アッキーナ 前世。 【愛園 愛美/Aizono Manami】設定や中の人(前世)は?新衣装も調査!センシティブトークの全貌と朗読動画も紹介

【Party Panicコラボ】19年の男たち【黛灰/加賀美ハヤト/エクス・アルビオ/三枝明那】[2019.08.26]

アッキーナ 前世

プロフィール 年齢 20歳 身長 約180cm 誕生日 8月1日 特技 土下座 ファンの名称 英友 イラストレーター 公式紹介文 突如バーチャル世界に降臨した、異世界の英雄。 元の世界に戻る方法を探しているが、ゲームにハマってしまって滞り気味。 概要 令和初となる所属のバーチャルライバーの一人(同期は)。 これまで、ファンタジー系で異世界出身のにじさんじメンバーは魔族や神などの人外であったが、人間の英雄( 勇者ではない)は初。 愛称は「 エビオ」。 一応、イケメンなのだが声質は少年役をよく演じる男性声優のようなやや幼い印象で、高めで明るい声。 この声に後述のクソガキムーブが入ることでショタキャラにも聞こえる不思議な魅力がある。 実際には彼のショタ要素を見出している。 魔法は使えないが、英雄としての実力に自身があるのか背中にある剣を使わずに拳で戦うらしい。 清楚イケメン枠を狙ってるだけあって顔に見合った優しい声と柔らかい口調なのだが…性格はあのから同族認定を食らうほどのクズ ポンコツ。 ヘタレな側面も併せてピンチになると即座に謝罪したり、リスナーを盾にしたりと畜生な一面が…。 本人曰く「英雄はだいたいこんなもの」らしい。 とはいえ、根は誠実なので反省点があればちゃんと受け止めた上で改善に務める努力家でもある。 配信スタンスとしては主にゲーム配信かマシュマロを用いるなどした雑談。 配信開始当初にプレイしていたのは「パズル&ドラゴン」ぐらいで、他はそれほどやりこんでいないか初見だった。 一応、あるゲームを除いてはやりこんでいないと嘯いていたが、実際には飲み込みの速さと柔軟な発想力で配信中に成長する傾向がある。 加えて、ホラーゲームに対する耐性が強いので不意打ちによる脅かしでなければ動じずにゲームを進行する。 ……しかし、初期に行ったに関しては絶望的なまでに下手くそだったことでリスナーを驚嘆させた。 実力はライバー活動開始当初はかそれ以下ぐらいだったが、流石に今はよりは上だとイキっている。 というか実際に「第2回にじさんじマリカ杯」では見事に準決勝まで勝ち進めるくらいには上達していた。 絵とモノマネのセンスが絶望的で、絵はなんとか特徴が掴んでいることがわかるのだが、目が死んでいる子供の絵のような絵を書くので、お題によっては誰なのかわからない時がある。 モノマネも恐ろしいくらいに似ていない物がほとんどを締めており、数少ない似ているものまねと言われている「」ですら、回を重ねるごとにクオリティが下がってきているほど。 勘が鋭く、洞察力があるため、ライバーによるドッキリもちゃんと周囲になにか問題がないかなどを確認して、自力で真実にたどり着けるくらいは頭の回転が速い。 とは大違いである。 ゲームでの英雄 念願の「パズル&ドラゴン」初配信では当時の「モンスターハンターコラボ」で「アカムトルム」と「黒龍ミラボレアス」を引く為のガシャを回すなどの内容となった。 が、ハズレレアである「ヤマツカミ」を気に入ったリスナーのせいでヤマツカミを使ってリスナーと数回マルチプレイをして、それで満足してもらい心置きなくミラボレアスと交換するという流れになった。 途中でがコメント欄に現れ、早速パズドラを布教。 本人は冗談のつもりだったがアッキーナは本当にインストールしてリセマラを開始。 この時、エクスは「ヤマツカミ」を勧めるクズっぷりを見せ、リスナーが急いで騙されていることを教えた…が、時すでに遅くアッキーナは「ヤマツカミ」を引いてしまった。 この結果に喜ぶエクズだが、アッキーナは無慈悲にリセマラ続行。 その後、3回ヤマツカミを引いたことを聴いては元気を取り戻すクズっぷりを見せていた。 