ダックス フンド 種類。 みんなの犬図鑑

ダックスフント

ダックス フンド 種類

ダックスはサイズで名前が変わる! ダックスフンドには3種類の毛質があると紹介しましたが実は大きさによっても• カニンヘンダックスフンド• ミニチュアダックスフンド• スタンダードダックスフンド と3種類に分類されています。 ちょっと混乱してしまうかもしれませんが、こちらはサイズだけで名称が違うだけです。 それぞれのサイズと特徴ついて紹介して行きたいと思います! カニンヘンダックスフンド カニーンヘンと表記されるこのダックスですが これは ドイツ語で「ウサギ」という意味です。 ちなみにダックスフンドはドイツ出身の犬なので名前の由来はドイツ語から来ているのです。 このカニンヘンダックス、ダックスの中では1番小さいからだをしています。 平均サイズは• オスで3. 5kg• メスで3kg ほどです。 胸囲は30cm以下です。 ティーカッププードル同様、 超小型犬に分類されます。 ミニチュアダックスフント この種類が1番知られているダックスフントです。 飼っている方も多いのではないでしょうか? ちなみに我が家で飼っている愛犬たちもこの ミニュチュアダックスです。 平均サイズは 体重3. 5〜5kgほどで 胸囲は30〜35cmです。 ミニュチュアダックスは小型犬に 分類されます。 スタンダードダックスフンド スタンダードは見かけることが少ないですね。 実は私もスタンダードダックスは見たことがありません。 ダックスの中でも1番からだが大きく 中型犬に分類されます。 平均サイズは9〜12kgほどあり 胸囲は35cm以上あります。 ミニチュアダックスフンドを想像しながらスタンダードダックスフンドに出会ったら大きくてすごく驚くでしょうね! 大きさの種類によってサイズののも面白いですよね! 被毛によっても変わる!違いとは? 次は被毛の種類によっての名前の違いについてご紹介します。 大きな違いはやはり、 毛質です。 では、この毛質の違う3種類の毛質のダックスですが見分け方や特徴はあるのでしょうか? スムースヘアードの見分け方と特徴 スムースヘアードはよく見かけるロングコートに比べると毛が短く、 光沢がありツヤツヤした毛質をしています。 見た目は筋肉質で丈夫で、凛々しい顔つきをしています。 ツヤツヤした被毛は触り心地が良く、普通のロングヘアードのダックスフンドとは違った魅力があるといえるでしょう。 ワイヤーヘアードの見分け方と特徴 スムースコートが毛が短いのに対して、ワイヤーコートは毛が長めです。 ワイヤーヘアードも毛が長いですが、 ロングコートとは違い、毛質がとても 剛毛でチクチクした毛ざわりです。 毛がかたくごわごわしているのが特徴的で、眉も長いです。 なぜこのような毛質をしているかというと スムースコートとテリアを交配させているためです。 よく観察してみると顔にはテリアの面影があるのがわかります。 ロングヘアードの見分け方と特徴 ダックスの中でも毛が長くて1番ふわふわした毛質なのがロングヘアードです。 耳元や首に飾り気がありこちらもふわふわしていて触り心地も柔らかい毛質をしています。 顔つきは童顔で可愛らしい印象の子が多いです。 一番良く見る被毛の種類なのでおなじみのダックスフンドといえるでしょう。

