離婚 好きな人。 チャンス?好きな人が離婚した...!離婚直後の男性心理から上手なアピール方法を探る

お見合い結婚した主人を好きになれない

離婚 好きな人

関連画像 「好きな人ができたから別れてほしい」。 夫に突然このように告げられたという女性が、弁護士ドットコムに相談を寄せている。 夫は相談者に「きみ(相談者)にはいっさい悪いところはないが、守りたいと思う人ができてしまった。 別れてほしい」と話したという。 しかし、相談者は納得できず、夫と離婚する気はないようだ。 離婚問題などに詳しい加藤泰弁護士は「それはないと思います」と語る。 「離婚には大きく分けて協議離婚、調停離婚、裁判離婚があります。 それぞれ、以下のような離婚方法となります。 『協議離婚』:2人で離婚届を作成して役所に提出する離婚方法 『調停離婚』:家庭裁判所の調停手続きの中で離婚について二人で合意して成立する離婚方法 『裁判離婚』:家庭裁判所の裁判官が当事者双方の言い分などを聞いたうえで離婚することを決める離婚方法 協議離婚と調停離婚は、離婚することについて、かならず双方の同意が必要な離婚方法になります。 つまり『好きな人ができた』と告げられた相談者が離婚に応じなければ、離婚は成立しません。 他方で、裁判離婚は裁判官の裁量で離婚するかどうかが決められます。 しかし、夫婦の一方が『好きな人ができた』ことを理由にして離婚裁判を起こしたとしても、裁判官が離婚を決定する判断を行うことはまず考えられません。 「このような事情が加わり、夫婦としての実態が失われ、婚姻関係が完全に破綻するに至れば、裁判官も離婚を認める可能性が出てきます。 そのような2人を法的に夫婦として結びつけることに意味がないからです。 しかし、不貞行為をおこなって、婚姻関係破綻のきっかけを作った側からの離婚請求は原則として認めないという裁判所の判例もあります。 浮気をされたうえに、意に反して離婚させられてしまったとしたらあまりにも不憫です。 そのため、裁判所もそのような都合のよい離婚請求は認めないのです。 しかし、加藤弁護士によれば「このような約束を結ぶこと自体を法的に強制することができるかといえば、少し難しいと思います」。 「不貞相手に対する慰謝料請求の裁判上の和解の場などで、そのような約束が結ばれることはしばしば見受けられます。 また、当事者間でそのような約束を文書にしていることもよくみかけます。 不貞行為から生じた紛争をおさめるために一同が必要な取り決めだと理解すれば、このような約束がまとまることは多いと思います」 加藤弁護士によると、このような約束の中には「会った場合は100万円払います」などと違約金について定められたものも見かけることがあるという。 「このようなペナルティの定めがどこまで拘束力があるのかは少し難しい問題です。 合意の成立自体が問題となったり、公序良俗に反するかどうかが問題となったりして有効と認められない可能性が出てきます。 極端な例ですが『会った場合は10億円払う』という約束があり、『約束違反があったから10億円払え』という請求を裁判所に持ち込んだとしても、裁判所はこの請求を認めないと思います。 law-yamashita.

