コロナ bcg。 コロナにBCG(はんこ注射)が有効で日本で感染者が少ない理由は本当?

BCG日本株とコロナウイルスとの関係についていまBCGの特に日本株を接...

コロナ bcg

皆様、こんにちは。 前回この新型コロナウイルスとBCGワクチンの記事を書いてから1ヶ月半程経ちました。 世の中の新型コロナウイルスに対する姿勢や動きに変化が出ているため今回記事を一部書き直して更新することとしました。 5月14日から当院でもを始めております。 詳しくはをご覧下さい。 BCGワクチンと泌尿器科の診療は意外にも繋がりがあり、我々泌尿器科医にとってBCGは普段から使用する薬剤です。 新型コロナウイルスの現状に対して泌尿器科専門医の立場から発信するべきなのかなと思いこの記事を書かせて頂かことにしました。 最近患者様からよく、新型コロナウイルスとBCGワクチンの関係についてどう思うか?や、当クリニックでワクチン摂取ができるのか?と聞かれます。 当クリニックでは残念ですがBCGワクチン接種は行っておりません なんのことだろうと思って先日ネットや文献を調べてみました。 そうしたら現在BCGと新型コロナウイルスの関係についてネットではわりと騒ぎになっているようです。 なぜBCGと新型コロナの関係が騒がれるようになったか、その経緯をまとめます。 1 新型コロナウイルスによる日本人の致死率、感染率の圧倒的な低さ イタリアやスペインは100万人に対して200人以上死亡しているのに対して日本人は100万人に対して0. 7人です。 5月16日の時点では日本人の死亡者数700人弱に対して世界全体での新型コロナウイルスによる死者数は30万人を超えてます。 全く感染が広まっていない国もあるのに対して、日本はかなり感染が広まっております。 それにも関わらず10倍近くの差が出ているのです。 日本人の感染者数に対しての致死率は5月16日時点で1. 何故なら保健所や相談センターに電話すると、軽症なら家で過ごしてくださいと言われるからです。 結局その方は感染者としてはカウントされません。 なので1. 5月16日時点では埼玉県では緊急事態宣言も出されておりますが。 それでもなお日本人の危機感の薄さも皆さんご存知の通りだと思います。 しかし実際にお亡くなりになられている方は諸外国に比べて圧倒的に少ないのが現状です。 2週間という長い潜伏期間の影響もあり、もしかしたらこれからお亡くなりになる方が異常に増加するのかもしれません。 これからイタリアやスペインやアメリカのようになるのかもしれません。 しかし、私はそのような経過をたどらないのではないかと思っています。 何故ならそれらの国は日本と同時期に新型コロナウイルスが入ってきているのです。 それにも関わらずこの死亡者数の差が出ているのには何か理由があるはずです。 2 仮説 BCGワクチンを接種しているから日本人はコロナに強いのではないか。 ここ数日、上記のようなことが言われております。 BCGワクチン接種は国ごとによって判断が違います。 スペインやイタリアやアメリカはBCGワクチンを義務化しておりません。 日本では1949年よりBCGワクチンの接種を義務化してます。 ポルトガルはBCGを推奨している国です。 だからBCG接種したことが新型コロナウイルスに有効なのかと言うのはかなり短絡的で医学的ではないと思われます。 私が有効なのではないかと納得出来たその理由を下記に述べます。 3 BCGワクチンとは BCGは皆さんご存知のように結核予防に使われるワクチンです。 ヒトに対する毒性のない牛から作られた結核菌を打つことで結核に対する抗体を体内に作るのです。 つまり毒性の無い結核菌で免疫、白血球を刺激して本物の結核菌に対して対抗出来るような強靭な身体ににするんです。 それを日本では1歳までに行ってます。 しかし、それが、何故新型コロナウイルスと関係あると言われているのでしょうか。 4 膀胱癌の再発予防にもBCGが使われる 早期の膀胱癌の経尿道的な内視鏡手術の後に再発予防としてBCGワクチンを膀胱内に注入します。 私自身、この意味が泌尿器科研修医時代には訳がわかりませんでした。 何故結核予防のBCGが膀胱癌の再発に使われるのだろうと。 この答えはBCGによる免疫の賦活化・活性化でした。 癌と免疫がイマイチ繋がらないかもしれませんが、初期の癌細胞は白血球が食べて消してくれるのです。 健常な方にも癌細胞は出来ます。 ですが白血球が食べてしまっているため癌細胞が増えて腫瘍・固まりにならないのです。 もちろん膀胱癌に対してのBCG膀胱内注入療法は保険適応であり、再発予防に効果があるとしっかり結果が出ております。 私が手術を現役でしていた頃も、BCGワクチン注入を選択した方とそうでないと方との再発率の差は明らかでした。 5 BCGワクチンが新型コロナウイルスに対しての抵抗力をくれたのではないか。 結核菌に対するワクチンで白血球・免疫が活性化され癌の再発予防に効果がある、という事実と、BCGワクチンの接種を義務化している国とそうでないと国で重症化率、致死率の圧倒的な違いが生まれていることから、上記のような 仮説が生まれました。 これはあくまで仮説です。 ですが、膀胱癌治療をしてきた泌尿器科医の私からするとかなりしっくりくる仮説であり信じたい仮説です。 実際オーストラリアではBCGワクチンと新型コロナワクチンに対しての研究を開始しているようです。 この仮説をスタッフや患者様にお話すると、少し安心した、なんか元気がでた、確かにそうだよね〜、とおっしゃられます。 ネガティブなことを考えがちな昨今、少しでもポジティブな方向に皆様の思考が向いたらなと思い、この記事を書いてみました。 この仮説は個人的な見解です。 BCGワクチンを大人に対して打つことを推奨しているわけではございません。 基本的にBCGワクチンは生後1歳までに打つことを推奨されております。 この仮説があるから外出しても良いということには決してなりません。 緊急事態宣言も出されております。 今後も引き続き新型コロナウイルスに対する感染対策を行っていきましょう。 当院も新型コロナウイルスに対しての徹底した感染予防対策を行なっております。 当院では大人も子供もBCGワクチン接種を行っておりません。 当院は消化器科専門医、泌尿器科専門医による診療を行なっているクリニックです。 現在当院ではをしながら診療を継続しております。 また行っております。 全国どこからでもは可能です。 泌尿器科、消化器科、内科でお悩みの方は是非上記リンクか下部のバナーよりご相談下さい。 何卒よろしくお願い申し上げます。 消化器科 胃カメラ ・泌尿器科・内科・人間ドック 大宮エヴァグリーンクリニック 院長 伊勢呂哲也.

