ロハコ ペイペイ モール。 最大33%還元!LOHACO(ロハコ)PayPayモールでコスメ·スキンケアキャンペーン開催

PayPayモールは「5のつく日」の対象外?最大20%還元を実施中

ロハコ ペイペイ モール

PayPayモールとは PayPayモールとは、決済サービスの名称がついたヤフーが提供するPayPay利用者向けのショッピングアプリです。 詳しくは後述しますが、PayPayモールに出店できるのは大型の企業か、ヤフーショッピングの上位店舗だけですので、 ヤフーショッピングのプレミアムなモールという位置付けと考えられます。 また、出店商品はPayPayモールだけでなく、Yahoo! ショッピングの検索結果にも掲載されるので、 ヤフーショピングに出店していない店舗にとっては、すでに多くの顧客を抱えるヤフーショッピングの顧客にもアプローチができるというメリットがあります。 2019年10月に開始予定 PayPayモールは 2019年10月に開始予定と発表されています。 2019年10月のいつ開始されるのかの詳細はまだ発表されていませんので、詳しくはヤフーの発表を待つしかないでしょう。 PayPayユーザーにはメリットがあるかも PayPayには購入金額に応じて付与されるボーナスポイント PayPayボーナスまたは PayPayボーナスミニというサービスがありますが、 PayPayモールで買い物をするとPayPayボーナスが付与される予定です。 詳細は不明ですが、ヤフーショッピングでの還元率よりも高くなる見込みですので、PayPayユーザーにとってはメリットのあるショッピングモールになりそうです。 ヤフーショッピングとはどう違う? 同じくヤフーが運営するヤフーショッピングとPayPayモールはどう違うのでしょうか? 主な違いは以下の通りです。 ヤフーショッピングとの違い• 出店できる店舗が違う• PayPay利用での還元率が違う• モールの構成が違う• 手数料が異なる それぞれの違いについてもう少し詳しく解説していきましょう。 出店できる店舗が違う ネットショッピングで「このショップから買って大丈夫?」と評価を気にする人は多いのではないでしょうか? ヤフーショッピングは参入障壁が非常に低いのが特徴で、簡単な審査に通過すればどんな店舗でも出店できるので、中には買い物をするのが心配になるような評価が低く規模の小さな店舗も存在します。 しかし、 PayPayモールに出店できるのは、厳しい条件をクリアしている一部の店舗のみですので、 利用者はYahoo! ショッピングに比べて安心して大きな企業と買い物ができるメリットがあります。 PayPay利用者の還元率が違う PayPayはこれまでもヤフーショッピングでPayPayを利用した人には1%のポイント還元などをおこなってきましたが、これらのインセンティブプログラムはPayPayモールに切り替える予定です。 さらに 還元率もPayPayモールの方が高くなる予定になっています。 モールの構成が違う PayPayモールはモールの構成がヤフーショッピングとは異なります。 PayPayモールでは 異なるジャンルでは異なるデザインを採用します。 例えばファッションや家電でデザインを変えることによって、より顧客が買い物をしやすい環境を構築しています。 また、 検索や価格比較なども顧客が見やすい作りになる予定です。 手数料が異なる ヤフーショッピングの代名詞と言えば「売上手数料無料」でしたが、 Pay Payモールでは売上手数料が発生します。 PayPayモールの手数料や送料は? PayPayモールで出品する場合には、手数料や送料はどうなるのでしょうか? ヤフーショッピングでは「初期費用」「月額システム利用料」「売上ロイヤリティ」無料としており、eコマース革命と唄っていましたが、 PayPayモールでは手数料が発生します。 手数料は3% PayPayモールで売上があった場合、出品者は 売上の3%をモールから徴収します。 手数料無料という参入障壁の低さからヤフーショッピングはショップや商品数が膨張しています。 しかし、このような出品者に埋もれることを大企業は嫌いヤフーショッピングを避けていたと言われています。 PayPayモールではあえて手数料を設定し、これまでヤフーショッピングを避けていた 大企業を取り込みたい狙いがあるとされています。 送料は店舗次第か これまでも送料無料などはヤフーショッピングでもおこなわれていました。 しかし 送料無料を設定するかどうかはショップ次第ですので、PayPayモールでも例えば買い物金額が一定以上になると送料無料などをする店舗も出てくるでしょう。 PayPayモールへの出店条件 前述したように、 PayPayモールに出店することができるのは厳しい基準をクリアしたショップだけです。 