ロック オペラ モーツァルト 宝塚。 ロックオペラ モーツァルト

ロックオペラ モーツァルト

ロック オペラ モーツァルト 宝塚

こんな列、初めて見ました。 ざっくり感想を言えば、 大感動! 大満足!!です。 以下 ネタバレあります、自分の思いを気ままに語ってますので 大丈夫な方のみどうぞ! 礼真琴が才能を遺憾なく発揮できる舞台 劇団の皆様、この演目を新生星組の礼真琴・舞空瞳のトップコンビに当ててくださって本当にありがとうございます!! 感謝感謝。 ことちゃんの良さを余すところなく出せる、トップお披露目にふさわしい舞台でした。 フィナーレの群舞も、こっとんとのデュエットダンスも それぞれカラーの違うダンスを楽しませてくれました。 こんなに躍動感のあるトップコンビってなかなかない! こんなトップコンビを待ってたよ~!! 前トップのさゆみさん(紅ゆずる)は、いい人かも知れないけど、あーちゃん(綺咲愛里)は、可愛いかもしれないけど、それは舞台を作る上で 重要度が低いです。 ミュージカルとショーを売ってる「宝塚」は、やはり 歌唱力、ダンス力、演技力のある生徒さんがトップであってほしい。 舞台のクオリティがグッと上がります。 ことちゃんの魅力がますます輝くこの舞台でスタートを切れてよかった、本当にそう思います。 適材適所でストレスフリー 今まで何度か記事にしていますが、星組は 歌上手の生徒さんがいるのに歌わせないことが多くて、ストレスたまりまくりでした。 変な抜擢とか多くて なぜこの生徒がこの役をもらうの? 上手くもなんともないのに!と思うこともしばしば。 今公演は 海外ミュージカル。 先日 オーストリア劇場協会の新作 月組が「I AM FROM AUSTORIA」を宝塚大劇場で上演して、海外ミュージカルは番手無視だから ちょっともやっとする部分がある、と書きましたが。 今回はその部分がいい方に転がって、いろんなキャストに歌唱場面があり、しかもそこに歌上手が抜擢されているし、今まであまり大きなお役をもらってなかった生徒さんも見せ場やセリフがあって すごく嬉しかったです! 本来こうあるべき、というのをしてこなかったから 星組から足が遠のいてたんです。 これからは、星組が勢い盛り返して チケット難の組になるのかもしれませんね。 昨日は満足感で心満たされて、幸せな気持ちで家路に付きました。 そして こっそりひとりごちた。 星組ぃぃぃ!! 最高~~~っ! トップが変われば 組人気勢力地図も塗り替わるかも! あらすじに沿って… 自分用記録 モーツァルトの生涯は誰が描いてもほぼ 同じになると思いますが、私は大好きでDVDで何度も観た映画「アマデウス」をベースに観てました。 すごくわかりやすかったです。 幕開きは 舞空瞳・小桜ほのかのお二人が歌い、センターに登場するのは専科のかちゃ(凪七瑠海)。 神はなぜあの青年に音楽の才能を与え給うたのか…苦悩するサリエリが良かったです。 ここで登場する 兵士が大きな旗を振るのも ことちゃんが言ってたように、かっこいいです! 驚いたのは、ダブルヒロイン的な扱いのほのかちゃん。 (一幕のみ) 衣装のドレスが ひっとんとおそろいで色違いのブルー。 袖口のレースはひっとんの方が豪華ですが。 