白玉 点滴 デメリット。 [それってウソ?ホント?]“白玉点滴って本当に美白できるの?“を皮膚科医に直撃!

海外セレブに人気の白玉点滴と白玉注射とは!?ダウンタイムやメリットデメリットを徹底解説!

白玉 点滴 デメリット

白玉注射って何?効果や副作用はどうなのかまとめてシェアしていきます! 1 白玉注射とは? 2 白玉注射の効果は? 3 白玉注射の副作用は? 4 白玉注射の成分のはあるの? なにかと話題となる、AKB48のさんが白玉注射をして綺麗になったと言われていますが、この白玉注射とは一体なんでしょうか? 効果や副作用についてまとめていきます! 2017年現在、ビタミンC点滴だとか、いろいろと美容に良いと言われるものが数多くありますが、今回はその中でも白玉注射と呼ばれるものにフォーカスをして情報をまとめていきます! 白玉注射とは? 白玉注射とは、別名「美白点滴」と呼ばれていて、肌の美白効果が高い「グルタチオン」という成分を高配合して点滴を行う美容施術になります! 別名は他にもあり、がこの注射を受けたことで有名になり「注射」とも言われていますが、非常に美白効果が高いため、ハリウッドセレブや韓国芸能人などからも大人気だと言われています。 そもそも、白玉注射で使われれるグルタチオンとは一体なんでしょうか? 肝臓や他の臓器から作られるトリペプタイド(が3つ繋がっているもの)で、身体のサビ取り=抗酸化に作用するということで、病気の治療から美容まで幅広く使用されている成分です! 1921年に、イギリスの生化学者のホプキンスによって発見された、自然界に広く分布している化合物がグルタチオンで、次の3つのが結合してできています。 他には、を飲むとこの成分が体内で増えるので、例えばガン患者の治療がやりやすくなったり、免疫系が悪化した人が飲んだら改善したとう臨床体験もあります。 美容目的で行うのなら、肌のくすみが気になる人におすすめなのが白玉注射です。 グルタチオンは、さまざまな毒物と結合して無毒化し、さらに体外へ排出する働きがあります。 この成分が減少すると、次のような病気を発症すると言われています。 白玉注射のやり方は非常に簡単です! クリニックに行って、15~30分点滴をするだけです! 点滴ですから、腫れも痛みもなく、終了後はそのまま歩いて家まで普通に帰ることができます。 ただ、一回だけやっても効果はなく、最初の5週間は一週間に2回、計10回やったら2週間に一回、その後も続けるのなら月に1回継続していくと効果的だと言われています。 喘息の方は、白玉注射の成分が咳を誘発するものが入っているので、医師に相談してから行うようにしましょう。 ちなみに、白玉注射の効果が実感できるのは、この成分が20代をピークに減少していくからです! 40代女性になると、さらに減少しているので、定期的に体内に取り込むことで美肌をキープすることができると言われています。 医療現場でも使われていますので、安心して受けることができるのも嬉しい特徴です! 白玉注射の効果は? ここからは、白玉注射の効果についてどんなものがあるのか詳しくご紹介していきましょう。 白玉注射に含まれる成分には、体内での生成を抑制してシミやそばかすを改善し、肌色をトーンアップしてくれる働きがあるだけでなく、肌の新陳を促し、肌の血流を高めてくれます。 グルタチオンは水溶性が高いので、内服薬として摂取しても、あまり胃腸で吸収されないと言われているので、白玉注射として点滴で体内に入れたほうが、消化器官を通さないので、全身に行き渡らせるのにこの方法のほうがベストだと言われています。 そして、この成分は肝臓の解毒を助けたり、肝機能を改善したりする作用がありますので、お酒をよく飲む人や、二日酔いで苦しんでいる人にも効果的だと言われています。 6~8回受けると肌のトーンが変わったことがわかるそうですが、早い人なら4~5回で実感できるようです。 白玉注射の副作用は? 白玉注射の成分の、グルタチオンにはほとんど副作用はないと言われていますが、まれに次のような副作用を出す人もいるようです。 副作用の心配はほぼないとはいえ、次の方は受けられないと言われていますので、医師に相談しましょう。 ですから、海外サイトなどからを購入するしかないようです。 クリニックなどに通っている方は、医師が処方してくださるようですが、通うだけでも大変です、手軽に購入できる方法はやはり、iHerbがおすすめになります。 内服薬はあまり効果がないという医療現場の声があるようですが、調べていくと、白玉注射の成分をで摂取していてかなり良い作用があったという情報が数多く出てきたので、飲むこともなんらかの変化に繋がる可能性があるようです。 個人的にも、この記事をまとめて非常に興味がありますので、iHerbで頼んで飲んでみて、実感したことなどをこの記事で後ほどシェアしたいと思います。 iHerbって何?と思った方は、こちらの記事をご覧ください。 すでにこれを飲んでいる方のサイトなどもチェックしたら、なかなか良さそうだということが分かったことも、選んだ理由になります! 届いて飲み始めて、実感ができるなんらかの変化があるかどうかは、今後記事に書き足しをしていきますので、今しばらくお待ちください。

