鼻水 を 止める に は。 鼻水を止める方法魔法のように

鼻水をすぐ即効で止める簡単な方法!効果的な食べ物ツボなど

鼻水 を 止める に は

【鼻水が出る原因】 鼻水が出る原因は、風邪・ウイルス・花粉・ハウスダスト・環境の変化などによって起こります。 風邪の場合はウイルスによって鼻の粘膜が刺激されて鼻水が出て、花粉やハウスダストに関しては、ダニ・カビなどに対して体がアレルギー反応を起こすことで鼻水が出てきます。 他にも、血管運動性鼻炎や寒暖差アレルギーなど気温差で鼻水が出る場合もあります。 鼻水の種類 という事で、鼻水が出る原因については、皆さんもある程度ご存知だったと思います。 次に 鼻水の種類についてです。 鼻水にもいろんな種類があり、垂れ流れてくる鼻水によって原因を特定しやすくなりますし、それに対する改善・対策も実施できますので、 「自分はどんなタイプの鼻水か?」を知る事から始めましょう。 サラサラで垂れ流れる鼻水 日常的に鼻水が出るという方の多くは、この サラサラタイプの鼻水だと思います。 ドロドロした鼻水よりサラサラして垂れ流れる鼻水の方が結構しんどいです。 この鼻水は、 特に色もなく透明です。 風邪を引いたときの諸症状や、アレルギー性鼻炎の人に多く見られます。 粘り気のある鼻水 白っぽくて粘り気のある鼻水は、白血球がウイルスに反応している状態です。 鼻の粘膜に付着したウイルスを死滅させる為に、白い鼻水が出てきてしまいます。 また、 この白い鼻水が続くようだと、蓄膿症の可能性もあるので、直ぐに治らなければすぐに病院に行ったほうが良いかも。 ドロドロした黄色っぽい鼻水 黄色っぽい鼻水は、誰でも一度は経験しているのではないでしょうか? 黄色っぽいドロドロした鼻水は、 死んだ白血球や免疫細胞が鼻水に含まれている状態です。 ほとんどはすぐ改善します。 が、場合によっては副鼻腔に炎症が起こっている可能性もあるので、こちらも長く続くようでしたら 病院で治療が必要な場合もあります。 鼻水を止める方法 鼻水の種類や簡単な原因なども、少しずつ理解できていると思いますが、もし鼻水が出てしまった場合、どんな方法で鼻水を止めれば良いのか? ここ項目では、誰でも実践できる 「鼻水を止める方法」をまとめています。 試した事があるという方も多いと思いますが、意外と効果的です! 【2】の鼻うがいに関しては、片方の鼻を押さえて、もう片方の鼻から塩を混ぜた水を流し込み、口から吐き出します。 これを両方繰り返すと思った以上に鼻がスッキリします! 【3】の鼻を温める場合、蒸しタオルなどを鼻にあてるだけでOKです。 鼻水の通りがよくなって鼻詰まりの解消にもなります。 ただ、昔ながらの風習?言い伝え?のような方法で鼻水を止めるという情報もありましたので、そちらも参考までに紹介しておきましょう! 恐らく医師は推奨していないので、自然と言い伝えられていったオリジナル改善方法だと思いますが、結果的に鼻水が止まればOKですね。 試す価値あり?鼻水を止めるツボ 3つ目は、 鼻水を止めるツボに関してです。 これもネット上でいろいろと情報が出回っていましたが、鼻水を止めるにはツボを刺激する事で効果を実感できる人もいるみたいです。 鼻の付け根にある 睛明 せいめい 、小鼻の左右にある 迎香 げいこう は、鼻水を止めるのに効果的なツボと言われています。 アレルギー性鼻炎や花粉症、ハウスダストなどの辛い鼻水を止めるには、鼻炎薬を飲むのが一番手っ取り早いですが、 薬に抵抗がある方や、薬によって眠くなると仕事に支障をきたすという方は、ツボ押しにチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。 鼻水を緩和する食べ物がある? 鼻水に効果的な食べ物は、 ネギ・生姜・レバー・うなぎなどがあります。 もちろん、これらを食べたからと言ってすぐに鼻水が止まるというわけではありません。 鼻水を止める方法として、少なからず効果が期待できる手段なので、自宅にネギ・生姜などがあれば、試してみると良いでしょう! ネギなどの食事を摂る事で、 体を温める作用や発刊作用を促進し、鼻水も早い段階で止める事ができるかもしれません! ・鼻水が出る原因について ・鼻水の種類や症状 ・自力で鼻水を止める方法 ここでは、これらについてまとめていますので、すべて読んでいただければ、ある程度は自分なりの改善策が見つかっていると思います。 風邪による鼻水は辛いですが、基本的には一時的な症状なので風邪が治れば鼻水も止まります。 正直、 アレルギー性鼻炎やハウスダストのように、いつ発症してもおかしくない症状の方が辛いと思います。 ぜひ、当ページの情報を参考にして実践してみてくださいね。 鼻水を止める方法まとめ さて、 鼻水を止める方法に関しては、いかがでしたか? 知っている方法もあったり、知らない方法もあったりといろんな意見があると思いますが、なんだかんだで鼻水が止まれば結果オーライです! 辛い鼻水の症状に悩んでいるだけでは何も解決しませんので、 自分でできる事はすぐに実践してみる!それでも改善しなければ薬に頼る!風邪やアレルギーではなく蓄膿症の疑いがあれば、直ぐに病院に行く!というように、鼻水のようにダラダラ悩まずに、パパっと行動に移して 対策・改善していきましょう! 辛いのは皆さん自身なので、これを機に、体の悩みを1つ改善できると良いですね。