ほのかちゃんは、お歌お上手なのに なかなかお歌の場面もらえなかったので気の毒でしたが 今回はソロが何曲かあってのびのびと歌っていてよかったです。 モーツァルトの初恋の人の役なので 一幕は登場場面も多く、ことちゃんとの絡みも多かったです。 そして遅れて トップスター・礼真琴登場! 男役としては小柄な方ですが、すごい声量! 張り、伸びのある声!! ことちゃんの声が劇場内の空気をビンビン震わせて圧巻です。 存在感は、トップになったばかりの生徒とは思えないです。 さすがに場数を踏んでいるだけのことあります! 音響さんがボリュームをUPしただけではない、高音域の声の出方がスゴイです。 自由に遊びすぎるモーツァルトは宮廷音楽家なら宮廷で作曲を!というコロレド司教のもとを去り 母と二人パリを目指します。 ことちゃんと酒場の客とで踊るところは フレンチミュージカルの「ロミオとジュリエット」(作:ジェラール・プレスギュルヴィック)の「世界の王」のように ことちゃんを中心に皆で踊るところが楽しいです。 ロックのビートに気分高揚させられて ダンザブルなメロディーで客席もノリノリ気分になります。 お稽古場で映っていた、こと・ひっとんが酒場でピアノを弾く(連弾する)場面、キラキラ星変奏曲を演奏するグランドピアノのセットが面白いです! ぶっ飛んでます。 グランドピアノが蓋の部分を手前にして立ってる! 鍵盤部分が上にあってそこで弾く(ふりをする)んです。 「二人がピアノを連弾する」というのがわかりやすいセットでした。 (装置:大橋泰弘) コンスタンツェ(舞空瞳)が働く酒場でトラブルになったモーツァルトはコンスタンツェの手引で逃げ出し そこで彼女の一家と出会うのですが… 「私達の会話が面白いです」と漣レイラくん(コンスタンツェの父)が言っていたとおり コンスタンツェの母セシリア(音波みのり)が強こわくて 面白い!! かっこいいw コンスタンツェのパパは恐妻家らしく、セシリアの言いなり、というか、もはや命令されてタジタジで面白かったです! セシリアは、オランジュ皇妃の音楽会で次女のアロイジア(小桜ほのか)が歌うので指導してほしい、と頼みます。 モーツァルトはひと目見て恋に落ちて、夢中になってしまう、そのことを母は心配して 故郷・ザルツブルグにいるボナパルト(悠真倫)に相談。 ザルツブルグの父からの手紙には「パリへ行け」と。 モーツァルトに取って絶対的権限を持つ父の厳命にそむけず 母とパリへ。 才能もあり 名も馳せているのに苦しい生活の中、母が亡くなる… このシーンが切なくて…。 うん、先生の言う通りに表現できてたよ! 一幕終章・バラの上で眠りたい この場面すてき~! 苦悩するモーツァルトの後ろに 薔薇の精?? (青い薔薇の精ではない) 白いドレスにピンクのバラが縫いとられた衣装で 裸足のひっとんが踊ります。 スポットライトを浴びて回るひっとんに 赤いバラの花びらが降り注いで… そのまま幕 幕が下りた瞬間に ふぁ~~ よかった~~と声に出してしまいました。 やっぱりね、歌唱力、ダンス力、演技力の高いトップコンビだとこうなる、というお手本みたいな例。 3000文字を越えましたので 第二幕は別記事にします。

