加藤純一 niconico。 加藤純一違法ダウンロード一覧とは (カトウジュンイチイホウダウンロードイチランとは) [単語記事]

高田建志は間違っていた!?加藤純一のくっちゃべで見せたMCの成長ぶり

加藤純一 niconico

()が違法 をした可性の高い、または違法をしたことが確定しているの。 時期によっての内容が違うので、違法が違法かどうかは時期によって異なるので注意。 また、違法でない時期でも法解釈で違法になることがあるので注意。 違法をすると 者は得られるはずの収入を得られなくなり、 者や活動の減少につながり が衰退します。 違法をするのはやめましょう 概要 ここでは違法をして配信した、また違法をした可性がある場合ののみ記載している。 (違法が確定しているはで表記) 違法ダウンロードが確定しているソフト 本人が違法ダウンロードをしたことを公言• 「『、じゃあ、6ポケどうなんだ?』って言われたら、 6ポケはそれから、もうでした。 あのほんとにでした」 「でした。 、10年前になるんですが、 なんと、それでね、あのー、再生数稼いじゃったんすけど、 でしたほんと。 もうです。 ほんとに」 2:あたり 2:から再生されます romダウンロードサイトの表記とダウンロードファイル名が一致• :あたり• 不思議な2• 3・2・1~を呼ぶ 3:11あたり 19:あたり タイトル画面が非正規• の冒険 Tの部分がGと表記されている 正規版との較 11:00あたり ゲームソフト一覧 会社名• 名 株式会社任天堂• 隠蔽・拠隠滅 :10あたり 03 の1あたり• 株式会社ポケモン• 本人が違法をしたことを言 「『、じゃあ、6ポケどうなんだ?』って言われたら、 6ポケはそれから、もうでした。 あのほんとにでした。 」 「でした。 、10年前になるんですが、 なんと、それでね、あのー、再生数稼いじゃったんすけど、 でしたほんと。 もうです。 ほんとに」 2:あたり 2:から再生されます 株式会社スクウェア・エニックス• 3 コナミホールディングス株式会社• での表記と同名のフォルダを所持 :あたり• 株式会社ハドソン• の冒険 画面が非正規 Tの部分がGと表記されている 株式会社カプコン• 5:10あたり• 株式会社バンダイナムコアミューズメント• 株式会社スパイク・チュンソフト• 株式会社アクワイア• ポータブル• 株式会社エンターブレイン• 顔にヒビ あたり デートイースト株式会社• アスミック社• 3・2・1~を呼ぶ 違法ダウンロードについて• 「 故意または過失によって他人の権利又は上保護される利益を侵した者は、これによって生じた損を賠償するを負う。 条 「 、出版権または著作隣接権を侵した者 (第条第1項(第条第1項において準用する場合を含む。 )に定める私的使用の的をもって自ら著作物もしくは実演等の複製を行った者、第 条第3項の規定によりもしくは著作隣接権(同条第4項の規定により著作隣接権とみなされる権利を含む。 第条の2第において同じ。 )を侵 する行為とみなされる行為を行った者、第条第5項の規定によりもしくは著作隣接権を侵する行為とみなされる行為を行った者または次項第 もしくは第に掲げる者を除く。 ) は、 十年以下の懲役もしくは千万円以下の罰に処し、又はこれを併科する。 」 から とが違法化。 から とが罰化。 から 全ての著作物が違法化・罰化。 (対外になる場合もあるので注意。 ) 詳しくは、のをご覧ください。 高田健志 蛟(か) に違法ダウンロードの罪を擦り付ける加藤純一 うんこちゃん 「だよ。 、いくらすげぇ仲の良いだけど、いやそれはだめだと思う。 で、もして欲しい。 もっきしてて、あのー、末何やるみたいな話してたら、、昔のが見つかってさ、とだったら0本あるよって言ってたから。 これあれだよ、これ、聞いたから確かに。 は許さないから。 許さない。 いや、じゃ、みんなくてがにするわ。 いやあれはだめだ。 0本やる、0本見つかったで」 巻き込まれたもこうによる違法ダウンロードへの批判 「お、なんか、ちょっと待って、いかがわしい記事があったぞ、 知恵袋に。 『を買いたいのですが、悪条件が重なり買うことができません。 親の監視下の為、出かけて買うことができません。 で買おうとしても、近くにはしかないです。 何か方法ないですか』 『これは答えになってないかもしれないので、軽い気持ちで読んでください。 もう既にかもしれませんが、 というのがありまして、それを利用するとなどをですることができます。 もしちゃんと買いたいという場合は、ここから先は読まなくていいです。 ただやりたいだけなら、合法なら親にこれを頼ろうと思うと』 めっちゃ丁寧に、の使い方教えとる。 やなこれ。 だほんとに。 さすがにるはこれ。 あのほんとにでした」 「でした。 、10年前になるんですが、 なんと、それでね、あのー、再生数稼いじゃったんすけど、 でしたほんと。 もうです。 正規じゃない方法でを入手して、それをを使ってする。 そういうことをにしていた人がではなく、として活動しているのは問題だ。 この点に関して、面いから許されるとは決して思えないですし、問題にすることは。 けれどそれでと誤認、誤解させることが許されるわけがないです。 的に問題だからといって、的に問題のある手法で糾弾することは、少なくともという場では許されていません。 また個人をこういった場で糾弾すること自体、個人的には抵抗ありますが、同時期に作られたに関して、自分は一切否定していません。 1702 ななしのよっしん.