次の

チャンス?好きな人が離婚した...!離婚直後の男性心理から上手なアピール方法を探る

離婚 好きな人

子供はできないけど、それなりに連れ添った結婚相手。 一度は生涯を誓った仲かもしれませんが、人生はなにがあるかわかりませんね。 「好きな人ができてしまって、離婚したいと考えてしまう」 「でも、これは一時の迷いかもしれないし、このまま忘れて結婚生活を続けた方が良いのでは」 「どうしても、フリーになって自由な自分を想像しちゃう…」 子供がいないなら離婚しても良いのではないか。 いやしかし、夫を裏切ることもできず、勇気が出ない。 そんな風に悩んでいませんか? わたしはそんなあなたに、 「 子なしで 好きな人ができたら、 離婚していいと思う」というお話をしていきます。 最後までしっかり読めば、 あなたのその迷いがスッキリ解決できる内容となっております。 ネットにあった客観的な意見も交えつつ、 離婚するメリット、デメリット。 これらを、頭がグチャグチャでツライあなたに代わって整理しました。 人生を台無しにする可能性を減らせますので、最後まで読むことを強く強くオススメします。 読みたい所だけ読めます• 子なしで好きな人ができたら離婚するべき|勇気がもてる7つの理由 繰り返しですが、 子なしで好きな人ができたなら、離婚してしまって良いと思います。 もちろん、長年連れ添ったご主人への情もあるでしょうし、 そうそうカンタンではない事も理解しているつもりです。 その先に幸せが待っているかもわからないし、迷う気持ちは当然のことでしょう。 しかしわたしは、 テキトーに「好きならそっちに行くべき!」なんて他人事のように言っているワケではございません。 根拠があるから言っています。 その理由7つ。 あなたにとって得るものがあるハズですから、しっかりごらんくださいね。 離婚しても誰かに迷惑はかからない|自分を責める必要はない 子供がいなければ離婚もただの別れも同じだと思います。 当たり前の話から。 子供がいないのですから、当たり前に離婚したことで迷惑がかかる人はいません。 離婚そのものもスムーズに行く可能性が高いでしょう。 中には相手の両親への世間体が気になったり、 現在のパートナーに対する裏切りへの抵抗がある方もいるかもしれませんね。 だけど、冷静に考えてみてください。 このご時世、離婚なんてそう珍しい話じゃないでしょう。 人生100年なんて言われているこのご時世、他に好きな人ができるのって、当たり前だったりします。 逆に、20代、30代で結婚して、 その後60年くらい同じ人と幸せにやっていく方が難しいんですよね。 離婚してしまえば、結局は相手の両親の目なんて気になりませんし。 「でも夫はいきなり離婚なんて言われてかわいそう。 責任とらなくちゃ…」 そんな風に思ってしまう気持ちもあるでしょう。 でもね、 「結婚に失敗した」「離婚したい」って思うのって、あなたの責任だけじゃなかったりするんです。 優しいあなたは、自分を責めて、自分だけが家庭を壊す悪魔のように考えているかもしれません。 でも、客観的に見ればそれは「よくあること」で「当たり前のこと」 離婚に至ったのはあなただけの責任でもないし、離婚して夫が不幸になっても、それは夫自身の問題です。 必要以上に自分を責める必要なんて、ないんです。 株式会社オーネットが実施した調査によると、 20~50代の離婚経験女性のおよそ85%が「離婚したことを後悔はしていない」と回答したそうです。 これ、子供のある・なしに関係のない数字ですよ? 子なしの夫婦に限って言えば、この割合はもちろんもっと少なくなります。 後悔してる人は1割もいないのではないでしょうか。 人はネガティブな情報には敏感で、前向きな情報は見えないようにできています。 ネットでも、一見すると「離婚=後悔」という方が多いように見えたりしませんか? でも、客観的な数字を出せば、こんなものです。 もちろん、これは確率のお話。 だからといってあなたが後悔するかどうかはわかりません。 でも、この数字も また事実。 相対的に見て、圧倒的に「離婚して良かった」という方が多いのです。 好きな人というのは、 絶対に忘れることができません。 叶わなかった想いなら余計です。 「夫との生活を維持して、いつか想いが消えるかも」 そんな風に期待するあなたに言うべきではないのかもしれませんが。 