次の

公演・イベントスケジュール詳細|東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

ロック オペラ モーツァルト 宝塚

星組新体制がついに始動! 礼真琴さん主演のロックオペラ『モーツァルト』が初日を迎えました。 令和初のトップコンビとなった礼真琴、舞空瞳はともに首席コンビ! その技術力からしても、どんなコンビになるのか期待しながら待っていたファンは多いのではないでしょうか。 その証拠に『モーツァルト』は非常にチケット難となりました。 12月14日の公演は、全国の映画館でライビビューイングされることになりましたね。 そんなプレお披露目公演『モーツァルト』はどんな舞台なのか、気になります。 すでに観劇した方の感想をまとめてみることにします。 正直…すごいです…。 客席降りも気になりますので、調べてみます。 さっそく始めましょう! 星組ロックオペラ「モーツァルト」 礼真琴ちゃんの仕草も注意だけど、モーツァルトとして生き抜くお芝居も、その中で魅せる歌も、ダンスも本当に素晴らしかったです。 舞台でしっかり魅せてくれます。 素敵な時間、空間、心をくれます。 舞台に引き込まれます。 すごいです。 通常どんな公演であっても「ここが残念だった…」というコメントは必ずと言っていいほどあります。 色々な意見を紹介したいと思って探すのですが…『モーツァルト』はほとんど見つけられない。 これは、【相当高かった期待をさらに超える作品なのではないか】とさらに期待値が上がってしまいますね。 では、具体的にどのようなところがよかったのか、詳しく見ていきましょう。 『モーツァルト』の歌がすごい! 望海風斗&真彩希帆に続く【耳福コンビ】の誕生で、歌うま好きな宝塚ファンにとって雪組に…、星組に…と、忙しい時代になりました。 ロックオペラというタイトルがついているだけに『モーツァルト』は楽曲数が非常に多く、難しい曲も多い作品ですね。 そして、その楽曲を歌いこなすのは礼さんだけでなく、いまの星組は歌えるメンバーが多いことも、この作品のクオリティを上げていることに間違いないでしょう。 モーツァルト初日観に来てます、ヤバいです。 舞台の質量がすごい。 凄すぎて1幕の体感時間が30分位に感じる。 1幕にこんなにも凝縮されている。 礼真琴の後ろに虎のようなオーラを感じる。 激しく踊りながら声が一切ブレないのもすごい。 圧巻の歌。 感情という弾を込めて正確に大砲で打っているよう。 — IPPY IPPYyuzuka そうそう、礼さんの踊りながらまったくぶれない歌(声)にいつも驚かされます。 また、『モーツァルト』でも、観ていてスカッとする礼さんのハイクオリティな歌に客席が包まれるようですね。 さらに踊るだけではなく、この公演では後ろに倒れてもなお歌う礼さんがちょっとした話題に!? ロックオペラモーツァルト感想。 男役の歌が無理に下げず娘役の声が無理に上げずなので宝塚ではない外部の舞台を観ているような感覚になりつつ、相当むずかしい歌を完全に役として歌う礼真琴さん凄すぎ。 ダンスも芝居も凄い。 それしかない。 星娘の美貌と歌唱力にひれ伏しました。 四姉妹も歌姫も可愛い!— リボン PiaLovesBuuchin さらに、礼さんだけではなく、星組の歌うまたちが活躍する姿が観れるのも嬉しいですよね。 小桜ほのかさん、白妙なつさん、夢妃杏瑠さんも歌う場面が多いようですね。 『モーツァルト』のダンスがすごい! ダンスの実力は折り紙つきの礼&舞空コンビですので、観客の期待値もおのずと高くなるダンスですが、モーツァルトでも魅せてくれるようですよ。 見どころはたくさんあるでしょうが、 その1つは【1幕ラスト】と言ってもいいでしょう。 この場面でのモーツァルトは、すべてを失い、失意の中で歌う場面のようですが、その後ろで舞空コンスタンツェが素足で圧巻のダンスを披露してくれるようです。 あまりに圧倒された客席に終演後、礼さんは「あまりの静寂に驚いた」ようですので、まさに 【時が止まった】かのような空間がそこにあったのでしょう。 『モーツァルト』の演技がすごい! さらに、専科から出演している凪七瑠海さんの好演が光るようですよ。 凪七さんは、モーツァルトの才能に嫉妬するイタリア人音楽家の【サリエリ】という人物を演じています。 昔見た映画に出てきたサリエリ、悪いんですよね~。 しかし、宝塚版はどのように描かれているかというと、ただの悪役としてではなくモーツァルトの【才能】をただ嫉妬する悪役ではなく、人間味のあるサリエリとして表現されているのではないかな~と推測します。 太陽と月、陰と陽のような関係性が際立つ存在として、キーパーソンであることに違いなさそうですね。

次の

宝塚星組『モーツァルト』の感想がすごすぎる!客席降りも贅沢!?

