米国株 ブログ。 【米国成長株】20代30代の若い人におすすめな個別株【ハイリスクハイリターン】

株式ブログの収益が全くあがらない理由と対策

米国株 ブログ

ウォーレンバフェットみたいに株で巨万の富を築いてみたいと思いませんか? 私はメイン資産がシンガポールリートですが、資産の一部で米国株も保有しています。 私が米国株を始めたのは2001年です。 最初に使ってしまったネット証券は無くなってしまったので今の口座に残っている一番古い2002年の保有履歴を見ると、当時は Cisco Systems、Paychex、Nortel Networks(倒産)、Oracle、Check Point Software Technologies、Gilead Sciences 等を保有していました。 このうち、 Gilead Sciencesはなんと2002年から 30倍以上に株価上がってます! Gilead Sciencesは確か当時まだ大赤字を計上していたはずですが、いまでは超巨大グローバル製薬会社に変貌しました。 私はGileadを保有し続けることができなかったので偉そうなことはいえないのですが、 米国株には夢がありますよね。 でも、 目次• 若い初心者におすすめな米国株の前提条件 今回選択した米国株ですが、以下の点はご留意ください。 中堅小型株が中心• いまは赤字の会社もある• 株価はきっと大きく乱高下する• 事業の安定性は考慮した 少し詳しく見ていきましょう。 中堅小型株が中心 投資するのはGoogle, Microsoftでももちろんいいと思うのですが、株価が今から数十倍になるかなと思うと厳しい気がします 既に両社とも時価総額が80兆円などというよくわからない規模になってしまっているためです。 もっとも中堅小型株とはいっても、日本の小型株とは違って時価総額100憶円といった規模ではなく 数千億円規模の会社がメインですよ。 数千億円規模でもアメリカだと中堅小型株の位置づけなんですよね。 いまは赤字の会社もある 当たり前ですが、今の時点でものすごく儲けている会社はみんなが買うので株価も上がってしまっています。 そういう会社に投資してもアメリカンドリームを実現するのは難しいんじゃないかと思っています。 あえて赤字の会社を狙う必要は全くなく、できれば黒字の会社に投資したほうが安心なのですが、 銘柄選定の際に現時点で赤字の会社を避ける必要はないです。 あくまで投資は将来性に賭けるものなので、将来的に黒字転換し株価が大きく上がる可能性があるなら、今の時点での赤字を怖がることはありません。 ただ、黒字転換できず赤字のまま終わってしまう会社もあることには注意が必要です。 株価はきっと大きく乱高下する 断言できますが、今回紹介する銘柄の株価はきっと 大きく乱高下します。 株価が安定している会社に投資したいのであれば、今回紹介するような会社は真っ先に選択肢から除外すべきです。 中堅小型株の宿命として、株価は安定しません。 そもそも現時点では赤字の会社もあるのですから株価なんて思惑で動いている場合もありますし、財務を改善するために新株発行をする場合もあるでしょう。 それでも中長期的には株価が大きく上がることを信じて、あくまで超余剰資金で投資する、このくらいの発想で取り組む銘柄です。 事業の安定性は考慮した 「株価はきっと大きく乱高下する」というコメントからすると逆の話に聞こえるかもしれませんが、リスキーな銘柄といっても事業の安全性は考慮しています。 どういうことかというと、以下の点を考慮しています。 売上が継続的に積み上がる会社• 粗利益率が高い会社• 費用構造が比較的固定費中心 単純な発想です。 売上が継続的に計上でき、粗利益率が十分に高く、費用構造が比較的固定費中心であれば、いつかは損益分岐点を超える バイオ製薬のように一発の新薬で売り上げ状況が激変するというような銘柄は、将来が見通せなさすぎるので含めていません。 若い米国株初心者におすすめな米国株リスト 若い米国株初心者向けおすすめ米国株をクラウド、SaaS銘柄を中心に選んでみました。 Anaplan。 米国のクラウド計画系ソフトウェア企業。 イスラエルのサイバーセキュリティソフトウェア企業• 米国の電子署名プラットフォーム企業• 米国のクラウドソーシングプラットフォーム企業• Wix. com。 イスラエルベースのウェブサイト開発プラットフォーム提供企業。 