羅生門 伝え たい こと。 芥川龍之介「羅生門」簡単あらすじ・元ネタ・今昔物語集との違いは!?

黒澤明「羅生門」を分析してみてわかったこと。

羅生門 伝え たい こと

芥川龍之介「羅生門」のあらすじ 羅生門は読書感想文でも出される課題として有名で、主人公の善悪に対する考え方の変化に注目するべき作品だと言えます。 下人がたたずむ羅生門 天変地異の災害が平安京を襲っていた頃、夕暮れの羅生門には雨宿りする人が一人もいません。 それどころか羅生門は餓死者の屍が横たわる場所でした。 しかしそこに一人の下人が雨宿りに来ます。 男は数日前に主人に解雇され途方に暮れていたのです。 いっそ盗人になろうかと思うものの、その勇気が出ず迷っていました。 下人は羅生門で夜を明かそうと楼の上にハシゴであがると、そこには誰かが火を動かしています。 屍の中を蠢く謎の老婆 楼内には無数の屍が横たわっており、その中で火を持ちながら、老婆が遺体の頭から白髪を一本ずつ引き抜いているのです。 今まで屍と夜を明かさなければならない怖さがあった下人からは恐怖が消えて、老婆に対して怒りがこみ上げます。 また、下人は老婆が白髪を抜く理由が分からずにいましたが、横たわる遺体の髪を抜くなんて事は許されない事だと感じたのです。 さっきまで盗人になろうとしていた気持ちは消えていました。 老婆の話を聞く下人の変化 下人はハシゴを上がると老婆に問い詰めました。 すると老婆はかつらを作るために髪の毛を抜いている事を告げます。 「ここにいる人らは皆そうされても仕方のないようなやつらだ。 」 自分が抜いた髪の女は生前、蛇の干物を魚の干物だと嘘をついて売っていた女なのだと言いました。 しかしこの女を悪いとは思っていない、そして自分がしている事も悪いことではないと開き直ります。 夜の闇に消えていく下人 それを聞いた下人はある勇気が湧いてくるのでした。 「それならば俺が引きはぎをしようとも恨むまい。 」 自分もそうしなければ飢えてしまうのだと言って、老婆の着物を剥ぎ取ったのです。 そうして下人はハシゴを下りて夜の闇に消えていきました。 その後の下人の行方は誰も知りません。 感想 善悪が揺れ動く主人公の気持ちが、老婆との会話で変化する様子がとても興味深いと言えます。 キレイごとでは済まない現実 現代の日本では下人のような状況に立たされることはありませんが、何かがきっかけで気持ちが吹っ切れたりという状況は、誰もが経験しているでしょう。 そしてそんな経験の中には、キレイごとで済まされないことも存在します。 羅生門は人間の生きるための悪というものを描いた作品となっています。 様々な状況の中で、その人にとって何が善で何が悪なのかは、見る角度によって変わるのだということでしょう。 映画のリメイク ちなみに映画の羅生門は、1997年「MISTY」というタイトルでリメイクされています。 出演は豊川悦司さん、天海祐希さん、金城武さんと豪華ですが、あまり話題になっていません。 ただ天海祐希さんがとてもセクシーな役を演じられているので、天海さんファンは必見ですね(笑)。

次の

羅生門/芥川龍之介【あらすじ・簡単な要約・読書感想文・解説】

羅生門 伝え たい こと

スポンサーリンク 現行版と初稿の比較 では実際にどのような違いがあったんでしょうか。 『羅生門』末尾の一文、実は2度改稿(原稿を書き直すこと)をしています。 まず、 現在の『羅生門』は第3稿であり、結びは次の形になります。 下人の行方は、誰も知らない。 出典:第三短編集『鼻』(1918年7月) 長い間、『羅生門』を読んでいなくても、「あぁ~たしかにそんな感じだったなぁ」と思えるような一文ですよね。 この前の 第2稿バージョンがこちら。 下人は、既に、雨を冒して、京都の町へ、強盗を働きに急いでゐた。 出典:第一短編集『羅生門』(1917年5月) なんだか全然違う形ですよね? そして芥川龍之介が書いた 一番初めの形がこちら。 下人は、既に、雨を冒して、京都の町へ、強盗を働きに急ぎつゝあつた。 出典:初出『帝国文学』(1915年11月) 二つ目のものと微妙に違いますね。 この3回の改稿を時系列順に並べるとこうなります。 第三短編集『鼻』1918年7月 変化がみられるのは「強盗を働きに急ぎつつあった」「強盗を働きに急いでゐた」「行方は誰も知らない」という部分です。 初稿と2稿目では「急ぎつつある」のか「急いでいた」かの表現的な問題であり、あまり大きく変化していません。 下人は強盗を働くために急いだことに変わりはありません。 ポイントは第3稿が「行方は知らない」となっていることです。 前2つに比べて、現在の形は下人は強盗を働いているかわからない状態であるといえます。 下人の行動が中途半端な形で放り出されたような印象ですよね。 結論:下人の行動が読者に委ねられた 以上をまとめると、 物語後の下人の行動が読者の想像に委ねられることになります。 これまで必要に応じて語り手が説明していましたが、最後はその役目を果たしていません。 しかも「だれも」知らないという言葉も使われています。 作者自身も知らないという印象を受ける人もいるかもしれませんね。 さらに初稿や第2稿では、物語後の下人は 「強盗になった」という結論に固定されます。 しかし現在の形では 下人が強盗を続けていないことも想像できます。 心優しい読者の中には 下人は人を傷つけたから後悔しているとか… さらには 強盗したけど、老婆と同じように誰かにものを盗まれたという因果応報的な想像をする人もいるかもしれません。

