水戸 黄門 24 部。 水戸黄門(第24部)3話「恋しい人は凶状持ち」

水戸黄門・第25部

水戸 黄門 24 部

「」を参照 各部の概要 [ ] 第1シリーズ(第44部)東北編 [ ] 水戸黄門 ジャンル 企画 白石統一郎 小野寺信司 演出 藤岡浩二郎 平田博志 小川岳志 出演者 ナレーター オープニング 財木琢磨、荒井敦史 「」 時代設定 製作 プロデューサー 本間信行 須藤安芸子 制作 放送 放送国・地域 第1シリーズ(第44部)東北編 放送期間 - 放送時間 19:00 - 19:55 放送分 55分 回数 全10話 『 水戸黄門』(みとこうもん)は、からまで(2K。 4Kは開局前)で放送されていた・。 主演は。 製作は。 全10話。 ストーリー [ ]• 藩政を譲り、隠居をして晴耕雨読の日々を過ごしていた光圀。 その光圀に仕える佐々木助三郎、渥美格之進は忍びに襲われ深手を負った八戸藩藩士・大川新太郎を助けるが手当ての甲斐もなく落命、城代家老・梶川修理と将軍御側御用人・の企みを知った光圀は、大川新太郎の遺志を継ぎ悪事を暴くため八戸に向かって旅立つ決意をする。 キャスト [ ] レギュラー [ ]• 柘植九郎太:• 詩乃:(第6話・第8話〜第10話)• 蛇骨の升六:(第6話・第8話〜第10話) 準レギュラー [ ]• : (第1話~第2話・第6話・第9話~第10話)• おたえ:(第1話)• 嘉助:(第1話)• :(第1話・第10話)• 大川新太郎:(第1話・第10話)• 梶川修理: (第1話・第9話~第10話)• 古川兵庫:奥深山新(第1話~第2話)• 鉄羅漢玄竜:(第4話~第5話) スタッフ [ ]• 製作:白石統一郎• 企画:小野寺信司• 脚本:(第1話〜第3話・第6話・第9話・第10話)、(第4話)、いずみ玲(第5話・第8話)、(第7話)• 題字:(ノンクレジット)• 音楽:• 主題歌:「」(唄:財木琢磨、荒井敦史)• 語り:• 編集:乾栄司• 殺陣:上野隆三、清家三彦• 殺陣助手:清家一斗• 美術協力:• 技術協力:ジャパンブロードキャストソリューションズ(JBS)• 機材:GIN-ICHI、• プロデューサー:本間信行、須藤安芸子• 監督:(第1話〜第3話・第9話~第10話)、藤岡浩二郎(第4話~第5話)、小川岳志(第6話)、平田博志(第7話~第8話)• 製作協力:• 製作著作: 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 主な出演者 備考 第1話 2017年 10月4日 初めての旅立ち 水戸〜いわき 尾西兼一 矢田清巳 喜作: おみち: 轟軍兵ヱ: 小島久三:高井清史 宇吉:竹下健人 番頭: 留吉: 第2話 10月11日 想い繋いだ左馬茶碗 浪江 左馬: 彩: 安原太右衛門: 沼田帯刀: 沼田京太郎: 弥助:出口高司 田中: 久保田十全:藤本幸広 : 第3話 10月18日 旅籠で格さん瓜二つ 福島 お千代: 鎌田彦太郎: 勘助: 伝次郎: 安次: おきみ: 三吉:森遥野 おとよ:() 茂平: 亀: 熊:越中晃一 八百屋:渡辺知晃 魚屋:旭屋光太郎 炭屋:河西秀樹 荒井が二役で出演 第4話 10月25日 悪を糺した弥治郎こけし 白石 大西信行 藤岡浩二郎 菊枝: 桜田雄次郎: 仙台屋太兵ヱ: 森下与太夫: 鍾馗の権兵ヱ: 宮城屋五兵ヱ: 山西頼母: 夏川太十郎: 山西数馬: 原庄左衛門:西山清孝 茶店の亭主:田井克幸 とね: 第5話 11月1日 硯の里の仇討ち 雄勝 いずみ玲 奥田主計: 山脇初音: 山脇伸吾: 浅野権太夫: 橋本屋栄五郎: 小出与左衛門: 山脇市之丞: 船頭:(友情出演) 宗助(戸川宗右衛門): 第6話 11月8日 愛しき妻は里隠れ 志津川 尾西兼一 小川岳志 田代小十郎: 原田源之丞: 俵屋宗吉: 久本昌次郎: 薬売りの男: 第7話 11月15日 時の太鼓とじゃじゃ馬姫 一関 池田政之 平田博志 鶴姫: : 嵐胡蝶: 田村将監: 片桐孫七郎: 寿座幸兵衛:加納健次 旭座重兵衛: 嵐いろは: 嵐とちり: 伊之助:喜多村一郎 住田十郎太: 権三:濱田和幸 鬼六: 嵐にほへ:渋谷めぐみ 嵐わかよ:松田苺 清太郎: 第8話 11月22日 盗まれた印籠 花巻 いずみ玲 おりつ: 伍助: 卯之吉: 矢田部勘右衛門: 大黒屋伊兵衛: 喜八:清河寛 松蔵:森山陽介 手代:いわすとおる 寅吉:梅野一史 卯之吉(幼少期):溜大宙 第9話 11月29日 風来坊の片想い 浄法寺 尾西兼一 矢田清巳 磯次: お嶋: 茂兵衛: 三沢屋金兵衛: 井沢主膳: 吉蔵: お糸:小槙まこ 長吉: 政:黒田啓之 留:三角園直樹 第10話 12月6日 炎に消えた黄門様 八戸 : 上林十蔵: たき: 成田: 女:阿武野留美子 解説 [ ]• に終了した枠でのレギュラー放送およびの2時間スペシャル特番以来の復活である。 今回の復活は、出演者およびスタッフを一新したリブート(基本設定を活かしつつ改めて最初から開始する)版である。 リブート版ではあるがパナソニックドラマシアター版をベースとしており、作風の急激な変化を避けている。 助三郎・格之進役の財木・荒井は無名ながら将来が期待されるということでオーディションで抜擢されている。 監督は、過去シリーズを長年支えてきた矢田清巳をメインに据えつつ、東映京都撮影所のネクストジェネレーションを中心に起用している。 メインライターは、2015年の2時間スペシャル特番で初参加した尾西兼一が担当する。 尾西が第1話の脚本を担当しているが、その基本となるストーリーは、水戸黄門第一部第1話と似ている箇所が多くある。 まず、格之進が子供に手習いをし、助三郎が料理をするのだがうまくいかず、これに不満を爆発させて、格に大声で不満をぶつけているところへ老公が出くわすシーン、武士から町民姿にさせられることへ抵抗する助など。 弥七の登場も、第一部第1話では天井裏からであったが、本作においては、竹藪から登場した。 登場の仕方こそ違え、弥七を不審者扱いする助三郎・格之進に対し、腹心である旨光圀から告げられる流れなども、おおよそ同じ展開である。 題字は引き続き朝比奈宗源(ノンクレジット)、音楽は木下忠司が担当する。 主題歌の「あゝ人生に涙あり」は財木・荒井が歌う新アレンジであり、三つ葉葵はこれまでとは違い、文様が浮き上がる形に細工したものが使われている。 三つ葉葵のはこれまで番組パートの最後に入っていたが、今回は最初に入っている。 また、パナソニックドラマシアター版第32部以降のごく一部『』『』のフォーマットにのっとり、最初に簡単な展開があってからオープニングに入っている。 長年プロダクションで協力していたが9月にと合併して消滅しと統合したため、今作からは東映京都撮影所の協力となっている。 第1話ゲストの佐野泰臣は、武田主演の『』第5シリーズより、とともに武田演じる坂本金八の長男・幸作役としてキャスティングされ、以降シリーズ終了まで共演している。 佐野と武田の共演はそれ以来となる。 歴代「金八ファミリー」からは、第2シリーズで3B生徒・加藤優役を演じた直江喜一が第1話に 、第5~8シリーズで遠藤先生(理科)役を演じた山崎銀之丞が第6話に、第2シリーズで3B生徒・迫田八重子役を演じた川上麻衣子が第8話に、全シリーズで大森巡査役を演じた鈴木正幸が第10話にゲスト出演している。 また第9話には、番組スポンサーの一つである高須クリニック院長のが出演した。 第8話ゲストの石倉三郎は、武田が自身の母親役で主演した舞台「」「母に捧げるラストバラード」において、武田の父親・義元役で共演している。 今回の黄門の旅のルートは東北の側であり、からの復興の途にある東北の地の郷土名産品や伝統文化を紹介する旅にもなっている。 第1話では、いわき市伝統の踊りを実際に踊ってもらうため、現地から直接京都の撮影所に来てもらい、踊りを披露してもらった。 また、越後のちりめん問屋の正体を知って頭を下げるというエキストラ出演も併せて行われた。 史実との相違 [ ]• 他の時代劇にも見られるため水戸黄門のみの話ではないが、「」や「藩主」といった名称は後世のものであり、江戸時代においてはそのような呼称は用いない。 が登場するが、実際の光圀隠居時には保明と名乗っており、吉保を名乗るのは光圀没後のである。 主・が将軍御側御用人として登場するが、将軍御側御用人を務めていたのはまでで、光圀隠居時には退いている。 劇中では、第10話で梶川修理の悪事の責任を取り、直政が将軍御側御用人を辞退している。 第5話でが登場するが、実際には4代将軍の代に廃止となっており、郡代がそれと似た職掌としておかれていた。 地上波での遅れネット [ ] をはじめとする一部同系列局では、遅れネットを順次放送しており、キー局TBSの場合、2019年4月7日より毎週日曜4時10分 - 5時の50分枠(TBSの日曜早朝枠の編成の都合により、放送時間を20 - 30分繰り上げる日もあり。 )で放送している。 また系列外のでも、かつて「パナソニックドラマシアター(ナショナル劇場)」が遅れネットされて水戸黄門は秋田県民にも馴染み深いことから、2019年6月11日より平日15時54分からの「ヨンドラ」枠で集中放送された。 CS放送局での放送 [ ] CS放送「スカパー! 」のにて2019年7月4日より放送開始している。 外部リンク [ ]• 第2シリーズ(第45部)九州編 [ ] 水戸黄門 ジャンル 企画 白石統一郎 小野寺信司 演出 矢田清巳 酒井信行 西片友樹 匂坂力祥 出演者 ナレーター オープニング 財木琢磨、荒井敦史 「」 時代設定 製作 プロデューサー 本間信行 須藤安芸子 制作 放送 放送国・地域 第2シリーズ(第45部)九州編 放送期間 - 放送時間 18:00 - 18:55 放送分 55分 回数 全10話 『 水戸黄門 第2シリーズ』(みとこうもん だい2しりーず)は、からまで(2K)・BS-TBS4Kで放送の・。 製作は。 全10話。 ストーリー [ ]• 東北の旅から戻り、再び晴耕雨読の日々を過ごしていた光圀だったが、福岡藩の儒学者・からが40年かけて書いた「」が世に出るとの文が届いた。 実物を見てみたいと思った光圀は九州に旅立つことを決める。 キャスト [ ] レギュラー [ ]• 水戸光圀:武田鉄矢• 佐々木助三郎:財木琢磨• 渥美格之進:荒井敦史• 風車の弥七:津田寛治• 詩乃:篠田麻里子• 吉姫: 準レギュラー [ ]• 柳沢吉保:袴田吉彦(第1話・第9話)• おたえ:佐藤玲(第1話)• 嘉助:直江喜一(第1話)• : (第1話・第9話)• 清水勘解由:(第1話~第2話・第7話・第9話)• 大友源太:(第1話・第9話)• :(第2話・第10話)• 桜井五郎蔵:(第8話〜第9話) スタッフ [ ]• 製作:白石統一郎• 企画:小野寺信司• 脚本:尾西兼一、横山一真、いずみ玲、池田政之• 監督:矢田清巳、酒井信行 、西片友樹、匂坂力祥 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 主な出演者 備考 第1話 5月19日 じゃじゃ馬姫と九州路 水戸〜中津 尾西兼一 矢田清巳 田原三太夫: 広澤官兵衛: 里美: : 竹原嘉門: 第2話 5月26日 鶴がつむいだ兄妹愛 朝倉 匂坂力祥 おくま: お鶴: 佐吉: 荒木田重三郎: 碁助: 太平 : 第3話 6月2日 母恋し歌う馬子唄 日田 いずみ玲 矢田清巳 おたみ: 市太: 伊助: 初瀬屋治兵衛: 橘兵衛之介: 常磐屋彦十郎: 辰造: おいち:桃井由布 第4話 6月16日 幸福の五月幟 延岡 池田政之 西片友樹 おまさ: おちか: 清吉: 平助: おたま: 竹山軍太夫: 松五郎: 渡海屋: 熊: 第5話 6月23日 吉姫の母子芝居 宮崎 いずみ玲 酒井信行 おそね: 大滝屋喜右衛門: 木崎玄之丞: 芝田屋与五郎: 儀助: 仁兵衛:旭屋光太郎 おさい:横田有紀 第6話 6月30日 名君救った薩摩錫器 鹿児島 横山一真 矢田清巳 正四郎: 嘉平: 甚左衛門: お咲:中島亜梨沙 黒崎頼母: 岡島伝治郎: : 第7話 7月7日 海を越えた異国の娘 長崎 尾西兼一 李雪: 新左衛門: 森岡軍兵衛: 大脇屋: 陳浩宇:大塚匡将 第8話 7月14日 鬼面童子の真実 佐賀 酒井信行 支倉新太郎: お菊: 市助: 成岡次郎兵衛: 支倉主膳: 佐嶋屋: 十蔵: 大川:池田たかひろ 第9話 7月28日 風雲急を告げる熊本城 熊本 矢田清巳 早紀: 竹浦一郎太: 川村:入江毅 第10話 8月11日 老公、なんばしよっと? 福岡 : 山童の権六: 大泉善兵衛: 鮫三: 虎五郎: : おみち: 又平: 甲太: 乙吉: 武田が二役で出演 解説 [ ]• 前作に引き続き歴代「金八ファミリー」がゲスト出演し第2シリーズで3B生徒・加藤優役を演じた直江喜一、第7シリーズで3B生徒・麻田玲子役を演じた福田沙紀、第5〜7シリーズで田中ケアセンター長役を演じた堀内正美が第1話に出演している。 主演・武田のバンド「」が上京するきっかけを作った泉谷しげるが宮崎安貞役で第2話から出演する。 史実との相違 [ ] 放送休止 [ ]• 8月4日 - 不明 外部リンク [ ]• 連動番組 [ ] 『水戸黄門直前ナビ このあとスタート! 放送直前SP』 第1シリーズ第1話放送開始前の18:00 - 19:00に、直前特番が放送された。 7月の撮影開始(クランクイン)の様子、武田・財木・荒井・津田の各人それぞれの立場での、国民的作品に臨む重圧・苦悩・意気込みについて語られている。 弥七が行く! 東北のいま ジャンル ナレーター オープニング 「なつかしき風来坊」 エンディング 同上 製作 制作 ・ 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 水曜日19:55 - 20:00 放送分 5分 『弥七が行く! 東北のいま』 各回の舞台となった東北各地の郷土芸能や郷土料理を紹介する番組。 ナレーションを弥七役の津田寛治が担当。 設定上は弥七が担当していることになっており、弥七の口調であるほか、毎回「風車の弥七です」と自己紹介している。 本編で光圀を演じる武田鉄矢がボーカルを務めるの「 なつかしき風来坊」がテーマ曲として使用されている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 石橋蓮司はオリジナルの第39部~第43部にて、準レギュラーの柳沢吉保を演じた。 清家三彦の息子。 父と同じく東映剣会に所属。 小沢象はオリジナルの第41部では準レギュラーの町田勘解由を演じた。 内田勝正はオリジナルの第17部では準レギュラーの黒谷の道鬼、また第22部では準レギュラーの竜神坊を演じた。 さらにオリジナルのゲスト出演が最多の68回である。 最後のテレビドラマの出演である。 語りを務める生島ヒロシの次男。 山口馬木也はオリジナルの第31部~第37部にて、準レギュラーの鳴神の夜叉王丸を演じた。 石山輝夫は「石山律雄」名義でオリジナルの第20部にて、準レギュラーの笠間尚蔵を演じた。 原口剛はオリジナルの第18部では準レギュラーの中本仁四郎、また第24部では準レギュラーの阿久根重蔵を演じた。 国広富之はオリジナルの第37部と第40部にて、準レギュラーのを演じた。 長年の助監督を務めている。 田村亮はオリジナルの第38部にて、準レギュラーの土屋道庵を演じた。 伊藤かずえは「伊藤和恵」名義でオリジナルの第12部にて、レギュラーの千鶴を演じた。 田中健はオリジナルの2015年スペシャルにて、柳沢吉保を演じた。 大出俊はオリジナルの第29部にて、準レギュラーのを演じた。 浜田晃はオリジナルの第16部では準レギュラーの玄妙、また第18部では準レギュラーの青竜を演じた。 本宮泰風はオリジナルの佐々木助三郎(5代目)を演じたの実弟。 出典 [ ]• BS-TBS 2017年3月14日. 2017年4月10日閲覧。 ステージナタリー. 2017年5月18日. 2017年7月7日閲覧。 ステージナタリー. 2017年7月3日. 2017年7月7日閲覧。 BS-TBS News. 2017年7月6日. 2017年8月3日閲覧。 2017年11月29日放送分• ちなみに同局で放送されたC. L制作による水戸黄門のテレビシリーズは「」と本作のみである。 」のにて再放送。 外部リンク [ ]•

次の

水戸黄門 (第1

水戸 黄門 24 部

穏やかな日々を送るが、光圀の心は落ち着かない。 この世の中に救いを求める人はたくさんいる。 その人々を助けるためには、旅が一番いい。 また、旅に出たい…。 独身者の助さんと八兵衛は自由気ままな身。 なんとかして光圀を旅に引っ張り出そうと、近頃評判の松尾芭蕉「奥の細道」を見せようとしたが、反対に光圀の方からその本を見せられた。 どうやら主従ともに同じ心境のようだ。 そこへ、怪しげな侍に追われ、これまた謎めいた旅の絵師が西山荘へ逃げ込んで来た。 深夜語り合う、光圀と絵師。 次の日、光圀は絵師とうっかり八兵衛のみを連れて旅に出たのだが…。 光圀を事件へといざなう。 格さんの子供、格之介登場/田毎庵は、お新の父がやっていたのを弥七が受け継いだものだった…。 /やはり一話は炎上シーン。 第二話 天狗馬鹿・忍 (第二話:S48. その裏には隠された事情が。 食事に毒が盛られているか試すとき、いっつも金魚鉢の金魚ですねぇ -------------------------------------------------------------------------------- 第三話 人情榛名おろし・高崎 (第三話:S48. 上州高崎の名物ダルマ市を舞台とする仇討ち物語。 東野黄門様「視聴率が30%を超えたら片目を入れます」と、意欲を燃やしていたそう。 -------------------------------------------------------------------------------- 第四話 鬼と呼ばれた娘・三国峠 (第四話:S48. 髪と髭を黒くし若返った黄門さま。。。 -------------------------------------------------------------------------------- 第六話 越後血風録・高田 (第六話:S48. 事件は、十四年前の越後松平家取り潰しに端を発していた。 甲州商人と茶店のおやじに扮し、川中島合戦(?)を繰り広げる。 -------------------------------------------------------------------------------- 第七話 消えた雛人形・新発田 (第七話:S48. その裏には家老職を狙う、次席家老の企みがあった。 やはり強い役だった・・・。 二刀流の天津敏に弥七が吹っ飛ばされます! -------------------------------------------------------------------------------- 第八話 忍び狩り・米沢 (第八話:S48. 上杉十五万石米沢藩には、公儀に知られたくない秘密が・・・。 若いし、細いし、声も渋い・・・。 豪華なゲスト陣です。 -------------------------------------------------------------------------------- 第九話 ごますり剣法免許皆伝・山形 (第九話:S48. -------------------------------------------------------------------------------- 第十話 あの紅が憎い・天童 (第十話:S48. 藩の財政難を救おうと黄門さまと弥七、頑張る。 商人にやり込められる弥七・・・。 なかなか珍しいです。 -------------------------------------------------------------------------------- 第十一話 地獄に落ちた悪い奴・庄内 (第十一話:S48. 裏で操るは本物の仇。 -------------------------------------------------------------------------------- 第十二話 なまはげ様のお通りだ!・秋田 (第十二話:S48. -------------------------------------------------------------------------------- 第十三話 曲わっぱの恋・大館 (第十三話:S48. 秋田杉を巡っての陰謀が背景に。 曲げわっぱ作りの侍とマタギの娘の恋も解決。 やさしく見守る?弥七・・・。 -------------------------------------------------------------------------------- 第十四話 落ちて来たおしら様・弘前 (第十四話:S48. 黄門さま崖から落ちて、助さん切腹!?/子どもにおしら様と思われた黄門さま。 おしら様とは・・・東北から北半島にかけて信じられた農家の神様。 ほうぼうを飛び歩き、気が荒いのが特色。 -------------------------------------------------------------------------------- 第十五話 津軽哀歌・青森 (第十五話:S48. 男と女の三角関係。 複雑に絡んだ糸を黄門さまが解く。 そこにはアイヌを騙して暴利をむさぼる家老がいた。 育てたムツは南部一の名馬に。 村人三十余人を人質に城代家老を出せと要求。 誰の手も借りず、本懐を遂げる・・・。 熱血スポ根物語。 釜作りに命をかける名人嘉平次と、ご禁制を破ってまで庶民に役立つ鉄瓶を作ろうとする弟子の嘉平。 勉強になりますねぇ・・・。 役職を利用し、牢破りを。 弥七も昔の仲間の仕業に苦悩。 一人でけりをつけようとするが・・・放っておけないのが黄門さまのいいところ。 -------------------------------------------------------------------------------- 第二十六話 黄金の誘惑・白石 (第二十六話:S48. そこで死ぬか?という感じでしたが、でもそれが士魂なのでしょうか・・・。 ひなには珍しくうまい酒という助さんのセリフと、庄助さんの娘の名から・・・いいセンスです。 だが、それを狙って殿様暗殺計画が練られていた。 以後、一行に加わる/助さん、弥七にビンタされる。 助さん、二十二話でもビンタされたし・・・可哀想・・・。 孝行者の若殿が還暦を迎える大殿に作った茶室にはからくりが。 古河藩の藩政改革に意欲的に取り組む市之助。 親子対面には様々な障害が・・・。 途中、涙してしまいました・・・。 達人への道第4部作成にあたり、安部徹さんより多大なるご協力をいただきました。 ありがとうございました。

