エンドコンテンツ おすすめ。 【大激震】「引退する」「モンストみたいになる」某有名ゲームさん、エンドコンテンツ発表!←ユーザーの反応がヤバイwwwww

現役フロントエンドエンジニアが厳選!おすすめフレームワーク6個

エンドコンテンツ おすすめ

もくじ• 前作は、全世界で大ヒットを記録しており、今作の注目度もかなり高いようです。 ウイルスの脅威を止めることはできず、最初の感染から27日後にワシントンは崩壊しました。 ウイルスのアウトブレイクから6か月後、夏の訪れと共に街で不穏な影が動き始め、新たな内戦が始まろうとしたところに、ディビジョンのエージェントであるプレイヤーが首都に立つというあらすじです。 のマップは、大きく分けて6つの地区で構成されており、ランドマークや自然など、それぞれ特色のある街並みが広がっています。 は 現実の広大な首都を「1:1」のスケールで再現しており、地理情報システムなどのデータを使用し、今までのゲームでは無しえなかったリアルティを本作にもたらしました。 環境音ひとつとっても実際に録音するなど、全編通りてこだわりが感じられるでしょう。 「ホワイトハウス、リンカーメモリアル」などの建造物のリアルさは、実際に見たことのある人ほどに驚くと思います。 クリスマスの雰囲気がそのまま残されているなど、細かい設定が施されているので、プレイヤーの没入感も何倍にもなるでしょう。 カスタマイズ要素が豊富! プレイヤーはエージェントと連携し、過酷な状況を生き抜くことになります。 その中で最も重要なのは「戦闘」であり、どの戦略で過酷な状況に対処するのか、 前作からの改善店も含め、様々なポイントが刷新されているそう。 より綿密なコミュケーションを楽しみつつ、戦う面白さがより高まっています。 更に、プレイヤーキャラクターはLv30に到達すると、 固有能力「スペシャルリゼレーション」を選択できるようになり、それぞれのスキルとシグネチャーウェポンを解除することで、プレイヤーはより自分に合った戦略が立てられるようになります。 サバイバリスト:トラップやステータス効果を発揮することで、周囲の状況を制御できる。 シグネチャーウェポン「クロスボウ」は、制度の高さでターゲットを仕留めやすい。 デモリショニスト:戦場に混沌をもたらすスペシャリゼネーション。 シグネチャーウェポンのグレネードランチャーは、その高い破壊力と攻撃範囲の広さを活かして敵を殲滅できる。 シャープシューター:強力かつ射程距離の長いスナイパーライフルをシグネチャーウェポンとする。 遠距離から対物ライフルなどで敵に強烈なダメージを与える。