やっぱり忘れられないですよ。 行くところまで行かないと。 どこどこまでも、「あの時ああしていれば」という想いが追いかけてきて、 今後は、その気持ちと向き合いながら、夫との生活を守っていくことになるでしょう。 もちろん、いつか夫の事を大切に思えて、 「こっちの人生で良かった」って感じることもあります。 でも、心のどこかには「あの日のカレ」がいつまでもいつまでも残ります。 まるで初恋のように、まるで虫歯のように、まるで古傷のようにね。 好きな人に振り向いてもらえるチャンスが生まれる 好きな人とどうするかって、まだ離婚もしてないのにどうするもこうするもないでしょう こっちからすれば、そんな女性はただの都合の良い女。 離婚することで、はじめてカレがあなたに向き合ってくれる可能性が生まれます。 言わずもがな、 結婚したままではカレもあなたを恋愛対象として見てくれません。 もちろん、いまのままでも不倫関係として、愛してくれる事もあるでしょう。 既にそうなってしまっているかもしれませんね。 でもそれはあくまで「一時の遊び相手」として。 セフレ、キープ、都合の良い女、そんなトコロが関の山です。 それはカレが悪いんじゃありません。 本気になれない状況を作っている。 つまり あなたがそうさせているのです。 当たり前ですが、 離婚したからといって、確実にカレがあなたの将来を約束してくれるとは限らないでしょう。 吉と出るか、凶と出るか。 それはわたしにもお約束できません。 だけど、少なくとも、 離婚しないことには、 カレとまともに恋愛する土俵にすら立てないことだけは、確かです。 どっちを選んでも、未来はわからない たった1回の人生。 月並みですが、今のあなたが後悔しない選択をするだけ。 その先どうなるかなんて、実は考えても考えても答えがなかったりします。 人生は1回しかありません。 迷うくらいなら、行動するべきです。 それは自分勝手かもしれませんし、人をカンタンに裏切る愚かな行為なのかもしれません。 だけど、 あなたの人生はあなただけしか責任をとれないんです。 夫はもちろん、誰も責任なんてとってくれません。 一度しかない人生、誰よりもあなたがあなたを大切にしてください。 夫よりも、まず自分です。 自分を大事にできない人が、どうして他人を大事にできますか。 今後、あなたの好きな人よりももっと好きになれる相手、見つかりますか? 子なしで好きな人ができたら離婚のチャンスかも|人生は、一度きり• 子供がいない以上、離婚で迷惑をかける人もいないし、スムーズに離婚できる• 離婚して後悔する人は、思うよりもずっと少ない• 身軽なので、どうとでも生活していける• 好きな人を忘れることは、ない• 新しい恋をゲットできるチャンスが生まれない• 迷いに迷っても、未来はどうなるかわからない• 人生は一度きり。 いまのあなたに素直に正直に生きるべき これが、私が「子なしで好きな人がいるなら離婚するべき」という根拠。 少し精神論も混ざりましたが、統計的にも理屈的にも、離婚するデメリットってあまりないんですよね。 よくよく考えてみれば、 夫への情や世間体、この先への不安が離婚を踏みとどまらせてるだけだったりします。 案外、してみればしてみたで、なるようになる。 そう思えたら、きっと心は、すこし軽くなるのではないでしょうか。 とはいえ、それでも離婚して幸せになる人、ひとりぼっちになってしまう人と分かれるのは事実。 長くなってしまうので詳しくは別の「」でお話ししますが、 カンタンにその違いについて触れておくと、これは「自立心があるかどうか」だと言えます。 「好きな人が本気になってくれたら」 「この先、幸せにしてもらえるなら」 「子供を授けてくれるなら」 こういった他人任せの考えではやはり失敗しやすく、 再び想う人が現れれば繰り返しとなりやすいものです。 「好きな人に愛されなくても、離婚して人生をリスタートする」 そんな意識でいることができたなら、どう転んでも幸せになれるのかもしれません。 もちろん、この記事だけでいざ離婚!と踏み切れるものではないと思います。 そんなあなたの迷いを消すための記事を、以下にご用意してありますよ。 例えば、 好きな相手と両想いになっているなら別の道もあります。

