参議院 議員 選挙 2019 情勢。 特集:2019年参議院選挙の見どころ、勘どころ (1/2)

2019参議院選挙(参院選):朝日新聞デジタル

参議院 議員 選挙 2019 情勢

参議院選挙2019|広島県選挙区の立候補者一覧 今回の広島県選挙区は改選数2で、立候補者は7名です。 泉 安政 66 諸派・新• 河井 案里 45 自民・新• 高見 篤己 66 共産・新• 溝手 顕正 76 自民・現• 森本 真治 45 国民・現• 加陽 輝実 69 諸派・新• 玉田 憲勲 61 無所属・新 広島県選挙区の立候補者 泉 安政(いずみ やすまさ)の経歴やプロフィール• 名前:泉 安政(いずみ やすまさ)• 現年齢:66歳• 性別:男• 党派:諸派(労働の解放をめざす労働者党)• 肩書き:建設作業員• 学歴:米子工業高等専門学校 卒業• 職歴:日本放送協会 NHK に技術職として入局。 広島放送局、山口放送局に勤務し、労組分会の情宣部長などを務める。 1980年退職し、労働者党の前身、マルクス主義労働者同盟の選挙闘争に協力。 1986年以降、零細企業で型枠大工として働く。 現在は、党広島支部長のかたわら、「広島・資本論を読む会」のチューターを務める。 より 主な公約・政策主張 私は選挙戦では、次の三つの点を中心に訴えたいと思っています。 まずは、長時間労働や低賃金などの搾取労働や、正規・非正規や男女間の差別労働を一掃して、働く意欲のある人々すべてが働くことに喜びを見出せるような社会へと、社会を変革して行こうという呼びかけ 二番目に、これも大きな問題なのですが、社会保障をどうするのかとりわけ介護の問題をどう解決していくのかという問題があります。 三番目に、これは好むと好まざるとにかかわらず今回の参院選の争点となる、憲法改定の問題です。 より抜粋 河井 案里(かわい あんり)の経歴やプロフィール• 名前:河井 案里(かわい あんり)• 現年齢:45歳• 性別:女• 党派:自民・新• 肩書き:前県議• 学歴:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程修了• 職歴:(財)海洋科学技術センター(現・海洋研究開発機構)地球フロンティア研究システム科学技術振興事業団(現・科学技術振興機構)、広島文化短期大学 非常勤講師を経て、2003年広島県議会議員(広島市安佐南区)初当選以後連続4期務める。 主な公約・政策主張• 今日のくらしに花を咲かせよう• 明日のために、種を蒔こう• 30年後の日本と日本人の幸せを考えよう• 3Dプリンタ出現の衝撃• Ips細胞と私たちの倫理観の変化• 人工知能の進展と、「人間の生きる意味」の変化• インターネットと過疎化• 提案「立ち止まって考える」機会を挟み、雇用市場を流動化しよう• 提案日本の大学教育を変えよう• 提案国会改革をしよう• 提案選挙のあり方を変えよう より 高見 篤己(たかみ あつみ)の経歴やプロフィール• 名前:高見 篤己(たかみ あつみ)• 現年齢:66歳• 性別:男• 党派:共産・新• 肩書き:党県常任委員• 学歴:広島大学政経学部 卒業• 職歴:広島修道大生協職員、民青県副委員長を経て、現在は党県常任委員を務める。 主な公約・政策主張 高見あつみの3つのプラン• 8時間働けば普通に暮らせる社会に• 最賃(時給)1500円に。 中小企業の地投げ支援1000倍に。 2お金の心配なく学び、子育てできる社会を• 大学授業料を半額に。 