エクシブ 沖縄。 エクシブ 情報一覧|ホテル情報|リゾートトラスト株式会社

エクシブ蓼科|ホテル情報|リゾートトラスト株式会社

エクシブ 沖縄

会員権価格が50万円以下で、購入しやすいクラブを選んでみます。 ウィスタリアンライフクラブは、ヴェルデの森(箱根)、熱海、宇佐美、鳥羽、車山、野尻湖などが挙げられます。 サービスについて手馴れていること、利用料金が安く、予約が取り易いクラブとして評価されています。 サンメンバーズクラブには、いろいろ種類があります。 概ね、50万円以下の価格で市場に出ています。 このクラブは利用システムが簡単である事、高級リゾートクラブのエクシブの施設も利用できる事などの特徴があります。 一番高いオーナーズクラブのフェニックス会でも、30万円以下で市場に出ています。 予約も取り易いこと、利用日数の制限がないこと、そして、何と言っても立地条件が優れている事などが特徴として挙げられます。 ほとんどのロケーションで会員権価格50万円以下となっています。 施設のグレード・サービスの質から考えると割安感のある会員権となっています。 高級ホテルとして評価されているエクシブ会員権が、交換グレードA(スタンダード)では50万円以下で市場に出ています。 ペットと一緒にリゾートを愉しみたいという方のリクエストが多くなってきました。 そのニーズに応えるクラブも増えてきています。 現在あるリゾートクラブの中で、ペットと一緒に泊まれる施設が最も充実しています。 八ヶ岳、蓼科、安曇野、飛騨高山、伊豆高原、鳥羽、松坂の7ヶ所ホテルがあり、ドッグランは6ヶ所、ペットと一緒にお食事のできるレストランは5ヶ所、ペットと一緒にお風呂に入れる施設も3ヶ所あるなど、充実しています。 エクシブでは那須白河ドギーヴィラがあります。 エクシブ軽井沢パセオ・軽井沢ムセオ・鳥羽別邸・湯河原離宮には、ペット同伴で宿泊できるお部屋があります。 滋賀に、ペットと同伴できるホテルがあります。 ペットと泊まれる施設を備えています。 現在、13ロケーションでペットと泊まれる客室があり、ドッグランも6ロケーションにあり充実しています。 利用日数に制限がないクラブはどこかということで考えます。 メンバーズカード制で利用日数の制限はありません。 但し、連泊は6日までです。 メンバーズカード制で利用日数の制限はありません。 但し、連泊は5日までです。 更には、1ヶ月内では10日以上は予約できません。 メンバーズカード制で利用日数の制限はありません。 但し、連泊は5日までです。 特別期間は連泊制限が2日までです。 メンバーズカード制で利用日数の制限はありません。 連泊制限もありません。 メンバーズカード制で利用日数の制限はありません。 但し、連泊は3日までです。 特別期間は連泊制限が2日までです。 メンバーズカード制で利用日数の制限はありません。 連泊制限もありません。

次の

エクシブ 情報一覧|ホテル情報|リゾートトラスト株式会社

エクシブ 沖縄

一般回線をご利用の場合、全国一律1分10円(携帯電話20秒10円)• 東京ベイコート倶楽部 03-3570-7090• ラグーナベイコート倶楽部 0533-33-9130• 東 京 03-5323-8210 (新潟・群馬・埼玉・山梨・神奈川県を含む以東にお住まいの方)• 名古屋 052-218-8688 (愛知・岐阜・三重・静岡・長野・富山・石川県にお住まいの方)• 大 阪 06-6315-6339 (福井・滋賀・奈良・和歌山県を含む以西にお住まいの方)• 休業日の変更・キャンセルなどお急ぎの場合は下記ホテル代表までお問合せください。 ホテルご利用に関するお問い合わせ、 およびご利用日の前々日、前日、当日のご予約は 0266-71-8111 (代表・年中無休)• 上記回線が混み合う場合は、エクシブコールセンターへ自動転送いたします。 予めご了承ください。