次の

【加藤純一美術館】「飾る率70%以上の作品一覧」と「紹介されなかった作品(随時募集中)」:ポッキーのブロマガ

加藤純一 niconico

ゲーム実況界で尖った存在感を示し続ける、加藤純一(うんこちゃん)&もこう。 彼らが出演している、長時間生放送「クリアするまで帰らない生放送」シリーズが好評だ。 二人はこの過酷な企画をどう捉え、ゲーム実況者としてのお互いをどう評価しているのか。 2月22日、新作の発売が迫る『仁王』のプレイを控えた二人に、『仁王2』への期待から、二人が育ったniconicoというプラットフォームへの思いまで、じっくりと話を聞いた。 率直に、この企画をどう捉えていますか? 加藤純一(以下、加藤):二人とも全然人気がないときから知り合いなんですけど、幸いなことに、最近ちょっとずつ知ってもらえるようになって。 そのなかで、こういう過酷な企画があると、底辺だったときの自分を思い出させてくれるというか(笑)。 ーーお二人とも、尖った企画ですぐに人気者になったイメージもありますが。 加藤:いやいや、そんなことないですよ。 今でこそこんなに素敵な場を用意していただいて幸せに放送してますけど、昔はペラッペラの座布団の上でやらされてましたからね(笑)。 加藤:そういう頃のハングリー精神みたいなものが呼び起こされるので、ずっと続けていきたいなと思いますし、時折、原点に帰る企画という位置付けでやらせていただいてます。 あ、でも半年に一回くらいでいいですよ。 初心を忘れた頃にしてください。 ーーもこうさんはどうですか? もこう:僕は加藤さんとこういう場で長時間やらせていただく度に、活動のモチベーションが上がるんですよね。 僕、普通にやっているとどうしてもゲームの悪口とか、ふてくされたりとか、そういうところが出ちゃうんですよ。 加藤:「ゲームの悪口」って、すげえ堂々と言ったな(笑)。 もこう:その点、加藤さんは実況のテンションがずっと落ちないので、そういうところを見ていると「自分もどうにかクリアまでやってやる!」って、ポジティブな思考になっていくというか。 そうやって鍛えてもらっている感覚もありますし、『DARK SOULS』とか、今回の『仁王』もそうですけど、これまで自分がプレイしてこなかった名作シリーズに触れられるのもありがたいですね。 ーーただ、もこうさんの少し後ろ向きになってしまう部分も含めて、二人のバランスで放送が面白くなっていますよね。 加藤:そうなんですよ。 本当にゲームに熱中していたら、ただ「面白いですね」みたいな業務的な発言って出てこないじゃないですか。 もこうはそれが出るから、しっかりゲームに取り組んでいるんだな、と思いますね。 もしかしたら、冒頭の説明のところでは「素晴らしいゲームですね」みたいな発言が出るかもしれないですけど、だんだんとそういう風になっていくと思います。 ーー今日は『仁王』のプレイ前にお話を伺っていますが、本作についてはどんな印象を持っていますか? 加藤:コーエー(現コーエーテクモゲームス)のゲームって、本当に小さい頃からやっていて、『戦国無双』や『三國無双』シリーズでキャラクターに馴染みがあるので、とっつきやすいなと。 『仁王』は今日のためにとっておいたというか、プレイしたことがないんですけど、アクションがめちゃくちゃきれいだし、攻撃のバリエーションもすごい数あると。 苦労させられる、という声も聞いていますし、楽しみですね。 もこう:『仁王2』の紹介映像を見ていても、グラフィックが本当にきれいだし、敵を倒すときの気持ちよさとか手応えが間違いなく味わえるだろうなって。 加藤:ひとつ思うんですけど、ゲームってプレイヤーがストレスなくクリアできる方が、一般的にはいいじゃないですか。 どういう気持ちで難しいゲームを作るんですかね(笑)。 理不尽すぎでクリアできなかったらダメだし、多分『仁王』もそうですけど、これまで「クリアするまで帰らない生放送」でプレイしてきたゲームはバランスが絶妙すぎて。 加藤:僕はそういうゲームがめちゃくちゃ好きになりましたね。 加藤:もこうは本当にめちゃくちゃするんで、心強いですね。 「見せ場を作らなきゃ」って、意図的に変なプレイをしたり、あえて死んでみたりするのってサムいじゃないですか。 われわれ、本当にゲームが下手くそなので、わざとだって疑われたりしますけどーー。 もこう:毎回言われるんですけど、本気でプレイした結果ですからね。 加藤:こいつ、クリアできなさすぎて、トイレに行くふりして攻略サイト見てましたからね。 もこう:今日は自力でやります(笑)。 ーー上手に進まないからこそ、クリアするときに大きな感動がありますね。 サクサクプレイもいいですが、視聴者としては、やっぱり苦労する姿も見せてもらいたいというか。 加藤:そうなんですよね。 ただ、本音を言うと僕らだって、スーパープレイを見せたいですよ。 加藤:あはははは、一勝もしてないくせに(笑)。 もこう:まあそうなんですけど(笑)。 ゲーム実況動画に求められるものって、変わってきていると思うんですよ。 昔はトークの面白さとかキャラクターで伸びていたのが、いまはプレイングスキルが求められるというか。 そんななかで、今のスタイルでやらせていただいているのはありがたいんですけど、やっぱりプレイでも魅せたいですよ。 この2~3年でそういう思いが強くなっていて、ただそれと反比例するようにゲームの腕前が落ちていくという……。 ーーゲーム実況以外の活動も増えていますからね(笑)。 加藤:辛いペヤング食ったりさ、限界を感じてるだろ(笑)。 もこう:それもありますけど、いいプレイをしたい、という気持ちは失ってないですよ! ーーただ、攻略サイトがわりにプレイ動画を見るユーザーも増えているなかで、「上手じゃない」プレイでこれだけ多くの人を集めるのは、本当にすごいと思います。 加藤:考え方の違いかなと。 僕、生放送にけっこう人がいっぱい来てくれる方だと思うんですけど、マイナスが大きければ大きいほど、プラスも大きくなるじゃないですか。 「上手いプレイを見せよう」という人は多いし、僕もできればそうしたいですけど、「こいつどうなってんだよ」っていう下手くそなところから、「よくやった!」というところに持っていくほうが好きなので。 だから、悪いところも全部見てほしいんですよね。 もこうもそうじゃん、だからうまくいったときにみんなで喜べるというか。 もこう:ダメなところを見てるとイラッとする瞬間もあるし、だからこそいいシーンでカタルシスがちゃんと感じられる。 加藤さんの配信を見ていると、言っていることがよくわかりますね。

