お 使い の アイフォン が 攻撃。 2020年「Windows 7サポート終了」使い続けるとどうなる?対処は?

いまだにガラケーからスマホに移行できない人たち その理由は?

お 使い の アイフォン が 攻撃

Apple IDの設定 iPhone初回起動時の初期設定では、Apple IDの登録を求められます。 Apple IDは、Appleが提供する各種サービスを利用するために必要なIDとパスワードです。 他のウェブサービスで使用していない、複雑なパスワードを設定してください。 パスワードの使い回しはやめしましょう。 ウェブサービスやECサイトからの情報漏えい事件はあとを絶ちません。 他のウェブサービスと同じIDとパスワードを使い回していた場合、不正アクセスの被害に遭遇する可能性が高まります。 万が一、Apple IDに不正アクセスをされた場合には、Apple IDに紐づく個人情報やデータを詐取されるだけでなく、iPhone自体が遠隔でロックされる可能性もあります。 また、「お支払い方法」としてクレジットカード情報を登録している場合、不正利用され、金銭被害が発生する可能性もあります。 すでにお持ちのApple IDを使用する場合も、この機会に、他のウェブサービスと同一のパスワードを使い回していないか、単純な文字列のパスワードを使用していないか、再確認しましょう。 まとめると、「すでに利用中のサービスとは異なるパスワードを設定すること」「第三者に推測されにくい複雑なパスワードを使用すること」が重要です。 複雑なパスワードを毎回設定するのが難しいという方には、複雑なパスワードを自動で生成できるパスワード管理ツールの利用もおすすめです。

次の

iPhone5sやiPhone6の端末はいつまで使える?買い替えのタイミングは2019年秋以降に

お 使い の アイフォン が 攻撃

両方使ったことあります。 使い易いのはそりゃiPhoneです。 頭悪い人でも要領悪い人でも、世界中のあらゆる人が使い易いように作られていますから。 アンドロイドは中身の構成が規格化されておらず端末によって全然違うので、「あの設定はどこだ?」「あれのやり方がわからない」みたいなことが日常です。 アプリなんかで不具合や疑問が出てきた時にも、当然ながらそのアプリ会社のサポートは各端末の仕様なんて把握していないので、解決に難航するということも実際ありました。 安さを売りにしている端末だと無駄なアプリが最初から大量に内蔵されていてどれが不要なのかわかりにくいといったこともありました。 ただし。 iPhoneはかなりの高価格で、一度使い始めると買い替えも高額端末固定、他の選択肢が無いです。 結局、使い易さを取るか、良心価格を取るか、決定打はそれくらいでしょう。 洋服に例えるなら、 ・始めから決まっていて、あれこれ組み合わせたり調整したりもせずに、すぐに切れる、人のも気軽に使える、使い方を聞ける多数派、お手軽はなら「制服組」のiPhone。 ・サイズや色の組み合わせに始まり自分らしく、自分独自の使い方を手間暇掛け手でもこだわる、人の前、同じじゃイヤやな人は、「私服型」のAndroid。 住宅建物なに例えるなら、 ・建て売り、モデルハウスのようにどれも一緒、調度品も揃っており、すぐに住み着けるお手軽嗜好、家具やカーテンなどのアクセサリー(ケース、カバーなど)も豊富に揃っているお手軽派ならiPhone ・部屋数、間取り、使い勝手もこだわり、人と同じじゃイヤ、あれこれ自分らしく選び配置する手間を煩わしいと感じずこだわるならば、注文住宅派のAndroid。