後に様々なガチャ配信をしたがついにチャンピオンコラボガシャで爆死。 そのダメージはが行っていたあの「乳首でタップしてガシャを引く」邪教を実行するレベルであった。 後遺症も酷く、本人曰く「全部ヤマツカミ」と言わしめるラインナップであったデュエルマーズコラボガチャを何故か行う奇行が見られた。 初のではゲームの下手さ、ポンコツぶりを遺憾なく発揮し、すぐ遭難したり動物に殺されたりした。 が、次に参加した際には裏での練習(一回)によってかなり上達しており、3戦した中一度だけ信用しきってしまった相手の裏切りで死亡したがそれ以外では勝利をおさめた。 ではのくそざこマイクラを上回るくそざこっぷりを披露。 何回も死んだりする姿は新手のチャット荒らしと言われていた。 後輩にあたるをマイクラの初回配信で助けてもらったことから「師匠」と呼んでおり、その後の配信では共にの隠れ家を捜索したり、襲撃イベントをこなしたりと関わることが多い。 他にもに家を地下に隠されたり、から盗人呼ばわりされたりなどエクスのマイクラは見所が多く切り抜き動画が長時間になることも多い。 なお、初期には直下掘りしてはマグマにダイブする場面が見られたが、これはフォートナイトではよくある地面を掘っては直前に安全地帯を作る動作をマイクラで実行しようとしたためであることが後のフォートナイト配信で判明した。 どうやら得意分野はFPSのようで、PUBGとフォートナイトでは初心者と言いながら明らかに初心者とは思えない…むしろ、ブランクのある経験者としか考えられない動きをしていた。 また、配信中にゲームの腕が上達する場面もあるので、そこも見どころとなっている。 なぜかホラーゲーム配信で選ぶゲームの大半がバカゲーも兼ねており、正統派ホラーと呼べる作品は結構少ない。 その内、「もしも死ねぇ?」はリスナーによるワザップジョルノコピペによる波状攻撃のせいで腹筋が破壊され、危うく放送中止になりかけた。 主に関わりのあるライバー 三枝明那 先輩ライバーの中では唯一、最初から緊張せずにトークできたショタコン腐男子。 それもそのはず、三枝に関しては加入当初こそ敬っていたが、Discordでその旨を伝えたところ、「え?何の話?聞いてなかったわ。 お婆ちゃんの痛風の話だっけ?」とスルーされたことから、敬うことをやめたという経緯がある。 それでも仲が良いようで、お互いの配信でコメントやスパチャを投げたり、特に三枝が彼の配信コメントに出没する機会もたまに見られる。 だが、三枝はエクスに生意気なショタを見出しているようで、ある配信で「ショタ化ビーム」浴びせたい相手に選んだせいで時折、エクスのファンアートにショタ化したエクスが増えている。 事実、女性ライバーとの絡みでもたまに切り抜きに「おねショタ」タグをつけられることも…。 レヴィ・エリファ ファンタジー仲間でもある同期。 だが、普段のエクスを知るがゆえに彼が普通にレヴィの歌動画をツイッターで絶賛するとともに宣伝したときには驚いていた。 これまで、いろいろな要素が重なり、お互いの記念配信でのゲスト出演こそ果たしていたが2019年9月9日まで一度も同期だけのコラボを行っていなかった。 そして、初のコラボとなった「PORTAL2」ではエクスの柔軟な発想とレヴィの観察眼が見事に噛み合い、リスナーの予想に反して(?)サクサクとゲームを進めていった。 アルス・アルマル 後輩の一人。 Minecraftでは戦闘しかできないエクスを色々な意味でサポートするなど、彼の撮れ高に貢献してくれている。 誠意とクズの反復横跳びとも称される師弟関係は必見。 黛灰 後輩の一人。 Minecraftで受けた屈辱から逆恨みで彼を倒すべき目標と定めて以降、悪戯を目論んでは返り討ちにあっている。 通称・魔王黛。 一方でにおいてトレイターとして彼と組んだ折にはその卓越したゲームセンスにいたく感動し、オフで特訓してもらうなど実際の関係は良好な模様。 