アルス・アルマル 前世。 アルスアルマル中の人特定で顔バレ!あおいろ事件炎上も調査!|ぶひチューバ―TV

VTuber魂・中の人・前世紹介

アルス・アルマル 前世

プロフィール 年齢 20歳 身長 約180cm 誕生日 8月1日 特技 土下座 ファンの名称 英友 イラストレーター 公式紹介文 突如バーチャル世界に降臨した、異世界の英雄。 元の世界に戻る方法を探しているが、ゲームにハマってしまって滞り気味。 概要 令和初となる所属のバーチャルライバーの一人(同期は)。 これまで、ファンタジー系で異世界出身のにじさんじメンバーは魔族や神などの人外であったが、人間の英雄( 勇者ではない)は初。 愛称は「 エビオ」。 一応、イケメンなのだが声質は少年役をよく演じる男性声優のようなやや幼い印象で、高めで明るい声。 この声に後述のクソガキムーブが入ることでショタキャラにも聞こえる不思議な魅力がある。 実際には彼のショタ要素を見出している。 魔法は使えないが、英雄としての実力に自身があるのか背中にある剣を使わずに拳で戦うらしい。 清楚イケメン枠を狙ってるだけあって顔に見合った優しい声と柔らかい口調なのだが…性格はあのから同族認定を食らうほどのクズ ポンコツ。 ヘタレな側面も併せてピンチになると即座に謝罪したり、リスナーを盾にしたりと畜生な一面が…。 本人曰く「英雄はだいたいこんなもの」らしい。 とはいえ、根は誠実なので反省点があればちゃんと受け止めた上で改善に務める努力家でもある。 配信スタンスとしては主にゲーム配信かマシュマロを用いるなどした雑談。 配信開始当初にプレイしていたのは「パズル&ドラゴン」ぐらいで、他はそれほどやりこんでいないか初見だった。 一応、あるゲームを除いてはやりこんでいないと嘯いていたが、実際には飲み込みの速さと柔軟な発想力で配信中に成長する傾向がある。 加えて、ホラーゲームに対する耐性が強いので不意打ちによる脅かしでなければ動じずにゲームを進行する。 ……しかし、初期に行ったに関しては絶望的なまでに下手くそだったことでリスナーを驚嘆させた。 実力はライバー活動開始当初はかそれ以下ぐらいだったが、流石に今はよりは上だとイキっている。 というか実際に「第2回にじさんじマリカ杯」では見事に準決勝まで勝ち進めるくらいには上達していた。 絵とモノマネのセンスが絶望的で、絵はなんとか特徴が掴んでいることがわかるのだが、目が死んでいる子供の絵のような絵を書くので、お題によっては誰なのかわからない時がある。 モノマネも恐ろしいくらいに似ていない物がほとんどを締めており、数少ない似ているものまねと言われている「」ですら、回を重ねるごとにクオリティが下がってきているほど。 勘が鋭く、洞察力があるため、ライバーによるドッキリもちゃんと周囲になにか問題がないかなどを確認して、自力で真実にたどり着けるくらいは頭の回転が速い。 とは大違いである。 ゲームでの英雄 念願の「パズル&ドラゴン」初配信では当時の「モンスターハンターコラボ」で「アカムトルム」と「黒龍ミラボレアス」を引く為のガシャを回すなどの内容となった。 が、ハズレレアである「ヤマツカミ」を気に入ったリスナーのせいでヤマツカミを使ってリスナーと数回マルチプレイをして、それで満足してもらい心置きなくミラボレアスと交換するという流れになった。 途中でがコメント欄に現れ、早速パズドラを布教。 本人は冗談のつもりだったがアッキーナは本当にインストールしてリセマラを開始。 この時、エクスは「ヤマツカミ」を勧めるクズっぷりを見せ、リスナーが急いで騙されていることを教えた…が、時すでに遅くアッキーナは「ヤマツカミ」を引いてしまった。 この結果に喜ぶエクズだが、アッキーナは無慈悲にリセマラ続行。 その後、3回ヤマツカミを引いたことを聴いては元気を取り戻すクズっぷりを見せていた。 後に様々なガチャ配信をしたがついにチャンピオンコラボガシャで爆死。 そのダメージはが行っていたあの「乳首でタップしてガシャを引く」邪教を実行するレベルであった。 後遺症も酷く、本人曰く「全部ヤマツカミ」と言わしめるラインナップであったデュエルマーズコラボガチャを何故か行う奇行が見られた。 初のではゲームの下手さ、ポンコツぶりを遺憾なく発揮し、すぐ遭難したり動物に殺されたりした。 が、次に参加した際には裏での練習(一回)によってかなり上達しており、3戦した中一度だけ信用しきってしまった相手の裏切りで死亡したがそれ以外では勝利をおさめた。 