ガルーダ d2。 【D2メガテン】低予算アウラゲート2

【調査・考察】命中率・回避率の計算式(D2メガテン)

ガルーダ d2

近頃の追加悪魔たちが終末戦争向けのデザインであったのに対し、(現状公開されている範囲でいくと、)新たな悪魔たちはD2デュエルを想定したデザインがされているように思います。 はい、前振り終わり。 防衛パーティの傾向 別に最近にはじまった事では無いですが、防衛パーティは「低速」か「高速」かの二極です。 最近のトレンドとしては、悪魔の瞬間火力がインフレーションしている事を受け、先攻を取ろうとするパーティが多くなっています。 後攻パーティも、昔のようにlv. 1の《龍王アナンタ》《鬼神ショウキ》を配置しての潜り合いはしておらず、BSを15000~9000辺りにまとめているものが多いです。 攻め側が勝手にボンボンBSを上げるので、何もしなくても放っておけば後攻になる…というのが正確でしょうか。 また、耐久力関係のない即死スキルを持つ《魔人アリス》も、特殊ではありますが常に環境に影響し続けています。 生半可な耐久パーティならば突破してしまうこれらの火力を前に、単純明快な回答である「先攻を取る」事を選択するプレイヤーが増えました。 合体割引の影響もあってパネル解放が進んだ《破壊神カルティケーヤ》を擁立し「相手より先に高火力を叩き込む」方針とした防衛パーティにはじまり、単純単体バトルスピードの高い悪魔を多く用意しやすい「異常パーティ」、《霊鳥ガルーダ 異世界 》を組み合わせて物理悪魔をメタりつつ先手を取る「回避パーティ」らが主だった先攻防衛パーティです。 後攻パーティは、思念融合解放から常に環境に横たわり続ける《地母神アシェラト》を軸に構成されるものがほとんどです。 《邪鬼ヘカトンケイル》は、強力な単体攻撃スキルが普及した事により昔ほどは見なくなりました。 《死神オルクス》は思念融合効果が非常に強力である事、弱点によるプレス獲得を抑止出来る事から、まだまだ採用の場はあるようです。 異常パーティ対策として、《魔人だいそうじょう》を組み込んでいるものが多いです。 こちらをパーティから外す場合は、《地母神アシェラト》を加護で用意し、異常対策役を兼任させる事が多いようです。 天魔テコ入れで「即死無効」「ラクカオート」の2種連動を手に入れた《天魔ヤマ》は、相手のラクンダを相殺し、アリスやマサカドの即死をも防ぐサブアタッカーとして採用されつつあり、《地母神アシェラト》を難攻不落にする事で、メインアタッカーの劇的な耐久向上に寄与しています。 つい最近実装された《龍神ケツアルカトル 異世界 》も、先攻火力パーティによってもたらされた被害を単体で立て直す事が出来るサブアタッカーとして注目はされていますが、純粋な普及度合からか、まだ採用率は少ないようです。 以降は思いつく防衛パ雑記。 ・《大天使ウリエル》《大天使ガブリエル》が固定枠。 《大天使マンセマット》《大天使メタトロン》も候補に挙がる。 ・「ラクンダオート」を所有し、BSを上げやすい《霊鳥ガルーダ》の採用率が高い。 それ以外だと、大天使いずれかに「ラクンダオート」「タルカオート」を持たせて《破壊神カルティケーヤ》でBSを最大限高めたり、オートは用いず《英雄マサカド》の九曜天翔でタルカ・ラクンダ状態を作り出そうとするパターンがある。 ・決してバトルスピードが速い相手では無いので、上を取って倒してしまうのが最も簡単。 《大天使》を防魔にしている事は稀で、呪殺でほぼ確実にプレスターンを稼ぐ事が可能。 ・スキル構成の関係で2ターン目の火力が非常に低い。 ・構成の自由度は高い方だが、どの形でも速度と火力のトレードオフになる。 ・打撃型スキル主体の構成だが、スキル枠的にスクカジャ・スクンダオートを編成出来ていないものが多く、回避は有効。 ただし《英雄マサカド》の九曜天翔は考慮する事。 ・上を取って倒すのが楽だが、《英雄マサカド》のパネル2効果は注意。 《魔人アリス》は通らない可能性がある。 ただし、《破壊神シヴァ》は呪殺耐性が無いため、魔攻が高ければムドダインでも十分なダメージを与えられるし、最悪《破壊神カルティケーヤ》を落とす程度の仕事は出来る。 ・《英雄ラーマ》入りの場合は、耐性に注意。 《英雄マサカド》《天魔アスラおう》は防魔で物理が、《破壊神シヴァ 異世界 》は電撃が通らず苦慮する事が想定される。 また、物理(クリティカル)と魔法の混成なので、ミートバルーンのD2スキル次第ではかなりダメージを軽減出来る。 ・《堕天使サマエル》のバリア解除、《魔人ペイルライダー》のペストクロップにより、異常さえ通るならば簡単に複数異常付与・短期決着が可能となっており、従来のように「たまたま異常が解けて倒せた」というパターンが少ない。 ・異常スキルさえ持たせてしまえば良いため、悪魔選択の自由度が高い。 《堕天使サマエル》も排してしまえば、《魔獣ネコマタ 異世界 》《霊鳥ガルーダ》《破壊神カルティケーヤ》とBS上位3体を並べる事も難しくない。 《魔獣ネコマタ 異世界 》《死神ネルガル》 《魔人ペイルライダー》《夜魔リリス》 ・《死神ネルガル》軸は、烙印自由度の向上、火力との併用が出来るようになる。 ネルガル自身の思念融合効果も火力向上に役立つ。 ・いずれの異常型でも、下から《魔人だいそうじょう》《秘神キンマモン》を入れて攻めるのが最も単純かつ効果的なのは変わらず。 ・《破壊神シヴァ》は思念融合によりMP5で空間殺法を撃つ事が可能で、恩恵烙印からの先手2連打はレッドゾーンともあいまってかなり強力。 ・総火力は最近の悪魔に比べると低くなりがちではあるが、ガチャ限がはびこるD2デュエル環境において、構成悪魔が比較的入手しやすいのが最大のメリット。 最近は《鬼神ショウキ》よりも《魔王スルト》を見かける機会が多い。 ・《地母神アシェラト》のアーキタイプに注意。 加護か防魔が採用されており、加護の場合は状態異常耐性を載せている可能性が高い。 呪殺耐性は埋めていないものも多く、「死んでくれる」等で安全に処理しつつプレスを稼げるシーンがままある。 ・打撃型スキルに偏重したパーティになるため、《英雄ラーマ》を軸にした物理吸収パーティなどでも対処可能。 《猛将マサカド》《天魔ヤマ》 《魔王スルト》《地母神アシェラト》 ・即死無効アタッカーであった《英雄カンセイテイクン》を、テトラジャ+ラクカジャ連動の《天魔ヤマ》に置き換えた形。 攻撃タイプが分散され全体的なバランスは向上しているものの、瞬間火力は低減する。 ・《地母神アシェラト》含め、即死で処理出来ないのは厄介。 倒し切るのでは無く緊縛や魅了といった状態異常で行動制限を掛けるのがベター。 (《地母神アシェラト》は、緊縛・魅了・魔封すべてを無効には出来ない。 上記例は《英雄ラーマ》を起用したパターンで、メインアタッカー2体は物理吸収+貫吸で固めつつ、《天魔ヤマ》を防魔で迎えて《大天使ウリエル》のサンライズに対してもパーティ全体で耐性を持つことが出来るようにしている。 ・《英雄ラーマ》は回避型が多かったが、最近は純粋な高HP耐久に比重が傾きつつある。 単体では、加護で「ラスタキャンディ」を打つだけの置物である事が多く、この"装置"を倒す優先度を最下位に落とせるパーティで挑むのが大事。 ・《英雄ラーマ》《破壊神スサノオ 異世界 》の組み合わせは強力で、これを想定していないパーティはパス回しにより大きな累積ダメージを受けてしまう。 《霊鳥ガルーダ 異世界 》や《英雄ラーマ》を使って逆手に取る事も可能なので、苦手な方は一考の価値アリ。 《猛将マサカド》《魔人だいそうじょう》 《英雄ラーマ》《英雄カンセイテイクン》 ・異常パーティを見つつ、火力も備えたスタンダードな形。 「大天使パーティ」のスキルを止める耐性が少ない点や、《英雄マサカド》を擁する先攻パーティに対しての耐久が低い点が気になる所。 《猛将マサカド》《魔人だいそうじょう》 《地母神アシェラト》《死神オルクス》 ・耐久寄り。 AI行動時の蘇生スキル(《地母神アシェラト》含む)は、相手パーティの死亡中悪魔のうち、最も左側を蘇生するという特性があるので、《魔人だいそうじょう》《猛将マサカド》と同時に倒しておく事で蘇生を不発させられるシーンがある点を頭の片隅に入れておく。 大天使パでこれを踏むと結構倒し切れない事があったりなかったり。 「第三の目」といった全体スキルが低減されて計算を狂わされないよう、使用スキルと撃破順を考える。 《英雄ラーマ》《幻魔クー・フーリン 異世界 》 《英雄マサカド》《破壊神シヴァ 異世界 》 ・バトルスピードを無理に高めず、火力と耐性による継続戦闘を考慮したパーティも存在する。 ランダムマッチで安定しやすい《魔人だいそうじょう》入りの耐久寄り攻めパーティに微有利だが、総じて異常に弱い。 《地母神アシェラト》《龍神ケツアルカトル 異世界 》 《天魔ヤマ》《破壊神スサノオ 異世界 》 ・異世界悪魔の持つ「強化段階持ちスキル(複数回使用する事で性能向上するスキル)」は、耐久構成と相性が良い。 終末締め切り間際などにこういったパーティと消耗戦を繰り広げるのは(個人的にとても)避けたい。 おしり 最近筆者はBS42000くらいのパーティで平日ランダムマッチをしているのですが、後手を取らされる機会が多くなって時代の移ろいを感じています…。 今回の記事まとめは自分のランマチパをアップデートするための書き起こしな側面も強かったのですが、もしこれが何らかの形で皆さんのお役に立てたら幸いです。 (了).

