ミニピル 太る。 ミニピル処方外来

太る?気持ち悪くなる?デメリットが気になるピルについてのAtoZ!【こっそり相談。ViVi保健室】

ミニピル 太る

スポンサーリンク ピルを飲むと太ると言われている理由 ピルに含まれている成分はいわゆる女性ホルモンと呼ばれているものです。 具体的には卵胞ホルモンの「エストロゲン」、黄体ホルモンの「プロゲステロン」になります。 女性の生体内でも作られているこれらのホルモンですが、二つが同時に分泌されている時期というのは排卵後から生理がくるまでの間、もしくは妊娠時となります。 すなわちピルを飲むということは、身体の状態を排卵後? 生理直前の状態か、妊娠した時と同じ状態にするということになります。 エストロゲンには女性らしい身体を作るための作用があります。 皮下脂肪がつきやすくなり、全体的に丸みを帯びてふっくらした体つきに近づけるとされています。 プロゲステロンには食欲を増進させ、身体に水分を溜め込む作用もあるようです。 女性ホルモンが持つ作用の一部にはこうしたものがあり、それが太るということに関係しているようです。 ですが、こうした影響を受けるほどのホルモン量が配合されていたのは一昔前の「中容量ピル」と呼ばれるものまでだったそうで、現在主流である「低用量ピル」に関してはそのような懸念はないといわれています。 スポンサーリンク 低用量ピルでは太らない? しかし、実際には低用量ピルの服用でも食欲の増進などから太ったしまったという意見はよくみかけます。 低用量とはいえ、避妊効果が得られるほどの分量ということは、やはり身体の状態に何らかの影響がでてもおかしくありません。 まして妊娠時と同じ様な状態になるのであれば、食欲の増加はむしろ自然なこととも言えるのではないでしょうか。 ピルを飲むと太る?・・・真相のまとめ 結局のところ、ホルモンの変化による食欲増進が鍵となっているようです。 ですがこれは、自ら食事制限を行うことでセーブできるとも考えられます。 実際に、現代の妊婦さんの多くは食事制限を行っており、病院でも指導があるほど。 病院や妊娠前の体重などにもよりますが、妊婦の体重の増えすぎは厳重に注意・管理されるようになっています。 妊娠前とほとんど変化がない、あるいは赤ちゃんや羊水などの分しか増えなかった人もいれば、食欲のままに食べてしまい、妊娠前より20kg以上太ってしまうという人がいるように、単純なホルモンの影響だけでなく個人個人の食事管理も大きく関わっているでしょう。 これと同様に、ピルを服用して体重が増加してしまったという人は、食生活の管理は行き届いているでしょうか。 何も変化していないのに体重だけが増えてしまったという人は、本当にホルモンの影響だけのものかもしれません。 ですが、食欲増進によって太ったと自覚している人は、その増えてしまった食欲の管理はできているでしょうか。 何もせずに意のままに食べていれば、体重はごく当たり前に増えてしまいます。 低用量とはいえ、ピルの副作用として食欲増進効果があるということは否定しきれないでしょう。 ですが、それによる体重増加の大きな要因は、その食欲をセーブしきれずに食べてしまうということにもあるように感じます。 ですので、「ピル=太る」という風に単純に結びつくものでもないようです。 また、その副作用も個人差が大きいもの。 あまりにも食欲が抑えきれないようであれば、薬があっていないことも考えられます。 低用量ピルといっても数種類ありますので、自分に合ったものを選択することが重要です。 そして基本は、食欲が増進したと感じれば食生活の管理を行うこと。 それがあまりにストレスになるようであれば、ピルの服用を無理に行わない方が良いかもしれません。

次の

授乳中でも服用できる副作用の少ない避妊ピル「ミニピル」とは?

