頭に被ることを防ぐ ストッパーの役割を果たしてくれますが、先細りのペニスはストッパーの役割を果たさないために皮が被ってしまいます。 包茎の原因が先細りであり、包皮の余りがそこまで多くない場合、亀頭にヒアルロン酸を注入する亀頭増大治療を行うことで、余った皮を切らずに包茎が改善出来ることがあります。 リスクとデメリット 日常生活に大きな支障をきたすことはないため必ずしも治療が必要なわけではありませんが、以下のような問題点があります。 見た目のコンプレックス• 早漏の原因• 悪臭の原因 温泉やゴルフの後のお風呂など、裸の付き合いをする時に、包茎の見た目をコンプレックスに感じる男性は少なくありません。 また、性感帯である亀頭が刺激に慣れておらず過敏性早漏の原因となる場合があります。 剥けているペニス(露茎)は日常生活の中で擦れなどの刺激によって鍛えられていますが、仮性包茎は刺激になれていません。 そのため、わずかな刺激で射精中枢が反応し、意思に反して射精してしまうというものです。 過敏性早漏は別名「包茎性早漏」とも言われています。 悪臭の原因は恥垢です。 毎日入浴時に石鹸で洗うようにし、女性とのセックスの前には石鹸でよく洗い、臭わないようにしましょう。 治療方法 仮性包茎の治し方には以下の3つの方法があります。 自分で剥き癖をつける• 切る包茎手術• 切らない包茎手術 それぞれの方法について説明します。 自分で剥き癖をつける 入浴時やトイレで排尿をする時などに包皮を剥き、出来るだけ亀頭を露出させた状態で生活をする方法です。 ただし、この方法で改善が期待できるのは、普段から亀頭が半分くらい露出しているような軽度の仮性包茎のみです。 詳しくは以下のリンクをご覧ください。 切る包茎手術 余剰包皮をメスで切除し、皮余りを解消する方法です。 包茎の改善方法として最も確実な方法です。 ただし、仮性包茎は保険適用されないため、病院の泌尿器科では治療を受けられません。 そのため美容医療クリニックで手術を受ける必要があります。 美容医療クリニックでの包茎手術は全額自己負担となります。 手術費用はクリニックにより異なり、安い術式で5万円程度、手術跡が目立たない術式で20万円~30万円程度の費用がかかります。 また、手術後は患部の状態が回復するまで1ヶ月程度の期間が必要になります。 切らない包茎手術 切る術式と違い、メスを一切使わない包茎手術です。 方法としては以下の3つがあります。 ナチュラルピーリング法• 亀頭増大術• 長茎術 ナチュラルピーリング法とは、 包皮を剥いて亀頭を露出した状態で、美容治療用の糸を使ってペニスの根本で固定する方法です。 費用が安く手術跡も残りませんが、軽度の仮性包茎でなければ効果は期待できません。 亀頭増大術は、 亀頭にヒアルロン酸を注入して大きくし、亀頭に被ろうとする余剰包皮を止めるストッパーとする方法です。 同時に逞しいペニスが手に入るというメリットがある反面、ヒアルロン酸は高価なため手術費用が高額になり、また確実に包茎が治る方法ではありません。 最後に長茎術ですが、 体内に埋没したペニスを引っ張り出して陰茎を長くし、包皮の余剰を解消する方法です。 長くなる分よりも余剰包皮の方が長い場合は改善が見込めません。 また、長くなるのはあくまでも通常時の陰茎の長さであり、勃起時の陰茎が長くなるわけではありません。 切らない手術について詳しくは以下のリンク先をご覧ください。 真性包茎 真性包茎とは、通常時、勃起時ともに亀頭が包皮に完全に覆われており、 自分でも剥くことが出来ない状態です。 包皮が亀頭に癒着していることもあり、無理やり剥こうとすると傷がついて出血することがあります。 また、傷口から雑菌が入ることもあるので、 決して無理に剥いてはいけません。 真性包茎は衛生面での問題が大きく、場合によっては陰茎癌や性病を発症するリスクがあるため、 手術などによる治療は避けられません。 また、子作りの面において、射精をする時に皮が邪魔をしてしまい十分な量が子宮に届かず、 男性不妊の原因となることもあります。 原因 真性包茎は二つの原因が考えられます。 まず一つ目が、包皮の出口(包皮輪)が狭い 「包皮輪狭窄(ほうひりんきょうさく)」という状態のため、包皮を剥くことが出来ない。 もう一つが、 包皮と亀頭が癒着していて剥くことが出来ない、剥こうとすると痛みが生じるというものです。 包皮と亀頭の癒着ですが、通常は10代の間に自然と剝がれますが、自然に剝がれないと真性包茎となってしまいます。 リスクとデメリット 真性包茎のデメリットですが、まずは衛生面での問題が挙げられます。 仮性包茎であれば入浴時に自分で剥いて洗うことが出来ますが、真性包茎は剥くことが出来ないため、 包皮の内部には恥垢や精液といったカスが溜まります。 さらに、包皮の中は乾燥しないため 雑菌が繁殖しやすく、悪臭の原因にもなります。 また、もっと深刻な症状として、 陰茎癌や性病を発症する可能性もあります。 さらに、健康面でのリスクは男性側だけの問題にとどまりません。 HPV(ヒトパピローマウイルス)や性病に感染している包茎男性が女性とセックスをすることで、 女性が子宮頸がんになったり、性病に感染することもあります。 また、前述したように十分な量の精子を子宮に届けることが出来ないため男性不妊の原因となることもあります。 