コロナ 鼻血。 【医師監修】何もしていないのに鼻血?考えられる原因と対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

大人で頻繁、大量の鼻血は注意深刻な原因が潜んでいることも|医療ニュース トピックス|時事メディカル

コロナ 鼻血

誰でもは出たことがあると思います。 その中でも、何もしていないのに鼻血が出るといった経験はありませんか? 今回は 特に何もしていないのに出る場合についてご紹介したいと思います。 鼻血が出る仕組み 鼻血は、小鼻の内側にある 鼻中隔(びちゅうかく)にあるキーゼルバッハ部位からの出血が最も多いとされています。 キーゼルバッハ部位は細い血管が網目上に貼り巡らされており、少しの衝撃でも傷ついて出血してしまいます。 傷つきやすいため、 鼻をいじりすぎたり、鼻を強くかんだりしても出ます。 キーゼルバッハ部位からの鼻血がほとんどですが、特に何もしていないのに出る場合は病気が原因である可能性があります。 その際は、キーゼルバッハ部位でなく 鼻腔の奥にある粘膜から出血することがあるようです。 対処法 普段何気なくやってる対処法が実は間違っているという事もあります。 まずは間違った対処法を見てみましょう。 間違った対処法 NG:上を向いて鼻血が出ないようにする NG:首をトントンし、刺激を与える NG:安静にするため横になる 上を向いたり、横になるのは 鼻血を喉へと逆流させてしまう可能性があります。 逆流した血が喉で固まると喉を塞いでしまい、最悪窒息の可能性があります。 上記の行動を行わず、下記の正しい対処をしましょう。 正しい対処法 ・脱脂綿をつめる ・座った状態であごをやや引いた姿勢を保つ ・小鼻をぎゅっとつまむ 脱脂綿を詰めるのが好ましいですが、なければティッシュでも構いません。 特に効果が高いのが小鼻をギュッとつまむ方法です。 上記の方法で、 10分〜15分程度安静にすることで、通常は止まるでしょう。 原因 考えられる原因をそれぞれ見ていきましょう。 アレルギー性鼻炎 ハウスダストによるものや、ダニによるもの、花粉症によるもの等、アレルギー性鼻炎の原因は様々です。 原因は異なりますが、アレルギー性鼻炎にかかると鼻の粘膜が通常よりも弱い状態になります。 鼻の粘膜が弱くなる影響で、鼻を少しかんだだけでも出血をする場合があります。 高血圧 高血圧になることで何もしていないのに鼻血が出ることがあります。 中年期の男性に多い症状です。 食事からの影響も大きく、塩分を摂りすぎると高血圧になりやすいです。 普段の食生活にも注意しましょう。 病気の症状 病気の症状の1つとして、何もしていないのに鼻血が出ることがあります。 病気からくる症状の場合は、 頻繁に鼻血が出る、中々止まらないといった傾向にあります。 鼻血が出る病気 何もしていないのに鼻血が出やすい病気を紹介します。 白血病 白血病は 血液のがんとも呼ばれています。 白血病にかかると血球を作る細胞に異常が発生し、正常な血液を作れなくなり、出血をしやすくなる症状が現れます。 特に白血病は頻度に特徴があり、 1週間のうちに複数回出ることが多いです。 また、鼻血以外にも歯茎等、体の様々な部分から出血が起こります。 肝硬変 肝硬変は肝臓が傷つくことで硬くなってしまう病気です。 肝硬変で鼻血が出やすくなる原因は 血小板の数が減少するためです。 ですので、血液が固まりにくく、止血に時間がかかります。 また、これ以外にも顔が黄色くなる黄疸(おうだん)という症状が出るのも特徴です。 