次の

ダックスフント

ダックス フンド 種類

スタンダードダックスフンドの基本データ スタンダードダックスフンドの大きさ 20~23cm スタンダードダックスフンドの体重 9~12kg 平均寿命 12~15年 原産国 ドイツ ダックスフンドの中で最も古いスタンダードダックスフンドの歴史 スタンダードダックスフンドの起源は定かではありません。 もともとはスムースヘアーでしたが、作出する中でさまざまな犬種と交配させたことでワイヤーヘアーやロングヘアーといった異なる被毛の種類が生まれたといわれています。 アナグマを狩る狩猟犬として生み出され、胴長短足を活かし活躍していたようです。 そのため、ドイツ語でアナグマを意味する「ダックス」と、犬を意味する「フント」が名付けられています。 1874年にドッグショーでデビューした後、人気が集まり、現在では家庭犬として愛されています。 ちなみに、ダックスフンドと名が付く犬種にはやがいますが、これらはスタンダードダックスフンドから生まれた犬種です。 ダックスフンドの種類の中でスタンダードダックスフンドが最も古い犬種とされています。 スタンダードダックスフンドは被毛によって性格が違う? スタンダードダックスフンドは基本的に人懐っこく、活発で好奇心旺盛な性格をしています。 頑固で警戒心もあるので吠える様子がよく見られるでしょう。 また、被毛の種類が3種類に分けられますが、その種類によって性格が少し異なるようです。 これは掛け合わせた犬種がそれぞれ異なるため違いが出てきています。 スムースヘアー スタンダードダックスフンドの原型となる種類です。 活発で好奇心旺盛な性格をしています。 少し気が強い一面も見られます。 ワイヤーヘアー テリア系を掛け合わせた種類です。 狩猟本能が強く遊び好きで、警戒心があります。 ロングヘアー スパニエル系の血が混じる種類です。 甘えん坊で人懐っこく、愛情深い性格をしています。 スタンダードダックスフンドの飼い方としつけのポイント 活動的なスタンダードダックスフンドは散歩や遊びなど体を動かすこと大好きです。 また、吠え癖がつく傾向があるので、しっかりしつけをする必要があります。 ここでは、スタンダードダックスフンドの飼育方法やしつけのポイントなどご紹介します。 腰への負担を考えた対策を スタンダードダックスフンドの飼育は室内が理想的です。 しかし、室内が滑りやすいフローリングだと腰の負担となってしまいます。 スタンダードダックスフンドのような胴長短足は腰を悪くしやすい犬種なので、対策をしなければなりません。 滑りやすい床には絨毯を敷き、上り下りをする段差はなくしましょう。 また、元狩猟犬ということもあり、スタンダードダックスフンドの運動量は豊富です。 散歩は1日1時間以上行いましょう。 散歩中に見つけた小動物を追うことがあるので、リードをつけて散歩してくださいね。 遊び好きなことから、散歩だけでなくボール遊びなども取り入れると喜んでくれるはずです。 子犬の頃から社会性を育む スタンダードダックスフンドは家族には愛情深く接しますが、知らない人やワンちゃんに対しては警戒することがあります。 比較的無駄吠えが多い犬種ともいわれているので、子犬の頃から社会性を育み、人やワンちゃんに慣れさせておくことが大切です。 甘やかせ過ぎず、興奮しても抑えられるよう一貫性のあるしつけを行いましょう。 毛色は何種類?お手入れ方法は? 毛色は被毛の種類のよって少し違う スタンダードダックスフンドの被毛は3種類ありますが、その種類によって毛色は異なります。 スムースヘアー• 単色…レッド、レディッシュ・イエロー、イエロー• 2色…ブラック&タン、ブラウン&タン、ブラック&イエロー、ブラウン&イエロー• その他(混色)…ダップル、タイガーブリンドル、ブリンドル ワイヤーヘアー• ワイルドボア、枯葉色• スムースヘアーと同じ色 スムースヘアー• スムースヘアーと同じ色 被毛のタイプによって異なるお手入れ方法 3種類に分かれる被毛のタイプは、それぞれお手入れの方法が違います。 スムースヘアー 短毛のスムースヘアーは、比較的に手入れが簡単です。 ラバーブラシや獣毛ブラシを使って2日に1回程度ブラッシングすると艶が出ます。 