おかゆ に あう おかず。 キンパの付け合わせに合うおかずやスープは?もう一品ほしいときの献立例!

粥百選:精進粥と中華粥とおかず100+20

おかゆ に あう おかず

寿司に合うおかず7選 1. 茶碗蒸し これはもうぜったい外せないおかずの一つになりますね。 冷たいお寿司に温かい茶碗蒸しはほっとします。 うどんを入れて小田巻蒸しにしても面白いですね。 昔からお寿司とはとても相性の良いおかずの一つです。 冷たくて固まったごはんに、柔らかく煮た大根が対照的なのですがとても合うんです。 このギャップが人の気持ちを魅了するのでしょうね。 お寿司と鯛というのもこれまたよく合います。 薄味のお寿司の味が濃い味でしっかりした味の鯛を引き立てます。 とても上品なコンビとなります。 冷たいお寿司には温かい煮物が嬉しいですね。 お寿司との固さに差をつけるためにも最低でも1時間は煮込み、中までとろとろに柔らかく仕上げるのがお寿司と合わせるコツとなります。 鶏肉と大根の煮物 少し薄味で物足りない思いのするお寿司に甘辛の鶏肉がフォローに入ります。 冷たく固まったお寿司に柔らかく煮た温かい大根がフォローに入ります。 なんだかとてもマッチしていませんか?お互いの足りない物を補ってくれるコンビです。 お寿司との固さに差をつけるためにも最低でも1時間は煮込み、中までとろとろに柔らかく仕上げるのがお寿司と合わせるコツとなります。 ぶり大根 お寿司に煮物が合うのならこのぶり大根は絶対に外せません。 特に冬の寒い時に冷たいお寿司を食べるのであれば、1品アツアツの煮ものは不可欠になってきます。 ぶり大根なら冬の煮ものの定番料理。 だれも文句を言う人はいないでしょう。 しょうがをたっぷり利かしてすっきりした味に仕上げるのがお寿司と合わせるコツになります。 お寿司との固さに差をつけるためにも最低でも1時間は煮込み、中までとろとろに柔らかく仕上げるのがお寿司と合わせるコツとなります。 天ぷら おすし、天ぷら。 ちょっと贅沢かもしれませんがお寿司についていれば最高のコンビとなるでしょう。 冷たいお寿司に揚げたての天ぷらほど嬉しいものはありませんね。 なすび、やまいも、かぼちゃ等野菜の具をたっぷり入れて、栄養のバランスをとると尚よし。 最高のマッチングの一品です。 大根サラダ お寿司に大根ってなぜか合うんですよね。 同じ酸っぱい物同士だからでしょうか? 大根、水菜、桜エビ、かいわれ大根等の野菜をたっぷり使って華やかに仕上げましょう。 ドレッシングはあっさりした胡麻ドレッシングか柚子ドレッシングがお勧めです。 わかめの酢の物 わかめときゅうりに、ツナやタコ、しらすを加えて上品に仕上げましょう。 酢の物も昔から人が集まり、お寿司等はふるまわれる時にちょこんと隣に座っているお皿でした。 お寿司の酢とはまた対象的な酸っぱさですがちょっとつまむのには最適なおかずです。 寿司に合うスープ3選 1. 赤だし お寿司には定番の味噌汁です。 お寿司は冷たく固形になっている為、どうしても汁ものが必要となってきます。 赤だしがお寿司の定番汁物になっているのは味が濃く、温かくお口のバランスを整えるのに丁度良いからだと言われています。 お吸い物 お寿司を上品に楽しみたい、年長者には赤だしよりもお吸い物の方が喜ばれるでしょう。 冷たいお寿司に温かく、あっさりしたお吸い物はほっとします。 とても嬉しい一品となるでしょう。 豚汁 がっつり、しっかりお腹を一杯にしたい人であれば豚汁が最適。 お寿司はほとんど魚介類で構成されていますので、ちょっと肉系が入るとパワーがでてきます。 汁ものは年齢に合わせてだすのがいいでしょう。 寿司のおすすめ献立メニュー 献立例1.