次の

ゲーム実況者・加藤純一「発展途上の実況者が新作バンバンやるのってすげーマイナス」。キャリア10年超えの古参たちが語るY

加藤純一 niconico

ゲーム実況界で尖った存在感を示し続ける、加藤純一(うんこちゃん)&もこう。 彼らが出演している、長時間生放送「クリアするまで帰らない生放送」シリーズが好評だ。 二人はこの過酷な企画をどう捉え、ゲーム実況者としてのお互いをどう評価しているのか。 2月22日、新作の発売が迫る『仁王』のプレイを控えた二人に、『仁王2』への期待から、二人が育ったniconicoというプラットフォームへの思いまで、じっくりと話を聞いた。 率直に、この企画をどう捉えていますか? 加藤純一(以下、加藤):二人とも全然人気がないときから知り合いなんですけど、幸いなことに、最近ちょっとずつ知ってもらえるようになって。 そのなかで、こういう過酷な企画があると、底辺だったときの自分を思い出させてくれるというか(笑)。 ーーお二人とも、尖った企画ですぐに人気者になったイメージもありますが。 加藤:いやいや、そんなことないですよ。 今でこそこんなに素敵な場を用意していただいて幸せに放送してますけど、昔はペラッペラの座布団の上でやらされてましたからね(笑)。 加藤:そういう頃のハングリー精神みたいなものが呼び起こされるので、ずっと続けていきたいなと思いますし、時折、原点に帰る企画という位置付けでやらせていただいてます。 あ、でも半年に一回くらいでいいですよ。 初心を忘れた頃にしてください。 ーーもこうさんはどうですか? もこう:僕は加藤さんとこういう場で長時間やらせていただく度に、活動のモチベーションが上がるんですよね。 僕、普通にやっているとどうしてもゲームの悪口とか、ふてくされたりとか、そういうところが出ちゃうんですよ。 加藤:「ゲームの悪口」って、すげえ堂々と言ったな(笑)。 もこう:その点、加藤さんは実況のテンションがずっと落ちないので、そういうところを見ていると「自分もどうにかクリアまでやってやる!」って、ポジティブな思考になっていくというか。 そうやって鍛えてもらっている感覚もありますし、『DARK SOULS』とか、今回の『仁王』もそうですけど、これまで自分がプレイしてこなかった名作シリーズに触れられるのもありがたいですね。 ーーただ、もこうさんの少し後ろ向きになってしまう部分も含めて、二人のバランスで放送が面白くなっていますよね。 加藤:そうなんですよ。 本当にゲームに熱中していたら、ただ「面白いですね」みたいな業務的な発言って出てこないじゃないですか。 もこうはそれが出るから、しっかりゲームに取り組んでいるんだな、と思いますね。 もしかしたら、冒頭の説明のところでは「素晴らしいゲームですね」みたいな発言が出るかもしれないですけど、だんだんとそういう風になっていくと思います。 ーー今日は『仁王』のプレイ前にお話を伺っていますが、本作についてはどんな印象を持っていますか? 加藤:コーエー(現コーエーテクモゲームス)のゲームって、本当に小さい頃からやっていて、『戦国無双』や『三國無双』シリーズでキャラクターに馴染みがあるので、とっつきやすいなと。 『仁王』は今日のためにとっておいたというか、プレイしたことがないんですけど、アクションがめちゃくちゃきれいだし、攻撃のバリエーションもすごい数あると。 