包茎そのものを嫌う女性は少ないですが、 包茎による悪臭や不衛生を嫌がる女性は多いです。 風俗店でも真性包茎はNG客にされたり、コンドームを付けないとサービスが受けられないといったこともあります。 治し方 真性包茎を治す方法には以下の3つがあります。 包茎手術• 器具を使った矯正• ステロイド軟こうを使った方法 それぞれの方法について説明します。 包茎手術 最も確実で一般的な方法です。 包茎手術とはどのようなものか一言で説明すると、 余剰包皮をメスで切除する外科治療です。 包茎とは、ペニスの長さに対して包皮の余剰が多い状態です。 よって、余剰分の包皮を取り除いてあげれば確実に治すことができるのです。 仮性包茎には保険が適用されませんが、 真性包茎は保険が適用されます。 病院の泌尿器科で3割負担で手術を受けることができます。 費用は4万円前後です。 器具を使った矯正 包皮輪(包皮口)に器具を入れ、亀頭が露出する大きさまで広げる方法です。 真性包茎だけでなく、カントン(嵌頓)包茎の改善にも効果が期待できます。 有名な器具としてはツルマキという会社が販売している「キトー君」があります。 下はキトー君の画像です。 仕組みですが、キトー君の先端を包皮の先の穴(包皮輪)に入れ、グリップを握ります。 すると包皮輪の穴を広げるように先端が広がります。 そうすることにより 包皮輪を広げ、亀頭が露出するのに十分な広さを確保出来るようになるという仕組みです。 ただし、キトー君はあくまでも包皮を剥けるようにし、 真性包茎を仮性包茎にする器具です。 キトー君を使ったからと言って包茎そのものが治るわけではなく、 剥けるようになるものの皮は被ったままです。 包茎自体を治療したいのであれば手術を受けるしかありません。 ステロイド軟こうを使った方法 ステロイドとは皮膚の炎症を抑える薬として、塗り薬等の薬に配合されています。 ステロイドには 皮膚萎縮(皮膚が薄くなる)副作用がありますが、これを利用して包茎治療に使われています。 使い方ですが、狭くなっている 亀頭の出口(包皮輪)に朝晩2回ステロイド軟膏を塗り、一定期間(2週間以上)かけて徐々に剥いていくという方法です。 しかしこの方法は 子供にしか効果がないと言われており、大人には効果がないと言われています。 また、確実性が低く時間もかかります。 真性包茎の治し方について詳しくは以下のリンク先をご覧ください。 嵌頓包茎(カントン包茎) 嵌頓包茎(カントン包茎)とは、亀頭の出口である包皮輪(包皮口)が狭く、無理に亀頭を露出して剥いた包皮が元に戻らなくなる状態です。 亀頭の一部しか露出されない状態もあります。 亀頭の下の部分が狭い包皮輪に締め付けられて大きく腫れ上がって激しい痛みを感じたり、 場合によっては亀頭が鬱血して壊死することもあります。 原因 包皮輪(包皮口)が狭い「包皮輪狭窄(ほうひりんきょうさく)」が原因です。 包皮の穴が亀頭のサイズに対して狭いと感じたら、 無理に剥かないようにして下さい。 リスクとデメリット 最も注意したい点は、締め付けによって血流が悪くなり、 亀頭が鬱血して壊死してしまうことです。 その他、 恥垢が溜まり不潔な状態となり、悪臭の原因となることもあります。 また、セックスの際の早漏だけでなく、挿入中に不意に剥けてしまい、痛みが出たり包皮が元に戻らなくなる場合があります。 治し方 基本的な治し方は真性包茎と同じです。 保険が適用されますので、病院の泌尿器科でも治療が可能です。 包茎割合 3つの包茎の種類について説明しましたが、日本の包茎男性の割合がどうなっているのか、当サイトが独自で397人の包茎男性にアンケートを行いました。 結果は以下のとおりです。 仮性包茎 真性包茎 カントン(嵌頓)包茎 361人(90. 日本の成人男性4,200万人の内約7割の3,000万人が包茎と言われていますが、ほとんどの男性が仮性包茎ということです。 その他のアンケート結果は以下のリンクをご覧ください。 女性にも包茎がある? 包茎は男性特有のものと思われがちですが、女性にも包茎があります。 「クリトリス(陰核)包茎」とも呼ばれるもので、クリトリスが包皮に覆われて隠れているいる状態です。 クリトリス包茎には以下のような問題点があります。 恥垢が溜まり臭いの原因となる 男性の包茎は包皮内部に恥垢が溜まり不衛生な状態となりますが、女性の包茎も同じです。 クリトリスを覆っている包皮には恥垢が溜まりやすい場所であり、デリケートゾーンの臭いの原因となります。 感度低下 クリトリスは女性の性感帯です。 包皮が邪魔となり感度が低下してしまいます。 手術の必要性は高くない 男性の真性包茎や嵌頓包茎(カントン包茎)は必ず治療した方が良いものですが、女性の包茎は手術の必要性は高くありません。 むしろ、女性の場合はクリトリス包茎が正常な状態とも言われてます。 清潔な状態が保ちやすい、性感が高くなるといったメリットはありますが、手術を受ける女性は多くありません。 まとめ 以上、包茎の種類について、それぞれの原因やリスク、治し方について説明しました。 包茎の種類によって治し方は異なります。 まずは自分がどの種類の包茎なのかを把握し、治し方を検討すると良いでしょう。

次の