あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 1話。 【あの花】最終話感想、皆さん本当に感動出来ました??あの日見た花の...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1話

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 1話

2020年5月23日に放送されたック天国。 なので 全国各地で見れるわけではないが、 その時に紹介されていた。 熱心なファンの方々 お祭りの様子などが紹介されていたので 今更ながら見てみよう、そんなきっかけ。 昔のアニメなので他所で 似たような表現があれば申し訳ない。 結果、 要所要所で泣いたし 花火や最終回では涙もこぼれた。 面白いか面白くないかと聞かれたら オタクっぽいおっさんの主観として面白い。 ただ、 人によっては(おっさんの)泣くポイントに 共感は特に欲しくないと思うので 人に勧めるかと言われると微妙。 そんなことを考えつつ 視聴が終わってから某所の感想を見ると 意外と善し悪しが割れていた。 予備知識として 超泣ける 名前が変 は死んでいる こんな感じ。 少し構えて見ようと思い、 視点で視聴開始。 感想は先に述べた通り。 物語の世界観は大切に。 世代によって重なる思いも違うし 重ならない感動だってある。 私的に、 疲れたおっさんが見て感動をする こちらをお勧めしたい。 矛盾があるからがっかりした そんな感想も多かった。 が、 意義を求めるには理由が必要と言うが、 それらを自分で補完するからこそ 面白いと思えることもあるのではないか? 誰かの小屋を拝借しているにしても 数年間誰も来ないのもおかしい まずそこから疑問に思ったが 子どもの頃の秘密基地。 それでいいはず。 ・・・ 全く見当はずれな最期ではなかった。 涙を流す意義が必要かもしれないが そこに理由は必要だろうか? 悲しいから 切ないから それが誰かの気持ちを汲んだものなら尚更だ。 誰かの気持ちになって泣けるのであれば それは素晴らしいことだと思うし、 そうでなくとも何ら不思議ではない。 ホラー映画を見て怖がる度合いが違うように 泣けるポイントも違うはず。 作品としてまとまっていた。 どんな作品も様々な感想があるのは仕方ない。 2度目は視点を変えてみようと思う。 そんな作品だったことは確か。 うん、面白かった。 と、終わると何の変哲もない。 制作に対してひとつあるとすれば せめてもう1話欲しかった。 最後のかくれんぼをしつつ ひとりずつの回想を入れ みんなの心を繋げていく。 あの時のかくれんぼもこの木でー そんなイメージだろうか。 誰もが思っているだろうこと、 映像はそれぞれ補完してくれ、 そう言わんばかりの視聴側とのズレ。 そう「まだ見たかった」のだ。 そんな個人的なワガママもあるが リミッターを外せば 妄想を爆発できる自分としては 特に問題なかった。 表現したくない 表現して欲しくない 説明したくない 説明して欲しくない 1対0。 9回裏2アウト満塁。 バッターは4番。 ピッチャーが最後の一球を投げる。 場面転換して歓声で終わるー。 どっちが勝ったのか? そんな終わり方でもいいはず。 あぁ、2へ続くのだろう。 主人公の方が勝ったのだろう。 など 主人公の生死を明かさない最終回も然り。 そんなこともあるだろう。 ずっと引っかかっていたタイトル、 言ってしまえば、 あの花= 最後、じんたんのナレーション。 視点で見た自分は素直にそう感じた。 まだ知らない、 けど いま知った、 伏線とか何とかではなく 素直に進む物語を楽しめる。 そう言う点で面白かった。 その位置づけは自分でも変えようがなかった。 変えることで(ゆきあつの気持ちが) 変わるのが怖かったのではないか? いちばんの理解者~、を演じていた。 おいてけぼりのぽっぽ 首から下げているものが気になったが (劇場版で解き明かされる) 溺れる?は誰も見ておらず 水面から左手を出したと思われ ぽっぽは右手を差し伸べようとして逃げた? 最後のかくれんぼ そんな感じの回想があれば、 もっと分かりやすくなったかもしれない。 隠れているというか見えなかっただけ。 それが見えるようになった理由 どうしてそこの木でなければダメだったのか? カブトムシを採った木? 