血友病(けつゆうびょう) 血友病は出血を止める際に必要である血液凝固因子が少なく、 一度出血すると止まりづらいという病気です。 かさぶたも中々作られにくく、かさぶたが剥がれてしまった場合再び長時間の出血が起こります。 血友病にかかるとあざができやすくなるようです。 外的刺激に特に弱く、鼻をやさしくかんだり、少し鼻をかくだけでも出血をする可能性があります。 血友病はほとんどの場合が 遺伝によるもののようです。 予防法 病気が疑われる場合は、早く病院を受診するのが重要ですが、 鼻の粘膜等が弱っていて鼻血が出る場合の予防法についてみていきましょう。 軟膏、オイルなどを塗る 鼻の粘膜が弱っている可能性が高いです。 そこで、 粘膜を保護するために軟膏やオイル等を塗ります。 特にワセリンが出血を抑止する効果が高くおすすめです。 ワセリンは近所のドラッグストアや薬局でも取り扱いがあるため、簡単に入手できます。 塗る際は爪で粘膜を傷つけないように、 爪の手入れも行いましょう。 マスクをする マスクをすることで外気による鼻の乾燥を予防できます。 乾燥の粘膜を弱らす原因になります。 室内では加湿器を使用し、部屋の湿度を十分に保ちましょう。 ルチンを摂る ポリフェノールの1種である ルチンは毛細血管を強くする働きがあります。 ルチンは蕎麦、ほうれん草、レバー、なす、トマトなどに豊富に含まれています。 意識的に摂取してみるとよいでしょう。 最後に いかがでしたでしょうか。 何もしていないのに鼻血が出る原因は病気の可能性もあります。 何もしていないのに突然鼻血が出てきた場合は、病院に相談してみましょう。 もし病気を早期に発見できれば完治できる可能性が高まります。 監修:Doctors Me 医師• 今井 さいこ 私は「心の健康を保つためには、『I love you』より『I love me』を大切にしましょう」とクライエント様に発信し続けています。 自分を大切にできない人は周りも大切にすることはできない、と考えているからです。 悩みを抱える方がこのことに気づけば、自分自身で問題を解決していく力を持っています。 変えられない環境に振り回されるのではなく、どんな環境にいても「あなた」でいられる軸を一緒に見つけるお手伝いをいたします。 また、悩みを抱える多くの方が「眠れない」悩みも抱えていることに気づき、睡眠指導者の資格を取得しました。 睡眠習慣についてのお悩みもお伺いいたします。 「こんな悩み、相談してもいいのかな」と思わず、どんな悩みでもご相談ください。 妊活、不妊治療、産前産後うつ、夫婦間コミュニケーション、親子間コミュニケーション、対人コミュニケーション、依存症、... 斉藤 恵一 企業や商品・製品には様々なブランドがありように、これからの時代は個人にもブランドが求められる時代です。 あなたにとって、自分ならではの強みや価値は何ですか?「パーソナルブランド」を築くことを通じて、より活き活きと自分らしく、輝くことができると考えています。 誰もが持つ「可能性」を最大限に引き出すための 「知識」、「技術」、「マインド」を磨き、セルフマネジメントすることで誰もが「なりたい自分」を手に入れ、夢の実現を引き寄せることができるのです。 世間のモノサシに依存するのではなく、自分のモノサシを持ち、セルフイメージを上げて自分の可能性を信じ行動することこそが夢を叶えるために大切なことです。 メンタルトレーニング、コミュニケーションスキル、パーソナルマネジメント、人材育成、対人関係.