次の

【ラスクラ】エンドコンテンツ発見【おすすめ周回ポイント】

エンドコンテンツ おすすめ

エンドコンテンツとは? 「零式」や「絶」のこと コンテンツの種類 備考 絶 FF14の戦闘コンテンツで最も難易度の高いコンテンツ。 零式 ノーマルレイドの高難易度ver. 極討滅戦 討滅戦の高難易度ver. ノーマルレイド レイドと呼ばれる8人パーティ用のコンテンツ。 討滅戦 ストーリー中に出てくるボスと戦う8人パーティ用のコンテンツ。 FF14におけるエンドコンテンツとは、主に 「零式」や「絶」コンテンツのことを指します。 8人パーティ専用の戦闘コンテンツ(レイド)には上記のような種類があり、上に行くほど難易度が上がります。 討滅戦とノーマルレイドの難易度はさほど変わりはなく、極以上から散開位置を決める「散開マクロ」が必要になる場合があります。 零式以上ではマクロは必須になります。 エンドコンテンツのPT構成の基本 ジョブ被りはなし の関係上ジョブかぶりは基本NGです。 理由は、 ジョブが被っているとLBが溜まりにくくなり攻略に支障が出るからです。 についての詳しい仕様は下記の記事を参考にしてください。 ピュアヒーラー枠は白魔道士、占星術師(ダイア)、バリアヒーラー枠は学者、占星術師(ノクタ)になります。 【DPS】近接2、レンジ1、キャス1 DPSは近接2、遠隔2(レンジ1、キャス1)が基本です。 近接2、遠隔2にする理由はギミック処理で散開するとき、ボスに近い位置で殴りたい近接と、遠い位置からでも殴れる遠隔で分かれる必要があるからです。 散開マクロと暗黙の了解について 散開マクロの担当場所には暗黙の了解がある 極以降の高難易度コンテンツでは、ギミックに対応するための散開位置を示す「散開マクロ」を使用するようになります。 散開マクロでは、 8人パーティの散開位置を「MT、ST、H1、H2、D1、D2、D3、D4」で表現します。 誰かがマクロを流したらそれぞれチャットで担当場所を宣言しますが、 ジョブ毎の担当場所はFF14において暗黙の了解となっているので、必ず覚えておきましょう。 D3、D4は「散開時に遠く離れても攻撃できるジョブが担当する、遠隔DPSが処理するギミックがある場合がある」などの理由で、遠隔DPSがこの位置を担当します。 H1はピュアヒーラー枠(白)、H2はバリアヒーラー枠(学)となっています。 占星術師は相方ヒーラーによってスタンスを変える必要があるので、相方次第で担当場所が変わります。 関連リンク エンドコンテンツ• パッチ5. イシュガルド復興• レイド 零式 共鳴編• 覚醒編• ノーマル 共鳴編• 覚醒編• 宝の地図• ジョブ• タンク• ヒーラー• DPS メレー• レンジ• キャスター• リミテッドジョブ• ギャザクラ• 漆黒のヴィランズ• 討滅戦• ノーマル• アライアンスレイド ヨルハダークアポカリプス• リターントゥイヴァリース• シャドウオブマハ• クリスタルタワー• 風脈 新フィールドの風脈の場所• エウレカ• NM情報• ハウジング•

