日興 証券。 登録ファンド│投資信託│SMBC日興証券

SMBC日興証券とは?その特徴や評判、メリット・デメリットを解説

日興 証券

個人投資家に利用している口座を聞くとやといったネット証券が圧倒的に多いですね。 それに対して大手証券(野村証券、大和証券、SMBC日興証券など)は、店頭の大口顧客を優先するイメージで敬遠されがちです。 しかし、この考えは数年前の話。 昔の印象を持っている人は、見直しの必要があるかもしれません? 近年は 大手証券も小口の個人投資家を取り込もうと必死になっており、ネット口座の内容が急激に進化しています。 特に強烈な施策を次々と打ち出しているのがSMBC日興証券(ネット取引:ダイレクトコース)。 優待取り、IPO、買付サービス、債券・・ ネット専業証券が太刀打ちできないような凄い内容をどんどん発表してきています。 私自身の証券口座の残高も、ついにネット証券をおさえてSMBC日興証券がトップとなりました。 今回はネット取引(ダイレクトコース)の改革が進むSMBC日興証券の魅力について書いていきます。 この記事の目次• 大手証券が本気になると、やはり凄かった! 現在は株式投資といえばネット証券で取引を行うのが当たり前になっています。 その中でもSBI証券はネット専業では最大手です。 しかし実際には、預かり資産残高を比較すると大手証券の10~4分の1しかないのが実情。 その差は歴然です。 この大手証券の一角を担うSMBC日興証券が、本気でネット口座(ダイレクトコース)に取り組んできたので大変です。 直近で打ち出した中でも強烈なのは 「一般信用売建」のサービス開始です。 新しい施策を次々と打ち出しているのですが、直近で発表された中から注目度が高いサービスをピックアップしてみました。 三菱グループの信用力もあり、約2000銘柄の一般信用売建が可能です。 SBI証券や楽天証券も同様のサービスはありますが銘柄数は半分以下・・。 やはり、株調達を考えると大手傘下のカブコムさんには叶わないのが実情。 そして、新たにサービス参入するSMBC日興証券は大手証券ということもあり、 カブコムさんと並ぶ約2000銘柄が予定されています。 銘柄数が多いだけでも嬉しいのですが、さらに凄いのが 取引手数料が0円という事です。 以下は一般信用売建で人気の証券をザックリと比較したものです。 優待取りはリスクは小さいのですが、利益が小さいというのが欠点です。 手数料が無料で取扱い数が多いSMBC日興証券は、大注目と言ってよいでしょう! 株主優待に興味がある人には、非常にオススメの証券会社です。 投資信託の便利なところは、金額買付(1000円分だけ買うなど)や積立設定ができる点です。 それに対して、株式やETF・J-REITなどは基本的に買付金額は銘柄によって違いますし、自動積立もできません。 ちなみに、私はこのサービスを利用してJ-REITや金ETFなどを積立しています。 以下はJ-REITの産業ファンド投資法人を積立設定の状況です。 私は月に5回に分けていますが、月1回だけでも可能です。 投資信託と同じような感覚で株式売買ができるので、オススメの機能です。 ちなみに、【金ETF】も私はこのサービスを利用して積立を実施しています。 債券は購入時に満期と金利が確定しているので、定期預金とルールが似ている商品。 投資ですので元本保証ではありませんが、米国債なら信用はかなり高くなります(米国が破綻するなら、何に投資しても無駄?)。 債券はネット証券でも購入できますが、種類という点では大手証券が圧倒的に有利。 また、魅力的な新発債の取扱いも過去に多く扱っています。 そして、SMBC日興証券は大手証券の中で ネット口座(ダイレクト口座)から債券を購入できる貴重な会社(他の大手は電話が多い)。 本来であれば米国債などは投資信託や株式よりもリスクが低いので、もっと注目されてもよい商品だと思います。 債券の購入に興味があるある人にはSMBC日興証券はオススメの会社です。 特に注目されているのが AIの予想と損小利大の戦略を組合わせた「AI株価見守りサービス」です。 国内でトップランクのAI技術を持つHEROZ株式会社と共同開発された期待の投資サポート機能です。 それが、IPO(新規公開株)です。 詳細: このIPOの取扱いは、証券会社によって優劣がハッキリでるのですが、 SMBC日興証券は業界でもトップレベルです。 例えば2018年には、上場初値が約10倍で利益が450万円になったIPO(HEROZ)があるのですが、このメイン証券(主幹事)はSMBC日興証券でした。 この証券は大手という事に加えて、三井住友銀行と同グループという利点があります。 IT関連などの話題の企業を誘致しやすい強みを持っているのが魅力。 ちなみに、私時自身の昨年のIPO成績は、5個当選のうち3つが日興証券でした。 また、SMBC日興証券は今年から口座残高が250万円以上を保有しておくと、 IPO当選の当選率がさらに高まる方式になりました。 抽選方法に関しては、別ページで詳しく説明していますので興味がある人は覗いてみてください。 資金が250万円に達していなくてもIPOでは必須証券という事ですね。 ネット証券がメインの人も大手証券を持っていくと便利! 今回は「SMBC日興証券の大逆襲!ネット証券を圧倒する5つの魅力とは?」について書きました。 記事で紹介した多くは、 今年に入ってから発表されたものが大半です。 大手証券が本気でネット口座に乗り出すと、凄まじいという印象を持ちました。 また、SMBC日興証券は情報面に関して大注目です。 例えば会社四季報が見れる会社は数社ありますが、銘柄レポートまで見れるのはこの会社くらいだと思います? これを見つけた時は感動して、記事に書いたほどです。 (以下の記事で紹介) 関連: ネット証券よりも優れた部分を多く持っているので口座を保有しておいて損はないと思います。

