どん底 から 這い 上がっ た 人。 サイトマップ

どん底から這い上がるために・・・ : 借金900万サラリーマンどん底からの脱出

どん底 から 這い 上がっ た 人

1981年生まれ。 茨城県出身。 青山学院大学卒業。 幼少期に自営業をしていた父親が蒸発。 そのため、家が貧乏で 「お金を稼げるようになりたい」と思うようになる。 大学時代、ベンチャーブームに影響を受け、一部上場企業で営業マンとしてアルバイトに従事。 大学4年生の時に、知り合いの社長の会社の立ち上げに参画。 25歳で脱サラ・起業したが、全然稼げずホームレス生活を9ヵ月間経験する。 28歳の時にサラリーマンに転職。 情報機器販売会社にて長時間労働を強いられたが、起業の夢を諦めきれず、朝活に参加。 投資やファイナンスのリテラシーを学び、改めて世の中の仕組みやサラリーマンの縮図を知る。 そして不動産投資を知る。 サラリーマン時代より不動産投資を開始し、2014年9月、33歳の若さで サラリーマンを引退し、セミリタイアを果たす。 著書に「不動産投資&銀行借入のキモがわかる本」(セルバ出版)、 「大家さんはセミナー講師をやりなさい」(秀和システム)などがある。 <ライターからのご挨拶> 僕は毎日17時間労働の奴隷会社員から 引退し、今は毎日自由な セミリタイア生活をしています。 どうして、このような生活が できるようになったのか。 もしネットビジネスや不動産投資と 出会っていなければ僕は今この瞬間も ラットレースを走っていたと思います。 僕はブラック企業にいた会社員時代に たくさんの不幸な人たちを見てきました。 ストレスからガンになってしまった人や 過労から脳こうそくで倒れてしまった人。 僕よりもひと回り以上も年上なのに お金が全然なくて切符も買えない人。 いろいろな人たちを見てきました。 彼らの人生が なぜ何十年も変わらないのでしょうか。 それは、能力の差などではありません。 お金や投資のことをまだ知らなかった、 ただそれだけの違いなのです。 僕は彼らのような人たちの人生が少しでも よくなる手助けになりたいと ずっと思っていました。 僕のミッションは経済的に自由になりたい 人を一人でも多くサポートすることです。 その手助けができた時にその人の人生も これまで以上に良くなり 幸せになれると思っています。 【WEB】• 【facebook】• 【twitter】.