次の

雑炊に合うおかずと付け合わせ!献立は夕食にもピッタリ!鍋の残りでも!

おかゆ に あう おかず

お粥(おかゆ)に合うおかずレシピ1つ目は、焼き鮭です。 塩味を感じる焼き鮭は、やさしくシンプルな味わいのお粥のおかずにピッタリです。 ほぐした焼き鮭や鮭フレークを、お粥の上にトッピングしても美味しくいただけますよ。 材料 1人分• 鮭の切り身 1つ• 水 20ml 焼き鮭の作り方• 油を引き、予熱しておいたフライパンに、皮を上にした状態の鮭の切り身を置いて焼きます。 焼き色が付いたら水を入れ、フタをして中火で蒸し焼きします。 2~3分ほどしたらフタを外し、鮭から出た油をふき取って、反対側を焼いていきます。 皮部分に焼き目が付いたら完成です。 肉野菜炒めを濃いめの味に仕上げれば、薄味のお粥に最適なおかずになってくれます。 お肉を始め、玉ねぎやキャベツ、キノコ類など、さまざまな野菜を摂取できる肉野菜炒めは、栄養のバランスを気を付けたい人におすすめですよ。 材料 2人分• ピーマン 2個• もやし 100g• 豚こま肉 100~150g• 鶏がらスープの素 小さじ1• しょうゆ 大さじ1• 酒 大さじ1• オイスターソース 小さじ2• 塩こしょう 適量 肉野菜炒めの作り方• キャベツ・人参・ピーマンを食べやすい大きさに切ります。 鶏がらスープの素・しょうゆ・酒・オイスターソースを、よく混ぜ合わせてタレを作ります。 油を引いたフライパンで、豚こま肉を強火で炒めます。 塩こしょうを振り、豚こま肉に火が通ったら一旦お皿へ移します。 フライパンで人参を炒めて火が通ったら、ピーマンを入れてさらに炒めます。 ピーマンが柔らかくなったら、キャベツともやしを加えて炒めます。 キャベツともやしに火が通ったら、炒めた豚こま肉と作ったタレを加えて強火で炒めます。 ショウガやニンニクが香るタレをかけた蒸し鶏は、おかずとしても、お酒のお供としてもおすすめのおかずになっています。 また、タレをかける前の蒸し鶏をフォークでほぐせば、お粥のトッピング具材としてもおすすめです。 材料 2人分• 鶏むね肉 180~200g• 酒 大さじ2• 青ねぎ 適量• すりおろしたショウガ 適量• ニンニク 10g• 白ねぎ 10g• ショウガ 10g• しょうゆ 大さじ1• 酢 小さじ2• 砂糖 小さじ1• 白すりごま 適量• ラー油 適量 蒸し鶏の作り方• 皮を剥いたショウガとニンニク、白ねぎをみじん切りにします。 鶏むね肉と酒、すりおろしたショウガ、5~10cmに切った青ねぎを耐熱容器に入れてラップをします。 600Wの電子レンジで4分ほど加熱し、粗熱をとって冷まします。 ニンニク・白ねぎ・しょうが・しょうゆ・酢・砂糖・白すりごまを混ぜ合わせてタレを作ります。 冷めた蒸し鶏を食べやすい大きさに切り、お皿に盛り付けます。 作ったタレを蒸し鶏にかければ完成です。 材料 1人分• ごはん 100g• 水 200~300ml• 卵 1個• 味噌 小さじ2• 和風だし 小さじ1• ねぎ 適量 味噌と卵のお粥の作り方• お鍋でお湯を沸かします。 