2019 お盆 休み 期間。 お盆休み2019!期間はいつからいつまで?業種別にチェック

お盆期間2020年はいつ?北海道など地域の違いは?関東東京関西大阪

2019 お盆 休み 期間

スポンサーリンク お盆期間の迎え盆~送り盆はいつからいつまで? 一般的な迎え盆~送り盆までのお盆の期間は「8月13日~8月16日」までの期間です。 お盆の期間は、 ・8月13日がお迎え日 迎え盆・お盆の入り ・8月14日・15日が滞在 ・8月16日が見送り 送り盆・お盆の明け という風な流れになります。 一般的にはこの期間がお盆となります。 地域によっては旧暦の7月や新暦の8月を採用したり、関東は7月がお盆期間、関西は8月がお盆期間と指定している場所もあるそうです。 ただ旧暦の7月が普通はお盆期間なのに、なぜ8月が一般的なお盆期間になっているのかは「 やぶ入り」という風習の名残だとされています。 そもそもお盆は、先祖の魂をお迎えして供養する行事のことをいいます。 もともとは古代インドから中国へ、そして奈良時代に日本に伝わりってきた仏教の仏事となり、先祖の霊を祭る行事、収穫祭、水神祭などにも結びつくことで今のお盆という方にになりました。 このお盆の時期には、先祖のお墓参りをしたり、盆飾りを準備したり、迎え盆や送り盆をしたりします。 なので7月の通常のお盆でもいいわけなんですが、8月がなぜ一般的なお盆になり、やぶ入りの関係とは一体なんなのかと思われますよね。 一般的に8月のお盆時期は社会人だと会社の夏休みになり、実家などへ帰省される方も多いですよね。 やぶ入りはこの「帰省」に関連をしています。 やぶ入りとは、江戸時代に商家に働きにでていた人や、住み込みして奉公していた丁稚・女中などの奉公人が年に2回帰省が許される日のことをいいます。 年に2回は1月16日と8月16日の日をやぶ入りの日となりました。 今でいうならば、夏休みや有給休暇みたいなものです。 この江戸時代のやぶ入りの時期の8月16日あたりが関連しているため、社会人の帰省をするために8月のお盆が一般的になるとされました。 そのため7月がお盆ではなく、一般的には8月の方のお盆が採用されたとのことです。 しかし一般的には8月がお盆時期となりますが、7月にお盆を採用している場所もあるので、2019年の7月と8月のお盆期間がいつからいつまでなのかを見てみましょう! 2020年7月のお盆期間(迎え盆と送り盆)はいつからいつまで? 旧暦にあたる7月の新盆期間は、 7月15日前後を中心とした、7月13日~7月16日とされています。 2020年7月の新盆のお盆期間としては、 ・7月13日:迎え盆でお盆入り ・7月14日、7月15日:滞在期間 ・7月16日:送り盆でお盆明け という流れになります。 東京の一部などでは、旧暦の新盆とされるこの7月の期間がお盆期間となります。 次の新暦の8月のお盆期間(月遅れの旧の盆)の2020年の期間がいつからいつまでなのかについてご紹介します。 スポンサーリンク 2020年8月のお盆期間(送り盆と迎え盆)はいつからいつまで 新暦にあたる8月の月遅れの旧盆は、8月15日前後を中心とした8月13日~8月16日のお盆期間で行われます。 冒頭の方でもご紹介したスケジュールと変わらないのですが、2019年だけは少しお盆休みが長くなります。 2019年の8月の旧盆のお盆期間は、 ・8月13日:お盆入り ・8月14日、8月15日:滞在 ・8月16日:お盆明け という流れにになります。 2020年のお盆は例年通りという感じです。 4日間ぐらいの休みとなります。 2020年は昨年と違いいつも通りという感じですが、その前に三連休などもあったりします。 新幹線などで帰省される方も、恐ろしいほど混雑するのでお早めに指定席などご予約がおすすめです。

次の

お盆休み2020の期間はいつからいつまで?業種別に詳しく解説!!

