ツイート 全 消し。 Twitter(ツイッター)でツイートを全消し(完全削除)する安全なツール・方法は?

Twitterをやり直したい! 過去のツイートを一括削除できるツール5選

ツイート 全 消し

あまり知られていないことだが、Twitterには、複数のツイートをまとめて削除する機能が用意されていない。 ひとつひとつのツイートを個別に消すことはできても、何らかの条件を指定してまとまった数のツイートを一括削除したり、あるいは過去の全ツイートを削除することは、標準の機能ではできないのだ。 そのため、例えば進学や就職などライフイベントに伴い、過去のツイートを一括削除したいといった場合も、作業の手間を考えると、アカウントをいちから取り直すほうが手っ取り早いという結論になりがちだ。 アカウント名や現状のフォロー・フォロワーが気に入っていてそのまま使い続けたい場合、やや酷な仕様である。 こうした場合に重宝するのが、サードパーティ製のツイート削除ツールだ。 期間やRT数、いいね数などの条件指定で過去のツイートを抽出して一括削除できるツールから、指定期間を過ぎれば古いツイートを自動削除してくれるツールまで、さまざまな種類がある。 今回はこうしたツイートの一括削除に対応した国内外のツールを、タイプの違いごとに5つ紹介する。 機能だけでなく使い方についてもかなりの相違があるので、説明やスクリーンショットを参考に、目的に合ったツールを使ってほしい。 なお、いずれも利用にあたって個人のTwitterアカウントと連携させる仕様であるため、使い終わったら「アプリ連携」を開いて該当のツールを削除するなど、セキュリティには十分に配慮してほしい。 お手軽さではNo. 1の国産ツール「ツイートの一括削除ツール!」 は、その名の通りツイートの一括削除に特化したツール。 全ツイートの一括削除のほか、画像の有無、指定した文字列の有無、指定したRT数やいいね数以上 または以下 、指定日以降 以前 での一括削除にも対応。 プレビュー機能はないが、対象となるツイート件数が削除前に表示されるので誤操作の心配は少ない。 国産ツールゆえのわかりやすさが特徴。 ツイートの一括削除ツール! 目で確認しながら個別削除するなら「twitools」 は、「ツイート選択削除」機能を用いることで、最大1,000件までの過去ツイートの一覧から不要なものを個別に選択し、一括削除が行える。 一覧は50件ずつ20ページにわたって表示されるが、複数のツイートにまとめてチェックを入れる機能はなく、目視で確認しながらひとつずつチェックを入れていき、最後に削除を実行する形。 絞り込みやソートなどの機能は用意されない。 twitools 3,200件超のツイートも全削除できる「黒歴史クリーナー」 は、ツイートの一括削除を行うツール。 期間を指定しての削除のほか、リプライやお気に入りの保護機能も備える。 またTwitterの標準機能でダウンロードできるツイート履歴ファイルを用い、通常では難しい3,200件を超えるツイートを一括削除する機能も用意されている。 削除対象のツイートをプレビュー表示できないため、誤操作には注意したい。 黒歴史クリーナー ツイートを絞り込んで削除できる「TweetEraser」 は、条件を指定してツイートの一括削除が行えるツール。 日付やRT数、いいね数などでのソートや、指定したRT数やいいね数以上 または以下 、指定日以降 以前 、写真の有無など絞り込みオプションの豊富さは突出。 無料版は過去3,200ツイートまで、絞り込み条件は3つまでの制限あり。 有料版はいいねの削除機能も備える。 インターフェイスは英語。 TweetEraser 指定期間を過ぎたツイートを自動で消す「TweetDelete」 は、古いツイートを自動的に削除するツール。 期間は1週間、2週間、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年から指定可能。 期間指定による自動削除機能に特化しており、その他の条件は指摘できないほか、タイムラインを取得してプレビュー表示する機能もなく、いったん連携設定を行えばあとは自動実行されることが特徴。 インターフェイスは英語。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

Twitterの「いいね」を一括全削除!|ツイート削除時についでにやっておこう!