次の

水戸黄門 (第22

水戸 黄門 24 部

には、本シリーズの主要スタッフによりテレビと同じく東野英治郎主演のが制作された。 詳細は「」を参照 各部の概要 [ ] 放送日はおよび同時ネット局を基準とし、レギュラー・準レギュラーの経験があるゲストは 太字で表記する。 第1部 [ ] 水戸黄門 第1部 ジャンル 脚本 監督 出演者 オープニング 「」 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:56 放送枠 ナショナル劇場 放送分 56分 回数 全32 「 水戸黄門 第1部」(みとこうもん だい1ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全32話。 ストーリー [ ] 表向きは大日本史編纂のため、その一方でははっきりとはせぬものの、老中柳沢吉保に疎んじられたことを理由として隠居を決意したとされる先の権中納言 御老公。 若侍に家事や、子供への論語・識字教育などの寺子屋を営み、一方で現地の百姓とともに田を耕すなど、晴耕雨読の日々を送っていた。 そんな中、江戸の町を騒がせていた義賊・が水戸藩江戸家老・の屋敷に忍び込み、ある書状を盗み出した。 世間では義賊とささやかれる弥七も、一方では、ふとしたことから出会い、長く老公に仕えている配下の一人であった。 弥七の盗んだその書状から、老公は、紋太夫ととの間に黒い噂があることを知る。 当初は隠居する身の上で政治に口をはさむことを快く思わなかったものの、幼くして親を亡くした紋太夫を受け入れて、長く育ててきたという関係もあって、真相を究明すべく、を従え、越後の縮緬問屋と手代を装い江戸へ向かった。 藩政をゆだねているの息子、 正確には「よしざね」だが、ドラマでは「よしのぶ」と呼ばれていた にも面会した。 その際、吉孚の健康状態が、老公が隠居をした二年前から悪化し始め、衰弱の一途にあるという事実を知る。 また道中、吉保配下の横目付・古川兵庫の奇襲に遭いながらも弥七の助けを得ながら、江戸に着いた老公は、紋太夫に怒りの刃を振り下ろした…。 騒動はひとまず落着し、水戸に帰ろうとした矢先、古川の手によって深手を負ったの密使が現れ、藩で内紛が起きていることを知り、直ちに実子・()に会うべく高松への道中を急いだ。 だが途中の小田原での駕篭屋同士の喧嘩騒動を目の当たりにした老公は、諸国を廻りながら陽の当たらないところにある歪みを正していこうと決意した。 こうして一行の諸国漫遊の旅が始まった。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 古川兵庫:(第1話~第5話、第13話)• お蝶:(第1話~第5話、第13話)• 深雪:(第1話~第3話、第15話、第32話)• :(第1話~第2話、第4話~第7話、第9話、第11話、第13話、第16話~第17話、第27話、第29話~第31話) 準レギュラー [ ]• :(第1話、第2話)• 中山備前:(第1話、第32話)• :(第2話)• :(第1話、第2話)• :(第1話、第2話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 脚本:(第1話~第3話、第12話~第14話、第23話、第32話)、(第4話、第7話、第9話、第11話)、(第5話~第6話、第8話、第16話)、(第10話、第18話)、(第15話)、(第17話)、(第19話)、(第19話)、(第20話~第21話)、(第22話、第24話~第25話、第28話、第31話)、(第26話)、(第27話)、(第29話)、(第30話)、(第30話)• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 撮影:河原崎隆夫• 美術:• 編集:• 邦楽監修:• 美粧結髪:• 現像:• キャスティング協力:• 制作:、• プロデューサー:(ノンクレジット)、• 監督:(第4話~第5話、第7話、第9話、第13話、第17話~第18話、第21話、第23話、第26話~第27話、第29話、第31話~第32話)、(第20話、第24話、第30話)、(第10話~第11話)、(第1話~第3話、第6話、第8話、第12話、第14話~第16話、第19話、第22話、第25話、第28話)、 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 ゲスト 備考 第1話 1969年 8月4日 俺は助さん お前は格さん 水戸 伍兵衛: 喜助: お千代: 弥七と助、 格が初対面 第2話 8月11日 人生に涙あり 江戸 玄庵: : 吉野屋: 寺の和尚: 能面師: : 御殿医: 第3話 8月18日 小田原喧嘩駕籠 小田原 お小夜: 軍十郎: 甚兵衛: 綿貫源十郎: 西沢郡兵衛: 政吉: 喜太八: 丑之助: 大口屋伊兵衛: 芳三: 甚兵衛の女房: 宿の主人: 宿場の役人: 亀井吉三郎: 刺客: 寅: 源: 第4話 8月25日 消えた花嫁 三島宿 照姫: 陣野嘉門: 楓: 医者: おとし: 女中: 居酒屋の女: 家臣: 第5話 9月1日 血槍の弥平 江尻宿 弥平: 静: 黒田重蔵: 棚橋作左衛門: 伊織: 柳小太夫: 茶屋の亭主: 中間A: 中間B: 門の侍: 口入屋: 虚無僧: 第6話 9月8日 暁を駆ける 藤枝宿 山内鉄也 榊原信助: 加代: 横手右京介: 榊原義助: 亥作: 子助: 辰吉: 卯平: 市兵衛: 次作: 参七: つる: 牢番: 役人: 乞食:大江光 第7話 9月15日 雨あがる 大井川 窪田篤人 内出好吉 梅本: 妙: お雪: 広太郎: 井沢新二郎: お美代: 源爺: 冬樹主膳: 松岡頼母: 大野木: 浪人: 今井: 番頭:小田真士 女中: 木村: 田島: 横内が二役で出演 第8話 9月22日 まぼろしの剣 浜松宿 三好伍郎 山内鉄也 笠寺総十郎: おかつ: 熱田兵馬: 世津: 古渡源左衛門: 茨剣鬼: 田川織部: 万場将監: 万場市之丞: 角屋の小女: 以庵: 露天商の親爺: 第9話 9月29日 黄金の谷 御油宿 窪田篤人 内出好吉 由紀: おせん: 堀内源太夫: 多吉: 多左ヱ門: 山根: 人足: 役人: 浪人: 第10話 10月6日 母恋い馬子唄 松坂宿 おちか: 幸太: 浪乃: 茨木左門: 鍋吉: 弥助:入江慎也 伊兵衛: 第11話 10月13日 二人の黄門さま 伊賀 窪田篤人 源吉: 助八: 角造: 綾姫: 忍び: : 藤堂新一郎: 藤堂新二郎: 池田: 板倉弾正: 刑部: 旅籠の主人: 番頭:森秀人 女中: 瀬戸屋: 旅籠の客: 爺や:飯田覚三 第12話 10月20日 娘の命一千両 堺 宮川一郎 山内鉄也 おみち: 丑之助: おせい: お新: 泉州屋: 軍蔵: 松太郎: 第13話 10月27日 追いつめられて 堺港 内出好吉 軍太夫: 堺町奉行: 橘一馬: 丸屋: 第14話 11月3日 叛逆者の群れ 讃岐 山内鉄也 千加: : : 稲葉勘右衛門: 庄司助右衛門: 桜井: 松田五兵衛: 矢沢: 植田大次郎: 山崎作太郎: 水谷亥之助: 第15話 11月10日 わしは天下の風呂番だ 今治 お糸:岩井友見 彦造: 恵美須屋虎之助: : お夏: 服部頼母: 三吉: 若侍: ひうち屋安兵衛: 小西: 羽州屋: 職人: 船乗り: 岩井友見が旅籠の女主人お糸と二役 第16話 11月17日 命かけるとき 松江 三好伍郎 氷川隼人: 雪の方: 林田新一郎: 柳田修理: 義三郎: 天樹院: 役人: 旅籠の主人: 藩士:唐沢民賢 藩士: 柳田の配下: 刺客: 警固の侍: 第17話 11月24日 人情喧嘩そば 岡山 内出好吉 源兵衛: 長次: 京呉服屋: お辻: 死神の五郎蔵: ゴロツキ: 黒川善十郎: 法印: 関役人番頭: 関役人横目付: あらき屋女中: : 夜警の徒士: 第18話 12月1日 じゃじゃ馬ならし 津山 鈴木則文 琴姫: 五木弦太郎: おかね: 千代: 松平高政: 山中修理: 上田大膳: 黒部刑部: 八重局: 土井: 稲葉梅之助: 家臣: 第19話 12月8日 どっこい生きてた 湊川 山内鉄也 吉五郎: おせい: 辰蔵: 駒金の丈八: 甚八: 三吉: 玄庵:海老江寛 鬼若の勘次: 小幡弥十郎: 丈八の子分: 丈八の子分:佐々五郎 丈八の子分: 浪人: 第20話 12月15日 父を尋ねて 鯖江 篠塚仙之助: お京: 丹波: 次郎吉: 大田黒一平: 茂十:玉生司郎 太市: 猪之松: 旅籠の主人:有馬宏治 旅人: 第21話 12月22日 子の刻登城 高遠 内出好吉 鎌田新左ヱ門: 早苗: 保坂哲次郎: 小太郎: 笠井市之助:坂口徹 相沢幸十郎: : 谷口甚内:山村弘三 小山: 第22話 12月29日 決斗・砂塵の宿 金津 山内鉄也 生方源十郎: おせい: 生方庄太: 赤沢大助: 松田伝内: 磯貝新兵衛: 仁助: おみよ: 吉田屋清兵衛: 越前屋彦兵衛: 七左衛門: 辰蔵: 作造: 弥吉:河上一夫 安松: 第23話 1970年 1月5日 初春・役者騒動記 高山 宮川一郎 内出好吉 お静: 歌三郎: 銀之助: 牧右衛門: 甚兵衛: 久七: おみつ: 鬼瓦: すずめ: 松: 竹: 梅: 五味竜造:丘路千 善太: 喜助: 婆さん: 伯竜: : 第24話 1月12日 謎の死紋 亀田 津田幸夫 田坂勝彦 寺坂弥太郎: 縫: 太兵ヱ: お京: 松島右近: 峰十太夫: 片貝大八: 若侍: 若侍: 子連れの浪人: 第25話 1月19日 旅烏の子守唄 庄内 山内鉄也 弥之吉: 庄左ヱ門: おかよ: 勘太: お絹: 与作: おたえ: 天狗の伝吉: ひょっとこの松: 河童の竹: 鬼塚の熊吉: 神山新吾: 善兵衛: 番頭: 船頭: 医者: 熊吉の子分: 茶店の女将: 壺振り: 第26話 1月26日 越後騒動 高田 内出好吉 市川紺太夫: おみつ・かえで: 新之助: お蓮: お千代: : おとよ: お万: 片山主水: : 服部十左衛門: : : お市:上岡紀美子 役人: 永見の配下: 永見の配下: 第27話 2月2日 暗闇の長者 白河 妙: 別所縫之助: 稲葉主膳: 法庵: 虚無僧A: 虚無僧B: 虚無僧C: 名主太郎衛門: 名主: 婆さん:大江光 第28話 2月9日 隠密無情 磐城 津田幸夫 山内鉄也 志乃: 菊原平太: 堀江外記: 五味庄内: 山形屋重兵衛: 木塚甚八: 飴屋: 薬売り: 乞食: 藩士: 藩士: 第29話 2月16日 ならず者 桐生 内出好吉 相良重蔵: おいね: 久作: 辰吉: 鉄五郎:滝恵一 お松: 善兵衛: 忠助:入江慎也 平右衛門:岩田直二 脇田半太夫: 千鶴: 子分: 役人: 村人: 第30話 2月23日 上州からっ風 前橋 田坂勝彦 田坂勝彦 政吉: お絹: 林外記: 秀五郎: 徳松: 常七: 万作: 卯平:北野拓也 作兵衛:飯田覚三 与助: 平助: 陣太: 辰三: : 第31話 3月2日 乱闘・鷹ノ巣峠 忍 津田幸夫 内出好吉 お竜: 堀田大膳: お蘭の方: 榊原十太夫: 脇坂民部: 脇坂りく: 脇坂綾: 床屋: 侍: 第32話 3月9日 水戸の白梅 水戸 宮川一郎 内出好吉 森田冴: 森田図書: 沼沢喜八郎: 桑田市次郎: 水戸藩士: 水戸藩士: 格が深雪と結婚 解説 [ ]• 第1話冒頭は、原作に則り、格さんは子供たちに論語を教えている描写から始まる。 旅に出る以前の様子を描いたものである。 第1話から第3話のオープニングにおいて「風車の弥七」は「風の弥七」とクレジットされている。 数多くの時代劇斬られ役常連のが第2話冒頭で登場している。 通常は一話完結だが、第1話のみ、第2話で話が完結する体裁が取られている。 第16話で、東野の息子である東野孝彦()がと共演している。 第14話で印籠が初めて披露される。 頼常の一子を世継ぎに立てようとする若侍達の前で、格が老公の名代の証として出している。 悪者達の前で印籠が初めて披露されたのは第23話で、老公自らが腰に付けている印籠を見せている。 第19話にゲスト出演している月形龍之介は、東映劇場版で水戸光圀を演じている。 第25話に子役時のがゲスト出演している。 役は勘太。 また、後に石原軍団を率いるもゲスト出演している。 役は弥之吉。 第29話では印籠は出ず、弥七が天井から決めゼリフを言って飛び降りている(第30話でも決めゼリフを言っている)。 当初は2クール(半年)の予定だったが、高視聴率を獲得し続けたことから第1部で終わるはずが、徐々にお茶の間の支持を得て続編の制作に至った。 オープニングで登場するキャスト・スタッフ紹介のタイトルバックはこのシリーズでのみお蔵入りになったものがある(一般に知られているものは4種類〈黒地に前面徳川三つ葉葵・赤地に下3分の1・青地に右下・紫地に右下4分の1〉だが、このシリーズでのみ存在していたのは青地に左下のタイトルバックで、当初は5種類用意されていた)。 第1部と第2部のポスターに書かれている「水戸黄門」の書体はオープニングと同じ縦文字になっている。 オープニング冒頭ではサブタイトル左下に舞台の地名が書かれるのが基本的であるが、第1部の1話から3話までは地名表示はなくサブタイトルだけが表示される。 全体的にまだこのシリーズでは助格が老公と息が合わないような描写も多く見られており、特に第24話では初めに行き先をどちらにするかで賭けを行ったが、その際に老公が小細工をして勝ったためか、露骨に二人ともに不快感を露にするシーンがあった他、その前のシーンでは助が老公に対して「頑固親父」と暴言を吐くなど、後のシリーズではあまり考えられないような描写も多々見られている。 TBSチャンネルでの再放送 [ ]• 第一部はすでにDVDで全話発売されているが、より、TBSチャンネルでも「TBS開局60周年」というタイトルのもと、第一部の再放送が開始された。 しかし、オープニングは短縮版で、ごく一部のキャストしかクレジットされておらず、出演者やスタッフの詳細は全く不明である。 時間調整の意味合いもあってか、回によってオープニングの長さが違い、またそれに合わせるため、テーマ曲も強引な編集がなされている。 また、番組冒頭では「制作当時を考慮して修正せず放送する」旨アナウンスしているにもかかわらず、現代では差別的表現であると認識される部分はところどころカットされている。 エンディング恒例の芥川によるナレーションも、存在する回としない回があるなど、ばらつきがある。 以上の措置により、すべての回で、本編の放送時間は46分に収まっている。 同年からは、「時代劇特集」として再び放送されている。 2014年2月から、再び放送が開始された。 これに合わせて、TBSチャンネルの宣伝番組「TBSチャンネルニュース」や番宣CMにおいて、杉良太郎と横内正の歌う「ああ人生に涙あり」がBGMとして用いられた。 ただし、これが本放送時のOPで使われたものか、本放送後に発売・収録されたレコード音源なのかは不明である。 2014年2月放送部分も、引き続き標準画質かつ不適切な表現をカットした素材を放送素材に用いている。 外部リンク [ ]• 第2部 [ ] 水戸黄門 第2部 ジャンル 脚本 監督 出演者 オープニング 「」 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:56 放送枠 ナショナル劇場 放送分 56分 回数 全33 「 水戸黄門 第2部」(みとこうもん だい2ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全33話(通算65回)。 ストーリー [ ] 、両藩の争いを解決するため旅に出る。 事件解決後、の御家騒動を解決するため、久留米へ向かう。