次の

新しいiPhoneを使い始めるときに確認したい、3つのセキュリティ設定項目【初歩のiPhoneセキュリティ<1>】

お 使い の アイフォン が 攻撃

筆者が家族と連絡を取り合うのに使うのはLINEとキャリアメールです。 数年前からほとんどの家族、親戚はLINEで連絡が取れるようになりましたが、いまだにキャリアメールで連絡をしなければならない人がいます。 その理由は簡単で、相手がまだ「フィーチャーフォン(ガラケー)」を使っているからです。 本音を言ってしまえば、その人にだけ連絡をするのにキャリアメールを使うのはなかなか面倒で、できることなら今すぐにでもスマートフォンへ買い替えてほしいとも思っています。 筆者に限らず、読者の方々にも「スマホに変えたら?」と言いたくなる、フィーチャーフォンユーザーが周りにいるという人は少なくないでしょう。 それと同時に、フィーチャーフォンユーザーにも「変えたくない」それ相応の理由があります。 今回は、フィーチャーフォンをなぜ使い続けるのか、筆者の見聞きした話をご紹介します。 2014年にNTTドコモが発売したフィーチャーフォン「N-01G」(NECモバイルコミュニケーションズ製) 理由1:使い慣れたものを使い続けたい フィーチャーフォンを使い続ける理由として「使い慣れているから」という人は多いでしょう。 キー操作が中心のフィーチャーフォンと、タッチパネル操作が中心のスマートフォンは、同じ文字入力をするだけでも、操作性は全く違います。 フィーチャーフォン全盛期でも、機種変更で今までと違うメーカーの機種を選ぶと、文字入力で同じキーを押しても出てくる記号が違ったり、改行やトグルの操作が違ったりするため、それが嫌で買い替えても同じメーカーを使い続ける人は多くいました。 スマートフォンに変わることで物理キーがなくなるだけでなく、メニュー画面やメール作成画面なども大きく変わってくるため「今まではココを押せばこの操作ができた」が通用しなくなるのは大きなストレスだと考える人が多いのです。 過去にはテンキー付のスマートフォンもあったが……。 写真はソフトバンクが2011年に発売した「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」(シャープ製) スマートフォン黎明(れいめい)期には、スライド式でテンキーが利用できる機種も存在しました。 ただ、あくまでも文字入力がフィーチャーフォンのように行えるだけ。 UI(ユーザーインタフェース)はスマートフォン用に作られており、フィーチャーフォンに慣れたユーザーからすると「全くの別モノ」になるため、これは「望んだ新型の携帯電話ではない」といった声もありました。 理由2:スマートフォンは「高い」 フィーチャーフォンを使い続ける人たちがスマートフォンに変えない理由として挙げるのが「価格」です。 これは本体代金のみならず、毎月の利用料金も「高い」「高くなる」と考える人がまだまだ多くいます。 最近になって本体価格が安い機種や、格安SIM、そして大手携帯電話会社の「家族プラン」として提供されるさまざまなプランやキャンペーンでフィーチャーフォンと変わらない本体価格、月額料金で利用できるものも増えてきています。 それでもフィーチャーフォンユーザーに根付いた「高い」というイメージを払拭(ふっしょく)するまでには至っていません。 携帯電話の使い道が「最低限の連絡」だけになっているユーザーにとって、継続してアップデートを行っていかなければならないスマートフォンは「長く使えないもの」で、買い替えがフィーチャーフォンより短い「2年後」に見えているのも「高い」と感じる部分です。 例えば、NTTドコモの「」のように、本体代金も安く、「3年目以降も毎月のランニングコストがとても安い金額になる」と言われても、製品寿命が短いスマートフォンは「その頃には買い替え」と考えると、フィーチャーフォンで困っていないユーザーにはまだまだ割高に見えるようです。 対象機種を購入すると、月額1500円をずっと割り引く「docomo with」 理由3:スマートフォンは「怖い」 筆者がこれまでにスマートフォンに変えない人から話を聞いてきた中には「スマートフォンは怖い」という人が少なからずいました。 何が「怖い」のかを掘り下げて聞いてみると、多くの人は「ウイルスにかかるんでしょ」と、セキュリティ面への不安を持っています。 フィーチャーフォンでも迷惑メールに悩まされ、いわゆる「ワンクリック詐欺」にだまされそうになった経験がある人だと、多機能なスマートフォンを狙った攻撃は「さらに怖いもの」と印象づけているようです。 セキュリティ対策を行うアプリをインストールすることで防げるといっても、そもそもフィーチャーフォンから大きく使い勝手が変わるハードルの高さから、スマートフォンへ買い替えないユーザーには響かない話なのです。 「ガラホ」という選択肢は有効? フィーチャーフォンを使い続ける理由を満たした上で、周りのスマートフォンユーザーともスムーズに連絡がとれるよう、LTEやLINEアプリに対応した携帯電話として「ガラホ」という選択肢も用意されています。 しかも、最近はフィーチャーフォンがガラホに取って代わり、新品のフィーチャーフォンは絶滅しそうな勢いです。 ガラホはOSがAndroidベースなので、UIはフィーチャーフォンと異なります。 操作性が変わるわけですから、ガラホは決して最適解とはいえないのです。 関連記事• 携帯市場がガラケー(フィーチャーフォン)専門店をオープン。 依然としてユーザーからの強いニーズがあり、ビジネスマンやシニア層を中心に売れているというガラケー。 売れ筋の機種やサポートなどについても話を聞いた。 日本国内で、特有の進化を続けてきた従来型携帯電話(ガラケー)。 そんなガラケーが、中古市場で人気を集めています。 どんな人が購入しているのでしょうか?• NTTドコモの「iモード」に対応する携帯電話が、2016年12月までをめどに出荷を終了することになった。 ただし、iモード対応のらくらくホンについては当面の間出荷を継続する。 すっかりスマホが主役になってしまった携帯電話市場だが、この冬春モデルでは国内3キャリアがフィーチャーフォンの新機種を発表している。 その最新6機種をスペックで比較してみよう。 11月15日に「携帯市場 神田本店」がリニューアルオープン。 中古フィーチャーフォンの旗艦店として端末の買取・販売、アクセサリー関連の販売、購入後のアフターサービスまで一貫して提供する。 これまで発売されてきた携帯電話の歴史が分かる展示も行う。 関連リンク•

次の