ではのくそざこマイクラを上回るくそざこっぷりを披露。 何回も死んだりする姿は新手のチャット荒らしと言われていた。 後輩にあたるをマイクラの初回配信で助けてもらったことから「師匠」と呼んでおり、その後の配信では共にの隠れ家を捜索したり、襲撃イベントをこなしたりと関わることが多い。 他にもに家を地下に隠されたり、から盗人呼ばわりされたりなどエクスのマイクラは見所が多く切り抜き動画が長時間になることも多い。 なお、初期には直下掘りしてはマグマにダイブする場面が見られたが、これはフォートナイトではよくある地面を掘っては直前に安全地帯を作る動作をマイクラで実行しようとしたためであることが後のフォートナイト配信で判明した。 どうやら得意分野はFPSのようで、PUBGとフォートナイトでは初心者と言いながら明らかに初心者とは思えない…むしろ、ブランクのある経験者としか考えられない動きをしていた。 また、配信中にゲームの腕が上達する場面もあるので、そこも見どころとなっている。 なぜかホラーゲーム配信で選ぶゲームの大半がバカゲーも兼ねており、正統派ホラーと呼べる作品は結構少ない。 その内、「もしも死ねぇ?」はリスナーによるワザップジョルノコピペによる波状攻撃のせいで腹筋が破壊され、危うく放送中止になりかけた。 主に関わりのあるライバー 三枝明那 先輩ライバーの中では唯一、最初から緊張せずにトークできたショタコン腐男子。 それもそのはず、三枝に関しては加入当初こそ敬っていたが、Discordでその旨を伝えたところ、「え?何の話?聞いてなかったわ。 お婆ちゃんの痛風の話だっけ?」とスルーされたことから、敬うことをやめたという経緯がある。 それでも仲が良いようで、お互いの配信でコメントやスパチャを投げたり、特に三枝が彼の配信コメントに出没する機会もたまに見られる。 だが、三枝はエクスに生意気なショタを見出しているようで、ある配信で「ショタ化ビーム」浴びせたい相手に選んだせいで時折、エクスのファンアートにショタ化したエクスが増えている。 事実、女性ライバーとの絡みでもたまに切り抜きに「おねショタ」タグをつけられることも…。 レヴィ・エリファ ファンタジー仲間でもある同期。 だが、普段のエクスを知るがゆえに彼が普通にレヴィの歌動画をツイッターで絶賛するとともに宣伝したときには驚いていた。 これまで、いろいろな要素が重なり、お互いの記念配信でのゲスト出演こそ果たしていたが2019年9月9日まで一度も同期だけのコラボを行っていなかった。 そして、初のコラボとなった「PORTAL2」ではエクスの柔軟な発想とレヴィの観察眼が見事に噛み合い、リスナーの予想に反して(?)サクサクとゲームを進めていった。 アルス・アルマル 後輩の一人。 Minecraftでは戦闘しかできないエクスを色々な意味でサポートするなど、彼の撮れ高に貢献してくれている。 誠意とクズの反復横跳びとも称される師弟関係は必見。 黛灰 後輩の一人。 Minecraftで受けた屈辱から逆恨みで彼を倒すべき目標と定めて以降、悪戯を目論んでは返り討ちにあっている。 通称・魔王黛。 一方でにおいてトレイターとして彼と組んだ折にはその卓越したゲームセンスにいたく感動し、オフで特訓してもらうなど実際の関係は良好な模様。 椎名唯華 にじさんじ公式ライバー…そして、バーチャルYouTuber界隈におけるクズキャラの先輩。 デビュー当初から仲間になりたそうにこちらを見ていたが、『エクズ・アルビオ』呼ばわりを回避するために断っていた。 …だが、彼女から同類(ゴミクズ族)認定されてしまった。 彼の放送を見ていれば分かる通り、そのとおりなのだが。 後ににじレジオに呼ばれ、Twitterのアンケートでどちらがクズか投票が行われた。 結果は椎名唯華の圧勝であった。 轟京子 実は三枝明那と共に初期からノータイムでプロレスを仕掛けることがある先輩。 本当に裏でよく話す先輩の一人で、配信上での初タイマンコラボでも仲良く喧嘩する様子が見ることができる。 一緒に深夜までゲームに熱中した結果その後のコラボを寝過ごし、にじさんじゴーミーズなるコンビを結成するに至った。 フレン・E・ルスタリオ 同じく異世界出身の剣士という共通点を持つ後輩。 両者とつながりのある某からはリアクションや言動が似ているとひっそり同類扱いされている。 関連イラスト.

