混合育児 卒乳。 混合育児はいつまで続けたらいい?やめどきを見極めるサインとやめ方【体験談】 | 混合育児どっとこむ

母乳、ミルク、混合で卒乳方法は違うの?上手に卒乳を迎えるコツ

混合育児 卒乳

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 赤ちゃんの離乳食が始まる頃になると、多くのママが気になり始めるのが母乳の卒業時期ではないでしょうか。 母乳をやめる方法には「卒乳」や「断乳」がありますが、そもそもの違いや、方法を知らないというママは多いようです。 今回は卒乳について、そもそも卒乳とはどういうことをいうのか、その方法やメリット・デメリットをご紹介します。 卒乳とは?断乳との違いは? 卒乳とは、赤ちゃんが母乳を必要としなくなり、自分からおっぱいを卒業していくことです。 一方、断乳とは、ママの意志によって母乳育児をストップさせることをいいます。 日本では、昔からほとんどの人が断乳という方法をとってきましたが、最近では赤ちゃんが安心して母乳から離れられるよう見守ってあげる「卒乳」という考え方も、広く浸透してきています。 母乳を飲ませることは赤ちゃんに栄養を与えるだけでなく、ママと赤ちゃんのスキンシップとしての役割もあるので、無理にやめる必要はありません。 一般的には、1歳頃を目安に卒乳を期待しているママが多いのですが、ママと赤ちゃん双方のタイミングを図りながら卒乳することが大切です。 自然に卒乳するのはいつごろ? 赤ちゃんが自然に卒乳する時期というのは個人差があります。 しかし、なかには今後の仕事復帰などを考えて、早めに卒乳を目指したいというママもいますよね。 赤ちゃんが卒乳するのに重要なのは、「1日3回の離乳食と1日2回の補食で十分に栄養が摂れている」「白湯や麦茶など母乳以外から水分補給ができる」こと。 この前提に加え、以下のポイントを知ることで卒乳へ促すことができます。 ・コップやマグから飲みものが飲める ・ママの卒乳への気持ちが固まっている ・母乳をあまり吸っていない(くわえているだけ) ・母乳を飲んでいるときに気がそれることが増えた 上記のポイントを参考に、「赤ちゃんの準備ができるまで気長に待つ」という気持ちで、ゆっくりと進めていきましょう。 関連記事 卒乳の仕方とは?自然卒乳って? 卒乳するには、ママと赤ちゃんが卒乳に向けて時間をかけて条件を満たしていくこと、心構えができるようになることが大切です。 1歳を過ぎると、赤ちゃんも大人の言うことがわかるようになってきます。 「もう少ししたら、おっぱいとバイバイしようね」など声かけをしながら、赤ちゃんが卒乳を意識できるよう働きかけてあげましょう。 本来は、何もしなくても赤ちゃんが母乳を欲しがらなくなるのが自然卒乳です。 以下の方法は完全に自然というわけではありませんが、自然に近い卒乳ができます。 卒乳の方法 1. 卒乳する日を決めたら、1ヶ月くらい前から「おっぱいとさよならしてみようか」と話してみる 2. はじめは、徐々に授乳時間を減らす 3. 授乳時間を減らすことに慣れたら、毎日1回ずつ授乳回数を減らす 4. 1週間たったら、3日間完全に母乳をやめて、おもちゃやお散歩で気を紛らわせる(泣いて欲しがっても与えないようにする) ポイント 3日間後も泣いたり、欲しがることが増えたりした場合は、時期を改めてみましょう。 関連記事 卒乳にするメリット・デメリットは? 自然卒乳は赤ちゃんにとって負担が少なく、成長に合わせた離乳ができるのがメリットです。 しかし、自然な卒乳だからこそのデメリットもあります。 例えば、赤ちゃんがおっぱいを必要としている間は卒乳できないということ。 栄養面では必要がなくても、眠いときや寂しいときに精神安定剤としておっぱいを飲みたがる子は珍しくありません。 また、自然な卒乳には時間がかかるので、いつまでも授乳しやすい服装をしなくてはならなかったり、夜間の授乳がやめられない赤ちゃんの場合はママが寝不足になったりするストレスもあります。 卒乳するときは、色々なデメリットを考慮しながら対策する必要があります。 ママの負担が大きければ、前述の方法で卒乳を促してみましょう。 もし、おっぱいが減ることで赤ちゃんが不安になるようであれば、この時期は特にスキンシップをたくさんとって安心させてあげると良いですね。 関連記事 卒乳はママと赤ちゃんのタイミングで進めよう 卒乳は「いつまでにするべき」という決まりはありません。 仕事や家庭環境などの事情が許すのであれば、赤ちゃんの気が済むまで授乳を続けてみましょう。 ママが無理をして授乳を続けていたり、赤ちゃんが「いらない」と言うようになったりするなど、卒乳の必要性を感じたときはママと赤ちゃんのタイミングで進めていけると良いですね。 ただし、授乳を続けるにしても、1歳を過ぎたら頃からは母乳を与える場所や時間帯を整えてあげましょう。 いつでも欲しいときに、ではなく、「夜だけ」「外出時はしない」と、少しずつ切り替えることで赤ちゃんも心構えができるようになります。 卒乳後のママのおっぱいのケアにも繋がるのでおすすめですよ。

