赤ちゃん スタイ 手作り。 スタイの作り方は?初心者でも簡単に手作りできる方法が知りたい!

オシャレで可愛い赤ちゃん用スタイ、出産準備に手作りしちゃおう!

赤ちゃん スタイ 手作り

生まれてくる赤ちゃんのために、手作りでグッズを用意してあげたいと考えているママも多いのではないでしょうか。 赤ちゃんが使うグッズのなかでも、よだれかけとして使えるスタイは、挑戦しやすいのでおすすめですよ。 そこで今回はスタイの作り方を紹介します。 スタイにはどんな形があるの? スタイは「この形であるべき」という決まりがないので、丸いものや動物をモチーフにしたものなど、種類は様々。 そこで今回は、代表的な形とそれぞれの特徴を紹介します。 エプロン型 今回作り方の一例として紹介しているのがこちらの形。 赤ちゃんが汚しがちな胸元をまんべんなくカバーできますよ。 バンダナ型 バンダナ型のスタイは三角形。 首に巻き付けるとあごの下に生地が寄ってたわみができ、よだれをきちんと受け止められるのが特徴です。 丸型 首回りを一周ぐるりと囲むのがこちらの丸型。 赤ちゃんがどの方向を向いても吐きこぼしやよだれをキャッチできます。 スタイを手作りする前に!ミシンにちょっとした工夫を ポイント 音がしない、開閉がうまくいかない場合はヘッドの先端がちゃんとつぶれていない場合があるので、再度ハンディプレスをする スタイを手作り!材料選びのポイントは? 生地 赤ちゃんの肌は大人よりデリケート。 柄や色などは作りたいイメージに合わせて選んでOKですが、肌への負担を考えて触り心地やよだれの吸収力などは気を付けて選びましょう。 留め具 スタイの留め具は、基本的に面ファスナーかスナップボタンの2種類です。 面ファスナーの取り付けは簡単ですが、洗濯を繰り返すと服の繊維が面ファスナーにくっつき、接着力が弱まるというデメリットもあります。 その点スナップボタンは、取り付けには多少手間がかかりますが、洗濯しても留める力が弱まることはありません。 慣れれば取り付けも簡単なので、長く使いたい場合はスナップボタンがおすすめですよ。 装飾 赤ちゃんの肌はとってもデリケート。 飾りなどをつけるときは首回りを避け、赤ちゃんの肌に直接当たらないように工夫しましょう。 スタイを作るときに使った生地は? スタイは使用頻度が高いので、洗濯するほどに柔らかくなるダブルガーゼをベースに選びました。 こちらは北欧風の総柄デザインで、飾りをつけなくてもおしゃれに可愛く仕上がりますよ。

次の

【はじめてのおばあちゃんベビーグッズを作る】ベビースタイ 頂き物タオルを活用 月居良子さん手作りの赤ちゃん服から型紙 【初心者でもかんたん】

赤ちゃん スタイ 手作り

スタイを作るだけでミシンが上手になる? 今回私が実際にどうやってスタイを作っているか、その作り方を写真付きで説明していきます。 その作り方やコツを一緒に作ることで、沢山の技術が身につきます。 そして1つ2つ・・と出来たら10個くらいまで繰り返し作ってみて下さい。 急がずに、慌てずに、ゆっくりと。 スタイを使う赤ちゃんの為に、心を込めて丁寧に作ります。 いくつも作ることで、好みの厚みや縫いやすい素材もわかってきますし、型紙通りに同じ大きさのスタイを作れるようになると思います。 布を重ねてカーブを綺麗に縫う、綺麗に表に返し、アイロンする、仕上げのステッチをする・・・スタイにはミシン初心者さんが上達できる沢山のポイントがぎっしりとつまっています。 同じ大きさのスタイが作れるようになった頃、きっと驚く程ミシンが上達しているはずです。 型紙の準備 さて、上のPDFをダウンロードして100%の大きさでプリントアウトが出来たでしょうか。 パターンの中央に5センチの四角がありますので、サイズスケールとして確認できます。 まず透明(半透明でもOK)のA4のクリアファイルを用意します。 プリントアウトした紙の上にクリアファイルを置き、油性マジックでスタイのラインを写します。 この時中心線や横のライン、タグの四角や返し口の印なども全て写します。 数字などのメモも一緒に写しておくとさらに便利です。 次にクリアファイルを写したスタイのラインでカットします。 これで型紙が完成です。 ニット生地を使用するときにはズレて形が変わりやすいので布帛と重ねるのがポイントです。 その次の内布は布帛でもニットでもハギレで大丈夫です。 一番下の布はWガーゼやトリプルガーゼなどベビーに最適な素材を選びます。 4枚重ねにすると吸収性も抜群ですが、使用する生地によって3枚で十分な場合もあります。 また私のおすすめの組み合わせの4枚でなくても、手持ちのハギレで沢山作ってみることをおすすめします。 スタイを使わない方も、ご近所さんや友人に赤ちゃんが産まれたときには、出産祝いのプレゼントにとても喜ばれると思います。 中途半端に残っているハギレ処理にもなりますので、是非この無料パターンをご活用頂けますように。