ツイート 全 消し

今回のテーマ 今回は、Twitterで過去の自分のツイートを簡単に発見したい人のために、次の内容をお話します。 全ツイート履歴をダウンロードする方法• 全ツイート履歴の閲覧・検索する方法 それでは早速見ていきましょう。 全ツイート履歴をダウンロードする方法 全ツイート履歴は、Twitter公式サイト、Twitter公式アプリどちらからも申請できます。 ただし、実際にダウンロードしたデータは容量が大きいため、PCからの閲覧をおすすめします。 以下、PC版Twitter公式サイト(新しいTwitterのデザイン)に合わせた方法です。 従来のTwitterデザインの手順はその下に記載しました。 ツイート履歴のダウンロード方法 Twitterの公式サイトにアクセスして、メニューから「設定とプライバシー」をクリックします。 ログインとセキュリティ画面で、「Twitterデータ」をクリックします。 Twitterデータ画面で「Twitterデータを見る」をクリックします。 Twitterデータをダウンロードという箇所で、Twitterログイン用のパスワードを入力して「確認」を押します。 「データをリクエスト」をクリックします。 すると、「データを取得中」に変わります。 準備ができたら、登録してあるメールアドレスにTwitterから通知が届きます。 新しいデザインに変更していない場合 ちなみに、まだTwitter公式サイトを新しいデザインに変更していない場合は、メニューから「設定とプライバシー > Twitterデータ > 確認する」でTwitterデータ画面に移動します。 Twitterデータをダウンロードの「データをリクエスト」をクリックすれば、同じように登録しているメールアドレスに通知が送られます。 Twitterからメールが届いたら、「ダウンロード」をクリックします。 書いてある日付は、この日時までダウンロードが可能だというものです。 ダウンロードページにアクセスして、「データをダウンロード」をクリックすれば、すべてのツイート履歴をダウンロードできます。 なお、データをダウンロードできる有効期限は1か月までと決まっているので、忘れないようにしましょう。 全ツイート履歴の閲覧方法(HTMLファイルの場合) ダウンロードしたツイート全履歴の閲覧方法を紹介します。 ダウンロードした圧縮ファイル(zip)を解凍します。 Mac OSはダブルクリックで解凍できますが、Windows OSは解凍ソフトを用意しなければいけません。 解凍できない人は以下を参考にしてください。 解凍したフォルダを開いて、中にある「index. html」を起動します。 html形式で、すべてのツイートを表示できます。 月別で表示することもできます。 さらに、検索窓からツイートを検索することもできます。 ただし、「AND」や「OR」などの検索コマンド(演算子)は利用できません。 ツイート全履歴の閲覧方法(csvファイルの場合) 履歴データは、HTMLファイルだけでなく、CSVファイルも同時にダウンロードされます。 CSVファイルは、エクセル形式で開くことができるため、より高度な検索が可能になります。 解凍されたフォルダ内のCSVファイルをテキストエディタで開きます。 文字コードを「Shift-JIS」に変更して保存します。 拡張子は「. csv」にしてください。 エクセルで新規のブックを開いたら、「ファイル > インポート」で先ほどのCSVファイルを選択してインポートします。 CSVファイルを読み込むときは、区切り指定に注意しましょう。 インポートが完了後、このままだと時間の検索が不便なので少し改良を加えます。 エクセルの「置換」機能で、「timestamp」列の余計な文字を削除します。 余計な文字を削除すると、書式が日時に変更されます。 フィルター機能を使えば、細かい日時指定が可能になります。 もちろん、フィルターは日時指定だけでなく、ツイートのキーワード検索や「AND」「OR」などの検索コマンドを用いた検索が可能になります。 Twitter全履歴のダウンロードと閲覧・検索方法まとめ 今回、わたしも初めて自分のツイート内容をダウンロードしてみたのですが、Twitter公式サイトで探すよりも、オフラインの方がサクサクと検索できるので便利ですね。 とくに、これまでに何万ツイートもしている人は、自分のツイートの傾向を分析してみるととてもおもしろいですよ。 なお、以下はよくあることなので補足です。 index. htmlがない場合は? ダウンロードしたzipファイルを開いても「index. html」が見当たらない場合があります。 調べたところ、この現象が起こる理由はわかりませんが、Twitterが圧縮ファイルを作成する過程で、「index. html」が消失してしまうようです。 その場合は、データリクエストからやり直すしかないので30日間待つ必要があります……。 圧縮ファイルが開けないんだけど… 解凍ソフトを使っても開けない場合は、ファイルが欠損しているか、容量が膨大なため開けない可能性があります。 PCのスペックを確認するなどして対応して下さい。

次の

Twitterのツイートを全削除する方法!パソコンからサクッと簡単にできちゃう!