椎名唯華 にじさんじ公式ライバー…そして、バーチャルYouTuber界隈におけるクズキャラの先輩。 デビュー当初から仲間になりたそうにこちらを見ていたが、『エクズ・アルビオ』呼ばわりを回避するために断っていた。 …だが、彼女から同類(ゴミクズ族)認定されてしまった。 彼の放送を見ていれば分かる通り、そのとおりなのだが。 後ににじレジオに呼ばれ、Twitterのアンケートでどちらがクズか投票が行われた。 結果は椎名唯華の圧勝であった。 轟京子 実は三枝明那と共に初期からノータイムでプロレスを仕掛けることがある先輩。 本当に裏でよく話す先輩の一人で、配信上での初タイマンコラボでも仲良く喧嘩する様子が見ることができる。 一緒に深夜までゲームに熱中した結果その後のコラボを寝過ごし、にじさんじゴーミーズなるコンビを結成するに至った。 フレン・E・ルスタリオ 同じく異世界出身の剣士という共通点を持つ後輩。 両者とつながりのある某からはリアクションや言動が似ているとひっそり同類扱いされている。 関連イラスト.

次の

嫌いなユーチューバーランキング2020!炎上理由は?女性や子供も

アッキーナ 前世

プロフィール 年齢 20歳 身長 約180cm 誕生日 8月1日 特技 土下座 ファンの名称 英友 イラストレーター 公式紹介文 突如バーチャル世界に降臨した、異世界の英雄。 元の世界に戻る方法を探しているが、ゲームにハマってしまって滞り気味。 概要 令和初となる所属のバーチャルライバーの一人(同期は)。 これまで、ファンタジー系で異世界出身のにじさんじメンバーは魔族や神などの人外であったが、人間の英雄( 勇者ではない)は初。 愛称は「 エビオ」。 一応、イケメンなのだが声質は少年役をよく演じる男性声優のようなやや幼い印象で、高めで明るい声。 この声に後述のクソガキムーブが入ることでショタキャラにも聞こえる不思議な魅力がある。 実際には彼のショタ要素を見出している。 魔法は使えないが、英雄としての実力に自身があるのか背中にある剣を使わずに拳で戦うらしい。 清楚イケメン枠を狙ってるだけあって顔に見合った優しい声と柔らかい口調なのだが…性格はあのから同族認定を食らうほどのクズ ポンコツ。 ヘタレな側面も併せてピンチになると即座に謝罪したり、リスナーを盾にしたりと畜生な一面が…。 本人曰く「英雄はだいたいこんなもの」らしい。 とはいえ、根は誠実なので反省点があればちゃんと受け止めた上で改善に務める努力家でもある。 配信スタンスとしては主にゲーム配信かマシュマロを用いるなどした雑談。 配信開始当初にプレイしていたのは「パズル&ドラゴン」ぐらいで、他はそれほどやりこんでいないか初見だった。 一応、あるゲームを除いてはやりこんでいないと嘯いていたが、実際には飲み込みの速さと柔軟な発想力で配信中に成長する傾向がある。 加えて、ホラーゲームに対する耐性が強いので不意打ちによる脅かしでなければ動じずにゲームを進行する。 ……しかし、初期に行ったに関しては絶望的なまでに下手くそだったことでリスナーを驚嘆させた。 実力はライバー活動開始当初はかそれ以下ぐらいだったが、流石に今はよりは上だとイキっている。 というか実際に「第2回にじさんじマリカ杯」では見事に準決勝まで勝ち進めるくらいには上達していた。 絵とモノマネのセンスが絶望的で、絵はなんとか特徴が掴んでいることがわかるのだが、目が死んでいる子供の絵のような絵を書くので、お題によっては誰なのかわからない時がある。 モノマネも恐ろしいくらいに似ていない物がほとんどを締めており、数少ない似ているものまねと言われている「」ですら、回を重ねるごとにクオリティが下がってきているほど。 勘が鋭く、洞察力があるため、ライバーによるドッキリもちゃんと周囲になにか問題がないかなどを確認して、自力で真実にたどり着けるくらいは頭の回転が速い。 とは大違いである。 ゲームでの英雄 念願の「パズル&ドラゴン」初配信では当時の「モンスターハンターコラボ」で「アカムトルム」と「黒龍ミラボレアス」を引く為のガシャを回すなどの内容となった。 