次の

オシャレで可愛い赤ちゃん用スタイ、出産準備に手作りしちゃおう!

赤ちゃん スタイ 手作り

手作りスタイの自作に使える100均の材料2つ目は、タオルです。 100均のタオルはサイズはもちろん素材も豊富で、ふわふわのマイクロファイバーなどたった税込108円(定価)で揃います。 無地はもちろん柄物もあるので、選びがいもありますね。 肌触りが初めから柔らかいので、敏感肌の赤ちゃんでも安心です。 お食事で汚れて口を拭くときも、タオルなら柔らかいので皮膚を傷つける心配がありません。 ふんわりとした肉厚なタオルは、首回りの暖かさを保つのにも活躍してくれるので寒さ対策にもバッチリです。 バイアステープやレースなどで好きなアレンジがしやすいのもタオルの特徴です。 どちらも生地と生地の間に入れることでふんわりとした厚みを生み出すことができます。 柔らかくふんわりとしたスタイに仕上げたいのならキルト芯がおすすめです。 特に手ぬぐいはふんわり感に欠けるのでキルト芯で補えます。 一方ドミット芯はキルト芯よりもしっかりしていて固めなので、スタイの形をハッキリさせたいときにおすすめです。 柔らかいタオルは型崩れしないようにドミット芯を合わせると、形をハッキリ出すことができます。 どちらも100均で買うことができ、量もたっぷり入っているのでスタイ作りに重宝します。 スタイを留めるボタンをして活躍します。 スナップボタンやマジックテープを使用してもいいですが、最近ははめるだけでボタン付けができる樹脂ホックが大人気になっています。 見た目もコロンとしていて、赤ちゃんのスタイにぴったりです。 色も豊富なので手作りスタイのデザインや生地に合わせたボタンが選べます。 ボタンに布を貼り付けて、個性的なアレンジを楽しむ人も増えています。 マジックテープだと洗濯のたびに強度が落ちることがありますし、スナップボタンはつけるのが面倒という方もいますよね。 樹脂ホックはそんな悩みを解決してくれます。 表と裏の2枚が必要です。 また、厚みを出すのならキルト芯・ドミット芯も一緒に切ります。 縫い代のある型紙であればそのまま切り取れますが、手持ちのスタイから型紙をとった場合は縫い代分大きく切り取ります。 表と裏の生地は、どちらが外側に来るのかよく覚えておくようにしましょう。 何も考えずに合わせて縫い始めると、本来は見えないはずだった内側の部分が外側に来ている場合があります。 縫い始める前にしっかり間違えないよう、切り取った段階でチェックしておきます。 生地を中表にして縫っていきましょう。 キルト芯やドミット芯を入れる場合は合わせて縫っていきます。 縫い方は、強度の高い本返し縫いがおすすめです。 本返し縫いの縫い方はこちらの動画で解説されています。 布端は最後まで縫わずに返し口を開けておくようにしましょう。 返し口がないと表面にひっくり返すことができなくなります。 キルト芯やドミット芯を入れた場合は生地自体が分厚くなっているので広めに返し口をとります。 縫い始める際に返し口に印をつけておくと分かりやすいです。 表面にひっくり返したら、返し口を塞ぎましょう。 塞ぎ方は、外側から見て縫い目が見えづらい「コの字とじ」がおすすめです。 こちらの動画で詳しく解説されているのでぜひコの字とじを覚えましょう! もし余裕があるのなら、返し口を内側に折ってアイロンがけしておくととてもやりやすいです。 もちろん待ち針を刺して、綺麗なカーブが出るように生地を合わせておく方法もやりやすいです。 バイアステープを使うのなら、全部縫い終えた後に使用します。 バイアステープを使う場合は、記事を合わせた時の縫い目が多少外側に見えていても構いません。 そのためコの字とじが苦手な人でも縫い目を隠すことができるというメリットがあります。 首の後ろに来る部分にボタンをつけましょう。 樹脂ホックを使えば針と糸がいらず、簡単にボタンがつけられます。 画像のようにコロンと丸い印象になるのも特徴です。 これでスタイの完成です。 赤ちゃんのお昼寝中に作れる手軽さです。 