ふしぎ な 汽車 で いこう。 おかあさんといっしょ「ワン・ツー・スリー!」の歌詞や作詞作曲は?CD・DVDもご紹介!

NHK「おかあさんといっしょ」ファミリーコンサート ふしぎな汽車でいこう ~60年記念コンサート~ ブルーレイ

ふしぎ な 汽車 で いこう

おかあさんといっしょの60周年・秋のファミリーコンサート「ふしぎな汽車でいこう」が先日テレビ放送されました! これは、2019年11月1日〜4日に渋谷NHKホールで8公演行われたコンサートです。 今回のファミリーコンサートでは、ネット上で「豪華すぎる」「子供の頃を思い出して泣ける」とママ達からたくさんの感動の声が上がっています。 また、今回のスペシャルステージはおかあさんといっしょの60周年を記念した内容となっていることもあり、今までのファミリーコンサートとは出演者の数も多く歌われる曲も名曲ばかりで 最高傑作となっています! そんなおかあさんといっしょの60周年ファミリーコンサート「ふしぎな汽車でいこう」の内容やキャスト、歌われる曲、さらにDVD・CD・ブルーレイの発売などについて詳しくご紹介します!• おかあさんといっしょの60周年ファミリーコンサート「ふしぎな汽車でいこう」 おかあさんといっしょの60周年ファミリーコンサート「ふしぎな汽車でいこう」は、60周年の記念に相応しく、かなり豪華で見応えのある内容となっています。 また、このコンサートは60周年のプレミアムコンサートということもあり、いつものファミリーコンサートよりも応募が殺到し倍率がとても高かったと話題になっています。 このコンサートを会場で見れた人は、最強の運の持ち主かもしれません! 豪華すぎる出演者(キャスト) まず、この60周年のファミリーコンサートの最大の魅力は、出演者が豪華すぎるという点です。 出演者は下記となっています。 花田ゆういちろう、小野あつこ、福尾 誠、秋元杏月、ガラピコぷ~のチョロミー、ムームー、ガラピコ 眞理ヨシコ、坂田おさむ、神崎ゆう子、速水けんたろう、茂森あゆみ、横山だいすけ、小林よしひさ、上原りさ 「にこにこ、ぷん」のじゃじゃまる、ぴっころ、ぽろり、「ぐ〜チョコランタン」のスプー、「ポコポッテイト」のムテ吉、ミーニャ、メーコブ キャラクターも数えると 総勢21名という、とても豪華なキャストとなっています! 歴代の歌のお兄さん・お姉さんがちょうどパパママ世代 今回出演した歴代の歌のお兄さん・お姉さんは、ちょうど今子育てをしているパパママ世代が子供の頃に見ていたおかあさんといっしょの歌のお兄さん・お姉さんとなっています。 坂田おさむさんは1985年〜1993年に歌のお兄さん、神崎ゆう子さんは1987年〜1993年に歌のお姉さんを就任しているので、ちょうど35歳〜40歳くらいのパパママたちが見ていた頃のお兄さん・お姉さんです。 また、速水けんたろうさん・茂森あゆみさんは、おさむお兄さん・ゆう子お姉さんのお後の1993年〜1999年まで歌のお兄さん・お姉さんを務めていたので、ちょうど30歳前後のパパママたちが見ていた頃のお兄さんお姉さんです。 会場に来ているパパママ、テレビで見ているパパママも楽しめるキャスト陣となっています。 歴代のかわいい人形劇キャラクターも勢揃い 今回のおかあさんといっしょの60周年ファミリーコンサートでは「にこにこ、ぷん」の仲間たちのじゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりが登場し、その当時の懐かしの歌を歌ってくれます。 現在の人形キャラクターのガラピコぷ〜の3人と一緒に登場する姿を見ると、子供の頃に「にこにこ、ぷん」を見て育ったパパママはジーンときてしまうはずです。 また、その後はスプー(ぐ〜チョコランタン)や「ポコポッテイト」の3人も登場するので、少し前の人形たちを知っているお子さんも楽しめます。 60周年ファミリーコンサートの内容 今回のおかあさんといっしょの60周年ファミリーコンサート「ふしぎな汽車でいこう」の内容は、いつものゆういちろうお兄さん、あつこお姉さん、誠お兄さん、杏月お姉さん、ガラピコぷ〜の3人が集合すると、不思議な汽車が登場します。 「この汽車に乗ってみた〜い!」という声から、汽車に乗って旅に出かけていきます。 すると様々な星に到着し、美味しいご飯やデザートを食べたり手紙を読んだり、60周年のお祝いのパーティーをしたりして過ごしていきます。 その際、汽車で歴代のお兄さんお姉さん、人形劇のキャラクターと遭遇し、過去のおかあさんといっしょの名曲を一緒に歌って60周年のお祝いをしていきます。 