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• うっかり八兵衛:• 風車の弥七:• 堀越菊江(お菊):(第1話~第3話、第5話~第10話)• 堀越新之丞:(第1話~第3話、第5話~第7話、第9話~第10話)• 弥生:(第27話~第32話)• 比留間伝八郎:(第1話~第3話、第5話~第6話、第8話~第10話) 準レギュラー [ ]• 渥美深雪:(第1話)• 中山備前:(第1話)• :(第33話)• 徳川綱吉:(第33話)• 桂昌院:(第33話)• 隆光:(第33話)• 柳沢吉保:(第1話、第33話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 脚本:(第4話、第7話、第12話~第13話、第20話、第23話、第31話)、(第1話~第2話、第9話~第10話、第19話、第22話、第32話~第33話)、(第11話、第14話、第18話、第21話)、(第3話、第5話~第6話、第8話、第17話、第24話、第26話、第30話)、(第15話~第16話)、(第25話)、(第27話)、(第28話~第29話)• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 編集:• 美粧結髪:• 邦楽監修:• 現像:• キャスティング協力:• 制作:、• プロデューサー:(ノンクレジット)、、• 格さん 垂井 宮川一郎 内出好吉 お春: 美濃屋太兵衛: 赤銅屋仁兵衛:小林重四郎 垂井宿場役人: 左利きの浪人: 越美屋: 喜助: 定七: 卯之助: 柳屋: 文吉: 赤銅屋の子分: 第23話 3月1日 謀略の渦 福井 葉村彰子 広尾織江:土田早苗 広尾新次郎: 香取京之助: 吉村内蔵助: 横地武右衛門:北沢彪 : 片貝: お市の方: 若侍: 若侍: 第24話 3月8日 悪い奴ら 宮津 津田幸夫 お袖: 暗闇の半助: 丹後屋伝蔵: 天狗の辰: お梅: 葛城作之進:中村錦司 伊三郎: 清吉: 桔梗屋りつ: 第25話 3月15日 黄門様の子守唄 鳥取 窪田篤人 石川義寛 お絹: 伊右衛門: 左兵衛: 新三: 浪人: ならず者: おかみさん: おさよ: 浪人: 医者: 浪人: 伊右衛門の妻: 再放送欠番 第26話 3月22日 帰って来た旅烏 浜田 津田幸夫 松村昌治 磯浜の源太:里見浩太郎 駒吉: 三崎屋おさい: おきぬ: 五兵衛: 勘蔵: 丈太郎:坂口徹 浪人: 子分: 第27話 3月29日 密命おびて 萩 鈴木則文 石川義寛 桂木桐江: 望月隼人: 城戸刑部: 黒沼豪之助:深江章喜 秋月郡兵衛: 風見治助:西田良 旅籠の主人: 番頭:入江慎也 望月の朋輩: 短筒の配下:波多野博 第28話 4月5日 裏切り 小倉 田坂勝彦 おさよ: 新吉: 小倉屋十兵衛:増田順司 六藏: 平井権太夫: 岩城: 小笠原大膳太夫:中村錦司 第29話 4月12日 にせ黄門現わる 福岡 石川義寛 にせ黄門:梅津栄 にせ助さん: にせ格さん: 秋月七重: 与平次: 等々力五郎太: 松永丈右衛門:夏目俊二 はかた屋清三: 番頭: 柿崎伊三郎: 栗山外記: 第30話 4月19日 隠密兄妹 佐賀 津田幸夫 田坂勝彦 江戸屋菊次郎: おなつ:北川美佳 おりく: 七兵衛:浜田寅彦 唐津屋藤兵衛: 沼田主膳: 立原市之助: 松平肥前守: 魚屋:玉生司郎 坊主: 第31話 4月26日 家宝奪還作戦 柳河 葉村彰子 由布芳江: 戸崎数馬: 宗仙: 由布和泉守: 山崎無膳: すいびらの平次: 横地玄蕃: : 飲み屋の客: 商人:柳川清 第32話 5月3日 小太刀の女 久留米 宮川一郎 石川義寛 高崎数之進: 津坂大膳: 榊原帯刀: 筑後屋茂右衛門: 横山三之助:横森久 有馬光房:市川男女之助 お方様: 藩士: 中沢: 第33話 5月10日 お犬さま罷り通る 江戸 松村昌治 魚金: おしげ: おその: 石野主水: 役人:丘路千 用人:堀正夫 女中: 解説 [ ]• ひと暴れした後、印籠を見せて老公の正体を明かすという御馴染のパターンに近い形での印籠の使用は今シリーズからである。 第4話に東野の息子である東野孝彦()がゲスト出演している。 第14話・第26話に第3部より佐々木助三郎役を演じるがゲスト出演している。 第14話に第27-32話において弥生役でレギュラー出演したがゲスト出演している。 第25話は再放送では欠番だが、DVD・VHSソフトには収録されている。 第28話-第32話では杉のスケジュールの都合で助と八が出演していない。 シナリオ上では27話において助が戦闘中に銃弾により負傷、八はその介助のために2人で一行から離れるという筋書きとなっている。 助役のの最終シリーズである。 2014年4月より、TBSチャンネルで2度目の再放送が行われたが、第25話は引き続き欠番扱いである。 再放送素材のオープニングでは、第一部とは変わって、全話にわたって30秒程度に短縮する形で統一がはかられている。 外部リンク [ ]• 第3部 [ ] 水戸黄門 第3部 ジャンル 脚本 監督 出演者 オープニング 「」 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:56 放送枠 ナショナル劇場 放送分 56分 回数 全28 「 水戸黄門 第3部」(みとこうもん だい3ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全28話(通算93回)。 ストーリー [ ] 柳沢が「御老公様がを取り潰そうとしている」という噂を流したため、その誤解を解くために薩摩へ向かう。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• うっかり八兵衛:• 霞のお新:• 風車の弥七:(第1話~第11話、第15話~第17話、第19話~第28話)• 夜鴉の藤吉:• 柘植九郎太: 準レギュラー [ ]• 渥美深雪:(第1話、第28話)• 中山備前:(第1話、第28話(回想シーンのみ))• 徳川綱吉:(第28話)• 桂三左衛門:(第1話、第28話)• 笠間陣十郎:(第1話、第28話(回想シーンのみ))• 司馬丹三郎:(第1話、第28話(回想シーンのみ))• 尾張大納言綱誠:(第1話、第28話)• 染子:(第2話、第28話)• 島津左京:(第1話、第28話)• 柳沢吉保:(第1話、第2話、第28話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 編集:• 邦楽監修:• 美粧結髪:• 現像:• プロデューサー:(ノンクレジット)、、郡進剛 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 ゲスト 備考 第1話 1971年 11月29日 南から来た密使 水戸 加藤泰 葉村彰子 山内鉄也 野ぶすまの仁平: : 薩摩藩江戸家老: 薩摩藩士: 供侍: 供侍: 水戸藩士: 水戸藩士: 深雪が妊娠 第2話 12月6日 明神谷の決闘 小田原 おせい: 栄次郎: 松田玄蕃: 相模屋次郎八: 大五郎: 源太: : 竹: 熊: 寅: 柳沢の用人: 役人: 相模屋の乾分: 相模屋の乾分: 相模屋の乾分: 職人: 第3話 12月13日 雲助珍道中 箱根 葉村彰子 荒井岱志 おとし: 熊: 茂: 茶店の婆さん: 定: 風祭の平十: 田代甚太夫: 浜田鉄之進: 寅: 設楽三河守: 平十の女房: 関所役人: 第4話 12月20日 人狩り 三島 津田幸夫 内出好吉 お雪: 湊屋伝兵衛: 島蔵: 山崎三九郎: 与平: 富士見屋主人: 新吉: 源: 子分: 大名: 道庵: 再放送欠番 第5話 12月27日 掟を破った黄門さま 駿河 葉村彰子 茅乃: 勘四郎: 名主 正蔵: 義三郎: 茶店の親父・権兵衛: 山崎因幡守: 役人: 百姓: 百姓: 千坂修理: 目明し: 第6話 1972年 1月3日 仇討ち姉弟 藤枝 加藤泰 山内鉄也 都築うめ: 都築竹次郎: 赤石呑龍(黒川源十郎): 女中: おぎんの父: 金太郎の母: : 赤石の門弟: 木賃宿の客: おぎん: 金太郎: 第7話 1月10日 日本一の川人足 島田 葉村彰子 内出好吉 伝造: おしげ: 作兵衛: 源八: 中田才助: 権次: 三吉: 友: : : 共侍: 旅籠の番頭: 川越客: 篠山藩家中: 中盆: 用心棒: 第8話 1月17日 雪姫変化 掛川 津田幸夫 堀直次郎: お仙(中村仙之丞): 雪姫: 村上玄蕃: 宮田伊十郎: 吉兵衛: 井伊直宣: 矢沢: 早苗: 関根彦太夫: 呼び込み: 役人: 役人: 増山源三郎: 里見が二役で出演 第9話 1月24日 愛のむち 浜松 大西信行 吉住沙織: 岩倉武太夫: 浜松屋剛右衛門: 法浄: 吉住喜一郎: 立原: : 吉住喜十郎:入江慎也 呉服屋主人: 番頭: 老人: 第10話 1月31日 泣く子にゃ勝てぬ黄門さま 吉田 稲垣俊 山内鉄也 へら平: 桂: 兵馬: お宮: お雪の方: 岩城三左衛門: お鶴の方:三浦徳子 旅籠の女中: : 渡辺: 旅籠の主人: 第11話 2月7日 恩讐の通し矢 岡崎 葉村彰子 鎌田房夫 湯佐新八郎: 福地宗右衛門: 藤兵衛: 加納屋重兵衛: 榊原内膳: : おゆき: : 五助: 旅の浪人: 旅の浪人: 飲み屋の客: 飲み屋の客: 飲み屋の客: 茶店の主人: 重役:村居京之輔 内膳の家来:森源太郎 内膳の家来: 津山源五兵衛:岩尾正隆 山村作兵衛: 家臣: 第12話 2月14日 消えた密書 宮 内出好吉 おけい: 高月軍太夫: 儀助: 敬太: 喜兵衛: : 勝造: 百姓: 百姓: 第13話 2月21日 死を賭けた願い 桑名 加藤泰 中村五平太: お花: 幸右衛門: 中村金八: 川井伊賀之介: お千代: : 根来典膳: 胴元: お粂:小林泉 野坂重兵衛: 春千代:斉藤信也 鍋丸: 焼き蛤屋: 賭場の客: 五平太の家来:木谷邦臣 第14話 2月28日 激流の死闘 伊勢亀山 山内鉄也 山内鉄也 川井芳江: 川井新八郎: 吉沢頼母: 惣右衛門: 蓬莱屋伝兵衛: : 横地: 伝造: 浪人: 浪人: 町役人: 人足:岩尾正隆 浪人: 乞食: 第15話 3月6日 忍びの掟 伊賀上野 葉村彰子 茜: 小弥太: 名張の弥平次:武藤英司 久留島嘉門: 柘植玄斉: 松丸: 甚内: 忍び: 忍び: 忍び: 第16話 3月13日 あほんだら兄ちゃん 河内 加藤泰 内出好吉 おひさ: 藤七: 宗兵衛: 弓削: 油屋呉七: 胴元: 馬:山本一郎 油屋の用心棒: 油屋の乾分: 旅籠の番頭: 住職: 油屋の乾分: 荷を回収する男: 丁の目の半次: 第17話 3月20日 二つに別れた黄門主従 堺 大西信行 山内鉄也 お葉: 島原甚内: 市兵衛: 六之助: 千代吉: 加賀藩用人: 佐々木: ごろつき: ごろつき: ごろつき: 宗家 宝屋緑寿斎: 本家 宝屋緑寿斎: 第18話 3月27日 人情・刀鍛冶 岡山 葉村彰子 お園: おまき: 安藤外記: 七之助: おのぶ: 藤五郎: 要助: 浪人:岩尾正隆 :南条新太郎 和泉屋: 女中: 左門: 祐定: 第19話 4月3日 姿なき復讐 徳島 津田幸夫 内出好吉 志乃: 榊原源十郎: 松崎典膳: 関根源蔵:夏目俊二 山名屋五兵衛: 綾: 伊助: 黒田弥九郎:高森玄 伊勢屋甚助:入江慎也 田原屋利吉:村居京之輔 : 宿の女中: 野次馬: 野次馬: 手代: 第20話 4月10日 帰って来た男 土佐 加藤泰 お夏: 安太郎: おちか: 横波の五郎蔵: 代官軍八郎: 寅次: 二葉屋の主人: 野々村内記: あかしや卯八: 用心棒:木谷邦臣 五郎蔵の乾分: 五郎蔵の子分: 漁師:田中幸四郎 漁師:疋田泰盛 用心棒: 用心棒: 乾分: 室戸屋: 第21話 4月17日 母恋巡礼 岩国 葉村彰子 津田幸夫 お静: 讃州屋清兵衛: 住職: 大野丹波: 西沢伊十郎: 銀次: 新田屋仙左衛門: 婆さん: おさよ:竹内美香 第22話 4月24日 消えた姫君 下関 葉村彰子 鎌田房夫 鶴姫: 梅乃: 大田黒将監: 増田源三郎: 吉沢: 新次: 新太: ふぐ新主人:山村弘三 黒沼源兵衛: 平四郎: 増田頼母:市川男女之助 助八:波多野博 女中: 役人: 役人: 番頭: 第23話 5月1日 仇討ち博多人形 博多 葉村彰子 石川孝人 山内鉄也 小袖: 文平: 瀧田嘉兵衛: 元舟屋徳兵衛: 石岡: 米八: 酔った男性: 侍: 女中: 第24話 5月8日 女海賊とにせ黄門 平戸 加藤泰 源爺: 卍丸の船長 亀: おこの: 小松屋宗吉:大竹修造 田上作左衛門: 壱: 三造:市村昌治 : まつら屋の婆さん: 藩士: 薩摩藩長崎屋敷の役人: 役人: 役人: 漁師: 海賊:平沢彰 海賊:松田利夫 海賊: 老女: 家臣:新田章 東野が二役で出演 第25話 5月15日 狙撃者 天草 葉村彰子 おみの: 鬼塚甚八: 下げ針の金作: 茂平次: 戸塚剛右衛門: 跡部新作: 大河内左内: 与茂作: 第26話 5月22日 肥後の競い馬 熊本 葉村彰子 石川孝人 山内鉄也 喜助: 琴姫: 寅蔵: 宍戸刑部: 十時新太郎: 大島剛蔵: 小山田一平太: :中村錦司 中間:西田良 中間: 第27話 5月29日 夕映えの対決 宮崎 加藤泰 鎌田房夫 堀十九二: おひさ: 高林くみ: 伝九郎: 土々呂の逸平: 彦造: 町奉行:永野達雄 飯田五太夫:玉生司郎 用心棒: 旅籠の主人:乃木年雄 野次馬: 騎馬侍: かめ吉:武藤章生 お鶴: おかみさん: おかみさん: 岡村洪庵:市川裕二 名主: 子分: 子分: 子分: 第28話 6月5日 暗雲晴れて 薩摩・江戸 葉村彰子 山内鉄也 司馬丹兵衛: 笠間与一郎: お百合の方: :坂東京三郎 藩士:波多野博 格之進と深雪に 格之助が生まれる 解説 [ ]• 第1話で死亡した仁平(お新の父親)の卒塔婆に書かれた命日より本作品が元禄3年の話であることがわかる。 第4話では代官がを叫んでいるが、DVD・VHSソフトには収録されている。 第1部から「三つ葉葵の印籠」の登場シーンについては試行錯誤の繰返しだったが、この第3部で定着し、以降恒例となる。 第3部のポスターから「水戸黄門」の書体が縦文字から横文字に変更された。 このシリーズで柳沢は、隠居に追い込まれ、以降東野黄門シリーズでは登場していない(14部から再登場している)。 助三郎役は、になる。 また、霞のお新()が初めて登場する。 2015年2月より、TBSチャンネル1にて、二度目の再放送。 ただし、第4話は、欠番扱いである。 外部リンク [ ]• 第4部 [ ] 水戸黄門 第4部 ジャンル 脚本 監督 出演者 オープニング 「」 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:55 放送枠 ナショナル劇場 放送分 55分 回数 全35 「 水戸黄門 第4部」(みとこうもん だい4ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全35話(通算128回)。 ストーリー [ ] 第1部で解決したはずのを解決するため旅に出る。 問題解決後は「」をたどって東北を旅し、北海道に渡る。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• うっかり八兵衛:• 霞のお新:(第1話~第2話、第30話~第35話)• 風車の弥七:• 山田左膳(石塚清雅):(第1話~第3話、第5話~第6話)• 天童玄蕃:(第1話~第3話、第6話)• 玄蕃配下の浪人:(第1話~第3話、第6話)• 玄蕃配下の浪人:(第1話~第3話、第6話)• 玄蕃配下の浪人:(第1話~第3話、第6話) 準レギュラー [ ]• 渥美深雪:(第1話、第35話)• 渥美格之助:(第1話、第35話)• 久美:(第1話、第2話、第6話)• 武田浪路:(第1話、第35話)• 中山備前:(第1話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 撮影:、、、、• 美術:、、• 録音:、、、、、、• 照明:、、、、、、• 編集:• チーフ助監督:(第13話、第19話~第21話、第23話、第25話、第28話~第30話、第32話~第33話、第35話)、(第4話、第7話、第10話、第14話、第26話~第27話、第31話)、(第11話~第12話、第34話)、(第1話~第3話)、(第5話~第6話)、(第8話~第9話、第15話、第18話、第22話、第24話)• 特技:• 邦楽監修:• 擬斗:、、、、• 舞踊振付:• 装置:、、• 衣裳:• 記録:、、、、、• 演技事務:、、• 製作進行:、、、• 装飾制作:• 小道具制作:• 衣装制作:• 美粧結髪:• かつら制作:• 現像:• キャスティング協力:• 制作:、• プロデューサー:(ノンクレジット)、、 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 ゲスト 備考 第1話 1973年 1月22日 旅立ちの歌 水戸・江戸 葉村彰子 山内鉄也 武田図書: 百姓: 供侍: 山部主水正: 浪路の妹: 茶店の親爺: 飛脚: 浪人: 格之助: 浪人: 浪人: 百姓: 第2話 1月29日 天狗馬鹿 忍 葉村彰子 石川孝人 川添丹波: 坂上忠之: お徳の方: 坂上早苗: 吉田道庵: : 川添配下の浪人: 茶店の親爺: 茶店の女将: 下役人: 大八車の男: : 川添大助: 門番: 川添配下: おはな: おはなの母親: 川添配下: : 第3話 2月5日 人情榛名おろし 高崎 津田幸夫 吉沢典膳: 矢崎源九郎: 横倉聞多: 寺本勝之助: 横倉忍: 滝川公一郎: 旅籠の女中: だるま売り: 第4話 2月12日 鬼と呼ばれた娘 三国峠 大西信行 小向蔵人: 小野十右衛門: 須貝玄五郎: 梶原要造: : 直助: 首領: 山賊: 家臣: 山賊: 野次馬: 家臣: 門番: 門番: 野次馬: 小野七重: 第5話 2月19日 黒いひげの黄門さま 長岡 葉村彰子 内出好吉 丹後屋光右衛門: お志乃: 機屋婆: 山城屋佐吉: 佐久間善三郎: 笹屋女将: 山野兵庫: : 三之助: 丹後屋の番頭: 旅籠の女中: 旅籠の番頭: 飯屋の親爺: 機屋: 機屋の織子: 機屋の織子: 町人: 町人: 丁稚: 山城屋の子分: 東野が二役で出演 第6話 2月26日 越後血風録 高田 坂田源太夫: 大隈帯刀: 高坂但馬: 甲州商人: 茶屋の親爺: : 水谷茂十郎: 田宮源人: 山根武太夫: 藩士: 藩士: 藩士: 村田重蔵: 藩士: 中間 喜助: 家臣: 家臣: 山根の中間: 第7話 3月5日 消えた雛人形 新発田 葉村彰子 石川孝人 山内鉄也 お駒: 八重樫保右衛門: 赤根玄蕃: 文太: 巳之吉: 山科兵之助: 弥二郎: 吉岡左門: 菊池光五郎: : 飯屋の女中: 飯屋の親爺: 飯屋の客: 飯屋の客: 田丸屋女中: 九重屋おきぬ: 放送通算100回を記録 協力:あしだや京都中山人形店 第8話 3月12日 忍び狩り 米沢 宮川一郎 沢本数之助: 秋山次郎右衛門: 浦野: 西山道明: 三郎兵衛: : 重三郎: おみつ: 六右衛門: 山伏: 修験者: 上杉綱通: 風呂番: 百姓: 俊助: 秋山袖: 尚古堂: 川添刑部: 協力:米沢市 第9話 3月19日 ごますり剣法免許皆伝 山形 大西信行 北野屋辰之助: お梅: お七: 立花玄五郎: 堀田内記: 彦兵衛: 浪人: 浪人: 丁稚: 茶店の婆さん: 立花の門弟: 丁稚: 第10話 3月26日 あの紅が憎い 天童 山内鉄也 お菊: 万造: 北島将監: 利吉: 奥田昌能: 日野屋嘉兵衛: 鹿渡の伝八: 花嫁の父親: 役人:田中弘史 日野屋の丁稚: 子分: 牢番: 牢番: 娘: 娘: 第11話 4月2日 地獄に落ちた悪い奴 庄内 内出好吉 牧野平左衛門: 榊原隼人: 春三之進: 〆春: お牧: 村の娘: 男の子: 信太郎: 百姓: 料亭の主人: 役人: 旅籠の主人: 母親: 百姓: 愚庵: 第12話 4月9日 なまはげ様のお通りだ! 