帯状疱疹に 良い 飲み物。 【帯状疱疹と食べ物】治療中や予防のための健康食材

【帯状疱疹と食べ物】治療中や予防のための健康食材

帯状疱疹に 良い 飲み物

20~30代の帯状疱疹の原因は? 帯状疱疹のリスクが高いのは免疫力が低下しやすい年代であるのは間違いないので 50~60代の方は発症しやすくなっているのですが、それとは別の 20~30代の人たちもリスクが高いと言われているのです。 何故リスクが高いのか、それは 免疫記憶細胞が約20年で数が減少して水疱瘡ウイルスを抑えることができなくなるからです。 だいたいの人は5歳までに水疱瘡になるのでそこから20年が経過する20代がちょうどよい年代となってしまいます。 ストレスは関係している? 帯状疱疹とストレスは関係性があります。 まずストレスは溜めすぎると自律神経が乱れます。 そうなると興奮をもたらす交感神経が優位になってしまい、リンパ球のバランスが崩壊します。 免疫の主体であるリンパ球のバランスが崩れることはそのまま免疫力の低下に繋がるのです。 それ以外にもストレスを受け続けるとストレスホルモンが大量に生産されて、 免疫機能を抑制するコルチゾールが分泌され続けることになりこちらも免疫力の低下に繋がるのです。 このようにストレスによって免疫力の低下が発生することで発症する確率が高まるので、間違いなく関係していると言えるでしょう。 お酒は関係している? 強い酒は動脈を拡げることになり皮膚過敏症を悪化させる可能性があります。 そのため帯状疱疹によって皮膚や神経が炎症を起こしている場合は控えるように促される飲み物となるのです。 それ以外にも帯状疱疹に効果がある薬の効果を弱めたり、副作用のリスクを高める可能性があるため良くありません。 ただ、 発症の原因になったとは聞いたことがありません。 発症した場合は酒を飲むのは間違いなく良くないと言えるのですが、酒が原因で帯状疱疹が発生するという理論に基づいた話は見あたっておりません。 食事は関係している? 食生活が乱れていることや栄養不足が直接的に帯状疱疹に結びつくわけではありませんが、 食生活が乱れていたり食事による栄養が偏っている場合は、体力が低下しやすくなり免疫力が低下しやすくなるので必然的に帯状疱疹になりやすくなってしまいます。 逆に、発症してしまった場合は免疫力を高めてくれる食べ物を優先的にとるように促されることになるでしょう。 具体的には 生姜・ねぎ・にんにく・トマト・大豆・海藻類・緑黄色野菜・淡色野菜・鶏肉・梅干し・大根などがすすめられることになります。 これらは免疫力を高めたり疲れをとる効果がある食べ物なので、帯状疱疹以外の風邪の症状がある時におすすめできるでしょう。 考えられるのはやはり免疫力の低下でしょう。 もともと帯状疱疹が発生する理由は免疫力が低下することで原因となるウイルスが暴れだすことにあるのですが、それが子供でも当てはまるのでしょう。 免疫記憶細胞は約20年で数が減少して水疱瘡ウイルスを抑えることができなくなるとされているので、その定義からいささか外れてしまいますが、急激な免疫力の低下があった場合は発症するリスクは20年が経過しなくてもあるということです。 子供の帯状疱疹の原因は? 帯状疱疹は大人の病気として知られていますが、子供でも発症するケースは存在します。 これもやはり 免疫力の低下が一番の原因となっているので、子供の場合でもあまりに免疫力が低下してしまうと発生するリスクがあります。 また、別の説では 水疱瘡に赤ちゃんの時代にかかってしまうと、免疫力が完成していないため水疱・帯状疱疹ウイルスの封じ込めがうまくできないことがあり、再発するまでの期間が普通の人よりも短くなるというものがあります。 