鉢巻 ナットレイ。 ナットレイ : 【サイクル戦重視】鉢巻きナットレイ|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

脱インキャ 気合いの襷ナットレイ紹介

鉢巻 ナットレイ

ロゼリアやボクレーからハスボーorサルノリへ、「やどりぎのタネ」を遺伝させる(タマゴ技で習得可能)• やどりぎのタネは相手のHPを削れるため、「まもる」と組み合わせることによって長く場に居座って相手のHPをちまちまと削っていくのがこの型になります。 ただし特殊アタッカーの炎技に非常に弱いため、特殊アタッカーとバトルにならないように注意しましょう。 そのため、ナットレイは相手の交代先に大きい負担をかけられるこだわりはちまきと非常に相性が良いポケモンになります。 ナットレイのメインウエポンであるジャイロボールとパワーウィップは高火力のため、その点でもこだわりはちまきは相性の良い道具であると言えます。 最大火力技。 瀕死になってしまうため、残りHPが少ない時や絶対に倒したい相手に使おう。 ナットレイの役割と立ち回り 耐性の優秀な物理受け 「ナットレイ」の主な役割は、優秀な耐性と高い物理耐久による物理受けが主な役割です。 「やどりぎのタネ」によって蓄積ダメージも稼げますので、 ナットレイは交代戦において非常に強力なポケモンです。 フェアリー対策として活躍 「ナットレイ」はフェアリータイプの天敵である鋼タイプなので、フェアリー対策として非常にメジャーなポケモンです。 今作では、どのポケモンでも使うことができた「めざめるパワー 炎 」がなくなったため更に倒されにくくなりました。 トリックルーム下のアタッカー ナットレイは素早さが「20」と極端に低いため、遅いポケモンから行動できるようになる「トリックルーム」との相性が非常に良いポケモンです。 威力の高い「ジャイロボール」も覚えますので、アタッカーとしても活躍できます。 ナットレイの対策 炎タイプで対策する 「ナットレイ」は炎技が4倍で入ってしまうポケモンなので、炎ポケモンによる対策が最も手っ取り早く簡潔です。 下記に対戦シーンで活躍しやすい炎タイプのポケモンを掲載しましたので参考にしてください。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 関連記事 新ポケモンの育成論一覧.

次の

シーズン2使用構築 最終6位 2213 スカーフウツロイド軸ウルガマンダ

鉢巻 ナットレイ

技の名前などは分からない。 自分が『ひこう』タイプや、特性『ふゆう』のポケモンの場合は『じめん』タイプの技が当たるようになる。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 『ひこう』タイプ、特性『ふゆう』のポケモンはダメージを受けない。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 自分は交代しても効果が引き継ぐ。 『くさ』タイプのポケモンには無効。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 技『Gのちから』の威力が1. 5倍になる。 いずれの状態でもない時は技が失敗する。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 [Lv. 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし、『なまけ』『バトルスイッチ』など一部の固有な特性の場合は失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が場を離れると効果は消える。

次の

【ポケモン剣盾】ナットレイ対策ってどうしてる?最近じゃ炎ポケいれても普通に選出してくるぞ・・・

鉢巻 ナットレイ

ジャイロボールを活かすために素早さは下降補正+逆Vが理想。 特殊も受けることを想定する場合は、Bを削ってDに回そう。 ミラーを意識した型 この型はやどりぎのタネではなく、たべのこしを持たせて、のろいとはたきおとすを採用している。 この型のメリットは ミラーに勝てること。 のろいで積んで、はたき落とすで相手のたべのこしを無効化する。 サブウェポンの炎技に注意 ソードシールド環境初期はナットレイが流行した。 その影響とアーマーガアの流行もあり、サブウェポンに炎技を持つポケモンが非常に多い。 ドラパルトやサザンドラ、ニンフィアなどからは炎技が飛んでくることを前提に立ち回ろう。 元々素早さがかなり低いため、最遅するにはほぼメリットしかないと言っていいだろう。 やどりぎをうまく使う やどりぎのタネを使うことで相手にダメージを与えつつこちらは回復できる。 交代を読んで連続で使用したり、攻撃を読んでまもるで時間を稼いだりしよう。 くさタイプ相手には無効され、ノーリスクで交代を許すので注意。 やどりぎとも相性がいいが、相手に読まれやすい選択肢であることは覚えておこう。 この型はミラーには勝てない… ナットレイ同士のミラーでは のろいとはたきおとしを持っている方が有利。 やどりぎも効かないため、この型だと勝機はほぼない。 相手の手持ちにナットレイが見えたら選出しないか、ほのお技を使えるポケモンと一緒に選出しよう。 それを逆手にとり、意表を突いたアタッカーとして運用する型だ。 攻撃種族値自体は高いわけではないが、一致のメインウェポンの威力が高く、ハチマキを持たせることで高火力を期待できる。 技は1枠自由 メインウェポン2種+はたきおとすは確定。 タネマシンガンはみがわりやばけのかわの貫通、じならしならSを下げて後続に繋げられる。 だいばくはつは、大ダメージを与えつつ自主退場が可能。 ゴーストタイプにスカされる点には気をつけよう。 過去作よりもやや動きづらい 鉢巻ナットレイは、過去作から活躍している型。 しかし剣盾ではタイプ上有利なフェアリータイプがほのお技のマジカルフレイムを取得したケースが多く、素のSとAの問題で、ハチマキの効果が消えるダイマックスも使いにくい。 水や地面タイプとの対面を意識して選出しよう。 ほのお技が使える特殊アタッカーなら比較的に楽に倒せる。 はたきおとすを使えると楽になる はたきおとしで道具を無効にするとかなり有利に戦えるようになる。 ゴリランダーははたきおとすを覚えるうえに、くさタイプなのでやどりぎも無効だ。 等倍で通る非接触技のじしんも使える。 交代読みで技を出す ナットレイは交代技がないので だいばくはつは例外 、交代するなら1ターン使って入れ替えるしかない。 その交代を読んで技を出せば後続にも有利を取れる。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の