秋田 稲垣俊 八重: 石塚孫太夫: 目付銀: 川村棋一郎: 浪速屋六左衛門: 役人: 門番: 石塚の部下: 店の主人: 目付の手下: 川村総治郎: 川村さき: 協力:男鹿市 第13話 4月16日 曲わっぱの恋 大館 葉村彰子 お杉: 三木文之進: 小野寺外記: 重蔵: 田代甚太夫: 黒木甚八: 河内屋三衛門: 多助: 百姓: 三木加津: 第14話 4月23日 落ちて来たおしら様 弘前 池田一朗 山内鉄也 上田仁左衛門: 与左衛門: 伍平: 山口三左衛門: 勘太: お道: 直吉: 勘七:下元年世 百姓: 山目付: 落合村の猟師: 山目付: 山目付: 猟師: 百姓: 第15話 4月30日 津軽哀歌 青森 さわさかえ 卯之吉: 佐吉: おいち: 烏帽子屋五兵衛: 坂屋源八郎: 油川の又蔵: 与吉: 役人: 又蔵の手下: 又蔵の手下:徳田実 第16話 5月7日 北海の反乱(前編) 松前 山内鉄也 葉村彰子 タツニ: ニスレックル: 姉崎嘉門: 渡島屋清兵衛: : 仙波要介: 再放送欠番 (その理由については後述) 第17話 5月14日 北海の反乱(後編) 第18話 5月21日 駈けろ若駒 八戸 葉村彰子 石川孝人 千坂隆太郎: 依田吉之介: 権右衛門: : 権太: 権次:平沢彰 浅川平之丞: 千坂加代: 第19話 5月28日 七人の暗殺者 三戸 池田一朗 内出好吉 天草一郎太: 月岡修理: 安井頼母: 黒沢孫兵衛: 天草三郎太: 天草次郎太: 天草七郎太: 天草六郎太: 天草四郎太:藤本秀夫 天草五郎太: ゆきの姉: ゆき: 役人:大城泰 笹丹波: 第20話 6月4日 湖水の女 十和田 葉村彰子 津田幸夫 庄兵衛: 筒井左膳: お種: 儀助: 家老内田: 目付: 仙三: 木地師: 船頭:海老江寛 木地師:前川良三 木地師: 筒井家の侍: おりん: 第21話 6月11日 南部鉄瓶由来 盛岡 葉村彰子 佐々木由美: 嘉平: 孫六: 吉五郎: 久兵衛: 野口武太夫: : 仙八: 佐々木嘉平次: 協力:南部釜御釜師 鈴木盛久 第22話 6月18日 激流に実る恋 北上川 池田一朗 山内鉄也 川村加奈: 吉村兵庫: : 近江屋源助: 上泉玄藩: 名主・善兵衛: だるまの重兵衛: 長屋の差配:北原将光 役人: 子分: 近江屋番頭: 大工:前川良三 役人:森源太郎 御殿医:松田明 子分:志賀勝 子分: 測量の役人: 百姓:熊谷武 百姓: おかみさん: おかみさん: 第23話 6月25日 泥棒にされた黄門さま 一ノ関 内出好吉 亀太: 伊東空斉: 大庄屋仁左衛門: 山岸治郎右衛門: 山住五兵衛: 松木三郎右衛門: 囚人: 山岸の屋敷侍: 番人: 第24話 7月2日 牢破り 石巻 葉村彰子 山内鉄也 奥村喜一郎: 彦坂源八: 木村啓之助: 早坂刑部: 儀助: 早坂弥平次: 奥村綾乃: : 牢番: 囚人: 囚人: 牢番: 旅籠の番頭: 旅籠の女中: お豊: 第25話 7月9日 狙われた弥七 仙台 宮川一郎 内出好吉 おその: 奥州屋清次郎: 雨宮七十郎: 濡れ髪の源蔵: 血桜十兵衛、甚助: 大沢靫負: 吉兵衛: 山崎屋由兵衛: 伊兵衛: 盗賊一味: 盗賊一味: 水茶屋の女将: 飯屋の女中: 第26話 7月16日 黄金の誘惑 白石 津田幸夫 山内鉄也 早坂奈津江: 木地屋五兵衛: 綱木頼母: 岩崎弥九郎: 杉山良以: 銀六: 黒田伊十郎: 早坂平馬: おしん: 役人: 役人: 旅籠の番頭: 第27話 7月23日 士魂 福島 有村律: 石立刑部: 矢崎賢八郎: 武平: : 庄屋譲右衛門: 長田屋次助: 有村粂太郎:三木豊 旅籠の女中:佃和美 有村伊兵衛: 第28話 7月30日 庄助さんの娘 会津若松 大西信行 内出好吉 お菊: 小原庄助: 梅沢与太夫: 笹屋重吉: 多七: 多助: 田川の留吉: 弁天の島五郎: 笹屋の番頭:滝譲二 やくざ: 居酒屋の親父:北見唯一 役人: やくざ: お袖: 茶店の婆さん: やくざ: 第29話 8月6日 しのびの殿さま 郡山 お秀の方: 松平正保: 守山外記: 谷口弥平次: 矢部音十郎: 北川伊之助: 居酒屋のの客:神戸瓢介 岡っ引き伝助:国一太郎 浪人: 居酒屋の客:浜伸二 浪人: 浪人:北川俊夫 役人:小田真士 旅籠の番頭:村田玉郎 居酒屋の客:古閑達則 役人:土橋勇 役人:藤沢徹夫 居酒屋の親爺:村居京之輔 百姓: 下っ引き寅: 百姓: 第30話 8月13日 御用金強奪事件 白河 葉村彰子 白石屋の娘お峰: 溝呂木一作: 丑蔵: 秋葉勘十郎: 杉森救女: 岩松: 浪人:阿波地大輔 御用金輸送の役人: 御用金輸送の役人: 医者: 町役人: 丑蔵の子分:小峰一男 白石屋の手代: 白石屋の手代: 葬儀の参列者: 葬儀の参列者:市川祐二 丑蔵の子分:藤長照夫 丑蔵の子分: おかみさん: 人質の娘: 人質の娘: 第31話 8月20日 仇討無用 日光 大西信行 鎌田房夫 牛追い権九郎: 治助: 小浪: お若: やくざ: 老婆: やくざ: 茶店の親爺: 役人: 旅籠の番頭: やくざに絡まれる男性:加茂雅幹 ぶつかるやくざ: やくざ: 旅籠の女中:丸平峰子 やくざに絡まれる女性:志水見菜子 浅利又四郎: 第32話 8月27日 からくり異聞 宇都宮 葉村彰子 石川孝人 内出好吉 佐吉: おみつ: 酒井采女: 田尻仁三郎: 沖山: お濃の方: 戸田忠世:市川男女之助 飛騨の源八: : 竹丸: 長屋のお内儀: 久助: 第33話 9月3日 長槍始末記 古河 石川孝人 小宮市之介: 小宮美保: 日向頼母: 北原浅衛門: : 庄作: 関所の役人: 藩士: 藩士: 藩士: 百姓: 百姓: 役宅の若侍: 小田切勘兵衛: 第34話 9月10日 家康公のお墨付 真岡 葉村彰子 芳賀太左衛門: 太吉: お美代: 笠原彦六: 茂一: 檜垣五郎兵衛: 古島大八: 百姓:海老江寛 : 大庄屋の番頭:北原将光 やくざ: 役人:土橋勇 茶店の親爺:熊谷武 やくざ: 娘: 第35話 9月17日 旅こそ人生 水戸 内出好吉 谷口武兵衛: 中山源三郎: 坂田河内守: 笠井次郎左衛門: 逃水の利兵衛: 浪人: 蝦蟇の油売り: 利兵衛の仲間:千葉敏郎 :那須伸太朗 茶店の親爺: 中山備前守が死去 解説 [ ]• 光圀は 越後の縮緬問屋の隠居・光右衛門と名乗って旅をしているが、第5話で本物の越後の縮緬問屋の隠居・光右衛門(東野の二役)が登場する。 本物の光右衛門は強欲でとかく評判が悪く、光圀は最初民衆から石を投げつけられたりとひどい目に遭わされる。 第9話「ごますり剣法免許皆伝」では「剣術」という言葉が再放送でそのまま流れた。 第16話・第17話「北海の反乱」(前・後編)は再放送されていない。 これは前編の本放送終了時に、サケと米の交換の比率が異なること、儀式や風習が全く異なることについて札幌在住のアイヌ有志からにクレームがつき、翌週の後編の放送中止を申し入れたためである。 これについては、北海道放送側が後編の放送中に おわびのテロップを入れることで一応の解決をみる格好となった。 東野黄門独特の「かっかっか」という笑いはこのシリーズで完成した。 弥七とお新は結婚して田毎庵(たごとあん)という蕎麦屋を営んでおり、お新は弥七出立の留守を守るという設定になる。 この設定は宮園純子が私生活で結婚したためで、お新はシリーズの初回と終盤にしか登場しない。 第4部のポスターから放送開始の告知の書体が太くなった。 中山備前を演じた永田靖は、第1話放映前の1972年9月に死去しており、生前最後の出演となった。 第4部以降は長らくソフト化されていなかったが、2012年3月23日にから13部までDVD化されることが分かった 但し「北海の反乱」は、前述の事情から収録されていない。 2015年6月22日より、TBSチャンネル1にて2度目の再放送開始(ただし、慣例に従い、上記16・17話は欠番• 2000年以降の地上波等の番組枠に合わせて3部までOPが短縮されていたが、この部からオープニングが完全版になる(本放送当時の番組枠が1分短縮されたため。 同じく大岡越前も第3部途中より、オープニングが完全版に代わる)。 外部リンク [ ]• 第5部 [ ] 水戸黄門 第5部 ジャンル 脚本 監督 出演者 オープニング 「」 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:55 放送枠 ナショナル劇場 放送分 55分 回数 全26 「 水戸黄門 第5部」(みとこうもん だい5ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全26話(通算154回)。 ストーリー [ ] 光圀の行列に直訴したの姫から、城代家老・宍戸源左衛門()の悪事により危機にさらされているのの実情を知らされ、藩を救うため旅に出る。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• うっかり八兵衛:• 霞のお新:• 風車の弥七:• 安里姫:• :(第1話~第5話、第7話、第10話、第15話~第16話、第20話~第21話、第25話~第26話) 準レギュラー [ ]• 徳川綱吉:(第1話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 編集:• 特技:• 邦楽監修:• 装飾制作:• 小道具制作:• 衣装制作:• 美粧結髪:• かつら制作:• 現像:• キャスティング協力:• 制作:、• プロデューサー:(ノンクレジット)、、 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 ゲスト 備考 第1話 1974年 4月1日 水戸黄門 江戸 葉村彰子 内出好吉 玉の浦朝英: 山室軍兵衛: 鰻屋の主人: 小六: : 丑松: 源太: 小蝶: : 寅蔵: 鰻屋: 玄竜の子分: 役人: 役人: 六兵衛: 横内が二役で出演。 第2話 4月8日 仇討ち甲州路 青梅 岩城甚九郎: 木島源之助: 新吉: 相模屋藤五郎: 小六: 丑松: 小蝶: 源太: 寅蔵: 御岳山の客: 旅籠の主人: 役人: 御岳山の客: 船頭: 相模屋の子分: 家臣: 伊那半左衛門: 六兵衛: 第3話 4月15日 命をかけた友情 塩山 津田幸夫 堀平八郎: お滝: 甲州屋仁助: 滝川大膳: 近江屋佐吉: 相沢伴助: 桔梗屋の女中: 第4話 4月22日 黄門さまのおまじない 諏訪 大西信行 鎌田房夫 岩吉: お静: 米田屋太平: 上原六郎太: 米屋: 米田屋の番頭: 魚屋: 大名: 炭屋: 酒屋: 女中: 女中: 女中: 老侍: 第5話 4月29日 苦難を越えて 松本 石川孝人 葉村彰子 脇田源左衛門: 時山勘兵衛: お園: 小田切主馬: 目明し: 商人: 脇田小太郎: 梶井米三郎: 第6話 5月6日 お新に惚れた男 高山 葉村彰子 大西信行 山内鉄也 おちか: 庄左衛門: 市右衛門: 外山正勝: 杉田屋嘉兵衛: 市之助: 坂井又兵衛: 酒屋の主人: 第7話 5月13日 盗まれた路用金 富山 加藤泰 お仏壇の半次: 平野屋与兵衛: たけ: 半次の母 おちか: 八尾の旅籠の娘: 風呂番: 百姓: 枡屋の主人: 枡屋の番頭: 八尾の旅籠の主人: 玄竜の手下: 玄竜の手下: 玄竜の手下: 玄竜の手下: 玄竜の手下: 客: 玄竜の手下: 枡屋の女中: 八尾の旅籠の女将: 丁稚: 第8話 5月20日 一寸の虫にも五分の魂 金沢 稲垣俊 荒井岱志 森誠一郎: 奥村三左衛門: 前田左京: 横井源之丞: 川村多三郎: 林久蔵: 飯田: 志津の母親: 左京の配下: 左京の配下: 山田: 下役人: 茶坊主: 子ども: 子ども: 奥村志津: 森かね: 第9話 5月27日 黒い奉書紙 福井 宮川一郎 菊地奛 お咲: 卯吉: 新三: 渋川源十郎: 尾山: 藤兵衛: 奉行 安達: 佐兵衛: 伊兵衛: 山崎: 渋川配下の侍: 女将: 旅籠の女中: ㋑の番頭: 第10話 6月3日 恋にかける天の橋立 宮津 葉村彰子 内出好吉 お千代: 三之助: 岩狭屋庄右衛門: 黒川刑部: 卍屋十兵衛: 丹後屋勘助: 寅吉: 彦兵衛: 丹後屋の手下: 丹後屋の手下: 役人: 下役人: 客: 客: 門番:矢野幸男 とらやの職人: とらやの職人: 丹後屋の手下: 第11話 6月10日 弥七の幽霊 福知山 加藤泰 石川義寛 お半: 赤鬼東兵衛: 黒崎の権太: 禿頭の爺: 河瀬主水正: てつ: 治助: やくざ: やくざ: 森島金吾: やくざ: 壺振り: 船頭: やくざ: やくざ: 婆さん: お政: 第12話 6月17日 討たれに来た男 京都 津田幸夫 荒井岱志 おゆき: 播磨屋藤兵衛: 有村宗右衛門: 柿原栄之進: 柿原勘解由: 婆さん: 旅籠の女中: おゆきの祖父: 栄之進の手下: 栄之進の手下: 栄之進の手下: 少女時代のおゆき: 有村庄左衛門: 第13話 6月24日 浪花女のど根性 大坂 大西信行 内出好吉 お加代: 茂七: 金原荒十郎: 十兵衛: 与兵衛: 徳兵衛: 雲風の権次: 権次の子分: 子分2: 丹波屋の番頭: 丹波屋の手代: 子分: 機屋の婆さん: 駕籠屋: 駕籠屋: 子分: 子分: 役人: 子分: 門番: 子分: 丹波屋の客: 十兵衛家の男性: 十兵衛家の男性: 丹波屋の手代: 丹波屋仁兵衛: 第14話 7月1日 妖怪の仇討 姫路 葉村彰子 菊地奛 今坂志津: 本多内膳:水島道太郎 さと: 杉沢頼母: 宇能宗典: 寺田左之助: 今坂時衛門: 宇能道場の四天王: 四天王: 居酒屋の親爺: 旅籠の女中: 門弟: 四天王: 飯屋の客: 飯屋の客: 四天王: 門弟: 居酒屋の客: 居酒屋の客: 杉山邸の門番: 第15話 7月8日 黄門さまの鬼退治 岡山 内出好吉 稲川大膳: もも: 桃太郎: 溝呂木主水:伊吹聰太朗 百姓:神戸瓢介 玄竜の手下:滝譲二 玄竜の手下: 玄竜の手下: 百姓: 玄竜の手下:浜伸二 大膳の配下:山田良樹 包を持った男性:坂東京三郎 第16話 7月15日 陰謀の罠 広島 稲垣俊 山内鉄也 茶店の親爺: 安井嘉兵衛: 坂田祥之助: 坊主: : 坊主:平沢彰 お方様: 三次の姫君: 坊主: 鞆兵庫: 浅野日向守: 第17話 7月29日 酔いどれ用心棒 松山 石川義寛 亀六: 穂坂太左衛門: 奥平久兵衛: 作右衛門: 百姓: 亀六の子分: 亀六の子分: 役人: 百姓: 亀六の子分: 役人: 役人: 武藤又兵衛: 牛方: 第18話 8月5日 身がわり花嫁 宇和島 内出好吉 おのぶ: 治平: 飛龍屋伝左衛門:遠藤太津朗 おくに: 城代家老: 義助: 川辺: 利助:堀内一市 代官:山口幸生 牢番:国一太郎 碇屋:堀正夫 第19話 8月12日 親恋し娘巡礼 今治 加藤泰 十郎兵衛: お弓: お鶴: 小野田郡兵衛:川合伸旺 武太六: 飯屋の親爺: 南光坊住職: 質屋の主人: 大工1:浜田雄史 旅籠・巴屋の主人: 大工2: 郡兵衛の配下1:笹木俊志 配下2:古閑達則 配下3:藤長照夫 質屋の倅:加藤匡志 飛脚:畑中伶一 百姓・千太郎:鳥巣哲生 いね: 町人:矢野幸男 第20話 8月19日 親をだました親孝行 徳山 大西信行 お栄: 唐造: お甲: 備中屋吉右衛門: 善作: 林佐平:永野達雄 筧市兵衛: 喜六:有島淳平 第21話 8月26日 幽霊船の怪 下関 安藤日出男 山内鉄也 月心: 浅長門あかね:上村香子 長門一水斎: 梶木典膳: 芳造: 辰丸:牧冬吉 典膳の配下:有川正治 漁師: 亡霊:浪花五郎 海賊: 第22話 9月2日 八兵衛女難 福岡 加藤泰 内出好吉 おせん: 松若屋宇右衛門: 吾妻辰蔵: 軽業八兵衛:高津住男 太田屋伝兵衛: つる屋の番頭: 千代松:笹吾朗 重役:中村錦司 裏方: 松若屋の番頭:疋田泰盛 役者:坂東京三郎 第23話 9月9日 野望の代償 唐津 宮川一郎 梓: 滝山: 坂井光太郎: 杉山民部:南原宏治 古川主計: 戸部参次郎: : 桑原市十郎: 渡辺: 伊助:岩田直二 結城新兵衛: 光太郎の母親:双葉弘子 袖: 土井利正: : 宿改めの役人:遠山金次郎 滝田: 旅籠の女中: 第24話 9月16日 二人の御老公 佐賀 葉村彰子 大西信行 山内鉄也 相良吉弥: : 勝山大蔵: : 八戸宗助:内田勝正 諌早五郎太夫:永野達雄 : 慈悲小屋の婆さん:吉川雅恵 百姓:日高久 竜造寺一族の浪人1:出水憲司 浪人2:滝譲二 浪人3:浜伸二 役人1:宮城幸生 旅の薬売り:秋山勝俊 家臣:木谷邦臣 役人2:古閑達則 役人3:藤長照夫 影の供:小代研一 農家の婆さん:毛利菊枝 : 協力:佐賀県鹿島市 面浮立保存会 第25話 9月23日 黄門爆殺計画 長崎 葉村彰子 内出好吉 玉ノ浦朝勇: 荒木屋平蔵:北沢彪 肥前屋次郎右衛門:内田朝雄 玉蘭公主: 竹下采女正:北原義郎 谷村弥平次: 荒木屋番頭:武周暢 張畝中: 鄭修心: 玄竜の配下: 見物客: 玄竜の配下: 第26話 9月30日 福江城の対決 五島 玉ノ浦朝勇:夏八木勲 玉ノ浦三左衛門: 荒木屋平蔵:北沢彪 : 宍戸源之丞:中田博久 玉蘭公主:村地弘美 谷村弥平次:五味竜太郎 宍戸源左衛門: 解説 [ ]• 水戸黄門史上初めての片道道中。 第1話と第2話では玄竜の目をひくために偽黄門一行を仕立てて旅をする。 偽黄門一行は第2話で玄竜の手の者に襲われてお新を除いて全員死亡する。 第11話で精神障害者に関するセリフがあったため、抗議を受けた。 再放送ではそのセリフのあるシーンのみ取り除いて放送されるか、局によってはこの話は欠番である。 第17話は当初1974年7月22日に放送する予定だったが、その年のプロ野球第1戦が雨天中止順延になったあおりで、当時TBS系列だったが放映権を獲得していた第2戦がこの日にずれ込んだため急きょ放送休止となった(翌週の7月29日に放送された)。 第24話に光圀の旧友・役でが初の特別出演。 森繁は第1部で初代黄門を演じる予定だったが、のスターであった森繁が東映の撮影所である京都太秦で黄門役を演じる事に東宝が難色を示し、結果的に東野が初代黄門に決まった。 1974年9月30日に放送された第26話はにおいての「水戸黄門」最後の放送である(翌年に解消によって、ABCがからにネットチェンジしたため)。 2015年10月29日より、TBSチャンネル1にて再放送開始。 外部リンク [ ]• 第6部 [ ] 水戸黄門 第6部 ジャンル 脚本 監督 出演者 オープニング 「」 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:55 放送枠 ナショナル劇場 放送分 55分 回数 全32 「 水戸黄門 第6部」(みとこうもん だい6ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全32話(通算186回)。 ストーリー [ ] 第5部の続編で、福江藩の騒動を解決した一行は、水戸への帰路に就く。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• うっかり八兵衛:• 霞のお新:• 風車の弥七: 準レギュラー [ ]• 深雪:(第32話)• 徳川綱條:(第32話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 編集:• チーフ助監督:、、、、• 特技:• 邦楽監修:• 擬斗:、(東映剣会)• 装置:、、• 記録:、、、• 演技事務:• 製作進行:、、、• 装飾制作:• 小道具制作:• 衣装制作:• 美粧結髪:• かつら制作:• 現像:• キャスティング協力:• 制作:、• プロデューサー:(ノンクレジット)、、 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 ゲスト 備考 第1話 1975年 3月31日 怒れ! 薩摩隼人 鹿児島 葉村彰子 山内鉄也 弟子丸左源太: 千枝: : : 小松将監: 灘屋九郎右衛門: 高城弥一郎: 警護役: みなと屋の女中: 中間: 一色: 町の衆: 町の衆: 町の衆: 高城の家臣: 重臣: 藩士: 高城の家臣: 劇団アカデミー 鹿児島民謡会 高城主水: 市橋: 協力:鹿児島県指宿市 指宿市観光協会 第2話 4月7日 哀愁稗搗節 宮崎 栄治郎: えびす屋喜兵衛: 武藤軍太夫: 島蔵: 太兵衛: 子分: 役人: 村娘: 村娘: 村娘: 村娘: 役人: えびす屋の手代: えびす屋の用心棒: えびす屋の用心棒: 島蔵の子分: アクタープロ お鶴: 第3話 4月14日 よみがえった男 人吉 大西信行 内出好吉 水木市之進: : 水木縫: 水木世津: 稲葉雄之介: 馬六: 直助: 岩久保伝内: 神社の婆さん: 藩士: 馬六の子分: 藩士: 牢番: 五十嵐: 藩士: 藩士: 門番: 馬六の子分: 門弟: 門弟: 藩士: キジ馬売りの男性: 臼太鼓保存会 横内が二役で出演。 協力:熊本県人吉市 第4話 4月21日 わしは天下の大泥棒 八代 荒井岱志 英二郎: 鬼頭源八郎: 高田屋伊左衛門: 脇田屋作兵衛: お夕: お竹: かげらう小伝次: 作太郎: 喜之助: 役人: 脇田屋の用心棒: 門番: 牢番: 脇田屋の用心棒: 第5話 4月28日 おてもやんの初恋 熊本 加藤泰 おても: 蟹の政どん: 衣笠きく: 大矢野甚十郎: 衣笠清兵衛: : 大矢野の配下: 家臣: 家老: 大矢野の配下: 家臣: 役人: 家臣: 旅籠の番頭: 家臣: 衣笠三之丞:(子役) 第6話 5月5日 あかね雲 山鹿 宮川一郎 山内鉄也 幸吉: 仙太郎: 木下仁右衛門: 島田勘兵衛: おゆき: 笹川貝十郎: 木下太吉: 船頭A: 船頭B: 船頭C: 庄屋A: 庄屋B: 庄屋C: 役人: 役人: 役人: 小山屋の女中: 小山屋の番頭: 役人: 山鹿灯籠保存会 おそで: 協力:熊本県山鹿市 第7話 5月12日 姫だるまに似た女 大分 稲垣俊 内出好吉 雑賀綾: 角屋茂兵衛: 鷲津市兵衛: 雑賀勘左衛門: 相田仙之丞: 榎木: 藤吉: 雑賀常: 丸屋藤兵衛: OPにおいて佐久良伸、有島淳平、 紅かおるがクレジットされているが、未出演。 