2019 お盆 休み 期間

日本には様々な行事がありますが、「」はいつでしょうか。 2020年のお盆の日程とは? 2020年 令和2年 のお盆はいつですか?お盆期間は? 東京都では7月にお盆を迎えますが、地方では8月にお盆を迎えるなど地域によって時期が違います。 それは、お盆には「」と「」と二通りの時期があるからです。 2020年の盆の入り 盆入り 、盆の明け 盆明け はいつでしょうか。 2020年旧のお盆 月遅れのお盆 8月13日~16日• 盆入り 8月13日 木• 中日 8月14日 金• 盆明け 8月16日 日 2020年新のお盆 7月13日~16日• 迎え火 盆入り 7月13日 月• 中日 7月14日 火• 送り火 盆明け 7月16日 木 東京や一部地域では、新のお盆である7月13~16日にお盆を迎えることが多いです。 2020年 令和2年 8月のお盆休み期間は? お盆というと現代の日本では年末年始に次いで公に休むことができる「長期休み」。 2020年のお盆休み期間• 8月8日(土)• 8月9日(日)• 8月10日(月)山の日• 8月11日(火)• 8月12日(水)• 8月13日(木)迎え火(盆入り)• 8月14日(金)中日• 8月15日(土)• 8月16日(日)送り火(盆明け) 一般的に「お盆休み」と呼ばれる時期は「旧のお盆」や「月遅れのお盆」である8月13~16日をさしています。 2020年は8月10日 月 が「山の日」で祝日なので、お盆の期間にお休みが取れる場合は、8月8日 土 ~8月16日 日 の最大9連休になります。 8月15日・7月15日は、お盆の中日としてやで法事を行う場合もあれば送り火をすることもあります。 16日に送り火をするのであれば、8月15日・7月15日は お盆の中日となります。 もし15日に送り火をするのであれば、8月15日・7月15日が お盆の送り日ということになります。 15日の夕方か16日の夕方のどちらかで送り火を焚き、先祖の霊を見送るのが一般的です。 写真:の例 お盆期間の迎え火は8月13日、送り火は8月16日 盆入りの8月13日の夕方には、先祖の霊が迷わないように迎え火を焚きます。 そして盆明けの8月16日の夕方には、送り火を焚いて先祖の霊を見送るとされています。 迎え火と送り火の日程は、地域の風習や家庭によって早めに迎え火をしたり、調整をすることもあります。 詳しくは「」で解説しています。 お盆の準備やお盆期間の風習 初盆・新盆とは 四十九日を過ぎて、後に初めて迎えるお盆を「・」といいます。 初盆・新盆では、盛大にすることが多いです。 初盆の準備については「」で、初盆・新盆の意味はエンディング用語辞典「」で詳しく解説しています。 また、準備する側ではなく、お盆に親戚や知人から招かれることもあるでしょう。 お盆の香典や訪問するときのポイントは「」のページにまとめています。 仏教のお盆・初盆の準備は? の場合、供養のための卒塔婆やを早めにお寺にお願いをしておくとよいでしょう。 また、自分たちでを揃えたり、盆棚(精霊棚)や盆棚に飾るものを用意しましょう。 親戚の方などからが届いた場合は組立てて飾りましょう。 お花、、ろうそくやおなどの供養に必要なものを揃えておきましょう。 送り日に精霊流し・を行う場合は、 精霊舟 やの準備も必要ですね。 神道のお盆・初盆の準備は? もまた祖先崇拝の考え方を持ちますので、お盆は先祖供養・祖先崇拝の行事の一つです。 神道の場合、を清めて、先祖の御霊を祀ります。 として季節の果物やお神酒、お米などを用意してお供えします。 初盆のことを「新盆祭・新御霊祭(あらみたままつり)」と呼びます。 さんに奏上を依頼してを行うこともあります。 お盆の由来とお盆の行事 日本のお盆は、仏教の盂蘭盆会に神道の祖先崇拝や豊作に感謝するなどの農耕儀礼など古くからの様々な風習が合わさって形作られたと考えられています。 また「お盆休み」という慣習は、遠い昔、奉公人が主人から休暇をもらって田舎に里帰りする「」が起源であるという説や、仏教において地獄の看守も休みを取る「の賽日 えんまのさいじつ 」がお盆の時期だったことが影響しているという説があります。 お盆の風習は地域によって特徴がありますが、全国的な恒例イベントとなっています。 長崎の精霊流しや京都のが有名な例でしょう。 も、はるか昔にお盆期間に踊ってを唱えていた仏教の行事が由来だといわれています。 今年のお盆は自分の地域のお盆の風習について改めて考えてみてはいかがでしょうか。 写真:広島の一部地域ではカラフルな盆燈籠を飾ります 募集中!あなたの地域の「お盆の風習」 [PR] 「家の解体を考えているのだけど、どこに相談すればいいの?」 「解体業者を選ぶときに気をつけたほうがいいことは?」 「解体業者ってどうやって探せばいいの?」... [PR企画] 一年中お花の絶えない江戸川区の永代供養墓「久遠廟」 妙泉寺 永代供養墓「久遠廟」... 「ずっと家にいて終活が進まない」 「そろそろ納骨したいのに見学ができない」 そんなお悩みを少しでも解決すべく、青山霊廟 東京都港区北青山2-12-9・外苑前徒歩2... 【PR】不安定な世情の中、終末期について意識させられ、ご不安に思われる方も増えてきています。 エンパークでは、こんな世情だからこそ、心配されている方が増えている「葬儀・... [PR] 葬儀を終えて納骨先を探そうと調べてみると、想像以上に選択肢が多くて悩むことも少なくありません。 墓地や霊園だけでなく、屋内の納骨堂や永代供養墓、樹木... あわせて読みたい 2019. 27 2020. 17 2019. 1 2020. 22 2013. 11 2020. せいざん株式会社 大人のためのbetterlifeマガジン• 敬食ライター ライター・レポーター• 金子智子建築設計室 一級建築士事務所 家の建築・リノベーションの専門家• 株式会社 FinCube お金に関する記事の監修者• クリエイティブ sai 地味に忙しい幸運体質の編集人• 解体サポート 解体に関する記事の監修者• 株式会社HOWL ライター・ディレクター あなたに おすすめ記事 Recommend.

