ビッパーな俺。 イナイレ 人気投票2

VIPPERな俺 : トースター速報

ビッパーな俺

芸能人による薬物事件は後を絶たない。 「うちのお客に芸能界の人が複数いるよ」。 北関東の暴力団組長は、取材にそう明かし、何人かの名を挙げた。 昨年11月、俳優夫婦が覚醒剤を使ったとして逮捕された。 2009年には俳優のMDMA使用事件に始まり、人気女性タレントが夫と覚醒剤を使い、逃亡の末に逮捕された。 だから、人はごまかされてしまう 「ポエム化の一番の問題点は、目的が抽象的だという点です。 例えば、震災後に政治家やマスコミがこぞって使っていた『被災者に寄り添う』『想いを伝えたい』などのフレーズは耳当たりはいいけれど非常に抽象的ですよね。 ポエム的な言葉は個人の心情や感情をうまく取り入れているから、共感を呼びやすい。 でも、『じゃあ実際には何をするのか』というと、まったく姿が見えてこないんです。 結果、責任範囲の明確さや意味が損なわれるので、グレーゾーンが大きく、具体的には何も提示されていないのに、納得させられてしまう。 こうした感情的なごまかしが生まれるから、ポエムは危険なんです」 一方、「行き詰まった職場ほどポエム化する」と語るのはブラック企業対策プロジェクト共同代表の今野晴貴氏。 「ポエム化する職場は、飲食店や介護、工場の生産ラインなど単純作業かつ労働条件が悪いブラックな職場が多いんです。 普通の企業なら昇進や昇給、スキルアップなどの目標がありますが、こうした職場では長時間勤務で低賃金と労働条件が過酷だし、スキルの向上も一定ラインで頭打ちです。 そんな辛い状況から目を逸らせるため、目標の代わりにポエムを持ち出し、社員に耐えさせようとする。 そして、社員が『残業代や休みをくれ』と言えば、『頑張りが足りない』と根性論で否定するんです」 本来は労働者が求めるべき正当な対価や待遇が搾取されてしまい、こんなに理不尽なことはない。 だが、「ポエムがはびこるのは、なにもブラック企業だけの話ではない」と指摘するのは、社会学者の阿部真大氏。 「ポエム自体は、日本では昔からあるものなんです。 愛社精神だってポエム的だし、大企業にもあるような社歌やスローガンなども大半は根性論的なポエムです。 もっとも、昔は一度就職してしまえば、一生涯会社が面倒を見てくれたので根性論を求められても問題なかった。 ただ、ポエム化企業の場合は、そうした姿勢を求めつつ、それに見合う対価は与えない。 だから問題なんです」 また、企業のポエム化は精神的に成熟しない大人を生むと阿部氏は続ける。 「10代の高校生が甲子園を目指して頑張る姿は確かに感動を生む。 でも、居酒屋甲子園のようにいい年した大人が、人前で自分の希望や夢をぶちまけて感動するというのは、家族や会社など他人のために働くのが普通だった上の世代に比べると、あまりに幼稚。 今後、ポエム化が進めば、年齢は大人なのに精神的には未熟な人が増える可能性もあるでしょうね」 自分には関係ない。 そう思っているかもしれないが、実は世の中にはポエムが満ち溢れている。 気づかぬうちに、自分もポエマー化している……なんてことがないように注意したい。 そして、大量の汗。 ビールをさらに美味しく飲もうと、あえて水分を控える ことも多いと思いますが、こういう状態では急激な「脱水症」の状態に陥り やすくなっています。 また、いわゆる「血液ドロドロ状態」になりやすく、 脳梗塞や心筋梗塞などを起こしてしまうこともあります 本来楽しいはずの炎天下での飲酒で周りの人に迷惑をかけないためには、 「温度管理に十分注意して張り切りすぎない」「アルコールは控えめにする」 「水分補給をこまめにする」が大切です。 ロックしたはずのスーツケースが、いとも 簡単に開けられてしまう恐ろしい内容であった。 現在それとよく 似たような動画が、再び世界中に衝撃を与えている。 手順は以前の記事とほぼ同じだが、今回の動画もやはり見た後に 背筋がスーーーっとなってしまう。 それだけインパクトがあるの だ。 特に飛行機をよく利用するという人は、自分が被害に合わな いためにも確認しておいた方がいいぞ。