次の

「Anthem」,序盤とエンドコンテンツのプレイムービーをお届け。プロデューサーへのインタビューも。オープン体験版は2月2日から

エンドコンテンツ おすすめ

FF14の高難易度コンテンツ、通称「零式」。 「敷居が高そう」、「FF14はまだは始めたばかりなので・・」等々の理由で、零式コンテンツに踏み込んだことのないプレイヤーの方のまだまだいるかと思います。 4現在の情報となります。 またエンドコンテンツの中でも最高峰の難易度を誇ります。 具体的な特徴を列挙。 ・8人PTで参加するバトルコンテンツ。 ・制限時間は90分もしくは120分。 ・クリアすると、報酬として高ILの武器や装備が手に入る。 (ロット制、週制限あり)。 ・1~4層の4コンテンツ構成。 深層になるにつれ、難易度や要求されるILが高まる。 ・基本的にボスと戦い続ける形式。 約 10分の制限時間内にボスを倒せないと履行技により強制全滅(時間切れ)。 このためミスしないだけでなく、DPSも出す必要がある。 攻略難易度については、次の通り。 とはいえ通常のコンテンツから見れば、比にならない難しさとなります。 なお「零式」に該当するコンテンツは、以下の通りとなります。 2「大迷宮バハムート 侵攻編」のエクストラコンテンツとして用意されたもの。 侵攻編をベースにし、さらに高難易度に調整された「大迷宮バハムート侵攻編:零式」がパッチ2. 3でリリースされたのがはじまり。 しかしパッチ3. 0「機工城アレキサンダー」より考え方が変わる。 ノーマル編はライトプレイヤー向け難易度、零式編はそれまでの大迷宮バハムートと同水準の高難易度コンテンツに区分けされた。 このため「侵攻編:零式」だけ少し特殊な立ち位置になってしまっている。 「 侵攻編: 零式」のみ、同じ零式でも、今のアレキサンダー零式やオメガの零式よりもさらに高難易度に分類される。 ただこの時は、 今でいう零式のさらに零式といった位置づけで、少し考え方が異なっていた。 いまでも下限レベルで挑戦すると恐ろしい難易度となる。 2.FF14零式コンテンツの始め方、進め方 零式は「パーティ募集」もしくは「コンテンツファインダー」にて攻略を進めていきます。 どちらにおいても、高難易度であるがゆえ、同じ進捗のプレイヤー同士で組み、段階的に進めていのが基本です。 零式パーティの、棲み分けは次のとおり。 【零式PTの棲み分け】 パーティ募集の区分 特徴 初見見学PT そのコンテンツが初めての人同士で、まずはどんなものか見に行くPT。 予習やネタバレなしで、ワイワイ遊ぶのが通例。 前半練習PT 前半フェーズ(最初~中間の履行技より前)を練習していくPT。 後半練習PT 後半フェーズ(中間の履行技~)を練習してくPT。 前半フェースまでは理解できているプレイヤーが集まるのが基本。 クリア目的PT クリアに向けて最終の詰めを行うPT。 「時間切れ」までは到達しており、ギミックもすべて理解できたプレイヤーが集まるのが基本。 クリア済みパーティ、消化目的パーティ すでにコンテンツをクリアした者同士で集まるPT。 このように、まずは自分の進捗と合ったプレイヤーやPTを見つけ、段階的に進めていきます。 「予習」ついて 「予習」とは、攻略サイトや攻略動画などをみて、事前にコンテンツのギミックや癖を調べておくこと。 もちろん「予習がないと零式に挑戦していはいけない」とスクエニ運営側が述べている訳ではありません。 ただし零式は難易度が高いため、お互いに迷惑をかけないためにも、予習をしておくことが暗黙のルールのようになっています。 「初見見学PT」や「予習なしで自力攻略PT」等を除いて、見知らぬプレイヤー同士の攻略PTに入る場合は、できる限り予習をしておいた方がトラブルは少ないです。 私自身としては、本心は予習をしてまでゲームをするのは味気ないと思っていますが、やはり忙しい中時間を割いて練習しているプレイヤーもいるので、予習はするようにしています。 3.零式に挑む際に、各ジョブ・ロールで覚えておくこと 「零式はこのジョブでないと参加できない」という決まりはなく、どのジョブでももちろん参加できます。 ここでは零式でのPTプレイにおいて、各ジョブ・ロール毎で覚えておきたいポイントを列挙していきます。 タンク職 スキルの特性上、「戦士」or「暗黒騎士」がMT(メインタンク)を務めるのが基本。 「ナイト」はST(サブタンク)として参加になることが多い。 零式では大抵の場合、タンクの「スイッチ」が発生する。 スイッチの際は「シャーク」を忘れずに行う。 また零式では、ヒーラーやDPSのヘイトが追いつく恐れがある。 STは適時「挑発+シャーク」でMTのヘイト量をサポートしてあげると尚良し。 さらに零式ではタンクも火力が求められるため、MTはヘイトに注意しながら「攻撃スタンス」を組み合わせるのが通例。 ヒーラー職 零式の場合、ヒラ2名はピュアヒーラー1名+バリアヒーラー1名ずつ組むのが基本。 ピュア+ピュアのように被らないよう意識しておく。 MP回復が必要でない場面でも、適時「ルーシッドドリーム」でヘイト軽減を行っておくのが親切。 DPS職 火力がウリのDPS職はギミック処理だけでなく、火力詰めを徹底する必要がある。 バフの使うタイミング等も見極め、DPSを詰めていく。 (もちろんタンク、ヒラも火力は意識する。 ) 零式では、タンクからタゲを奪わないように、適時「ディヴァージョン」等でヘイト上昇を抑える。 