あんみつスイーツチャンネル。 くら寿司スイーツ限界食いに挑戦!回転寿司で女子1人デザート食べ放題食べて大食いチャレンジ!【スイーツちゃんねる☆あんみつ】

【ランキング上位】コンビニスイーツ好きなだけ食べる!!スイーツ 菓子パン ラーメン【ファミマ】あんみつの歯のケアどうしてる?【質問回答】※咀嚼音あり【スイーツちゃんねるあんみつの食レポ】

あんみつスイーツチャンネル

「みなさん、こんにちは。 スイーツちゃんねるのあんみつです」 というフレーズがお決まりの、ユーチューバー 「あんみつ」を知っていますか? スイーツちゃんねるという名前だけあって、ミスタードーナツの新商品の紹介や、コンビニスイーツやアイスの食べ比べなど、甘いものを食べる動画がたくさん投稿されています。 また、甘いもの以外にも、しゃぶしゃぶやステーキといったがっつりメニューを食べることも。 「限界食い」と称して、大食いする動画も投稿していて、おっとりして落ち着いた声からは、ちょっと想像できないくらいの食べっぷり! 食べ方もすごくきれいで、ついつい見とれてしまいます。 私も甘いものは好きですがあまりたくさん食べられないので、あんみつの動画を見ることで、自分も食べたつもりになって、楽しんでいます。 今回はス イーツちゃんねる「あんみつ」の、本名や年齢や素顔、摂食やアンチなどの噂や、年収情報についてご紹介します。 あんみつの素顔、気になりませんか? 落ち着いた優しい声を聞くと、どんな顔なんだろうと、つい想像してしまいますが、残念ながら 素顔は出していません。 動画では口元しか見えないのですが、ヘアスタイルや服装からは 美人な雰囲気が。 素顔を出さない理由については、動画の中で「知り合いにたくさん食べる様子を見られるのが恥ずかしいから」と話しています。 すごく女性らしくて、かわいい理由ですね。 5kgを超えたら、ダイエットするようですよ。 4年前にYouTubeを始めた頃は45kgだったようなので、動画を撮るようになってから、少し体重が増えていますね。 普段はご飯と納豆のような、粗食が好きみたいです。 撮影のためにたくさん食べても、それ以外の食事量が少ないので、あまり太らないのかも。 また、日頃からビタミンなどのサプリを飲んでいて、健康には気を使っているみたいですよ。 動画を見ていると、 食べることを大切にしていることがよく伝わってくるので、摂食障害ではないように見えます。 アンチ あんみつにアンチはいるのでしょうか? 私が直接見たわけではないのですが、 「吐いてるんでしょ」というアンチコメントがつくことはあるようです。 食べ物の動画なので「吐く」というイメージがつくのは嫌だから、そのような アンチコメントは、削除しているとのこと。 たしかに、摂食障害を連想させるワードですよね。 もしかしたら、ほかのアンチコメントも、削除されているのかも。 02円は最低単価なので、もしも広告単価が最高の0. 2円なら、 140万円の年収です。 さらに、あんみつはチョコレート専門店でパティシエの見習いをしつつ、スイーツライターとしても活動しているので、ユーチューバー以外の仕事からも収入があるはず。 それにしても、チョコレート専門店とスイーツライターとは、甘党のあんみつらしい職業ですね。 まとめ 今回は、スイーツちゃんねる「あんみつ」の本名や年齢、素顔、摂食障害やアンチなどの噂、年収情報についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 本名や年齢といった、個人的な情報は公表されていませんでした。 あんみつには、ほかのユーチューバーとコラボした動画もたくさんあるので、多くのユーチューバーと交流があるようですね。 コラボ動画では、雑談の様子も映っているので、いつもと違ったあんみつの姿を見ることができますよ。 これからも、美味しくて幸せそうな動画を、たくさん出してほしいですね。