次の

非日常の会員制ホテル「エクシブ」とは?お得な会員権やシステムから売却までご紹介

エクシブ 沖縄

略称 リゾトラ 本社所在地 〒460-8490 二丁目18番31号 : 設立 (48年) (宝塚エンタープライズ株式会社) 事業内容 会員権事業、ホテルレストラン事業、ゴルフ事業、メディカル事業、シニアレジデンス事業等 代表者 伊藤與朗(兼グループ) (代表取締役兼CEO) 伏見有貴(代表取締役兼) 資本金 195億90百万円(2020年3月末 発行済株式総数 108,518,999株 売上高 1,591億45百万円(2020年3月期連結) 従業員数 7,937名(2020年3月末連結) 決算期 3月31日 主要株主 株式会社宝塚コーポレーション 12. )は、に本社を置くの。 を構成する中核企業である。 主要事業であるにおいては、会員制「 」や日本初の完全会員制「 」、シティホテル「 ホテルトラスティ」などのを運営している。 より運用開始の株価指数「」の構成銘柄に選定されている。 概要 [ ] おけるのはトップであり、が毎年行っているサービス業総合調査によると、会員制リゾートクラブ部門25年連続売上高No. 1である。 また、のにおいては、会員制ホテルが主軸でありながら、第2位のシェアを占めている。 平成不況下のを中心に地で大型施設を建設したり、のようなの過剰投資によって破綻した企業から物件を買収するなどして規模を拡大している。 近年では、 現:エクシブ離宮 やの「」に登場する天野屋旅館 現:エクシブ離宮 など歴史的な旅館の跡地にホテルを建設している。 毎年5月に、()との共催により、が運営するで、女子プロゴルフトーナメント「」を開催している。 施設数 [ ] 2017年4月現在の施設数 事業名 施設数 リゾートホテル・シティホテル等 国内46ヶ所・ハワイ1ヶ所() ゴルフ場 13ヶ所 メディカル 8ヶ所 シニアレジデンス 14ヶ所 沿革 [ ]• - 資本金6000万円で宝塚エンタープライズ株式会社を設立• 12月 - 名古屋市中区に都市型ホテルスタイルの分譲マンション及び高級テナントビル「ヴィア白川」を開業 岐阜県に第一号の会員制リゾートホテル「サンメンバーズひるがの」を開業• 6月 - 名古屋市中区に「エクセレントクラブ名古屋」を開業• 12月 - に「エクセレントクラブ大阪」を開業• - 大阪市北区に「サンメンバーズ大阪梅田」を開業• - 名古屋市中区に「サンメンバーズ名古屋錦」を開業• - に「サンメンバーズ東京新橋」を開業• 8月 に「サンメンバーズ鹿児島」を開業• 12月 に「サンメンバーズ京都嵯峨」を開業• 1月 - 大臣免許(第2901号)許可• 2月 - 国内リゾートクラブ会員及び当社サンメンバーズ会員の海外施設交換利用を可能とすることを目的として、海外施設交換会社Resort Condominiums International(現RCI,LLC)社と締結の上、ジャパン・アール・シー・アイ株式会社(現アール・シー・アイ・ジャパン株式会社)設立• 3月 - 米国RCI社との業務提携により、RCI加盟の海外施設との相互施設交換利用を開始(現在、RCI社の日本総代理店アール・シー・アイ・ジャパン株式会社と業務提携)• 11月 - ホテル・レストランの運営を目的として、子会社 株式会社サンホテルインターナショナルを設立し、当社ホテル・レストランの現業部門の運営を委託• 12月 - 経営機能強化の為、東京都に東京本社を開設し、二本社制とする 東京都新宿区に「サンメンバーズ東京新宿」を開業• 1月 - に「リゾーピア熱海」を開業• 7月 - 京都府に「リゾーピア久美浜」を開業• 8月 - に「リゾーピア別府」を開業• 9月 - 神奈川県に「リゾーピア箱根」を開業• 12月 - に「サンメンバーズ神戸」を開業• - リゾートトラスト株式会社に変更• - 業務を行うことを目的として子会社株式会社サンホテルエージェントを設立• 4月 - に「」を開業• 7月 - 名古屋市中区に「ローズルーム名古屋」を開業• 11月 - 金銭貸付業務を行うことを目的として子会社ジャストファイナンス株式会社を設立• 3月 -に「エクシブ伊豆」を開業• 8月 -鹿児島県鹿児島市に「サンホテル鹿児島」を開業• 1月 - 大阪市北区に「ローズルーム大阪」を開業 ホテルの建設・運営を目的として、子会社株式会社リゾートトラスト沖縄を設立(平成8年3月不動産賃貸を事業目的に追加の上、リゾートトラスト開発株式会社に商号変更・平成10年3月アール・ティー開発株式会社に商号変更)• 3月 - (長官登録第887号)認可• 4月 - に「エクシブ白浜」を開業• 1月 - 株式会社サンホテルインターナショナルを吸収合併(合併期日平成2年1月31日)• 7月 - に「エクシブ軽井沢」を開業• 4月 - 三重県鳥羽市に「エクシブ鳥羽アネックス」を開業• 5月 - 名古屋市中区に本社新社屋ビルを完成• 7月 - に「エクシブ淡路島」を開業• 9月 - 会員制メディカルクラブの販売及び会員管理を行うことを目的として、子会社 設立• 7月 - に「エクシブ山中湖」開業 和歌山県西牟婁郡白浜町に「エクシブ白浜アネックス」を開業• 4月 - 主に当社ホテルの設備、清掃業務を行うことを目的として、子会社 株式会社ジェス設立• 10月 - 「ハイメディック山中湖倶楽部」を開業。 