ブラウザチャート。 株のチャートソフトを比較&おすすめネット証券ランキング

FXチャート一覧【リアルタイム更新】|みんかぶFX

ブラウザチャート

comチャート 両方 Cymo NEXT 両方 Exチャート ブラウザ i-NET TRADER 両方 トレードツールに含まれる FXブロードネットTrader 両方 トレードツールに含まれる FX TRADER 2 ブラウザ トレードツールに含まれる 基本的にFXは、 ブラウザ版よりもインストール版のアプリの方が、高機能で取引しやすいという傾向があります。 本記事ではブラウザに対応している会社も紹介していますが、 基本的にはアプリ対応した会社を優先して選んだほうが良いでしょう。 ですが、近年はブラウザ版でも性能が上がっているため、口座の総合的な特徴を必ず確認して口座開設することをおすすめします。 さて、Macでも取引できる会社は分かりましたが、MacユーザーにおすすめのFX会社は一体どこなのでしょうか。 Macユーザーにおすすめの厳選FX業者3社 ここからはMacユーザーにおすすめのFX会社を3社紹介していきます。 この記事でおすすめするFX会社は「」「」「」の3社です。 この3社はMacに対応しており、なおかつ操作性や口座のスペックの高い業者となっています。 それぞれの業者の特徴やおすすめポイントも解説していきますのでお見逃しなく。 ちなみに、数多くあるFX会社の中でも、 Mac専用取引ツールをリリースしているのは「ヒロセ通商」と「JFX」の2社だけですので、必ず選択肢に入れておきましょう。 高性能な分析特化チャートに加え、未来予測チャートも利用可• 取引量に応じたキャンペーンは業界随一 ヒロセ通商ではトレードツールの種類がとても多く、 インストール版としてMac専用アプリが利用可能です。 インストール版の「LION FX」は、「自由な画面レイアウト」「優れた視認性と操作性」「各コンテンツのウィンドウ化が可能」「取引分析機能」と十分な特徴を持っています。 取引量に応じた食品やキャッシュバックのキャンペーンも常時実施しているため、 MacでFXする場合のメイン口座としておすすめです。 しかし、Silverlightを利用している「LIONチャート」に関しては、多くのブラウザがSilverlightのサポートを終了していく関係上、開発がストップします。 さきよみLIONチャート 「さきよみLIONチャート」は過去のデータから直近のチャートと同じような値動きを自動で探し、未来の値動きを予想する機能です。 またチャート画面の横にはテクニカル指標に基づいた売買傾向を表示するため、 テクニカル分析に慣れていない初心者でも手軽にトレードを行うことができます。 テンプレート保存やチャートデータ出力も可能• 大口トレーダー向けのキャンペーンも常時実施 JFXはヒロセ通商の関連会社という事もあり、基本的なスペックはほぼ同一です。 大きな相違点は、 「通貨ペア数がJFXの方が少ないという点(ヒロセ通商:50 JFX:26)」「取引量に応じたキャンペーンの内容がJFXは若干豪華」という点が言えます。 キャンペーンの内容はヒロセ通商に比べてJFXの方が豪華ですが、その分必要な取引量も多くなるため、 100万~1,000万円以上の高額での運用を考える方はJFXがおすすめです。 インストール版のトレードツール「MATRIX TRADER」の特徴は、ヒロセ通商とほぼ同様で「自由な画面レイアウト」「優れた視認性と操作性」「各コンテンツのウィンドウ化が可能」「チャートから直接注文可能」と一般的です。 「MATRIX TRADER」メイン画面 右クリックで直接注文可能な「インストール版付属のチャート」 チャートは「インストール版付属のチャート」「Silverlight版のMATRIXチャート」の2種類がMacで利用可能です。 インストール版は、チャートから直接注文可能ですがテクニカルの種類が若干少なめ、Silverlight版は、チャートから直接注文可能でテクニカルの種類が多く分析向き、という特徴があります。 現在のところSilverright版の方が多機能になっていますが、 Silverlights版は開発がストップしている点にご注意を。 今後はインストール版、もしくは開発中のHTML5版に取って代わられる可能性が高いですので、利用時はその可能性を押さえておきましょう。 なお、 ヒロセ通商で利用できた相場予想用の「さきよみチャート」はJFXでも仕様が変わらず利用可能です。 Macでも自動売買が簡単に利用可能• 売買手数料は業界最安で初心者にも優しい アイネット証券は自動売買である「ループイフダン」を提供しており、裁量トレードに加えて、自動売買を初心者でも手軽に行うことができます。 売買手数料の安さ、自動売買の勝率の高さともに国内トップであり、 Macで自動売買を行いたい方にはアイネット証券がおすすめです。 