オードリー ケイダッシュステージ なぜ。 【オードリー若林】『セブンルール』突然の降板に批判続出「闇が深い…」

どきどきキャンプ・佐藤満春は兼業放送作家!オードリー若林が信頼するワケ

オードリー ケイダッシュステージ なぜ

ケイダッシュステージのHPより お笑いコンビ「 オードリー」の 春日俊彰が18日、結婚発表会見を行った。 お相手は交際歴11年におよぶ一般女性のクミさん。 結婚会見は18日の深夜、夜11時30分から約30分間行われたが、スポーツ紙記者はいう。 「翌朝の紙面には間に合いません。 結婚の事実やお相手に関する情報をもとに事前に原稿をつくって入稿しますが、記事に反映できないのに深夜の会見には一応行かなければならない。 こんな無駄なことはないですよ。 しかも、おいしいところは全部、春日のレギュラー番組で一足先に放送してしまうんですから」 また、テレビ局関係者もこの会見に疑問を呈する。 「TBSの番組内で生放送した直後の会見ですから、他局にとっては本当に意味ないです。 もちろん会見場もTBS内のスタジオで、番組主導での結婚会見なんて、しなくてもいいんですよ。 そこが春日の所属事務所のやり方なんでしょうけれど、マスコミから反感だけ買って無意味ですよね。 リポーターは顔に出していませんでしたが、現場の報道陣はまったくお祝いムードではありませんでした」 さらに、会見での春日自身の対応も評判が悪かったようだ。 「会見場で事務所関係者からも春日本人からも、『こんな時間にお呼びたてして、すみません』みたいなあいさつが一切なかったのには驚きました。 いろんな事情があって非常識な時間帯での会見になることは、この業界ではよくあることですが、今回はあくまで当人たちとTBSの都合。 たとえ建前だけでも報道陣に釈明するような気遣いを見せるのが、芸能事務所であり、ベテランのタレントが見せるべき姿勢です。 さすがに会見直後には、あるベテランリポーターから『今度はもう少し早い時間にね』とサラリと嫌みを言われていましたよ」 もっとも、祝福するムードがない原因は、会見だけにあるわけではないようだ。 別のテレビ局関係者は語る。 会見中に春日本人も『すべて未定なんで。 まだいろいろありますから、まだまだ使えるぞ~。 次は日本テレビあたりで』と、悪びれる様子なく話していましたが、正直、印象は悪いです。 (文=編集部).

