シャドバ ローテ デッキ。 【シャドウバース】ローテーション最強デッキランキング【シャドバ】

ローテーション: (2) シャドバ最強デッキ速報

シャドバ ローテ デッキ

デッキの特徴 エンネアの上方修正 が4コストに上方修正されたことで、4ターン目から盤面維持&の回収を行えるようになりました。 アディショナルで追加された2種も非常に強力です。 序盤の安定 、のアクセラレートでフォロワーを並べながら、からネクロマンス1で出すを用意することができます。 、は機械フォロワーなのでから出すことも可能です。 サンプルデッキ カード コスト 枚数 2 3 2 3 2 3 2 2 3 3 3 2 3 3 4 3 5 3 5 3 7 3 8 3 9 3 10 3 キーカードと詳細 カード 詳細 リアニメイト4,2,1orリーダー4回復&回収のどちらかをチョイスして発動するカードです。 ネクロマンス4の条件を満たせばどちらも起動することができるので、それを狙ってプレイします。 上方修正によって4コストとなりました。 4ターン目のプレイで盤面維持を狙っていきます。 使い勝手の良いリソースカードでありながら、回復&墓地も行うカードです。 エンハンスでのプレイも強力です。 立ち回りのポイント マリガン基準 基本キープ カード 詳細 4ターン目にプレイするためキープしていきます。 実質2コストフォロワーでありながらを生みのバリューを高めることができます。 実質3コストフォロワーでありながらを生みのバリューを高めることができます。 キーカードであると序盤を繋ぎながらを生むカードを探してマリガンします。。 状況に応じてキープ カード 詳細 後手では進化フォロワーとしてキープしていきます。 が見えていればそちらを優先はしますが、最低限の2コストとしてキープすることもあります。 先攻ではリソースカードとしてキープします。 手札がある程度整っている場合5ターン目の動きとしてキープします。 先後に合わせてマリガンしていきますが、を手に入れる意識はしておきましょう。 優先して2ターン目にプレイしておきましょう。 1コストフォロワーも出しておく のネクロマンス1をの無駄にしないように機械フォロワーのアクセラレートでを出しておきましょう。 そのために、が重要となります。 中盤の立ち回り エンネア展開 4ターン目にはをプレイしていきましょう。 生まれるは場持ちが良いので、と噛み合いが良いです。 ナイトメアイーターで盤面維持 はネクロマンス4で自身を生み続けるので、意識してネクロマンスを残しておきましょう。 盤面を取りながら、ラストワードでは回復か墓場を増やしてくれます。 終盤の立ち回り つかの間で展開 をエンハンスでプレイすると、、、、がデッキから出てきます。 は突進、はAOE、は守護、は疾走守護と能力を持つため、4枚の展開で盤面が返せる場合は積極的に狙っていきましょう。 ガブリエルでリーサルを 終盤盤面にフォロワーが残った場合はの強化で畳みかけることができます。 横展開を意識して処理を押し付けていきましょう。 その他の構築 生成コスト デッキコード シャドウバース主要記事.

次の

【シャドバ:デッキ紹介】ローテカードだけでアンリミ杯Aグループ進出達成!【デッキコードあり】

シャドバ ローテ デッキ

クオンを探す マリガンでは、デッキの核であるを優先して探しに行きたい。 このカード1枚で盤面制圧、打点確保の両方を満たせるため、初手から抱えてスペルブーストしたい。 潤滑油を確保 や、といった手札を増やすカードはマリガンでキープしたい。 手札が多くなればそれだけスペルブーストできるカードも増えていくので、強力な展開が行いやすくなる。 セットで低コストスペルをキープ コストダウンするカードが手札にあるなら、2コストスペルもキープ対象となる。 は1枚で複数回スペルブーストできるため、優先度が高い。 進化フォロワーをキープ 後攻時には、進化時効果が強力なもキープ対象だ。 進化することで2面処理しながらスペルブーストを行えるのが優秀である。 Point! 式神ウィッチのマリガンは難解で、プレイヤーによって意見が分かれやすいです。 様々なパターンを試し、自分なりのキープ基準を見つけましょう。 むじょっくすTVの動画 ガブリエル採用の式神ウィッチ! シャドウバース攻略の他の記事 ローテーションのデッキ ローテーションのTier上位デッキ.

次の

【シャドバ】ローテーションのデッキ相性早見表【5/27更新!】【シャドウバース】

シャドバ ローテ デッキ

もちろん毎試合そうはならないので6ターン目に治癒の祈りでアミュを空けたり、足りなかった打点を後で詰めたりしていくわけですがその辺は使いながら慣れて ぶん投げ 一つ注意点としては、 6ターン目に出てきた疾走フォロワーがちゃんと死ねるようにすることです。 たとえば6で出てきたムニャールに進化顔面切ると、ケツ5で死ににくくなるのでされ7ターン目にヘクターが出せなくなる恐れがあります。 打点が見えてれば、6ターン目に出る疾走札は盤面処理に回しましょう。 先後はそれぞれ利点もありますが、基本的に先攻を取りたいデッキです。 単に顔がもたないからです。 アが始まってすぐ回してみて、意外といけるんじゃねと思いガチデッキに載せるべく40戦ほど記録を取ったのですが、グロい結果になってしまったのでガチ行きは断念しました。 具体的に言えば MPが10000ジャストまで戻りました。 ただこれは構築やプレイングがまだ洗練されてないこと、環境初日でロイヤルが多すぎたこと、僕のガバプで落とした試合も割とあったこともありまだ可能性は感じる構築です。 遅いデッキにはしっかり優位を取れますので、研究次第でワンチャンあると思ってます。 随時追記していきます。 ネタカテゴリには入れましたが、MP盛るとか考えなければランクマでも普通に戦えてそこそこ勝てる楽しいデッキですので、ぜひ使ってみてください。 デッキが安いのも魅力。 ヘクター確定サーチをやめて積むとか顔削る用に指すとか、6治癒プランを厚くしてみるのもいいんじゃないかなと思ってますが、それは別の稿に譲ることにします。 皆さんのアイデアお待ちしてナス.

次の