次の

2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?|終活ねっとのお坊さん

2019 お盆 休み 期間

スポンサーリンク お盆期間の迎え盆~送り盆はいつからいつまで? 一般的な迎え盆~送り盆までのお盆の期間は「8月13日~8月16日」までの期間です。 お盆の期間は、 ・8月13日がお迎え日 迎え盆・お盆の入り ・8月14日・15日が滞在 ・8月16日が見送り 送り盆・お盆の明け という風な流れになります。 一般的にはこの期間がお盆となります。 地域によっては旧暦の7月や新暦の8月を採用したり、関東は7月がお盆期間、関西は8月がお盆期間と指定している場所もあるそうです。 ただ旧暦の7月が普通はお盆期間なのに、なぜ8月が一般的なお盆期間になっているのかは「 やぶ入り」という風習の名残だとされています。 そもそもお盆は、先祖の魂をお迎えして供養する行事のことをいいます。 もともとは古代インドから中国へ、そして奈良時代に日本に伝わりってきた仏教の仏事となり、先祖の霊を祭る行事、収穫祭、水神祭などにも結びつくことで今のお盆という方にになりました。 このお盆の時期には、先祖のお墓参りをしたり、盆飾りを準備したり、迎え盆や送り盆をしたりします。 なので7月の通常のお盆でもいいわけなんですが、8月がなぜ一般的なお盆になり、やぶ入りの関係とは一体なんなのかと思われますよね。 一般的に8月のお盆時期は社会人だと会社の夏休みになり、実家などへ帰省される方も多いですよね。 やぶ入りはこの「帰省」に関連をしています。 やぶ入りとは、江戸時代に商家に働きにでていた人や、住み込みして奉公していた丁稚・女中などの奉公人が年に2回帰省が許される日のことをいいます。 年に2回は1月16日と8月16日の日をやぶ入りの日となりました。 今でいうならば、夏休みや有給休暇みたいなものです。 この江戸時代のやぶ入りの時期の8月16日あたりが関連しているため、社会人の帰省をするために8月のお盆が一般的になるとされました。 そのため7月がお盆ではなく、一般的には8月の方のお盆が採用されたとのことです。 しかし一般的には8月がお盆時期となりますが、7月にお盆を採用している場所もあるので、2019年の7月と8月のお盆期間がいつからいつまでなのかを見てみましょう! 2020年7月のお盆期間(迎え盆と送り盆)はいつからいつまで? 旧暦にあたる7月の新盆期間は、 7月15日前後を中心とした、7月13日~7月16日とされています。 2020年7月の新盆のお盆期間としては、 ・7月13日:迎え盆でお盆入り ・7月14日、7月15日:滞在期間 ・7月16日:送り盆でお盆明け という流れになります。 東京の一部などでは、旧暦の新盆とされるこの7月の期間がお盆期間となります。 次の新暦の8月のお盆期間(月遅れの旧の盆)の2020年の期間がいつからいつまでなのかについてご紹介します。 スポンサーリンク 2020年8月のお盆期間(送り盆と迎え盆)はいつからいつまで 新暦にあたる8月の月遅れの旧盆は、8月15日前後を中心とした8月13日~8月16日のお盆期間で行われます。 冒頭の方でもご紹介したスケジュールと変わらないのですが、2019年だけは少しお盆休みが長くなります。 2019年の8月の旧盆のお盆期間は、 ・8月13日:お盆入り ・8月14日、8月15日:滞在 ・8月16日:お盆明け という流れにになります。 2020年のお盆は例年通りという感じです。 4日間ぐらいの休みとなります。 2020年は昨年と違いいつも通りという感じですが、その前に三連休などもあったりします。 新幹線などで帰省される方も、恐ろしいほど混雑するのでお早めに指定席などご予約がおすすめです。

次の