速水けんたろうさん・茂森あゆみさんが早々に登場 ファミリーコンサートの序盤で、速水けんたろうさん・茂森あゆみさんが登場します。 このコンビといえば、当時大ヒットした 「だんご三兄弟」ですよね! もちろんこのコンビで「だんご三兄弟」を当時の振り付けで歌って踊ってくれます! (二人のダンスもキレキレ!) だんご三兄弟が流れた瞬間に、会場からは「おおおお!!!」と歓声が上がり、拍手も沸きます。 当時の歌のお兄さんお姉さんがあのだんご三兄弟を歌ってくれるなんて、まさにスペシャルな演出です!!! だいすけお兄さんが登場!たくみお姉さんは手紙で登場 普段のおかあさんといっしょでお馴染みの白ヤギさん黒ヤギさんの手紙を読むコーナーの「お便りの星」に到着します。 すると、よしお兄さん・りさお姉さんに遭遇し「みんな久しぶり〜!」と再会。 さらにだいすけお兄さんが「銀ちゃんのラブレター」を歌いながら登場します。 その後、たくみお姉さんから手紙が届いていることに気づき、りさお姉さんがその手紙を読み上げます。 たくみお姉さんから「いつも見ていますよ」という言葉と、「お母さんになりました!」の報告を聞き、お兄さんお姉さんと会場が「おおおお〜!!!」と沸きます! またその際、たくみお姉さんの過去の映像も流れるので、手紙の内容と合わせるとジーンときてしまいます。 たくみお姉さんファンには必見のシーンです。 坂田おさむさん・神崎ゆう子さんは60周年パーティで登場 子育て世代のパパママは、坂田おさむさん・神崎ゆう子さんはドンピシャかもしれませんが、このコンビは60周年パーティーで登場してくれます。 坂田おさむさんといえば、今ではおかあさんといっしょの数々の名曲を作っているスゴイ作曲家さんです。 坂田おさむさんが作詞作曲した曲は、 「公園にいきましょう」 「どんな色が好き」 などがあります。 また、最近では娘さんの坂田めぐみさんと親子で作詞作曲をしたも話題になりました。 また、神崎ゆう子さんは現在はテレビショッピング番組などでも活躍されていますが、過去のおかあさんといっしょの「40周年 歌のパーティー」「星空のメリーゴーランド〜50周年記念コンサート〜」でも坂田おさむさんと一緒に出演しています。 神崎ゆう子さんは最近では、このような大きなファミリーコンサートではゲストで出演することも多いですが、30年以上前に歌のお姉さんをやっていたとは思えないほど変わらない歌声と美貌で驚かされます! 世代を超えた人形劇のキャラクターが10人大集合 おかあさんといっしょでは歌のお兄さん・お姉さんが変わるタイミングやその時代ごとに人形劇のキャラクターも変わっています。 現在は、「ガラピコぷ〜」のチョロミー、ムームー、ガラピコの3人ですが、今回のファミリーコンサート「ふしぎな汽車でいこう」では、世代を超えた様々なキャラクターが大集合します。 その登場するキャラクターは、1982年〜1992年のキャラクター「にこにこ、ぷん」のじゃじゃまる、ぴっころ、ぽろり、2000年から2009年のキャラクター「ぐ〜チョコランタン」のスプー、2011年から2016年のキャラクター「ポコポッテイト」の ムテ吉、ミーニャ、メーコブ、そして現在のガラピコぷ〜の3人の総勢10人です。 世代のごとに愛されたかわいいキャラクター達が集まってお話をして、キャラクターが「シュビ・ドゥビ・パパヤ 」を歌って踊ります。 「シュビ・ドゥビ・パパヤ 」はただでさえ可愛い曲ですが、キャラクター達が歌って踊りながらボックスステップを踏む姿はなんともいえず、本当に癒されます。 特に「にこにこ、ぷん」の3人は30年前のキャラクターのため、この世代のパパママは「この時代ににこにこぷんが見れるなんて!」と感動してしまうはずです。 初代歌のお姉さんというと60年前に務めていた方で現在81歳ですが、81歳とは思えないほど歌声も綺麗で若々しくて驚きます! 過去のおかあさんといっしょの体操メドレーも コンサートの後半では、誠お兄さん、杏月お姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんの4人で歴代のおかあさんといっしょの体操メドレーをやってくれます。 「デ・ポン!」「あ・い・うー」「ゴッチャ!」「ぱわわぷたいそう」「パント!」「ブンバ・ボーン!」を一気に見ることができ「こんな体操もあったね!」「懐かしい〜」と思わず声に出してしまうほどです。 「デ・ポン!」「あ・い・うー」「ゴッチャ!」はまことお兄さんとあづきお姉さんが紹介してくれますが、当時の体操のお兄さん・お姉さんのようにとても上手に体操をして、カバーしています。 