次の

BCG接種と新型コロナウイルス感染症における死亡率

コロナ bcg

日本の新型コロナによる100万人あたり死亡率は0. 200人以上のイタリアやスペインだけでなく、感染が始まったばかりのアメリカの15人もはるかに下回り、大国としては圧倒的な世界一である。 今では「日本の謎」として世界がその秘密を知りたがるようになったが、日本人にもその答はまだわからない。 新型コロナは昨年末から日本に上陸していた? 第1の説明は、これから感染爆発が起こって、他の国と同じようになるということだ。 今までは現場の医師の懸命な治療やクラスター追跡によって感染の拡大を阻止してきたが、その限界が来ると、大規模な感染が起こって医療が崩壊する可能性もある。 これが政府の公式の立場であり、そういうリスクを警戒することは必要である。 しかし4月1日の専門家会議も認めたように、大都市では局地的に感染が拡大しているが、今のところ欧米のような感染爆発は見られない。 第2の可能な答は、 日本人の多くがすでに免疫をもっているということだ。 日本の致死率(死者/感染者)は2. 3%と高いが、これは分母のPCR検査数が少ないからだ。 感染症の専門家によると、感染症で最初の死者が出るのは、感染が始まってから1カ月以上後だという。 新型コロナの場合、ダイヤモンド・プリンセス以外の国内で最初の死者が出たのは2月中旬だから、2週間の潜伏期間を考えると、昨年末までには新型コロナウイルスが国内に入っていた可能性がある。 中国と同じ感染力(基本再生産数)を想定すると、日本ではコロナの上陸から3カ月以上たっているので、すでに国民の半分以上がコロナに感染し、抗体をもっていることになる。 それが検査で発見されなかったのは、大部分が軽症で「普通の風邪」と診断されたからではないか。 今シーズンは世界的にインフルエンザが大流行し、日本でも昨年末まで史上最高のペース(毎週9万人)だった患者が、年明けには5万人以下に減り、今は毎週2万人である。 これは新型コロナに感染した人が、インフルエンザにかからなかったためかもしれない。 この仮説には医学的根拠はないが、検証するのは簡単である。 イギリス政府がやるように新型コロナの 抗体検査キットを無作為に抽出した人に配布して、サンプル調査をすればいいのだ。 これは1000人の血清検査で十分なので、数百万円あればできる。