次の

アルス・アルマル【中の人・前世紹介】

アルス・アルマル 前世

プロフィール 年齢 20歳 身長 約180cm 誕生日 8月1日 特技 土下座 ファンの名称 英友 イラストレーター 公式紹介文 突如バーチャル世界に降臨した、異世界の英雄。 元の世界に戻る方法を探しているが、ゲームにハマってしまって滞り気味。 概要 令和初となる所属のバーチャルライバーの一人(同期は)。 これまで、ファンタジー系で異世界出身のにじさんじメンバーは魔族や神などの人外であったが、人間の英雄( 勇者ではない)は初。 愛称は「 エビオ」。 一応、イケメンなのだが声質は少年役をよく演じる男性声優のようなやや幼い印象で、高めで明るい声。 この声に後述のクソガキムーブが入ることでショタキャラにも聞こえる不思議な魅力がある。 実際には彼のショタ要素を見出している。 魔法は使えないが、英雄としての実力に自身があるのか背中にある剣を使わずに拳で戦うらしい。 清楚イケメン枠を狙ってるだけあって顔に見合った優しい声と柔らかい口調なのだが…性格はあのから同族認定を食らうほどのクズ ポンコツ。 ヘタレな側面も併せてピンチになると即座に謝罪したり、リスナーを盾にしたりと畜生な一面が…。 本人曰く「英雄はだいたいこんなもの」らしい。 とはいえ、根は誠実なので反省点があればちゃんと受け止めた上で改善に務める努力家でもある。 配信スタンスとしては主にゲーム配信かマシュマロを用いるなどした雑談。 配信開始当初にプレイしていたのは「パズル&ドラゴン」ぐらいで、他はそれほどやりこんでいないか初見だった。 一応、あるゲームを除いてはやりこんでいないと嘯いていたが、実際には飲み込みの速さと柔軟な発想力で配信中に成長する傾向がある。 加えて、ホラーゲームに対する耐性が強いので不意打ちによる脅かしでなければ動じずにゲームを進行する。 ……しかし、初期に行ったに関しては絶望的なまでに下手くそだったことでリスナーを驚嘆させた。 実力はライバー活動開始当初はかそれ以下ぐらいだったが、流石に今はよりは上だとイキっている。 というか実際に「第2回にじさんじマリカ杯」では見事に準決勝まで勝ち進めるくらいには上達していた。 絵とモノマネのセンスが絶望的で、絵はなんとか特徴が掴んでいることがわかるのだが、目が死んでいる子供の絵のような絵を書くので、お題によっては誰なのかわからない時がある。 モノマネも恐ろしいくらいに似ていない物がほとんどを締めており、数少ない似ているものまねと言われている「」ですら、回を重ねるごとにクオリティが下がってきているほど。 勘が鋭く、洞察力があるため、ライバーによるドッキリもちゃんと周囲になにか問題がないかなどを確認して、自力で真実にたどり着けるくらいは頭の回転が速い。 とは大違いである。 ゲームでの英雄 念願の「パズル&ドラゴン」初配信では当時の「モンスターハンターコラボ」で「アカムトルム」と「黒龍ミラボレアス」を引く為のガシャを回すなどの内容となった。 が、ハズレレアである「ヤマツカミ」を気に入ったリスナーのせいでヤマツカミを使ってリスナーと数回マルチプレイをして、それで満足してもらい心置きなくミラボレアスと交換するという流れになった。 途中でがコメント欄に現れ、早速パズドラを布教。 本人は冗談のつもりだったがアッキーナは本当にインストールしてリセマラを開始。 この時、エクスは「ヤマツカミ」を勧めるクズっぷりを見せ、リスナーが急いで騙されていることを教えた…が、時すでに遅くアッキーナは「ヤマツカミ」を引いてしまった。 この結果に喜ぶエクズだが、アッキーナは無慈悲にリセマラ続行。 その後、3回ヤマツカミを引いたことを聴いては元気を取り戻すクズっぷりを見せていた。 後に様々なガチャ配信をしたがついにチャンピオンコラボガシャで爆死。 そのダメージはが行っていたあの「乳首でタップしてガシャを引く」邪教を実行するレベルであった。 後遺症も酷く、本人曰く「全部ヤマツカミ」と言わしめるラインナップであったデュエルマーズコラボガチャを何故か行う奇行が見られた。 初のではゲームの下手さ、ポンコツぶりを遺憾なく発揮し、すぐ遭難したり動物に殺されたりした。 が、次に参加した際には裏での練習(一回)によってかなり上達しており、3戦した中一度だけ信用しきってしまった相手の裏切りで死亡したがそれ以外では勝利をおさめた。 