70万人に「月3万円」の給付制奨学金• 高校教育を無償に• 認可保育園30万人分増、保育士につき5万円の賃上げ• 3くらしを支える安心の社会保障に• 年金を7兆円減らす制度を廃止。 「減らない年金」を実現、低年金者に一律年6万円を上乗せ。 3つのプラン実現に必要な7. 5兆円の財源は、• 1兆円• 4兆円 より 主な公約・政策主張 「世界一安全な国・日本」の復活 道路交通法の改正(罰則強化等)の手続きを進め、多発する飲酒運転等交通犯罪の根絶に一層力を尽くしていきます。 暴力団対策や銃器の摘発、巧妙化・複雑化する犯罪に的確に対応する警察組織の構築を行い、「世界一安全な国日本の復活」に向けて全力を尽くします。 災害に強い国づくり 度重なる自然災害に対し、自ら被災地に足を運び、常に現場の被災者の声に耳を傾けることを信条として努力してきました。 各自然災害に関しては、激甚災害の指定や被災者生活再建支援法等の適応を通し、国・政府の責任において迅速な復旧復興に力を尽くします。 準備・予防の観点から、減災目標や具体的な実現方法等を策定し、災害の軽減に向けての取り組みを強化します。 年金・医療等社会保障制度の充実 安心・安全の社会をつくり、健やかな人生を送ることが、我々にとってもっとも大事なことです。 社会保障制度にたいする揺るがぬ信頼をつくっていくことが何よりも大事なことです。 自分の将来に対して、不安なく生活することができる社会をつくることは、まさにこれが政治のめざすところではないのかと思っています。 少子高齢化時代を迎え、社会保障制度の安定・充実を何よりも優先するべき政策課題と考える必要があります。 景気・雇用対策 景気と雇用の安定と、そのための経済・財政政策の重要性を認識し、国を挙げて努力を傾注することが肝心です。 経済を無視した精神主義的な国家の運営は罪悪といっても過言ではありません。 揺るがない景気の回復と雇用の安定に力を尽くしてまいります。 所得格差・地方格差の解消 中央と地方の格差の是正、経済的弱者の救済、災害事故等による困窮者への支援等、あたたかい気持ちが国の中に届く配慮が必要です。 地方があってこそ、ふるさとがあってこそ、日本が本当に住みやすい国になるということを忘れてはなりません。 「地方の心を国政に」この政治信条を貫き、今後も尽力してまいります。 より引用・抜粋 森本 真治(もりもと しんじ)の経歴やプロフィール• 名前:森本 真治(もりもと しんじ)• 現年齢:45歳• 性別:男• 党派:国民・現• 肩書き:党広報局副局長• 学歴:同志社大学文学部社会学科 卒業• 職歴:1997年松下政経塾に。 福祉や地域活性化をテーマにイギリス、デンマーク、アメリカ等で活動する。 1996年市議会に立候補するも惜敗、弁護士事務所に勤務。 2003年市議選初当選。 10年市議を務める。 消防上下水道委員長、決算特別委員会、経済環境委員会、建設委員会、各副委員長等を歴任。 2013年参議院議員(広島選挙区)に初当選、現在にいたる。 現在、総務委員会、行政監視委員会、消費者問題に関する特別委員会に所属。 主な公約・政策主張 5つの基本政策 地域の元気が日本の元気• 新産業の育成や地場産業の支援による雇用の安定と地域経済の活性化。 地域主権改革を推進し、行政の柔軟・迅速化を図り、市民生活の安心・安定を図る。 ワーク・ライフ・バランス社会の実現• 誰もが安心して働き、ゆとりある生活を送る中で、家族的責任や地域参加の責任を担っていける社会を目指す。 