第8話 5月19日 孤独の捕縄 小倉 加藤泰 山内鉄也 はま: 加七: 馬五郎: 八右衛門: 玄海坊: うつぼの源太: 役人: 庄屋: 村の若者: 村人: 村の女性: 村人: 八右衛門の手下: 八右衛門の手下: めし屋の主人: 第9話 5月26日 偽黄門さまの助太刀 福岡 葉村彰子 内出好吉 六兵衛: お糸: 巴屋久兵衛: 津上玄九郎(江川半九郎): 高瀬主水: 太吉: 庄太: 巴屋の女中: 森三左衛門: 川田新之丞: 津上の門弟: 津上の門弟: 松源の女将: 手紙を持ってきた男: 役人: 芸者: 岩井が別の役で出演。 また、山本演じる津上玄九郎は、OPでは「河上玄五郎」とクレジットされている。 第10話 6月2日 兄妹拳法絶海の対決 隠岐 松尾正武 太左衛門: 塚田孫太夫: 平作: 五郎蔵: 竹内玄心: 西島香織: 漁師: 五郎蔵の手下: 漁師: 役人: 漁師: 五郎蔵の手下: 漁師: 漁師: 西島英輔: 第11話 6月9日 黄門さまの縁むすび 出雲 安藤日出男 荒井岱志 奈美: 沢田屋清兵衛: 柘榴伝次: 宇吉: 庄屋: 借金取り: 伝次配下の忍び: 嘉助: 伊丹屋重蔵: 粂八: 宇吉の母親: 庄屋の内儀: 町の若者: 粂八の手下: 粂八の手下: 劇団アカデミー おもよ: 第12話 6月16日 宍道湖慕情 松江 稲垣俊 居川靖彦 鏑木千鶴: : 鏑木行蔵: 鏑木たえ: 橋本太兵衛: 玉屋利助: 山部の配下: 渡り中間: 行商人姿の男: 牢番: 渡り中間: 腰元: 腰元: 山部兵部: 第13話 6月23日 忍びの女 鳥取 葉村彰子 山内鉄也 工藤新八郎: 中川主膳: 佐平: 池田内膳: 因州屋重兵衛: 甚内: 中村松之丞: 松之丞一座の女: 松之丞一座の女: 牢番: 八木沢梓: 第14話 6月30日 弥七二人旅 津山 津田幸夫 葉村彰子 疾風の伊三郎: 不知火の半次: お倉: 不動の岩五郎: 熊沢典膳: 庄之助: お咲: 宗兵衛: 西国屋: チョビ髭の役人: 岩五郎の用心棒: 香具師: 役人: 伊助: 岩五郎の子分: 立花屋の女中: 協力:岡山県津山市 中谷が二役で出演。 第15話 7月7日 丁半花むしろ 倉敷 大西信行 居川靖彦 長吉: お静: 横目の伝次: : 橋本伝右衛門: 野次馬: 北野屋: 中盆: 用心棒: 伝次の子分: 野次馬: 用心棒: 伝次の子分: 壺振り: 用心棒: 第16話 7月14日 讃岐うどんは恋の味 高松 葉村彰子 内出好吉 : お美代: 清次郎: 源兵衛: 再放送欠番 第17話 7月21日 若君替玉作戦 松山 安藤日出男 松尾正武 松平菊千代、雪松:(子役) うめ: 信夫: お銀の方: 相馬市之進: 中村孫太夫: 牟田口典膳: 駒井新八郎: 村上一角: 三鈴: 老女: 侍女: 村人: 牟田口の家臣: 牟田口の家臣: 牟田口の家臣: 踊りの芸人: 松平月丸:(子役) 家臣: 踊りの芸人: 第18話 7月28日 紙を喰う虫 高知 葉村彰子 山内鉄也 内出好吉 吉田頼母: 庄屋三左衛門: 市兵衛(吉田市之進): 孕石蔵人: 佐倉屋利兵衛: 孕石兵庫: 清吉: : 松田嘉兵衛: 佐倉屋利太郎: 生駒源左衛門: 寄合衆: 佐倉屋の番頭: 河内屋: 寄合衆: つけ馬: 医者: 佐倉屋の子分: 孕石の家臣: 重臣: 門番: 淀屋: 目付配下: 泉屋の女中: 劇団アカデミー お加代: 第19話 8月4日 仇討ち! 阿波踊り 徳島 さわさかえ 山内鉄也 五陶田将監: きよ: 卯吉: 紺屋又四郎: 逆井源八郎: 久作: 役人: 町の老人: 町の女性: 鳴海屋嘉兵衛: 町の者: 斬りかかる侍: 役人: 町の者: 町の女性: 鳴海屋の妻: 八郎太: 協力:徳島県 第20話 8月11日 若者の恋 和歌山 稲垣俊 内出好吉 雑賀小十郎: 根来要蔵: 雑賀惣左衛門: 林弥平次: 根来由紀: おたか: 根来覚左衛門: 根来の侍: 野次馬: 雑賀の侍: 根来の侍: 根来の侍: 雑賀の門番: 根来の侍: 根来の侍: 雑賀の侍: 根来十郎太: 第21話 8月18日 ど根性河内節 八尾 加藤泰 山内鉄也 河内無宿の島三郎: 高橋屋伝兵衛: 八田登十郎: 藤七: お久: 目なしの熊: 治兵衛: : 甚兵衛: 熊の子分: 高橋屋の用心棒: 旅籠の番頭: 旦那: 熊の子分: 親分A: 車屋の船頭: 船頭: 親分B: 踊りの客: 遣り手婆: おまき: 第22話 8月25日 父恋し伊勢参り 伊勢 内出好吉 伊之吉: 赤猿の陣兵衛: 儀右衛門: お照: 太吉:(子役) 山田奉行: 若松屋の女中: 沢田市蔵: 駕籠屋: 駕籠屋: 駕籠屋: 地廻りA: 地廻りB: 赤猿一味: 赤猿一味: 赤猿一味: 若松屋の番頭: お玉: 第23話 9月1日 あっぱれ武士道 尾張 大西信行 山内鉄也 片貝次郎太: 山岸八重: 滝沢佐兵衛: 外村伴之丞: 外村の配下: 外村の配下: 外村の配下: 外村の配下: 伊十郎: 源八: 住職: 柴田大炊: 外村主膳: 山岸三左衛門: 第24話 9月8日 うなぎ屋の助太刀 浜松 葉村彰子 宮川一郎 城所雪江: 与兵衛: 向井又五郎: 遠州屋嘉兵衛: おかつ: お松: 平作: 田沢雄之助: 向井昌之助: うなぎ屋七兵衛: 茨組の侍: 茨組の侍: 卯吉: 辨天樓の女将: 坂田: 第25話 9月15日 海道一の大盗人 金谷 さわさかえ 内出好吉 おぎん: 熊吉: 銀次: 楯岡玄八郎: 又七: 旅籠の主人: めし屋の親爺: 役人: 又七の子分: おせき: 役人: 和田屋伝兵衛: 目明かし: 役人: 母親: 女の子:(子役) 役人: 男の子:(子役) 第26話 9月22日 暴れん坊の恋 甲府 加藤泰 厚木あき: 新見十兵衛: 芦川久三郎: ほていやの亭主: 厚木七郎兵衛: 平塚岡右衛門: 宿場の目明し: ふじ屋の女将: 芦川の配下: 百姓: お参りの老人: 野次馬: ふじ屋の女中: ムチャクチャの熊: 第27話 9月29日 箱根の山は天下の嶮 箱根 安藤日出男 内出好吉 大沼主膳: おくま: 捨八: 笹井陣之進: お吉: 栗原主税: 藤造: 佐倉安兵衛: 権六: 世羅又之丞: お静: 茂十: 旅人: 茶店の親爺: 役人: 役人: 旅人: 武家の娘: 桜井演じる捨八は、OPでは 「捨六」とクレジットされている。 第28話 10月6日 めぐり逢い 鎌倉 勝三郎: お松: 甚太郎: お照: 梵天の五郎造: 辰造: 甚助: 五郎造の子分: 十手持ち: 役人: 遠州屋の番頭: 岡っ引き: 宮大工の人足: 遠州屋の女中: 第29話 10月13日 黄門さまの頑固くらべ 木更津 稲垣俊 山内鉄也 お延: お時: 般若の辰五郎: 綱屋与兵衛: 与一: 巳之吉: 鍋山三五郎: 辰五郎の子分: 辰五郎の子分: 漁師: 漁師: 漁師: 辰五郎の子分: 辰五郎の子分: 碇屋嘉六: 第30話 10月20日 希望の灯 成田 葉村彰子 居川靖彦 与平: 理右衛門: 黒馬の金八: 桜庭良庵: 銀次: 六蔵: 西瓜売り: 旅籠の女中: 槌屋の亭主: 金八の子分: 金八の子分: 金八の女: お沢: 第31話 10月27日 人情潮来節 潮来 山内鉄也 牛堀の助蔵: アヤメ: 大川権右衛門: 紋次: 吾六: 松吉: 塩山市兵衛: 旅人: 助蔵の子分: 助蔵の子分: 助蔵の子分: 助蔵の子分: 旅女: 旅女: 真菰の伊三郎: カッパの伊平: 第32話 11月3日 素晴らしきかな人生 水戸 大西信行 内出好吉 幡谷勘十郎: 寺門裕之介: 幡谷しづ: 安田仁右衛門: 水野: 定吉: 多吉: 家老: 喜作: 百姓: 百姓: 百姓: 百姓: 百姓: 医者: 百姓: 藩士: 百姓: 百姓: 藩士: 藩士: 1シーンのみお新が違う役者に なっている。 解説 [ ]• 第2話にのちの第16部よりかげろうお銀、第29部より疾風のお娟として登場するが出演している。 また、入浴シーンも披露している。 第20話に東野の息子であるがゲスト出演している。 またこの回には第4部最終話で死去した中山備前が健在であると思わせるセリフがあり、設定の混乱が見られる。 第1回放送日である1975年3月31日はがによりNET系列からTBS系列にネットチェンジしたため、MBSとしては初回放送日である。 深雪役のの最終シリーズである。 ただし、深雪が格の妻であるという設定自体は第9部で格役がに変わっても受け継がれたため、深雪の設定が消滅するのはが格役となった第14部になってからである。 また、岩井は第8部に別の役で出演しており、その人物の容姿が深雪と似ていることが話の筋に盛り込まれている。 2016年6月24日より、TBSチャンネル1にて、二度目の再放送開始。 ただし、第16話は欠番扱い。 欠番回は、高松を舞台に、ゲストに西村晃を迎えた作品である。 ただ、TBSチャンネル1の番組紹介では、欠番扱いにしているにも関わらず、西村晃と東野黄門との頑固比べを、見どころの一つとして紹介している。 外部リンク [ ]• 第7部 [ ] 水戸黄門 第7部 ジャンル 脚本 監督 出演者 オープニング 「」 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:55 放送枠 ナショナル劇場 放送分 55分 回数 全34 「 水戸黄門 第7部」(みとこうもん だい7ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全34話(通算220回)。 ストーリー [ ] 腰を痛めて湯治にいった光圀は、行方不明の父を捜しに北海道へ行く途中で人買いに騙されたという姉妹と出会い、への旅に出る。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• うっかり八兵衛:• 霞のお新:• 風車の弥七: 準レギュラー [ ]• お春:(第1話 - 第10話、最終話)• お秋:(第1話、最終話)• 松前屋太兵衛:(第10話、最終話)• :(最終話)• :(第1話、最終話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 編集:• 特技:• 邦楽監修:• 装飾制作:• 小道具制作:• 衣装制作:• 美粧結髪:• かつら制作:• 現像:• キャスティング協力:• 制作:、• プロデューサー:(ノンクレジット)、、 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 ゲスト 備考 第1話 1976年 5月24日 水戸から消えた黄門さま 水戸・白河 葉村彰子 山内鉄也 白坂屋藤五郎: 六兵衛: お島: 金八: 医者: 喜助: 白坂屋の子分: 百姓: 白坂屋の子分: 百姓: 白坂屋の子分: 白坂屋の子分: 白坂屋の子分: 村娘: 村娘: 村娘: 村娘: 百姓:(ノンクレジット) 白坂屋の用心棒:(ノンクレジット) 医者:(ノンクレジット) 矢吹伝八郎: 第2話 5月31日 姫君はにせ者 福島 河村外記: 鬼塚大八: 溝呂木兵部: 田代三郎太: 津上源八郎: 飯屋の亭主: 共侍: 寺の住職: 物売り: 女中: お方様: 飯屋の娘: そば屋の親爺: 虎千代: 刺客: 共侍: 刺客: 刺客: 駆け込みの男:(ノンクレジット) 綾姫: 大久保大三郎: 尾上: 第3話 6月7日 人情喧嘩まんじゅう 仙台 大西信行 内出好吉 おもん: 元祖「永楽堂」七兵衛: : : : おまき: : : 脇田段四郎: 七之助: : : 本家「永楽堂」甘斎: 協力: 野口貴史が役名表記なしでクレジットされているが、この回ではなく第4話に出演している。 第4話 6月14日 御用船大爆破!! 石巻 葉村彰子 小沼将監: 時雨の音蔵: 雷お仙: 川辺金八: 安吉: 鎌田権太夫: 熊三: 番所の役人: 番所の役人: 旅人: 役人: 役人: 音蔵の子分: 音蔵の子分: 役人: 旅籠の女中: 旅籠の女中: 音蔵の子分: 音蔵の子分: 番所の役人:(ノンクレジット) 第5話 6月21日 何の因果で若旦那 花巻 松尾正武 新助: おはつ: おはつの母親: お峰: 唐木十太夫: 千太: 丹波五郎治: 万吉: 与兵衛: 花乃屋善左衛門: おまつ: 芸者A: 芸者B: 蒸し饅頭売り: 盗人: 花乃屋の女将: 役人: 降駒の佐平次: 女中A: 女中B: 牢番: 佐平次の子分: 佐平次の子分: 佐平次の子分: 協力:花巻鹿踊り 第6話 6月28日 武士道無明 盛岡 稲垣俊 内出好吉 厨川たまき: 北沢兵馬: 厨川忠兵衛: 多田孫六: 沼森一之介: 御堂典膳: 沼森市太夫: 片瀬玄磧: 沼森の家臣: 御堂の門弟: 御堂の門弟: 御堂の門弟: 繋十郎: 第7話 7月5日 帰って来た南部駒 八戸 田上雄 お妙: 赤岩十蔵: 大沼主膳: 吉兵衛: 三吉: 赤岩陣内: おりう: 馬喰: 茂平次: 金蔵: 六助: 門番: 馬喰: 門番: 役人: 六助の女房: 旅籠の女中: 赤岩の配下: 第8話 7月12日 ちゃんの土俵入り 青森 加藤泰 山内鉄也 三吉: 鶴亀屋音右衛門: 中井景太夫: 利平(帆立山): 馬吉: ウツボの源太: 町役人: 神主: 子ども: 庄屋: 貝柱屋の子分: 飯屋の客: 貝柱屋の子分: 下っぴき: 相撲取り: 相撲取り: 相撲取り: 呼び屋長十郎: おすみ: 第9話 7月19日 群狼の罠 松前 葉村彰子 おせい:(前編、後編) 北海屋弥兵衛:(前編、後編) 岩城将監:(前編、後編) 文吉:(前編、後編) 崎山政五郎:(前編) 佐橋甚太夫:(前編、後編) トド松:(前編、後編) 儀十:(後編) :(後編) 漁師:(前編) 漁師:(前編) 旅籠・笹屋の番頭:(前編) 飯屋の親爺:(前編) 北海屋の手下:(前編、後編) 北海屋の手下:(前編) 北海屋の手下:(前編、後編) 北海屋の手下:(前編) 飯屋の女中:(前編) 門番:(前編・ノンクレジット) 飲み屋の客:(前編・ノンクレジット) 善作の仲間:(後編) 役人:(後編) 北海屋の手下:(後編) 北海屋の手下:(後編) 北海屋の手下:(後編) 北海屋の手下:(後編) 北海屋の手下:(後編) 善作の仲間:(後編) 善作の仲間:(後編) 北海屋の手下:(後編) 善作:(前編、後編) 第10話 7月26日 吼えろ!! 北海の火縄銃 函館 第11話 8月2日 津軽こぎん 弘前 廣澤榮 内出好吉 こぎん: 直吉: 烏帽子屋嘉兵衛: 彦十: 嶋田達之介: 津軽利直: 百姓: 百姓: 百姓: 役人: 牢番: 牢番: 役人: 百姓: 沢渡の家臣: 沢渡の妾: 沢渡光成: 万造: 第12話 8月9日 忘れてしまった仇討ち 大館 宮川一郎 居川靖彦 五十嵐篤馬(吉田弥十郎): 庄屋善助: 伊庭仙十郎: 与平: 太市: おはな: 百姓: 百姓: 飯屋の亭主: 役人: 善助の手下: 善助の手下: 善助の手下: 百姓: 百姓: 百姓: 百姓: 役人: 百姓: 百姓: 百姓: 佐藤小四郎: 大友が別の役で出演 八兵衛が印籠をかざす 第13話 8月16日 泣くなわらしっこ 秋田 加藤泰 おせつ: 源次: トコ: 源兵衛: 船頭: 御門の文吉: すめ: 弥生兵庫之助: 牢屋同心: : 牢名主: 船乗り: 船乗り: 旅籠の番頭: 飯屋の亭主: 番人: 同心: 第14話 8月23日 八兵衛殿様五万石 横手 大西信行 内出好吉 松平忠正: 柴田源左衛門: お梅の方: お絹: 栗山主膳: 権造: 立川: 佐山三之丞: 飯屋の親爺: 林田: 横手屋儀右衛門: 飯屋の客: 飯屋の客: 山村: 飯屋の客: 牢番: 飯屋の客: 松平竹千代:(子役) 与吉:(子役) 森下: 飯屋の女中: 高橋が二役で出演 放送通算200回を記録 第15話 8月30日 大見得きった偽黄門 酒田 廣澤榮 居川靖彦 中村菊之丞: 中村梅八: 中村政吉: 羽倉重蔵: 鐙屋惣右衛門: 新堀源八郎: おはる: 宿屋の亭主: 古着屋の主人: 座員: 与平: 百姓: 百姓: 役人: 百姓: 役人: 役人: 菊之丞の女房: 百姓: 政吉の女房: 百姓: 第16話 9月6日 突っ走れ!! 韋駄天野郎 鶴岡 葉村彰子 走り勘三: 清川綾: 出羽屋徳左衛門: 秋葉勘十郎: お葉: 茶店の婆: : 石川兵庫: 玉屋平助: 藤八: : 清川慶之助:(子役) 獣師: 家臣: 神主: 出羽屋の子分: 藩士: 出羽屋の子分: 賭け屋: 賭け屋: 出羽屋の子分: 野次馬: 第17話 9月13日 黄門様の駒裁き 天童 大西信行 内出好吉 河野主膳: 角兵衛: 吉田大八郎: 河野与一郎: 横堀一作: 侍: 河野の家臣: 河野の家臣: 家臣: 田浦: 家臣: 役人: 河野の家臣: お香: 織田信年: お辻: 第18話 9月20日 盗まれた印籠 山形 安藤日出男 新八: ちず: かね: 太左衛門: 三州屋松造: 黒木勘兵衛: はつ: 薬屋のおやじ: 幸吉: 森武平: 百姓: 百姓: 役人: 役人: 三州屋の番頭: 飯屋の女中: 百姓: 百姓: 門番: 第19話 9月27日 最上紅花恋の唄 米沢 宮川一郎 おたよ: 与吉: 新田屋清右衛門: 青山吉蔵: : 新田屋の番頭: 役人: 奥州屋: 役人: 神田屋の人足: 役人: 神田屋の人足: 役人: 役人: 升田屋佐兵衛: とめ: 第20話 10月4日 暴れ姫君 会津 大西信行 葉村彰子 本多左馬之介: 本庄八太夫: 河村左内: 若松屋儀兵衛: 近藤右馬之介: 寺川作右衛門: 若松屋の用心棒: 若松屋の手代: 本多の家臣: 森山大膳: 夕姫: 第21話 10月11日 江戸から来た密使 新発田 山内鉄也 清吉(矢内清之進): 大木道庵: お菊: お雪の方: お妙: 矢崎源左衛門: 柴兵馬: 役人: 百姓: 役人: 役人: 関所役人: 左官職人: 鈴千代:(子役) 第22話 10月18日 つけ馬連れた若旦那 新潟 宮川一郎 内出好吉 清太郎: お房: 若山刑部: 源助: 伊八: 馬さん: 太兵衛: おとき: 橘屋の政: 若荷屋の主人: 越後屋の手代: 伊八: 役人: 役人: 水夫: 若荷屋の女中: 第23話 10月25日 地獄で聞いた佐渡おけさ 佐渡 木下亮 市太郎: 清水久左衛門: 紅屋孫兵衛(孫右衛門): 児玉玄之丞: 清水ゆき: 哲: 役人: 紅屋の手下: 甚八郎: 紅屋の手下: 紅屋の手下: 仙吉: 大木: 役人: 役人: 旅籠の番頭: 里見が二役で出演 第24話 11月1日 仇討ち角兵衛獅子 長岡 葉村彰子 松尾正武 藤井綾:(子役(当時)) 藤井一馬:(子役) 藤井秋乃: お亀: 黒沼佐太夫: 万力屋寅蔵: 源助: 黒沼喜平次: 万力屋の子分: 居酒屋の女中: お松: 万力屋の子分: 役人: 駕籠かき: 駕籠かき: 万力屋の用心棒: 角兵衛獅子の子供:(子役) 角兵衛獅子の子供:(子役) 角兵衛獅子の子供:(子役) 角兵衛獅子の子供:(子役) 第25話 11月8日 母恋し、父(ちゃん)悲し 高田 加藤泰 内出好吉 高砂屋惣兵衛: おしま: 桑名屋三左衛門: 与吉:(子役) 山崎与右衛門: 高砂屋の親戚: 高砂屋番頭: 同心: 茶店の親爺(富田道場の門弟): 老中御用飛脚: 測量役人: 老中御用飛脚: : 古着屋: 高砂屋の女中: 測量役人: 高砂屋の手代: 高砂屋の手代: だんご屋の親爺: 高砂屋の丁稚: 高砂屋の丁稚: 高砂屋の丁稚: 山崎千代: 上州無宿の竹五郎: 第26話 11月15日 馬にひかれて善光寺 長野 葉村彰子 居川靖彦 お美津: 正吉:(子役) 馬鞍井の丑五郎: 源助: 利兵衛: 轡屋権蔵: 堀内武太夫: そば屋の親爺: 権蔵の子分: 町人: 福屋の女中: 賭場のやくざ: 賭場のやくざ: 権蔵の子分: 権蔵の子分: 町人: 町人: 修験者:(ノンクレジット) 権蔵の子分:(ノンクレジット) 第27話 11月22日 真実に命をかけて 松本 稲垣俊 半井しのぶ: 半井総一郎: 武石碌左衛門: 沢たつ: お鶴の方: 与兵衛: 藩士: お徳: 青木: 藩士: 藩士: : 川辺の家臣: 藩士: 藩士: 藩士: 藩士: 藩士: 武石の家臣: 腰元: 藩士: 藩士: 川辺大膳: 沢新之丞: 第28話 11月29日 ひょうろく玉の仇討ち 諏訪 廣澤榮 内出好吉 大熊小源太: 犬飼重蔵: 惣助: 数永: 大熊嘉平次: 荻原俊八: 大垣藩士: 大垣藩士: 新発田藩士: 岡っ引き: 新発田藩士: 高遠藩士: 内藤右京: おせい: とが 親子共演。 