次の

白玉注射(グルタチオン)のデメリットは?

白玉 点滴 デメリット

美白効果だけでなく、体内の活性酸素除去作用による肌細胞の老化予防・改善効果、メラニン色素生成の抑制効果などの予防・改善効果も期待ができます。 この治療の発祥は美容大国の韓国とされており、現在では日本だけでなく欧米諸国においてもエイジングケアの手助けとして取り入れられています。 ハリウッドセレブや韓国のスターが取り入れている点滴としても、とても注目されています。 当院の白玉点滴は、美容成分をカクテルすることで、更なる相乗効果が期待できます。 グルタチオンの効果• 高い抗酸化作用• メラニンの生成を抑制する• アレルギーや喘息を抑える• 肝機能向上• 炎症後の色素沈着• 免疫力の増強• 慢性疲労の回復• 高血圧・糖尿病の予防• 男性不妊• 湿疹、皮膚炎、蕁麻疹などの皮膚疾患 お好みの成分をカクテル 当院の白玉点滴は、様々な有効成分を組み合わせてカクテルすることが可能です。 白玉点滴との相性の良い成分や相乗効果が得られる成分などお悩みに合わせた効果が期待できます。 ご予約・ご来院 当院は完全予約制です。 ご来院される前にお電話にてご予約ください。 受付時間 11:00〜19:00 休診日 日曜日 2. カウンセリング・診察 専門のカウンセラーによる、施術についての具体的なプランや施術料金、お支払い方法、ダウンタイム等のご説明をいたします。 また、診察は経験豊富なドクターが分かりやすく丁寧にご説明いたします。 お悩みやご希望をできるだけ詳しく、ご不明点やご不安なことなどもお気軽にご相談ください。 カウンセリングの内容でご納得いただきましたら、施術のお手続きとお支払いをしていただきます。 施術 施術は当院の経験を積んだ看護師が行いますので、ご安心くださいませ。 施術は清潔な施術室で行います。 施術中は患者様の体調を優先し、安全に配慮した上で施術を行いますのでご気分が悪くなったり、ご不安になったときは、すぐにお声掛けください。 施術後・アフターケア 施術終了後は、すぐにご帰宅いただけます。 パウダールームをご用意いたしておりますので、お化粧直しなどにご利用ください。 施術後の経過でご不安なことやご質問等ございましたら、お気軽にご相談ください。 リスクと副作用 手術について 施術期間 1日 グルタチオンの濃度により通う頻度が違います。 施術回数 1回 効果的な頻度と継続期間を伝えて、点滴の回数を決めていきます。 施術時間 注射時間30分 使用する麻酔 なし 術後について 入院 必要なし 食事制限 制限なし 飲酒 制限なし お化粧 制限なし 洗顔 制限なし シャワー 制限なし 入浴 制限なし 洗髪 制限なし ヘアカラー 制限なし 運動 制限なし マッサージ 制限なし コンタクトレンズ 制限なし その他の注意事項 稀に食欲不振、悪心・嘔吐、発疹、アナフィラキシー様症状が出ることがあります。 ダウンタイムや副作用 個人差があります。 痛み 穿刺時、注入時には痛みがあります。 腫れ ほとんどありません。 内出血 ほとんどありません。 赤み 抜針後はほとんどみられません。 20代をピークに加齢とともに少しずつ減少してしまい、減少することで、肌荒れや代謝の低下、疲労感、老化を進行させてしまう可能性があります。 解毒の強化 肝臓にはアルコールや老廃物に含まれる毒やウイルスを消して体外に排泄する働きがあります。 そして、グルタチオンは肝臓の解毒する働きを助け、体の中の毒を中和し解毒して、体外に排出する効果があります。 白玉点滴の副作用 グルタチオンは元々体内に存在する成分なので副作用の心配はほとんどありません。 ごく稀に、発疹、発熱、掻痒感等が出る場合があります。 また、針を刺した部分が赤くなることがありますが、しばらくすると目立ちにくくなって治まります。