米国のクラウド人事情報SaaS会社。 米国の企業向けアイデンティティソリューション会社(シングルサインオンを提供している会社)• 米国の中小企業向け決済ソリューション会社• 米国のサブスクリプションビジネス向け管理プラットフォーム提供企業。 米国のクラウドストレージ会社。 米国の企業向けクラウドストレージ会社。 Alarm. com。 Zoom Vido Communications。 米国のビデオ会議ソフトウェア企業。 すごく昔の若い頃、私は「バイオで一発儲けたる!」とバイオ企業(Human Genome Sciences等)にほぼ特化して投資していた時期もあったのですが、株価が乱高下しすぎて疲れました。 また、バイオは臨床結果によっていきなり新薬開発が中断されたり、将来が予測不能でしたし、正直なところIRで使われている英語の単語が全く理解できませんでした。 日本語で説明されても全く意味の分からない医療用語ですから英語で書かれるとさらにわからなかったです。 そんなのに投資していたので完全に博打でした。 SaaS事業の会社の場合、バイオに比べ将来の予想が格段にしやすいので米国株初心者におおすすめできます。 IR資料の英語もバイオに比べるとはるかに理解しやすいものです。 最近は米国のSaaS会社のサービスを普段の仕事や生活で使うことも多くなったので、実際に使って身近な会社の銘柄を買っているということで安心感もあります。 例えば、私の場合だと、会社でOktaとBox、プライベートでDropbox使っています。 時価総額的にはSquareのUSD 22B(2兆5千億円)が最大で、一番小さいのがUpworkのUSD 1. 7B(1900憶円)です。 Upworkが小さいとは言っても時価総額1900億円ですので、そんなすぐ潰れる可能性があるようなハイリスクの企業は選んでいません。 これを今投資して20-30年保有できれば大きな利益を実現できるかも知れませんよ!? なぜこれらの銘柄が若い初心者におすすめか 本記事のテーマは、これから米国株投資を始める若い初心者向けのおすすめ銘柄です。 初心者向けだったら、誰でも知っているような• ExxonMobil• American Express• Microsoft といった超有名銘柄のほうがわかりやすくていいのではないか、という見方もあるでしょう。 年齢が高い初心者であればその通りです。 ただ、 本記事が対象としているのは年齢が若い米国株初心者です。 この場合、投資期間が20年、30年とかなりの長期間になります。 20年、30年後に大きく儲けるためには、誰でも知っているような超大型企業ではだめです。 株価が数十倍になる確率は低いですためです。 若い初心者だからこそ、ある程度リスクを取り20年、30年で爆発的な株価上昇があるかもしれない会社に投資したほうが良い、というのが本ブログの考え方です。 初心者だから周りの人と同じように有名会社に投資するのがいいんだという安直な考え方では、金持ちにはなれませんよ。 Gilead Scienceは2002年から17年で株価が30倍になりました。 これから米国株投資を始める若い初心者の皆さんは、第二のGilead Scienceを探しましょう。 私が昔取り組んだバイオ製薬と違ってSaaS会社は積み上げ型ビジネスのため事業の予測可能性高いです。 超長期の事業の展望を予測することもそんなに難しくはないですよ。 個別株最新状況 今回紹介した米国株について最新状況をお知らせします。 Anaplan Anaplanは"Connected Planning"を標榜するクラウドベースの計画系ソフトウェアの会社です。 ファイナンス、サプライチェーン、人事、營業、マーケティング、ITといった会社のあらゆる計画系に対応できるクラウドソフトウェアなので、非常に大きな市場の広がりが期待できます。 日本法人も2016年から営業しており、日本での知名度も年々上がってきていますね。 2020年はさすがに売上成長が鈍化するでしょうが、中期的な成長力には疑いはありませんので、大きく下落したときは投資のチャンスかも知れませんよ。 CyberArk Software(2020年5月13日更新) CyberArk Softwareはイスラエルセキュリティ会社です。 企業の特権アクセス部分のセキュリティに特化したソリューションを提供しています。 