次の

くら寿司スイーツ限界食いに挑戦!回転寿司で女子1人デザート食べ放題食べて大食いチャレンジ!【スイーツちゃんねる☆あんみつ】

あんみつスイーツチャンネル

コメダ珈琲で限界チャレンジ 東海地方の方なら誰にでも馴染みのある(?)「コメダ珈琲」であんみつさんがひたすらメニューを消化していく様子は、あっという間に時間が経ってしまうほど面白いです。 初っ端から シロノワールとクリームソーダ。 私がいつも頼むメニューなので、味も食感も分かるし「また行きたい」という気分にさせられます。 コメダはひとつのメニューを食べるだけでお腹いっぱいになってしまうのですが、 シロノワールとクリームソーダだけでは飽き足らず、次々注文するあんみつさんに注目です。 食べ方も参考になる 「どうやって食べればこぼさずちゃんと食べられるのか?」があんみつさんを見ているととても参考になります。 コメダ珈琲の動画ではカツサンドも注文されていて、このカツサンドが食べにくいの極地なんですが何とも美しく食べています。 私が以前頼んだ時は、ボロボロにこぼれて恥ずかしいくらいでした。 あんみつさんの動画を見て「こうやって食べればこぼれないのか」と日々参考にしています。 ジュースの飲み方ひとつとっても優雅なので憧れです。 ダイエットしている時でも代わりに食べてもらっている気分 思えばひたすら女性がスイーツやご飯を食べている動画を眺めているって不思議なものです。 一見需要がなさそうに思うのですが、チャンネル登録数も多いし案外こういうのが好きな人が沢山いるのかなと思いました。 現にダイエットしている時でもあんみつさんが代わりに美味しいものを食べてくれている気分で、まるで自分も一緒に食べている感覚になるので満足します。 コメダの動画でも大好きなシロノワールを代わりに食べてもらっている感じなので、どんどん他の動画も見たくなります。

次の

スイーツちゃんねるあんみつの素顔と年齢、アンチは?摂食と咀嚼音、太らないことも!

あんみつスイーツチャンネル

〇スイーツチャンネルあんみつさんの人気が高まっている理由 ・顔出しNGだけどきっと美人さん スイーツチャンネルあんみつさんのチャンネル登録者数は現在約8万3千人ほどです。 知名度がものすごくあるというわけではないかもしれませんが、一度見るとはまってしまうというコメントが多く書かれています。 顔出しはNGですが、鼻から下のお顔だけでもきっと美人さんなんだろうな、とわかるので、目が映っていないにもかかわらず、「今日もきれいですね」などの感想がよく書かれています。 年齢も非公開ですが、おそらく20代女性かと思われます。 ヘアスタイルや服の感じからも、非常に女性らしい、柔らかい雰囲気が見てとれますが、驚くほどの量をペロリと食べるので、そのギャップもまた魅力のひとつと言えるかもしれません。 ・食べ方がきれい あんみつさんは体重47キロと公表されていますが、非常に多くの量を動画上で食べています。 しかし、ただ乱雑に食べるのではなく、とても丁寧な食べ方で、食べている時の口元もきれいです。 動画を撮り始めた理由が、「好きなものをお腹いっぱい食べてみたい」という動機だったようなので、食べ物への愛情も感じられ、詳しい感想を述べています。 食べるものは、コンビニスイーツや有名店のケーキなど様々です。 また、誰もが知っているような街中の飲食店(サイゼリヤやケンタッキーフライドチキンなど)もよく登場するので、すでになじみのある食べ物でも、あんみつさんが丁寧においしそうに食べるのを見て、「私も食べたくなりました」というコメントもよく寄せられています。 〇くせになる人続出、妙にみたくなるフェチ感 ・ユーチューブならではのフェチ感が人気 ユーチューブを見る時は大人数で視聴するというよりは、個人的に自分だけの好みで選ぶというのが楽しみの一つでもあると思います。 あんみつさんは「ASMR」専門のチャンネルも同時にアップされています。 「ASMR」は何かを見たり聞いたりするだけで、脳が心地よいリラックスした状態になることを指します。 あんみつさん自身が、誰かが何かを食べている動画を見るのがお好きのようで、自分でもそうした「食べる音フェチ向け」の動画を撮ろうと思われたようです。 トーク一切なしでひたすら食べる音を強調した動画は「妙にくせになる」という感想がよく書かれており、理解できない人には理解できないけれど、食べる音好きな方向け動画に、ひそかにはまる女性も出てきているようです。 ・ささやきボイスで話し方も人気 トーク一切なし、7食べるのみの動画があると紹介しましたが、もちろん、あんみつさんが食べた感想を話す動画もあります。 あんみつさんの声は、いわゆるささやきボイスで、決して大きなハキハキした声ではありませんが、その落ち着いた話し声も好評のようです。 街中で焼肉やしゃぶしゃぶを食べる時は味の感想は基本的に動画上の文字で載せらていますが、スターバックスで買ってきたものを自宅で食べる時や、自分でチーズホットドッグを作って食べる時などは、食べながら感想を話してくれます。 「いい声ですね」「声に癒される」と女性からの高評価も得ているようです。 まとめ スイーツのみならず、身近なカフェやファミレスなどの飲食店の料理も紹介する動画が、ひそかに人気を呼んでいるスイーツチャンネルのあんみつさんについて紹介しました。 テレビでよく見る食レポでもなく、大食いタレントでもない、独特なジャンルの食べる系ユーチューバーさんですが、この動画に癒されたり、「明日同じものを食べてみよう」と影響されている女性も増えてきているようです。 決して万人受けはしないかもしれないけれど、はまる人ははまる、そんなユーチューバーのスイーツチャンネルあんみつさん、目は映っていないので謎めいた雰囲気もありますが、一度視聴されてみてはいかがでしょうか。

次の