沸いたお湯の一部を使って、味噌を溶かしておきます。 お湯が沸いたら、和風だしと味噌を入れ、よく溶かします。 お鍋が沸騰したら、ごはんを加えてよく煮込みます。 ごはんが柔らかいお粥状になったら、溶き卵を入れ、軽くかき混ぜたら火を止めます。 卵がふんわりしてきたら、溶かしておいた味噌を加えて混ぜます。 ネギを刻みます。 お皿に出来上がったお粥を盛り付け、刻んだネギを飾れば完成です。 ホタテの貝柱や、エビ、イカなどの海鮮の具材を使ったお粥は、魚介の風味が広がる美味しいお粥に仕上がります。 また、ザーサイなどを加えれば海鮮の中華粥を作ることもでき、おすすめです。 材料 1人分• ごはん 100g• 水 400ml• 冷凍のシーフードミックス 適量• 鶏がらスープの素 小さじ1• 塩 適量• ザーサイ 適量• ネギ 適量 海鮮のお粥の作り方• 冷凍のシーフードミックスを解凍しておきます。 ザーサイとネギを食べやすいように切ります。 ごはんと水をお鍋に入れ、時々ごはんをほぐしながらよく煮ます。 沸騰し始めたら、弱火にして10分ほど煮込みます。 ごはんがお粥状になったら、鶏がらスープの素・すりおろしたショウガ・塩・解凍したシーフードミックスを加えて混ぜます。 全体的にとろみがついたら火を止めて、お皿によそいます。 最後に、切ったザーサイとネギを乗せれば完成です。 お粥に合う定番のトッピングでもある梅干しは、シンプルなお粥とよく合います。 夏など暑くて食欲がないけど、塩分をしっかりと摂取したい時などにも梅干しをトッピングしたお粥はおすすめです。 材料 1人分• ごはん 100g• 水 300ml• 塩 適量• 和風だし 小さじ1• 梅干し 1個 梅干しのお粥の作り方• お鍋にごはんと水、和風だしを入れて、よく煮込みます。 ごはんがお粥状になったら、塩を入れ混ぜます。 全体的にとろみがついたら、お皿に盛り付けて梅干しを乗せたら完成です。 まろやかな味わいで子供にも大人にも人気のエビとブロッコリーのマヨネーズ和えは、あっさりとした味付けのお粥の副菜・付け合せにおすすめです。 作り方は、茹でたブロッコリーと塩こしょうで軽く焼いたエビを、塩こしょうを加えたマヨネーズで和えれば完成です。 もう少しさっぱりとしたものが良い時は、マヨネーズにレモン汁を加えることで、爽やかな味わいのエビとブロッコリーのマヨネーズ和えを作ることができますよ。 でも、 大食いなのにほっそりしたモデルさんや、大食いアイドルなどを見たことはありませんか? 実は、そうした太りにくい女性たちにはある それは、にあったのです! たくさん食べているのに太りにくい人たちの腸内には、(ビフィズス菌、酪酸菌など)がありました。 この善玉菌が多いと、 余計なものは吸収せず、ドバッと外に出してくれるのです。 だから痩せるためにはこの 「腸内環境」が重要なカギになっているんです。 「腸内の善玉菌」を増やせば、普段の生活に必要な栄養だけを取り込んでくれるのです。 腸内環境を整えるためにはどうすればいいの?.