が、ハズレレアである「ヤマツカミ」を気に入ったリスナーのせいでヤマツカミを使ってリスナーと数回マルチプレイをして、それで満足してもらい心置きなくミラボレアスと交換するという流れになった。 途中でがコメント欄に現れ、早速パズドラを布教。 本人は冗談のつもりだったがアッキーナは本当にインストールしてリセマラを開始。 この時、エクスは「ヤマツカミ」を勧めるクズっぷりを見せ、リスナーが急いで騙されていることを教えた…が、時すでに遅くアッキーナは「ヤマツカミ」を引いてしまった。 この結果に喜ぶエクズだが、アッキーナは無慈悲にリセマラ続行。 その後、3回ヤマツカミを引いたことを聴いては元気を取り戻すクズっぷりを見せていた。 後に様々なガチャ配信をしたがついにチャンピオンコラボガシャで爆死。 そのダメージはが行っていたあの「乳首でタップしてガシャを引く」邪教を実行するレベルであった。 後遺症も酷く、本人曰く「全部ヤマツカミ」と言わしめるラインナップであったデュエルマーズコラボガチャを何故か行う奇行が見られた。 初のではゲームの下手さ、ポンコツぶりを遺憾なく発揮し、すぐ遭難したり動物に殺されたりした。 が、次に参加した際には裏での練習(一回)によってかなり上達しており、3戦した中一度だけ信用しきってしまった相手の裏切りで死亡したがそれ以外では勝利をおさめた。 ではのくそざこマイクラを上回るくそざこっぷりを披露。 何回も死んだりする姿は新手のチャット荒らしと言われていた。 後輩にあたるをマイクラの初回配信で助けてもらったことから「師匠」と呼んでおり、その後の配信では共にの隠れ家を捜索したり、襲撃イベントをこなしたりと関わることが多い。 他にもに家を地下に隠されたり、から盗人呼ばわりされたりなどエクスのマイクラは見所が多く切り抜き動画が長時間になることも多い。 なお、初期には直下掘りしてはマグマにダイブする場面が見られたが、これはフォートナイトではよくある地面を掘っては直前に安全地帯を作る動作をマイクラで実行しようとしたためであることが後のフォートナイト配信で判明した。 どうやら得意分野はFPSのようで、PUBGとフォートナイトでは初心者と言いながら明らかに初心者とは思えない…むしろ、ブランクのある経験者としか考えられない動きをしていた。 また、配信中にゲームの腕が上達する場面もあるので、そこも見どころとなっている。 なぜかホラーゲーム配信で選ぶゲームの大半がバカゲーも兼ねており、正統派ホラーと呼べる作品は結構少ない。 その内、「もしも死ねぇ?」はリスナーによるワザップジョルノコピペによる波状攻撃のせいで腹筋が破壊され、危うく放送中止になりかけた。 主に関わりのあるライバー 三枝明那 先輩ライバーの中では唯一、最初から緊張せずにトークできたショタコン腐男子。 それもそのはず、三枝に関しては加入当初こそ敬っていたが、Discordでその旨を伝えたところ、「え?何の話?聞いてなかったわ。 お婆ちゃんの痛風の話だっけ?」とスルーされたことから、敬うことをやめたという経緯がある。 それでも仲が良いようで、お互いの配信でコメントやスパチャを投げたり、特に三枝が彼の配信コメントに出没する機会もたまに見られる。 だが、三枝はエクスに生意気なショタを見出しているようで、ある配信で「ショタ化ビーム」浴びせたい相手に選んだせいで時折、エクスのファンアートにショタ化したエクスが増えている。 事実、女性ライバーとの絡みでもたまに切り抜きに「おねショタ」タグをつけられることも…。 レヴィ・エリファ ファンタジー仲間でもある同期。 だが、普段のエクスを知るがゆえに彼が普通にレヴィの歌動画をツイッターで絶賛するとともに宣伝したときには驚いていた。 これまで、いろいろな要素が重なり、お互いの記念配信でのゲスト出演こそ果たしていたが2019年9月9日まで一度も同期だけのコラボを行っていなかった。 