次の

「白玉点滴・白玉注射」の違い・効果・リスク・デメリット・値段

白玉 点滴 デメリット

美を追求している人なら当たり前ともいえる美白点滴、芸能人や著名な人達の間でも即効性があると評判です。 美白・美肌を目指す列記とした医療行為なのです。 施術時間は病院によっていろいろですが、 目安としては20分〜1時間前後となっています。 スポンサードリンク 意外と知らない、美白点滴の効果と持続時間とは・・・? サプリメントや化粧品など、世の中には様々な美白方法があるわけですが、多くは効果の出方がちょっと遅い傾向にあります。 その点、美白点滴の効果は非常に早く実感することができるのです。 美白をより早く求めている女性には非常に嬉しいことですよね。 【なぜ効果が早く出るのか】その理由は・・ 《近道ができる!?》 サプリメントなど口から摂取することで得る美白法である場合、口から入り、それから各消化器官を巡り吸収されていきます。 要するにこの方法では、体に吸収されるまで時間がかかってしまうわけなのですが、美白点滴の場合、そのような経路を辿ることなく、 血管に直接体内に入れてしまうので、いち早く体の中に吸収させることができます。 《目的の成分のみをいち早く吸収できる!?》 点滴には美白に有効な成分のみが配合されています。 病院によっては自分で選ぶこともできますよ。 また、そもそも体内に吸収されやすいよう作られていますので、いち早く血液に溶け込み効果を発揮してくれます。 美白点滴は、「とにかく早く!」を求めている人向けの美白法です。 美白というと顔だけというイメージもありますが、美白点滴は顔だけでなく全身のくすみや黒ずみに対する改善効果も期待できます。 美白点滴を受けることで頭のてっぺんから足の先で透き通るような白い肌を目指すことができるのです! また、美白点滴と一言でいってもいろんな種類があります。 選ぶ点滴によっては美白だけでなくアンチエイジング効果、その他健康面に関する効果も期待できてとってもお得です。 とはいえ、その効果の持続時間は短いものとなります。 人にもよりますが、 基本的に1回の点滴で数日間〜1週間ほどの期間しか効果は持続しません。 過度に期待しすぎると、ここでがっかりしてしまうこともあるので心得ておいてくださいね。 【重要!】美白点滴の基本的な受け方とは・・・? そもそも、美白点滴は1回のみで効果を発揮させようと作られていないのです。 常に効果を実感していたいのであれば「1週間に1度」の施術がオススメです。 継続することで持続時間も徐々に長くなります。 基本的には、 1週間に1度というペースを1・2ヶ月間続けていき、肌の状態が少し落ち着いたら、その後は1ヶ月に1度、2ヶ月に1度などとちょっと間隔をあけるという通い方が理想的です。 ここまででも、シミやくすみが消えたと実感されている人が多くいるんですよ。 シミやくすみなど1度改善されると効果はさらに続く傾向にあります。 そこまでいけば、通う間隔をもう少し空けてもいいでしょう。 個人差はありますが、 改善後は半年に1回、または、年に1回という間隔でも満足いく結果を得られるようになるケースもあります。 通い始めのうちは、通う頻度が高くなるので費用面で心配なところもありますが、継続し、通う間隔が短くなれば費用を抑えることも可能といえます^^ 【注意!】これを読む前に美白点滴は受けないでください!! 