出演者から感謝の挨拶、そして「ありがとうの花」は必見 60周年ファミリーコンサートの後半では、ゆういちろうお兄さん・あつこお姉さん・誠お兄さん・杏月お姉さんから、これまでおかあさんといっしょを見てくれた視聴者や番組を支えてくれている関係者やスタッフへの挨拶の言葉が述べられます。 これだけでも聞いていてジーンとくるものがありますが、さらにその後出演者全員で坂田おさむさん作詞作曲の「ありがとうの花」を歌います。 「ありがとうの花」はただでさえ歌詞もメロディもよく泣ける曲と言われていますが、60年の感謝を込めて出演者が歌うことでさらに泣ける一曲となっています。 最後のエンディングメドレーも超貴重! ファミリーコンサートの最後には、エンディングメドレーを歌って終了となります。 過去のエンディングの「さよならマーチ」「あしたてんきにな〜れ!」「べるがなる」を当時のキャラクターや歌のお兄さんお姉さんが歌ってくれます。 「さよならマーチ」は「にこにこ、ぷん」のじゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりの時代にエンディングで歌われていたもので、「あしたてんきにな〜れ!」は横山だいすけお兄さん三谷たくみお姉さんの時代に歌われていたもの、そして現在の「べるがなる」を聞くことができます。 その当時の歌のお兄さんやお姉さん、キャラクター達が歌って舞台袖に消えていく姿は、当時を思い出すことができ、かなり貴重なエンディングとなっています。 コンサートで歌われる曲 このファミリーコンサートで歌われる曲は、下記となっています。 はじまり・はじまり! 2. オーバーチュア 3. ふしぎな汽車でいこう 6. キッチンオーケストラ 7. あ・い・う・え・おにぎり 8. カレーライスのうた 9. チキンダンス 10. だんご3兄弟 11. にこにこ、ぷん 12. ポコポッテイト 13. シュビ・ドゥビ・パパヤ 14. 銀ちゃんのラブレター 16. リメンバー 18. 夢のパレード 19. アイアイ 20. いぬのおまわりさん 21. ピクニック・マーチ 22. こんなこいるかな 24. みどりいっぱい げんきいっぱい 26. おまつりすんだはらっぱに 27. 北風小僧の寒太郎 28. わをつくろう 29. ドンスカパンパンおうえんだん 30. 虫歯建設株式会社 31. 夢のなか 32. ミライクルクル 33. サッちゃん 35. おもちゃのチャチャチャ 36. ありがとうの花 37. 60周年ファミリーコンサートは、おばあちゃん・ママ・子供の3世代で楽しめる おかあさんといっしょの60周年・秋のファミリーコンサート「ふしぎな汽車でいこう」は、通常のファミリーコンサートよりも何倍もキャストも内容も豪華で名曲揃いです! 今までのおかあさんといっしょを代表する曲ばかりが聴けるので、おかあさんといっしょファンにはたまらないコンサートとなっています。 また、今回のファミリーコンサートでは、今おかあさんといっしょを見ているお子さんだけでなく、それを一緒に見ているママにとっても自分が子供の頃のお兄さんお姉さんやキャラクターを見れるのでとても懐かしいはずです。 さらに、そのママを育てていたおばあちゃんにとっても、自分が子育てをしていた頃に見ていたお兄さんお姉さんの歌声が聴けるので、親子3世代で楽しめるコンサートとなっています。 「こんなキャラクターいたよね!」「懐かしいね!」と言いながら、世代を超えて楽しむことができます。 60周年コンサートのDVD・CD・ブルーレイはいつ発売? もしテレビ放送の60周年ファミリーコンサートを見逃してしまった方は、 ブルーレイ・DVD・CD 発売されているので、購入して見てみることをおすすめします。 (購入ページや詳細はページ下部でご紹介しています) ちなみに、今回のコンサートはCDとDVDのみの発売予定でしたが、60周年のプレミアムコンサートということでたくさんのおかあさんといっしょファンからの熱いリクエストがあり、 新たにブルーレイの追加リリースが決定したそうです!!! また、DVD・CD・ブルーレイならノーカットで収録されているため、テレビで放送されていない曲も収録されています。 テレビ放送分では、意外とカットされてしまっている曲や体操もあったので、ノーカットで全て見たい・聞きたいという方にはDVD・ブルーレイ・CDはおすすめです。 また、DVD・ブルーレイにはテレビ版の「おかあさんといっしょ 60周年スペシャル」で放送された映像が特典映像として収録されています。