ワーキングプアや格差の拡大を引き起こした、古い政治の復活を何としても阻止する。 福祉は社会の力• 将来に不安を持たず、今を全力で生きることができる、それが社会の活力を生む源となる。 子育て支援・医療・介護・年金制度の充実・再構築を進める。 生きる力を育む教育• 「夢」や「希望」を持って、チャレンジをおそれず「やさしさ」と「強さ」を持って、社会に貢献することの素晴らしさを身につけた子どもの育成 核兵器廃絶と世界の恒久平和• 広島で生まれ育った人間として、何よりも強く世界の平和を求め、その実現に貢献する日本を創る。 ヒロシマの悲願である2020年の核兵器廃絶に向け、日本政府がその先頭に立ち取り組んでいく。 より 加陽 輝実(かよう てるみ)の経歴やプロフィール• 名前:加陽 輝実(かよう てるみ)• 現年齢:69歳• 性別:男• 党派:諸派・新(NHKから国民を守る党)• 肩書き:元日本棋院職員• 学歴:確認できませんでした。 職歴:リストラにもめげず36年間のサラリーマン生活終了後、娘の選挙活動に影響を受け出馬を決意。 主な公約・政策主張• 今回の参議院選挙の争点は何なのか? 偽装された争点) 野党が言う年金2000万円問題は、たしかに国民にとって大きな問題ではあるが、2012年以降、与野党合意の下、社会保障の抜本的制度改革を行ってきた結果であり、与野党すべての国会議員の責任である。 真の争点は参議院選挙制度改悪である。 (今回の参議院選挙は、国民と国会議員との戦いである) 西日本豪雨のどさくさに成立させ、今回の参議院選挙から導入された選挙制度改革は、年金の減額、消費税増税の中で、国会議員自らも「身を切る」(議員定数の削減)としていながら、党利党略により6議席も増やしている。 100%実現できる私の公約(私は任期6年間、国会に行かず、工費も1円も受け取らない) 私はあなたの一票を決して無駄にしない。 選挙制度は、国民の自由を守る唯一残された最終手段です。 選挙制度がゆがめられた時、国民の自由は、もはや存在しえないのです。 選挙制度が侵害されている今、与党支持者、野党支持者、投票棄権者、その区別には何の意味もない。 そこには「国民」が存在していないのだから。 私は国民とともにありたいと思う。 私は水増しされた障碍者の方々と共にありたいと思う。 私は財務省改ざん問題で財務省による事情聴取の翌日、非業の死を遂げられた近畿財務局職員と共にありたいと思う。 彼が家族に残したとされる「常識が壊れてしまった」この言葉はあまりにも重い。 今回は7人の立候補となりました。 自民党が2人、候補者を擁立したことが特徴です。 ここにきて、自民党新人の河合氏が支持を広げているようです。 広島は自民党宏池会(岸田派)の岸田氏のおひざ元。 当選5回の溝手氏が新人候補河合氏より苦戦している状況は、なにかが起こりそうな予感です。 まだ、2議席の2枠目に滑り込む可能性はありますし、滑り込めば2議席とも自民党となり、与党にとっては大きな力になります。 自民溝手氏と激しく争っているのは、同じ現職で、無所属の森本氏です。 自民が2議席をとるのか、はたまた「今までの自民党」にNOを突き付けるのか。 今後の日本の流れを左右する広島選挙区です。 注目しています。 直近の選挙• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 6月 7, 2020• 5月 25, 2020• 5月 25, 2020• 5月 25, 2020• 5月 25, 2020.