次の

ケイダッシュ丸

オードリー ケイダッシュステージ なぜ

どきどきキャンプ・佐藤満春は兼業放送作家!オードリー若林が信頼するワケ どきどきキャンプ・佐藤満春は芸人兼放送作家!オードリー若林をブレーンとして支える裏の才能どきどきキャンプの佐藤満春は、ケイダッシュステージ所属のお笑いコンビ芸人です。 とはいいつつも、コンビ芸人としては、あまり表舞台で見ることはありませんが、裏では、人気芸人を支える放送作家として活躍中だといいます。 佐藤満春を構成作家に指名したのは、意外にも人見知りが激しいオードリー若林のほうだったそうですが、どきどきキャンプとオードリーは、同じケイダッシュステージに所属する仲間。 オードリー若林と佐藤満春は、かねてからの友人でした。 オードリーは、「M-1グランプリ2008」でブレイクを果たしましたが、それ以前から現在にかけての単独ライブや、メイン番組の構成作家として支え続けているのが、この佐藤満春なのです。 どきどきキャンプ・佐藤満春をオードリー若林が信頼するスゴイ能力! どきどきキャンプ・佐藤満春をブレーンとするオードリー若林は、かなりの人見知りであることで有名です。 しかも、漫才についても非常にストイック。 1時間のネタ合わせを終えて休憩している間に、素早く台本を仕上げてしまいます。 オードリー若林と、漫才コラボ「たりないふたり」として活動している南海キャンディース・山里亮太は、その能力を目の当たりにし、「うわっ、いいな!」と感動したと語っています。 どきどきキャンプ・佐藤満春は掃除マニア!「トイレのラジオ」とは? どきどきキャンプ・佐藤満春が掃除芸人でプチブレイク!トイレ掃除は業者並!? どきどきキャンプ・佐藤満春は、2011年頃から、掃除芸人としても、ピンでの認知度を上げています。 「トイレクリーンマスター」「掃除能力検定5級」という謎の資格も持っており、トイレ掃除のブラシだけでも40種類以上も所持しているのだとか。 佐藤満春が掃除にかける時間は、トイレを含めて1日3時間以上。 「現場を踏まないと掃除の腕は上がらない」との理由で、休日は公衆便所やスタジアムに出向き、ボランティアで掃除修行に励んでいるといいます。 そんな佐藤満春の掃除テクニックは、「有吉ゼミ」などのテレビ番組で話題となる一方で、掃除業界の講演に呼ばれるなど、立派に仕事として成立しているようです。 どきどきキャンプ・佐藤満春がトイレだけを語るラジオ「佐藤満春in休憩室」がスゴイ どきどきキャンプ・佐藤満春は、2012年頃から「佐藤満春in休憩室」というラジオ番組のパーソナリティを担当しています。 その内容は、まさに前代未聞のトイレのラジオ。 30分間ひたすらトイレについて喋り続けるだけといいますから、タダ者ではありません。 いくら佐藤満春が掃除マニアだからといって、毎週30分間もトイレ掃除について喋り続けられるものかと思われますが、彼の守備範囲は掃除だけではありませんでした。 佐藤満春は、トイレに関する全ての情報を網羅しています。 ショールーム巡りを趣味としているため、最新トイレも熟知しているようです。 トイレのトラブル解決や、維持管理の方法を提案するためのトイレ診断技術も持っており、実務経験がないにも関わらず、トイレ掃除業者から「名誉トイレ診断士」の称号を受けています。 佐藤満春は、日本トイレ協会会員でもありますが、こうした取り組みが認められ、2年連続でグッドトイレ選奨を受賞しています。 通常の感覚では計り知れないトイレ愛があるからこそ、30分間のトイレラジオも、話が尽きることがないのでしょう。 どきどきキャンプ・佐藤満春の元カノは鳥居みゆき?作家業、トイレ愛は職人芸へ! どきどきキャンプ・佐藤満春の元熱愛彼女が、鳥居みゆきだったという噂があります。 2009年のテレビ番組で、佐藤満春自身が「ブレイク中の女性芸人と関係を持ったことがある」と発言したことが呼んだ憶測らしいのですが、鳥居みゆきといえば、超潔癖症で有名。 掃除マニアの佐藤満春とのマッチングは最高な気もします。 しかし、時期的に誤認の可能性が高いようです。 2010年、佐藤満春は一般女性と結婚し、翌年には子供にも恵まれて順風満帆。 オードリー若林のブレーンとしてだけではなく、多くのラジオやテレビ番組の放送作家として活躍するようになり、現在は「スッキリ!!」「PON!」の構成を手掛けるなど、もはや本業化していると言っても過言ではありません。 2014年には、レイザーラモンが、佐藤満春に新ネタの構成依頼をしたことも話題になりました。 どきどきキャンプでは、相方・岸学がネタのパターンを提示するそうで、オードリーについても、オードリー若林の頭にあるものをまとめるのが佐藤満春の仕事です。 ところが、レイザーラモンの時にはネタ作りから行ったといいますから、まさに職人肌。 その傍らで、トイレ掃除業者に通って学ぶなど、気になることをとことんまで追求できるのも得難い才能です。 この寸分もブレないトイレ愛には、ストイックなオードリー若林が信頼を置く人物像が確かに見えた気がします。 <こちらもおすすめ!>.