次の

日興証券の信用取引の審査に落ちました【2回目】&口座解約警告

日興 証券

最安値というわけではないですが、管理費もかからないのでコストを抑えられます。 メリット:売建の在庫が豊富 これは感覚的なことになりますが、 で1年以上クロス取引していた経験を元にすると、 SMBC日興証券の売建の在庫は多いと思います。 例えばすかいらーくだと20万株とか追加されることもありました。 また、私は 毎月のクロス取引の中で、毎月全体の7割くらいはSMBC日興証券でクロス取引しています。 在庫の豊富さを具体的に証明することがむずかしいですが、経験からいうと 売建の在庫の豊富さは他の証券会社と比べても1位、2位を争うくらいだと思います。 メリット:1週間売建の在庫を確保できるので貸株料を節約できる では、指値にして期間を今週中にすると金曜日の終わりの時間まで売建を確保することができます。 注文方法は上記の画像のようにします。 いつからなら手数料が許容範囲かなということを計算してから、クロス取引することが大切です。 SMBC日興証券のクロス取引の概要まとめ のクロス取引を表にしてまとめました。 現物取引の手数料 ~10万円:135円 ~20万円:194円 ~30万円:270円 ~50万円:432円 ~100万円:864円 ~200万円:1,620円 信用取引の手数料 0円 信用買方金利 2. 50% 現引きする場合に必要となる。 信用取引で買い翌日に現引きすると株の購入手数料が安くすむ 信用取引貸株料 1. 40% 売建を保有している間に発生する 管理費 なし 一般的に信用取引では建日から1カ月毎に管理費が発生する場合がある 返済期限 3年 注意点 一般信用の売り建て注文は、ダイレクトコースの人のみ利用可能 信用取引だと株の売買が手数料無料というのは、他の証券会社ではなかなかないのでとてもうれしいですね。 信用取引だと株の売買が手数料無料なので、• 一般信用で売りの注文• 制度信用で買いの注文して翌日に現引き するという方法が、1番手数料安く取引できるかと思います。 注意点は手数料は0円ですが、信用取引で買いの注文をすると 金利(2. SMBC日興証券の現物取引の手数料 現物取引の手数料は、他の や と比べると高いです。 SMBC日興証券の信用取引の手数料 では信用取引の手数料が0円です。 そのため株を購入する時は、 信用買いしてから翌日に現引すると手数料がとても安く現物株を購入することができますよ。 SMBC日興証券の貸株料 貸株料もとても安いです! は、クロス取引に1番適しているのではないかと思えますね。 SMBC日興証券でクロス取引をやるための準備 でクロス取引をやるには、準備が2つあります。 SMBC日興証券の口座開設• 信用取引の口座開設 SMBC日興証券の口座開設をするだけでは、信用取引ができるようにはなりません。 別途申し込む必要があります。 SMBC日興証券での口座開設 でクロス取引をやろうと思ったら、SMBC日興証券での口座開設が必要です。 口座開設についてはで詳しく解説していますので、よかったら参考にしてみてください。 SMBC日興証券の信用取引の口座開設 での口座開設が完了したら、信用取引の口座開設を申込しましょう。 書類を読んだり、質問に答えたりするだけなので簡単でした。 しかししっかり読まないとひっかけ問題に間違えたりするかもしれないので、よく読んで回答するようにしましょう。 信用取引の口座開設のスケジュールは以下になります。 SMBC日興証券の 最低保証金は30万円です。 保証金が30万円を下回っている場合には、新規に信用取引の注文でないので、まずは30万円以上の現金をSMBC日興証券に入れておきましょう。 