次の

参議院選挙2019兵庫県選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も考察|議会議員選挙や市長選挙の開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査を配信|選挙結果速報ニュース

参議院 議員 選挙 2019 情勢

台風19号の被害により亡くなられた方へ哀悼の意を表するとともに、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 10月10日 木 に告示された参議院議員埼玉選挙区補欠選挙 27日投開票 には新人2人が立候補し、選挙戦は最初の連休を迎えました。 選挙ドットコムでは、12日 土 、13日 日 に埼玉県内の有権者を対象として、電話調査(JX通信社との共同実施)とインターネット調査のハイブリッド調査を実施いたしました。 それぞれ1008件、1000件の有効回答を得ました。 調査結果を分析し、告示直後の序盤情勢を探りました。 上田氏が大きくリード、立花氏ネット上では一定の支持 調査を分析したところ、無所属で前埼玉県知事の上田清司氏 71 が大きくリードし、NHKから国民を守る党の党首で前参議院議員の立花孝志氏 52 は大きく出遅れている状態となっています。 なお、電話調査、ネット調査共に4割以上の有権者が態度をまだ決めていない状態です。 県内の政党支持率は以下の通りです。 この内、上田氏は支援を受ける立憲民主党、国民民主党など野党各党の支持層から5割強の支持を集めています。 また、今回は自主投票を表明している自民党の支持層からも4割強の支持、無党派層からは4割程度の支持を得ており、立花氏を大きくリードしています。 今年の8月に初当選した大野知事を「強く支持する」と回答した層からの支持が強いことも特徴です。 対する立花氏は、党首を務めるNHKから国民を守る党の支持層の約8割の支持を固め、自主投票を表明した日本維新の会や、独自候補を擁立しなかったれいわ新選組の支持層からも1割強の支持を得ています。 また、大野知事を「まったく支持しない」と回答した層からの支持が強くなっています。 そして大きな特徴として、電話調査とネット調査の立花氏の支持率を比べたときに、ネット調査は電話調査の倍以上の数値となっており、ネット上では一定の支持を獲得していることがうかがえます。 残り12日間の両候補の選挙運動に注目 埼玉県はこれまで県知事選挙の投票率ワースト1位の記録を持っていましたが、8月の県知事選挙では投票率が12年ぶりに30%を超えました。 埼玉県選挙管理委員会では、その県知事選挙の時と同様に「翔んで埼玉」を用いたキャンペーンを実施し、投票率向上に向けた活動を行っています。 埼玉県では今年3回目となる全県選挙ということもあり、どこまで投票率が向上するか注目されています。 選挙ドットコムが行った電話調査では「必ず投票にいく」「投票に行くつもり」という回答が7割を超えており、これはネット調査よりも2割以上高い数値となっています。 電話調査とネット調査の回答者の年齢層を比べたときに、電話調査の方が回答者の年齢層が高いということが一因であると考察されます。 また、各候補者の選挙活動に注目すると、立花氏はYouTubeで連日配信を行ったり、東京都の池袋駅で選挙活動を行ったりするなど、他に類を見ない選挙活動を展開しています。 上田氏も過去4回の県知事選挙では、12時間連続駅頭活動など特徴的な戦法を展開してきました。 残り12日間の各候補の選挙活動から目が離せません。 選挙ドットコムでは引き続き、参議院議員埼玉県選挙区補欠選挙に注目をしてまいります。 追記:2019. 15 政党支持率の画像に誤りがございました。 訂正し、画像を修正いたしました。 大変申し訳ございません。 リンク: 調査概要:調査は12日 土 13日 日 に実施。 埼玉県内の18歳以上の有権者を調査対象とし、有効回答数は電話調査(JX通信社との共同実施)で1008件、インターネット調査で1000件を取得。 電話調査は無作為に電話番号を発生させるRDD方式をオートコールで実施。 ネット調査ではスマートフォンアプリのダウンロードユーザーを対象にしたアンケートツールにより実施。 回答者の年代は以下の通りです。