次の

母乳、ミルク、混合で卒乳方法は違うの?上手に卒乳を迎えるコツ

混合育児 卒乳

この記事の目次• 混合育児とは? 赤ちゃんへの授乳で、母乳を与えたあとにミルクを与える方法を「 混合育児」や「 混合授乳」と呼びます。 どんな授乳でも悩みは出てくるもの。 そして、この「 混合育児」も悩ましいんです。 何を隠そう筆者自身が、混合育児に自信を持てなかった1人でした。 ミルクを足せば「母乳が足りないのかねぇ…」と心配されて、プレッシャーに。 ミルクを足さなければ(栄養は足りているのか!? )と悩んでしまう始末。 今となっては産後特有のナーバスな感覚だったとも思いますが、そんな時期だからこそ安心できる情報を知りたいものです。 そこで今回は書籍・育児雑誌・体験談を通して「混合育児」について調査しました。 混合育児に自信が持てないママの参考になったら幸いです。 授乳が楽に? 混合育児のメリット 今まさに混合育児に悩んでいる際は「母乳 or ミルクどちらかに切り替えたほうがいいんじゃないか…」と考えがちです。 しかし、混合育児には混合育児にしかないメリットがあります。 栄養不足への心配が軽くなる 2. 夜、よく眠ってくれる場合がある 3. 母乳育児と同じスキンシップを取り入れられる 4. 赤ちゃんを楽に預けやすい 5. ママが疲れたときや風邪をひいたときに、授乳をミルクだけにできる こうしてみると、 混合育児は「 完全母乳と完全ミルクのいいとこどり」のように感じられますね。 ミルクを飲まない!? 混合育児のデメリット ほかの育児法と同様に混合育児にもデメリットはあります。 ミルクを足す量がわかりにくい 2. 赤ちゃんが突然ミルクを飲まない・母乳を飲まないことがある 3. ミルクの用意や哺乳瓶の洗浄・消毒などに手間がかかる 4. ミルク代がかかる 5. 外出時に哺乳瓶などの持ちものが増える 6. カフェインやお酒など、ママの飲食物に気をつけないといけない このなかで、混合育児特有のデメリットは1と2です。 3~5は完全ミルクと同様の悩みですし、6は完全母乳のママにも言えることですね。 育児を始めたばかりのころは、特に「ミルクを足す量がわかりにくい」と悩むママが多くいます。 おっぱい不足が心配…ミルクを足す目安 授乳中のママにとって最大の心配事ともいえるのが「 おっぱい不足」です。 おっぱい不足を解決するためにミルクを足す混合育児ですが、少ないと栄養が心配ですし、足しすぎたら太らないかどうか気になってしまいますね。 おっぱい・ミルクが足りているかどうかの目安は「赤ちゃんの体重」を確認することが重要です。 「体重の増加」と「赤ちゃんの様子」をチェック 主婦の友社から刊行されている「母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本」によると、赤ちゃんの体重が下記の目安で増えていれば、おっぱい不足の不安はありません。 生後0~3ヶ月ごろまで 1日30g (1ヶ月で900g) 生後4~6ヶ月ごろ 1日20g (1ヶ月で600g) 生後7ヶ月以降 1日10g (1ヶ月で300g) 授乳ごとに赤ちゃんの体重を測る必要はありません。 授乳単位・1日単位で観察すると、赤ちゃんによってはよく飲むときと飲まないときがあります。 あまり神経質にならないようにするためにも、1週間から10日に1度確認するのがおすすめです。 おっぱい不足をチェックするときは、体重と一緒に赤ちゃんの様子も見るようにしましょう。 とはいえ、自分で判断するのは難しい…と感じるママもいますよね。 そんな方は、 母乳外来や 1か月検診・3ヶ月検診などで専門家に相談してから判断しましょう。 ミルクの足しすぎにも気をつけるべき? 赤ちゃんの体重の増え方によっては「 ミルクを足しすぎ」とされることもあります。 こんな風に突然「ミルクを減らして」と言われて、戸惑うママもいることでしょう。 新生児訪問や健診で見てもらう方によっては、赤ちゃんの体重増加に細かい先生とおおらかな先生がいるようですね。 もちろん、成長曲線から大きく外れるほど赤ちゃんの体重が増えているようであれば、ミルクを減らして完全母乳に移行するのも1つの手段です。 