次の

【メンター必見】全極蛮神マクロまとめ

ガルーダ d2

ガルーダの所持スキル ガルーダの共通スキル、アーキタイプごとの覚醒スキル、プレミアムスキルなどを掲載。 共通スキル 共通スキルはアーキタイプによる影響を受けないスキルのこと。 1番目のスキルは他の悪魔へ継承可能スキルになる。 名称 効果 属性 ザンダイン 継承可 敵単体に衝撃属性の魔法型ダメージを威力160で与える。 衝撃 ラクンダオート 1ターン目開始時、ラクンダが発動する。 パッシブ アーキタイプごとの覚醒/プレミアムスキル アーキタイプごとの覚醒、プレミアムスキル(PRM)を掲載。 アーキタイプが「素体」の場合は所持していない。 プレミアムスキルは他の悪魔へ継承可能。 素体 種類 名称 効果 属性 覚醒 三段の賢魔 魔が15増加する。 パッシブ 荒神 種類 名称 効果 属性 覚醒 マハラギダイン 敵全体に火炎属性の魔法型ダメージを威力120で与える。 属性なし PRM アムリタ 味方単体の状態異常を全て回復する。 パッシブ 防魔 種類 名称 効果 属性 覚醒 破魔無効 破魔無効を得る。 パッシブ PRM アギラオ 敵単体に火炎属性の魔法型ダメージを威力140で与える。

次の

D×2 真・女神転生 リベレーション 純星5キャラ評価:そーすけのブロマガ

ガルーダ d2

ガルーダの所持スキル ガルーダの共通スキル、アーキタイプごとの覚醒スキル、プレミアムスキルなどを掲載。 共通スキル 共通スキルはアーキタイプによる影響を受けないスキルのこと。 1番目のスキルは他の悪魔へ継承可能スキルになる。 名称 効果 属性 ザンダイン 継承可 敵単体に衝撃属性の魔法型ダメージを威力160で与える。 衝撃 ラクンダオート 1ターン目開始時、ラクンダが発動する。 パッシブ アーキタイプごとの覚醒/プレミアムスキル アーキタイプごとの覚醒、プレミアムスキル(PRM)を掲載。 アーキタイプが「素体」の場合は所持していない。 プレミアムスキルは他の悪魔へ継承可能。 素体 種類 名称 効果 属性 覚醒 三段の賢魔 魔が15増加する。 パッシブ 荒神 種類 名称 効果 属性 覚醒 マハラギダイン 敵全体に火炎属性の魔法型ダメージを威力120で与える。 属性なし PRM アムリタ 味方単体の状態異常を全て回復する。 パッシブ 防魔 種類 名称 効果 属性 覚醒 破魔無効 破魔無効を得る。 パッシブ PRM アギラオ 敵単体に火炎属性の魔法型ダメージを威力140で与える。

次の