アイネット証券のインストール版トレードツール「i-NET TRADER」の特徴は、「自由な画面レイアウト」「優れた視認性と操作性」「各コンテンツのウィンドウ化が可能」「保有ポジションや指値注文等をチャート上に表示」「チャート上にメモができる、つぶやきchart」「取引分析機能」などです。 テンプレートを活用して自由に画面をカスタマイズ チャートにメモができる「つぶやきchart」 「つぶやきchart」はチャート上にメモが残せる機能のことです。 自分がポジションを持った地点や、ポジションを持った根拠をチャート上に記録したり、ファンダメンタルズ動向による突発的な価格変動を記録したり、用途は様々です。 チャート分析はもちろんですが、自分のトレードの復習にも便利なため、初心者に特におすすめできる機能といえます。 ブラウザ版・インストール版どちらもMac対応の業者3選 ここで紹介するFX業者のトレードツールは、インストール版とブラウザ版どちらもMacで利用可能です。 しかし、重ねてお伝えしている通り、ブラウザ版ツールとインストール版ツールでは、インストール版の方が優れている傾向があります。 そのため、ここではインストール版のトレードツールをメインにご紹介します。 外為どっとコム(外貨ネクストネオ) 外為どっとコムの一番の特徴は 業界屈指の情報量です。 基本的な経済指標やレート情報は勿論ですが、ヘッジファンドが持つ投機的なポジション推移や、為替注文情報、売買比率・ポジション比率など、多岐にわたる情報を確認することができます。 そのため、 これからFXを始める人にとっては重要な情報源となるため、情報目当てとして口座を持っていても損は無いでしょう。 インストール版のトレードツール「外貨ネクストネオ」の特徴は、「スピード注文ウィンドウ」「チャートは最大6分割表示」「画面カスタマイズ性の高さ」「各コンテンツのウィンドウ化が可能」「同時に注文画面を3つまで表示可能」「指定したレートを知らせてくれるリミッターメール」などで非常に高機能なトレードツールです。 「外貨ネクストネオ」メイン画面とカスタマイズ例 「G. comチャート」 また、マウスでの操作性に優れた高機能チャート「G. comチャート」はブラウザ版・インストール版どちらでも利用可能です。 comチャート」では通貨の変動率も確認でき、今注目すべき通貨ペアを探し出すことも出来ます。 変動率が高ければそれだけ稼ぐチャンスがあるということです。 しかし、変動率が高いという事は大きく損失するリスクもあるということ。 チャンスを見つける機能としても、リスク管理としても使える機能ですので、ぜひ利用したいところです。 YJFX! (外貨ex) YJFX! は検索エンジンでお馴染みのヤフーグループが運営するFXサービス。 Yahoo! JAPAN IDと連携することで、キャッシュバックをPayPayで受け取ることができるので、PayPayのヘビーユーザーはかなりお得にFXができちゃいます。 そんなYJFX! のインストール版のトレードツール「Cymo NEXT」は、取引の操作スピードを重視したトレードツールです。 先ほど紹介したアイネット証券の「ループイフダン」に負けず劣らずの成績を出す自動売買ですが、こちらの「トラッキングトレード」は売買コストがお高めとなっています。 自動売買について詳しく知りたい方は、以下の記事で各社の比較やおすすめ会社をまとめているのでご覧になってみて下さい。 FXブロードネットは 優秀な「トラッキングレコード」に加えて、裁量トレードで重要になってくるスプレッドも狭いため、一つの口座で自動売買と裁量トレードの両立をさせたいという人におすすめです。 インストール版のトレードツール「FXブロードネットTrader」の特徴は、「自由な画面レイアウト」「優れた視認性と操作性」「各コンテンツのウィンドウ化が可能」「保有ポジションや指値注文等をチャート上に表示」「取引分析機能」などです。 「FXブロードネットTrader」メイン画面とチャート ブラウザ版のみMac対応のおすすめFX業者4選 これから紹介するFX業者は、そもそもMac版のインストール版トレードツールがありません。 記事の冒頭部分でお伝えしてきた通り、FX取引のツールはブラウザ版よりもインストール版の方が優れている傾向があります。 ですが、ここで紹介するFX業者はブラウザ版と言えど、他社のインストール版と比べても、機能・操作性で決して負けていないツールを提供しています。 先ほど紹介したアプリ版のトレードツールがイマイチと感じた方は、こちらのブラウザ版のトレードツールも併せて確認してみて下さい。 DMM. com証券(DMM FX) DMM. com証券の「DMM FX」は、ブラウザ版トレードツール「DMMFX PLUS」「DMMFX STANDARD」、ブラウザ版高機能チャート「プレミアチャート」がMacで利用可能です。 Mac用のインストール版ツールはありませんが、最も高機能な「DMMFX PLUS」の主な特徴は、「レイアウト変更も自由自在」「各コンテンツを別ウィンドウとして表示」「チャートを右クリックで直接注文」「4つの通貨ペアを1画面で比較できるチャート」「売買比率が確認可能」などで、非常に強力なトレードツールです。 