月に1度シャンプーを行い、それ以外で汚れたときは濡れタオルなどで拭くと良いでしょう。 ワイヤーヘアー 毛が絡まることがあるのでこまめなブラッシングが必要です。 シャンプーは月1~2回が好ましいでしょう。 定期的にトリミングもしてください。 ワイヤーヘアーはプラッキングという毛を抜くお手入れ方法があります。 プラッキングをする場合はトリマーに依頼しましょう。 ロングヘアー ロングヘアーは長毛で毛玉ができやすいのでこまめにブラッシングをしなければなりません。 シャンプーは月1~2回行い、トリミングで長さを整えるのが理想です。 被毛が長いと滑りやすくなったり、排泄物で汚れたりします。 こまめに耳掃除を スタンダードダックスフンドのような垂れ耳の犬種は耳の中の通気性が悪く、耳ダニや細菌が繁殖しやすいため外耳炎になりやすいです。 犬用のイヤーローションをコットンに染み込ませてこまめに耳掃除を行いましょう。 かかりやすい病気(ヘルニア・眼・皮膚・その他) photo by 胴長短足のスタンダードダックスフンドといえば、椎間板ヘルニアになりやすいということはよく知られているのではないでしょうか。 その他にも眼や皮膚などの病気にも気を付けなければなりません。 どんな病気にかかりやすいのか知っておくことも飼い主の役目ですよ。 ヘルニアの病気 椎間板ヘルニア 背骨は小さな骨(椎骨)が並んでできています。 椎間板は椎骨と椎骨の間にあり、背骨の動きを滑らかにする働きをしています。 この椎間板が変性し、飛び出すことで脊髄を圧迫して痛みや麻痺などの症状を引き起こします。 原因は過度な運動や脊髄への強い衝撃、老化現象などです。 スタンダードダックスフンドなどの胴長短足の犬種は好発犬種として知られています。 滑りにくい床にしたり、段差をなくしたりして対策しましょう。 肥満にならないよう体重管理することも大切です。 治療は消炎剤などを投与する内科治療と、外科治療が行われます。 眼の病気 進行性網膜萎縮症 眼にある網膜が少しずつ変性する遺伝的な病気です。 初期段階では暗い場所でぶつかるなどの行動がみられ、だんだん視力が低下していき、最終的に失明します。 遺伝が関与しているので、予防は難しいでしょう。 遺伝子検査を行い、遺伝子変異がないワンちゃんを交配させることが重要です。 発症を遅らせる点眼薬などは存在していますが、完治させる治療法はなく、最終的に失明します。 皮膚の病気 マラセチア性皮膚炎 皮膚に常在する真菌であるマラセチアが増殖して起こる皮膚炎がマラセチア性皮膚炎です。 痒みや発疹などが見られ、特に脇や指の間など皮膚が重なる部分が好発部位となります。 マラセチアは脂漏症(皮膚の脂の量の増加)に伴って増殖します。 そのため、適切なスキンケアや食事内容などを行うことが予防に繋がります。 治療はマラセチアを除去しながら、皮膚汚れを取り除いていきます。 原因によっては、栄養のバランスが取れた食事へ変更されます。 その他の病気 熱中症 人間と同じようにワンちゃんも熱中症には気を付けなければなりません。 熱中症になると、まず呼吸困難や大量のよだれ、ふらつくなどの症状が見られます。 進行すると嘔吐やチアノーゼなどが起こり、けいれんやショック状態になり死亡することもあります。 ワンちゃんは暑さに弱く、温度管理をしていない空間での長時間の留守番や暑い時間帯の散歩などをすると熱中症になってしまいます。 特に足が短いスタンダードダックスフンドは、地面と身体の距離が近く地面の照り返しをより強く受けやすいので注意が必要です。 風通しを良くし、温度管理を行い、散歩は気温が高い時間帯は避けましょう。 体温が高い場合は体を冷やし、水が飲める状態なら与えます。 その後、点滴などの処置が行われます。 また、他にも子犬がいる環境で生まれ育っているため、社会性が身に付いた状態で迎えやすくなります。 さらに、基本的なしつけを受けていたり、適切な血統管理がなされていたりするケースが多いです。 子犬の購入後も分からないことがあれば質問しやすくなり、安心してサポートを受けられます。 スタンダードダックスフンドの子犬をブリーダーからお迎えしたい方は、こちらのボタンから最新情報をチェック!優良ブリーダー情報も詳しく掲載しています。