ミシンで作るととても手早いですが、日中はお昼寝中の赤ちゃんを起こしてしまうのではないかとヒヤヒヤしますよね。 夜中は騒音になってしまうので、近隣に迷惑になる可能性もあります。 静音設計のミシンでも、やはり気になりますよね。 スタイは手縫いでも手早く仕上げることができます。 一度型紙を作ってしまえば、そのあとは型紙を作る手間も省けます。 縫い方を覚えればスムーズに作っていくことができるので、より短時間でスタイ作りが完了します。 ゆったりとした気持ちで手作りしてみてくださいね。 表面は手ぬぐいを使用し、裏側にはタオルを使用しています。 乾きやすい手ぬぐいと温かみのあるタオルの組み合わせで、赤ちゃんも嫌がらずにつけてくれますね。 デザインの可愛い手ぬぐいがおしゃれです。 手ぬぐいもタオルも洗濯がしやすいので、何枚も洗い替え用に作っておけば離乳食が始まった時でも重宝します。 離乳食用に作って、撥水性を高めたいのなら内側にこちらのような防水シートを入れると水分が服まで染みて濡れるのを防ぐことができます。 またデザインに応じてお出かけ用・自宅用と分けるのもおすすめです。 雲のようにもくもくとしたデザインが特徴のスタイは、おしゃれなママの間で大人気になっています。 おにぎりのデザインが可愛い手ぬぐいは100均のセリアで販売されています。 もちろん他のデザインも可愛くおすすめです。 表面を手ぬぐい、裏面は手持ちのコットン生地を合わせています。 先ほどのように裏面をタオルにしてもいいですが、手持ちの生地が余っていればそれを使用するのもおすすめです。 特にコットン生地は赤ちゃんの肌に優しい素材なので、手作りスタイにも重宝します。 選択しやすく、赤ちゃんの肌に優しい生地を選びましょう。 タオルを使用して作られたスタイは、バイアステープがいいアクセントになっていてとてもおしゃれです。 表面はタオル、裏面は家にあった生地を使用しています。 バイアステープを首回りの縁取りに使い、そのままリボンにしています。 長さのあるタオルなら1枚で2個のスタイも作れるので画像のようにバイアステープを使ってスタイを作り、ボタンで止めるタイプとデザインに差をつけることも出来ます。 同じタオルなのにまったく雰囲気が異なるスタイに仕上がっていますね。 おめかし服に合わせたい可愛さです。 特に無地のタオルで作ったスタイにワンポイント刺繍をするだけでオリジナル感をしっかり出すことができます。 赤ちゃんの目に留まりやすいはっきりとした発色や、好きなモチーフを刺繍するのがおすすめです。 タオルに刺繍をする場合は図案を写せないので、手元にしっかり図案を置いて刺繍しましょう。 リメイクなので裏側の縫い跡を隠すことができません。 気になる時は裏面にアップリケを貼ったりして隠す方法もあります。 刺繍糸は100均で買うことができます。 手作りスタイにおすすめの刺繍をこちらの本で紹介しています。 動物などの可愛いモチーフがたっぷり収録されています。 手作りスタイのリメイクに使用した後も、通園通学の用品リメイクや大人の小物リメイクにも使える図案ばかりです。 価格は税込1,620円(定価)で、長く使えるおすすめの一冊です。 スタイの縁にポンポンレースをつけて、可愛らしさをアップしています。 ポンポンレースがつくだけで赤ちゃんのおめかし用スタイに格上げされ、上品な印象が生まれます。 赤ちゃんが小さな指でつまんで遊ぶこともできます。 裏側に細かく縫い付けていきましょう。 表から見たときにポンポンがしっかり見えるように気をつけます。 また、表の生地に縫い跡が見えないように縫うのもポイントです。 ポンポンレースは100均でも販売されています。 手芸屋さんや通販ならより多くの色のポンポンレースも販売されています。 白は万能カラーでおすすめです。 ポンポンレースを付ける時は、大人の力で引っ張っても取れないものを選びましょう。 ポンポンがすぐに取れてしまうようなものは使わないでください。 しっかり強度を確認することで、安全も守ることができます。 100均の材料で可愛いスタイを手作りしよう!.

次の