「DMMFX PLUS」メイン画面 「プレミアチャート」メイン画面 「プレミアチャート」は、 最大6画面に分割可能で、 29種類ものテクニカル指標が利用できます。 プレミアチャートは比較チャート機能が備わっており、FX・CFDの全27銘柄のチャートを重ねて分析することが可能です。 通貨と株価指数などの値動きが連動しているタイミングを見つければ、チャートの値動きを予測することもできるでしょう。 トレイダーズ証券(みんなのFX) トレイダーズ証券では、ブラウザ版のトレードツール「WEBトレーダー」「FXトレーダー」がMac・Windows兼用で利用可能です。 「WEBトレーダー」は初心者向けで扱いやすい反面、機能は最低限といったところです。 「FXトレーダー」は上級者向けで機能量はかなり潤沢ですが、扱いやすさという面ではWEBトレーダーに劣ります。 両ツールともに言える特徴は、「ポップアウト機能でコンテンツをウインドウ化」「カスタマイズ性が高い」「チャートから直接注文可能」「 20種類のテクニカル指標」「売買比率が確認可能」などで、他社のインストール版に比べ全く負けていません。 「FXトレーダー」メイン画面 売買比率をツール上で確認可能 みんなのFXではツール上で各通貨ペアの売買比率が確認可能です。 売買比率を確認できれば、他のトレーダーの動向がつかめるため、自分のトレードの参考にできますね。 なお、 売買比率は「Webトレーダー」「FXトレーダー」のどちらでも確認が可能です。 セントラル短資(FXダイレクトプラス) セントラル短資の「FXダイレクトプラス」は、高機能トレードツール「プログレッシブチャート」、シンプルな操作で取引可能な「Web取引システム」の2つがMacで利用可能です。 ですが「Web取引システム」は発注に特化したツールのため、チャートの確認は行えません。 そのため、チャートを確認したいときは「プログレッシブチャート」を併せて使う必要があります。 「プログレッシブチャート」は、高性能のチャート機能と発注機能どちらも兼ね備えたオールインワンツールですので、この「プログレッシブチャート」を使えば事足りるでしょう。 「プログレッシブチャート」の特徴は、「チャート上のラインを動かすだけで簡単に発注ができる」「複数の通貨ペアを、スピーディに取引できるワンクリック成行注文」「複数の建玉の一括決済が簡単」などで、ベースとなるチャートがしっかりしているので、とても本格的です。 「プログレッシブチャート」メイン画面 ラインを動かすだけで発注ができる プログレッシブチャートではチャート上で表示される罫線をドラッグするだけで売買注文を成立させることができます。 瞬時で売買を成立させる必要のあるスキャルピングでは、重宝できる機能となるでしょう。 ちなみに、セントラル短資FXではスキャルピングを公認しているため、スキャルピングも気にせず行うことができますよ。 高機能チャートがMac対応の業者 ここで紹介しているFX業者は、高機能ブラウザ版チャートがMac対応ですが、インストール版トレードツールはMac非対応、かつブラウザ版トレードツールは低機能というFX業者です。 高性能チャートだけでも十分口座の利用価値が高いので、「トレードツールとチャートをFX業者で使い分ける」という使い方をしたい方はご覧になってみて下さい。 GMOクリック証券(FXネオ) GMOクリック証券の「FXネオ」は、インストール版トレードツール「はっちゅう君FXプラス」が最も高機能ですが Macは推奨環境外です。 そのためMacユーザーは、非力なブラウザ版トレードツールを利用することになります。 しかし、ブラウザ版高機能チャート「プラチナチャートプラス」は、Macにも対応しており、 全38種類の人気テクニカル指標、 25種類の描画オブジェクト、 最大16分割可能、比較チャート機能などスペックが非常に高くオススメです。 「プラチナチャートプラス」メイン画面 Macは動作推奨環境外だが、実際は利用できる業者 ここではMacは推奨環境となっていませんが、実際には利用できるツールを提供している会社を紹介します。 ただし、 万が一、ツールの誤動作などが発生してもサポートの対象とはならないため、自己責任で利用する必要が出てくるのでご注意ください。 外為オンライン 自動売買の「」で有名な「外為オンライン」は高機能なブラウザ版トレードツールが提供されているのですが、Macは動作推奨環境外です。 しかし、ブラウザ版であるため、実はMacでも利用はできてしまいます。 主な特徴は、「見やすさ・分かりやすさ」「初心者でも使いやすい」「iサイクル注文ができる」などで、非常に良くできたシステムです。 ツールとしての完成度が高いためか、10年以上ほぼ同じデザインと機能を維持しています。 しかし、 Macの場合は、一時的にチャートやコンテンツが表示されないといったケースの報告があること、また、万が一何かあった場合はサポート対象外なので、あくまで自己責任で利用してください。 