ミニピル 太る

A-1:避妊用のピル=低用量ピル。 性感染症の予防はできません! A-2:月経トラブルの薬=避妊用ピルとは限らない。 つまり、避妊できるとは限らない! A-3:ピルを飲んだからといって、不妊にはなりません。 A-4:ほとんどの副作用は、体が慣れればおさまります。 A-5:ただし、2〜3kg太る場合もあるけど誤差の範囲内! A-1:避妊用のピル=低用量ピル。 性感染症の予防はできません! 一般的にピルといってもいろいろありますが、避妊のために使われるのが、ピルの中でも「低用量ピル」(低用量経口避妊薬、OC)です。 卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2つの女性ホルモンを含み、脳に働きかけて排卵をストップさせます。 その効果は高く、きちんと正しく服用した場合の避妊成功率は約99%! 体内に避妊具を埋め込む方法と同じぐらい高い成功率で、コンドームよりもかなり高い避妊率を誇ります。 ただし、避妊はできますが、エイズやクラミジアなど性感染症の予防はできないため、コンドームとの併用がマスト。 また、毎日飲み忘れないのが基本。 飲み忘れたら、避妊効果が下がることもお忘れなく! A-2:月経トラブルの薬=避妊用ピルとは限らない。 つまり、避妊できるとは限らない! 低用量ピルは、避妊のほか、腰痛や腹痛などつらい月経痛やPMSの軽減に効果があるため、月経トラブルを抱える人にも使われます。 ただし、覚えておいてほしいのが、月経不順に使われるお薬が、必ずしも避妊効果のある低用量ピルだけとは限らないということ! 月経を順調にさせるホルモン剤を使う場合、自然排卵していることもあるので妊娠の可能性があります。 つまり月経痛や月経不順のために飲んでいる薬で、ついでに避妊ができていると思っていると、望まない妊娠をしてしまうこともあるんです。 そのため、必ず、自分がどのような薬を飲んでいて、避妊効果があるかないかをしっかりと把握することが大切です! A-3:ピルを飲んだからといって、不妊にはなりません。 そして、皆さんが心配されるのが、副作用などのデメリット。 よく「低用量ピルを飲んでいると不妊になりますか?」と聞かれますが、もともと不妊の要因がある人(生理不順だったり、無排卵だったり)以外は、ゼロです。 低用量ピルの服用をやめて3〜4カ月ぐらいで、服用前のホルモンバランスに戻って月経が復活するため、自然妊娠が可能になりますし、赤ちゃんにも影響はないと考えられています。 ちなみに低用量ピルは排卵を止めることで月経トラブルを抑えていただけで、月経トラブルが治っているとは限りません。 A-4:ほとんどの副作用は、体が慣れればおさまります。 また、飲み始めに「吐き気」「頭痛」「胸のはり」「不正出血」「下腹部痛」などを訴える方もいますが、これらはよくあるもの。 早い人で1〜2週間で、低用量ピルによるホルモンバランスに体が慣れて、おそくとも3カ月以内には大部分の人がおさまります。 それでもひどい場合、我慢できない場合は、早めにドクターに相談するといいでしょう。 そして、非常にまれですが、血栓症が起こることもあります。 これは卵胞ホルモンに血を固まりやすくする作用があるため。 放置すると心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓症など命にかかわる病気を引き起こすこともあります。 タバコを吸っている、高血圧などの持病がある、太っているといった人は若くてもそのリスクが高くなるため、低用量ピルの処方ができない場合もあります。 逆にこれらの条件にあてはまらなければ、非常にリスクは低いと考えてください。 A-5:ただし、2〜3kg太る場合もあるけど誤差の範囲内! もうひとつ、皆さんが気にされるのが、「太る」かどうかというところ。 実際、医学的には問題ないとされていますが、2〜3kgぐらいの体重増加がある場合も。 その増加が許せないというのであれば、飲まない方がいいかもしれませんが、第一線で活躍しているモデルさんでも服用している人はたくさんいることから考えても、そこまで心配する必要はないと思います。 先生のアドバイス まず、自分がなぜピルを飲みたいのかを明確に。 避妊目的か月経トラブルの緩和かによっても、処方される薬は変わってきます。 また、飲んでいる薬が本当に避妊効果のある薬なのかもきちんと把握しましょう。 それらを押さえたうえで、うまく付き合えば、毎月の苦痛を軽減できたり、望まない妊娠の不安がなくなったりと、味方になってくれるはずです!.

次の

ピルって太るんですか?ネットで出てきます。医師に勧められてるんですが、太る...