CyberArk Softwareの2020年5月13日発表の2020年度Q1決算をまとめると、依然として非常に高い粗利益率と安定した売上成長率を維持しています。 投資した当初は「特権アクセスセキュリティ」に特化しており、高い売上成長率を維持できるのかよくわからなかったのですが、その後ずっと非常に高い売上成長率を維持しており、投資は成功でした。 見通しとしては、この成長率を維持する見込みなので、さらなる株価上昇を期待しています。 Docusign 2019年12月19日更新) Docusignは米国ベースの電子署名プラットフォームの提供企業です。 日本だと弁護士ドットコムのクラウドサインが圧倒的なシェアを取っていますが、世界的にはDocusignがマーケットリーダーです。 Docusignが2019年12月5日に発表した2019年度第3四半期決算をまとめると以下のようになります。 粗利益率も復活してきて良い兆候です。 利益面では大赤字になっているとはいえ、営業キャッシュフローは順調に黒字を拡大していますし、現金同等物も潤沢に持っているので資金面での不安は全くありません。 今回の決算を受けて株価が調整するようなことがあれば、参入の機会ではないでしょうか。 Upwork 2020年5月6日更新) Upworkは米国ベースのクラウドソーシングプラットフォームの運営会社です。 日本でいうクラウドワークスやランサーズに該当する会社といえばわかりやすいかもしれません。 Upworkの2020年5月6日発表の2020年Q1決算をまとめると次のようになります。 売上高は順調に伸び、費用も増えたのですが、粗利益率が増えているため収益が改善しています。 売上高の伸びに比べて売上原価の伸びが低いですね。 営業キャッシュフローについては赤字幅が大幅に縮小してきていますし、現金同等物がUSD 63Mとその他にMarketable Securitiesがあるので資金繰りにを心配することはありません。 Wix. com(2020年5月14日更新) Wix. comはイスラエルベースのウェブサイト開発プラットフォーム提供企業です。 ワードプレスでホームページを作る場合は、ソフトウェアをサーバーにインストールしたりいろいろ面倒ですが、Wix. comのサービスを使えばそういう面倒なインストール作業は不要でほぼドラッグアンドドロップでホームページが作れます。 Wix. 税引後利益は赤字ではあるものの営業キャッシュフローは大きく黒字です。 財務的には現金同等物(short term deposit含む)が610億円近くあり盤石です。 私がWix. comに投資したときはまだ営業キャッシュフローも赤字の会社で、財務的にも盤石ではなかったので恐る恐る投資した覚えがありますが、もはやそんな心配など微塵もありませんよ。 事業拡大については、日本オフィスを開いたので今後日本を含むAPACでの成長に期待できますよ。 人も募集しているので転職先としても面白いかもしれません。 Paycom Software(2020年2月8日更新) Paycom Softwareはクラウドベースの人事情報システムを提供している会社です。 日本には上陸しておらず、米国で事業を行っています。 Paycom Softwareの2020年2月5日発表の2019年通気決算をまとめると以下のように極めて堅調に売り上げが伸びていました。 Okta Oktaはクラウドベースのシングルサインオンソリューションの提供会社です。 会社などでは現在様々なクラウドベースのシステムを使っていますが、個々のクラウドシステムにログインするためにいちいちIDとパスワードを入力するのが非常に面倒です。 シングルサインオンによって、一つの共通のIDとパスワードで様々なクラウドシステムにログインできるシステムです。 Oktaが2019年5月30日に発表した2019年第1四半期決算をまとめると売上高が引き続きに伸びています。 まだ利益は赤字ですが、営業キャッシュフローは2018年に年間で黒字転換しましたあとに更に拡大しています。 営業マーケ費用に投資しているので利益は赤字ですが、営業キャッシュフローが黒字のため財務的な懸念は全くありません。 Square Squareは中小企業向けの決済プラットフォームを提供している会社です。 中小企業がクレジットカードの支払いを簡易に低コストで導入できるサービスです。 ビットコイン関連というのは気にせず、本業の売り上げが激増していることに注目しましょう。 