「外為オンライン」メイン画面• MacでFXできる会社はまだまだ少ない• おすすめするFX会社は「」「」「」の3社。 万能スペックでメイン口座におすすめな「」• スキャルピングに特化し高額での運用におすすめな「」• 自動売買にも興味がある人におすすめな「」 2020年時点でも、Macに対応している会社はまだまだ少ないというのが実情で、Macユーザーにとって会社選びの選択肢は潤沢とは言えません。 Macに対応していないツールで取引した場合に誤動作が起きても、FX会社は補償してくれませんので、Macに対応したFX会社で取引することを強くおすすめします。 今回の記事で紹介してきた会社であれば、Macでも問題なくFX取引ができるので、ここで述べてきた会社の中から選ぶのが良いでしょう。 その中でも特におすすめなのが「」「」「」の3社です。 数多くあるFX会社の中でも、 Mac専用取引ツールをリリースしているのは「ヒロセ通商」と「JFX」しかありません。 Macユーザーであれば、この2社は必ず選択肢に入れるべきでしょう。 「アイネット証券」は自動売買にも対応しており、自動売買に興味があるMacユーザーは「アイネット証券」がおすすめですよ。

次の

Mac対応FX会社の無料チャートソフト・取引ツール比較!おすすめ業者はここ!

ブラウザチャート

目次でササッとチェック• 4GHz以上 iPadはApple A5 デュアルコア 1GHz以上 ・SBIFX ・30種類以上のテクニカルチャートが利用できるので中級者以上にもおすすめ ・2015年オリコン顧客満足度でも1位を取っている。 11 ブラウザ: Internet Explorer 10~11 Microsoft Edge Firefox 42. 0 Google Chrome 46. 0 Safari 9. 0以降のもの メモリ:1GB以上 CPU:Intel Core2 Duo相当以上 ヒロセ通商のLionチャート ・スキャルピング可能な珍しいFXサービス ・サポートも充実していたり、キャンペーンも行っているため3年連続顧客満足度1位 ・通貨ペアも50種類で少額から投資ができるのが魅力 同時表示できる通貨ペア 2-6画面 テクニカル分析 単純移動平均線 指数移動平均線 ボリンジャーバンド 一目均衡表 MACD ストキャスティクス RSI 経済指標アラーム カスタマイズ サーバーの強さ 推奨環境 ・セントルイス連邦準備銀行 ・アメリカ最大のデータベースとして知られているため、多くのチャートを見ることができる ・超長期のデータを見ることができるので、より本格的な分析をしたい人におすすめ ・ユーロなど新しい通貨になる前の各国の通貨データも残っている ・希望するデータをエクセルやApiで落とせる。 ・investing. ・パソコン用ブラウザ、スマホ用ブラウザ、アプリなど様々なスタイルのツールを試せる。 ・有名トレーダーの市場分析トピックスを見ることができる ・stockcharts. ・有料プランに入会すると、様々なチャートがツールで分析できる。 人によっては、たくさんの機能が画面にある方が見やすかったり、チャートがロウソク足の方が見やすいという好みの違いがあります。 自分の取引方法にあっていて、見やすいチャートを見つけるのはとても大切です。 FX業者でもチャートだけ見れたりするので、入金前に確認しておくことをおすすめします。 ・サーバーが強いか 為替市場は1秒ごとに様相が変わっていきます。 そのときに、頻繁に落ちてしまうとチャートも見づらいし取引もしにくいですよね。 スポンサーリンク そのため、使いたいツールがあったらSNSなどでサーバーが落ちにくいどうかを確認しておきましょう。 特に、経済指標の発表後や大きなニュースが起きた時などは注文が大量に入ります。 そういったときでも安定して使えるかを確認しておきましょう。 ・テクニカル分析ができるか テクニカル分析というのは、指標やツールを用いてチャートを分析して今後の予想を立てるという方法です。 この分析に使う指標やツールの内容はサービスによって異なります。 そのため自分が使いたいツールが装備されているかなどを確認するのも大切な要素ですよ。 ・機能や情報量が充実しているか テクニカル分析の他にも、自分の使いたい機能が充実しているかも大切にしたいポイント。 たとえば、経済指標の発表の際にはお知らせしてくれたり、指定した価格に到達したらアラートしてくれたりなど大切な機能は他にもたくさんあります。 業者によっては、ツールごとに機能が分けられていることもあるので気をつけて下さいね。 リアルタイムでみれるアプリは? 現在のチャートは大体、リアルタイムの情報が反映されているようです。 しかし、履歴が残っていたりするとエラーでチャートのデータが更新されなかったりします。 そういった場合は、ブラウザの履歴データを削除したり、サーバーが正常に作動しているか確認することをおすすめします。 