ではのくそざこマイクラを上回るくそざこっぷりを披露。 何回も死んだりする姿は新手のチャット荒らしと言われていた。 後輩にあたるをマイクラの初回配信で助けてもらったことから「師匠」と呼んでおり、その後の配信では共にの隠れ家を捜索したり、襲撃イベントをこなしたりと関わることが多い。 他にもに家を地下に隠されたり、から盗人呼ばわりされたりなどエクスのマイクラは見所が多く切り抜き動画が長時間になることも多い。 なお、初期には直下掘りしてはマグマにダイブする場面が見られたが、これはフォートナイトではよくある地面を掘っては直前に安全地帯を作る動作をマイクラで実行しようとしたためであることが後のフォートナイト配信で判明した。 どうやら得意分野はFPSのようで、PUBGとフォートナイトでは初心者と言いながら明らかに初心者とは思えない…むしろ、ブランクのある経験者としか考えられない動きをしていた。 また、配信中にゲームの腕が上達する場面もあるので、そこも見どころとなっている。 なぜかホラーゲーム配信で選ぶゲームの大半がバカゲーも兼ねており、正統派ホラーと呼べる作品は結構少ない。 その内、「もしも死ねぇ?」はリスナーによるワザップジョルノコピペによる波状攻撃のせいで腹筋が破壊され、危うく放送中止になりかけた。 主に関わりのあるライバー 三枝明那 先輩ライバーの中では唯一、最初から緊張せずにトークできたショタコン腐男子。 それもそのはず、三枝に関しては加入当初こそ敬っていたが、Discordでその旨を伝えたところ、「え?何の話?聞いてなかったわ。 お婆ちゃんの痛風の話だっけ?」とスルーされたことから、敬うことをやめたという経緯がある。 それでも仲が良いようで、お互いの配信でコメントやスパチャを投げたり、特に三枝が彼の配信コメントに出没する機会もたまに見られる。 だが、三枝はエクスに生意気なショタを見出しているようで、ある配信で「ショタ化ビーム」浴びせたい相手に選んだせいで時折、エクスのファンアートにショタ化したエクスが増えている。 事実、女性ライバーとの絡みでもたまに切り抜きに「おねショタ」タグをつけられることも…。 レヴィ・エリファ ファンタジー仲間でもある同期。 だが、普段のエクスを知るがゆえに彼が普通にレヴィの歌動画をツイッターで絶賛するとともに宣伝したときには驚いていた。 これまで、いろいろな要素が重なり、お互いの記念配信でのゲスト出演こそ果たしていたが2019年9月9日まで一度も同期だけのコラボを行っていなかった。 そして、初のコラボとなった「PORTAL2」ではエクスの柔軟な発想とレヴィの観察眼が見事に噛み合い、リスナーの予想に反して(?)サクサクとゲームを進めていった。 アルス・アルマル 後輩の一人。 Minecraftでは戦闘しかできないエクスを色々な意味でサポートするなど、彼の撮れ高に貢献してくれている。 誠意とクズの反復横跳びとも称される師弟関係は必見。 黛灰 後輩の一人。 Minecraftで受けた屈辱から逆恨みで彼を倒すべき目標と定めて以降、悪戯を目論んでは返り討ちにあっている。 通称・魔王黛。 一方でにおいてトレイターとして彼と組んだ折にはその卓越したゲームセンスにいたく感動し、オフで特訓してもらうなど実際の関係は良好な模様。 椎名唯華 にじさんじ公式ライバー…そして、バーチャルYouTuber界隈におけるクズキャラの先輩。 デビュー当初から仲間になりたそうにこちらを見ていたが、『エクズ・アルビオ』呼ばわりを回避するために断っていた。 …だが、彼女から同類(ゴミクズ族)認定されてしまった。 彼の放送を見ていれば分かる通り、そのとおりなのだが。 後ににじレジオに呼ばれ、Twitterのアンケートでどちらがクズか投票が行われた。 結果は椎名唯華の圧勝であった。 轟京子 実は三枝明那と共に初期からノータイムでプロレスを仕掛けることがある先輩。 本当に裏でよく話す先輩の一人で、配信上での初タイマンコラボでも仲良く喧嘩する様子が見ることができる。 一緒に深夜までゲームに熱中した結果その後のコラボを寝過ごし、にじさんじゴーミーズなるコンビを結成するに至った。 フレン・E・ルスタリオ 同じく異世界出身の剣士という共通点を持つ後輩。 両者とつながりのある某からはリアクションや言動が似ているとひっそり同類扱いされている。 関連イラスト.