利益自体は赤字が続いていますが、営業キャッシュフローは大幅な黒字なのであまり表面上の赤字を気にすることもありません。 Dropbox Dropboxはクラウドストレージで有名な会社ですが、最近ではHelloSignという電子署名のプラットフォームを買収したりなど、クラウドストレージを主軸としてワークフローに関するソリューションにも事業領域を広げています。 Dropboxが2009年11月7日に発表した2019年第3四半期決算をまとめると以下のようになります。 損益は赤字ですが、営業キャッシュフローは黒字ですし、現金同等物だけでもUSD 1Bあります。 2019年に株価が急落しているので、2020年に向けて狙い目ではないかと考えています。 Box Boxは主に企業向けのクラウドストレージサービスの提供会社です。 Boxが2019年2月27日に発表した2018年通期決算をまとめると以下のようになります。 現金同等物はUSD 217Mと少し心もとないですが、営業キャッシュフローは既に黒字転換しているので資金面での懸念はありません。 新興のクラウド企業なのでもう少し高い売上高の伸び率を求めたいところです。 Alarm. com Alarm. comは米国のスマートホーム関連メーカーです。 主にスマートセキュリティというITとクラウドを使った自宅とオフィス向けのセキュリティソリューションを提供しています。 メーカーですがクラウド事業が非常に大きい会社なので、クラウド銘柄といっていいでしょう。 考えてみると、これだけIT化、クラウド化が進んだ現在でも、家の鍵がIT化している人って多くはないと思います。 私も含めて普通の物理的な鍵で家のドアをロックしていますよね。 これから自宅とオフィスのIT化がどんどん進んでいく中で、Alarm. comはその本命といえる銘柄でしょう。 住宅市場は巨大市場ですので、その中で少しのシェアを取っただけでも巨額の収益が見込めるのではないかと私は考えています。 Alarm. comが2019年2月28日に発表した2018年通期決算をまとめると以下のようになります。 営業キャッシュフローも問題なく黒字ですし、現金も150億円近くあるので財務的に問題ありません。 売上構成比としては、• 粗利益率では、• クラウドの売上比率が大きく、傾向としてこれからもどんどんクラウドの売上比率が上がっていきますので、粗利益率はどんどん改善されていくと思います。 スマートホーム関連銘柄というと日本ではあまりありませんが、米国の住宅市場は巨大なのでビジネスチャンスは大きいのではないでしょうか。 Zoom Video Communications Zoomはビデオ会議ソフトウェアをサブスクベースで提供している企業です。 通信環境が良くない場合でも高品質のビデオ会議ができると評判です。 私もZoomで会議をすることがありますが、音声などが非常にスムーズです。 働き方改革が進み、リモートで仕事をする人はこれからどんどん増えていくはずです。 また、従来は出張して対面で話していたような場合でも、ビデオ会議だけで終わらすことも非常に多くなりました。 Zoomはまだ売上高の殆どを米国から挙げていますが、海外での売上が急激に増えてきています。 この成長基調が続けば、売上高は更に加速度的に増える可能性があり、株価的にもとても期待できます。 Zoomは売上高が急成長している中で黒字を計上できている珍しいサブスク企業です。 黒字を着実に計上できているサブスク企業は、他にはPaycom Softwareくらいしかありませんので、収益面でもとても評価できます。 Zoomが2019年12月5日発表した2020年度第3四半期の決算をまとめると以下のようになります。 株式市場からの評価も高く時価総額はUSD 19Bと非常に大きな時価総額になっていますが、今後の成長可能性を考えれば私はまだまだ安いと考えています。 まとめ 今回は米国株をこれから始める若い初心者の方々におすすめな米国株を選んでみました。 最近はクラウドビジネスが盛んなので、ここに挙げた銘柄の名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。 長期保有に耐えうる銘柄リストだと思っていますので、ぜひあなたの米国株の銘柄選定の参考にしてみてください。 米国株取引のおすすめ証券会社についてはこちらの記事もどうぞ。