苦労させられる、という声も聞いていますし、楽しみですね。 もこう:『仁王2』の紹介映像を見ていても、グラフィックが本当にきれいだし、敵を倒すときの気持ちよさとか手応えが間違いなく味わえるだろうなって。 加藤:ひとつ思うんですけど、ゲームってプレイヤーがストレスなくクリアできる方が、一般的にはいいじゃないですか。 どういう気持ちで難しいゲームを作るんですかね(笑)。 理不尽すぎでクリアできなかったらダメだし、多分『仁王』もそうですけど、これまで「クリアするまで帰らない生放送」でプレイしてきたゲームはバランスが絶妙すぎて。 加藤:僕はそういうゲームがめちゃくちゃ好きになりましたね。 加藤:もこうは本当にめちゃくちゃするんで、心強いですね。 「見せ場を作らなきゃ」って、意図的に変なプレイをしたり、あえて死んでみたりするのってサムいじゃないですか。 われわれ、本当にゲームが下手くそなので、わざとだって疑われたりしますけどーー。 もこう:毎回言われるんですけど、本気でプレイした結果ですからね。 加藤:こいつ、クリアできなさすぎて、トイレに行くふりして攻略サイト見てましたからね。 もこう:今日は自力でやります(笑)。 ーー上手に進まないからこそ、クリアするときに大きな感動がありますね。 サクサクプレイもいいですが、視聴者としては、やっぱり苦労する姿も見せてもらいたいというか。 加藤:そうなんですよね。 ただ、本音を言うと僕らだって、スーパープレイを見せたいですよ。 加藤:あはははは、一勝もしてないくせに(笑)。 もこう:まあそうなんですけど(笑)。 ゲーム実況動画に求められるものって、変わってきていると思うんですよ。 昔はトークの面白さとかキャラクターで伸びていたのが、いまはプレイングスキルが求められるというか。 そんななかで、今のスタイルでやらせていただいているのはありがたいんですけど、やっぱりプレイでも魅せたいですよ。 この2~3年でそういう思いが強くなっていて、ただそれと反比例するようにゲームの腕前が落ちていくという……。 ーーゲーム実況以外の活動も増えていますからね(笑)。 加藤:辛いペヤング食ったりさ、限界を感じてるだろ(笑)。 もこう:それもありますけど、いいプレイをしたい、という気持ちは失ってないですよ! ーーただ、攻略サイトがわりにプレイ動画を見るユーザーも増えているなかで、「上手じゃない」プレイでこれだけ多くの人を集めるのは、本当にすごいと思います。 加藤:考え方の違いかなと。 僕、生放送にけっこう人がいっぱい来てくれる方だと思うんですけど、マイナスが大きければ大きいほど、プラスも大きくなるじゃないですか。 「上手いプレイを見せよう」という人は多いし、僕もできればそうしたいですけど、「こいつどうなってんだよ」っていう下手くそなところから、「よくやった!」というところに持っていくほうが好きなので。 だから、悪いところも全部見てほしいんですよね。 もこうもそうじゃん、だからうまくいったときにみんなで喜べるというか。 もこう:ダメなところを見てるとイラッとする瞬間もあるし、だからこそいいシーンでカタルシスがちゃんと感じられる。 加藤さんの配信を見ていると、言っていることがよくわかりますね。

次の