次の

にじさんじメンバーの前世(中の人)一覧!現在も随時更新中!

アルス・アルマル 前世

魔使マオ中の人(前世)は紡絆にあだった! 魔使マオとは、人気グループ「にじさんじ」に所属しているVtuberで、「使い魔。 主人のために人間を惑わすのが仕事だが、ポンコツなのであまり役に立っていない。 迷子防止のためにもらったスマホで、配信をしている。 」という設定です。 魔使マオの中の人(前世)は、IRIAM(イリアム)で活動していた「紡絆にあ」であることが判明しています。 判明した理由は、 声が似ていることと 紡絆にあの活動休止時期と魔使マオのデビュー時期が近いことからです。 紡絆にあが最後にTwitterを更新したのが2019年8月15日、魔使マオのデビューが発表されたのが2019年10月31日です。 — 紡絆にあ🐾 NiaTsumugi 声が似ているのは実際に聞いてみるとわかると思います。 本人が公表したわけではありませんが、このような理由から魔使マオの中の人(前世)は、紡絆にあで間違いないと言えます。 魔使マオがセロリ食べる動画で号泣した理由は? 魔使マオはYouTubeのチャンネル登録者数4万人記念で雑談配信で、号泣しながらセロリを食べました。 事の発端は、同じくにじさんじに所属しているルイス・キャミーとのコラボ放送です。 コラボ放送でSuper Bunny Man(スーパーバニーマン)というゲームを実況している途中に罰ゲーム付き「外来語を言っちゃいけないゲーム」が始まり、魔使マオの罰ゲームがセロリを食べることだったからです。 魔使マオは基本的に野菜が嫌いなので、セロリを食べていたら食べるのが辛く、泣き出してしまいました。

次の