次の

【米国株】当ブログ長期投資おすすめ銘柄7選【2020年版】

米国株 ブログ

CrowdStrike 社はクラウドのセキュリティという少しテック系の方でもわかりづらいビジネスをしています。 サーバーセキュリティのソリューションは昔からいくつもありますが、CrowdStrikeはクラウドに特化したサイバーセキュリティのサービスを提供し急成長してきました。 具体的にいうと、サービスを停止させることを目的としたDDoS攻撃やデータを盗んだり・改ざんする不正アクセスなどからクラウドを守ってます。 crowdstrike. 創業は2011年とかなり若く2019年に電撃的スピードで上場したすごい会社です。 クラウドセキュリティのマーケット自体毎年かなり成長しており、こちらのによるとクラウドの利用が高まり 2015年から毎年平均23. 色々な記事を読み込むと少なくとお2025年までは引き続き成長が期待できるマーケットとのことです。 昨今、2010年代にもましてクラウド化が進み、コロナの影響でクラウドの利用はますます広がっています。 一方で、この領域は競合相手も多くCisco, Trend Micro, McAfeeなど様々な企業が参入してますのでそことの競争に勝てるかどうかが鍵になります。 yahoo. 40とそれなりに落ち着いた数字に戻ってきました。 もし、2020年Q2で成長が陰るようであれば10まで下落し株価50%超ダウンも可能性としてはありますが、 コロナショックを受けてクラウドには追い風が吹いているのでやや楽観視しています。 Fastly 社は、CDN Content delivery network という、これまたテック系の方でもやや難しいビジネスをしてます。 CDN自体は新しい産業ではなく2000年代から存在しており、が今でもシェアNo1です。 また、競合も多くいる産業です。 6月10日追記 Fastlyはこちらに詳細記事を書きましたので、もしよろしければこちらもどうぞ CDNは、画像、動画、ウェブページそのものなどをユーザーから近いサーバー エッジ)でキャッシュし素早くユーザーに届けるという仕組みです。 サービスを運営してる事業者はユーザーの近くのサーバーの検知やそこにサーバーを持つわけにはいかないので、大規模な事業を運営しているテック企業であれば、何らかのCDNを利用していると思います。 FastlyはCDNにおいても、リアルタイム・Programmable コード記述可能)という機能にフォーカスしており、より更新性の高いコンテンツやパーソナライズが必要なコンテンツのCDNに強い側面を持っています。 fastly. 私がFastlyに期待しているのは、CDNのマーケットシェア争いというより、 Fastly社が目指しているエッジコンピューティングという世界です。 長くなるので割愛しますが、2020年代前半の技術革新のキーワードは「爆速計算量」です。 2010年代にはできなかった時間がかかるプロセスがより高速に安価に手に入るようになった結果、可能になるビジネスが大きく成長するのが2020年代前半です。 これはエッジコンピューティング化することによりさらに加速化し、生活に身近な所で言えば自動運転やAR技術などの体験が大幅に向上することが期待されます。 yahoo. まだ、Fastly社の強みなどを分析しきれてないですがエッジコンピューティング化すればかなり大化けする可能性があると考えてます。 今後もよろしくお願いします ここまで読んでいただきありがとうございます。 やすブログでは、テックニュースやテック株の解説記事を引き続き書いて行こうと思います。 特に他のブログでは財務分析に重きを置いてるケースが多いと思います。 テック銘柄は数字ではわからない部分が多く、本質的なテクノロジーや産業優位性を考えることがかなり重要と考えてます。 やすブログではファンダメンタルなテクノロジーの優位性や成長性などに今後もフォーカスしていきます。 最後に、 投資はあくまでも自己責任でお願いします。 コロナウィルスは本当に怖いですね。 皆様も手洗いなど十分にして気をつけてください。 今後も良い記事を書いていきたいので、引き続き応戦よろしくお願いします。 今後ともよろしくお願いします.