次の

鼻水を早く止める方法は? 医師が教える“じゅるじゅる地獄”から抜けだすための対処法(1/2)

鼻水 を 止める に は

鼻水をすぐ即効で止める簡単な方法!効果的な食べ物ツボなど 鼻水ってどうして出てくるのか? そもそも鼻水ってなんなの? という人にちょっと雑学知識。 鼻水は鼻腔内の鼻腺、杯細胞などから 分泌された粘液で 鼻から吸った空気に湿り気を与えたり 気道の粘膜を病原菌などから 保護する役割があります。 通常の状態だと無意識ながらに 飲み込んでいるものの、 風邪や花粉症の場合は 風邪の菌や花粉などを体外に出して 殺菌するために 体が大量の鼻水を出そうとするんですね。 ようは体の自衛本能というわけです。 しかし体の状態を 正常に保つための症状だとしても ずっと鼻水が出ているのも困り者です。 では鼻水を止める方法について 見ていきましょうか。 鼻水をすぐに即効で止める簡単な方法「1・口内の上部を舌で押さえる」 まず口の口内の上の部分を舌で抑えつけて そのあと舌を離し、眉間の部分を ギュッと20秒位押さえつけます。 これを何回か繰り返していくと 鼻水が止まっていきます。 舌が平らになるようにして 押さえつけるのがポイント。 とにかく人前で鼻水どうにかした場合には なかなかおすすめな方法です。 目が疲れたふりをして 眉間を押さえながら実行すれば 特に変に思われる事もないでしょうし 仕事中も実践可能です。 鼻水をすぐに即効で止める簡単な方法「2・口に水を含む」 次は口に水を含む方法。 やり方ですが 「口に少しの水を含んで5分ほど待つ」 たったこれだけ。 そのあとそのまま飲み込むか 吐き出すかはご自由にどうぞ。 口に含む水の量はせいぜい お茶をひとすすりする程度で大丈夫です。 冷たい水よりは常温 もしくはぬるま湯程度の方が効果あるので 鼻水気になる人はぜひ試してみましょう。 ただ、この方法の場合 「後鼻漏(こうびろう)」という 鼻水が鼻ではなく喉に流れることで 気管支炎、食道炎などになる可能性も ちょっとあるといいます。 体質的に鼻が昔から弱いといった方は ちょっと方法的に 向かないかもしれないですね。 鼻水をすぐに即効で止める簡単な方法「3・頭をふりふり動かす」 まず息を深く吸い吐く息がなくなるまで ゆっくりと息を吐いていきます。 そして鼻をつまんだら 頭を上下にゆっくりと動かしていきます。 上を見て、下を見るまでの ローテーションが2秒位。 苦しくなってきたら、息を吸いましょう。 どうして鼻水が止まるのか割と謎ですが 効果はしっかりありますよ。 ただ人前でやると大分愉快な人に見えるので やる場所には注意ですね。 鼻水をすぐに即効で止める簡単な方法「4・うなじの部分をドライヤーで暖める」 首の部分を冷やすと 基本鼻の症状が悪化します。 これは喉が冷えると喉に 痛みが出てくるのと同じかなと。 対処としてはとにかく首を暖める事が大切なので ネックウォーマーにマフラー ホッカイロなどを使い 首の部分を 冷やさないようにするのは大切です。 そして即効で暖めてくれるのが 「ドライヤー」 直接うなじ部分に温風を当てて 暖めていきましょう。 うなじの付近には体を暖めるツボもあるので そこを暖めることで刺激されて 鼻水を止めると同時に体も暖かくなります。 