次の

羅生門/芥川龍之介【あらすじ・簡単な要約・読書感想文・解説】

羅生門 伝え たい こと

承前 「羅生門」がどんな小説なのか、何を言っている小説なのかがわからないと感ずる最大のポイントは、物語の最後で下人がなぜ老婆の着物を剥ぎ取ったかがわからないという点である。 この「わからない」は、下人がそんなことをした心理がわからないということでもあるが、同時に、作者が下人にそれをさせることによって、何を言いたいのかがわからない、ということでもある。 といって、常に登場人物の特定の行為の必然性こそ物語の「主題」だというわけではない。 事件ではなく、淡々とした日常の描写こそを目的とした小説はあるだろうし、物語を流れる時間や空間の感触を描出することが目的の小説もあろう。 あるいは行為における必然性の欠如こそが「実存」であるなどと言いたい小説もあるかもしれない。 だが「羅生門」がそうした小説だとは思えない。 下人が「きっと、そうか」と言って老婆の着物を剥ぎ取るには、何か納得できる必然性がありそうである。 冒頭に、行為に対する迷いが提示され、結末で行為の実行があるという構成は、そこに必然性を見出さないまま読み終えることはできない力を読者にもたらしている。 にもかかわらず、その「必然性」がわからない。 それに比べてこの小説のもとになっている『今昔物語』の一編「城門登上層見死人盗人語」には、そのような感触はない。 老婆の着物を剥ぎ取る男は最初から「盗人」と形容されているし、行為に対する迷いもない。 彼は当然のように行為する。 だからそもそもそこに「主題」の感触を見出すこともできない。 となると、なぜそんな話を伝えたいのか(それが「主題」だ)がわからない、ということになるのだが、「城門登上層見死人盗人語」の主題は、盗人の行為にあるのではなく、羅城門の上層には死体がいっぱいあった、という事実そのものを読者に伝えることなのである。 一方の「羅生門」では、明らかに下人の行為の意味にこそ主題を読み取るべきなのだろうと思われる。 問題は、この、「行為の必然性」と「主題」の論理的な連続である。 なぜ剥ぎ取ったかを納得することは、すなわちこの小説をどのような小説として読むかということである。 それが筆者にはわからない。 もちろん、引剥という行為の必然性は、序盤に置かれた「飢え死にをするか盗人になるか」という問題に決着をつけたということだと理解することはできる。 そして迷いを抜けて行為することができたのは、老婆の論理を得たからだ。 そしてここから導かれる主題は、「極限状況における悪の肯定」「悪を選ぶエゴイズム」「悪を選ばざるをえない人間の弱さ」「人間存在そのものの悪」…などということになろうか。 伝統的な「羅生門」の主題である。 だがそれがどうしたというのか。 そのように読む「羅生門」は何か面白い小説なのか。 そういう小説を読むという体験は、何か国語学習に資するところがあるのか。 別にそうした主題が不道徳的だとか倫理に反するなどと言うつもりはない。 倫理に反することが描かれることが読者に感銘を与えることはあるだろう。 あるいは教室で道徳に反する小説を扱ってはならないとも思わない。 読解の過程でそのような主題が抽出されるなら、それも文学の可能性として教室で享受してもいい。 だが、単にそうした読み方で「羅生門」が作品としてあるいは教材として価値あるものとは思えないのである。 そのように「行為の必然性」を措定して、そこから導かれる「主題」をそのように措定し、さてそれが面白い小説だとは思えない。 面白さのわからない小説の「主題」が信じられない。 そんな小説をどうして書きたいのか、納得できないからだ。 となると結局、教材としての価値もわからない。 さらに、わからないという前にまず、そのようには読めない。 それは、右の論が前提する「極限状況」が、そもそもこの小説には描かれてはいないからである。 110•

次の