次の

【楽天市場】CD/ふしぎな汽車でいこう 〜60年記念コンサート〜/キッズ/PCCG

ふしぎ な 汽車 で いこう

おかあさんといっしょの2019年7月の月のうたが変わりました! その曲のタイトルは 「ワン・ツー・スリー!」です。 この曲は、おかあさんといっしょが2019年で60周年ということもあり、 かなり豪華な曲になっています。 ですが曲のタイトルだけを聞くと何やら楽しそうな曲だと思いますが、私が初めて聞いたときは「お・・・こんな感じね?」と思ったのが率直な感想です。 楽しそうなMVですが、よーく聞いてみると今までのおかあさんといっしょの中では珍しい曲調の月のうたなのです!• おかあさんといっしょ「ワン・ツー・スリー!」月のうたの中でかなりレアな理由とは? おかあさんといっしょの2019年7月の月のうたは「ワン・ツー・スリー!」です。 私が朝と夕方に何度かこの曲を聞いた感想もまじえて、どんな曲なのかをご紹介していきます。 作詞作曲はあの坂田修一さん&坂田めぐみさん親子 今回の「ワン・ツー・スリー!」は作詞が坂田めぐみさん、作曲が坂田修一さん(坂田おさむさん)の親子で作った曲になっています。 (坂田修一さんがお父様、坂田めぐみさんが娘さんです) 坂田修一さんは、坂田おさむ・坂田修でも作詞作曲活動をしている方で、過去に多くのおかあさんといっしょに楽曲提供をしています。 子供の頃から誰もが知っている定番の人気曲は、実は坂田さんが作詞・作曲した曲であることがとても多いです。 <坂田おさむさんがおかあさんといっしょに楽曲提供した曲> ・どんな色が好き ・ ・ ・公園にいきましょう ・ ・ヤッホ・ホー ・すてきな言葉 ・タンポポ団に入ろう!! ・地球ぴょんぴょん ・ ・やくそくハーイ! ・ ・みんなだれかがすきになる 坂田おさむさんが作詞作曲した曲の中で、おかあさんといっしょの定番曲になっているものを選んでみましたが、実は他にも坂田おさむさんが作詞作曲した曲はたくさんあります。 おかあさんといっしょでを見ていると、坂田おさむさんが作詞作曲した曲は意外にも多く流れているので、ぜひ探してみてくださいね。 また、坂田おさむさんは7代目おかあさんといっしょの歌のおにいさんでもあり、最近もおかあさんといっしょのスペシャルコンサートにはゲスト出演することもあります。 お兄さんお姉さんとガラピコぷ~の7人が登場する豪華なMV 「ワン・ツー・スリー!」のミュージックビデオでは、なんとゆういちろうお兄さん・あつこお姉さん・まことお兄さん・あづきお姉さんに加えて、チョロミー・ムームー・ガラピコの3人まで登場します! 月のうたに限らず今までのおかあさんといっしょの歌のミュージックビデオでは、お兄さんとお姉さんの4人は登場しても、人形劇のキャラクターたちは登場しませんでした。 なんと ガラピコぷ~の3人がMVに登場するのは、月の歌では初めてなのです。 これはかなり珍しいです。 さらにチョロミー・ムームー・ガラピコが歌に登場する場合は、一緒に歌ったりダンスをしていることが多いですが、今回の「ワン・ツー・スリー!」では、お兄さんお姉さんの後ろで楽器を演奏しています。 この構成はかなりレアなので、おかあさんといっしょファンのママにとっては、とても貴重なミュージックビデオになっています。 2019年のフェスティバルや60周年コンサートでも歌われた 「ワン・ツー・スリー!」は、坂田おさむさん・坂田めぐみさん親子が作ったレア曲なのもあり、おかあさんといっしょ2019年夏のフェスティバル(スペシャルステージ)や60周年ファミリーコンサートでも歌われています。 おかあさんといっしょが2019年で60周年ということもあり、坂田おさむさん親子が作詞作曲を手掛けたのかもしれませんね。 夏のフェスティバルと60周年ファミリーコンサートのDVDやCDは下でご紹介していますので、興味のある方はぜひ見てみてください! 