次の

ダックスフンドの中で一番大きいスタンダードダックスフンドの性格・飼い方・病気などをご紹介

ダックス フンド 種類

ダックスフンドの歴史 現在のダックスフンドの祖先にあたる犬は、15世紀頃のオーストリアやドイツの山岳地方に存在したと考えられています。 最初期のダックスフンドは現在のスタンダードサイズよりやや大きく、スムースタイプのピンシェル(テリア種を指すドイツ語)が基礎犬に導入されていたと考えられています。 その後、ワイアーヘアのテリアが交配されたり、スパニエルが交配されたりと他犬種との交配の中で、ワイアーヘアやロングヘアーのダックスフンドが生まれることになったとされています。 原産国のドイツでは、スタンダードでもカニンヘンでもすべてのダックスフンドは、犬種成立から現代に至るまで猟犬であり、嗅覚ハウンドです。 アナグマ猟で働くダックスフンドは、アナグマの巣穴に入り込める個体が大切にされ、選択交配がされてきました。 体長が体高の2倍近くになるという独特のプロポーションはここから生まれることになりました。 アナグマ狩りに使われる犬では、ほかにがあります。 アナグマは見かけこそタヌキやアライグマのように愛嬌がありますが、性格は荒く、凶器となる長い爪を持っています。 ダックスもジャックラッセルも凶暴なアナグマにひるまない、勇敢な性質とすばしこい体を持つことが求められてきました。 ヨーロッパでは古くから、アナグマやキツネ、ウサギなど、小さな巣穴に暮らす獣の猟を行ってきた歴史があり、小さくても勇敢な猟犬たちはそのために作られてきました。 ダックスフンドには3つのサイズと3パターンの被毛があります。 大きな方からダックスフンド(スタンダード)、、となります。 サイズが小さくなったのは、その方が可愛いからという理由ではなく、獣の種類や大きさと巣穴の大きさが基準となっています。 原産国ドイツのダックスフンド(テッケル)クラブでは、一番小さいカニンヘンが「猟に対して最も情熱的」とされているほどで、小さいから家庭犬向きということでもありません。 大きな声でよく吠える、気が強い、けんかっ早い、現役の猟犬としてのダックスフンドは、あえてこの面を残して繁殖されています。 そんな困った性格を持っていてもなお、アメリカや日本ではこの10年ほどは常に登録数ベスト10に入り、非常に多くの数が家庭犬として愛され続けています。 サイズや毛色が異なる一頭一頭が個性的なダックスは、大変魅力のある犬種ですが、楽に飼える犬とは言えません。 ダックスフンドは、犬に対する飼い主の真の愛情が試される犬種なのです。 ダックスフンドの飼い方 スタンダードダックスフンドは大変活動的で、特に若犬の頃はじっとしていません。 スタンダードサイズなら少なくとも1日1時間以上、ミニチュア以下でも1日に合計で1時間程度の散歩をしてあげたいものです。 遊びも大好きで、短足の割に器用ですので、ボール遊びやひっぱりっこなどゲームも喜んで行います。 オフリードで散歩をすると、ネズミや子猫などを追って排水溝に入り込んでしまうことがあります。 狭い場所に入り込んで出られなくなる事故が時々伝えられていますので、しっかりとリードをつけて散歩をしましょう。 家族に対しては愛情深く、子どもに対しても寄り添うように接します。 しかし、家族以外の人間や他犬にはよそよそしく、相性によるところがあります。 猟犬の資質を色濃く残すダックスフンドは、子犬の頃から他犬や他人に接し社会性を育むことで、他犬や他人に対する過度の興奮が抑えやすくなり、飼いやすくなります。 しつけや訓練をしない猟犬は手が付けられなくなるものです。 子犬の頃から一貫して、しつけを通してけじめのあるコミュニケーションをしましょう。 ダブルコートですので、被毛は抜けます。 ワイヤーとロングヘアーは週に2回以上はブラッシングをしてあげましょう。 スムースも抜け毛はありますが、ほかの2種類よりは手入れが楽でしょう。 ダックスフンドの毛色 スタンダードダックスフンドの毛色は被毛の種類によって異なります。 【スムース】 単色ではレッド、レディッシュ・イエロー、イエロー(クリーム)。 バイカラー(2色)ではブラック&タン、ブラウン&タンまたはブラック&イエロー、ブラウン&イエローとなります。 混色ではダップル(大理石模様)、タイガーブリンドル(縞目)、ブリンドル(縞目)となります。 【ワイヤー】 ワイルドボア、または枯葉色の単色、もしくはスムースと同じ色となります。 【ロング】 スムースと同色となります。 ダックスフンドの気を付けたい病気 短足胴長の体型に関わる疾患は、ダックスフンド全体に起こりやすい病気です。 椎間板ヘルニアの好発犬種であることはよく知られています。 発症を予防するために太らせないことは大切ですが、運動でしっかり筋肉をつけることも大切です。 重症化すると歩行困難になることがしばしばあります。 基本的に大変活発な犬種ですので、歩くのを嫌がるそぶりを見せたら、よく注意して早期発見に努めましょう。 脚が短く地面に近いため、夏季は熱中症にかかりやすくなります。 散歩は朝晩の涼しい時を選んで、短く済ませましょう。 両親犬の毛色がダップルで子犬がダップルの場合(ダブルダップル)や、ブルーやパイボールドと呼ばれる珍しい色の場合、白い毛色の遺伝子が原因によるとされる疾患を持つ確率が高くなります。 特にダブルダップルやブルーでは進行性網膜萎縮(PRA)やてんかんを比較的起こしやすいとされていますので、注意が必要です。 ダックスフンドの価格相場 グループサイト、『』における、ダックスフンドの直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約 24万円、最高価格は 56万円、最低価格は 7万円です。

次の