第29話 12月6日 花嫁になったお新 飯田 宮川一郎 山内鉄也 文吉: お久: 美濃屋善兵衛: 大沢兵介: 伊蔵: 川田八郎: 佐助: 藩士: 越前屋の人足: 伊蔵の手下: 伊蔵の手下: 伊蔵の手下: 越前屋の人足: 稲垣屋幸八: 文七: 弥七とお新、祝言を挙げる 第30話 12月13日 おふくろさまは山びこ 上田 廣澤榮 居川靖彦 酉三: おいち: 長次: 高石内蔵介: 長八: 武居正憲: お芳: 用人: 山師: 山役人: 山師: おきよ:(子役) おかの: 第31話 12月20日 助さん格さん子守唄 渋川 葉村彰子 倉田準二 浅吉: おもよ: 仁王の寅蔵: 落合喜平次: 浪人: 薬屋の女房: 丑六: 馬吉: 女木こり: 上州屋の客: 上州屋の主人: 三國屋の番頭: 寅蔵の子分: 寅蔵の子分: 老婆: 寅蔵の子分: 役人: 役人: 浪人: 第32話 12月27日 高嶺の花が俺の嫁! 高崎 大西信行 内出好吉 久造: お紺: : お辰: 六助: 太鼓持ち: 高崎藩士: 茶店の親爺: 久造の叔母: 遣手婆: 胡麻の蝿: 百姓: 高崎藩士: 高崎藩士: 高崎藩士: 高崎藩士: 雁金屋の禿:(子役) 雁金屋の禿:(子役) 初花太夫(お花): 第33話 1977年 1月3日 十七年目の泣き笑い 伊勢崎 加藤泰 山内鉄也 松島半弥: 山本勘太夫: 金ピラ金助: 天津屋喜兵衛: 茶店の親爺: 小島: 杉乃屋の主人: 旅籠の女将: 芸者: 芸者: 長屋の女房: 芸者: 天津屋の番頭: おてる: 一八(尾高孝一郎): 第34話 1月10日 日光街道日本晴れ 宇都宮・水戸 葉村彰子 内出好吉 青山主水正: 島幸乃: 島三左衛門: 早瀬: 下野屋五郎蔵: 寅: 役人: 船頭: 金剛講の番頭: 門番: 熊: 役人: 役人: 町人: 大工職人: 共侍: 団子屋の親爺: 侍女: 侍女: 侍女: 侍女: 森新之丞: 解説 [ ]• 1976年1月16日 - 本作は台本の仕上がりの関係で後半から撮影開始。 本作より老公の衣装の色が濃い黄色に髪も白髪となる。 1976年8月27日 - 200回記念として麻布台アメリカンクラブで記念パーティー。 社長のより感謝状が贈られる。 演じる水戸藩家老の山野辺兵庫が初めて登場する。 2016年10月26日より、TBSチャンネル1にて二度目の再放送開始。 ただし、この再放送に先立って、10月2日より、時代劇特集として、毎週日曜日に6話ずつの集中放送が、先行してなされた。 集中放送は第3部近辺からなされるようになったが、従来はまず平日の放送枠で放送して、のちに集中放送という形式をとっていたが、今回は逆の形になった。 外部リンク [ ]• 第8部 [ ] 水戸黄門 第8部 ジャンル 脚本 監督 出演者 オープニング 「」 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:55 放送枠 ナショナル劇場 放送分 55分 回数 全29 「 水戸黄門 第8部」(みとこうもん だい8ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全29話(通算249回)。 ストーリー [ ] 将軍の娘で薩摩藩の夫人・()が男の子を出産した。 綱吉に代わってお祝いするため、薩摩に旅立つ。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• うっかり八兵衛:• 霞のお新:• 風車の弥七: 準レギュラー [ ]• :(第1話)• :(第1話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作代表:、• 製作:、• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 撮影:、、、• 美術:、• 録音:、、、、• 照明:、、、、• 編集:• チーフ助監督:(第1話、第8話、第14話~第15話、第20話、第27話)、(第2話、第7話、第9話~第10話、第13話、第16話、第19話、第21話、第23話、第26話)、(第3話、第5話~第6話、第11話~第12話、第18話、第22話、第25話、第28話~第29話)、(第4話、第24話)、(第17話)• 特技:• 邦楽監修:• 擬斗:、(東映剣会)• 装置:• 衣装:、• 記録:、、、、• 演技事務:• 製作進行:、• 装飾制作:• 小道具制作:• 衣装制作:• 美粧結髪:• かつら制作:• 現像:• キャスティング協力:• 制作:、• プロデューサー:(ノンクレジット)、、 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 ゲスト 備考 第1話 1977年 7月18日 薩摩へ向う世直し旅 江戸 葉村彰子 山内鉄也 庄左衛門: お順: 金森壱岐: お徳: 伊賀崎道春: 新吉: 加治木孫兵衛: 金森の屋敷侍: 春日井の共侍: 玄達: 薩摩藩共侍: 魚勝: 忍び: 金森の配下: 役人: 忍び: 忍び: 魚屋: 忍び: 百姓: 忍び: 侍女: 侍女: 侍女: 春日井: 第2話 7月25日 駕籠屋になった助さん格さん 川崎 政五郎: 岩次郎: 松蔵: 岩蔵: 桧垣軍太夫: 寅吉: お照: 梅吉: 飯屋の亭主: 力士: 木島: 浪人: 浪人: 駕籠岩の子分: 駕籠岩の子分: 駕籠岩の子分: 駕籠岩の子分: 役人: 駕籠政の若者: 駕籠政の若者: 旅の男性: 旅娘: 旅娘: 船頭:(ノンクレジット) おりょう: 第3話 8月1日 東海道お化け旅籠 平塚 廣澤榮 内出好吉 おきく: 天利屋福造: 桃浜の伝八: 小餘綾信勝: 南湖屋彦造: 米屋: 中年の侍: 酒屋: 南湖屋番頭: 伊助: 南湖屋の女中: 風呂番: 天利屋女将: お伊勢参りの旅人: 伝八の子分: 船頭: 踊り子: お伊勢参りの旅人: 踊り子: 踊り子: 踊り子: 踊り子: 第4話 8月8日 黄門さまに似た男 沼津 加藤泰 喜助: 大野弥太夫: お米: 入屋助左衛門: 太郎吉: おみつ: 常八: 日厳上人: 名主: 名無しの権兵衛: 役人: 役人: 役人: 金山から逃げた男: 金山から逃げた男: 船頭:森秀人 神主: 下役人: 役人: 旅人: 小僧: 東野が二役で出演 第5話 8月15日 秘密を握られた男 清水 田上雄 根古屋の五郎蔵: 文吉: お仙: お玉: 富士屋: 榊原主水正: 寅松: 吾妻屋: 笹屋: 勘太: 正吉: 五郎蔵の子分: 女中: 女中: 五郎蔵の子分: 五郎蔵の子分: 医者: 第6話 8月22日 自慢高慢馬鹿のうち 駿府 葉村彰子 金六: お信: 万力屋富蔵: 清兵衛: 西原伊衛門: 清吉: 茶店の親爺: 大蛇山: 儀右衛門: 源太: 銀次: 野次馬: 万力屋の手下: 野次馬: 万力屋の手下: 行司: 中盆: 壺振り: 第7話 8月29日 助さんの身替り亭主 掛川 宮川一郎 伊兵衛: 寺島新五郎: 芳三: 吉平: : 太市: 神崎: 幸吉: 由: お千: 役人: 重役: 重役: 重役: 旅人: 子分: 子分: 子分: 家臣: 家臣: 重役: 女中: おちか: 平右衛門: 第8話 9月5日 骨身にこたえた母の愛 吉田 大西信行 居川靖彦 孝助: お杉: 縄手の権六: 由代十兵衛: : 文七: 海部清十郎: 供侍: 仁兵衛: 豊作の父親: 家臣: 権六の子分: 権六の子分: 第9話 9月12日 人情しだれ柳 岡崎 安藤日出男 内出好吉 松屋幸平: 菊屋音吉: おもよ: 越中屋仁兵衛: 和久十太夫: お初: : 宿の女中: 菊屋手代: 刺客: 刺客: 刺客: 第10話 9月19日 命賭ける時 名古屋 葉村彰子 居川靖彦 市木新之丞: 志乃: 守山兵庫: 奥田源五: 横地善太夫: 横地園絵: 嘉兵衛: : 奥田源六: 中間: お福の方: 兵庫の配下: 兵庫の配下: 第11話 9月26日 風車に賭けた恋 桑名 大西信行 山内鉄也 早見十次郎: 横山作左衛門: 野本主膳: 鳥飼半六: 直助: やくざ: やくざ: 藩士: 野本の配下: 野本の配下: 藩士: お秋: 第12話 10月3日 掏ってしまった仇討免状 松阪 葉村彰子 中山覚右衛門: 真柄甚十郎: 藤代市之進: 大野木五平太: 藤代雪乃: 餅屋の親爺: 旅篭の番頭: 旅篭の客: 旅籠の客: 役人: 薬売り: 旅人: 旅人: 旅人: 旅人: 藤代市郎左衛門:(ノンクレジット) 重役:(ノンクレジット) 代官所の門番:(ノンクレジット) お吉: 第13話 10月10日 芝居になった漫遊記 伊勢 内出好吉 お照: お六: 山室軍兵衛: 湊屋四郎兵衛: 田丸屋伝兵衛: 寅蔵: 落合喜平次: お道: 旅篭の番頭: 医者: 雲助: 田丸屋の手下: 田丸屋の手下: 役者: 座員: 役者: 湊屋の乾分: 湊屋の乾分: 座女: 大工:(ノンクレジット) 町人:(ノンクレジット) 中村錦之丞: 岩井が別の役で出演 第14話 10月17日 飛龍の火祭り 新宮 廣澤榮 居川靖彦 須佐美屋久兵衛: 尾鷲粂八郎: 神納雄太: 荻原重四郎: 銀次: 忠助: 猟師: 筏衆: 村人: 神主: 神主: 神主: 村人: 村娘: おせん: 神納十郎太: 第15話 10月24日 殺しを誘う薪能 和歌山 葉村彰子 山内鉄也 杉坂孫福: 了次郎: : 吉崎六右衛門: 好阿弥: 直吉: お勝の方: 道阿弥: おゆう: 玄庵: 茂市: お円: 門番侍: 藩士: 浪人: 老女: 第16話 10月31日 非情の対決 橋本 柴英三郎 内出好吉 ウメ: 早川: 三蔵: 卯助: お京: 山伏: 山伏: 野鍛冶: 町人: 町人: 野鍛冶: 杉坂阿矢: 九木左膳: 杉坂十郎太: 第17話 11月7日 鹿が知ってた悪い奴 奈良 山内鉄也 居川靖彦 陽明堂: 羅生門の伝兵衛: 田川仙十郎: 馬見の源次: おさと: くめ: 佐藤和泉守: 琢磨堂: 玄朴: 遊女: 南都屋番頭: 野次馬: 伝兵衛の乾分: 吉野屋の女中: 舟六: 伝兵衛の乾分: 伝兵衛の乾分: 遊女: 浅野稲: 与之吉: 浅野松伯: 第18話 11月14日 黄門さまの土蔵破り 堺 安藤日出男 内出好吉 かげろうの辰平: おきち: 泉州屋武兵衛: 佐平: 松永玄太夫: 伊蔵: 飯屋の亭主: 明石伝九郎: 雲助: 雲助: 能登屋仁助: 泉州屋の用心棒: 泉州屋の用心棒: 女中: 雲助:(ノンクレジット) 第19話 11月21日 人情灘の生一本 兵庫 葉村彰子 居川靖彦 正作: おきわ: 但島屋重兵衛: 正太: 摂津屋庄右衛門: 喜八: 富蔵: 大崎左太夫: : お常: 源助: 忠七: 番頭: 猪之松: 与平: 浪人: 但馬屋の手下: 但馬屋の手下: 職人: 番頭付き添いの男: 職人: 職人: 職人: 第20話 11月28日 虚無僧の密書 洲本 千枝: 儀右衛門: 与平: 甚内: 高坂監物: 与吉: 伏屋源太夫: 益田将監: 茂平: 喜作: おかね: 舟手番所の役人: 役人: 公儀隠密(虚無僧): 騎馬侍: 百姓: 百姓: 百姓: 百姓: 役人:(ノンクレジット) 役人:(ノンクレジット) 第21話 12月5日 黄門さまも人の親 高松 山内鉄也 : 喜三郎: お光: 太吉: 讃州屋宗助: 八造: 講釈師: 弥兵衛: 佐伯助太夫: 百姓娘: 恩田孫右衛門: 熱田格兵衛: 膏薬売り: 村役: 商人: 村役: 村役: 讃州屋の手下: なか: 浪人: 浪人: 乗船客: うどん屋の亭主: 村役: 百姓: 第22話 12月12日 海鳴り龍王岬 高知 廣澤榮 内出好吉 升形屋藤造: 得造: 久礼野源八郎: 仙太郎: おいち: 御畳瀬屋の従業員: 御畳瀬屋の従業員: 亀蔵: おさき: 第23話 12月19日 黄門さまは時の氏神 大洲 田上雄 居川靖彦 おしの: 六右衛門: 弥一郎: 清兵衛: 池田屋三左衛門: 皆川軍太夫: 卯之吉: 久兵衛: 清太郎: 役人: 清兵衛の手下: 旅籠の女中: 木樵: 木樵: 清兵衛の手下: 清兵衛の手下: 第24話 12月26日 裏切り武士道 宇和島 葉村彰子 内出好吉 巳之吉: ふく: 有馬正右: 岩屋甚助: 唐崎仙吾: 役人: お民: 藩士: 藩士: 藩士: 有馬志乃: 男の子: 船頭: お民の母親: 阿部実親: 中井市之進: 第25話 1978年 1月2日 初春博多囃子 博多 加藤泰 真木主水: 油屋藤兵衛: 真木源三郎: 踊子・小倉: 倉石九太夫: 筑築屋の亭主: 真木たか: 大髭の侍: 弥平次: 和泉屋の小女: 油屋の手下: 油屋の手下: 船頭: 料亭の主人: 脇田うめ: 第26話 1月9日 うぐいす春風剣 中津 廣澤榮 居川靖彦 速見四郎: 内山平八郎: 三浦頼母: 三浦志保: 佐田源八郎: 杵築掃部: 餌差屋: 老藩士: 重役: 重役: 藩士: 髯の役人: 役人: 役人: 役人: 役人: 速見派の侍: 院内: 西田: 老藩士: 第27話 1月16日 熱湯に浸った悪い奴 別府 葉村彰子 山本英明 おけい: 笹屋平吉: 島田左近: お峰: 叶屋重蔵: 利助: 鉄五郎: 源次: 米屋の亭主: 役人: 和助: 中盆: 旅人: 賭場の客: 役人: 叶屋の手下: 壺振り: 叶屋の手下: 叶屋の手下: 叶屋の手下:(ノンクレジット) 酒屋の主人:(ノンクレジット) 第28話 1月23日 愛の奇蹟 宮崎 柴英三郎 内出好吉 坂崎主膳: 大八: しお: 巴屋たき: 川辺茂十郎: 助造: 関根孫市: 大島将監: 老漁師: 与平: 女中: 女中: 有馬丸の船員: 有馬丸の船員: 有馬丸の船員: 第29話 1月30日 妖雲晴れた桜島 鹿児島 葉村彰子 脇田綾乃: 伊集院源八郎: 轡屋吾兵衛: 重富内記: : 居酒屋の女中: 加世田孫六: 覚全: 重富弥一郎: 梓: 旅篭の亭主: お葉の方: 脇田頼母: 門番: 番士: 組頭: 役人: 覚全の手下: 藩士: 藩士: 覚全の手下: 覚全の手下: 薩摩の忍び: 薩摩の忍び: 薩摩の忍び:(特技としてクレジット) 大八車の男:(ノンクレジット) 門番:(ノンクレジット) 解説 [ ]• 第1話では敵の目をひくために助と八が光圀に扮している。 第2話では光圀と八が悪代官によって百叩きの刑に処せられている。 第21話では印籠披露の場面はなかった。 それどころか、光圀は関係者以外には正体を明かしていない。 これは息子の松平頼常の愚行を戒めるのが話の筋であったため、庶民に身分を明かすことができなかったからである。 劇中、光圀は農民に自分の悪口を言われる場面に遭遇するが、その農民は最後まで光圀の身分を知らされなかった。 格之進役のの最終シリーズである。 都市化の進展に伴ってロケーションの場所の苦労が目立ち始めた。 ロケーション地に大きなセットを持ち込まなければならないケースが増え、を再現する場合などは、の消防車を集めて毎秒何トンもの水を流したという。 2016年12月13日より、TBSチャンネル1にて二度目の再放送開始。 外部リンク [ ]• 第9部 [ ] 水戸黄門 第9部 ジャンル 脚本 監督 出演者 オープニング 「」 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:55 放送枠 ナショナル劇場 放送分 55分 回数 全27 「 水戸黄門 第9部」(みとこうもん だい9ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全27話(通算276回)。 最高視聴率は43. 7%であり、平均視聴率は37. 3% ストーリー [ ] お家騒動解決のために旅立つ。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• うっかり八兵衛:• :(第1話 - 第10話、第13話 - 第27話)• 風車の弥七: 準レギュラー [ ]• 森吉玄斉:(第1話、第2話)• 三木仁兵衛:(第1話、第27話)• 小野塚兵衛:(第1話、第10話、第13話)• :(第1話、第27話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作代表:、• 製作:、• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 編集:• チーフ助監督:(第6話~第9話、第14話~第17話、第21話~第22話、第26話~第27話)、(第1話、第3話~第4話、第11話~第12話、第20話、第23話)、(第2話、第5話、第10話、第13話、第18話~第19話、第24話~第25話)• 特技:• 邦楽監修:• 擬斗:、(東映剣会)• 装置:、、• 衣装:• 記録:、、• 演技事務:• 製作進行:、• 装飾制作:• 小道具制作:• 衣装制作:• 美粧結髪:• かつら制作:• 現像:• キャスティング協力:• 制作:、• プロデューサー:(ノンクレジット)、、 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 ゲスト 備考 第1話 1978年 8月7日 北国への旅立ち 水戸 葉村彰子 山内鉄也 生保内甚四郎: 船頭: 船頭: 佐竹鶴丸: 役人: 船頭:(ノンクレジット) 第2話 8月14日 死を賭けた武士道 いわき 内出好吉 松田玄藩: 山野井源八郎: うめ: 岡崎十左衛門: 盤城屋六右衛門: 女中: 室伏伝兵衛: 唐木典膳: 山口勝之進: なつ: 浅香新之丞: 第3話 8月21日 狐が唄った相馬盆唄 相馬 居川靖彦 おゆう: 岩上主水: 黒木源兵衛: 沢田八十八: 岩上喜平次: 役人: 間瀬藤十郎: 百姓: 役人: 母親: 少女: 坪田三左衛門: 弥太郎: 第4話 8月28日 芝居になった悪い奴 福島 津田幸於 山内鉄也 巳之吉: 伝兵衛: 鬼頭刑部: 宗右衛門: 宗吉: お房: 菊之丞: 虎五郎: 市川東十郎: 天狗の辰: 婆さん: 下村源九郎: 梅之助: : 河童の竹: ひょっとこの亀: 第5話 9月4日 黄門様のそっくりさん 仙台 加藤泰 内出好吉 大島屋利右衛門: : とよ: 千代: 天童隣之丞: 天童内記: 甚兵衛: 利助: くじら屋の亭主: 船乗りの藤蔵: 加曽我部主計: 五郎八: 枝川兵太郎: 若菜屋の女将: 芸者: 芸者: 手代: 東野が二役で出演 第6話 9月11日 恐怖の標的 一ノ関 山内鉄也 彦兵衛: 栄次: お園: 金森帯刀: 畔上源八郎: 小松屋: 戸塚: 藤吉: 役人: おとよ: 小松屋の番頭: 薬売りの男: 旅篭の番頭: ごろつき: ごろつき: 藤吉の娘: 第7話 9月18日 裁かれたジャジャ馬姫 盛岡 葉村彰子 居川靖彦 大迫一角: 杉沢頼母: 与兵衛: 女中: おつる: 供侍: 供侍: 名主: 村役: 門番: 門番: そば屋の女中: 旅籠の亭主: 藩士: 藩士: 藩士: 北十左衛門: 高姫: 第8話 9月25日 荒野の襲撃 三戸 山内鉄也 林蔵: 南馬之介: 由蔵: 浄光寺修理: おえん: 旅篭の主人: お美代: 甚内: 毛馬内弥十郎: 宿場役人: ?: ?: お美代の父親:森秀人 山賊: 第9話 10月2日 黄門さまの父子裁き 弘前 櫻井康裕 居川靖彦 卯三郎: 池田屋庄兵衛: うめ: 庄吉:(子役) 碇屋五郎太: 藤代貢: 伊佐次: おつや: 下役人: 医者: : 役人: 番人: 番頭: 第10話 10月9日 風雲久保田城 秋田 葉村彰子 内出好吉 おちか: 義兵衛: 岡戸半兵衛: 石塚伝八郎: 百合の方: あざみ: 供侍: 騎馬侍: 組頭: 熊市: 役人: 佐竹鶴丸: 戸賀崎図書: : 第11話 10月16日 過去をもつ男 酒田 宮川一郎 居川靖彦 おいと: 島田重兵衛: 吉野屋清五郎: 新山典膳: 上田屋: 加島屋: 八木: 番頭: 由三: 船頭: 船頭: 役人: 飯屋の亭主: 乾分: 人足: 船頭: 番頭: : 第12話 10月23日 二人いた弥七 新潟 葉村彰子 勇蔵: お信: 新海屋五郎蔵: 亀田八太夫: 湊屋四郎兵衛: 戸倉屋嘉右衛門: 伝次: 加治田孫次郎: 太吉: 役人: 岩松: やくざ: 新海屋の乾分: 中谷が二役で出演 第13話 10月30日 黄門様の泥棒ごっこ 長岡 内出好吉 長吉: おすみ: 板倉屋伝右衛門: 小曽根左近: 寅三: お仙: 用心棒: 役人: 御船手番所役人: 船頭: 女中: 役人: 茶店の亭主: 第14話 11月6日 鈴に秘めた愛 高田 津田幸於 矢部源九郎: お加代: 岩崎半十郎: 五平: 村越丹波: 町人: 柏屋勘兵衛: 伊達外記: お梶: 長野帯刀: 第15話 11月13日 名工二代輪島塗り 輪島 宮川一郎 太兵衛: 左吉: はつ: 湊屋伊兵衛: 船山又十郎: 半九郎: 源造:飯田覚三 すず屋の女中: 神社の老人:森秀人 第16話 11月20日 百万石の味自慢 金沢 葉村彰子 居川靖彦 和助: 美保: 森下屋八左衛門: 角屋仙右衛門: 石川主水: 番頭: : 嘉吉: 角屋の番頭: 砂糖屋: 医者: 尾形弥太夫: 旅籠の手代: 角屋の子分: 浪人: 家臣: 第17話 11月27日 越前めおと奉書 福井 廣澤榮 内出好吉 宗吉: おいち: 瀬川政矩: 庄屋惣助: 鳥居塚三郎: 南条勝馬: 子分: 百姓: 役人:波多野博 百姓:大木晤郎 百姓: 子分: 百姓:市条亨一 第18話 12月4日 命を賭けた忍びの掟 五箇山 葉村彰子 由美: 佐吉: 黒川刑部: 佐兵衛: 小杉源八: 越中屋宗助: 村人: 山男: 山役人: 村人: 役人: 市介: 第19話 12月11日 仇討ち笹りんどう 中津川 津田幸於 居川靖彦 早坂伝三郎: 山崎玄藩: 甚助: 矢吹伊十郎: お千代: 塚本庄太郎: 火縄問屋: 女中: 塚本菊: 源八: 第20話 12月18日 帰って来た中乗りさん 木曽福島 宮川一郎 内出好吉 庄八: お光: 源太郎: 伊豆屋万兵衛: 塚口喜兵衛: 丑之助: 定吉: 梅田: 米三: 役人: 政吉: 早桶屋: 少女: 東野黄門シリーズ 最高視聴率第5位 の41. 