「ワン・ツー・スリー!」の歌詞は? 「ワン・ツー・スリー!」は、子供にとって身近な動物を登場させながら、夢に向かってホップ・ステップ・ジャンプの過程を進んで夢に向かっていこうと教えてくれる歌です。 まず歌い出しはこのようになっています。 (ワン・ツー・スリー!) ウサギのように ホップ(ホップ!) ひよこのように ステップ(ステップ!) まだまだ しゅぎょうちゅう みんなといっしょに がんばろう かえるように ホップ(ホップ!) あめのなかだって ステップ(ステップ!) そろそろ じゅんびオッケー! うちゅうにむかって ジャンプしよう ワン・ツー・スリーでいこうよ! おほしさまからの メッセージ いっぽいっぽ すすめば ゆめはかなうものさ(ワン・ツー・スリー!) ワン・ツー・スリーでいこうよ! おほしさまからの アドバイス じぶんを しんじて ゆめをかなえるのさ(ワン・ツー・スリー!) (ワン・ツー・スリー!) ペンギンのように ホップ(ホップ!) みずのなかだって ステップ(ステップ!) まだまだ がんばれる やりたいことだもんね ワン・ツー・スリーでいこうよ! おほしさまからの アドバイス じぶんを しんじて ゆめをかなえるのさ(ワン・ツー・スリー!) ゆめをかなえるのさ(ワン・ツー・スリー!) ゆめをかなえるのさ(ワン・ツー・スリー!) 歌詞引用: 最後の「ゆめをかなえるのさ(ワン・ツー・スリー!)」の部分は3回繰り返されて歌が終わります。 坂田おさむさんが作った曲には、 最後の歌詞が3回繰り返されて終わる歌が実は多いのです。 (例:「あしたははれる」「メダルあげます」「地球ぴょんぴょん」など) なので私は初めて「ワン・ツー・スリー!」をテレビで聞いた時に「あ、今回も3回繰り返して終わるパターンね!」と思ってしまいました。 笑 また3回でなくても、最後のフレーズを2回繰り返して終わるパターンの曲も多いです。 笑 歌詞を見ると元気いっぱい!だけど実はしっとり系の曲? 2019年7月の月のうたの「ワン・ツー・スリー!」は、上の歌詞やミュージックビデオの雰囲気を見ると、とても元気いっぱいの曲に思えますよね。 ですが聞いてみてびっくり。 実はおかあさんといっしょの歌の中では珍しく しっとり系の曲なのです。 歌詞は前向きでとても明るいですが、音調は少し暗め?なのかな? なので聞いてみて「え?7夏の時期の月のうたなのにこんな感じ???」と思ってしまいました。 ですが、月の歌は毎月明るい曲が多いので、今までとはまた違っていいと思います。 何より、ガラピコぷ~の3人まで登場するので、うちの息子は大喜びで毎日「ワン・ツー・スリー!」を聞いています。 Twitter上でも「ワン・ツー・スリー!」は話題! 7月に入って月の歌「ワン・ツー・スリー!」がおかあさんといっしょで放送されると、ツイッターでもこの曲のことはかなり話題になっていました。 中でも、ガラピコぷ〜の3人が楽器を演奏していることと誠お兄さんがサッカーのユニホーム姿がかなり話題です。 笑 誠お兄さんのサッカボールを豪快に蹴るシーンでは「キャプテン誠!!!」とママからのうっとりツイートが多く目立っていました。 収録のDVDやCDが続々と発売されているので、ぜひ聞いてみてください。 「おかあさんといっしょ」ファミリーコンサート ふしぎな汽車でいこう(DVD) おかあさんといっしょの60周年ファミリーコンサート「ふしぎな汽車でいこう」は、60周年の記念に相応しく、かなり豪華で見応えのある内容となっています。 また、このコンサートは60周年のプレミアムコンサートということもあり、いつものファミリーコンサートよりも応募が殺到し倍率がとても高かったと話題になっています。 豪華すぎるキャストと歴代のキャラクターが登場しておかあさんといっしょの名曲ばかりを歌うプレミアムDVDです。