さらに「牽制」、「アドル」、「パリセード」などダメージ軽減スキルを適時使用し、PTへのダメージを抑えることも大事。 「マナシフト」で詩人の「魔人のレクイエム」を延長するなど、他にもDPSができるサポート方法は意外にも多彩。 たとえば竜+竜+赤+赤のように、ジョブやロールが被ってしまうと、シナジーの低下やLB(リミットブレイク)が貯まりにくくなるなど、無駄が発生してしまいデメリットとなることがある。 ただしこの辺の話は、時間切れを突破するための最終段階の話となるため、「初見PT」や「前半練習PT」でギミックを覚える段階であれば、あまりジョブ被りは意識しなくても問題なし。 4.零式に挑む上ための「装備」について 零式は「IL〇〇の装備を整えないと参加しちゃだめ」のような明確な決まりはありません。 (ただしコンテンツファインダーの場合はIL制限あり) ただしギリギリのバトルとなるため、 その時点で手に入る最高ILの装備を整え、参加するのが通例です。 例えば最新パッチ4. 4「次元の狭間オメガ零式:アルファ編」であれば、アルファノーマル編で手に入る装備(IL380)、もしくは4. 4新式装備(IL380 を揃えて、参加するのがおすすめです。 豆知識:~新式装備とマテリア禁断~ 「新式装備」とは、新たな零式シリーズがリリースされるのに合わせ、追加される装備一式のこと。 新たな零式シリーズを攻略できる性能が設定されており、早期攻略組はこの装備で1~4層を攻略していくことになる。 新式装備は、「クラフターで制作」もしくは「マーケットボードから購入」で入手できる。 こちらも「マテリア禁断をしないといけない」という決まりはないものの、恩恵が大きいため、するに越したことはない。 (アクセ以外の装備は最大3個まで) マテリアで付与される「サブステータス」の恩恵は大きく、部位によっては零式で入手できる高IL装備を上回る性能を持つこともある。 5.零式に挑むまえの「火力」準備~木人討滅戦~ 零式では制限時間があるため、タンク、ヒラ、DPSどのジョブにおいてもDPS(火力)を詰める必要があります。 自身のDPSがどの程度かチェックする手段として活用できるのが「木人討滅戦」。 木人討滅戦は、ギラバニア辺境地帯(X30. 0 Y11. 2)のNPC「傷だらけの偉丈夫」 に話しかけることでコンテンツ開始できます。 木人討滅戦で、そのコンテンツを突破するためのDPS量を疑似的に測れ、スキル回しの練習にもなります。 目安としては、木人討滅戦を制限時間5秒~10秒前に突破できるか。 5~10秒前に突破できれば、本番のコンテンツでも安定して突破できる火力と言えます。 3分間、延々と木人を殴り続けるだけのコンテンツとなるが、シンプルな分、DPSを詰めやすい。 6.零式で使われる「専門用語」解説 零式では、普段のインスタンスダンジョンなどでは、あまり使わない専門用語が飛び交います。 その一例を解説。 マクロ 攻略方法、ギミックの対処法、PTメンバーにこうやって欲しいの要求事項を簡略ににまとめたメモテキストのこと。 テキストをマクロ化しチャット上に流す。 PT募集の場合、募集主が流すことが多い。 週制限のドロップアイテム権を消化していないプレイヤー。 未消化・・・ 意味は、上の今週未と同じ。 今週済・・・ 今週すでにクリアしているプレイヤー。 既にクリア経験のある者同士が、クリアを目的に集まること。 ドロップ関連 石・・・ 2層でドロップする「武器交換用のトームストーン」を指す。 薬・・・ 2、3層でドロップする「アクセ強化用の強化薬」を指す。 繊維・・ 3層でドロップする「防具強化用の強化繊維」を指す。 箱・・・ クリア後に報酬として入手できるアイテムの箱を指す。 箱の数は、週のドロップ権を消化してしまっているプレイヤーが何人PTに混じっているかで変動する。 通常2個、今週済1~4名は1個、今週済4名~は0個。 強化関連 飯、食事・・・ 30分間自身のステータスをアップさせる食事アイテムのこと。 そのパッチでリリースされている最上級の食事(HQ品)を食べるのが通例。 薬・・・ 一定時間自身のステータスをアップさせる薬品アイテムのこと。 「〇〇の湯薬」、「〇〇の強化仙薬」など。 バトル中にタイミングを見計らって使用する。 7.なぜ零式に挑戦するの? 最後に、零式に挑戦する目的や理由はなんなのか。 これはハッキリ言えば「自己満足」です。 零式は特にFF14のメインストーリーに関わるわけでもなく、踏破が必須のコンテンツではありません。 報酬として高レベル装備は手にはいりますが、これも次のパッチアップデートがくれば「ゴミ」と化します。 じゃあなぜ苦労してまで零式に挑戦するかといえば、それはもう自己満足の世界。 ですが、零式をクリアした際の達成感はこの上ないもの。 ゲームとはいえ、何人ものプレイヤーたちと同じ目標にむかい突き進んでいくわけですので、学生時代の部活動やスポーツに似た興奮を味わえます。 この部分はノーマルのコンテンツとは決定的な差です。 そんな興奮を味わいたい方は、零式に挑戦してみてはいかがでしょう。 その力は強大で、倒した際にはこの上ない達成感を味わえる。 まとめ 以上、FF14の零式コンテンツについてとなります。 零式は決して簡単なコンテンツではないですが、FF14プレイヤー全員に参加する権利があります。 これから零式を挑戦しようか迷っていた方の参考になれましたら幸いです! 関連記事:.

次の