アプリでおすすめはあるの? ・SBI FX ・スプレットが広がりにくいので、安定した取引をしたい人におすすめ ・アプリ用のツールも高機能でカスタマイズしやすいので使いやすい ・タップするだけで購入できたりするので、スピーディーな取引も可能。 0以上 ・Android Android4. 5inch OS:AndroidOS5. 7インチiPad Pro 10. 5インチiPad Pro 12. 9インチiPad Pro(第1世代) 12. 9インチiPad Pro(第2世代) ・Android Android 4. 4~8. 1 ・外為どっとコム アプリ名 外貨ネクストNEO 特徴 ・タップだけでスピーディに注文が可能 ・1つの画面に必要な機能をつめこんであるので、スワイプせずに簡単にチャートを見ながら注文できる ・注文成立まで0. 0~12. 1~8. 0~12. 0 機種:iPhone4s以降 iPad2以降 iPod touch第5世代以降 Android AndroidOS 4. 0~8. 1 ・HyperSpeed Touch nano iOS iOS 7. 0~12. 0 機種:iPhone4s以降 iPad2以降 iPod touch第5世代以降 Android:AndroidOS 4. 0~8. 1 チャートの分析ソフトにはどんなものがある? FXには、為替のチャートを提供するものの他に市場を分析するためのチャートもあります。 FXはテクニカル指標を用いて、分析をすることが大切なので取引を行うためのチャートの他に分析ツールも補助として利用するのがお勧めです。 分析を単体に行う専用のソフトウェアや、自分でプログラミングを組んでソフトを作ったりする人もいます。 これからFXを始める人には、FX業者が提供する分析ツールがおすすめです。 テクニカル分析やチャート分析が出来るソフト テクニカル指標を用いてチャート分析ができるツールはいくつか存在します。 この記事でご紹介した中では、 ・FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』 ・外為どっとコム『ぴたんこテクニカル』 ・ヒロセ通商『さきよみLionチャート』 などがあります。 トレンド分析に必要な移動平均線について考えよう 移動平均線とは、ローソク足チャートの分析に使われる指標です。 1920代のアメリカで誕生しましたが、現在でもトレンド分析で多く使われています。 移動平均線は チャートを分析・予想するための代表的な存在で、上向きであれば上昇、下向きであれば下降、変化がなければもみあいと分析されます。 通常、2-3本の移動平均線を用いて短期チャートと長期チャートをそれぞれ分析します。 複数の移動平均線が上昇するときには 【ゴールデンクロス】と呼ばれ、売りの良いタイミングだとされています。 逆に下降が重なれば 【デッドクロス】と呼ばれ、損切りすべきタイミングだとされています。 設定も読みも分かりやすいので、はじめてのトレンド分析にもおすすめです。 ローソク足は重要 ローソク足チャートというのは、チャート画面によく使われる形式です。 一見、折れ線グラフのような形にも見えますが、細長い棒が並べられてチャートを形作っています。 よく見ると、この棒の長さがそれぞれ違うのが分かるかと思います。 これはそのタイミングでどれほど取引がされたのかを表しているのです。 現在では様々なテクニカル指標やツールがありますが、ローソク足チャートは分析・予想をするための基礎的な存在としてかなり大切です。 たくさんの分析方法がありますが、中でも重要なのは ・始値と終値 ・陰線と陽線 ・高値と安値 だと言われています。 読み方もたくさんあるので、自分にあった方法を見つけるのが大切です。 経済指標とチャートの関係性 経済指標とは、その国の重要な期間が発表する統計データのことです。 FXではアメリカの 【米国雇用統計】が最も重要視されています。 これによりあらゆる世界の通貨ペアも影響を受けるからです。 それまでのチャートがどうであれ、これらの経済指標の内容がポジティブかネガティヴな内容かどうかで市場は大きく動きます。 外国の経済指標は日本時間だと真夜中だったりするので、始めたばかりのころはタイミングを逃したりしてしまいがち。 アラート機能などを駆使して気をつけて確認して見て下さいね。 レジスタンスラインとサポートラインを見極め、エントリーチャンスを狙え サポートラインとは、チャートに引く横線のことで 「下値支持線」とも呼ばれます。 下値支持という言葉の通り、値段は下がっているものの買い支えが多くそれ以上値段が下がりにくい場合に用いられます。 一方でレジスタンラインは 『上値抵抗線』とも呼ばれます。 サポートラインとは反対で、「これ以上価格が上がらない」と予想するために使います。 このレジスタンラインとサポートラインを引くタイミングを見極めて、売買取引の絶好のエントリーチャンスを得るのがFX取引において大切です。 多くのユーザーがこのラインを利用しています。 しかし、あくまでも予想のため価格が割り込んだり跳ね上がることも普通にあります。 まとめ この記事では、FX取引をする上でおすすめのチャートやアプリをご紹介しましたが、いかがでしたか? FX業者が提供するものや、ツールとして使えるデータベースとたくさんあるので用途に分けて使い分けするのもいいですね。 みなさんのサイトやアプリ選びの参考になれば嬉しいです。