ミニピル 太る

通常のピルは、女性ホルモンと黄体ホルモンが一緒に配合された薬剤ですが、ミニピルは、黄体ホルモンのみで、女性ホルモンを含有していないピルのことです。 ミニピルは、黄体ホルモンであるプロゲストーゲン単独で作用を発揮するピルのため、Progestogen-Only Pill(プロゲストーゲン・オンリー・ピル)、略してPOP(ポップ)とも呼ばれています。 ミニピルの特徴 ミニピルのメリットは、女性ホルモンが全く入っていないため、血栓症のリスクを有意に高めることはありません。 ピルが飲めない肥満の方、35歳以上で偏頭痛持ちの方、喫煙者の方、授乳中の方でも安全に服用でき、非常に有用なお薬です。 一方デメリットとして、不正出血が起こりやすいこと、毎日同じ時間に内服をする必要があることが挙げられます。 ただし、これは毎日規則正しく服用を守った場合です。 飲み忘れがあったり、時間を守れなかったりした場合では、ミニピルを飲んでいる女性のうち1000人中70人~80人が妊娠をしています。 つまり、きちんと飲めば低用量ピルと同等の避妊効果を得られますが、用法をしっかりと守る必要があります。 ミニピルの副作用 ミニピルには、微量の黄体ホルモンだけで女性ホルモンが入っていないため、乳がんや子宮頸がん、血栓症などのリスクを有意に上昇させるという報告はありません。 ホルモン剤は太りやすくなるのでは?と心配される方もいますが、ミニピルに含まれるホルモン量は、低用量ピルと比べても僅かであり、あまり気にする必要はありません。 ミニピルを飲む年代の方は、太りやすくなる時期に差し掛かっていることもあり、基礎代謝の低下や生活習慣などのほうが要因になることが多いのが実情です。 重篤な副作用は極めてまれで、低用量ピルよりも、さらに安全性が高い薬として位置付けられています。 詳しくは、よくある質問をご覧ください。 ミニピルとノアルテンの違い ノアルテンは、無月経や月経周期異常の治療に用いられる製剤であり、本来避妊目的の製剤ではないため、ミニピルとは用途が異なります。 ミニピルが飲めない方 以下の方はミニピル(セラゼッタ)を飲むことができません。 男性の方 女性用のお薬ですので、男性の方へのミニピルの処方はしておりません。 過去にデソゲストレル配合の薬でアレルギーを起こした方 セラゼッタに配合されている黄体ホルモンは、デソゲストレルです。 同じデソゲストレルを含有しているマーベロンやファボワール等の低用量ピルで、過去にアレルギーを起こしたことのある方はご使用できません。 血栓症の既往のある方 血栓症のリスクは非常に少ないお薬ですが、過去にすでに起こしたことがある方は飲むことができません。 極度の乳糖不耐症、乳糖アレルギーのある方 セラゼッタには添加物として、微量の乳糖が含まれています。 妊娠中の方 ご妊娠中の方は、ミニピルを飲むことができません。 授乳中の方の内服は可能です。 重篤な肝障害、悪性腫瘍(乳癌等)、異所性妊娠の既往がある方• 原因不明の性器出血がある方• ポルフィリン症の方 その他、血栓症のリスクが非常に低い薬剤のため、喫煙者でもミニピルを飲むことは可能ですが、タバコ自体に様々なリスクがあるため、当院では禁煙をお勧めしております。 ミニピルの料金• 最大6シート 特別な事情がある場合12シート)まで処方可能ですが、当院では6ヶ月に1回の血圧・体重測定・血液検査(検診でも代用可)をおすすめしています。 初診時、その後は6ヶ月に1回の血圧・体重測定・血液検査(検診でも代用可)をおすすめしています。 もご利用可能です。 項目 価格(税別) 初診料 3,500円 再診料 1,500円 薬代 セラゼッタ1シート 28日分 2,480円 検査料 血液検査(必要時) 2,680円 ミニピルのよくある質問 ミニピルは非常に安全なお薬ですが、以下の副作用が報告されています。 不正性器出血 ミニピルは、ホルモン量が少ないために、どうしても不正性器出血が起こりやすくなります。 飲み始めの数月間は、ほとんどの方で不正性器出血が起こります。 休薬期間がないため、生理(消退出血)が起こらなくなる方が多いのですが、不定期に少量の出血が起こる方もいます。 いずれも異常ではありませんが、人によっては煩わしく感じるかもしれません。 出血があっても避妊効果は低下しませんので、ご安心ください。 乳がんのリスク ミニピルの場合は、女性ホルモンが入っていないため、乳がんや子宮頸がんを有意に増加させないと報告されています。 小規模の報告では、低用量ピルよりもリスクは低いものの、乳がん、子宮頸がんのリスクが若干上昇し、子宮体がん、卵巣がんのリスクが低下するという報告があります。 血栓症のリスク ミニピルが血栓症のリスクを有意に増加させるという報告はありません。 1%以下の方に起こり得る副作用 皮膚の発赤、蕁麻疹、結節性紅斑 副作用のことで何か気になることがございましたら、診察の際に医師にご相談ください。 ミニピルと一緒に飲んではいけない薬は、基本的には低用量ピルと同じです。 ただし、血栓症のリスクがほとんどないことから、低用量ピルと相性が悪かったトラネキサム酸(肝斑、シミの治療薬)とも一緒に飲むことが可能です。 ミニピルは、下記の薬とは一緒に飲まないでください。 セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ) 多年草のハーブです。 ミニピルの吸収を阻害することがあります。 抗HIV薬・抗結核薬 ミニピルの作用を減弱させることがあります。 抗てんかん薬 代表的な商品名:テグレトール、ラミクタール、アレビアチン、ヒダントール、フェノバール、プリミドン、トピナ、デパケン、バレリン、エピレオプチマル、ザロンチン ミニピルの作用を減弱させることがあります。

次の