保健師さん・助産師さん・小児科の先生からアドバイスされた場合、一旦スパッとミルクを止めて様子を見るか、少しずつ減らしてみて様子を見る方法があります。 今のやり方に自信が無い方は、こちらで確認してみてくださいね。 混合育児の基本 基本的に混合育児は、1回の授乳で、母乳を与えたあとにミルクを足します。 新生児期は30~40ml以上ミルクを足す必要がないと言われていますが、その後は赤ちゃんの様子を見ながらミルクを足していかなければなりません。 赤ちゃんの様子を見るときは、前述の「おっぱい不足?チェックリスト」や「こんなときはミルクを減らしてみましょう」を参考にしてくださいね。 母乳外来や 健診で相談して、定期的にアドバイスをもらうものオススメです。 新生児(生後0~1ヶ月) 母乳の授乳時間:1回につき、左右合計5分 ミルクの量:1回につき、30~40ml 1日の授乳回数:8~9回 授乳間隔の目安:2~3時間おき 生後1~2ヶ月 母乳の授乳時間:1回につき、左右合計10分 ミルクの量:1回につき、足りない分だけ 1日の授乳回数:8回 授乳間隔の目安:3時間おき 生後3~5ヶ月 母乳の授乳時間:1回につき、左右合計10分 ミルクの量:1回につき、足りない分だけ 1日の授乳回数:6~8回 授乳間隔の目安:3~4時間おき 離乳食を始めたら 母乳の授乳時間:1回につき、左右合計10~15分 ミルクの量:1回につき、足りない分だけ 1日の授乳回数:5~8回 授乳間隔の目安:3~5時間おき 離乳食後の母乳は、 赤ちゃんが飲みたいだけ与えるのがポイントです。 離乳食の段階が進むにつれて、ミルクや母乳の量は減らすようにします。 【注意】ミルクに頼りすぎると母乳が出なくなるかも 混合育児であまりに ミルクに頼りすぎると、授乳時間が極端に空いてしまい、 母乳が止まってしまう場合があります。 「 長く母乳を与えたい」と思うのであれば、ミルクを足すときは「 必要最低限の量」を見極めるように気をつけましょう。 毎日赤ちゃんの様子を見て、定期的に赤ちゃんの成長具合をチェックし、不安があれば母乳外来などの専門家へ相談してくださいね。 参考:「ひよこクラブ 2018年10月号」ベネッセコーポレーション 参考:「最強母乳外来 ママをたすける実践編!」(SOLANIN著)朝日新聞出版 参考: 厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」 私が混合育児を選んだワケ!ママたちの体験談 最後に、混合育児を選んだママの体験談を紹介します。 あなたの不安に役立つ体験談もあるかもしれません! ぜひ読んでみてくださいね。 状況に合わせてミルクを選べるのが便利 産後すぐ、赤ちゃんがNICUへ入院し、母乳量が増えずに混合育児となりました。 退院後、夫や家族にミルクを与える喜びを味わわせてあげられたのも嬉しかったです。 自分自身「完全母乳のママが羨ましい」と感じることもありました。 また、赤ちゃんが食欲旺盛だったので、ミルク代がかなりかかりましたし、出掛ける際に哺乳瓶やお湯を持ち歩くのは大変でしたね。 混合育児のデメリットを感じた 自営業で人手不足もあり、産後すぐに働けるように混合育児を選びました。 忙しさによる母乳不足のせいもあります。 寝かしつけにミルクを与えるなど、ミルクを与えることで安心感を強く感じていたんです。 振り返れば、ミルクには時間とお金をかなりかけてしまったなぁ…と感じます。 それぞれのペースでOK! 混合育児に自信を持とう 「 混合育児」について紹介しましたがいかがでしたか? …混合では赤ちゃんがすこやかに育たないんじゃないか? …完全母乳の赤ちゃんより、愛情不足になってしまうんじゃないか? こんな風に思う必要はまったくありません! ミルクに含まれる栄養には心から安心できますし、よく言われる「母乳不足=愛情不足」なんてことも科学的に証明されているわけではないんです。 母乳育児のよさと ミルク育児のよさ、どちらもゲットできるのが「 混合育児」だと筆者は思います。 ミルクを足したり減らしたり…その都度赤ちゃんを観察して向き合う時間が、親子関係を深めていくのではないでしょうか。 混合育児の進め方は、家族それぞれのペースでいいんです。 ぜひ自信を持って混合育児に取り組んでほしいと願っています。 母乳に関する記事はこちら。