PayPayモールに出店することができる店舗の条件は以下のいずれかに該当した場合のみとなっています。 出店条件• 「ベストストアアワード」を18年以降に受賞かつヤフーが設定する各指標が高いお店• 「ヤフーショッピング」の年間流通総額が1億2000万円以上かつヤフーが設定する各指標が高いお店• 上場企業ないしは上場グループに入っている企業• 上場グループを含む年商100億円以上の事業者 「ベストストアアワード」を18年以降に受賞かつヤフーが設定する各指標が高いお店 2018年以降にヤフーショッピングでベストストアアワードを受賞したことがあり、顧客の評価や発送スピードなどから判定される各指標が高い店舗は出店することができます。 店舗が優良店とヤフーに認定されているかどうかは、ストア管理画面の「評価」から確認することができます。 「ヤフーショッピング」の年間流通総額が1億2000万円以上かつヤフーが設定する各指標が高いお店 ヤフーショッピングでの年間売上高が1億2,000万円以上あり、やはり評価が高い店舗はPayPayモールへ出品可能です。 ヤフーショッピングだけで年間1億2,000万円以上ですので、月の売上が1,000万円以上あるような上位10店舗程度しかこの条件に該当することはできないでしょう。 すでにヤフーショッピングに出店している店舗でもかなりの高いハードルをクリアしないとPayPayモールに出店することはできません。 上場企業ないしは上場グループに入っている企業 PayPayモールは、ヤフーショッピングにこれまで出店したことがない企業でも出店することができます。 しかし、出店することができるのは、規模の大きな法人のみとなります。 その中でも 上場企業と上場会社のグループ企業は出店することができます。 上場していないと売上が非常に大きくない限りはPayPayモールに出店することができません。 上場グループを含む年商100億円以上の事業者 上場していない企業でも 年商100億円以上ある企業はPayPayモールに出店することができます。 また、 家電は単価が大きいため500億円以上になります。 大企業かヤフーショッピングで実績がある店舗しかPayPayモールには出店できないようになっており、参入障壁はかなり高いと言えるでしょう。 PayPayモールには出店対象外の条件があるので注意 上記の出店条件を満たしていたも、PayPayモールに出店することができないケースがあるので注意しましょう。 具体的には以下のいずれかに該当してしまうとPayPayモール出店を断られてしまう可能性があります。 出店対象外の条件• 並行輸入品を該当カテゴリに 1点以上出品している場合• 金券を 1点以上出品している場合• PayPayモールにふさわしくないとヤフーが判断した場合 並行輸入品とはメーカーが指定する正規代理店以外のルートで輸入した商品です。 並行輸入品を販売していたり、 中古品の販売割合が多い場合や、 金券を販売している場合などは、条件を満たしていてもPayPayモールに出品することができなくなってしまいます。 PayPayモールに出店予定の企業 PayPayモールは大企業専用のモールですが、今のところ出店予定として発表されているのは以下の2社になります。 出店予定企業• ZOZOTOWN• LOHACO ZOZOTOWNは2019年9月にヤフーの子会社となることが発表されたばかりです。 またLOHACOはアスクルの通販サイトですが、アスクルと資本提携をしているヤフーも運営の一翼を担っています。 このように、 現在発表されている出品店舗はヤフーの関連会社の2社になっています。 ただし、ヤフーは現在PayPayモールへの出品基準を満たさないショップに対しては、基準を満たすことができるようにサポートしていくとしています。 今後はヤフーショッピングの上位店舗はPayPayモールへの切り替えが図られていき、PayPayモールへの出品店舗はさらに増えて行くことが予想されます。 PayPayモールのまとめ PayPayモールは2019年10月に開始予定のヤフーが運営する新しいショッピングモールです。 出店することができる基準が厳しく、ヤフーショッピングの上位店舗と大企業しか参入することができませんので、 ヤフーショッピングのプレミアム版と考えられます。 また店舗側、 PayPay決済でのポイント還元もこれまでよりも拡大することが予想され、PayPay利用者の取り込みを図る目的もありそうです。 出品するにはかなりのハードルが高いですが、 大手企業と並んで出店することができるのは大きなメリットです。 ヤフーショッピング上位の店舗は切り替えを検討してみてもよいでしょう。