そして、初のコラボとなった「PORTAL2」ではエクスの柔軟な発想とレヴィの観察眼が見事に噛み合い、リスナーの予想に反して(?)サクサクとゲームを進めていった。 アルス・アルマル 後輩の一人。 Minecraftでは戦闘しかできないエクスを色々な意味でサポートするなど、彼の撮れ高に貢献してくれている。 誠意とクズの反復横跳びとも称される師弟関係は必見。 黛灰 後輩の一人。 Minecraftで受けた屈辱から逆恨みで彼を倒すべき目標と定めて以降、悪戯を目論んでは返り討ちにあっている。 通称・魔王黛。 一方でにおいてトレイターとして彼と組んだ折にはその卓越したゲームセンスにいたく感動し、オフで特訓してもらうなど実際の関係は良好な模様。 椎名唯華 にじさんじ公式ライバー…そして、バーチャルYouTuber界隈におけるクズキャラの先輩。 デビュー当初から仲間になりたそうにこちらを見ていたが、『エクズ・アルビオ』呼ばわりを回避するために断っていた。 …だが、彼女から同類(ゴミクズ族)認定されてしまった。 彼の放送を見ていれば分かる通り、そのとおりなのだが。 後ににじレジオに呼ばれ、Twitterのアンケートでどちらがクズか投票が行われた。 結果は椎名唯華の圧勝であった。 轟京子 実は三枝明那と共に初期からノータイムでプロレスを仕掛けることがある先輩。 本当に裏でよく話す先輩の一人で、配信上での初タイマンコラボでも仲良く喧嘩する様子が見ることができる。 一緒に深夜までゲームに熱中した結果その後のコラボを寝過ごし、にじさんじゴーミーズなるコンビを結成するに至った。 フレン・E・ルスタリオ 同じく異世界出身の剣士という共通点を持つ後輩。 両者とつながりのある某からはリアクションや言動が似ているとひっそり同類扱いされている。 関連イラスト.

次の

【Party Panicコラボ】19年の男たち【黛灰/加賀美ハヤト/エクス・アルビオ/三枝明那】[2019.08.26]

アッキーナ 前世

嫌いなユーチューバーには男性ユーチューバーが多いようです。 確かに、炎上しているユーチューバーは男性が多いですね。 それでは、嫌いなユーチューバーにランクインしてしまったのはだれなのでしょうか?早速ご紹介していきます! 嫌いなユーチューバーランキング 20位:あいぽん 嫌いなユーチューバーランキングの20位にランクインしたのは、あいぽんさんです。 「あいぽんの毎日」というユーチューブちゃんねるを運営しています。 チャンネル登録数は9800人程度です。 あいぽんさんは、実家暮らしのニートユーチューバーであり、食レポやソシャゲのガチャ動画、ダイエット動画、バイト応募動画等を投稿しています。 あいぽんさんが嫌い!と言われている理由は、まさにニートだからであり、親から怒られて愚痴る動画等もアップしています。 バイトもダイエットも続かないことから、動画には低評価ばかり付いています。 嫌いなユーチューバーランキング 19位:東海オンエア 嫌いなユーチューバーの19位にランクインしたのは「東海オンエア」です。 東海オンエアはてつや、しばゆー、りょう、としみつ、虫眼鏡、ゆめまるの6人からなる男性グループのユーチューバーです。 東海オンエアはネタ動画やドッキリ動画を中心に投稿しているユーチューバーです。 嫌われている理由は、大学生のようなリア充感がうざいと言われているようです。 チャンネル登録者数は470万人を突破しており、人気ユーチューバーなので、好き嫌いの好みが別れるユーチューバーと言えそうです。 嫌いなユーチューバーランキング 18位:マホト 嫌いなユーチューバーの16位にランクインしたのは、マホトさんです。 マホトさんはチャンネル登録者数250万人を突破している人気のイケメンユーチューバーです。 マホトさんが嫌いと言われている理由は、王様気取りがうざい、自分が正義という感じがうざいということです。 また、イケメンであるが故に嫉妬されることも少なくないようです。 