次の

新型コロナウイルス初期症状が明らかに

コロナ 鼻血

鼻血は子どもに多く、大人になるとあまり出なくなる。 大人になってから大量に出血し、週に何度も繰り返す場合には注意が必要だ。 東京大学医学部耳鼻咽喉科教室(東京都文京区)の近藤健二准教授に、鼻血の原因や対処法などについて聞いた。 鼻の穴から2センチほど奥の鼻中隔粘膜に「キーゼルバッハ部位」と呼ばれる血管が集中した箇所がある。 鼻の入り口から近く、刺激に弱く乾燥しがちなため出血しやすい。 「特に子どもが鼻をいじったり、強くはなをかんだりすると出血することが多く、毎日のように鼻血を出す子もいますが、少量なら心配ありません」と近藤准教授。 チョコレートなどの食べ過ぎによる鼻血には医学的な根拠は無く、興奮して血圧が上がっただけで鼻血が出ることもないという。 ティッシュを鼻に詰める処置は、取り出すときに、傷をふさいでいた血のりが取れて再び出血しやすいため避けた方がいい。 鼻血が出たら、軽く顎を引いて鼻を両側からつまみ、5~10分間圧迫して止血する。 このとき、口に流れ込んだ血液は吐き出すこと。 「上を向いて鼻をつまむと、血液を飲み込んでしまいます。 血液自体に害はありませんが、大量に胃に入って刺激されると嘔吐(おうと)することがあります。 高齢者の場合は、固まった血液が喉に詰まる恐れもあります」と近藤准教授は話す。 その場合は、出血部位を内視鏡で確認し、最小限の範囲を電気メスで焼く治療を行うこともある。 高血圧や糖尿病などの生活習慣病による動脈硬化がある人は、特に注意が必要だ。 「鼻の奥の太い血管がもろくなって切れると大量出血し、救急搬送されることになります。 一度出血が止まっても、再出血する恐れがあるので医療機関の受診が必要です」と近藤准教授。 血が止まりにくい薬を飲んでいると、複数の箇所から出血することがある。 遺伝的に血管が弱いオスラー病や血管腫、悪性腫瘍で鼻血が起こることもある。 「大人で鼻血が週に何度も出たり、大量に出たりする場合は、耳鼻科を受診してください。 冬場は鼻の粘膜が乾燥してひび割れを起こし、出血することもあるので加湿も重要です」と、近藤准教授はアドバイスしている。

次の

新型コロナウイルス初期症状が明らかに

コロナ 鼻血

咳などの呼吸器系の症状をチェックする 新型コロナウイルス感染症は呼吸器疾患なので、主な症状は咳です。 咳と共に痰が出ることも、そうでないこともあります。 しかし、アレルギーや新型コロナウイルス感染症以外による咳もありますので、あまり心配しすぎないようにしましょう。 咳が新型コロナウイルスによるものだと思われる場合は、医療機関に連絡しましょう。 X Centers for Disease Control and Prevention• 周りに病気の人がいなかったかどうか考えてみましょう。 もしいれば、その人が感染していたウイルスをうつされた可能性が高いと言えます。 明らかな症状が出ている人にはまず近寄らないようにしましょう。 咳が出る場合、免疫系不全、65歳以上の高齢者、新生児、子供、妊婦、免疫抑制剤の投与を受けている人など、合併症の危険が高いハイリスク者に近づかないようにしましょう。 コロナウイルスに感染した可能性がある場合に、どのように行動すればいいかをご説明します。 まず、現在出ている症状を確認します。 コロナウイルスは呼吸器感染症の一種で、主な症状には咳や鼻水があります。 また、頭痛、喉の痛み、発熱も見られるかもしれません。 このような複数の症状が出ている場合は医療機関で検査を受けましょう。 WHO、世界保健機関によれば、コロナウイルスに感染すると息切れや呼吸困難を起こすことがあるということです。 息が苦しい場合は直ちに救急外来などを受診しましょう。 もちろん、先ほどのような症状は、コロナウイルスほど深刻ではない風邪やインフルエンザなどの呼吸器感染症の症状である可能性もあります。 しかし、コロナウイルスに感染した疑いがあれば、直ちに医療機関に連絡し、受診が必要かどうか相談しましょう。 アメリカにお住まいの方はアメリカ疾病管理予防センターにて2019新型コロナウイルスの検査を行っています。 日本では、全国の保健所などに設置されている「帰国者・接触者相談センター」に電話で連絡してください。

次の