8%を記録 第21話 12月25日 偽者にされた黄門様 奈良井 葉村彰子 居川靖彦 小六: 関口兵介: 村上屋儀平: 仁助: 番頭: 信吉: 市松: お民: お房: お元: 役人:五十嵐義弘 門番:有島淳平 門番:寺内文夫 飛脚: 茶店の老婆:大江光(ノンクレジット) 第22話 1979年 1月1日 初春女狐騒動 諏訪 大西信行 田毎新八郎: 向井源三郎: 高島屋清兵衛: 彦兵衛: 目付: 与助: : お京: 女中: 侍: お甲: 第23話 1月8日 からくりお茶壺道中 甲府 葉村彰子 内出好吉 伊藤数馬: : 平岡惣兵衛: 仙太: 旧造: 桐木仁介: 清野与吾平: おきし: 望月: 第24話 1月15日 弟思いの一番勝負 川越 宮川一郎 白井大次郎: 白井小太郎: とみ: 桜田要助: 肥前屋仁右衛門: 桜田武左衛門: 杉山源助: 伍助: 後藤三山: 城代家老・崎川: 禰宜: 目付侍: 後藤三山の助手: 門弟:木谷邦臣 門弟: 門弟:細川純一 家臣: 女中: 第25話 1月22日 黄門さまの天狗退治 館林 吉田隆 居川靖彦 庄屋喜兵衛: 芹沢平太夫: 雷の鉄造: 万作: お映: およね: 信吉: お里: 伊吉: 川原甚内: 市助: 馬平: お仙: おくに: お光: 第26話 1月29日 代官を救った文庫 佐野 葉村彰子 内出好吉 : 松村彦兵衛: 赤間仙十郎: 松村たよ: 下野屋仁兵衛: 朴庵: 与兵衛: 与左松: 甚八: 役人: やくざ: 第27話 2月5日 三国一の嫁騒動 水戸 居川靖彦 三浦辰之助: 三木田鶴: 律: 松: 秀芳尼: 岩間八太夫: 目付: 女中: 本庄内記: 笠間屋善助: 弥七とお新の娘・ お梅が誕生 東野黄門シリーズ 関東地区最高視聴率第1位 の43. 格役がになる。 深雪は登場しないが、第1話のセリフで深雪の名前と格之助が登場していることから、設定を継承していることがわかる。 宮園が出産のため、第8部を最後にいったん降板する。 再登場するのは第12部である。 大和田が第27話にゲスト出演したに一目惚れしてに結婚した。 五大が演じたのは、助のお見合いの相手であり、三浦辰之助()の恋人という役だった。 1978年には本編と同じキャスト(山口のみ別人役)、スタッフによるが上映された。 2017年2月8日より、TBSチャンネル1にて再放送開始。 外部リンク [ ]• 第10部 [ ] 水戸黄門 第10部 ジャンル 原作 脚本 監督 出演者 オープニング 「」 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:55 放送枠 ナショナル劇場 放送分 55分 回数 全26 「 水戸黄門 第10部」(みとこうもん だい10ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全26話(通算302回)。 ストーリー [ ] 朝廷の使者がでと悪徳商人と共に悪事を働いた。 と江戸幕府の関係悪化を恐れた将軍綱吉は、その後始末で光圀を京に旅立たせた。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• うっかり八兵衛:• 小野塚志乃:• 風車の弥七:(第1話~第3話、第6話~第26話) 準レギュラー [ ]• :(第1話、第26話)• 徳川綱吉:(第1話)• 六条三位:(第1話、第15話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作代表:、• 製作:、• 原案:• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 撮影:、、、• 美術:、• 録音:、、、• 照明:、、• 編集:• チーフ助監督:(第1話~第2話、第9話、第11話、第15話~第16話、第19話~第20話、第22話~第23話)、(第4話~第6話、第8話、第14話、第21話、第24話、第26話)、(第3話、第10話、第12話~第13話、第17話~第18話、第25話)• 特技:• 邦楽監修:• 擬斗:、、(東映剣会)• 舞踊振付:• 装置:• 記録:、、、• 演技事務:• 制作進行:• 装飾制作:• 小道具制作:• 衣装制作:• 美粧結髪:• かつら制作:• 現像:• キャスティング協力:• 制作:、• プロデューサー:(ノンクレジット)、、 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 ゲスト 備考 第1話 1979年 8月13日 おあずけ喰った結婚式 水戸・江戸 葉村彰子 山内鉄也 土屋和泉守: 土屋奈美: 今川式部大輔: 伊勢屋宗兵衛: 三田村孫兵衛: 目付: 儀助: お糸: 伝奏屋敷侍: 伊勢屋の用心棒: 使者: 第2話 8月20日 女度胸の鉄火肌 神奈川 内出好吉 吉松: 相模屋重蔵: 太八: 工藤軍太夫: 政吉: 門馬新十郎: 仁助: 与兵衛: 岩井一角: おもん: 百姓: 北村源八: 辰吉: 馬方: 百姓: 与兵衛の妻: : 武蔵屋お竜: 第3話 8月27日 狐が化けたお姫様 小田原 三浦左近: 安藤内記: 大場甚内: 畑弥右衛門: 片瀬三九郎: 三浦美和: 大久保綾: お容の方: 二宮八郎: 雲助: 雲助: やくざ: 博徒: 侍女: : お蝶: 第4話 9月3日 仇討ち箱根馬子唄 箱根 大西信行 近藤妙: 近藤幸太郎: 勘太: 助八: 近藤幸三郎: 寅五郎: 岩永主膳: 蔦屋彦兵衛: 大原平八郎: お鈴: 喜助: 熊造: 作兵衛: 松吉: 権六: 第5話 9月10日 鬼庄屋は黄門様に瓜二つ 沼津 居川靖彦 田の上の白雲太夫: 吾作: お花: お弓: お照: 板垣十兵衛: 太吉: 頓兵衛: 三造: 与平: 武松: およし: 太郎坊: 東野が二役で出演 第6話 9月17日 天下の怪盗光右衛門 駿府 葉村彰子 宇太郎: お咲: 竹園三右衛門: 文珠の光蔵: 川根屋宇兵衛: 助三: 岡部八太夫: 浅井角兵衛: 三之助: 木島源太郎: 旅篭の女中: おしま: 喜助: 飲み屋の亭主: 茶店の親爺: 東野黄門シリーズ 最高視聴率第4位 の42. 四日市 安藤日出男 内出好吉 玉木小菊: 泉邦之助: 大迫伝蔵: 伊勢屋清兵衛: 佃屋紋次: 南京長次: 佐伯軍八郎: 弥助: 半吉: 馬方: お松: 座女: 座女: 座女: 座女: 第12話 10月29日 身ぐるみ剥がれた御老公 津 居川靖彦 おとよ: 駒吉: 須藤定憲: 結城屋徳兵衛: 寅蔵: 三崎屋宗兵衛: 末吉: 旅籠の番頭: 常次: 鉄次: 医者: 板前: 第13話 11月5日 罠にはまった男 水口 津田幸於 内出好吉 峰次郎: お鶴: 庄太: 溝口伝十郎: 近江屋紋蔵: 森川伊三郎: 三田村源九郎: 依田林之助: 銀次: 旅籠の女中: 第14話 11月12日 鬼が盗んだ運上金 草津 葉村彰子 庄屋平右衛門: 滝川軍太夫: 武藤喜平次: 伊兵衛: 左源太: 大橋伝蔵: お由美: お奈美: 源助: 太吉: おつね: 村人: 村人: 六郎: 第15話 11月19日 京の都の悪退治 京 山内鉄也 兵藤伝八郎: 河内屋金兵衛: 山城屋弥右衛門: 茶店の主人: 貞子: お光: 角屋喜久蔵: 徳次: 同心: 喜助: 呉服商人: 広幡右大臣: 菊亭左大臣: 第16話 11月26日 母恋し鈴鹿馬子唄 大津 櫻井康裕 内出好吉 松吉: おさよ: お艶: 山室九右衛門: 近江屋甚兵衛: 岡野: : 徳: 久造: 篠山藩士: 旅の商人: 吉川: 相田: 第17話 12月3日 御老公を暗殺せよ!! 彦根 稲垣俊 居川靖彦 瓜生治一郎: 沼田主税: 瓜生佐和: 瓜生梢: 沼田勝之丞: 役人: 密使: 侍女: 侍女: 侍女: 侍女: 井伊直高: 瓜生治左衛門: 第18話 12月10日 八兵衛うっかり若旦那 大垣 葉村彰子 攝津屋お絹: 万石屋弥右衛門: 蝮の権九郎: 与吉: 田代刑部: 戸塚余一郎: 市兵衛: 長岡屋吾兵衛: 義平: 弥之助: お美濃: 機場主人: 機織娘: 機織娘: 旅篭の女中: 第19話 12月17日 恋しきひとの琴 犬山 廣澤榮 内出好吉 若宮慎之助: 若宮せつ: 鹿屋藤造: 弥富玄八郎: 鉄: 藤堂亮之介: 政次: 商家の内儀: 旅籠の女中: 商家の娘: 里見が二役で出演 東野黄門シリーズ 最高視聴率第2位 の42. 水戸街道 水戸 葉村彰子 内出好吉 : 笠井十次郎: 藤代市太郎: 伊蔵: 依田助太夫: 藤五郎: 水戸藩士: 長吉: 千太: 北川志津: 飯屋の亭主: 客: 旅籠の番頭: 北川兵馬: 船頭: 芸者: 芸者: 芸者: 伊蔵の子分:(ノンクレジット) 助三郎が志乃と結婚 解説 [ ]• 1979年7月24日 - とがで婚約を発表。 1980年1月20日 - 大和田、五大の結婚披露宴。 東野が祝辞、高橋が祝いの歌を披露。 1980年3月7日 - 300回記念パーティーに・、・、・、・、・らが出席。 2017年8月31日より、TBSチャンネル1にて、二度目の再放送開始。 このシリーズにおいては、素材に起因する映像・音声の乱れがあることが、各話冒頭で、表示されている。 第7話は欠番、理由は不明。 第2部からプロデューサーを務めたが最終シリーズである。 外部リンク [ ]• 第11部 [ ] 水戸黄門 第11部 ジャンル 原作 脚本 監督 出演者 オープニング 「」 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:55 放送枠 ナショナル劇場 放送分 55分 回数 全26 「 水戸黄門 第11部」(みとこうもん だい11ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全26話(通算328回)。 ストーリー [ ] 寝坊をしたことで格之進と志乃が夫婦喧嘩。 そんな折から来た藩士・浜中弥太郎と農民の娘・お美代から次席家老の乱用による窮状を聞いた光圀はお美代と共に鶴岡へ向かう。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• うっかり八兵衛:• 風車の弥七:• お美代:(ミス水戸黄門) 準レギュラー [ ]• 佐々木志乃:(第1話、第26話)• 浜中弥太郎:(第1話、第6話)• 高力将監:(第1話、第6話)• 石原外記:(第1話、第6話)• 最上屋重兵衛:(第1話、第6話)• :(第1話、第26話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作代表:、• 製作:、、• 原案:• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 撮影:、、、• 美術:、• 録音:、、、• 照明:、、、• 編集:• チーフ助監督:(第1話、第4話~第6話、第13話、第15話~第16話、第20話、第22話、第24話)、(第7話、第11話、第17話、第19話、第23話)、(第2話~第3話、第21話、第26話)、(第9話~第10話、第12話、第14話、第18話、第25話)• 特技:• 邦楽監修:• 擬斗:、、、(東映剣会)• 舞踊振付:• 装置:、、• 記録:、、• 演技事務:• 製作進行:、• 装飾制作:• 小道具制作:• 衣装制作:• 美粧結髪:• かつら制作:• 現像:• キャスティング協力:• 制作:、、• プロデューサー: 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 ゲスト 備考 第1話 1980年 8月18日 密命おびた逃亡者 水戸 葉村彰子 山内鉄也 さわ屋の女中: (ミス水戸黄門代表) 村娘: (ミス水戸黄門代表) 村娘: (ミス水戸黄門代表) 村娘: (ミス水戸黄門代表) 村娘: (ミス水戸黄門代表) 村娘: (ミス水戸黄門代表) 村娘: (ミス水戸黄門代表) 村娘: (ミス水戸黄門代表) 村娘: (ミス水戸黄門代表) 義助: 浜中弥右衛門: 櫛引源心: 第2話 8月25日 夏祭り 姫君暗殺計画 二本松 内出好吉 大矢主馬: 浅井刑部: 矢吹大八: 妙姫: 内藤源三郎: 佐橋伝八郎: 工藤兵助: 宿場の主人: おいく: 目付: 梅乃: 旅籠の女中: おひろ: 第3話 9月1日 悲願を賭けた砲術くらべ 米沢 加藤泰 塩川チエ: 塩川ハツ: : 佐々屋十兵衛: 五十嵐権内: 米沢藩家老: 番士: 番士: 受付侍: 寺島惣兵衛: 第4話 9月8日 悪を斬る紅緒の三度笠 山形 葉村彰子 山内鉄也 旅篭の女中: (ミス水戸黄門代表) お葉: 大庄屋多左衛門: 高森源太夫: 甚兵衛: 出羽屋六蔵: 松五郎: おたね: お咲: お茂: 窪田峰太郎: 岩吉: 旅籠の亭主: お光の父親: 宗助: 役人: 紅緒の仙太郎: 第5話 9月15日 黄門さまを叱った娘 新庄 大西信行 芳太郎: 塚原軍太夫: 茂左衛門: 山崎屋総兵衛: お糸: 役人: 竹造: 山崎屋の番頭: おはな: 第6話 9月22日 奇祭 化け物まつりの対決 鶴岡 葉村彰子 儀右衛門: : 与吉: 宮坂伝内: 伊兵衛: 浪人: お香代: 第7話 9月29日 うっかり八兵衛 お殿様 本荘 大西信行 : 旅篭の女中: (ミス水戸黄門代表) 雪絵: おきみ: (ミス水戸黄門代表) 榎屋彦兵衛: 三村六左衛門: 若月: 川上: 老婆: 森下: 田宮喜次郎: 谷: 六造: 田端: 勘定方: 高橋が二役で出演 第8話 10月6日 泥棒助けた黄門様 男鹿 お絹: 与兵衛: 多十: 再放送欠番 第9話 10月13日 隠密津軽凧 弘前 津田幸於 内出好吉 お妙: 榊原外記: 堀田源九郎: 板倉内膳: 寺崎兵馬: 大津屋軍蔵: (クレジットは大津屋だが劇中では津軽屋) : 徳兵衛: 伊助: 弥平次: 組頭: 第10話 10月20日 北の岬の仇討 八戸 廣澤榮 せつ: 梶原源八郎: 権三: 蔵原玄沢: 沢木亮之介: 藤井昌伸: 直助: : 沢木数馬: 緒方放庵(篠田十蔵): 第11話 10月27日 父子つないだ頑固そば 盛岡 葉村彰子 居川靖彦 旅篭の女中: (ミス水戸黄門代表) おぬい: 大迫武太夫: 仁王の重蔵: 猪之松: 茶店の親爺: 竹造: 飴売りの婆: 清次: 清兵衛: 第12話 11月3日 瞼の父は用心棒 宮古 櫻井康裕 内出好吉 お葉: 五大屋藤吉: 加納七蔵: 小沢屋浜兵衛: 美山晴之介: 八重: 番頭: 舟子: 政吉: やくざ: 速水弦之助(美山進之丞): 日下部駒太夫: 第13話 11月10日 陰謀あばいた俵牛 陸前高田 津田幸於 居川靖彦 西本源四郎: 吉沢軍蔵: 小林伝九郎: 西本小太郎: 直助: 竹駒の勝蔵: 銀次: 利八: 西本綾: 大和田が二役で出演 第14話 11月17日 河豚にあたった若旦那 仙台 葉村彰子 内出好吉 お秋: (ミス水戸黄門代表) お春: (ミス水戸黄門代表) お照: (ミス水戸黄門代表) 多賀屋与右衛門: 広瀬宗兵衛: 兵頭弥右衛門: 喜平: 叶屋権蔵: 音松: 与一郎: めし屋の亭主: : 藤乃屋の女将: 役人: 漁師: おひで: 第15話 11月24日 天狗の鼻にお灸 会津 居川靖彦 お芳: (ミス水戸黄門代表) お君: 伊助: : 畑中長一郎: 伝蔵: 大友玄馬: 権次: お種: 治平: 壺振り: 藩士: 三右衛門: 第16話 12月1日 大当り 黄門様の大芝居 新発田 大久保昌一良 お蝶: 旅篭の女中: (ミス水戸黄門代表) 梅: (ミス水戸黄門代表) 桜: (ミス水戸黄門代表) 菊: (ミス水戸黄門代表) 椿: (ミス水戸黄門代表) 踊り子: (ミス水戸黄門代表) 飯坂定憲: 正三: 吉兵衛: 徳兵衛: 太郎兵衛: 雛丸: 次郎兵衛: 仁蔵: 市蔵: 旅籠の番頭: 常次: 山口が別の役で出演 第17話 12月8日 親不孝トンテンカン 三条 廣澤榮 内出好吉 おぬい: 倉賀野利平: 中神祐之介: 稲葉重矩: 角造: 鶴吉: 鶴蔵: 第18話 12月15日 天晴れ早駈け 勝ち名乗り 与板 櫻井康裕 浅井美佐: 香月広之助: 香月昭三郎: : 浅井清太郎: 浅井喜兵衛: 組頭: 質屋の番頭: 旅籠の番頭: 第19話 12月22日 馬に蹴られた悪企み 三国峠 葉村彰子 庄屋平右衛門: お牧: おせき: 伊兵衛: 黒川勘太夫: 玄庵: 石田孫六: おきみ: 第20話 12月29日 出世を願った嫁いびり 行田 津田幸於 居川靖彦 堀江市之丞: 多喜: 酒井主膳: 三枝伊十郎: 武蔵屋加兵衛: 相馬屋伝兵衛: 五助: 堀江千勢: : 源助: 足軽の女房: 第21話 1981年 1月5日 初春 黄門さまの用心棒 秩父 廣澤榮 内出好吉 角屋吉兵衛: 大滝辰蔵: 西脇伝八郎: 仙太郎: 芳造: 手付梶原: 番頭: 源八: りよ: 第22話 1月12日 黄門様の子守唄 伊勢原 大西信行 居川靖彦 お梅: 織部新一郎: 伍平: 厚木の為三: 大山主殿: 喜十郎: 織部新八郎: 六助: 角助: 飴売り: 第23話 1月19日 鎌倉彫にかけた意地 鎌倉 津田幸於 おきぬ: (ミス水戸黄門代表) 栄次: 伊助: 榊原外記: おさと: 相模屋藤蔵: 戸崎監物: 五平: 杉山伝九郎: 宗左衛門: 第24話 1月26日 弥七に似てた三度笠 館山 芦沢俊郎 追分の半次: お圭: 船形屋久造: 三崎屋吾平: 川合武太夫: 隆太: 政: 留: 辰吉: 中谷が二役で出演 第25話 2月2日 胸に悲願の裏切り者 佐倉 内出好吉 美里: 原島兵部: 戸田正忠: 聖天辰五郎: 近藤左門: お菊の方: 源太: 役人: 伊助: 岡野兵馬: 藩士: 藩士: 藩士: お国: 腰元: 腰元: 高木: 子分: 子分: 秋元多三郎: 成瀬修理: 第26話 2月9日 一陽来復 水戸の春 岩槻・水戸 葉村彰子 せつ: お咲: (ミス水戸黄門代表) 高畑勘解由: 林田外記: 市兵衛: 渡辺伴作: 木村鉄太郎: 目付: 杉浦道之助: 角谷仙十郎: 東野黄門シリーズ 最高視聴率第1位 の42. 