また、信用を供与してくれる証券会社に担保として差し入れる現金や株式などを「委託保証金」と言います。 委託保証金率は、法令で 約定代金の30%以上必要とされています。 建玉がある状態で法定最低保証金である30万円もしくは委託保証金率が25%を下回った場合は、追証となり翌々営業日の15:30までに30万円の額を上回るよう入金する必要があります。 ヘッダーメニューの「お取引」• 信用取引の欄の「信用取引担保状況」• 「保証金維持率状況」を見る 「保証金維持率状況」の欄には「前日・本日・リアルタイム」とありますが、どれも30%以上を保てるようにした方が安心ですね! SMBC日興証券の一般信用売りの在庫の確認方法 STEP1 お取引ページへ のマイページにログインします。 ヘッダーのタブの お取引をクリックします。 信用取引の部分の 取扱銘柄一覧をクリックします。 は優待月別に表示したりができないので、銘柄名やコードで調べるのが1番手っ取り早いと思います。 0株だったり何も表示されていなければ取引はできません。 SMBC日興証券で一般信用売りの売り注文を行う 手順1 一般新規売をクリック 信用取引の売建の在庫確認して、在庫があった場合 一般新規売のリンクをクリックします。 手順2 注文の入力 注文の入力をします。 ヘッダーメニューから「お取引」• 現物注文なら国内株式の「注文約定一覧・取消・訂正」 信用取引なら信用取引の「注文約定一覧・取消・訂正」 SMBC日興証券で現渡注文を行う方法 クロス取引期間最終日(権利付最終日)が過ぎたら、株主優待はもらえることが確定したので、持っている• 現物で買った株• 一般信用で売った株 は手放します。 しかし普通に現物で買った株を普通に売却したり、一般信用で売った株を返買注文すると手数料がとられるので「現渡注文」という方法で手放します。 現渡注文は手数料が0円で「現物で買った株」と「一般信用で売った株」を手放すことができるからです。 「現渡」のやり方は複雑な工程もないので、やったことない方でもすぐにできるようになりますよ。 クロス取引期間最終日(権利付最終日)の15:30以降に行わないと、株主優待券がもらえませんので現渡注文はクロス取引期間最終日(権利付最終日)15:30以降に行います。 しかし は15時〜17時まで注文ができないので、 現渡はクロス取引期間最終日(権利付最終日)の17時以降に行うようにしましょう。 長く借りていると貸株料が取られるので、なるべく早く返すことが大切です。 手順1 建玉一覧ページへ SMBC日興証券にログインしたら、ヘッダーメニューの お取引から 建玉一覧(返済・現引・現渡)をクリックします。 手順2 現渡を選択 信用建玉一覧にある銘柄で現渡したい銘柄の右にある 現渡というリンクをクリックします。 手順3 数量を入力 現渡する株数を入力します。 特に理由がなければ現渡可能数量に書いてある株数をそのまま入れればいいと思います。 注文内容を確認ボタンを押して次へ進みます。 手順4 現渡の注文内容の確認 赤く囲んであるところは気にしなくても大丈夫です。 注文内容を確認して大丈夫であれば 注文するボタンを押します。 手順5 完了 これで現渡は完了です。 SMBC日興証券は信用取引の手数料が無料なので、コストをかなり節約できますよ! 現引のやり方は「」の記事で解説していますのでよかったらご覧ください。 手数料面でお得なSMBC日興証券でクロス取引・つなぎ売りをやろう! さんざん書いてきましたが、 は手数料を抑えるにはとても適している証券会社です。 貸株料も安いので、かなり前から注文しておくことも可能ですね。