ツイート 全 消し

今回のテーマ 今回は、Twitterで過去の自分のツイートを簡単に発見したい人のために、次の内容をお話します。 全ツイート履歴をダウンロードする方法• 全ツイート履歴の閲覧・検索する方法 それでは早速見ていきましょう。 全ツイート履歴をダウンロードする方法 全ツイート履歴は、Twitter公式サイト、Twitter公式アプリどちらからも申請できます。 ただし、実際にダウンロードしたデータは容量が大きいため、PCからの閲覧をおすすめします。 以下、PC版Twitter公式サイト(新しいTwitterのデザイン)に合わせた方法です。 従来のTwitterデザインの手順はその下に記載しました。 ツイート履歴のダウンロード方法 Twitterの公式サイトにアクセスして、メニューから「設定とプライバシー」をクリックします。 ログインとセキュリティ画面で、「Twitterデータ」をクリックします。 Twitterデータ画面で「Twitterデータを見る」をクリックします。 Twitterデータをダウンロードという箇所で、Twitterログイン用のパスワードを入力して「確認」を押します。 「データをリクエスト」をクリックします。 すると、「データを取得中」に変わります。 準備ができたら、登録してあるメールアドレスにTwitterから通知が届きます。 新しいデザインに変更していない場合 ちなみに、まだTwitter公式サイトを新しいデザインに変更していない場合は、メニューから「設定とプライバシー > Twitterデータ > 確認する」でTwitterデータ画面に移動します。 Twitterデータをダウンロードの「データをリクエスト」をクリックすれば、同じように登録しているメールアドレスに通知が送られます。 Twitterからメールが届いたら、「ダウンロード」をクリックします。 書いてある日付は、この日時までダウンロードが可能だというものです。 ダウンロードページにアクセスして、「データをダウンロード」をクリックすれば、すべてのツイート履歴をダウンロードできます。 なお、データをダウンロードできる有効期限は1か月までと決まっているので、忘れないようにしましょう。 全ツイート履歴の閲覧方法(HTMLファイルの場合) ダウンロードしたツイート全履歴の閲覧方法を紹介します。 ダウンロードした圧縮ファイル(zip)を解凍します。 Mac OSはダブルクリックで解凍できますが、Windows OSは解凍ソフトを用意しなければいけません。 解凍できない人は以下を参考にしてください。 解凍したフォルダを開いて、中にある「index. html」を起動します。 html形式で、すべてのツイートを表示できます。 月別で表示することもできます。 さらに、検索窓からツイートを検索することもできます。 ただし、「AND」や「OR」などの検索コマンド(演算子)は利用できません。 ツイート全履歴の閲覧方法(csvファイルの場合) 履歴データは、HTMLファイルだけでなく、CSVファイルも同時にダウンロードされます。 CSVファイルは、エクセル形式で開くことができるため、より高度な検索が可能になります。 解凍されたフォルダ内のCSVファイルをテキストエディタで開きます。 文字コードを「Shift-JIS」に変更して保存します。 拡張子は「. csv」にしてください。 エクセルで新規のブックを開いたら、「ファイル > インポート」で先ほどのCSVファイルを選択してインポートします。 CSVファイルを読み込むときは、区切り指定に注意しましょう。 インポートが完了後、このままだと時間の検索が不便なので少し改良を加えます。 エクセルの「置換」機能で、「timestamp」列の余計な文字を削除します。 余計な文字を削除すると、書式が日時に変更されます。 フィルター機能を使えば、細かい日時指定が可能になります。 もちろん、フィルターは日時指定だけでなく、ツイートのキーワード検索や「AND」「OR」などの検索コマンドを用いた検索が可能になります。 Twitter全履歴のダウンロードと閲覧・検索方法まとめ 今回、わたしも初めて自分のツイート内容をダウンロードしてみたのですが、Twitter公式サイトで探すよりも、オフラインの方がサクサクと検索できるので便利ですね。 とくに、これまでに何万ツイートもしている人は、自分のツイートの傾向を分析してみるととてもおもしろいですよ。 なお、以下はよくあることなので補足です。 index. htmlがない場合は? ダウンロードしたzipファイルを開いても「index. html」が見当たらない場合があります。 調べたところ、この現象が起こる理由はわかりませんが、Twitterが圧縮ファイルを作成する過程で、「index. html」が消失してしまうようです。 その場合は、データリクエストからやり直すしかないので30日間待つ必要があります……。 圧縮ファイルが開けないんだけど… 解凍ソフトを使っても開けない場合は、ファイルが欠損しているか、容量が膨大なため開けない可能性があります。 PCのスペックを確認するなどして対応して下さい。

次の