次の

【2020年最新】フリーのガントチャートツールおすすめ26選

ブラウザチャート

ガントチャート実践ツール【アナログ編】 ガントチャートを最も簡単に作成できるのは「手書き」です。 ここでは、手書きに特化したガント作成用ツールを紹介します。 市販のガントチャート対応手帳 ガントチャートの手書きの利点は、考えたことをすぐに形にできるということです。 最近ではガントチャートを作成できる「手帳」も販売されており、移動中や隙間時間でスケジューリングができるようになりました。 ガントチャートが作成できる手帳の中で、実際に書店で内容を確認し、初心者でも使いやすそうと判断したものをいくつか紹介します。 また、紹介している手帳は「Amazon」などのネット通販でも購入可能です。 「レイメイ藤井 ダヴィンチ 手帳用リフィル」 機能手帳で使用できるリフィルで、最もオーソドックスなタイプのガントチャートが作成できます。 枚数が少ないという難点はありますが、下の項目欄にマイルストーンや実績等を記入することもでき、応用範囲を広げられる手帳です。 「ダイゴー プロジェクトダイアリー」 リフィルではなく手帳型のガントチャートです。 初めてガントチャートを作成する人や、スケジュール帳をよく利用する人にオススメです。 記入できる項目数は少ないですが、会議や出張・旅行などの予定をガントチャート化することもできます。 プロジェクト形式でガッツリとガントチャートを使用する予定がない人には、素晴らしい導入ツールとなります。 ツールはうまく自分の私生活に取り込むことで習慣化することができるので、まずこれでガントチャート作成に慣れるのもオススメです。 ガントチャートダイアリー ベーシック」 ベーシックタイプの手帳です。 ガントチャートページと、通常のカレンダー表示ページが別々にありますので、どちらの方法でも使用可能。 この 「A. J」は、手帳のデザインも色々と揃っているので、女性でも手軽に使えるものも販売されています。 応用範囲の広い「エクセルシート」のプリント利用 携帯性などを考えると手帳は確かに便利です。 ただ、最初から 記入枠の設定が決まっているという欠点があります。 また、手帳の場合は複数人での活用というよりも、個人レベルでの活用がメインなので、状況に応じてのカスタマイズが難しくなります。 ガントチャートにおいて、「カスタマイズ性」があるのは重要なポイントです。 こういったケースで活躍するのが エクセルシートのプリントになります。 あらかじめエクセルでガントチャートの記入枠を作成し、印刷して直接手で書き込むという単純な方法です。 状況に応じてタスクのレベル数や担当者枠の増枠など、自分好みに設定できるので応用力はかなり高くなります。 エクセルで枠を作成するのも億劫な人は、「ブラウザ編」で紹介する「Brabio」でガントチャートをExcel出力するという方法もあります。 ガントチャート実践ツール【PCソフト編】 ソフトとして販売されているものはプロジェクトマネジメント自体を目的としており、ガントチャート作成機能以外にも様々な機能が付いています。 それ故に持て余すことはありますが、慣れれば最強の武器となります。 王道中の王道「microsoft excel」 個人的には、ガントチャートを作成する際に最強のツールは「エクセル」と考えています。 やはり、人が作成したツールやアプリは痒いところに手が届かない場合が多く、自分のルールに沿って自由にカスタマイズできるエクセルがベストです。 エクセルで作成する場合には自分で一から作成するのもいいですが、以下のような方法もあります。 【1】既に人が作成しているものをカスタマイズ もっとも簡単な方法ですが、既に作成している人のものを自分の使い易いものへと変更する方法です。 職場の同僚や、会社独自で元から作成していたものなどがいいでしょう。 どうしても手に入らない場合は「Brabio」で実際にガントチャートを作成して、エクセル形式でアウトプットしたものをカスタマイズしましょう。 【2】既に販売されているものを購入する エクセルで組まれたガントチャートは市販もされています。 中には、VBAの編集がロックされたものもあってカスタマイズ性という点では難点がありますが、例として紹介しておきます。 「Excel版ガントチャート」(販売停止) Amazonで販売されていましたが、残念ながら、現在は販売停止中です。 「Googleスプレッドシート」のテンプレート オンラインで利用できる「googleスプレッドシート」のテンプレートにも、ガントチャートなどのプロジェクトマネジメント用のシートがあります。 