次の

卒乳の仕方は?自然な方法とメリット・デメリットを教えて!

混合育児 卒乳

<混合栄養にしたほうがいいケース> ・新生児の体重が大幅に減ったとき ・低血糖が見られるとき ・新生児黄疸が強いとき ・黄疸が長引いているとき 母乳は消化しやすく免疫物質も多く含まれるため、赤ちゃんにとって最適な栄養です。 ミルクには免疫物質などが含まれていないという違いがありますが、母乳の優れた点に近づけるよう工夫されており、免疫面を補う成分なども配合されています。 ミルクとの混合だと、母乳がでなくなる? 完全母乳を目指しているけれど母乳不足でミルクを足すママもいれば、「他人に預けたいからミルクにも慣れてほしい」「母乳が出るけどミルクを足したい」というママもいます。 母乳が出るけどミルクを足す理由としては「赤ちゃんにまとめて寝て欲しい」「夕方以降は母乳の出が悪い」「赤ちゃんが泣いてばかりで家事ができない」など。 しかし「混合にすると母乳がでなくなる」という話しを聞いたことはありませんか?実際に「ミルクを足して混合にしたら、母乳の出が悪くなった」というケースはよくあります。 母乳+ミルク混合、やり方のポイント3つ ミルクを上手に足せばママの負担を軽くすることもできるのですが、母乳量が減ってしまう恐れもあります。 それではミルクを足しながら母乳の出をキープしたい場合、どのような混合育児のやり方をしたらいいのでしょうか。 1)先に授乳、後からミルクを 混合栄養で赤ちゃんに授乳する場合、必ず先に母乳をあげるようにしましょう。 空腹状態の赤ちゃんに、左右の乳房を十分に吸ってもらった後に、ミルクを足してみて。 赤ちゃんもお腹がすいていれば、必死におっぱいを吸います。 その刺激がママの乳頭に伝わることで、母乳は生産・分泌されるようになります。 先におっぱいをあげるのが原則ですが、赤ちゃんが空腹すぎて泣いていたり、おっぱいを拒否する場合は、先にミルクをあげてもOK。 ある程度飲んで落ち着いてきたら、母乳に切り替えるなど工夫してみましょう。 2)哺乳瓶の乳首は「乳頭混乱」にならないものを 哺乳瓶の乳首はママのおっぱいと違って、先っぽをくわえるだけで簡単に飲めるものもあります。 「おっぱいより哺乳瓶から飲むほうがラク」となると、赤ちゃんは母乳を飲むのを嫌がる「乳頭混乱」になる可能性があります。 乳頭混乱を避けるためには、哺乳瓶の乳首選びが重要です。 簡単にミルクが飲める柔らかい乳首ではなく、ミルクが出る穴が小さく、力一杯吸わないと飲めないタイプの乳首を選んで。 哺乳瓶の乳首を深くくわえさせることもポイントです。 母乳をあげる時におっぱいを大きなお口でくわえるのと同じく、哺乳瓶の乳首も深くくわえさせてあげるようにしましょう。 3)必要以上にミルクを足さない 母乳は消化がいいので、赤ちゃんはすぐにお腹がすきます。 一方ミルクは、母乳より消化吸収に時間がかかるため「腹持ちがいい」と言われます。 混合育児の基本は「母乳のあとにミルク」ですが、母乳のあとにミルクをあげすぎると、赤ちゃんがなかなかミルクを消化できず、授乳間隔が空いてしまいます。 授乳間隔が3時間以上あいてしまうと、母乳の生産量が減ってしまうことがあります。 