次の

新型コロナとBCGについて

コロナ bcg

オーストラリア南東部メルボルンにある「マードック・チルドレンズ研究所」によりますと、臨床試験は、オーストラリア各地の医療従事者4000人を対象に行われます。 BCGワクチンは、人間の免疫機能を高める作用があるということで、これまでの研究では、類似したウイルスに感染した人にBCGワクチンを使うと、ウイルスの数を減少させる効果が認められたとしています。 研究所では、ワクチンの有効性が確認されれば、新型コロナウイルスに特化したワクチンが開発されるまでの時間をかせぐことができるとして、期待感を示しています。 どこかのデマニュースやコラかと思えば、NHKニュース。 これは信ぴょう性が高そうですよね。 BCGワクチンは、人間の免疫機能を高める作用があるという話ははじめて聞きました。 また、ワクチンではなく免疫効果を高めてウイルスを減少させる効果ということで、BCGが有効となってもワクチン開発は必要なようですね。 そりゃそうですよね…別の病気のために作られたBCGワクチンですから、新型コロナウイルスのワクチンになってしまったらビックりです。 全然関係ない話ですが、川崎病という怖い病気に乳児がかかったかどうかが、BCGの跡が赤くなることで分かるんですけど…BCGがコロナにも有効だったら凄いですね。 スポンサーリンク BCG(はんこ注射)がコロナに有効と報道の資料まとめ 前述の通り、オーストラリアの研究機関はBCG(はんこ注射)がコロナウイルスに有効「かもしれない」ということで臨床試験に踏み出したとのこと。 また、 [ロンドン発]米ハーバード大学公衆衛生学部のメガン・マリー教授がブログで「BCGワクチンの接種は新型コロナウイルス感染症に対して効果があるか試す価値はある」と呼びかけています。 BCGワクチンは結核の予防に有効なワクチンで、針が9本あるスタンプ状の接種器で上腕部に2回押し付けて行います。 日本人にある上腕部の瘢痕(はんこん)は欧州ではあまり見かけません。 新型コロナウイルスのワクチン開発には少なくとも2年はかかるため、患者との濃厚接触で感染、重症化するリスクが高い医師や看護婦にBCGワクチンを接種してはどうかという臨床研究が相次いで始まりました。 のようにアメリカの教授も、新型コロナウイルス感染症にBCGワクチン(ハンコ注射)が有効か試す価値があるとおっしゃっているようです。 更に上記の地図はBCG接種について色分けが行われていて、AがBCGの予防接種が行われている国、Bが以前はBCGの予防接種をしていたものの現在は中止や推奨されていない国、CがBCGの予防接種をしていない国なのですが、イタリアなどの感染爆発と合致しているという声も…。 確かにイタリアがC(オレンジ色)のBCG予防接種していない国に含まれています。 今後、新型コロナウイルスに日本株BCGが有効かのニュースが更に発表された場合更新していきますね! スポンサーリンク BCG(はんこ注射)を日本で打っている世代と打っていない世代は? BCG(はんこ注射)については日本ではこのように行われてきました。 1949年:結核予防法で30歳未満の人にツベルクリン検査、免疫が無ければ接種 1967年:今のハンコ注射の形態になる。 乳児期に1回、小学1年でツベルクリン反応陰性なら2回目、小学2年でツベルクリン反応陰性なら3回目、更に中学生に対して1年生と2年生に対して陰性なら接種と最大5回の接種 2003年:ツベルクリン検査とBCGの再接種を中止(赤ちゃんへのBCG接種は継続) 1949年に30歳未満の方ということは…51年前の話なので、現在の80~81歳の方まではBCG接種を行っていたということでしょうか。 ただ、2003年にツベルクリン検査とBCGの再接種が中止されているので、昔でいう再接種の対象の方がいらっしゃる可能性はありますね。 ハンコ注射となったのは1967年からです。 初期のBCGではなくハンコ注射しか効果が無いとなると、今の66歳くらいの方までしか効果がないということに…。 そもそも後述するようにハンコ注射の結核予防効果は15年程度ということですがどうなのでしょうか。 