3月 - 滋賀県に「エクシブ琵琶湖」を開業• 5月 - 名古屋市中区に小口不動産投資型シティホテル「ホテルトラスティ名古屋」開業• 9月 - に株式店頭公開• 7月 - における開発を目的として子会社RESORTTRUST PALAU,INC. を設立 エクシブ蓼科• 3月 - に「エクシブ蓼科」を開業• 12月 - リゾートトラストゴルフ事業株式会社を子会社化• 4月 - 当社関係会社における経理業務の請負を目的として子会社アール・エフ・エス株式会社を設立• 7月 - 岐阜県郡上郡に「サンメンバーズひるがの」を新生オープン• 11月 - 及び市場第一部に上場• 10月 - 第一アドシステム株式会社を子会社化• 3月 - 徳島県に「エクシブ鳴門サンクチュアリ・ヴィラ」を開業 に「グランディ那須白河ゴルフクラブ」を開業• 4月 - 名古屋市中区に「ホテルトラスティ名古屋栄」を開業 株式会社メディカルチェックを子会社化• 8月 - 東京都に東京本社を移転• 2月 - 名古屋市の「カトリック布池教会」内の「聖ヨゼフ館」において事業等の運営受託を開始• 11月 - 長野県軽井沢町に「エクシブ軽井沢サンクチュアリ・ヴィラ」を開業• 6月 - 大阪市に「ホテルトラスティ心斎橋」を開業• 7月 - 徳島県鳴門市に「エクシブ鳴門サンクチュアリ・ヴィラ ドゥーエ」を開業• 8月 - 大阪市中央区の「ハイメディック大阪」検診事業開始• 9月 - 子会社株式会社東京ミッドタウン・メディスンを設立• 10月 - 子会社ベストクレジット株式会社を設立• 7月 - 株式会社アドバンスト・メディカル・ケアを子会社化• 9月 - 株式会社ウェル・トラストを子会社化• 11月 - ハイメディック・東大病院検診開始 京都市に「エクシブ京都 八瀬離宮」を開業• 2月 の「ザ・カントリークラブ」の経営権を取得• 3月 東京都港区に「東京ミッドタウンメディカルセンター」を開業 東京ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾートとホテルトラスティ東京ベイサイド• 2月 - 子会社 株式会社スイス・パーフェクションを設立• 3月 - 東京都に「」を開業• 4月 - 東京都江東区有明に「ホテルトラスティ東京ベイサイド」を開業、長野県に「グランディ軽井沢ゴルフクラブ」を開業• - 愛知県に「パインズゴルフクラブ」を開業• - ヒューマンライフサービス株式会社を子会社化• - 神戸市中央区に「ホテルトラスティ神戸旧居留地」を開業 山梨県南都留郡山中湖村に「エクシブ山中湖サンクチュアリ・ヴィラ」を開業• - 「サンホテル鹿児島」を改装、同時にホテル名を「ホテルサンフレックス鹿児島」に改名• - 神奈川県に「エクシブ箱根離宮」を開業。 大阪市中央区に「ロビーカフェファシーノ」を出店• - 高級有料老人ホーム運営会社「株式会社ボンセジュールグラン」の運営権取得• - 「株式会社ボンセジュールグラン」を「トラストガーデン株式会社」に社名変更し子会社化 エクシブ有馬離宮• - 神戸市の郷に「エクシブ有馬離宮」を開業• 3月 - 大阪市に「ホテルトラスティ大阪 阿倍野」を開業、長野県北佐久郡軽井沢町に「エクシブ軽井沢 パセオ」、「エクシブ軽井沢 サンクチュアリ ヴィラ・ムセオ」開業• 6月 - に「ホテルトラスティ金沢 香林坊」を開業• 10月 - 「ハイメディック・ミッドタウンコース」提供開始• 4月 - 東京都に「トラストガーデン等々力」を開業• 10月 - ハワイ州ホノルル市「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」を取得• 12月 - 「ハイメディック東京ベイコース」提供開始• 3月 - 三重県鳥羽市に「エクシブ鳥羽別邸」を開業• 4月 - 東京都に「トラストガーデン常盤松」を開業• 6月 - 「サンホテル名古屋ヴィラ白川」を改装終了と共に「ホテルトラスティ名古屋 白川」へ• 7月 - 「ハイメディック名古屋」検診開始• 3月 - 神奈川県足柄下郡に「エクシブ湯河原離宮」を開業• 4月 - 介護付有料老人ホーム「アクティバ琵琶」(滋賀県大津市)の運営会社株式取得• 10月 - 神奈川県横浜市に「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」を着工• 12月 - 日本橋浜町と、熊本県熊本市の跡地を含む一帯の再開発地域に、新ブランドである「ホテルトラスティ プレミア」を2019年7月及び9月に開業予定であることを発表• 3月 - 京都市に「トラストガーデン四条烏丸」を開業• 4月 - 兵庫県神戸市は山頂近くのの隣接地に「エクシブ六甲サンクチュアリ・ヴィラ」を開業• 7月 - 横浜市中区介護付有料老人ホーム「らいふアシスト馬車道」を事業承継。 8月 - 東京都に「トラストガーデン荻窪」を開業• 9月 - 東京都に「ホテルトラスティ プレミア日本橋浜町」を開業• 10月 - に「ホテルトラスティ プレミア熊本」を開業•

次の