次の

好きな相手ができて離婚するための準備8つ! 円満離婚を成功させる方法を紹介!

離婚 好きな人

結婚しているのに他に好きな人ができてしまう理由 「結婚しているパートナー以外を好きになる」という事態はいつ自分の身に起きても不思議ではありません。 まずは、 結婚後に誰かを好きになってしまう理由について見ていきましょう。 運命を感じたから 結婚していても、運命的な出会いは起こりえます。 「夫よりこの人に早く出会っていれば…」なんて思うこともあるかもしれません。 見た目も中身も自分のタイプそのもので、相手も自分をそのように感じてくれていたら、運命を感じてしまうでしょう。 パートナーを異性として見られなくなっていたから 結婚してある程度の期間が経つと、いい意味でも悪い意味でもパートナーと一緒にいることに慣れてきます。 その結果、夫が男磨きをしなくなったり、妻が女を捨ててしまったりして、パートナーを異性として見ることができなくなってしまうこともあるでしょう。 そんなときに、周りに魅力的な異性が現れたら惚れてしまうことがあっても不思議ではありません。 パートナーに異性として見てもらえなくなっていたから 結婚に慣れてくると、パートナーを異性として見ることができなくなってしまうことと同時に、自分がパートナーに異性として見てもらえなくなるという事態も起こります。 特に女性はパートナーから女として見てもらえなくなってしまうと、精神的な寂しさと悔しさに耐えられず、他の異性に癒しを求めてしまう傾向にありますので、パートナー以外を好きになることがよく起きます。 パートナーとセックスレスだったから 結婚相手とセックスレスだと性欲のはけ口がなくなってしまうので、家庭の外にセックスの相手を求めるしかなくなります。 そしてその結果、浮気相手を好きになってしまうというケースもあり得ます。 【関連記事】 もともと恋愛体質だから 恋愛体質の人は結婚してからもパートナー以外を好きになり、ずっと恋愛している状態というケースもあります。 「常に恋をしてドキドキしていたい」という願望がありますので、結婚してしばらく経ち、パートナーにドキドキやときめきを感じられなくなると、他の人を好きになるのです。 結婚後に好きな人ができたときの対処法 結婚しているのに好きな人ができると、厄介ですよね…。 本心のままに突き進めば浮気になってしまいますし、思いをただ秘めておくだけだとモヤモヤしてしまいます。 そんな時の対処法についてここでご紹介します。 諦める まずは、諦めるという選択肢です。 方法は人それぞれですが、• 縁切寺に行って清めてくる• 好きな人の悪いところを書き出して思いを断ち切る• 好きな人に会わないようにして忘れる努力をする など、あなたにとって一番効果がありそうな方法で諦めるようにしてみてください。 離婚を覚悟でパートナーに打ち明ける 諦めようとしてもどうしても諦められない場合は、離婚を覚悟してパートナーに打ち明けるという方法もあります。 それでも一緒に居たいと説得されるかもしれませんし、立派な浮気だからと離婚を突き付けられるかもしれません。 いずれにしても、パートナーとの今後を考えるきっかけになりますので、離婚しても後悔は無いという方は、打ち明ける選択肢も視野に入れてみましょう。 バレないように好きな人との関係を進める 好きな人は諦められないけど、離婚もしたくないという人は、バレないことを前提に好きな人との関係を進めるしかないでしょう。 ただ、好きな人との関係を進めるということは、確実に不倫の道を進むことになりますので、バレたときは離婚になるでしょうし、 慰謝料を請求される可能性も高いです。 離婚と慰謝料請求のダブルパンチに耐えられるかどうかよく吟味した上で選択してくださいね。 【関連記事】 直感を信じて離婚する 結婚しているのに好きな人ができるというのは、誰にでも起こりうることではありますが、諦められないほど好きになってしまうというのはそう頻繁に起こることでもありません。 なので、そこまで好きになってしまったのであれば、自分の直感を信じて離婚するのもアリでしょう。 好きな人を諦めて我慢しながら結婚生活を続ける方がいいのか、直感を信じて好きな人を選ぶ方がいいのか、どちらが自分にとって幸せになれる道なのか考えてから選んでくださいね。 その結果、とても幸せになった人ももちろんいます。 しかし、「パートナー以外に好きな人ができたから」という理由で離婚した場合、 あなたに降りかかる試練は甘いものではないことも覚悟しておいた方がいいでしょう。 周りに冷ややかな目で見られる 会社の同僚や知人友人はもちろん、家族親戚からも冷ややかな目で見られることになるでしょう。 やはり、結婚は周りに大々的に公表しているものであることが多いので、一般的には簡単に離婚しては良くないという考えがまだ根強く残っています。 まして、他に好きな人ができたからという理由で離婚した場合は、あなたを心底傷つけるような嫌味や悪口を言われることもあるかもしれません。 慰謝料を請求される可能性がある パートナー以外の好きな人と完全に肉体関係まで持ってしまっていたら、パートナーから慰謝料を請求される可能性は高いでしょう。 