次の

【米国株】当ブログ長期投資おすすめ銘柄7選【2020年版】

米国株 ブログ

【米国成長株】20代30代の若い人におすすめな個別株【ハイリスクハイリターン】 米国株といえばハイテク株が今まで牽引してきました。 グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルなどは当時より100倍以上株価が成長しています。 今後もグーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルへの投資は成長が期待できます。 しかし、あえて大型株ではなく、今後大きな伸びしろのある成長株に投資するのはどうでしょうか? 成長株はハイリスク、ハイリターン。 株価は下落するかもしれませんが、うまく行けば、2倍、3倍のリターン、または10倍以上のテンバガーになる可能性もあります。 グーグル、アマゾン、アップルなども昔はただの成長株でした。 それが2倍、3倍、10倍、100倍と成長し、今に至ります。 アメリカは投資マネーが集まるため、成長株が育ちやすい環境。 今後も現在の株価から何倍にも成長する銘柄は多く出てくるでしょう。 赤字でも売上高成長率が高い成長株なら、多くの投資家が投資します。 上手く波に乗れれば一攫千金出来るかもしれません。 特に若いうち、20代、30代ならグーグル、アマゾンなどといった大型株ではなく、成長株に賭けるのもありではないでしょうか? 若いうちなら多少株で失敗しても他を頑張ることで取り返しがつきます。 逆に株式投資が成功したらハイリターンが期待できます。 Sea limited売上高 Sea limitedのオンライン決済プラットフォーム利用者は1,000万人を突破。 認知度が非常に高い銘柄です。 東南アジアにおけるデジタル市場のリーダーであり、今後もシェアを伸ばしていくでしょう。 フィリピンやインドネシアなど東南アジアは、6億人以上が生活しており、将来性が大きいマーケット。 課題は物流。 島が点在しているため、物流で工夫が必要です。 しかし、競合先の参入障壁は高く、他社によるビジネスのパクりを避けられ、同社の地位が安定します。 今後更なる成長が期待できる目が離せない銘柄です。 Datadog DDOG 売上高成長率 将来性 模倣されにくさ 総合点 Datadogは時価総額250億ドルの中型米国成長株。 Data Dog売上推移 データドッグのようなSaaS企業の多くが巨額の赤字を継続するのに対し、データドッグは短期間で既に黒字化。 粗利率は脅威の8割です。 今後売上が拡大するにしたがって、黒字化しやすくなり、大きな成長が期待されます。 取引先はサムスン、ホールフーズ、Activision、ペンシルベニア大学、UBI Soft、Alamoといった大手が多く、当社の信頼性の高さが証明されています。 まだまだ売上は低い部類にあるので、今後売上の伸びと同時に、株価成長も期待される米国成長株です。 Etsy Etsy 売上高成長率 将来性 模倣されにくさ 総合点 Etsyは時価総額120億ドルの中型米国成長株。 コロナ禍でマスクを売り始めたこともあり、Etsyの認知度が上昇、取引量がさらに増えました。 自宅待機者がハンドメイド品を作成、販売し、副収入を上げる目的でも利用が増加しています。 また、販売時にサイトが得るフィーはアマゾンが高額なのに対して、Etsyは良心的で知られており、消費者から人気が出ています。 イーコマースの中でもハンドメイド部分だけに特化しているため、競合先との差別化に繋がっています。 今後もアフターコロナでオンラインショッピングが増え続けていく見込みであり、Etsyを利用して買い物をする消費者は増えていくでしょう。 イーコマースは店舗型のジュエリー、洋服、インテリア、雑貨店からシェアを奪い、オンラインビジネスが加速するのは明白なので、エッツィは今後も成長が期待される銘柄です。 まとめ:20代30代の若い人におすすめしたい米国成長株 米国成長株はリスクは高いので、最悪投資資金が0になるつもりで運用しましょう。 3年以上寝かせられる余剰資金での長期投資が前提です。 今回紹介した米国成長株は日本の証券会社で買えないものもあります。 米国市場の全ての株を買うには米国証券会社のFirstradeがおすすめ。 日本にいながら米国証券口座が開設可能です。 全て英語なので、利用のハードルは高いですが、アメリカ市場の全ての株が売買可能です。 本記事はこれで以上です。 国内証券会社で米国株を取引手数料0で買うならDMM株がおすすめ 金のたまごかもしれない米国小型株を紹介 IPO注目株をまとめました ロボアドバイザーのウェルスナビはおすすめ出来ません.

次の