ただ、BCGの結核予防効果とコロナへの有効性は関係が無いと今のところは記載があるため、1度でもハンコ注射を打っていれば良いということになれば、60代半ばくらいの世代の方までは有効性があるかもしれませんね! スポンサーリンク BCG(はんこ注射)の効果はいつまで? BCG(はんこ注射)の効果がいつまで続くかも気になりますよね。 結核の予防接種であるBCGは、結核菌の感染を受けていない人に結核菌の弱毒菌を接種して結核に対する免疫をつけるワクチンで、有効期間は約15年ほどです。 BCGの目的は、乳幼児の結核性髄膜炎と粟粒結核を予防することにあります。 日本は結核の中蔓延国で、特に大都市では、東南アジア並みの罹患率ですからBCG接種をやめるわけにはいけません。 ただし注意したい点は、青年や成人にBCGを打っても、肺結核の感染を予防する効果は認められていませんから不必要です。 成人では、接種部位のケロイドのリスクも高まるしいわゆる疑陽性での接種は、局所反応が強くなりますので接種はしません。 有効期間は約15年とのこと。 再接種の目的には、初回接種の効果減弱の補強(有効期間の延長)と、初回接種の未接種者及び接種をしたが不適切であった者(以下、初回接種の洩れ者)への対応が一般的に考えられています。 有効期間の延長については、英国などの成績よりBCG初回接種の効果は15年程度持続すると考えられ、有効性が残っている期間中に再接種を行ってもその効果を延長できるか不明です。 15年程度しか持続しないのだとしたら、乳児期に接種したとして15歳前後の若い人にしか効果が無いことになりますが、これが日本での感染が少ない原因なのでしょうかね。 また再接種が効果が無いのは結核に効果が無いのか、コロナウイルスにも効果が無いのかは分かりません。 スポンサーリンク BCG(はんこ注射)の跡がないのが不安!打ってない? BCG(はんこ注射)といえば、肩に跡が付くことで有名ですよね。 自分が注射を打ってもらったかどうか気になって肩を見てBCG(はんこ注射)の跡がないということで不安になった方もいらっしゃるかと思います。 私は子供の頃にツベルクリン反応が無くBCG接種をした記憶がありますが、30歳現在既にもう跡はありません。 母子手帳には今まで接種した予防接種の一覧が掲載されているはず。 まだ母子手帳が残っているという方は、母子手帳を確認してみましょう! スポンサーリンク コロナにBCG(はんこ注射)が有効で日本で感染者が少ない理由?にネットでは驚きの声 BCG接種で新型コロナ感染症の重症化を抑制できる可能性ありとのこと。 裏がとれる情報なのでフェイクニュースではなさそう。 日本株限定の効果の可能性ありとも。 感染しにくくなるのはなく重症化を抑えるかもという点がポイント。 — kunchan kunchan BCGの日本株、ソ連株と新型コロナの関連が話題だけど例外がオーストラリア。 欧米と同じ新型の株を使用してるけど、感染者は多いが死者数は少ない。 南半球の1月、2月は夏だから気温も関係があるのかな? 体内で活発化する前に免疫が対応出来て重症化しないとか? — 外野席の観客 3IZpsO5VuSRGyCU 日本株のBCGが義務化されている国のコロナ重症化が少ないって、面白いわ。 — *カンパリ*少々ファジーに生きる。 C4mpariLOVE ポルトガル ロシア アフリカ 日本 イラク 東ドイツ いずれもロシアの株をBCGにした 国です。 — テルのビジネス大学 snomura1950 日本は海外と比べて清潔だから〜とか普段からマスク着用の意識が高いから〜とかBCG義務化されてる国はコロナ感染率低いらしい!日本は大丈夫 多分 !とか言ってる場合じゃない。 先週土日が正念場みたいな空気だったけど、むしろ感染者増えてるしここからが始まりだよな…。 — モブ崎 kabaneya01 近頃目にする新コロナに対するBCG接種のうわさってマジなんかな。 妙に説得力があるんだよな。 肺結核にかかりやすい持病がある人は従ってコロナもかかりやすいのか。 BCGワクチンで臨床実験するってことは意外と肺結核と共通点がありそうだな。 コロナにBCG…日本株のハンコ注射が有効かどうかについては、まだしばらく結論は出そうにありませんね。 また、今現在は高齢者の方以外はBCG接種済みだと思いますので、医療機関にBCG接種をして欲しいと頼んで混乱させないようにしましょう。 スポンサーリンク.

次の