次の

18歳から42年間ひきこもった人のスレが痛々しい・・・

ビッパーな俺

大阪の街頭で、若者を中心に30人に「みそ汁を週に何回飲むか」と尋ねたところ、11人が2回以下と回答した。 このうち、「1、2カ月くらい飲んでいない」など月1回以下とした回答が4人を占め、だしをとることを知らない 人もいた。 一般家庭の消費も減少しており、1世帯あたりのみその年間購入量は約30年で半分以下になった。 大手みそメーカーのマルコメは若者のみそ離れを食い止めようと、世界的なモデルやアイドルをCMに起用する など対策に乗り出した。 日本の伝統食に何が起きているのか。 若者の実態を把握するために、20代を中心にした。 「多くても週に1回。 スープをつくるなら主菜になるポトフとか鍋物。 みそ汁は主菜にならない。 それにみそ汁はだしからとらないといけないので面倒くさい」 1人暮らしで自炊派の大阪府大阪狭山市の女性会社員(29)はこう答えた。 「週1回飲むか飲まないか」と回答した大阪府柏原市の女子大学生(19)も自炊しているが、 「みそ汁はつくらない」という。 「ニンジンやキャベツ、タマネギ、ジャガイモといった 野菜をいっぱい入れてコンソメスープなどをつくる。 みそ汁だと、具がワカメやジャガイモなど限られるので」 一方、実家暮らしの大阪府泉南市の男子大学生(22)は「週2回ぐらい」と答えたが、「家の食事は 洋食とか中華、お好み焼きとかで、なかなかみそ汁は出ない」と打ち明けた。 この男子大学生に みそ汁のつくり方を尋ねると、「お湯を沸かしてみそを入れる」とだけ答えた。 だしをとることを 指摘すると、「みそ汁ってだしをとるんですね」 大阪府八尾市の男子大学生(20)も「実家暮らしだけど、あまりみそ汁は出ない」といい、「1カ月くらい 飲んでいない」と明かした。 「みそ汁ではなく、洋風などのスープが出る。 家にみそが置いていないときもある」という。 みそ汁のつくり方を質問すると、同じく「お湯をわかしてみそを入れて……」と回答。 抜けている手順がある と水を向けると、「味の素ですか」。 だしをとることを説明すると、「知っていたけど、必須ではないと思っていました」と話した。 各県ごとに多数派を調べて色分けをしたところ、東西で「そば」派と「うどん」派がはっきりと分かれた。 「関東ではそば、関西ではうどんが好まれる」という定説を裏付ける結果となった。 東日本では「うどん」を支持している都道県がひとつもなく、「そば」派が圧倒的な強さを誇った。 農林水産省によると、「平成27年産そば収穫量」は北海道、長野、茨城、福井、山形の順に多く、 いずれの道県でも「そば」派が優勢。 中国地方唯一の「そば」派である島根では、日本三大そばの一つである出雲そばが有名だ。 西日本では「うどん」が多数派を占めた。 「うどん県」を名乗る香川では9割の票を獲得し貫録を見せたが、四国では愛媛が「そば」派、 徳島と高知が両者拮抗し、五分五分の争いをしている。 長崎は五島うどんが有名だが、県全体では「そば」派が勝る結果となった。 互角の戦いを繰り広げる地域の中には、複雑な心境が読み取れることもある。 「そば」エリアに属する秋田、群馬、山梨では、 それぞれ稲庭うどん、水沢うどん、吉田のうどんが有名だ。 他方で「うどん」エリアに属する山口、徳島では瓦そば、祖谷そばが知られている。 東日本だけど「うどん」が名物、西日本だけど「そば」が名物というジレンマがあるのかもしれない。 逮捕されたのは、千葉県市川市の市議会議員・三浦一成容疑者(28)で、去年、千葉県内のホテルで当時中学1年生(13)の女子生徒に現金を渡して、わいせつな行為をしたなどの疑いが持たれています。 警視庁が三浦容疑者の自宅を捜索したところ、わいせつなDVDも見つかったということです。 三浦容疑者は、おととし市川市の市議会議員に当選し、総務委員会の副委員長などを務めています。