即効性・美白だけでなく様々な効果を期待できるなどの美白点滴のメリットが存在する中で、相反してデメリットがあるということも忘れてはいけません。 もし、あなたが美白点滴を受けようとしているのであれば、デメリットも頭の中に入れておいてくださいね。 デメリット 比較的、 施術費用が高額です。 医療行為ではあるものの保険適用外となりますので、1回につき6000円〜10000円(目安)です。 病院によってはそれ以上するところもあります。 デメリット2 まれにではありますが、副作用が出る時があります。 主に「発疹・頭痛・吐き気・腹部の不快感」など。 また、本当にごくごくまれではありますが、アナフィラキシー症状を引き起こしてしまう人も中にはいます。 もしも、点滴中に少しでも気分が悪くなったら、すぐに医師に伝えましょう。 デメリット3 心臓に疾患がある人・高血圧症の人、腎臓に疾患のある人・血栓性の疾患がある人など、このような人達は美白点滴を受けられません。 受けようと思う際は、必ず事前に確認するよう心がけてください。 他にも、美白点滴に含まれる成分によって受けることのできないケースも出てきます。 点滴を受ける際は、必ず医師と相談した上で受けましょう。 「自分なら大丈夫」などという根拠のない自信は持ってはいけません。 誰にでも副作用等デメリットが起こりうる可能性がありますので、気を付けてくださいね。 聞いたことあるかも!?美白に効果的な成分とは・・・? 美白の他に何を求めますか?^^ 美白点滴の種類は数多くあるんです!! 美容に効果的な成分を知っておけば、点滴選びに迷いません。 せっかく点滴を受けるのですから、自分に合った点滴を選びましょう。 ビタミンC 主に美白、コラーゲン生成に役立ちます。 抗酸化作用・免疫強化の働きもあるのでニキビやふきでものが発生するのを抑え、また、発生しづらい肌を作ります。 ビタミンB2 皮膚や粘膜の保護効果が期待できます。 外からの刺激を跳ね除け、丈夫な肌作りを目指せます。 細胞の再生効果もあるので、ダメージを受けても復活できます。 ビタミンB6 様々な外的刺激から肌を守り、皮膚炎の予防に役立ちます。 グリチルリチン・グリシン・システイン 美白に効果的。 また、 抗炎症作用、抗アレルギー作用、解毒作用と複数の効果を期待できるので、もともと肌が弱い人でも、より丈夫な肌を目指せます。 トラネキサム酸 美白への効果他、抗炎症作用、抗アレルギー作用があります。 炎症により赤みが出やすい肌などに効果的です。 くすみ・シミの改善や余殃に役立ちます。 他にもコラーゲンの生成、抗酸化作用、保湿効果、抗アレルギー効果もあるので全体的に美肌を目指せる成分です。 ただ、プラセンタエキスに関しては注意事項があります。 個人差がありますが、血液低下・喘息発作を引き起こす可能性がある他、点滴後は献血ができなくなります。 美白点滴にこれら成分が全てが入っているわけではありません。 他にも美白・美容成分はいくつかあり、病院によって、点滴によって、配合されている成分は異なります。 どの点滴にどの成分が入っているのか、病院と相談しながら自分で選んでいくことにより、その効果の度合いも変わってくると思いますよ。 つまり・・・? 効果はあれど費用が高く、持続性もいまいち・・と一見躊躇しがちな美白点滴ではありますが、よく紐解いていくと、「 効果あり・リーズナブル・持続性あり」のお得な点滴ということができます。

次の