次の

キンパの付け合わせに合うおかずやスープは?もう一品ほしいときの献立例!

おかゆ に あう おかず

・原宿とをつなぐ「キャットストリート」という道があります。 その中ほどを曲がったところに、精米店があるのをご存知ですか? 住所は、神宮前6丁目。 ビルの1階ではあるものの、米袋がたくさん積まれて、店の奥には精米機がいつも稼働しています。 たたずまいは、まるっきり昔ながらのお米屋さん。 「こんな都会の真ん中にお米屋さんがあるのか!」 最初に見つけたときは驚きました。 気になってネット検索すれば、ホームページを発見。 そこに書かれてあった一文に、興味をひかれたのです。 新しいお米の楽しみ方を伝えたい。 だからお米の特徴や、 相性のよいおかずのことまで、 あますところなくご提案します。 「おかずまで提案」 というのに、ビックリしたんですね。 うーん。 お米とおかずの相性って、これまであまり考えたがこと、なかった。 スーパーに行けば「コシヒカリ」や「あきたこまち」といった"おなじみ"のお米のほかにも「ゆめぴりか」や「ひとめぼれ」など、たくさんの種類が並ぶ時代。 その違いも、あんまりよく知らないんだよなあ。 それぞれの味の違い、そして「相性のよいおかず」を教えてもらいたい! そうとなったら善は急げ。 小池さんに取材を申し込みました。 ナント1合からでも購入可能! 昭和5年(1930年)創業、小池精米店の三代目、 小池理雄(こいけ・ただお)さん。 日本米穀小売商業組合連合会が認定する「五ツ星お米マイスター」の資格保持者です。 まずは、気になる店内を見せてもらいました。 壁にはその日に買えるお米の種類が壁に貼られており、希望のグラム数から購入できます。 つまり、 試してみたいお米を、少量から購入可能。 これは、うれしい! お米って、少ないものでも2キロ売りが多いですよね。 違う種類を試してみたいけれど、買ってみて好みじゃなかったらその後が大変。 でも、小池精米店なら1合からでも購入可能というわけです。 「 いやいや、もっと少なくてもいいんですよ」と小池さん! お店にはところ狭しと玄米が並べられ、お店の奥で精米されては、毎日近隣のレストランへ配送されていきます。 原宿周辺の飲食店で、小池精米店のファンは多いのだそう。 取材中も、精米機はフル稼働でした。 音を聞いていると、ここが原宿エリアであることを完全に忘れてしまいます。 小池さんのお母さん、篤子さん。 いまも現役の看板娘! 元祖・キャットストリート小町ですな。 現代は「おかずに合わせてお米を選ぶ時代 」 さて、そろそろ小池さんにお話をうかがいましょう。 まずは、 たくさん種類がある中で、 どうやってお米を選べばいいの? こちらから、質問してみます。 例えば、 つや姫や ななつぼしというお米がありますね。 この2つの特徴は、粒がしっかりとしていて、食感がいいんです。 それが食べごたえにつながるんです。 なので、• しっかりと食べたいとき• 腹持ちよくしたいとき といったときにおすすめします。 さらに言うと、• 味の濃いおかず にもいいですね。 濃いめの味に負けない存在感があります。 また、 ササニシキ。 このお米の特徴は、味わいがさっぱりとしていて、食べごこちも軽いんです。 だから、「きょうは軽く食べたいな」というときや、胃を疲れさせたくないときなどにもいいんですよ。 現在は、本当に多くのお米の種類があります。 カレーとの相性を考えて開発された 華麗米なんてお米もあるんですよ。 この華麗米、粒立ちがしっかりとしていて、ごはん粒とカレーの絡みがいいんです。 そしてカレーの味を口の中で適度に中和させるように、噛みごたえのある食感となっています。 現代はもはや、 ご自身の好みと、おかずに合わせてお米を選ぶ時代だと思いますね。 「お米の個性を知り、使い分ける」 おつまみによって合わせるお酒の種類も変わってくるように、 自分が好きなおかずに合わせてお米を選び、味わう。 このスキル、身につけられたら食卓の楽しみも広がるだろうなあ。 5大品種の特徴&おすすめの合わせ方 それでは実際に、スーパーでよく売られているポピュラーなお米5種類を選んで、小池さんにその特徴と "おすすめの味わい方"を解説していただきましょう。 