数年で場所が開けた? まぁ、朝陽を見るにはちょうどいいから、 みたいな補完の仕方だがモヤモヤするのは確か。 終わってからこその疑問と思うが 視聴中は特に考えていなかった。 の声はダイナマイト7の エルマに声が似てるなーとか そう言えば、 さんとさんは 声が似てるよなーとか OPを遠目で見るとが 鼻血出してるように見えるなーとか。 思わなかったからこそ 終わったときの反動が大きかったようだ。 自分の補完したことを 見つめ直しながら もう1回見るのも良いかもしれない。 そして劇場版を見てしまう。 最終回の疑問が(ある程度) 明確になって気持ち的には少し楽になった感じ。 そう、妄想超大爆発だ。 枠としては最終回の1話分。 それを総集編で振り返り 流れ的には悪くなかった。 ファンはファンとして素直に楽しめる。 高校生があんなに幼いわけないじゃん 感情移入できませんでした。 みたいな考えの人は 好みの問題でしかないので そうですね、でしょう。 明かされることのなかった あの花 これは精神的比喩と考えて やはりのことかな、 そう思っていたが、 劇場版を見てからもうひとつ、 アリかな そう感じたことがあった。 劇場版を見てからの考察。 時系列は定かでないのでお許しを。 が出てきたのは恐らく7回忌? 今までお墓参り行かなかったのか、 みたいなつっこみもあるし お墓参り行ってからついて来たとかの方が 自然だったのかもしれない。 その辺は親同士が相当揉めたのだろう それでいいような気もする。 ついて来ないにしても お墓参りのシーンは欲しかった。 背景として、 それぞれが過去を引きずり カタチだけ前に進んでいる現在。 もちろんそれが現実という保証はない。 死んで以降からずっと じんたんの傍にいたかもしれないが 本人が気づかなければ分かるはずがない。 本人が心残りに思っていること 成仏しているかどうかも分からない。 そう、 ずっとひとりで歩き続けていたかもしれない 冷めていく家庭を見て ひとりで誰かを救おうと それぞれの家を周り何かしらをしていたかもしれない。 何もできなかった。 ひとりでは何もできなかった。 時間が止まったままの。 あの時救ってくれたからー じんたんに助けを求め現れた。 そういった解釈もある。 (商的な話や制作側の意図は置いといて) 多分地上波で ここまで作りたかった話のはず。 当たり前だが。 そう考えると、 あの日を示すのはどこか? 初めて会った日? 何か思い出の遊びがあった日? 死んだ日・・・ そして僕等。 はいないので男子。 これは正直誰でも良い気がするが、じんたんだろう。 最終回になるはずだった劇場版 まだ知らない(けどこの後知る) もう分りましたね? 起点はを見送ってからの1年後。 また昔みたいに集まった仲間。 普通の、何気ない生活を取り戻そうとしている。 天に帰る煙を見上げながら みんなが去年のことを回想しているのが本編。 のためにー つるこが持ってきたマグ。 深い考えはなかったのかもしれない。 じんたんが言う 「あの花(の模様)何?」 何気ない普通の会話の一コマ。 「〇〇だよ。 好きそうと思って」 そこから弾む会話。 普通の日常になるはずだった会話。 まるでがそこにいるかのように。 (ご都合主義と言われるとそれまでだが) 誰かの、仲間のためー そんな自分を犠牲にした考え方、 もちろん仲間の絆も大切だが 自分のためと思うことが 人の(仲間)ためになること。 裏を返せば人間関係の難しさもあるが、 その時から昔のような日常、 友だち関係を修復したいという願望が タイトルに込められているのではないか、そう感じた。 大切な誰かと共に生きる日常 それは隣にいようと心の中にいようと同じこと どうしてが現れたのか ということよりも どうして僕たちは生きなければならないのか そういったメッセージのように感じた。 でも、最後は手紙を回して 誰かが誰かのを読んで欲しかった・・・。 複雑な人間関係に色恋沙汰を混ぜるな そんな人もいるのだろう。 これは誰の視点から見ても感じたが やはりこの劇場版を見なくては 新たな起点が見えないため 時が止まっているように感じることだろう。 時間が止まったままの。 思い出したくないとする家族やかつての仲間。 思い出して欲しいのではなく、 同じように成長している自分を 仲間として一緒に歩みたいという のワガママなのかもしれない。 tanonobu.