マホトさんはトラブルをまとめたり、後輩の面倒をみたりしているのが、見る人によっては受けいられない一面があるようです。 嫌いなユーチューバーランキング 17位:フィッシャーズ 嫌いなユーチューバーの17位にランクインしたのは、フィッシャーズです。 フィッシャーズはシルクロード、マサイ、ンダホ、モトキ、ぺけたん、ダーマ、ザカオからなる男性グループです。 フィッシャーズは仲間内で面白いことを企画して実践する動画が主ですが、フィッシャーズが嫌いと言われているのは動画ではなく音楽活動が原因のようです。 音楽活動でも曲をリリーズしたり、Mステにも出演したりしているため、素人なのに音楽活動をプロのようにやっているところが嫌いと言われている理由のようです。 嫌いなユーチューバーランキング 16位:カジサック 嫌いなユーチューバーランキングの16位はカジサックさんです。 カジサックさんとは、キングコングの梶原さんのユーチューブでの活動名であり、チャンネル登録者数は140万人を超えています。 動画内容については家族など、お笑い芸人とはまた違った顔が見れると話題ですが、カジサックは嫌いという声もあるようです。 カジサックさんが嫌いと言われている理由は、炎上が続いているからのようです。 後輩芸人のヤスタケさんへのドッキリや、登録者数100万人いかなかったら芸人やめるという発言などが炎上しています。 嫌いなユーチューバーランキング 15位:ステハゲ 嫌いなユーチューバーの15位はステハゲさんです。 ステハゲさんは大学在学中の高学歴ユーチューバーで、チャンネル登録者数は13万人を超えています。 動画の内容は、大学で奇妙なことをする動画等が多いようです。 ステハゲさんが嫌いな理由としては、学歴煽りのような動画があり、炎上していることが挙げられます。 また一方で、ステハゲは顔がキモいなどという辛辣な意見もあるようです。 一方で炎上を狙いながらそれほど炎上しないのが見ていてかわいいなどの意見も上がっています。 嫌いなユーチューバーランキング 14位:みずにゃん 嫌いなユーチューバーの14位にランクインしたのはみずにゃんさんです。 みずにゃんさんはチャンネル登録者数が18万人を超えるユーチューバーです。 動画の内容としては炎上ネタに対し自分の考えを述べる系の企画が多く、このチャンネルのスタイルが嫌いという人も多いようです。 一方で、みずにゃんそもそもの顔が生理的に無理、話し方が独特で生理的に無理という辛辣な意見もあります。 嫌いなユーチューバーランキング 13位:はじめしゃちょー 嫌いなユーチューバーの13位にランクインしたのははじめしゃちょーさんです。 はじめしゃちょーさんはチャンネル登録者数は800万人を超える超人気ユーチューバーです。 それなのにはじめしゃちょーさんが嫌いと言われてしまう理由は、一体なんなのでしょうか?はじめしゃちょーさんは過去に木下ゆうかさんと交際していながら一般人とも交際した三股事件がありました。 スキャンダルが多いことからも炎上して嫌いと言われる原因になっているようです。 一方で、人気が故にアンチも多く、叫び声がキモい、うざいという意見もあります。 嫌いなユーチューバーランキング 12位:トミック 嫌いなユーチューバーの12位にランクインしたのはトミックさんです。 トミックさんはチャンネル登録者数160万人を突破する人気ユーチューバーです。 トミックさんは魚をさばく動画でも有名ですが、どうして嫌いと言われているのでしょうか。 嫌いと言われている理由は、「キモい」「話し方が無理」というような意見が多くありました。 その他、トミックさんは過去に動画で嘘を言っていたことが複数判明しており、嘘つきだから嫌いという意見もありました。 さらには、嘘つきから「サイコパスでは?」という噂も上がっています。 嫌いなユーチューバーランキング 11位:コレコレ 嫌いなユーチューバーの11位にランクインしたのはコレコレさんです。 コレコレさんはチャンネル登録者数103万人にも登るユーチューバーです。 