虫歯 予防 ポスター。 宇陀市/歯・口の健康に関する標語&ポスター入賞作品

【モリタ】院内掲示ポスター(予防歯科)|文例・ポスター|歯科情報ポータルサイト デンタルプラザ

虫歯 予防 ポスター

シーラントとは シーラントとは、小窩裂溝填塞(しょうかれっこうてんそく)と呼ばれる、生え始めの乳歯や幼少期の永久歯の噛み合わせにある溝をフッ素の配合されたプラスチックの材料で覆い、虫歯から歯を守る方法です。 シーラントの費用、治療時間 シーラントの処置は、保険適応の対象になりますので1歯につき、400円から600円程度です。 処置の時間は、1歯につき15分程度です。 汚れが多くついていたり、複雑な形態をしている場合は30分程度時間がかかる場合もあります。 シーラントの対象となる歯 2-1. 下の永久歯 下の永久歯は、 6歳臼歯とも呼ばれ6歳になると生え始め、一生涯使う歯です。 小学生頃は、自分できちんと磨くことが難しく、虫歯になりやすいといわれていますので、下の永久歯は早めにシーラントの処置を行うことがあります。 6歳臼歯について、詳しくはをご覧ください。 2-2. 下の小臼歯 永久歯の次に、下の小臼歯も同様です。 小臼歯の溝は小さな溝ではありますが、中に深い形態をしている場合が多いため、虫歯になりやすい時期にシーラントで歯を守ります。 小臼歯について、詳しくはをご覧ください。 2-3. 中心結節歯 小臼歯には、中心結節のある場合があります。 中心結節がある歯は、虫歯になると神経の処置を行う可能性が高くなるため、早期の段階でシーラントで歯を守ることをおすすめしています。 中心結節について、詳しくはをご覧ください。 2-4. 上の永久歯 上の永久歯は特に一番奥の歯が磨きにくく、歯ブラシが当たっていない場合もあり虫歯になりやすいです。 磨き方が改善されない場合は、虫歯から歯を守るためにシーラントを行う場合があります。 シーラントの効果(メリット) シーラントの効果はしっかりとケアがされている環境で行うことで、虫歯の予防効果があることがわかっています。 シーラーントを行った場合とシーラントを行わなかった場合とでは、虫歯になる割合が違ったいう研究データもあります。 いずれにしても、シーラントを行うだけで虫歯にならないということではなく、その他に定期検診や適切な歯磨きが行えていることが条件となります。 また、シーラントにはシーラント剤にフッ化物が配合されているものがあります。 シーラントを塗布したのちに、フッ化物だけが少しづつ放出されて、歯質の強化や虫歯予防の効果が期待されると言われています。 シーラントのデメリット 4-1. 歯の溝のみにしか行えない シーラントは歯の溝に対応する処置であり、歯と歯の間や歯と歯の境目には処置を行うことができません。 4-2. シーラントは外れることもある シーラントをしたからといって、永久的に取れないことはありません。 むしろ、取れやすいと事もあるといわれデメリットでもあります。 4-3. 処置の仕方によっては虫歯になる シーラントを行う前に溝に残っている汚れを綺麗に取りのけていない場合は、中で虫歯になる可能性もあります。 シーラントの処置はきちんと汚れを取り除き、歯の表面をきれいにする前処置がとても大切です。 シーラントを行うタイミング(時期) 5-1. 年齢 シーラントを行う年齢は、6歳臼歯と呼ばれる第1大臼歯が生えてくる、6歳ころが目安といわれています。 5-2. 歯の生え始め 歯の生え始めの中でもシーラントを行うタイミングは、6歳臼歯の生え始めが目安になります。 また、その他の歯も噛み合わせの部分がでてきたら、早めにシーラントを行う場合もあります。 5-3. 歯の形状 中心結節など、歯の形態が複雑だったり、噛み合わせの溝が深い場合などは歯ブラシで汚れが取り除きにくい場合があるため、形状を確認してからシーラントを行います。 上の前歯の裏側なども溝が深い場合もあり、虫歯になりやすいこともいわれています。 シーラントの方法 Step1.

次の

大人にも参考になる!保育園で取り組もう!虫歯予防デー!