次の

どん底から這い上がり夢を引き寄せる「あかさたなの法則」私の体験

どん底 から 這い 上がっ た 人

ウィルスミス主演で映画化されたクリス・ガードナー アメリカの実業家。 2006年に公開された、ウィルスミス主演の映画『幸せのちから』のモデルとなった人物でもあります。 彼は、ホームレスという状態から株取引のトレーニングプログラムに参加し、証券会社の正社員の座を勝ち取りました。 その後は自分で会社を立ち上げ大成功を収めます。 ホームレス時代は、なんと 息子も一緒に路上で生活していたそうです。 今でしょ、でおなじみの林先生 有名塾講師。 今では東進の看板講師、タレントとして大活躍の林先生ですがここまで来るのに紆余曲折はあったようです。 東大をを卒業後、日本長期信用銀行に入行しますが入行してから『あ、この銀行は長く保たない』と判断し半年で辞めてしまいます。 当時、自分なりにシミュレーションをしてみて下した判断だそうです。 後に、この日本信用長期銀行は予想通り破綻。 その後、 何度か起業するもことごとく失敗し借金を背負います。 その後に友人の紹介で塾講師のアルバイトを始めますが、ここから林先生の快進撃が始まります。 分かりやすい授業が評判となり、大手の東進ハイスクールの看板講師にまでのし上がりました。 その後のご活躍は皆さんもご存知だと思います。 一流大学を卒業後、エリート街道まっしぐらかと思いきや起業で失敗していた時期があったのは驚きでした。 ウォルト・ディズニー ディズニーランドでおなじみの ウォルト・ディズニー。 彼の名前を知らない人はあまりいないと思いますが、彼の成功への道も容易なものではなかったようです。 当時、新聞社で漫画を描く仕事に就いていたディズニーは契約更新の際に 『想像力がなく、発想が面白くない』との理由で解雇されます。 その後、カンザスフィルム社にアニメーターとして雇われ、仕事の合間にアニメーションを制作しこれが彼の最初の成功となります。 当時、彼が携わっていた仕事はアニメーションではなく、漫画でした。 しかし、彼は漫画を動画で表現するコンテンツに魅力を感じ、アニメーション制作会社を立ち上げます。 しかし、この会社も後に倒産 その後、映画の本場ハリウッドに拠点を移し再起を誓います。 その後の成功は皆さんの知る所と思います。 OKwave社長、兼元謙任 かねもとかねとう 氏 株式会社Okwave代表取締役。 ネットサーフィンしている時に、OKwaveというワードを見たことがある人は多いと思います。 簡単に言うと、ユーザーが投稿した質問に対して回答するというコミュニティーサービス。 ちなみにヤフー知恵袋はOKwaveの後発サービスです。 友人とデザイン会社を立ち上げようとするも友人に裏切られ、失敗。 その後、妻から離縁状を渡され離婚。 失意のどん底からホームレス生活をスタートさせます。 なんとホームレス生活をスタートさせたのは 30歳の頃。 なんというか・・・すごいですね。 ホームレス生活中は公衆トイレからパソコンの電源を取得し、仕事に没頭したそうで・・毎月の生活費は1万円と決め、お風呂に入るかご飯を食べるか1日おきに繰り返す生活を送ります。 コンビニ店員に頼み込んで、廃棄処分の弁当を分けてもらったりもしていたそうです。 ホームレス生活中に稼いだお金は全て元妻に送金し、2年間のホームレス生活を経て起業。 その後は従業員数155名を抱える企業に成長します。 OKwave社長のどん底から這い上がった逸話はコチラの記事でも紹介しています。 まとめ いかがでしたでしょうか。 仕事を失敗して落ち込むことは人間誰しもよくあると思います。 しかし、 ミスをくよくよ気にしても何も始まりません。 上記で紹介した成功者のどん底と現在の成功を見ると、自分の悩みがちっぽけな物だったんだと感じると思います。 ぜひ参考にしてみて下さい。