コレコレさんは有名なユーチューバーの噂等を暴露する動画で知られており、動画の内容から嫌い!という声が多く上がっているようです。 一方で、コレコレさんの動画はやらせっぽい!とやらせ疑惑も浮上しており、さらに口も悪いことからも一定数のアンチがいるようです。 嫌いなユーチューバーランキング 10位:セイキン 嫌いなユーチューバーの10いにランクインしたのはセイキンさんです。 セイキンさんは弟のヒカキンさんと揃って多くのチャンネル登録者数を誇る人気ユーチューバーです。 セイキンさんは人気ユーチューバーにも関わらず、それほど炎上経験がありません。 嫌われている理由はその人気故であり、メディアへの露出が増えたことでアンチが増えているようです。 セイキンさんは音楽活動もやっており、弟のヒカキンさんと音楽番組へ出演することもありました。 そんなことから、嫌いという声が上がっています。 嫌いなユーチューバーランキング 9位:スカイピース 嫌いなユーチューバーの9位はスカイピースです。 嫌いと言われている理由には、2人が仲良しであることからホモっぽく見えること、好感度狙いで面白くないことなどが上がっていました。 嫌いなユーチューバーランキング 8位:ヒカキン 嫌いなユーチューバーの8位にランクインしたのはヒカキンさんです。 ヒカキンさんと言えば、現在は知らない人はいないほどの人気ユーチューバーと言える存在です。 そんなヒカキンさんが嫌いと言われる理由はなんなのでしょうか?ヒカキンさんと言えば、オーバーリアクションや変顔が子供たちから大人気ですが、大人からはうざいとも言われています。 また、ユーチューバーとして大成功していることからもお金持ちというイメージがあり、アンチの増加につながっているようです。 嫌いなユーチューバーランキング 7位:カブキン 嫌いなユーチューバーの7位にランクインしたのはカブキンさんです。 カブキンさんはチャンネル登録者数が30万人を超えるユーチューバーです。 カブキンさんはラファエルさんとのコラボ動画で話題となったユーチューバーであり、自分より上の人について回っている印象があることから嫌いと言われています。 また、VALU騒動にも関与していたことも、アンチが増えた原因であるようです。 嫌いなユーチューバーランキング 6位:ジョーブログ 嫌いなユーチューバーの6位にランクインしたのはジョーブログです。 ジョーブログはジョーさんをはじめとする3人の男性グループユーチューバーです。 ジョーブログが嫌い!と言われている理由は、過激な動画で以前渋谷のスクランブル交差点にベッドを置いた騒動を起こしており、非常識だとアンチが増えたことも原因です。 また、過去にクラウドファンディングでバーを作りたいと資金を募ったことがあり、そのことも店の資金を自分で出さずにファンを利用していると炎上したのも嫌いと言われている原因になっています。 嫌いなユーチューバーランキング 5位:よりひと 嫌いなユーチューバーランキングの5位にランクインしたのは、よりひとさんです。 元々は芸人として活動しており、チャンネル登録者数は70万人を超えるユーチューバーです。 よりさんが嫌いと言われている原因は、そもそもの動画の企画にあります、よりひとさんはユーチューバーの炎上を叩く企画が多く、叩かれたユーチューバーのファンから嫌われています。 また、髪型や話し方、話す内容についても嫌われるためにやっているようなところもあり、狙い通りアンチが増えているとも言えます。 嫌いなユーチューバーランキング 4位:シバター 嫌いなユーチューバーランキングの4位にランクインしたのは、シバターさんです。 シバターさんは物申す系のユーチューバーとして有名です。 シバターさんが嫌われている原因は、やはりその過激な動画の内容にあります。 わざと炎上を狙った投稿が多く、炎上商法が話題です。 嫌いと言われても仕方がないですね。 