【ブラウザ編】でも紹介している 「Smartsheet」が作成・提供してるテンプレートですので、見た目もしっかりしています。 残念ながらタイムチャートに設定期間が自動で反映されるようなマクロは組まれていませんので、手動で編集しなければいけない項目がほとんどです。 ただ、ゼロからガントチャートを作る手間は大幅に省略できますし、スプレッドシートのURLを共有すれば、複数人で管理が可能となります。 【3】web上で公開されている「マクロ」を活用 現在では、web上で様々な「マクロ」が無料配信されています。 ただし、「マクロ」の組み方は人それぞれで違うため扱いにくいというケースもあります。 自分にハマるものが見つかればいいですが、自分で「マクロ」を組むか、次の方法で人に作ってもらうことをお勧めします。 【4】外注で自分好みのガントチャートの「マクロ」を組んでもらう 自分で「マクロ」が組めない人は、外注に依頼して作成してもらいましょう。 クラウドワークスや、ランサーズなどのクラウドソーシングサービスでは「システム開発」の依頼も実施できます。 そちらで「マクロでのガントチャートプログラム作成」といった形で依頼すると応募が来ます。 マクロマニアは必ずいますし、既にガントチャートを組んだことがある人もいるでしょう。 Google検索で 「ガントチャート クラウドワークス」「ガントチャート ランサーズ」などと検索し、実際に依頼している人の内容を参考にさせてもらいましょう。 依頼の際には、「どういった入力をすると、どう出力されるか」といった指示は必要になりますが、最後までしっかりと修正と確認を繰り返して自分専用の最強ガントチャートを作ってしまいましょう。 費用に関しては、前述の「Excel版ガントチャート」が3,900円ですので、その水準で交渉するといいでしょう。 もしくは、もう少し費用を上乗せして、納品後の修正依頼ができるようにするという手もあります。 世界標準の最強プロマネツール「microsoft project」 「プロジェクトマネジメントツール」の中で、世界標準となっているのが言わずと知れた「microsoft project」です。 「」 このソフトの機能の中には、当然ですがスケジュール作成のためのガントチャート機能もあります。 あまりに機能が豊富すぎるため、その機能をフルに使いこなすのは難しいですが、ポイントを絞って使用すればかなり使いやすいツールです。 最大の課題は何と言っても 価格が高いことでしょう。 ただ、無料使用期間が2週間あり、買い切りではなく「月額サービス」でも使用できます。 まずは試用版で内容や操作感覚を確認し、使えそうなら月額契約を行ってみるものも手です。 「アルバイトの実施」というガントチャートを、「microsoft project」で作成すると以下のようになります。 「microsoft project」の優れている点は「進捗管理」です。 下の図は、「進捗管理」を行う際に便利な「イナヅマ線」の表示画像になります。 「進捗管理」はもちろんですが、「レポート作成」も大変便利な機能です。 これ以外にも機能は豊富なので、全てを使いこなすにはそれなりに経験を積む必要があります。 Macでのガントチャート作成なら「omni plan」 Macでも数々のツールがありますが、その中でもガントチャートを含めたプロジェクト管理ツールとして優れているのは「omniplan」です。 「」 ガントチャートはもちろんですが、ネットワーク図の作成や進捗管理機能など様々な機能があります。 ガントチャートの作成に関しては「Brabio! 」に近いイメージです。 マイルストーン設置も問題なくできますし、操作が感覚的にできるため「WBS」さえできてしまえば、ものの数分でガントチャートが作成可能です。 実際に作成したガントチャートは以下のようになります。 ネットワーク図も表示できるため、各タスクの相関やクリティカルパスの確認ができます。 マインドマップソフトでガントチャート作成「Xmind」 ガントチャート作成をメインとしてはいませんが、ツールの機能の中で「ガントチャート」も作成できるツールもあります。 その中でも特におすすめなのがマインドマップ作成ソフト「Xmind」です。 「」 ガントチャートを作成する時に行う 「WBS(ワークブレイクダウンストラクチャー)」の作業時には、マインドマップの考え方が非常に役立ちます。 「WBS」は作業をだんだん細かいレベルまで分解していくため、マインドマップのように「発想を細かく広げていく」という考え方と非常に近いというわけです。 わたし自身、WBS実施時には「マインドマップ」を積極的に使用しています。 実際に「Xmind」でのガントチャート表示は以下のようになります。 「タイムライン」の設定はグラフスペース内でドラッグすることで簡単に設定できますし、時間を入力して調整することも可能。 担当者の設定やタスクの優先度設定もできます。 