Sponsored Link つまり、あまりにも水疱瘡になったのが早すぎる人は再発する可能性が高くなるということなので、そのような人たちは免疫力の低下には人一倍気を付けるようにするべきでしょう。 なりやすい人は? 帯状疱疹になりやすい人というのは、 免疫力が低下しやすい環境にあるかどうかです。 この免疫力は老化が進めば進むほど低下していくので、高年齢になるとどうしても発症しやすくなります。 実際に発症者の年齢別割合等を見てみても、 50代以降は急増しております。 また、 糖尿病や高血圧などの生活習慣病と言われる方は発症しやすい傾向にあるようです。 ステロイド薬などの一部の薬は免疫力が低下してしまうので、薬の摂取から発症に繋がるケースもあるでしょう。 また、職場の環境が過酷で 非常にストレスが溜まるという職場にいる人は発症する確率が上がるでしょう。 年末や連休後の仕事が溜まっている時期などは要注意です。 帯状疱疹はうつる? 帯状疱疹が人から人へうつることはありませんが、 帯状疱疹は原因となるウイルスが水疱瘡と同じであるため水疱瘡にかかっていない子供たちにうつる可能性はあります。 そのため、身近に発症したことが無い子供がいる場合は感染予防を行う必要があるでしょう。 幸い水疱瘡とは違い空気感染力はないと言われているので、 飛沫感染や接触感染に気を付けるようにしてください。 また、 妊婦さんの胎児に感染することもあるようなので、妊婦さんへの接触も気を付けるようにしましょう。 ここでは帯状疱疹は人にうつらないけど発症していない幼児や妊婦さんへの接触は気を付けると覚えてください。 治療法について 帯状疱疹の治療の基本は投薬治療になります。 ここで使う薬はウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬になりますが、痛みがひどい場合は鎮痛剤も使うことがあるでしょう。 ただしこの痛みは通常の痛みと違い神経痛によるものなので、一般の鎮痛剤は効果が無い場合があります。 その場合は抗うつ薬や抗けいれん薬のような神経の痛みに対して効果がある薬を用いることがあるようです。 この痛みの部分は人によっては感じ方が異なることも多いので、医師と相談して治療法を考えることになるでしょう。 そのためどのような痛みがあってどのような悩みがあるのかは必ず医師と相談するようにしてください。 また 注意事項としては必ず指定された期間は飲み続けることで、途中で自己判断のみでやめてしまうのは避けた方が良いでしょう。 それは治りが遅くなり再度痛みが生じる危険性があるのでしっかり医師に確認しましょう。 帯状疱疹につきましては次のページも参考にしてください。 帯状疱疹の原因につきましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。 最後に 以上、いかがだったでしょうか? 今回は帯状疱疹の原因はなんなのかを年代別に考えて、感染や治療法についてもお伝えしました。 若い年代の人でも免疫力が低下してしまうと発症してしまう可能性があるが帯状疱疹だと言うことが分かりましたね。 他にも様々な病気が若年齢化してきているので、これも子供たちの生活リズムが乱れがちで免疫力が低下していることが関係しているのかもしれません。 また、ストレスは免疫力低下の要因にもなり間違いなく万病のもとになってしまうので、生きていくためにはストレス発散方法を確立することが大切になりますね。 カテゴリー•