次の

日興証券の信用取引の審査に落ちました【2回目】&口座解約警告

日興 証券

最安値というわけではないですが、管理費もかからないのでコストを抑えられます。 メリット:売建の在庫が豊富 これは感覚的なことになりますが、 で1年以上クロス取引していた経験を元にすると、 SMBC日興証券の売建の在庫は多いと思います。 例えばすかいらーくだと20万株とか追加されることもありました。 また、私は 毎月のクロス取引の中で、毎月全体の7割くらいはSMBC日興証券でクロス取引しています。 在庫の豊富さを具体的に証明することがむずかしいですが、経験からいうと 売建の在庫の豊富さは他の証券会社と比べても1位、2位を争うくらいだと思います。 メリット:1週間売建の在庫を確保できるので貸株料を節約できる では、指値にして期間を今週中にすると金曜日の終わりの時間まで売建を確保することができます。 注文方法は上記の画像のようにします。 いつからなら手数料が許容範囲かなということを計算してから、クロス取引することが大切です。 SMBC日興証券のクロス取引の概要まとめ のクロス取引を表にしてまとめました。 現物取引の手数料 ~10万円:135円 ~20万円:194円 ~30万円:270円 ~50万円:432円 ~100万円:864円 ~200万円:1,620円 信用取引の手数料 0円 信用買方金利 2. 50% 現引きする場合に必要となる。 信用取引で買い翌日に現引きすると株の購入手数料が安くすむ 信用取引貸株料 1. 40% 売建を保有している間に発生する 管理費 なし 一般的に信用取引では建日から1カ月毎に管理費が発生する場合がある 返済期限 3年 注意点 一般信用の売り建て注文は、ダイレクトコースの人のみ利用可能 信用取引だと株の売買が手数料無料というのは、他の証券会社ではなかなかないのでとてもうれしいですね。 信用取引だと株の売買が手数料無料なので、• 一般信用で売りの注文• 制度信用で買いの注文して翌日に現引き するという方法が、1番手数料安く取引できるかと思います。 注意点は手数料は0円ですが、信用取引で買いの注文をすると 金利(2. SMBC日興証券の現物取引の手数料 現物取引の手数料は、他の や と比べると高いです。 SMBC日興証券の信用取引の手数料 では信用取引の手数料が0円です。 そのため株を購入する時は、 信用買いしてから翌日に現引すると手数料がとても安く現物株を購入することができますよ。 SMBC日興証券の貸株料 貸株料もとても安いです! は、クロス取引に1番適しているのではないかと思えますね。 SMBC日興証券でクロス取引をやるための準備 でクロス取引をやるには、準備が2つあります。 SMBC日興証券の口座開設• 信用取引の口座開設 SMBC日興証券の口座開設をするだけでは、信用取引ができるようにはなりません。 別途申し込む必要があります。 SMBC日興証券での口座開設 でクロス取引をやろうと思ったら、SMBC日興証券での口座開設が必要です。 口座開設についてはで詳しく解説していますので、よかったら参考にしてみてください。 SMBC日興証券の信用取引の口座開設 での口座開設が完了したら、信用取引の口座開設を申込しましょう。 書類を読んだり、質問に答えたりするだけなので簡単でした。 しかししっかり読まないとひっかけ問題に間違えたりするかもしれないので、よく読んで回答するようにしましょう。 信用取引の口座開設のスケジュールは以下になります。 SMBC日興証券の 最低保証金は30万円です。 保証金が30万円を下回っている場合には、新規に信用取引の注文でないので、まずは30万円以上の現金をSMBC日興証券に入れておきましょう。 