アッセンブル インサート。 商品の特長

必須知識/映像編集・TBC/カラーバーについて

アッセンブル インサート

50Mbps、フルHDの高画質・高音質 圧縮方式にMPEG HD422(MPEG-2 422P HL準拠)を採用。 4:2:2サンプリング、記録ビットレート50Mbpsによる高精細・高解像度のHD制作が幅広いシーンで行えます。 また、音声フォーマットはリニアPCM方式を採用しており、8chのオーディオ記録(*1)が可能、 HD5. 1chコンテンツ制作にも対応できます。 その他にもMPEG HD(35/25/18(*2)Mbps)、MPEG IMX(50/40/30Mbps)、DVCAM(25Mbps)の記録・再生に標準で対応し、従来のHD4:2:0やSDの記録・再生にも対応し、高い互換性を発揮します。 *1 レコーダーで記録した場合に限ります。 カムコーダーでは4ch記録のみに対応しています *2 18Mbpsは再生のみ対応します PDW-HD1500の機能を継承 XDCAM HD422レコーダーPDW-HD1500の主な機能を継承しています。 ・3電源対応、小型で軽量なハーフラックサイズ ・大型4. 3型カラーLCDモニターと内蔵スピーカー搭載。 RS-422端子(リモート9ピン)やLAN端子、i. LINKなど多彩なインターフェースを搭載.

次の

必須知識/映像編集・TBC/カラーバーについて

アッセンブル インサート

概要 [編集 ] 隔月刊誌『』(みのり書房)にに連載された。 にはと関連が発売されている。 『』はあくまでも「」原作のアニメ企画の漫画化であり、『』は原作の後日談のオリジナルストーリーであるように、ゆうきは自分の漫画がそのままアニメ化されるのは断ってきたが、という主人公の南風まろんにぴったりのが見つかったことから、本作はほぼ原作どおりアニメ化された。 同じゆうき作品、かつ作品ということもあり、後編ではによる台詞付で『究極超人あ〜る』のR・田中一郎や『機動警察パトレイバー』の泉野明が登場、挿入歌にも『究極超人あ〜る』の曲が使用されている。 もともと原作が色が強いため、OVAもその影響が強く「横漏れ」からので「横モレ良造」と言いながらアコーディオンを弾くというがあるが、OVAではそのシーンで流れるアコーディオンの伴奏音楽を本人が担当している。 劇中のCMでは、笠原弘子とが実際に登場している。 略年表 [編集 ]• 、アニパロコミックス(みのり書房)に連載(全3話)。 に「ゆうきまさみ作品集~」(別冊 OUTコミックス(みのり書房))として単行本化。 10月10日 スペシャルビデオ「アッセンブル・インサート THE BEGINNING」発売• 12月21日 OVA前編発売(ビデオとLDでの発売元は株式会社、販売元はワーナー・パイオニア株式会社である。 2月25日 OVA後編発売(ビデオとLDでの発売元は株式会社東北新社、販売元はワーナー・パイオニア株式会社である。 前後編をセットにしたOVA文庫版発売• DVD発売(全1巻)• 「ゆうきまさみ初期作品集1アッセンブル・インサート」()として再版 ストーリー [編集 ] 近未来の東京、で武装した謎の強盗団デモンシードの被害に対し、警察は対デモンシード特殊工作課(通称:特工課)を組織した。 しかし、被害の甚大さは変わらず、特工課も存続の危機に直面する。 服部課長が起死回生としてぶちまけた計画は、デモンシードと戦うヒーローを一般公募するものであった。 選ばれたのは14歳の少女、南風まろんである。 こうして、南風まろんは、正義のヒーローとして、またスーパーアイドルとしてデビューするのであった。 登場人物 [編集 ] 南風まろん(なみかぜ まろん) - 出身の14歳。 華奢な体だが、とてつもないの持ち主。 そのためか食事の回数も多い。 緊張するとトイレが近くなる。 (本人が怪力なため、正確には身を守るバリアスーツ)で身を固め、正義のヒロインとしてデモンシードと戦うことに。 出門兇三郎(でもん きょうざぶろう) 声 - 主義は「悪のためなら正々堂々」。 デモンシードを率いる。 奪った金品はすぐに使ってしまうせいか、南風まろんに敗北した前と後では生活ぶりが変わっている。 服部課長 声 - 警視庁特殊工作課課長。 酔った勢いで作った企画書が通ってしまい、デモンシードと戦うヒーローを一般公募する羽目になる(その際、人間不信に陥っている)。 南風まろんを正義のヒロインとして、また、トップアイドルとして育て上げる。 この人物のモデルは当時ゆうきまさみの担当編集者であり、『究極超人あ〜る』をはじめ他のゆうきまさみ作品にも同様の造形で登場している。 下河辺良平(しもこうべ りょうへい) 声 - 出門の対極に位置し、「正義のためならどんな汚いことでもする」が主義。 南風まろんにパワードスーツを与えた科学者。 しかし、デモンシードが壊滅状態になり、南風まろんがアイドル業が中心となるのを良しとせず、デモンシードにパワードスーツ(選ばれたのがまろんだったため、ボツにしたプロトタイプのキット)を送ってしまう。 園場かぎり 声 - トップアイドルで新人賞候補。 南風まろんとはライバル。 部下壱 声 - 特殊工作課メンバー。 モデルは。 部下弐 声 - 特殊工作課メンバー。 モデルは。 部下参:川掘 声 - 特殊工作課メンバー。 モデルは。 部下四 声 - 前編:/後編:なし 特殊工作課メンバー。 モデルは米田裕。 R・田中一郎 声 - 塩沢兼人 『究極超人あ〜る』からのゲスト出演。 泉野 明 声 - なし 『機動警察パトレイバー』から。 いずみ のあではなく、 いずみの あきという名のアイドルとして登場。 究極戦隊コウガマン OVA劇中アニメ。 声無し。 コウガブラック - R・田中一郎 コウガレッド - 曲垣剛 コウガブルー - 大戸島さんご コウガイエロー - 兵頭信 コウガピンク - 西園寺えりか OVA [編集 ] スタッフ [編集 ]• 企画 - スタジオこあ、• 監督 -• 脚本 -• キャラクターデザイン -• メカニックデザイン - 、森川定美• デザイン協力 -• 作画監督 - 杉山東夜美• 美術監督 - 菱山徹• 撮影監督 - 金井弘• 音楽 - 、• 音響監督 -• プロデューサー - 、秋本東夜美• 制作協力 -• 制作 - スタジオこあ• 「アッセンブル・インサート」(1989年9月25日発売) 主題歌シングル• 「アッセンブル・インサート イメージ・サウンドトラック」(1989年10月25日発売)• 「アッセンブル・コンサート」(1990年3月25日発売) 南風まろんのファーストコンサートのライブ録音として企画された物。 なお、このアルバムで聞こえるファンの歓声は、当時の「」会員の中から公募され、抽選でレコーディングに招待されたファンの声である。 イメージカプセル会員予約特典は、特製南風まろんコンサート告知ポスター。 初回分に封入された応募券を送ると、抽選で2,000名に「アッセンブル・コンサート」のコンサートプログラムがプレゼントされた。 イベント [編集 ]• まろんちゃんおひろめコンサート• 1989年11月 東京• 1989年11月 大阪 OVA発売を記念したイベント。 OVA前編の先行上映・まろんちゃん(笠原弘子)の歌とトーク・クイズとプレゼント大会で構成されていた。 司会はとまとあき。