虫歯 予防 ポスター

製品情報• 友の会• セミナー・イベント• 開業支援• 学術情報• 製品分類• カテゴリ• 製品サポート• 歯科診療• 医院経営• 有料会員• 無料会員 旧モリタネット会員• 募集要項• セミナー検索• 地域から探す• 職種から探す• 開催月から探す• One To One Club• pd style• デンタルマガジン• ビデオライブラリー• メールマガジン スマイル+•

次の

虫歯予防を考える歯と口の健康週間

虫歯 予防 ポスター

シーラントとは シーラントとは、小窩裂溝填塞(しょうかれっこうてんそく)と呼ばれる、生え始めの乳歯や幼少期の永久歯の噛み合わせにある溝をフッ素の配合されたプラスチックの材料で覆い、虫歯から歯を守る方法です。 シーラントの費用、治療時間 シーラントの処置は、保険適応の対象になりますので1歯につき、400円から600円程度です。 処置の時間は、1歯につき15分程度です。 汚れが多くついていたり、複雑な形態をしている場合は30分程度時間がかかる場合もあります。 シーラントの対象となる歯 2-1. 下の永久歯 下の永久歯は、 6歳臼歯とも呼ばれ6歳になると生え始め、一生涯使う歯です。 小学生頃は、自分できちんと磨くことが難しく、虫歯になりやすいといわれていますので、下の永久歯は早めにシーラントの処置を行うことがあります。 6歳臼歯について、詳しくはをご覧ください。 2-2. 下の小臼歯 永久歯の次に、下の小臼歯も同様です。 小臼歯の溝は小さな溝ではありますが、中に深い形態をしている場合が多いため、虫歯になりやすい時期にシーラントで歯を守ります。 小臼歯について、詳しくはをご覧ください。 2-3. 中心結節歯 小臼歯には、中心結節のある場合があります。 中心結節がある歯は、虫歯になると神経の処置を行う可能性が高くなるため、早期の段階でシーラントで歯を守ることをおすすめしています。 中心結節について、詳しくはをご覧ください。 2-4. 上の永久歯 上の永久歯は特に一番奥の歯が磨きにくく、歯ブラシが当たっていない場合もあり虫歯になりやすいです。 磨き方が改善されない場合は、虫歯から歯を守るためにシーラントを行う場合があります。 シーラントの効果(メリット) シーラントの効果はしっかりとケアがされている環境で行うことで、虫歯の予防効果があることがわかっています。 シーラーントを行った場合とシーラントを行わなかった場合とでは、虫歯になる割合が違ったいう研究データもあります。 いずれにしても、シーラントを行うだけで虫歯にならないということではなく、その他に定期検診や適切な歯磨きが行えていることが条件となります。 また、シーラントにはシーラント剤にフッ化物が配合されているものがあります。 シーラントを塗布したのちに、フッ化物だけが少しづつ放出されて、歯質の強化や虫歯予防の効果が期待されると言われています。 シーラントのデメリット 4-1. 歯の溝のみにしか行えない シーラントは歯の溝に対応する処置であり、歯と歯の間や歯と歯の境目には処置を行うことができません。 4-2. シーラントは外れることもある シーラントをしたからといって、永久的に取れないことはありません。 むしろ、取れやすいと事もあるといわれデメリットでもあります。 4-3. 処置の仕方によっては虫歯になる シーラントを行う前に溝に残っている汚れを綺麗に取りのけていない場合は、中で虫歯になる可能性もあります。 シーラントの処置はきちんと汚れを取り除き、歯の表面をきれいにする前処置がとても大切です。 シーラントを行うタイミング(時期) 5-1. 年齢 シーラントを行う年齢は、6歳臼歯と呼ばれる第1大臼歯が生えてくる、6歳ころが目安といわれています。 5-2. 歯の生え始め 歯の生え始めの中でもシーラントを行うタイミングは、6歳臼歯の生え始めが目安になります。 また、その他の歯も噛み合わせの部分がでてきたら、早めにシーラントを行う場合もあります。 5-3. 歯の形状 中心結節など、歯の形態が複雑だったり、噛み合わせの溝が深い場合などは歯ブラシで汚れが取り除きにくい場合があるため、形状を確認してからシーラントを行います。 上の前歯の裏側なども溝が深い場合もあり、虫歯になりやすいこともいわれています。 シーラントの方法 Step1.

次の