ボーア ホームラン。 ボーアのホームラン・阪神タイガース・バースが話題

矢野監督、ボーアは「雰囲気出てきている」一問一答

ボーア ホームラン

ジャスティンボーアの打撃が不振な原因 ジャスティンボーア選手の打撃が不調な原因がどうやらジャスティンボーア選手の大柄な体格に原因があるんではないかといわれています。 阪神の新4番候補、ジャスティン・ボーア内野手(31)の巨体が物議を醸している。 公称の体重122キロは昨年プレーしたエンゼルスのときと同じだが、攻守に体のキレを欠くため、球団関係者は適正なウエートか疑い始めた。 疑心暗鬼の背景には、15日に終わったオープン戦の不振がある。 8試合出場、20打数4安打1打点、打率・200。 売り物の本塁打がゼロの上、安打は全部短打だった。 「一番気になるのはスイングが一向に速くならないところ。 体が重いのが一因ではないか。 今のままでは真ん中から外の球には対応できても、内角の速球をさばくのは無理」と球団OBは見る。 念のためメンバー表で12球団全選手の体重を調べてみた。 やはりボーアが一番重く、2位は西武・メヒアの118キロ、3位オリックス・モヤの117キロと続く。 相撲と同じで最重量は話題にこそなるものの、結果を出さなければ、いずれ問題視されるのはいうまでもない。 首脳陣は元メジャーリーガーのプライドを考慮し、体重に関しては当分静観の構えだが、心配の種は他にもある。 「日本は人工芝の球場が多く、ボーアには普通の選手以上にヒザに負担がかかる。 故障につながる恐れは否定できない」 ボーア自身は「調整は順調に進んでいる。 打球も本塁打と紙一重まで飛び始めた」と強気だが、肝心の本番で一発量産を果たせなければ、球団から減量指令が出るかもしれない。 yahoo.

次の

【阪神】4回裏 ボーア先制2ランホームラン!!!|阪神タイガース猛虎魂アンテナ

ボーア ホームラン

ボーアはバッグに初安打の記念球を入れて引き揚げる 毎打席、結果がネット上に速報される打者が現れた。 それほどまでに1打席1打席を、世間が注目するなんて、まさにプロフェッショナル…と喜びたいんだが、注目のベクトルが違っている。 開幕から一本もヒットを打っていないから。 あのランディ・バースのワースト記録を超えてしまったから。 今、トラ番が必死で数える、何とも寂しい記録。 楽しくない仕事だ。 そして19打席目。 ついに…。 ボーアの不名誉な記録がついにストップした。 「記念球がセンターから阪神ベンチに返されてました。 まあ、良かったです」 ベテラン三木建次が苦笑いだ。 ホームランの記念球ならともかく、ヒットで。 レベルの低い話ではある。 「きょうも、同じように左中間方向へ打球をはじき返していましたが…。 練習では、相変わらずいい打球を打っていると思うんです」 試合前、キャップ大石豊佳が重苦しいトーンで伝えてきていた。 きょうからは、ちょっとは明るくボーアの話題に触れられるかな。 今からちょうど23年前の1997年6月24日、「これぞプロフェッショナル」という記録が塗り替えられた。 記録保持者だったのは藤田平。 すご~く弱かった時代の阪神監督も経験した、あのタイラさん。 更新者はイチロー。 言わずと知れた、史上最高の打者。 で、その記録というのが連続打席無三振。 藤田平の持つ「208」を、イチローは開幕直後から2カ月近く三振をせずに、ついに超えていったのだ。 必ずバットに当てることがいかに大変か。 たとえば、ことし阪神で、2打席以上で三振していない野手は、もう一人もいない。 まだ5試合しか消化していない時点でこの惨状。 それだけでも、タイラさんとイチローの連続打席無三振記録の難易度がわかる。 阪神の監督時代に、タイラさんに聞いた話。 「そんな記録、気にもしたことなかった。 自分が新記録になるときに、一部のメディアが取り上げた。 あっそう、というぐらい。 自分は早いカウントで打つから三振が少なかっただけ」 タイガース史に残る打撃センスの持ち主は、意外なほどに無関心だった。 対するイチローもクールな対応だった記憶がある。 でも、周囲は盛り上がっていた。 やっぱりその記録自体に値打ちを感じたから。 当時の担当記者たちは一生懸命、計算していたもんだ。 それは、楽しい作業だった。 甲子園で行われたウエスタン・リーグ。 ドライチ・西純矢が救援で3回を投げ、プロ初星をマークした。 2軍戦とはいえ、ルーキーがチームに初勝利をもたらしたわけで「そんなピッチャー、今までいたっけ?」と記憶を辿る。 これが楽しい。 目撃者はトラ番・織原祥平。 「ちょうど2年前、創志学園時代に西クンが甲子園で初勝利をマークしたときも、僕は高校野球担当として、甲子園で取材したんです。 アルプススタンドから見てました。 あの時は満員で、メチャクチャ暑かったんです。 でも、今回は無観客で、風が涼しく感じられて。 ただ、西クンは投球内容もオトナになった感じでした」 楽しそうに語ってくれた。 楽しい記録を、レベルの高い野球を取材したい。 トラ番たちの切なる希望です。

次の

ボーア(阪神)はドラゴンボールのアニメ漫画オタク?かめはめ波ポーズのパフォーマンスが話題!!

ボーア ホームラン

阪神のジャスティン・ボーア内野手(32)が3日、練習試合・広島戦(甲子園)で2試合連発となる中越え2ランを放った。 チーム活動停止前は長打0本だった新助っ人が本領を発揮し始めた。 ボーアの特大エンジンがいよいよ高速回転を始めた。 フルカウントから一岡のフォークを振り抜いた打球は、無観客の甲子園に乾いた快音を残し、バックスクリーン左の外野席にドカンと衝突した。 「真っすぐじゃなくて抜いた球だったけど、うまく対応できてセンター方向にいい打球が打てました。 どこに飛んだというよりは、しっかりボールを強く打ったということが何よりも大事」 待望の実戦第1号が飛び出した前日は、ベンチで無視される「サイレント・トリートメント」を受けたが、この日はあの大人気マンガ「ドラゴンボール」でおなじみの「カメハメ波ポーズ」を決めて喜びを分かち合った。 詰まりながら右翼席に運んだのが前日なら、今回の一発はしっかり打球をミートして左打者にとっては反対方向へ運んだ推定130メートル弾。 「自分の中で調子がいい時というのは、グラウンドを広く使えているというか、逆方向、センター方向にも強い打球が打てている時なので」と笑顔で振り返った。 2回先頭の第1打席では右翼フェンス直撃の右前打。 弾丸ライナーが速すぎて長打にならなかったが、春先の実戦では見られなかった強烈な打球が増えているのは確かだ。 前日の先制2ランに続き、2戦連続の決勝弾となり、主砲の役割もきっちり果たしている。 矢野監督は「ホームランというのはムードが変わりますし、その前のヒットもね。 ライトオーバーでボーアらしい打球、スイングが多くなってきているので。 追い込まれてからのセンターの本塁打というのは価値がある。 相手からすると嫌な本塁打だったと思う」と賛辞を並べた。 活動休止期間をはさみ、ワイルドなヒゲを蓄え始めた。 「シーズンに向けて剃るのか、伸ばすのかは、始まってから決めたい。 まだまだ取り組んでいるところ。 (完成形は)まあまあ。 見ておきましょう。 剃ってるかもしれないし、そのままかもね」とニヤリ。 バットでも風貌でも敵軍を威圧するような4番になってくれることを期待したい。 (山添 晴治).

次の