次の

必須知識/映像編集・TBC/カラーバーについて

アッセンブル インサート

ちょっと気になって眠れなくなったので質問させて下さい。 アッセンブル編集の、アッセンブル(assemble)の意味をたまたま調べてみた所、 1 〈人物を〉(ある目的のために)集める. 2[III名 詞(副 詞)]〈物(の部分)を〉(総合して)まとめる;〈機器を〉(部品から)組み立てる;〈部品を〉組み合わせて(…を)作る⦅into... となってて、アッセンブルの言葉自体に「編集」という意味が含まれているように思えるのですが、そうすると、assemble editingで、意味が重複してしまう気がしまうのです。 下の解説のどの部分が、assembleにあたる説明になるのでしょう? よろしくお願いいたします。 参考 アッセンブル編集 【assemble editing】 プログラムの必要部分(映像と音声)を受けテープに順次記録していく編集方法。 映像、音声とCTL(コントロール)信号が、前のカットに引き続いて記録されるため、テープの先頭の部分には、基準となるCTL信号をあらかじめ記録しておく必要がある。 コメントありがとうございます。 わかりにくくてすみません。 もともとの発端は、国会の英訳がa national assemblyだったので、「あれ、このassemblyって、アッセンブル編集のアッセンブル?」という所からスタートしている疑問なんです。 うーん、わかりにくいですね。。。 「アッセンブル編集」の意味は、順番につないでいく方式、ということで理解していたので、アッセンブル assemble の訳が、「順番」なのかな、と想像して、調べてみた所、「編集」とほとんど同じ意味のように、自分には思えたので、「あれれ? これじゃ和訳すると、編集編集になるじゃん」と、疑問に思ってしまったわけです。 和製英語かとも思ったけど、assemble editingで、単語にもなってるみたいなので、どういうことなのかなと。 単に言葉の訳に関する疑問で、単に私の英語力の欠如からくる疑問でして、英語に詳しい方や編集用語に詳しい方に教えてもらえないかと思ったわけです。 でも、物を「組み立て」るには、順番も重要だから、「組み立て」自体に「順番」の意味も含まれているような気がしてきました! 「順次組み立て編集」でよさそうな感じですね。 ちなみに、機械などではある部分の機能を持ったパーツの集まりをまとめて「アッセンブリー」ということがよくありますね。 コンパクトデジカメなんかだと、修理の際にレンズ〜モーター部分丸ごと交換して「レンズアッセンブリー交換」みたいな。 これって「ユニット(レンズユニット、etc. まあ、荒川=Ara Riverではなく"Arakawa River"と標識に書いてあったりと、訳には厳密さよりも馴染みやすさみたいなものが採用されることもありますし、日本語の馴染みとしては、インサート/アッセンブルいずれかの編集方法、といった意味で「アッセンブル編集」というのがしっくりくる、といった程度の問題でしょう。 >アッセンブル編集は、撮影カットの「ひとかたまり」。 ただのカットの集まりではなく、多くのカットの中から選別されたカットの「ひとかたまり」。 インサート編集は、既存の信号と交換していくという点で、「ひとかたまり」ではない、ということですかねー。 いや、私の感覚ではちょっと違うニュアンスでして、仕組み上アッセンブルはテープの頭から後ろに向かってつなげていく以外にないため、かたまりというよりは時系列上、「順番に組み立てていく」感じで、インサートは既につなげてある箇所の間でも別のカットで差し替えられるのでそのまんま「挿入」といった感じでしょうか。 とはいえ、編集所では通常一度シンクを引いて、モード的にはインサートで画のない部分に選別したカットを頭からつないでいきますし、アッセンブルでだって一度一通りつないでしまえば連続した信号が引かれますから、必要に応じてインサートも使う(使える)でしょう。 つまり、そんなに深い話ではなく、単純に「事前にシンクを引いておく必要があるかないか」「既に引かれている信号をフレーム精度で置き換えられるかどうか」という、機器の性能/機能的な分け方くらいでいいんじゃないでしょうかね。

次の