次の

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 最終話「あの夏に咲く花」感想ー脳とアニメーションー

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 1話

幼い頃に一緒に遊んでいた幼馴染のグループの中で、メンマという少女が不慮の事故で亡くなり、その後グループのメンバーは疎遠に。 高校生になった頃、メンバーの中でリーダー役の主人公・ジンタンのところにメンマが幽霊となって現れ、彼女の「お願い」を叶えるために、再びメンバーが集まり繰り広げられる青春物語。 埼玉県の秩父市が背景作画のモデル舞台。 アニメというよりも、テレビドラマや映画を見てるような感覚のする作品でした。 良かった点。 ・脚本、演出、ストーリー、そして声優の熱演により、すぐに感情移入でき、とても感動できた点。 ・EDはこのアニメにベストマッチしており、歌が挿入されるタイミングも良かった点。 ・幼馴染の死に直面したメンバー達が長い間抱えていた心の問題が徐々に明らかになる演出が良かった点。 ダメな点。 ・最終回は良かったし、感動したのですが、過剰演出すぎて少し冷める部分があった点。 ・ユキアツというキャラの変態っぷりには正直ひいた点。 ・最終回で、結局主人公達の抱える問題が解決されたのか少し疑問が残る点。 いろいろツッコミどころはありますが、久々に感動して涙を流した作品。 同時期に放映されていたアニメの中では1〜2位を争う位良かったので、ぜひ借りて見てください。 私はアニメ「も」、たま〜に観るという人。 アニメの場合、その絵柄にはっきりと好き嫌いがあって、 どうもおめめくりんくりん髪の毛キランキランテカテカ ってのが生理的に苦手で、ある種のジャパニメーション特有の 極端なデフォルメが駄目。 この作品にもちょっとだけその気配があったので途中下車も 考えてしまったのですが、次第に気にならなくなっていき、 結局、最終話まで観ました。 人が人を想う気持ちをとても大切にした作品でした。。。。 最近、実在の地方の街を舞台にするアニメ作品が増えているとか。 この作品もまたそうですが、自分とは無関係なのにそこが 自分の故郷であるかのような感覚になります。 大林監督の尾道シリーズみたいに、その街を訪れてみたくなりますね。 エンディングの音楽のかぶせ方、これは日本の恋愛TVドラマの世界で 培われてきた匠の技、その呼吸感がアニメ制作者達の世界にも しっかりと浸透しているのだと、このおじさんには感慨深いものがありました。 最終回、泣かせます。 創り手が、何が何でも泣かせてやるぅぅぅ〜! という感じで、怒濤のパワーを感じました。 正直なところそこに過剰感があり、引いてしまう気持ちが15%、 でもやっぱりウルウルしてしまう気持ち85%でした。 この作品を観て、 もう20年くらい前だったか、たまたま通りかかった新宿のちっちゃな劇場で 当日券で観たキャラメルボックスの「ハックルベリーにさよならを」 を思い出しました。 宿海仁太(やどみじんた、あだ名はジンタン)、本間芽衣子(あだ名はメンマ)、安城鳴子(あだ名はアナル)、鶴見知利子(あだ名はつるこ)、 松雪集(あだ名はゆきあつ)、久川鉄道(あだ名はぽっぽ)の、いつも仲良しで秘密基地で一緒に遊んでいたメンバーだったが、 メンマが不慮の事故で亡くなったのがきっかけで段々とバラバラになって行く。 ある夏の日、あの時の服装のままのメンマの幽霊が、ジンタンの前に現れる。 「メンマのお願いを叶えて欲しい・・・」 何故かはわからないがメンマの姿が見えるのはジンタンだけ。 ひきこもりがちで学校に行かなくなり、ゆきあつやアナルなど昔の仲間達とも疎遠になっていたジンタンだが、 メンマのお願いを叶える為に行動を開始する感動作 EDテーマ曲は「みなみけ」原作者桜場コハルの作品「今日の5の2」でも使われていた「secret base 君がくれたもの」の10年後Ver、 今日の5の2では、一緒に帰ろう〜の後に、小林ゆうが歌う僕は照れくさそうに〜と歌詞が続くはずなのだが、10年後Verでは省略されていて残念。 しかし、まさかこの曲で来るとは思わなかった。

次の

【あの花】最終話感想、皆さん本当に感動出来ました??あの日見た花の...

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 1話

ジャンルなど ジャンル:ファンタジー 話数:11話 放送時期:2011年 感動アニメのジャンルでまとめ記事があるので、気になる方は下記からご覧ください。 あらすじ 引きこもりがちな主人公「 じんたん」の前に、亡くなったはずの「 めんま」が幽霊となって突然現れる。 めんまを成仏させるため、めんまのお願いを叶えていくことにしたじんたんは、小学校時代の友達( 超平和バスターズ)に協力を仰ぐも、高校生になり、それぞれの道を歩む彼らは、見えないめんまの幽霊に対してじんたんの幻覚だと取り合ってくれない。 おすすめポイント 涙腺崩壊 おすすめの段階で、涙腺崩壊などと書いてしまうと、萎えてしまうかもしれませんが、とにかく 涙腺崩壊します笑。 涙腺崩壊まで行かずとも、 感動はするとは思うので、期待してもらって構いません。 流し観をしてしまうと、まったく感動しないらしい(友人の経験談)ので、じっくり観るのをおすすめします。 Secret base~君がくれたもの~(10 years after Ver. ) EDテーマは、「 Secret base~君がくれたもの~」の声優カバー版が流れます。 各話ラストに 最高のタイミングで流れます。 あの花を観たことある人なら、この曲を聴くだけで叫びたくなりますね笑。 もちろん、OPもすばらしいです。 OPは2種類ありますが、どちらも「 Galileo Galilei」さんです。 思春期の葛藤 超平和バスターズのメンバーそれぞれが、 思春期特有の葛藤を抱えています。 もがき、苦しみ、そして解放される。 各々で複雑に絡み合い、最終的には、、、 類似作品 ・Angel Beats! ・心が叫びたがってるんだ 感動系でまとめました。 そんなしょっちゅう泣きたい人はいないと思いますが、一応載せておきます。 こんな人におすすめ ・感動したい人 ・ドラマ系が好き 日常を描いているので、 展開は少ないです。 ドラマのように各話じっくり観るのが好きな人にはおすすめです。 まとめ 今回は、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 」を紹介しました。 この作品は、放送当時からかなり人気があったので、知っている人も多いかもしれません。 こちらの期待を大きく上回る作品なので、まだ観たことない方は是非。

次の