ロック オペラ モーツァルト 宝塚

こちらには、主演コンビ以外のキャストの感想を書こうと思います。 おっと、その前に、いつものように スタッフも書き留めておきます。 潤色・演出:石田昌也 演出補:生田大和 (「CASANOVA」でドーヴ・アチアさんと組まれたのでもう一度) 音楽監督・編曲:玉麻尚一 振り付け:AYAKO、平澤智 百花沙里 衣装:有村淳 装置:大橋泰弘 この、ペンキで書きなぐったような文字、よく見ると ただかすれているのではなくて、キャンバス地に書いたような布地の質感を感じられる文字ですね~💡 キャスト別感想(学年順) メインキャスト(トップコンビを除く) ・アントニオ・サリエリ【モーツァルトの才能に嫉妬するイタリア人音楽家】 凪七 瑠海 「かちゃさん、かっこいい!」とお稽古場のトークで礼真琴、漣レイラらが口をそろえる、かちゃ(凪七瑠海)。 確かに。 かちゃは、長らくの月組ダブル2番手で割を食っていた感はあります。 同期の2番手が二人、というのは、演出家も頭が痛かったのではないでしょうか? 2人が2番手を「分け合う」事で配役の魅力が半減してしまいますから。 かちゃは、長身ながら男役にしては小顔で首が長く「男臭さ」に欠けると思っていたのですが、専科に異動されて、「二人使い」から解き放たれてからは ようやくかちゃの個性が見えてきて、「良さ」を感じられるようになりました。 (雪娘とのプリプリティータイム効果は絶大でした…^^) 今回、サリエリ役に決まった時は驚きました。 えっ? あの、サリエリ?…と。 でも 舞台のサリエリ、黒髪で衣装も黒、モーツァルトに敵対するにふさわしい出で立ちでした。 「殺しのシンフォニー」を歌いますが、殺したいほど憎い、けど その嫉妬の炎は内面でメラメラと燃えるだけ。 だからこそ余計に苦しさがにじむのですね。 好演してました。 89期も今日 明日海りお様が退団されたら残るは3人。 気がつけば、学年が上がってきて、存在感も貫禄も「大人の香り」で、達観した感じがあります。 その他キャスト ・レオポルド【モーツァルトの父、宮廷音楽家】 悠真 倫 まりんさんの父親像、寡黙な中にも 家族を思う気持ち、モーツァルトの成功を願う気持ちが現れていてグッときます。 モーツァルトのためにコロレド司教に己のプライドを擲って必死にすがる姿が胸を打ちます。 モーツァルトをパリに送り出すところ、抱き寄せておいて あと、モーツァルトの両肩をガッシと掴んで、物言わずとも 思いを伝えようとするところは感動的です。 ・アンナ・マリア【モーツァルトの母】 万里 柚美 安定の母親役、万里柚美さん。 一緒にパリに行くのも モーツァルトのお目付け役として。 そんなことを気にもかけないモーツァルトに翻弄されっぱなし。 ・オランジュ皇妃【オランジュの皇妃】 白妙 なつ アロイジアが出演する音楽会を主宰する高貴なお方。 今回はエトワールも務めてました。 舞台人は、滑舌命、ですから はるこちゃんの台詞回し、すごく聞きやすくて、感情が乗っていて、怖いところと媚びるところの使い分けもよかったです! 恐妻家の夫ウェーバー氏は、セシリアに牛耳られていて、それがまた可笑しい。 笑える夫婦です!! 娘をダシになんでもやっちゃいそう。 ちらっとレミゼのテナルディエ夫妻を思い出しました。 w はるこちゃんの美しさとのギャップが見どころ! ・コロレド大司教【ザルツブルグの大司教】 輝咲 玲央 92期で、真風涼帆がいたときはあまり目立たなかった印象。 入団時の成績もそれほどでもなかったけど… こういう役者さんは貴重!! 男役がみんな王子様だったらお話成立しないから、おれきざき(輝咲玲央)のような、重厚な役どころを演じられる生徒さんは大切にしないとね! おれきざきは、スカピンのジェサップ(執事)とか、阿弖流為の紀広純(阿弖流為の敵役)が印象に残っています。 今回も 威厳と存在感で見せるコロレド司教、ハマってました! ・マダム・カヴァリエリ【歌姫】 夢妃 杏瑠 もうひとりの星組の歌姫、あんるちゃんも お歌の場面多く、安定の使われ方。 映画ではカヴァリエリにもっとスポット当たってましたが、今回はあまり詰め込むと話が散漫になるのでこれぐらいで丁度いいのかも。 長い手足でひょこひょこ歩くだけでも笑えるし 赤毛のカーリーヘア(ロン毛)にシルクハット。 ほっこりさせてくれる清涼剤的存在。 フリードリンは、死んでしまうので フリードリンとしての出演は一幕のみですが、キョーレツでしたw 94期は漣レイラくんは 入団成績が3番! あの美弥るりか様でも4番で 95期だと水美舞斗、97期だと惜しまれながら今日退団する城妃美伶ちゃん、98期は我が星組のぴーすけ、100期なら宙組のトップ娘役・星風まどかと実力者ばかり。 