ドライヤーの熱で 火傷しないよう注意して行いましょう。 鼻水をすぐに即効で止める簡単な方法「5・ペットボトルを脇に挟む」 脇の部分には自律神経が通っており そこを圧迫していくと 鼻粘膜充血が解消されて鼻水が止まります。 ペットボトルで神経を圧迫して 鼻の中の血管を収縮することで 鼻の通りがよくなるわけです。 「Sponsored link」 鼻水をすぐに即効で止める簡単な方法「6・蒸しタオルを鼻に当てる」 水に濡らして絞ったタオルを レンジで暖めて蒸しタオルを作ります。 そして手で触れるくらいの温度になったら そのタオルを鼻の上にのせます。 こうすることで鼻の粘膜の温度が高くなり 血液の流れが良くなっていきます。 お風呂の後って鼻水の症状 良くなっていること多くないですか? あの状況とほぼ同じ効果を得られますので 家などで鼻水の症状辛い時は 試してみるといいでしょう。 鼻水をすぐに即効で止める簡単な方法「7・鼻のツボを押す」 「迎香(げいこう)」 鼻のトラブル全般に効果のあるツボです。 「鼻通(びつう)」 鼻の通りを良くするツボ 「睛明(せいめい)」 鼻や目の疲労にも効果のあるツボになります。 鼻水をすぐに即効で止める簡単な方法「8・鼻水に効果的な食べ物」 「ヨーグルト」 主に花粉症での効果ですが 1年間ヨーグルトを 食べ続けた人で実験したところ 約3割の人たちが鼻水の症状が 改善されたとなっています。 「はちみつ」 はちみつの中に粘膜を 正常にするビタミンB2が含まれており お湯に溶かして飲むことで 鼻の症状が楽になります。 他にも肌の保湿に肌荒れの対策 酸化の防止にエイジングケアと 美容と健康に良い効果を与えてくれます。 「生姜(しょうが)」 すりおろした生姜とはちみつ あとレモン汁などを加えて飲むことで 体を温めつつデトックス効果が期待できます。 紅茶に加えるのもいいと思います。 生姜の辛味成分の「ショウガオール」が 鼻水、鼻づまりの症状に 効果的に働くからなんですね。 「ムチンを含む食べ物」 ムチンは胃、気管、鼻にのどなど あらゆる気管の粘膜修復に効果的な栄養素です。 粘膜がムチンによって強化される事で 花粉の影響を受けにくい状態にするので 結果鼻水の対策になります。 ムチンを含む食べ物としては ・れんこん ・納豆 ・山芋 ・里芋 ・オクラ ・モロヘイヤ ・なめこ などこのあたりでしょうか。 ムチンは加熱すると壊れやすくなるので 加熱処理はしすぎないようにしましょう。 今回のまとめ はい、今回は鼻水をすぐ 即効で止める簡単な方法に効果的な食べ物 ツボなどについてまとめていきました。 今回紹介した方法はあくまでも 一時的に鼻水を止める方法なわけですが せめて人前にいる時位は 鼻水の症状どうにかしたいですよね。 とにかく一時的にでも鼻水の症状を止めて 自宅に帰ったら薬など飲んで 栄養のある食事、今回紹介した ムチンを含む食べ物など食べて 安静にして休み治していくことが大切です。 鼻水どうにかしたい時の参考にしてみてください ではでは、今回の鼻水を すぐ即効で止める方法については以上です。 また次回にお会いしましょう。 「Sponsored link」.

次の

鼻水を止める方法!簡単に出来て、即止まる3つの即効対策!