次の

【オードリー若林】『セブンルール』突然の降板に批判続出「闇が深い…」

オードリー ケイダッシュステージ なぜ

M-1グランプリ2008で準優勝を果たし、その翌日から今にいたるまで、群雄割拠の日本お笑い界で活躍し続けるオードリー。 準優勝を果たした翌年以降のM-1グランプリにはエントリーしていません。 テレビにはたくさん出ていましたが、M-1グランプリの結果はあくまで"準優勝"。 出場資格である「結成10年以内」という規定から、まだ出場できたはずのオードリーは なぜ出場を辞退したのか。 その理由が若林本人の口から語られました。 オードリーは自分たちのネタを"退化"させたくなかったから出場を辞退した 左が若林、右が春日。 若林が漫才のネタを作っている。 準優勝の翌年以降のM-1グランプリにオードリーが出場を辞退した理由を端的に言えば、 「自分たちのネタを退化させたくなかったから」だそうです。 その真意を説明します。 オードリーのネタは「形を見せるネタ」 オードリーの漫才は 「ズレ漫才」と呼ばれる独特のスタイル。 ナイツの「言い間違い」のネタや、ブラックマヨネーズの「吉田が相談して小杉が解決策を提案するが、吉田がネガティブな難癖をつける」ネタなど、M-1グランプリで活躍する漫才師はそれぞれ 独自の漫才の形を発明して面白さを生み出したりしますが、オードリーも 「ズレ漫才」という独自の漫才の形を発明しています。 所属事務所のケイダッシュステージは常設劇場がないので、オードリーはネタを人前で披露できる回数も多くなく、漫才の腕やテンポ、間(ま)では他のコンビに勝てないと若林は自覚していたそうです。 そのためオードリーが周りのコンビに 勝つために必要だったのは「革新的な形」のネタを発明することであり、その 漫才の形が「新しい」「新しくて面白い」と評価されることが、他のコンビに勝つための手段でした。 2008年のM-1グランプリで形は見せてしまった 2008年のM-1グランプリでそのとっておきの形を披露したオードリー。 もし翌年のM-1グランプリに出場して「ズレ漫才」という同じ形のネタを披露すれば、その漫才の中身(台本)を変えたとしても「結局(形が)同じじゃん」と評価され、負けてしまう。 そうならないためには 漫才の形をマイナーチェンジして、「形が変わったな」「形が変わって(その変化が)面白いね」と思わせる必要がでてくるのです。 変化は"退化"だ 「ズレ漫才」とはこういう漫才の形だ、という前提が既に知られている状態で、その 形を変化させるには「スカし」を入れる必要が出てきます。 「ズレ漫才だとこう次はこうなるよね」と思わせておいて、あえてそれをやらないという笑い。 そういったマイナーチェンジを施せば、「去年とは変わったね」「これはズレ漫才の進化形だ」と周りは評価するだろうと若林は語っています。 しかしそれは 「アリモノを外す」ことであり、それを ズレ漫才の"退化"だと思った若林は、 漫才を退化させてM-1グランプリに出場するよりも大会自体に出場しないことを選んだと語っています。 周りからは批判もあった 毎年予選で負け続けたM-1グランプリの決勝に初めて進出して、結果は準優勝。 それをきっかけにテレビでも大活躍し、翌年のM-1グランプリの出場は辞退。 同業者や芸人からすると、捉え方によっては 「負けるのがこわいから逃げた」と思われても仕方ありません。 実際に周りからは 「今年は出ないんだね」「根性ねえな」という声をたくさん浴びせられたそうです。 それでも若林は 「退化させたネタで周りから評価されたとしても、それは決して進化じゃない」と思い、出場しませんでした。 オードリーと似た境遇に直面したカミナリの葛藤 左がまなぶ、右がたくみ。 この若林の超マジな漫才論を引き出したのは カミナリのツッコミ・石田たくみ。 2017年12月25日に放送された「オドぜひ歳末SP オードリーさん、ぜひ会いたいと言っている芸能人がいるんです!」という番組内でオードリーに悩み相談をした際にこの話を引き出しました。 カミナリもオードリーと似た境遇だった 2016年のM-1グランプリで当時無名だったカミナリは 「どつき漫才」を披露し、優勝こそできなかったものの強烈なインパクトを残し、2017年はテレビにたくさん出演しました。 「どつき漫才」は、オードリーの「ズレ漫才」のように カミナリが発明した独自の漫才の形。 2016年にこの 漫才の形は一度見せてしまったため、2017年のM-1グランプリに出場するかどうかは悩んだそうです。 カミナリのブレーン・石田たくみは、「良いネタができた場合はエントリーしよう」と当初は思っていたそうですが、 「一度決勝に進出しただけで辞退すると舐められるんじゃないか」という恐れから、結局は新ネタを作っていない時点でエントリーをしてしまったそうです。 