次の

【参院選2019】東京選挙区 終盤情勢 丸川氏ら3氏堅調、続く4陣営は混戦

参議院 議員 選挙 2019 情勢

2019参院選の比例代表における各党の目安議席数予想です。 前回に比べ定数が2増え、比例代表の定数は50議席となります。 投票率は50%台前半と予想します。 自民党 前回参院選では19議席と事前予想を上回る議席を獲得した。 前回衆院選でも比例票は約1850万票と安定している。 今回も18〜20議席ほどとなるだろう。 予想としては19議席。 公明党 公明党は自民党以上に毎回安定して比例票を積み重ねている。 前回は7議席を獲得し、近年の国政選挙の比例票を見ても700万票前後で推移している。 ただ2016年参院選に比べ、2017年衆院選では500万票ほど比例票を落とし、勢いは陰り気味か。 今回は6議席と予想。 立憲民主党 2017年衆院選で誕生した立憲民主党は希望の党の崩壊や国民民主党の低迷などで、野党第一党を固める選挙になりそうだ。 衆院選では希望の党と票が割れた中でも約1100万票の比例票を獲得しており、今回は野党に当時の希望の党ほどのライバルがいないことから、さらに票を積み増すことが考えられる。 200万〜300万票ほど積み増すと考え、13議席と予想。 共産党 立憲民主党と毛色が近く、野党共闘を優先して選挙区での擁立を控える傾向にある共産党。 2016年では約600万票の比例票を獲得したが、2017年では約440万票と大きく低迷した。 今回はよくて5議席といったところだろう。 国民民主党&自由党 統一会派を組むこととなった国民民主党と自由党。 だが両党とも党勢は衰えており、かなり厳しい戦いになるだろう。 国民民主党は1%以下の支持率となっており、組織票があるとしてもせいぜい3議席ほどか。 自由党は前回参院選でギリギリ1議席を死守しており、その票が合わさったとして良くて4議席。 ただ現在の両党の党勢を考えると4議席は厳しい気もする。 3議席という予想が妥当だろう。 日本維新の会 橋下徹氏の引退以降元気のない印象のある日本維新の会。 前回参院選では最後の比例1議席レースで生活の党(当時)に競り負け、4議席にとどまった。 さらに2017年衆院選では票を落とし、約330万票まで落ち込んだ。 今回は3議席という予想が妥当だろう。 社民党 前回かろうじて1議席を獲得した社民党。 2017年衆院選では比例票が100万票を割り込み、いよいよ危ない状況にある。 ただ定数2増の恩恵もあり、今回もギリギリ1議席獲得はできると予想する。 れいわ新選組 山本太郎氏が新党を立ち上げたれいわ新選組。 山本太郎氏が比例に回ったが、特定枠に障碍者候補を二人立てるという異例の戦略を取った。 つまり山本太郎氏が当選するには比例で3議席取るしかない。 これは戦略ミスだろう。 投票しても山本太郎氏の当選はほぼ絶望ということになると、固くない支持層は離れていくのではないか。 議席獲得は厳しいと予想する。 比例代表予想まとめ 以上をまとめると 自民党:19 公明党:6 立憲民主党:13 共産党:5 国民民主党&自由党:3 社民党:1 日本維新の会:3 以上が現時点での予想である。 選挙・政治関連のオススメブログです 関連ページ 2019年参院選。 まず定数増が増えたことで、改憲ラインは164議席。 そのうち非改選の改憲派議員は自民党が56議席、公明党が14議席、日本維新の会・希望の党が6議席で76議席。 今まで地域ごとに予想してきた参院選選挙区の情勢予想まとめです。 北海道3:自、自、立青森1:自岩手1:無宮城1:自秋田1:自山形1:無福島1:無 2019参院選九州ブロックの当落予想です。 基本的に保守が強い九州。 沖縄を除けば唯一接戦になりそうなのが大分。 ここを与党が取るか野党が取るかが最大の注目ポイントになる。 2016参院選中国四国ブロックの当落予想です。 前回は自民党が完勝。 今回は前回接戦に持ち込んだ愛媛で野党が勝てるかどうかが注目か。 2019参院選近畿ブロックの当落予想です。 前回はおおさか維新の会の力が強かったが、最近は衰退気味か。 おおさか維新が議席を守れるか、それとも自民や立憲民主が議席を伸ばすかに注目。 2019参院選東海ブロックの当落予想です。 前回野党が勝った三重が注目区。 また愛知も野党の力が強く、愛知の4議席目争いも注目される。 2019参院選北陸甲信越ブロックの予想です。 北陸3県は与党有利だが、長野と新潟は前回野党が制した。 前回野党が制した2県は今回も接戦が予想される。 2019年参院選南関東ブロックの予想です。 人口が多く複数区が多い南関東。 複数区の最後の一枠争いに注目。 2019年参院選の予想です。 本日は北関東ブロックの予想。 自民党が強い地域で北関東は全ての県で自民党が議席を獲得するだろう。 野党は複数区で議席を拾うことが目標になる。 定数増で4議席になる埼玉、そして自民党が2人擁立する可能性もある茨城に注目か。 2019年参院選の予想です。 まずは北海道・東北ブロックから。 赤の大地と言われる北海道は前回民進党が上手い票割りを見せて2議席を獲得。 自民党は得票数では民進党を上回るものの、票割りに失敗して1議席に終わった。

次の