また、信用を供与してくれる証券会社に担保として差し入れる現金や株式などを「委託保証金」と言います。 委託保証金率は、法令で 約定代金の30%以上必要とされています。 建玉がある状態で法定最低保証金である30万円もしくは委託保証金率が25%を下回った場合は、追証となり翌々営業日の15:30までに30万円の額を上回るよう入金する必要があります。 ヘッダーメニューの「お取引」• 信用取引の欄の「信用取引担保状況」• 「保証金維持率状況」を見る 「保証金維持率状況」の欄には「前日・本日・リアルタイム」とありますが、どれも30%以上を保てるようにした方が安心ですね! SMBC日興証券の一般信用売りの在庫の確認方法 STEP1 お取引ページへ のマイページにログインします。 ヘッダーのタブの お取引をクリックします。 信用取引の部分の 取扱銘柄一覧をクリックします。 は優待月別に表示したりができないので、銘柄名やコードで調べるのが1番手っ取り早いと思います。 0株だったり何も表示されていなければ取引はできません。 SMBC日興証券で一般信用売りの売り注文を行う 手順1 一般新規売をクリック 信用取引の売建の在庫確認して、在庫があった場合 一般新規売のリンクをクリックします。 手順2 注文の入力 注文の入力をします。 ヘッダーメニューから「お取引」• 現物注文なら国内株式の「注文約定一覧・取消・訂正」 信用取引なら信用取引の「注文約定一覧・取消・訂正」 SMBC日興証券で現渡注文を行う方法 クロス取引期間最終日(権利付最終日)が過ぎたら、株主優待はもらえることが確定したので、持っている• 現物で買った株• 一般信用で売った株 は手放します。 しかし普通に現物で買った株を普通に売却したり、一般信用で売った株を返買注文すると手数料がとられるので「現渡注文」という方法で手放します。 現渡注文は手数料が0円で「現物で買った株」と「一般信用で売った株」を手放すことができるからです。 「現渡」のやり方は複雑な工程もないので、やったことない方でもすぐにできるようになりますよ。 クロス取引期間最終日(権利付最終日)の15:30以降に行わないと、株主優待券がもらえませんので現渡注文はクロス取引期間最終日(権利付最終日)15:30以降に行います。 しかし は15時〜17時まで注文ができないので、 現渡はクロス取引期間最終日(権利付最終日)の17時以降に行うようにしましょう。 長く借りていると貸株料が取られるので、なるべく早く返すことが大切です。 手順1 建玉一覧ページへ SMBC日興証券にログインしたら、ヘッダーメニューの お取引から 建玉一覧(返済・現引・現渡)をクリックします。 手順2 現渡を選択 信用建玉一覧にある銘柄で現渡したい銘柄の右にある 現渡というリンクをクリックします。 手順3 数量を入力 現渡する株数を入力します。 特に理由がなければ現渡可能数量に書いてある株数をそのまま入れればいいと思います。 注文内容を確認ボタンを押して次へ進みます。 手順4 現渡の注文内容の確認 赤く囲んであるところは気にしなくても大丈夫です。 注文内容を確認して大丈夫であれば 注文するボタンを押します。 手順5 完了 これで現渡は完了です。 SMBC日興証券は信用取引の手数料が無料なので、コストをかなり節約できますよ! 現引のやり方は「」の記事で解説していますのでよかったらご覧ください。 手数料面でお得なSMBC日興証券でクロス取引・つなぎ売りをやろう! さんざん書いてきましたが、 は手数料を抑えるにはとても適している証券会社です。 貸株料も安いので、かなり前から注文しておくことも可能ですね。

次の