漫才を"退化"させたくない カミナリのたくみも若林と同じく、 漫才を退化させることはしたくないと思っていました。 「どつき漫才」の形が知られている上で、あえて「ボケのまなぶがどつきを避ける」「まなぶがどつき返す」などの わかりやすい"形の変化"を見せれば評価はされやすいかもしれませんが、 それはしたくない。 「どつき漫才」の形は変えずに、 「台本(中身)だけを進化させて勝つ」といういばらの道をたくみは選びました。 見事決勝進出!しかし... 「どつき漫才」の形を変えることなく勝負するといういばらの道をくぐり抜け、カミナリは 2017年のM-1グランプリで見事決勝に進出します(凄すぎます)。 たくみ曰く 「これ以上いい台本は作れない」と燃え尽きるくらいのネタを決勝で披露し、 結果は9位。 この結果を受け「もうどうしたらいいんだ」「来年は出場しなくてもいいんじゃないか」と思ったそうです。 漫才の形を退化させないという制約(プライドであり美学)の中で作れる最高のネタをもってしても優勝はできなかった。 完全燃焼した彼らには、M-1グランプリの優勝を目指すモチベーションはもう残っていませんでした。 楽しんで漫才をしたい 賞レースで勝つためには 賞レース用のネタを作る必要があります。 それは時に、自分たちが本当にやりたいネタとは少し変わってきたりすることもあります。 M-1グランプリの決勝に2年連続で進出し、まだ若い(出場資格が何年も残っている)カミナリには、「次は優勝期待してるよ」と応援してくれる人もいるそうです。 しかし彼らは賞レースで勝つのためのネタではなく 「二人がやってて楽しいネタ」「二人が楽しむためのネタ」をやりたいという気持ちもあるそうです。 芸人になった理由は「TVスターになりたかったから」 カミナリが芸人になったそもそもの理由は 「TVスターになりたかったから」。 M-1グランプリに挑戦していた時は「絶対優勝するぞ!」と思って臨んではいたものの、カミナリが芸人になったきっかけまでさかのぼると、そこにあったのは 「TVスターになりたい」という気持ちでした。 カミナリはTVスターになるための手段としてコントや漫才を作ってきたのです。 M-1グランプリをきっかけにテレビ出演の機会も増え、今まさにTVスターに近づきつつある彼らにとって、M-1グランプリに出場しないことは 逃げというよりもむしろ挑戦なのかもしれません。 若林からのアドバイス 若林の意見は 「出場しなくていいと思う」というもの。 これからもう一度奮起してM-1グランプリの優勝を勝ち取るためには、新ネタを作るのはもちろん、 たくさん舞台に立ってそのネタをブラッシュアップする必要があります。 しかしあくまでカミナリの芸人としての目標は 「TVスターになること」。 舞台とかぶってるからテレビの仕事を断らなきゃならない、なんてことにはなりたくない。 それらを踏まえた上で若林は 「(この意見を聞いて決断しちゃうと)責任重大になっちゃうけど、俺は出なくてもいいと思う」と意見を述べていました。 その上でさらに、 「M-1グランプリに勝つネタを作るのと同じくらいの熱量で、テレビの仕事を増やすための"テレビのシミュレーション"をしたらいいんじゃないか」と助言をしていました。 すべての芸人に幸あれ 芸人にとって賞レースとは 人生を変える転機になり得るもの。 それと同時に プライドをかけて闘う場所でもあります。 普段のバラエティ番組ではなかなか見れない「芸人同士のガチのお笑い論」が聞けたのはとても貴重でした。 実は、数年前までの若ちゃんはオードリーのオールナイトニッポンでこういった熱い話を頻繁にしていました。 しかし近年はラジオでもガチのお笑い論を語ることはほとんどありません。 カミナリの二人には、若ちゃんのガチお笑い論語りの面を引き出してくれたことに感謝するとともに、今後の活躍を期待しています。 : と言いつつもオードリーは当時ショーパブに頻繁に出演していました。 以前ラジオではドーピングをしていたとも語っています。 というのもオードリーはそれ以降に作るネタでズレ漫才をマイナーチェンジさせたことがあり、その時に「進化した」と言われたとラジオで語っています。 具体的に言うと毎年出演している「検索ちゃんネタ祭り」に出演した際に、オードリーがネタを披露する際のネタ振りで「進化したズレ漫才。 オードリー!」と紹介されたという話です。 この話は長くなるのでこの辺で省略...。 : ここに情報だけを抜粋して文字だけで書くと若林が偉そうに言っているように捉えられないか少し心配ですが、番組での二組のやりとりを見た限りでは、親身になってアドバイスするめちゃくちゃいい先輩だと思えました。

次の