次の

花田ゆういちろう/NHK「おかあさんといっしょ」ファミリーコンサート ふしぎな汽車でいこう ~60年記念コンサート~

ふしぎ な 汽車 で いこう

人物・来歴 [ ] 小学生の時から体操競技を始め、として16年、として5年という経歴を持つ。 体操教室で子どもたちの指導をしていた事もある。 2019年4月より、NHK『おかあさんといっしょ』の第12代目たいそうのおにいさんに就任。 番組で共演するは第12代目の、は第21代目の、は初代の。 趣味:掃除、映画鑑賞• 好きな食べ物:焼肉、お寿司• 好きな色:ゴールド、ネイビー• 落ち着く場所:お風呂 経歴 [ ]• スポーツ健康科学部卒業。 順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科博士前期課程修了。 2019年3月博士後期課程修了。 順天堂大学大学スポーツ健康学部助手、体操競技部コーチを務めている。 CM 三菱地所「さあ、世界を驚かせよう。 」 2014年8月 出演 [ ] テレビ [ ]• 『』(2019年4月1日 - 現在、)- 12代目 おかあさんといっしょ コンサート [ ] 「」も参照 ファミリーコンサート 公演 タイトル 出演者(一部を除く) 2019年 しあわせのきいろい・・・なんだっけ?! 、、 福尾誠、 、、 、 ふしぎな汽車でいこう〜60周年記念コンサート〜 、、 福尾誠、 、、 、、、、 、、 、、、、、、 2020年 タイトル未定 、、 福尾誠、 、、 スペシャルステージ 公演 タイトル 出演者(一部を除く) 2019年 からだ! うごかせ! 元気だボーン! 、、 福尾誠、 、、 、、、 映画 [ ]• 映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!(2020年1月24日公開、日活/ライブ・ビューイング・ジャパン) ディスコグラフィー [ ] DVD [ ] リリース年 リリース日 タイトル 2019年 8月7日 『NHK「おかあさんといっしょ」ファミリーコンサート 』 脚注 [ ] []• 初代;(1961年4月3日 - 1969年10月1日)• 2代目;(1963年10月2日 - 1967年4月1日)• 3代目;(1967年4月6日 - 1969年10月4日)• 4代目;(1969年10月6日 - 1973年3月30日)• 5代目;(1969年10月7日 - 1971年4月3日)• 6代目;(1971年4月5日 - 1978年3月23日)• 7代目;(1973年4月2日 - 1974年3月29日)• 8代目;(1974年4月2日 - 1987年4月4日)• 9代目;(1987年4月6日 - 1993年4月5日)• 10代目;(1993年4月5日 - 2005年4月2日)• 11代目;(2005年4月4日 - 2019年3月30日)• 12代目;(2019年4月1日 - ).

次の