特に、夫に収入のほとんどを頼っていた女性の場合は、 離婚したら夫の収入に頼れなくなる上に慰謝料も払う必要が出てきますので、金銭的にとてもきつくなります。 そこまでの金銭的負担を抱えてまで好きな人と一緒にいたいかどうか、よく考えてから離婚を決意するといいでしょう。 愛する子供を悲しませることになる あなたに子供がいる場合、子供のメンタルも考えてあげたほうが良いでしょう。 子供からしてみれば、自分にとってたった一人の父親or母親を捨てて他の人を選んだようにしか見えないので、悲しむのは当然です。 社会的信用を失うことになる 世間的には、結婚後に好きな人を作ることも、離婚することも、良しとされていません。 結婚はある種の契約ですので、その契約を自分の勝手な都合だけで破断にした人間としてのレッテルを貼られてしまい、社会的信用を失うことにもつながります。 会社をクビになることはないでしょうが、出世は遠のいてしまうかもしれませんね。 好きな人を取るか、結婚生活を取るか迷ったときの判断基準は? 「好きな人も諦めたくない…でも離婚もしたくない…」こんなときに、好きな人を取るか、それとも結婚生活を取るかの判断はどのようにすればいいのでしょうか。 その基準は、【 夫婦生活が円満だったかどうか】です。 パートナーに対して不満ばかり持っていたり、人間として問題があると感じていたりする場合は、好きな人がいる、いないに関わらず、離婚を考えるのも時間の問題です。 離婚して好きな人を取っても後悔はほとんどないでしょう。 しかし、好きな人はできてしまったものの、結婚生活そのものはとくに問題があったわけではなく、むしろ円満だったという場合は、離婚したら必ずいつか後悔します。 好きな人ができたのは一時の気の迷いの可能性が高いので、離婚は思いとどまることをおすすめします。 結婚後にできた好きな人を諦める方法 好きな人よりもパートナーを選んで今の結婚生活を続けていくと決めた方に向けて、好きな人を諦める方法をお伝えしたいと思います。 離婚するリスクを考える もし、自分の思いのままに好きな人を選んだとしたら、パートナーにバレたときに離婚の危機が訪れることは間違いないでしょう。 離婚となったら、あなたにとって不利益なこととしてどのようなことが起こるかリスクを考えてみましょう。 金銭的に困る、社会的信用を失う、食事家事をしてもらえなくなる、など、人によって離婚のリスクは様々ですが、これらを考えることで好きな人を諦めることにつながるのではないでしょうか。 慰謝料請求されるリスクを考える 好きな人との思いを諦めずに関係を続けていくと、最終的に不倫をすることになります。 不倫は法律で慰謝料請求をする対象とされているため、パートナーから慰謝料を請求されるリスクがつきまといます。 不倫の状況にもよりますが、数10万円から場合によっては数100万円の慰謝料請求をされることもありえるのです。 そんな大金を払うほど、本当にその人のことが好きなのか、もう一度よく考えてみるといいでしょう。 数100万円の大金を払うことをリアルに想像してみれば、どんなに好きだと思っていても好きな人を諦められるかもしれませんよ。 倫理に反していると言い聞かせる 既婚者も人間なので、パートナー以外を好きになってしまうことはありますが、その思いを抑えることが理性ある人間ということもできます。 結婚しているのに好きな人を選んで突っ走ることは、倫理に反していると言いきかせて好きな人を諦める方法もあるでしょう。 同じことの繰り返しになるだけかもしれないと考える 好きな人と今のパートナーを天秤にかけ、慰謝料請求などの金銭的な問題にも立ち向かい、周りの冷たい視線にも耐え、苦労して離婚して好きな人と結ばれたとしても、また同じことを繰り返すかもしれません。 好きな人がパートナーになってしまったら、そのうちにまた飽きて他の人を好きになってしまう可能性はありませんか?同じことの繰り返しをするだけだと考えれば、好きな人への想いも断ち切れるかもしれませんよ。 まとめ 結婚していてもパートナー以外を好きになってしまうことは仕方のないことですし、簡単に諦められるものでもないでしょう。 好きな人を選ぶのか、それとも好きな人を諦めて結婚生活を守っていくのか、それを選ぶのは最終的にはあなたです。 本当に後悔なく幸せになれる道を選んでいただくために、この記事が少しでも参考になったのであれば幸いです。 離婚問題を弁護士依頼すると、事務所にもよりますが 50~100万円ほどの弁護士費用がかかります。 いざ弁護士が必要になったとき、弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。 そんなときに役立つのがです。 離婚したいけれども相手が応じず離婚できない• 養育費を払ってもらえなくなった• 不倫相手に慰謝料を請求したい 弁護士費用保険メルシーでは、このようなことが起き、 弁護士へ解決を依頼したときの費用(着手金・報酬金)が補償されます。 離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題、相続トラブル等でも利用することができます。 保険料は月額2,500円。 追加保険料0円で子供や両親も補償対象になります。 より詳しい内容について知りたい方は資料を取り寄せてみましょう。

次の