次の

発疹でもつらい帯状疱疹後神経痛の治し方防ぎ方とは?

帯状疱疹に 良い 飲み物

帯状疱疹 公開日:2016年7月25日 15時00分 更新日:2020年2月21日 14時41分 帯状疱疹とは 帯状疱疹とは、幼少期にかかった水疱瘡(水痘)のウイルスが体内に潜伏し続け、なんらかのきっかけにより発症する病気です。 水疱瘡(水痘)ウイルスと帯状疱疹ウイルスは同じ性質のもので、1回目に発症した時は水疱瘡(水痘)の症状が出ますが、2回目以降に活性化して発症すると、帯状疱疹と呼ばれます。 帯状疱疹が発症する要因として考えられるのは、ウイルス対する免疫力の低下です。 日本人では、6~7人に1人くらいが発症するといわれています。 子どもの頃に、水疱瘡になったことがある人の約10~20%の人が、帯状疱疹を発症します。 帯状疱疹を発症すると、治癒の過程で帯状疱疹のウイルスに対する免疫力がつきますので、すぐに再発することは少ないのですが、数年経つと再び免疫力が低下し、再発することもあります。 帯状疱疹は、他人からウイルス感染するのではなく、かつて発症した水疱瘡(水痘)のウイルスが、自分の体内に潜伏してはいたものの、そのウイルスが悪さをしないように、免疫力で抑えてきたものです。 しかし、免疫力が低下することで、ウイルスが再び増殖を始め、やがて神経痛や写真のような発疹(皮疹)といった症状が出てくることになります。 このような帯状疱疹が成人に感染する確率は極めてまれですが、まだ水疱瘡に感染していない乳幼児や高齢者は、感染する可能性があるので注意しましょう。 写真:帯状疱疹による発疹(皮疹) 写真: 公益社団法人日本皮膚科学会 1 帯状疱疹はなぜ起こるのか 水疱瘡(水痘)ウイルスは、完治した後でも、ずっと体内に潜伏しています。 潜伏している場所は、後根神経節と呼ばれる部位です。 後根神経節とは、脊椎(背骨の間)から皮膚に向かって伸びる神経の、背中側にある塊のような部分のことで、この後根神経節に潜伏していたウイルスが何らかの要因で再活発化するのが帯状疱疹です。 その要因としては、加齢や過労、ストレスなどによる免疫力の低下が挙げられます(図1)。 図1:帯状疱疹を発症する仕組み 帯状疱疹を発症した時は、免疫力が低下している時です。 無理をしないで意識的に休息をとることが大切です。 また、栄養のあるものをしっかりと食べ、十分な睡眠時間も確保してください。 また、悪性腫瘍など病気の合併症や手術、放射線照射などが要因となって、帯状疱疹を発症することもあります。 しかし、体力や免疫力が戻れば、それ以上に悪さはしませんので、必要以上の怖がることはありません。 帯状疱疹が発症する要因をまとめると 帯状疱疹が発症する要因はいくつかありますが、まとめると次のようになります。 免疫力の低下• ストレス• 病気の合併症(悪性腫瘍など)• 放射線照射 帯状疱疹の症状は? 水疱瘡(水痘)ウイルスが再活性化すると、後神経節の中で増殖を繰り返します。 増殖したウイルスは、知覚神経を通って表皮へ移動し、今度は表皮細胞の中で増殖を繰り返します。 ウイルスは神経の走行にそって移動していくため神経の痛みが出たり、図2のように神経の走行に沿った部分に発疹(皮疹)がみられるようになります。 帯状疱疹の症状は、神経の走行にそった痛みから始まり、やがて発疹(皮疹)ができ、その後はかさぶたが出来ます。 かさぶたが治るまで、およそ3週間から1カ月かかります。 この間も痛みは続き、多くの場合は強い痛みを伴います。 図2:神経の流れに沿って皮膚症状があらわれる 帯状疱疹かもしれないと思ったら 帯状疱疹を発症したかもしれないと気づいたら、早めにかかりつけ医を受診してください。 早い時期に治療を開始すると、まだ症状が軽いうちに、早く治すことが出来ます。 治療方法としては、抗ウイルス薬の内服が一般的です。 ただし、薬の副作用として、吐き気や嘔吐、頭痛や錯乱、腎機能障害などが起こる可能性があります。 写真引用元 1).

次の

帯状疱疹の前兆を察知!体にあらわれる初期症状とは?

帯状疱疹に 良い 飲み物

帯状疱疹(たいじょうほうしん)に悩まされる人は毎年、人口10万人当たり300~500人に上ります。 帯状疱疹は子どものころにかかった水痘ウイルス、つまり水ぼうそうのウイルスの再活性化によって起こる病気です。 免疫力が低下した状態になると、神経痛のような痛みが生じ、その痛みが出て4~5日後に出てくる赤みがかった水疱が特徴です。 皮膚の症状や痛みは、普通そのうちに自然治癒しますが、皮膚の症状が消えた後にもしばらくして痛みが出る場合があります。 これを帯状疱疹後神経痛といいます。 短い人は数カ月で痛みから解放されますが、長い人は3~5年、10年近くも悩まされている人もいます。 帯状疱疹後神経痛は帯状疱疹の重症度に応じて起こるものではなく、患者さんによって異なるため、早期発見・早期治療が極めて重要なポイントとなります。 ですから、痛みの後に赤みがかった水疱が出てきたら、遅くとも3日以内に治療を開始するのが、帯状疱疹後神経痛のリスクを低下させてくれることにつながります。 帯状疱疹の治療は薬物療法で、塩酸バラシクロビル(商品名:バルトレックス)という抗ウイルス薬の経口薬がよく使われています。 これを1日3回(8時間おきに)、1週間服用するとともに抗菌外用薬を使って、皮膚の水疱やただれを悪化させないようにします。 そのほか、帯状疱疹の出る場所によっては、「不眠」「便秘」などが合併します。 そのときは睡眠薬、下剤で対応します。 顔面に出てきたときは、早くから皮膚科だけでなく眼科や耳鼻咽喉科と協力体制をとって、共同で治療が行われます。 経口薬が良くなったとはいっても、やはりより効果の高い治療法は抗ウイルス薬の点滴静注(静脈注射)です。 この場合は入院が必要となります。 しかし、入院は1週間程度ですむので、より重症で高齢の人は入院施設のある病院で診察を受け、入院治療で回復を目指すのが、その後の神経痛のリスクを下げるにはもっとも効果的と考えられています。 どちらにしても、帯状疱疹は免疫力の低下が原因なので、あせらずじっくりと休養をとって体力の回復を心がけましょう。

次の