次の

ソフトバンクスマホユーザー限定で毎週日曜日は、PayPayモール最大20%還元、Yahoo!ショッピング最大16%還元、LOHACO最大17%還元。

ロハコ ペイペイ モール

通常窓口と紛失盗難の窓口が違うため、間違えないよう注意が必要です。 どちらも土日祝日を含む24時間・365日受付で、いつでも問い合わせできます。 PayPayに電話で問い合わせ(スマホの紛失盗難) スマホの紛失や盗難の場合、PayPay利用者が本人が以下の窓口に問い合わせます。 ポイント還元率1. 60万店舗以上の加盟店で使える• ヤフオクの売上をPayPayにチャージ可能• Yahoo! ショッピング、ヤフオク! 、LOHACOのオンライン決済対応• 安心の補償制度 ソフトバンクとヤフーの合弁会社PayPayが提供するスマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」。 ポイント還元率は1. マネーが対象外) PayPay残高へのチャージ方法 PayPay残高へのチェージ方法は、「銀行口座」「セブン銀行ATM」「ヤフオク! の売上金」「ヤフーカード」「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」の5とおりです。

次の

LOHACOPayPayモール店を利用するメリットって?デメリットも理解すればお買い物の達人に!?

ロハコ ペイペイ モール

contents• LOHACOPayPayモール店を利用するメリット・デメリット 2019年10月17日にオープンしたばかりの PayPayモールというPayPayユーザー向けのプレミアムモールでも LOHACOの商品が購入できます。 PayPayモール店で買う場合はまとめ買いするという前提で利用するのが良さそうです^^; 価格 大事なところですよね! でも、 何個か調査してみたところ1円たりとも変化はありませんでした。 LOHACO限定商品やメーカー商品ともに同じ値段です。 品揃え 残念ながら本店の方がさすが品揃えが多いです。 というのも、 PayPayモールでは• 無印良品• 北野エース• ルピシア などの 人気ブランド商品の取扱いがありません。 支払い方法 こちらも本店の方が支払い方法の選択肢が多いですが、 PayPayモールという店名をつけている時点でPayPayで支払うことが前提になっています。 もちろんPayPayで支払うとポイント還元的にも優位に立ちますからね。 PayPayモールでの2019年11月現在の支払い方法は• クレジットカード• PayPay のみですが PayPayユーザー向けのプレミアムモールですから気にはならないでしょう。 ちなみに LOHACO本店でもPayPay支払いは可能です。 ストックがなくなったので急ぎで欲しい方には向かないかもしれませんね^^; なお、当日配送可能のHappy On Timeサービス(エリア限定)は利用できません。 返品 返品および交換についてはそれぞれのストアにより異なるのですが LOHACOでは一定の条件のもと対応してくれます。 それに対しYahoo! ショッピングは2018年は約75万店舗と雲泥の差。 Yahoo! ショッピングの出店は無料で誰でも出来るので変な話、危ない店やクオリティが低い店も販売できちゃうわけです。 大きく違うのがファッションと家電などその他のジャンル。 Yahoo! ショッピングはどのジャンルも同じ表示に対しPayPayモールは分かりやすい表示で 買い物のしやすさが抜群に違います。 PayPayで支払うことにより 他のECモールよりも高いポイント還元が受けられお得にお買い物ができます。 Yahoo! ショッピングでもPayPay支払いが可能ですが、そこはPayPayユーザー向けのプレミアムモールという位置づけのPayPayモールの方がより深い付加価値を提供してくれるでしょう。 色違いを買ってしまった…• サイズ違いを買ってしまった…• イメージと違った… ネットショッピングならではのこんなミスもこのサービスがあれば安心してお買い物ができますね! 電話やチャットでも問い合わせ可能なので迅速にサポートしてくれそうです。

次の