了解する 敬語。 この前後輩に「了解を得る・了承を得る」の違いを聞かれた!あなたは知ってる?

了解しましたは敬語?目上の人や先輩に使っていいか失礼どっち?

了解する 敬語

Weblio公式 提案や依頼に対して 肯定的に返答する場合、日本語なら「」「了解です」のように返答しますね。 承諾や了承の意思を示す表現です。 対応する英語フレーズとしてはまず が思い浮かびます。 英語の O. も幅広い場面で使える便利表現ではありますが、それだけに何がどうOKなのか今ひとつ曖昧になりがちな表現でもあります。 表現そのものが幾分カジュアルであり、目上に人に対して使える表現でもありません。 英語における提案や依頼に対する肯定的な返答には、場面に応じた適切な返答フレーズがあります。 日本語だとどれも「わかりました」「」「承知しました」のように訳せてしまう言い方ですが、英語フレーズでは意味するところが違います。 フレーズそのものはどれも短くてシンプルです。 「場合に応じて承諾フレーズを使い分ける」という部分に意識が向けば、難なく使いこなせるはずです。 「理解」を伝える「わかりました」 軽い返事だけでは、相手の言ったことを自分がちゃんと理解している、ということが伝えられないことがあります。 さっと確認しただけでなく、「頭で理解した」ことを伝えるにはもう少し表現を工夫します。 I understand. その場の返事としての「了解」「」ではなく、「理解した」「内容をきちんと読んだ」「あなたの言っていることは適切に伝わっている」ということを伝えたいときは「理解する」= を使い、 I understand. と答えます。 メールなどの文面では「何が分かったのか」を understand の後に続け、自分が理解している内容を明確に伝えましょう。 理解した、というと日本語では過去形ですが、英語では I understood. と過去形にするのではなく、「今」理解しているという「状態」を示すため現在形を使います。 I understood. は「過去に理解していた」ということになるので過去の事を語るときのみに使われます。 Understood. の略で、受動態の understand を使って「その件は(個人・団体に)理解されている」という意味になります。 Can you buy bread on the way home? コピー 家に帰るときパンを買ってきてくれない? All right. 注文などを「承りました」というときや、クレームなどの対応で「今後そのようにいたします」という気持ちを伝えるときには、これらの表現を使うことで「これから行動する意思」が伝わりよりわかりやすくなります。 少しフォーマルな表現です。 receive (受け取る)は (注文)や (要求)などを「承諾した」という意味で使われます。 「きちんと受け取った」事実を伝えることで、「これから行動にうつる」ことが含意されます。

次の

この前後輩に「了解を得る・了承を得る」の違いを聞かれた!あなたは知ってる?

了解する 敬語

ビジネスでは、クライアントや取引先、また部署の上司などと交渉する機会が多いと思います。 そして、職種や業界によっては、相手からの許可を得て初めて、仕事が進んだり取り組めたりすることも多いのではないでしょうか? 相手からの許可を得たことを敬語で言う際、「了解を得る」「了承を得る」などと表現する方も、多いと思います。 よく使う言い方なので、聞きなれている印象はありますが、ちょっと待って下さい。 「了解」と「了承」の1文字が異なるだけでも、敬語としての意味やニュアンスは大きく異なるものなのです。 敬語が上手く使えないと、相手に失礼だと思われたり、社会人としての常識に欠けていると思われたりするかもしれません。 そこで、今回は相手からの許可を得ることを敬語で表現する際、「了解を得る」と「了承を得る」ではどちらが正しいのか、考えていきたいと思います。 まずは、「了解を得る」について考えていきたいと思います。 そもそも、「了解」とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?コトバンクによると、「物事の内容や事情を理解して承認すること。 つまり、「了解」と「了承」は、それぞれ同じような意味を持つ言葉ということになります。 しかし、「了解」を敬語で使うことには、賛否両論があるようです。 「了解致しました」などの敬語は、一般的なものとして浸透してきています。 ですが、年代によっては「目上の人に使う言葉ではない」と認識している人もいるそうです。 特に、ご高齢の方に多いようなので、相手の年代次第では、「了解致しました」などの敬語は使わない方が良いでしょう。 とはいえ、今回の場合は「了解を得る」という敬語がテーマです。 社内の上司などに、社外の顧客やクライアントから許可をもらっていることを伝える場合の「了解を得る」であれば、特に問題はないでしょう。 これらの背景から、上司の指示や社外の相手との会話の中では、「了解致しました」という敬語はあまり使わない方が無難だと言えるでしょう。 一方で、クライアントなどの社外の人物から許可を得ていることを、上司などの社内の人間に伝える際に「了解を得ている」などと表現することは、特に問題はないと考えられます。 続いて、「了承を得る」という敬語について考えていきましょう。 「了承」という言葉は、「了解」という言葉と、意味はほぼ同じであると上記でご紹介しました。 しかし、言葉のニュアンスとしては了解とは異なっており、上司などの目上の人が、部下などの目下の人の意見や要望を聞き入れる言葉とされています。 また、発注者やクライアントが、受注者と話す際に使う言葉でもあります。 このことから、「了解を得る」と同様に、上司などの社内の人間に対して、取引先などの社外人間からの許可を得ていると伝える際に「了承を得ている」を敬語として使うのは、間違いではないと考えられます。 いかがでしたでしょうか?今回は、「了解を得る」「了承を得る」のどちらが敬語として正しい使い方なのか、意味やニュアンスを元に考えてみました。 結論から言うと、会社の内部の人間に対して、クライアントなどの外部の人物から許可を得ていることを伝える際は、「了解を得ています」「了承を得ています」どちらの敬語を使っても、問題ありません。 ただ、「了解」は相手の年代や考え方によっては、失礼だと感じる人がいるということを、忘れないようにしましょう。 また、「了承」は本来、目上の人が目下の人に対して使う言葉だということも、頭の片隅に入れておきたいものです。 「了解」と「了承」は響きや意味が似ており、少々ややこしい言葉です。 しかし、「あれ?こんな時は了承って言って良いのかな?」などと迷った時でも、それぞれの言葉の意味やニュアンスを覚えておけば、正しい敬語が使えるようになりますよ。