母乳の出をキープするためには、ミルクを必要以上に足さないよう量を調節しましょう。 混合栄養、ミルク量の目安は? ミルクとの混合育児では、ミルクを足しすぎないことが大切。 「じゃあ一体、どれくらいの量のミルクを足したらいいの?」とママは悩んでしまいますね。 新生児の場合「母乳に足すミルク量の目安は30~40ml位」だと言われますが、母乳やミルクの適正量は赤ちゃんによって違います。 適正量より多くミルクをあげれば、授乳の間隔があき、母乳の分泌が減ってしまいます。 そこで適正量の参考になるのが、赤ちゃんの「腹持ち具合」を見ながら、ミルクを足す量を調整する方法です。 混合にするときのミルクの足し方 おっぱいを飲んだ量がわからないため、つい多めにミルクを作ってしまいがちですが、少なめにして様子を見る方がベターです。 おっぱい+ミルクで2時間ほどあけばOK。 1時間で次をほしがるようなら、ミルクを少し増やすように調整します。 おっぱいだけで2時間もつなど、おっぱいの量が増えてきた感じがしてきたら、ミルクを足す量を減らしましょう。 おっぱいだけでどれくらい時間がもつか試してみて下さい。 引用元:「出ない!痛い!わからない!母乳のお悩み解決BOOK」赤すぐ編集部(メディアファクトリー)p. 50 ミルクを足す量は、赤ちゃんの様子を見ながら調節しましょう。 母乳のあとにミルクをあげて、次の授乳まで2時間以上赤ちゃんが欲しがらなければ、調度いい量だと考えられます。 母乳とミルクをあげて、1時間で次を欲しがれば、ミルクを少し増量してみて。 逆に3時間以上、赤ちゃんに空腹のサインがないなら、ミルクのあげすぎかもしれません。 またミルクを吐いてしまう場合も、量が多すぎる可能性があります。 ミルクを足す適正量がよく分からなければ、ママ一人で解決しようとせず、母乳外来でプロの助産師さんに相談を。 混合栄養から完全母乳に切り替えるには? できるだけ母乳で育てたいママは、「早くミルクの量を減らして完全母乳に移行したい」と願うことでしょう。 それでは混合栄養から完全母乳になるには、どのような方法が考えられるのでしょうか。 通院している小児科や母乳外来などで、ミルクの量を減らしても赤ちゃんが順調に成長できると判断されたら、補足するミルクを減量できます。 このように母乳とミルクの混合から完全母乳に移行していくことをリラクテーションといいます。 ミルクを減らす方法としては、1回量を減らして補足回数はそのままにする方法と、1回量はそのままで補足回数を減らす方法がありますが、後者のほうがよりリラクテーションしやすいでしょう。 引用元:「いちばんやさしい はじめての母乳育児」SOLANIN(ソラニン)(成美堂出版)p. 55 ミルクの減らす方法には、与える回数はそのままでミルクの「量」を減らす方法と、量はそのままで与える「回数」を減らす方法がありますが、与える回数を減らす方が効果的だと言われます。 赤ちゃんの栄養不足の心配をすることなく「リラクテーション」するためには、母乳外来などに相談してみましょう。 母乳量をアップさせるために、母乳の出をよくするお茶を飲むのもおすすめです。 おっぱいの出がよくなることで有名な「たんぽぽ茶」には、産後ママが不足がちな鉄分やミネラルなどが豊富に含まれています。

次の