次の

VIPPERな俺 : トースター速報

ビッパーな俺

大阪の街頭で、若者を中心に30人に「みそ汁を週に何回飲むか」と尋ねたところ、11人が2回以下と回答した。 このうち、「1、2カ月くらい飲んでいない」など月1回以下とした回答が4人を占め、だしをとることを知らない 人もいた。 一般家庭の消費も減少しており、1世帯あたりのみその年間購入量は約30年で半分以下になった。 大手みそメーカーのマルコメは若者のみそ離れを食い止めようと、世界的なモデルやアイドルをCMに起用する など対策に乗り出した。 日本の伝統食に何が起きているのか。 若者の実態を把握するために、20代を中心にした。 「多くても週に1回。 スープをつくるなら主菜になるポトフとか鍋物。 みそ汁は主菜にならない。 それにみそ汁はだしからとらないといけないので面倒くさい」 1人暮らしで自炊派の大阪府大阪狭山市の女性会社員(29)はこう答えた。 「週1回飲むか飲まないか」と回答した大阪府柏原市の女子大学生(19)も自炊しているが、 「みそ汁はつくらない」という。 「ニンジンやキャベツ、タマネギ、ジャガイモといった 野菜をいっぱい入れてコンソメスープなどをつくる。 みそ汁だと、具がワカメやジャガイモなど限られるので」 一方、実家暮らしの大阪府泉南市の男子大学生(22)は「週2回ぐらい」と答えたが、「家の食事は 洋食とか中華、お好み焼きとかで、なかなかみそ汁は出ない」と打ち明けた。 この男子大学生に みそ汁のつくり方を尋ねると、「お湯を沸かしてみそを入れる」とだけ答えた。 だしをとることを 指摘すると、「みそ汁ってだしをとるんですね」 大阪府八尾市の男子大学生(20)も「実家暮らしだけど、あまりみそ汁は出ない」といい、「1カ月くらい 飲んでいない」と明かした。 「みそ汁ではなく、洋風などのスープが出る。 家にみそが置いていないときもある」という。 みそ汁のつくり方を質問すると、同じく「お湯をわかしてみそを入れて……」と回答。 抜けている手順がある と水を向けると、「味の素ですか」。 だしをとることを説明すると、「知っていたけど、必須ではないと思っていました」と話した。 各県ごとに多数派を調べて色分けをしたところ、東西で「そば」派と「うどん」派がはっきりと分かれた。 「関東ではそば、関西ではうどんが好まれる」という定説を裏付ける結果となった。 東日本では「うどん」を支持している都道県がひとつもなく、「そば」派が圧倒的な強さを誇った。 農林水産省によると、「平成27年産そば収穫量」は北海道、長野、茨城、福井、山形の順に多く、 いずれの道県でも「そば」派が優勢。 中国地方唯一の「そば」派である島根では、日本三大そばの一つである出雲そばが有名だ。 西日本では「うどん」が多数派を占めた。 「うどん県」を名乗る香川では9割の票を獲得し貫録を見せたが、四国では愛媛が「そば」派、 徳島と高知が両者拮抗し、五分五分の争いをしている。 長崎は五島うどんが有名だが、県全体では「そば」派が勝る結果となった。 互角の戦いを繰り広げる地域の中には、複雑な心境が読み取れることもある。 「そば」エリアに属する秋田、群馬、山梨では、 それぞれ稲庭うどん、水沢うどん、吉田のうどんが有名だ。 他方で「うどん」エリアに属する山口、徳島では瓦そば、祖谷そばが知られている。 東日本だけど「うどん」が名物、西日本だけど「そば」が名物というジレンマがあるのかもしれない。 逮捕されたのは、千葉県市川市の市議会議員・三浦一成容疑者(28)で、去年、千葉県内のホテルで当時中学1年生(13)の女子生徒に現金を渡して、わいせつな行為をしたなどの疑いが持たれています。 警視庁が三浦容疑者の自宅を捜索したところ、わいせつなDVDも見つかったということです。 三浦容疑者は、おととし市川市の市議会議員に当選し、総務委員会の副委員長などを務めています。

次の