タスクの依存関係や進捗状況も入力することができますが、ネットワーク図の表示はもちろんクリティカルパスの表示はできず、一般的なプロジェクト管理ソフトほど使い勝手は良くありません。 データのエクスポートが簡単 「Xmind」で作成したガントチャートは、「microsoft project」で出力できるのが特徴であると紹介しました。 こちらのガントチャートを、実際に「microsoft project」形式で出力したものが、以下のようになります。 画像を見るとわかるように、タスクの依存関係もしっかりと表示されています。 「Xmind」でのガントチャート作成方法は、『ツールでの作成編』でも紹介していますので、操作の内容はそちらを参考にしてください。 「Xmind」は特製要因図(フィッシュボーン)やフローチャートの作成もできますので、無料版で試用してみて自分の作業に落とし込みやすければ、有料版に変更することをお勧めします。 ガントチャート実践ツール【ブラウザ編】 ブラウザ上でガントチャートを作成できるサイトも複数あります。 その中でおすすめの2つについて紹介します。 「Googleカレンダー」から作成できる「GANTT planner」 スケジュール管理でよく活用する「Googleカレンダー」から、ガントチャートを出力できるサイトがあります。 それが「GANTTplanner」です。 「」 Googleカレンダーで入力したスケジュールをインポートすることで、簡単にガントチャート化することができます。 Googleカレンダーにスケジュールを書き込みんだものが以下になります。 こちらを、 「GANTTplanner」でガントチャートに変換すると、以下のようなチャートが完成します。 あくまで自分のスケジュールを落とし込むのに適しているため、プロジェクトレベルの細かいタスク設定や担当者決定には向いていません。 日々のスケジュール管理にもガントチャートを適用する場合は大変便利なツールです。 無料プランではGoogleカレンダーの予定をガントチャート化するのみで、「GANTTplanner」上でのタスク等の編集は不可能です。 定番で人気のガントチャート作成ソフト「Brabio! 」 ブラウザ型に限らずガントチャート作成ツールとして人気なのは間違いなく「Brabio! 」でしょう。 「」 「Brabio! 」はガントチャートを手書き感覚で作成することができ、同時に複数人のタスク管理も可能なので、プロジェクトマネジメントにも利用しやすいツールです。 また、作成したガントチャートを「Excel形式で出力」できるので、「Excel」からガントチャートを作るのが億劫な人にも強い味方になるでしょう。 個人的な 「Brabio! 」最大の弱点は、「microsoft project」形式でアウトプットができないことです。 「Brabio! 」でのガントチャート作成方法は『ツールでの作成編』で紹介していますので、そちらを参考にしてください。 シンプルに使えるブラウザ型プロマネツール「Smartsheet」 無料プランがあるという点から、ブラウザ型のガントチャート作成としては「Brabio! 」が人気ですが、有料系でも使用しやすいツールもあります。 それが、「Smartsheet」です。 「」 「Brabio! 」と同じように、チームを形成してリソース管理もできます。 実際に作成したガントチャートを掲載しますが、シンプルながらも「マイルストーンの設置」もしっかりできるため、とくに不自由なく作成できます。 また、「クリティカルパス」の表示もボタンひとつで可能ですので、ガントチャートを作成するという点では特に不自由はないでしょう。 データのエクスポートに関しても、以下の形式で出力が可能です。 エクセルデータ• microsoft project• Googleスプレッドシート Googleスプレッドシート形式で出力できますので、「Smartsheet」を持っていなくてもデータ自体の共有は可能です。 ガントチャート実践ツール【アプリ編】 最近ではスマホやタブレット系のアプリでもガントチャートが作成可能となっています。 ここではアプリ系のツールを紹介します。 ガントチャートをスマホでも確認できる「みんなでガント」 アプリとして使えるガントチャートも幾つかありますが、「iPhone」「Android」の双方に対応しており、PCでも活用できる便利なものが 「みんなでガント. com」です。 「」 ガントチャートの作成だけならかなり早くできますが、個人的には、使い勝手においては 「Brabio! 」に劣ります。 ただ、アプリで確認できるというのは中々の強みです。 通知機能を活用すれば、「リマインド」目的として使用するなどといった方法も取ることができます。 実際に作成したガントチャートは以下のようになりますが、タスクを階層ごとに並べることができないため実際に作業するレベルまでタスクを分解した 「ワークパッケージ」のみでガントチャートを作成するときには便利でしょう。

次の