それなのに 誰への忖度か知りませんが、歌もダンスも??な入団成績28番の麻央侑希くんばかりがいいところで使われて実力者を使わない星組に嫌気がさして 最近星組に通うのは止めてました。 これからは レイラくんがたっぷり使われる事を祈ってます! ・ヨーゼフ2世【オーストリー皇帝、マリー・アントワネットの兄】 ひろ香 祐 ヒーロー、貫禄ありました。 台詞回しがいい!だから 貫禄がでるのでしょう。 今回はコンスタンツェのお姉さん、長女のヨーゼファ。 映画版でも劇場監督は、鼻眼鏡でしたから、よく研究してる感w この公演を最後に宙組に異動になります、せおっち(瀬央ゆりあ)とNew Waveでダブル主演まで果たしたのに、もったいないですが、宙組でのご活躍をお祈りします。 ・ランゲ【アロイジアの夫、役者】 朝水 りょう 「ドクトル・ジバゴ」の時に、かっこいい男役になってきたな、と思いました。 今回は、アロイジアの夫としての場面はありますが 印象薄かったです… ・後見人【モーツァルトを恐喝、サリエリの部下】 桃堂 純 これは、美味しいお役をGETだぜ!という感じ。 モーツァルトやコンスタンツェの母・セシリアと絡むお役。 ダークな仕事を請け負っている役ですが、巧かった! ちょっとした仕草、動きが「悪い」感じを醸し出していて。 今まであまり抜擢がなかったタオ(桃堂純)なので、おっ!と思いました。 ・ダ・ポンテ【「フィガロの結婚」の脚本家】 彩葉 玲央 れおくんは、可愛いので^^ 5年ぐらい前から注目してましたが重要な場面では使われずでした。 が!今回、たくさんセリフのあるお役でよかったですね! こういう事がきっかけでぐんぐん伸びたりするので 今後も頑張って欲しいです。 ・ゴットリープ【「後宮からの逃走」の脚本家】 夕渚 りょう 夕渚りょうくんも最近目に留まるようになってきました。 今回、彩葉玲央くん同様、セリフも持ち場も多く、石田先生がちゃんと下級生も使ってくださっているのが嬉しいです。 ・アロイジア【フリードリンの次女、モーツァルト初恋の女性】 小桜 ほのか ほのかちゃんも歌える娘役さんですが 今までこんなに大きなお役をもらったことがなかったような。 星P変わった? 歌えない前トップ娘役への忖度で 歌上手には歌わせない方針か、とまたまた邪推アンテナがビンビンしておりましたが、それぐらい実力とお役が見合ってなかった。 今回 アロイジアはモーツァルトの初恋の人、と言うことで一幕ではダブルヒロインぐらいのお役の大きさでした。 「海外ミュージカルでは番手無視」と違和感を覚えることもありますが、海外ミュージカルだからこそ、いろんな生徒さんが活躍できるのですね。 一長一短ですね~。 ・ナンネール【モーツァルトの姉】 桜庭 舞 モーツァルトの成功をひたすら祈る姉を好演。 でも故郷・ザルツブルグで父と帰りを待つシーンが多く、モーツァルトの絡みは少ないです。 キャピキャピした、ウェーバー家の4姉妹と違い、落ち着いた佇まいで姉らしい優しさを滲ませて…モーツァルトの成功を伝える新聞を父に読み聞かせて 新聞を愛しそうに胸に抱くところもよかった。 歌唱力のある生徒さんなので、ソロありました。 100期の中で新公主演はしんくんがトップバッターだったんです。 それまで全然抜擢してなかったのに いきなりの大抜擢に驚きました。 上げようと思う生徒に大抜擢は大歓迎ですけど、それまで放置してたくせに、なんなのっ?って ちょっと星組のやり方に幻滅を覚えた記憶があります。 こういう方はもれなく歌が下手。 でも舞台に大輪の花を咲かせるのに一役買ってくれてます。 以上が 公式HPに出てる配役ですが、上記に名前のない ・コロレド司教の家臣(大臣)天希ほまれ コロレド司教とセットで出てくるのでセリフも場面のも今までよりたくさんあって良かったですね! 星組の98期は、有沙瞳、天華えま、澪乃桜季、夕渚りょう、天希ほまれ、湊璃飛、華雪りらの7人。 成績上位の3人が「龍の宮物語」にご出演なので 4人がこちらの舞台でちゃんと場面をもらっていて、よかった! ことちゃんがお稽古場トークで離してましたが、今回研1の娘役さん3人もご出演。 研1から ことちゃんの船出の舞台を一緒に作れて嬉しいでしょうね! 心の糧に、これからも頑張ってください! 実力派トップコンビがトップになった星組は、これからはどんどんできる生徒さんを抜擢して クオリティの高い舞台づくりをしていただきたいです。 今回は、池袋のBrillia Hallのこけら落とし、というお役も担っているので両方で公演することになったのかもしれないですね。 歌って踊れるトップコンビ。

次の