「ミス水戸黄門」が公募され、1979年8月より応募が始まり、11月2日の結果発表で5万人の中からグランプリとなり全26話にわたって出演したのは清水久美子(青森代表)。 また、決戦に残った30人中24人が何らかの形で番組にゲスト出演している。 この頃、東野にアクシデントが相次いで発生した。 第1話収録前の1980年6月10日にでに入院。 この影響で収録が3週間も遅れ、7月下旬に予定していた水戸ロケが中止になる。 さらに第5話の収録中にセットの崩落に合い、骨折。 この回のゲストであった森昌子は東野に一切会う事はなかった。 この影響で8月21日のスポーツ紙で 「水戸黄門、第12部で打ち切りか? 」という事態にまでなった。 第11部のポスターから「TBSテレビ6」の表示が「TBS6」となった(第20部まで続く)。 第18部より3代目助三郎になるがゲスト出演 第1話、第6話 しており、水戸黄門初登場である。 第16話で志乃役の山口いづみが別の役(お蝶)としてゲスト出演しており、一行(特に助三郎)から志乃と間違えられる演出がある。 第6話は(RCC)のみ『・ vs 』に差し替えられ(他のTBS系列局では深夜の録画中継として全国ネット)、翌23日の22:00から振替放送された。 広島が優勝争いしていたとはいえ、本枠がプロ野球のローカル中継に差し替えられるのは異例であった。 2018年2月5日より、TBSチャンネル1にて再放送開始。 ただし、西村晃の出演する第8話は、引き続き欠番扱い。 それにも関わらず、チャンネルHPでは名を連ねる豪華ゲストの一人に、西村晃の名前を入れている。 前10部と同じく、素材に起因する映像・音声の乱れがあることが、各話冒頭で、表示されている。 この部より、佐々木助三郎と渥美格之進のクレジットが、併記から分離の形をとる。 クレジットの順番は、水戸光圀:東野英治郎、佐々木助三郎:里見浩太朗、渥美格之進:大和田伸也、という形となり、以降、第28部まで、この流れは続くことになる。 外部リンク [ ]• 第12部 [ ] 水戸黄門 第12部 ジャンル 脚本 監督 出演者 (現・伊藤かずえ) オープニング 「」 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:55 放送枠 ナショナル劇場 放送分 55分 回数 全27 「 水戸黄門 第12部」(みとこうもん だい12ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全27話(通算355回)。 ストーリー [ ] 光圀の息子・と将軍・綱吉の甥で次期将軍候補のとの不仲説がささやかれ、その真相を解き明かす為へ旅立つ。 事件解決後、旅先で知り合った千鶴を母親に会わせるために江戸にあるの屋敷を目指す。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• うっかり八兵衛:• 佐々木志乃:(第1話 - 第13話、第27話)• 風車の弥七:• 千鶴:(現・伊藤かずえ)(第14話 - 第27話) 準レギュラー [ ]• 霞のお新:(第1話、第27話)• お梅:(第1話、第27話)• :(第1話)• :(第1話、第13話、第27話)• 本荘宗然:(第1話、第13話)• 西尾勘兵衛:(第1話、第13話)• 加賀谷鉄心:(第1話、第13話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作代表:、• 製作:、、• 原案:• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 撮影:、、• 美術:、• 録音:、、• 照明:、、、• 編集:• チーフ助監督:(第15話、第25話)、(第2話~第3話、第6話、第11話~第12話)、(第9話~第10話、第13話~第14話、第16話~第17話、第21話~第24話、第26話)、(第1話、第4話~第5話、第7話、第18話~第20話、第27話)• 特技:• 邦楽監修:• 擬斗:、、(東映剣会)• 舞踊振付:• 装置:• プロデューサー補:、• 記録:、、、、• 演技事務:• 製作進行:• 備前焼協力:• 装飾制作:• 小道具制作:• 衣装制作:• 美粧結髪:• かつら制作:• 現像:• キャスティング協力:• 制作:、• プロデューサー: 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 ゲスト 備考 第1話 1981年 8月31日 讃岐への旅立ち 水戸・江戸 葉村彰子 居川靖彦 三木弥兵衛: 大崎余太夫: 三宅弥右衛門: 小笠原伊織: 医師: 第2話 9月7日 頑固くらべで悪退治 八王子 葉村彰子 大久保昌一良 横山屋おみね: おたえ: 金井屋権兵衛: 戸田和泉守: 服部平四郎: 彦造: 福兵衛: 客引き女: 三次: 役人: 伝八: 芸妓: 芸妓: 客引き女: 第3話 9月14日 黄門様の盗っ人仁義 府中 葉村彰子 お美代: おとよ: 甲州屋弥右衛門: 殿村外記: 高山甚左衛門: 六蔵: 新助: 飯屋の亭主: 源八: ふじやの女中: 用心棒: 第4話 9月21日 兄と呼ばれた格之進 諏訪 津田幸於 居川靖彦 柏木市之介: 柏木綾: 新兵衛: 朝倉大膳: 吉岡伊十郎: 妙心尼: 山崎伝心: 水鼡の又蔵: 伊那の左源太: 大島屋辰蔵: 石井帯刀: 旅籠の亭主: 大島屋番頭: 大和田が二役で出演 第5話 9月28日 名月木曽節仁義 木曽福島 廣澤榮 苫屋の又五郎: おりん: 大舘雅重: 駒ヶ根屋: 飯富の甚五郎: 向山源八郎: 三蔵: 又市: 巳之吉: 庄吉: お縫: 清太郎:(子役) 清助(川浪の吉兵衛): 第6話 10月5日 助さんそっくり千両役者 郡上八幡 葉村彰子 大久保昌一良 内出好吉 沢村菊次郎: おとせ: 佐藤将監: 春駒の太郎兵衛: 荘八: 常吉: 勧進元: 善助: お春: 役人: 露天の商人: 瀬川松之丞: 里見が二役で出演 第7話 10月12日 お志乃に惚れた提灯作り 岐阜 津田幸於 屋張屋幸兵衛: お絹: 大野屋甚助: 桂木伊十郎: 岩田の九蔵: お徳: 伝六: 第8話 10月19日 にせ黄門様の悪退治 米原 大久保昌一良 岡本静夫 おいね: 市村格之丞: 助三: 谷川民部: 今津屋寅造: 大家因喬: 再放送欠番 第9話 10月26日 闇に閃く白頭巾 膳所 葉村彰子 居川靖彦 高島平四郎: お美濃: 檜垣弥太夫: 原帯刀: 檜垣弥十郎: 守山修理: 佐橋小三郎: 近江屋善兵衛: 安川松枝: 安川文五郎: 第10話 11月2日 殴られた黄門様 伏見 葉村彰子 大久保昌一良 新吉: お茂: 墨染の権六: 青山主膳: 大家: 茶店の亭主: 文七: 世話役: 中盆: 商人: 伏見奉行所門番: 第11話 11月9日 献上塩昆布にかけた意地 大坂 内出好吉 浪花屋おたき: おさよ: 嘉兵衛: 工藤甚十郎: 才田屋彦兵衛: 商人: 惣吉: 質屋の番頭: 北野屋庄右衛門: 吾兵衛: 剛蔵: お峰: 番屋の同心: お竹: 才田屋の子分: 第12話 11月16日 八兵衛身代り危機一髪 徳島 大久保昌一良 岡本静夫 吉野屋芳太郎: 法敬: おとよ: 安川惣右衛門: 稲田屋庄兵衛: 利兵衛: 京八: 権次: 常吉: 妓楼の亭主: 芸妓: 村娘: おきみ: 高橋が二役で出演 第13話 11月23日 ご老公を爆殺せよ! 高松 葉村彰子 居川靖彦 藤兵衛: 大久保主計: お咲: : 早苗: 名主: 彦坂織部正: 第14話 11月30日 金毘羅様の鬼退治 丸亀 内出好吉 飯山玄蕃: 琴平の五郎蔵: 寅八: 源五郎: お信: 長次: 与三松: 役人: おぬい: 五兵衛: 賭場のやくざ: 千鶴が一行の仲間に加える 第15話 12月7日 娘意気地の生一本 柳井 津田幸於 菊乃屋市右衛門: 佐兵衛: お徳: 峰山幸太夫: 小松屋増蔵: 源助: 利八: お袖: 島吉: 米吉: 柏木又十郎: 沖浦の万五郎: 第16話 12月14日 瀬戸の夕映え花嫁 広島 廣澤榮 居川靖彦 平吉: おいち: 仁右衛門: 金輪島の源八: 堂脇正憲: うつぼの仙太: 蟹平: 舟問屋の主人: 牡蠣商人: 牡蠣商人: 牡蠣商人: 舟頭: おかみさん: 第17話 12月21日 備前緋襷兄弟茶碗 岡山 津田幸於 お咲: 庄左衛門: お国: 福浜の鉄五郎: 森田屋伊兵衛: 石塚主膳: 五平: 勝次: 政吉: 雲助: で上映 第18話 12月28日 天下一品喧嘩そうめん 龍野 廣澤榮 戒屋又蔵: 亀屋彦太郎: 山脇景之進: 鵤の伝八: 仙三: 伝八の子分: 伝八の子分: おとよ: 才助: 第19話 1982年 1月4日 初春姫君替え玉騒動 姫路 葉村彰子 内出好吉 清次郎: 木門外記: 石田孫太夫: 松橋: 倉橋主水: 堺屋弥右衛門: 播磨屋清兵衛: 門番: 雅姫・お蝶: 由美が二役で出演 東野黄門シリーズ 最高視聴率第2位 の37. このシリーズ以降、東野の高齢化のため黄門の台詞がやや減らされ、助の里見が裁きの啖呵を切るシーンが多くなる。 なお、放送前の1981年2月21日に東野の妻・英乃が亡くなっている。 第1話の冒頭で西山荘 - 水戸城往復マラソンのシーンがあり、光圀も先頭をきって走っていた。 第8話にが偽黄門役でゲスト出演している。 この回が2年後の光圀役起用につながった。 再放送では欠番となっているが、2003年7月25日に放送された水戸黄門のスペシャル番組で2代目・3代目の光圀役が決定するまでを紹介するコーナーがあり、この回の一部分が放送された。 また、印籠シーンにおいても、格がかざすようになり、その際の決め台詞(「この紋所が目に入らぬか。 」「こちら(そちら・あちら)におわすお方をどなたと心得る、恐れ多くも前の副将軍・水戸光圀公に在らせられるぞ。 」「一同、ご老公の御前である、頭が高い、控えおろう。 」)も固定されるようになる。 2018年5月21日よりTBSチャンネル1にて再放送開始。 なお、偽黄門役で出演した西村晃が、この時のゲスト出演がきっかけとなって、2代目黄門就任につながった、との解説が、TBSチャンネルのホームページでなされているが、同話は欠番扱いである。 外部リンク [ ]• 第13部 [ ] 水戸黄門 第13部 ジャンル 原作 脚本 監督 出演者 オープニング 「」 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:54 放送枠 ナショナル劇場 放送分 54分 回数 全26 「 水戸黄門 第13部」(みとこうもん だい13ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全26話(通算381回)。 ストーリー [ ] 転覆を企む一族の陰謀を阻止するため、尾張へ向かう。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• うっかり八兵衛:• 霞のお新:(第1話 - 第15話、第17話 - 第26話)• 風車の弥七:• 由美:(第1話 - 第11話)• 梟の左源太:(第1話 - 第2話、第4話、第6話、第9話 - 第11話、第22話、第26話) 準レギュラー [ ]• 佐々木志乃:(第1話、第26話)• :(第1話)• 平岩麻:(第1話、第10話)• 平岩新兵衛:(第1話、第9話~第10話)• :(第1話、第10話)• :(第1話、第26話)• :(第1話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作代表:、• 製作:、、• 原案:• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 撮影:、、、• 美術:、• 録音:、、、• 照明:、、、• 編集:• チーフ助監督:(第1話~第3話、第5話、第8話、第16話、第23話)、(第7話、第9話~第10話、第12話)、(第4話、第14話~第15話、第19話~第20話、第22話)、(第11話、第13話、第17話、第24話)、(第6話、第26話)、(第18話、第21話)、(第25話)• 特技:• 邦楽監修:• 擬斗:、、(東映剣会)• 装置:• プロデューサー補:、今井正夫• 記録:、、、、、• 演技事務:• 製作進行:、• 装飾制作:• 小道具制作:• 衣装制作:• 美粧結髪:• かつら制作:• 乗馬協力:• 現像:• キャスティング協力:• 制作:、• プロデューサー: 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 ゲスト 備考 第1話 1982年 10月18日 天下を狙う忍びの罠 水戸・江戸 葉村彰子 居川靖彦 : 笠松大八: 水戸家武士: 徒士組組頭: : 供頭: 番頭: 旅人: 第2話 10月25日 大爆破! 恐怖の狼谷 小田原 倉田準二 清吉: おけい: 畑将監: 安五郎: 山崎屋藤蔵: 鮫島九十郎: 勘次: 寅三: 浪人: 役人: 船頭: 茶店の親爺: 第3話 11月1日 鬼が棲んでる天下の嶮 箱根 葉村彰子 大久保昌一良 居川靖彦 宇田川妙(辰吉): 宇田川萩: 秋山源左衛門: 堀備後守: 大北源三郎: 平井助八: 叶屋平十: 茶店の親爺: 甚兵衛: 寅: 熊: お筆: おくめ: 関所の門番: 第4話 11月8日 欲望渦巻く金山地獄 三島 倉田準二 弥左衛門: 巨摩屋十兵衛: 大河原兵部: 横山五平太: 伝蔵: 彦助: 波吉: 茶店の親爺: 第5話 11月15日 ドジな息子の泥棒修業 清水 お千代: 朝太郎: 豊蔵: 臼井玄太夫: 伊豆屋九兵衛: 直蔵: 直次: 居酒屋の亭主: 魚勢の源兵衛: 法印: 小間物屋: 役人: 第6話 11月22日 おん宿 割鍋にとじ蓋 島田 廣澤榮 居川靖彦 天徳寺の銀次: 高岩源八郎: 紋太: 鶴屋卯吉: 又七: 商人: おとよ: 才助: 第7話 11月29日 うなぎ屋 義侠の恩返し 浜松 芦沢俊郎 つね: 三崎屋治平: とき: お照: 鷺山武太夫: 鳴海屋伝蔵: 聖天留五郎: 丸屋: 繁造: 和泉屋: 壺振り: 古着屋の亭主: 旅篭の女中: 新助: 為吉: 第8話 12月6日 悲願を秘めた蜆売り 吉田 葉村彰子 津田幸於 倉田準二 生方小太郎:(子役) 山崎将監: 山崎蔵人: 早川軍兵衛: 利助: 生方綾: 角屋角左衛門: 大野屋五郎蔵: 与力: 医者: 飛脚問屋の主人: 腰元: 角屋の女中: 浪人: 柏木妙: 第9話 12月13日 危機一髪! 火薬小屋の対決 岡崎 葉村彰子 居川靖彦 おゆう: 沢田七左衛門: 遠州屋富蔵: 駒木根五郎太: 紋次: 藤屋おせい: 山崎大八: 吾平 遠州屋の番頭: 喜平次: 第10話 12月20日 尾張名古屋の妖怪退治 尾張 : 森島政右衛門: 家老: 家老: 供侍: 巡察の武士: 馬方: 警護の武士: 人足: 御側衆: 目付: 第11話 12月27日 悪を縛った伊賀の組紐 伊賀上野 倉田準二 英次: 名張の嘉平次: お美濃: 大庄屋庄左衛門: 安濃屋徳兵衛: 赤松与太夫: 喜十: 役人: 善作: 役人 第12話 1983年 1月3日 伊勢参り 娘初春七変化 伊勢 居川靖彦 伊勢屋助左衛門: 豆吉: 本田孫三郎: 二見屋権蔵: 伊平: 八五郎: 奥村利平次: 紋次: 六兵衛: 大河内主膳: 宗助: 茶店の亭主: お道: 常陸屋お京: 第13話 1月10日 真実を尽した妻の愛 高野 櫻井康裕 内出好吉 おふで: 茂造: お絹: 池田外記: 田原屋: 西川屋: 田原屋番頭: 職人: やくざ: 茶店の老爺: 第14話 1月17日 暖簾を救った身代り女房 堺 稲垣俊 居川靖彦 お仙: 和泉屋: 同心 河内: 浪花屋吉蔵: 喜助: 多吉: 兵六: 浪花屋吉左衛門: 第15話 1月24日 三葉葵を盗んだ男 津山 芦沢俊郎 大谷兵部: 正太:(子役) 川辺頼母: 備前屋吾平: 旅篭の亭主: 中山甚兵衛: 常次: 旅篭の番頭: 隼人の五六吉: 伊作: 古物屋の主人: 与力: 傍役: 辰造: お種: 女中: 下役人: 下役人: 同心: 医者: 第16話 1月31日 死を賭けた裏切り 鳥取 稲垣俊 蒲生左京: 日野隼人: : 弥助: 河野三平: 黒木: 日野の配下係: 岡村忠伍: 岡村ゆき: 岡村ふさ: 第17話 2月7日 出雲の和紙の縁結び 大社 芦沢俊郎 内出好吉 常吉: 佐助: 鳴海屋吾平: 因幡屋茂作: 大月主膳: 清次: お菊: お時: お国: 神主: 町人: 職人: 町人: 町人: 第18話 2月14日 網にかかった悪い雑魚 石州・浜田 飛鳥ひろし 倉田準二 お縫: 喜次郎: お時: 今津屋喜兵衛: 喜助: 尾関数右衛門: 津之国屋為五郎: 大倉甚十郎: 馬島の大蔵: 庄八: 源庵: 扇屋の男衆: 銀次: 安吉: お松: 捨七: 鉄平: 第19話 2月21日 萩焼き頑固くらべ 萩 芦沢俊郎 お稲: お民: 高麗屋佐平: 毛利綱親: 三谷帯刀: 仙三: 鶴吉: 徳兵衛: 第20話 2月28日 女桃太郎の鬼退治 博多 櫻井康裕 居川靖彦 清太郎: 嘉兵衛: 西脇掃部: 若松屋: 惣吉: 軍次: 女中: 神居: 役人: 桃太郎(由美): 第21話 3月7日 身替り八兵衛お殿様 唐津 大久保昌一良 倉田準二 大山三太夫: 倉沢真勝: 米倉屋宗兵衛: 倉沢善四郎: : 富田左内: 勘助: 白石: 吾作: 役人: 山田: 茂助: 権八: 職人: 陰供: 第22話 3月14日 復讐! 化け猫騒動 佐賀 津田幸於 居川靖彦 肥前屋伝蔵: 内藤左近: 早坂喜内: 根岸蔵人: 角屋伊兵衛: お絹: 丹兵衛: お縫: : 稲葉帯刀: めし屋の亭主: 第23話 3月21日 悪を裁いたかすり織 久留米 櫻井康裕 倉田準二 お園: 圭吉: 福童屋: 万田帯刀: 治平: 伊三次: 平山三郎兵衛: お君: おたみ: 旅の男: 久美: 糸くり娘: 第24話 3月28日 とどけ馬子唄 瞼の母に 熊本 津田幸於 庄太(山崎粂太郎):(子役) お静: 馬宿の源五郎: 浜路: 勝次: 伊兵衛: 山崎菊野: 安藤頼母: 山崎左近: 本田十次郎: 権太: 侍: 雲助: 家臣: 雲助: 第25話 4月4日 消えた黄門様 延岡 内出好吉 お袖: 市助: 庄屋七左衛門: 大崎軍十郎: 高田唐八郎: 榊原外記: 左兵衛: 米吉: 島本蘭山: 猪之吉: 野尻の紋蔵: 仙吉: 源八: 第26話 4月11日 六十余州は日本晴れ 鹿児島・水戸 宮川一郎 居川靖彦 : 二階堂由利: 二階堂次兵衛: 浜村屋: 島津綱政: 有村大三郎: 日高存竜院: 仙波小太郎: 赤山半七: 吉井: 海老原: :(子役) 日高ヤンボシ: 大山: 役人: 有村内蔵之助: 解説 [ ]• 東野黄門最終シリーズ。 本シリーズは東野の年齢を考えすばやく収録が開始され同シリーズ開始の次の日10月19日にクランクアップする。 1982年4月29日、長年光圀役を演じたに政府はを叙勲した。 同年7月8日、東野が引退を表明した。 降板の理由は高笑いが出来ず、「立ち回りがしんどい」と「体力が続かない」というもの。 長年親しまれてきたせいか、視聴者からは「もうあんな黄門は見られなくなるのではないか」と危惧する声も聞かれた。 東野は足掛け14年、全381回にわたり光圀を演じた。 また格役の、山野辺兵庫役のも降板。 第10話にゲスト出演しているはこの共演で白坂と知り合い、結婚に至った。 余談だが、志垣によると共演前から白坂のことが気になっていたとのこと。 また志垣と白坂が絡むシーンはあまりない。 第1話では助が光圀に扮している。 第26話では第1部でよく見られた「面が割れる」(光圀を取り押さえた後取り調べたら印籠が出てきて正体が分かり様相が一変というもの)が披露された。 2018年6月26日より、TBSチャンネル1にて再放送開始。 外部リンク [ ]• 脚注 [ ].

次の