次の

「了承を得る」の意味とは?「承諾を得る」と「了解を得る」との違いも

了解する 敬語

出典: 「アルバイトスタッフの二重敬語が気になります。 『ご覧になられる』とか『おっしゃられる』とか、丁寧に言おうとしているのは伝わるけれど……」(32歳/コールセンター勤務) 「ご覧になられる」「召し上がられる」「おっしゃられる」など、知らず知らずのうちに二重敬語を使ってしまうケースは少なくありません。 「ご覧になられる」の場合、「見る」の尊敬語が「ご覧になる」です。 そのため、同じく尊敬語の「~れる」「~られる」と一緒に使うことはできません。 相手に使うときは「ご覧になる」「召し上がる」「おっしゃる」が正解です。 丁寧にしようとして、かえってくどくなってしまわないよう注意しましょうね。 3.「その後どうでしょうか?」 出典: 「クライアントに進捗確認をする際、毎回『どうでしょうか?』と言う同僚。 私と同僚のような関係なら問題ないけれど、目上の人に使うのはちょっとカジュアルな印象ですよね」(32歳/総合商社) 相手に何かを尋ねたいとき、つい使ってしまいがちな「どうでしょうか」。 一応敬語ではありますが、使うなら同僚や親しい社内の先輩などに限定されるでしょう。 上司など目上の人に使うには、あまり丁寧とは言えません。 こうしたときは「どうでしょうか」ではなく「いかがでしょうか」を使うと良いでしょう。 「いかがでしょうか」には「相手の状況や感想などを改まって聞く」という意味があり、目上の人に対して使う言葉として適切です。 4.「(目上の人に)了解です」 出典: 「仕事もできてよく気を配れる3年目の後輩が、時々『了解です!』と言ってくるのにモヤモヤ。 たまに『わかりました』とも言われるのですが、それもそれで間違っているし……」 先輩や上司の真似をして「了解です!」と使ってしまう人は少なくありません。 あなたの身の回りにも、「了解です」を多用する後輩はいませんか? 同僚や親しい先輩など、フランクな間柄であれば「了解です」と使っても問題ないでしょう。 ですが、目上の人に対して使うのは不適切です。 この場合は、「了解です」ではなく「承知いたしました」や「かしこまりました」を使うと良いでしょう。 また「わかりました」も「了解です」と同じで、敬語ではありますが尊敬のニュアンスは含まれていません。 使うときには十分注意しましょう。 いかがでしたか? 敬語の使い方ひとつで、相手への印象が大きく変わる場合もあります。 その場に合う表現ができれば、好印象を持たれる可能性も十分にあるのです。 ぜひこの記事を参考に、正しい敬語表現をしっかり覚えておきましょうね。

次の