嫌いなユーチューバーランキング 3位:MEGWIN 嫌いなユーチューバーランキングの3位にランクインしたのは、MEGWINさんです。 MEGUWINさんは元々お笑い芸人であり、現在は複数の男性とMEGWIN TVというチャンネルを運営しています。 MEGWINさんが嫌いと言われている理由は元社員へのパワハラ騒動です。 元メンバーだったファルコンやメテオが給料が支払われない等の不当な扱いを暴露したことがきっかけでした。 ファルコンやメテオの告発動画は炎上し、またMEGWINさんも謝罪動画を投稿したものの、その内容が納得できるようなものではなかったことからチャンネル登録者数が減少しています。 嫌いなユーチューバーランキング 2位:チョコレートスモーカーズ 嫌いなユーチューバーランキングの2位にランクインしたのは、チョコレートスモーカーズです。 チョコレートスモーカーズはジョンレノさんがリーダーの男性グループです。 チョコレートスモーカーズが嫌いと言われている原因は、ジョンレノさんがメンバーのヨハンに暴行した事件です。 ヨハンさんがジョンレノさんの彼女と食事に行ったことに腹を立てて暴行したそうです。 そういうことから、チョコレートスモーカーズからヨハンさんが脱退し、最終的には解散に至りました。 現在ではメンバーそれぞれがユーチューバーとして活動しています。 嫌いなユーチューバーランキング 1位:ヒカル 嫌いなユーチューバーランキングの1位となってしまったのはヒカルさんです。 ヒカルさんは大量買いの企画で話題の有名なユーチューバーです。 嫌いと言われる原因は、大量買いの企画によるものです。 お金持ちだからといって、企画で自慢している!とアンチが増えています。 また、過去に起こしたVALU事件も嫌いと言われる原因になっています。 炎上が原因?嫌いな女性ユーチューバーは? 女性の嫌いなユーチューバーの1人目はゆうこすさんです。 ゆうこすさんは元HKT48のメンバーでしたが現在はユーチューバーとして活躍されています。 ゆうこすさんが嫌いと言われていた原因は、嘘つきだからと言われています。 ゆうこすさんは虚言癖があるとも噂されており、発信している情報に信用性がないという声がありました。 一方で、ゆうこすさんは可愛らしいキャラクターですが、ぶりっこで嫌いという意見もあるようです。 あやなんさんは東海オンエアにしばゆーさんと結婚され、夫婦でユーチューブチャンネルを運営しています。 あやなんさんは炎上が多いことから、嫌いという声が多く上がっています。 過去にはツイッターの裏アカウントでマホトさんや視聴者の悪口を書いていたことでも炎上しています。 木下ゆうかさんは大食い系のユーチューバーとして有名で、チャンネル登録者数530万人を超える人気ユーチューバーです。 木下ゆうかさんが嫌いな原因と言われているのは、過去に猫投げ動画が炎上したことです。 放送中にまだ幼い飼い猫を、後ろの方にポイッと投げたことから炎上してしまいました。 視聴者からは「動物虐待ではないか?」という声も上がっていたようです。 こちらはせんのすけくん、ももこちゃん、あいこちゃん兄弟によるおもちゃ系のチャンネルです。 せんももあいチャンネルが嫌いと言われている理由は、親が子供で金儲けしているからということで、3人へというよりは親への批判があるようです。 キッズラインはこうくんとねみちゃんという2人の子供が登場するユーチューブチャンネルです。 キッズラインが嫌いと言われる理由は、過去にチャンネル登録者が急増したことで登録者を買収しているのではないかという疑惑が浮上したことでした。 登録者買収疑惑については、ママと所属事務所が否定しているものの、ありえない数だったために今でも疑惑が晴れていません。 こちらは、まーちゃんとおーちゃん、ママ、パパが出演するファミリーユーチュバーです。 嫌いと言われている原因は、人気の割に炎上は少ないですが、人気故に注目されてしまい、動画に低評価が多くついてしまっているようです。

次の