次の

モラハラDV旦那から逃げてきて…その後の生活と旦那からの誕生日祝いのメッセージ。

どん底 から 這い 上がっ た 人

旦那からのモラハラとDVの被害者だと気づき、夫婦共依存から抜け出し自立を目指す記録として、そして同じように悩み苦しんでる人の参考になればと思いブログを綴っています。 モラハラDV旦那から逃げてきて1か月が過ぎ、実家でお世話になりながら無事仕事も決まり、先週からパートですが、働き始めました! DV旦那から逃げてきて、まだ1か月ですが、この生活ができているのはたくさんの人達に支えられ、助けられ、励まされ、協力してくれたおかげです。 たくさん不安がありました。 誰もわかってくれないと落ち込む時もありました。 心から感謝する事を知りました。 でも、その感謝を忘れる時もありました。 孤独、虚しさに襲われる時もありました。 そして私は決して1人では無いんだと言う事にも気づきました。 モラハラDV旦那から逃げ出して、その後の生活はどんな風に過ごしているんだろう…と不安なあなたに私の経験がお役に立つことが出来れば幸いです。 その後の生活…気分の浮き沈みが激しく、心ここにあらず状態。 なかなかブログを更新できずにいました。 ネガティブと言う名の怪獣にとことん襲われていました。 ネガティブな考え方しかできない時は、無理に気持ちを切り替えず、自分が一番心地よい状態になれるまで受け入れるのが大事ですね。 多分、ここ数週間、 人生のどん底に落ちてる最中だったんだと思います。 実家でのストレス。 大阪での環境(友人)のストレス。 子供の事。 旦那の元に居た時に出来ていた言い訳が、出来ない。 自分の責任と覚悟で生きていくと決めた以上言い訳の出来ないこの環境がストレスになってしまい、結構落ち込んでいました。 本当にこれで良かったのか? そんな事は絶対に思わないように自分に言い聞かせていますが、どうしようもない孤独感に襲われていました。 そんな中、数日前は私の誕生日で、家族で誕生日祝いをしてくれました。 その日の私はある出来事があったからテンション上がっていました。 誕生日の数日前まで、誰も私の気持ちはわからない。 なんだかとても寂しい。 虚しい。 無力感があって、心から笑えない。 心ここにあらず…そんな状態でした。 誕生日に旦那から連絡が… 何人か友人がお祝いメッセージをくれました。 でも、満たされない寂しさ。 旦那から連絡が来るかもしれないとずっと期待してたんですよね。 そして仕事から帰ってきて旦那からの連絡にビックリしました。 「返信はしないで下さい! お誕生日おめでとう 迷惑で自己満足なのは承知だけれど伝えたかったので。 申し訳ない。 あんちょは優しいから、完全に拒絶していても やっぱり心配しているんではないかと思う。 あんちょは優しいから。 俺の事は心配いらないで! 大丈夫です。 ちゃんとご飯も食べてるし 眠れてる。 家の片付けも進んでいます。 メンタルクリニックに行ったけど、病気ではなかった ようで、NPO法人のDV加害者公正プログラムなるもの に参加する事になりました。 あと、最近弁護士から手紙が届きました。 あまりよく理解できなかったのですが、 振込先が記載してあったので、近々お金を振り込みます。 他言無用です。 返信も必ず、必要ありません。 ありがとう。 おめでとう。 そしてごめんなさい。 子供たちの事、よろしくお願い致します。 」 私も自立への記録としてブログを書いてるので、ここに旦那からの全文を残しておきます。 正直、正直素直に嬉しかったです。 子供たちがいてくれて、家族がお誕生日にケーキとプレゼントを用意してくれていて、もちろんうれしかったけど、それよりも旦那からの連絡が嬉しかった。 辛い事は時間が解決してくれるのはわかってるけど、早く時が過ぎて欲しいって焦ってます。 今まで旦那が満たしてくれた私としての部分があって、それに対する孤独感でした。 それは、子供でも家族でも友人でも満たされるものではなく、きっとその部分が怖くて不安でなかなか前に進めない物でもあるのだと思います。 そして絶えきれずに後悔する人も出てくるのだと思うんです。 人生のどん底にたどり着いたから。 やっと、底にたどり着きました。 底とは言え、地に足が付いた状態です。 今までは地に足も付かず落ちている最中だったから、これでようやく力を入れる事が出来ます。 地面がないと踏ん張れないですもん。 ここ数日気持ちを切り替えようと、常に前向きな考えでいるにはどうしたら良いのかと考えてました。 落ち込む気持ちはずっと続くものではなく必ず過ぎていくものです。 人生のどん底にいる事に気付けただけでもすごい事だと思いませんか? だって後はそこから這いあげるだけですよ!! 人間だから気持ちが落ちたり上がったりする事は当たり前なんだと、そんな自分を受け入れて、そんな自分が嫌なら変わる努力をすれば良いんです! 今そんな風に思えないと思うなら、そのままでいいんです。 ちなみに、「人生のどん底 名言」でネット検索するとたくさん良い言葉が見つかりますよ。 私は自己啓発好きなので、色んな人の名言を見るのが好きなんです。 少しでも心に刺さるものがあれば、今のあなたに必要な言葉達なんです。 そして、心揺らぐ時もあります。 でも、何の為に今ここにいるのか… その事だけはブレずに、どんなに辛くて悲しくて心揺れ動いても、絶対に関わってはいけない。 それだけは絶対に、忘れないで欲しいですし負けないで欲しいです。 これから先、旦那の謝罪がどんなにあろうと、負けないで。 まだまだ大変ですが、頑張りましょうね!! こんにちは! このブログを運営しております 「あんちょ」と申します。 ブログを通して自分自身と向き合いながら、旦那のDVとモラハラの被害者だと気づきました。 知らぬ間に共依存関係に陥り、子供の為にもこれからの人生の為にも旦那への依存を断ち切りたい。 共依存から抜け出したい! そんな私の自立への道を綴っています。 DVの被害者、共依存だと認識するまでのブログ記事から、自分が被害者だと気づき、そこから抜け出したい! と気づき、旦那との離婚を覚悟し自立への道を進んでいるブログはなかなか無いと思います。 被害者だと気づく前の記事も残しています。 DV被害者だと気づく前は、食品添加物などについての記事を書いていました。 今とは全然違う印象の記事になっていますが、DV被害者だと気付く前の過去の自分も「私の一部」として残したいので、過去の記事も残しています。 そして、DV被害に悩み苦しみ、辛い想いをしている人が少しでも救われますように…。 人気記事• 最近の投稿• 最近のコメント• に さち より• に より• に みー より• に ゆーこ より アーカイブ• カテゴリー• メニュー•

次の