鼻水 を 止める に は

医師に相談する 医師に相談すれば、抗ヒスタミン剤、鼻炎スプレー式のコルチコステロイド、鼻炎薬、ロイコトリエン阻害薬などの抗アレルギー薬を処方してくれるか、アレルギー注射を打ってくれるでしょう。 アレルギー注射は、花粉などのアレルギー誘発物質(アレルゲン)をどうしても避けられない場合に適用されます。 処方箋にしても注射にしても目的は特定のアレルゲンを体に慣らすことです。 X 出典文献• 処方される抗ヒスタミン薬は非常に強力なため、不安症、下痢、血圧の上昇、不眠症などの副作用を伴うことがあるので注意しましょう。 X Mayo Clinic• 鼻炎スプレー式のコルチコステロイドを毎日使うことでアレルギーによって起こる様々な鼻の症状が軽減する、という研究結果があります。 鼻炎スプレー式のフルナーゼやナサコートなどは処方箋なしでも購入できます。 ただし、スプレー式の鼻炎薬の使い過ぎを避けましょう。 使用をやめようとすると鼻粘膜が再び充血し、鼻炎薬を使わずにいられなくなる可能性があります。 X 出典文献• 呼吸するのが苦しい、咳が止まらないなどアレルギー症状が酷い場合、また治療しても症状が改善されない場合には医師に相談しましょう。 ハーブ療法を試す 抗ヒスタミン剤として作用する在宅ハーブ療法があります。 からし油(マスタードオイル)。 マスタードオイルは抗ヒスタミンの特性があります。 鍋に水とマスタードを少量入れ火にかけます。 濃度が薄くなったらスポイトに入れて鼻孔に注ぎ、深く呼吸しましょう。 マスタードは強い香りがあるので、その衝撃が和らぐのに注いだ後数秒程かかることがあります。 ターメリック。 ターメリックはインドで料理、医療の両分野で優れた素材として高く評価され広く使われています。 亜麻仁油に少量のターメリックパウダーを浸します。 亜麻仁油は健康食品店で市販されています。 ターメリックと亜麻仁油の混合液体を加熱してくすぶり始めたら、火を止めゆっくりと煙を吸いましょう。 部屋を加湿する 加湿器を1〜2台買いましょう。 加湿器には色々な種類が揃っています。 X Mayo Clinic私たちの体は鼻の内部を湿った状態に保つように働いています。 ただ、直感に反するかもしれないですがアレルギーはその働きを「阻害する」傾向があります。 花粉などのアレルゲンが体に入り込むと体内でヒスタミンと呼ばれる化学物質が生成され、粘膜が膨張して乾燥します。 更に最初にアレルギー反応を引き起こしたアレルゲン(花粉)がその乾燥した粘膜に入り込むと、体は花粉を取り除き、平衡を取り戻そうとして鼻水を出します。 加湿器で部屋に湿気を分散させ鼻の内部を湿らせておきましょう。 部屋の湿度は30〜50パーセントが理想的です。 それ以下だと鼻が乾燥しすぎてしまいます。 それ以上だと息苦しくなり、カビやバクテリアが発生するかもしれません。 X Mayo Clinic• ほとんどの加湿器は家全体の湿度を一定に保つほど強力ではないため、頻繁に使う部屋に置くのが最も効果的です。 快適な湿度に保たれた部屋を出ると鼻の粘膜は乾燥し始めます。 アレルゲンを避ける 花粉、ペットの鱗屑、髪の毛、ほこり、タバコの煙などの環境刺激物やアレルゲンは全てが鼻の内部を乾燥させて鼻水を起こす原因となります。 空気清浄機を使えばある程度刺激物を除去できますが、自身を完全密封しない限りすべてのアレルゲンを避けることは事実上不可能です。 米国で日常的に見られるアレルゲンにブタクサ花粉があります。 この花粉は17種類と多様にあり避けるのがほとんど不可能です。 集中して花粉が飛んでいる場所を調べて避けるくらいしか解決策がありません。 X 出典文献• 早朝など花粉が多く飛ぶ時間帯の外出を避け窓も締めましょう。 敷物類や毛布などをあまり使わないようにし、ぬいぐるみなども強力置かないようにして家ダニを減らしましょう。 マットや枕にダニ避けのカバーをかけましょう。

次の