【特徴】• うまみの濃さ• 粘り気に富む• しっかりとしたお米の甘み 【味わい方】 コシヒカリといえば、うま味の強さ。 そこをしっかりと味わうならば、漬物やおひたしなどのさっぱりした和のおかずがいいでしょう。 もしくは塩辛など、いわゆる"飯の友"で、たっぷりごはんを味わってください。 ごはん何杯でもいけますね。 さわやかな甘みがある• 粒立ちがよく、つるっとしている• のど越しがいい 【味わい方】 炊いたときの粒立ちがいいので、私のおすすめは 炊き込みごはんです。 炊き込みにしても、お米が型崩れを起こさず、きれいに仕上がります。 やや固めの食感• しっかりとしたお米の甘さがある• 後味さっぱり 【味わい方】 さっぱりとした味わいなので、洋食おかずと好相性。 汁気のあるものとは特に相性がいいんですよ。 ロールキャベツや煮込みハンバーグとの組み合わせがおすすめ。 また食感がしっかりしているので、チャーハンにしてもいいですね。 炒めても粒立ちよく楽しめます。 粘り気が少なめ• さっぱりとした味わい 【味わい方】 さっぱりと食べられるのがササニシキの身上。 粘り気が少ないので、寿司めしによく合うんです。 ササニシキを寿司めしに使用しているお寿司屋さんは少なくないんですよ。 巻き寿司をつくるときにもおすすめです。 また、油っこいおかずのときに合わせると、口のなかを洗ってくれるので、すっきりと食べられます。 もち米のような粘り• もっちり感に富む• 口の中にお米の甘みが長く残る 【味わい方】 冷めたときにもおいしく食べられるお米です。 水分を逃さないんですね。 だからおすすめは、おにぎりです。 パサつかず、時間が経ってもおいしく食べられますよ。 うーん……こんなにもお米の特徴と、それに応じた使い方が違うものなんですね……。 取材後、いろいろと組み合わせを試してみましたが、私はさっぱりしたササニシキと中華おかず(酢豚や八宝菜、レバニラなど)の組み合わせが気に入りました。 たしかに中華独特の味に染まった「口」が噛むうち洗われて、また次のひと口に行きたくなる。 小池流「お米をおいしく炊くコツ5カ条」 さて、せっかくお米マイスターの小池さんにお話をうかがったのですから、基本的なポイント、 「お米をおいしく炊くコツ」についても質問してみましたよ。 基本、2~3回すすぐぐらいのイメージでいいですよ。 水を入れたら手で軽くかき回して、水を捨てる。 これを2~3回程度繰り返してください。 水道水はどうしてもにおいがお米につきやすいのです。 この時間ですが、「夏は30分、冬は1時間」これが最低時間だと思ってください。 余裕があれば、この倍の時間ほどつけるのがおすすめです。 またお米を水につけた場合は、炊飯器のモードにご注意を。 浸水時間も含めて「炊きあがりまでの時間」になっている炊飯器は少なくありません。 機種によって違いますので、よく説明書を読んでくださいね。 余計な水分を飛ばすことで、よりおいしく食べられます。 酸化のスピードが遅くなるので、おいしさがキープできるんですよ。 また、お米は冷たい状態から炊き始めたほうがデンプンを糖化させる酵素がよく働くので、甘く炊き上がります。 以上、お米をおいしく炊く5つのコツ、ぜひ実践してみてください。 小池さん、ありがとうございました! 現代はパンや麺類の需要が増えて、「お米は日本人の主食!」と言い切れる時代ではないのかもしれません。 しかし、日本人のお米への関心は決して薄れたわけではないと思っています。 私は昨年『にっぽんのおにぎり』という本をつくり、おかげさまで多くの反響をいただきました。 小学校で講演する機会なども得たのですが「 おにぎりの中で一番白むすびが好き!」という声がとても多かったんです。 その理由が「お米のうまさが一番よく分かるから」という通なもの。 小学生にして、この頼もしさ。 またおにぎりイベントなども開催したことで、「おいしいおにぎりを握れるようになりたい」と願っている人の多さも実感しました。 ともかく、この"百米繚乱"の時代に、自分好みのお米を選ばないのは損! 小池さん直伝お米炊きのコツも含め、ぜひぜひいろんなお米の味にチャレンジしてみてください。

次の