マリルリ ポケモンgo。 【ポケモンGO】青い悪魔「マリルリ」に勝利するコツは? 弱点やオススメの対策ポケモンを紹介

【ポケモンGO】マリルリのスーパーリーグ最適技と対策ポケモン:最強ポケモンの一角!|ポケらく

マリルリ ポケモンgo

まずは、ラッキーからハピナスへ進化完了。 PL40までの強化は膨大な「ほしのすな」と「ポケモンのアメ」を消費するため、 キラポケの砂消費半額は助かる。 ボーマンダ(FFF)MAX強化(PL40) 続いて、コミュニティ・デイで、特別なわざ げきりんを覚えたボーマンダをMAX強化する。 また、悩ましい点に技のレガシー化があり、 進化させた方が正解なのか、特別なわざを待ってから進化させた方が正解なのか、 文字通り、丁か半かの、進化 博打 ばくち状態となっている。 ラムパルド(FFF)MAX強化(PL40) アドベンチャーウィークが始まり、それまで激レア 且 かつ、 強ポケだったトリデプス (スーパーリーグのトップメタ)や、ラムパルド (岩タイプ最強アタッカー)が、 高難易度フィールドリサーチとはいえ、一気にバラまかれる事態となった。 ズガイドスは、 岩タイプ最強アタッカーであるラムパルドに進化する。 せっかくなので、早速、進化、及びMAX強化したいと思う。 しかし、CP3000を超えたところで、「ズガイドスのアメ」が尽きてしまった。 MAX強化までは、アメが88個ほど足りない。 とはいえ、アドベンチャーウィーク期間中なら、アメ確保は容易いため、 フィールドリサーチをコツコツこなせば、アメは自然と集まるだろう。 「ズガイドスのアメ」を求め、コツコツとフィールドリサーチをこなしていたが、 ご覧の通り、アドベンチャーウィーク中に、東京は梅雨入り。 小雨程度なら決行する予定だったが、 次第に雨は強くなり、アメ集めどころではなくなって、そのまま続行不可能に。 悪天候下でアメ集めに無茶をするのは、身の危険や社会への迷惑になりかねない。 こんな時は、大人しく中華振り子で残りのアメを稼ぐしかない。 相棒ポケモンを、ミノムッチからラムパルドに変更し、振り子スタート。 「ズガイドスのアメ」ノルマ達成&MAX強化完了。 これで、カイリューやボーマンダ、レックウザなどの ドラゴン& ひこう 勢 ぜいを最速処理できる。 このマンムーはコミュデイ限定の特別なわざ げんしのちからを覚えているため、 こおりアタッカーとして使うには、 サードアタックの解放も要する。 サードアタック解放後は、わざマシンで じならしを ゆきなだれに変更し、完了。 ディアルガ(FFE)MAX強化(PL40) 本日ラストは、ディアルガのMAX強化。 耐性が優れているため、幅広くオールマイティーに使えるポケモン。 どうせ、色違い商法で、いずれ色違いディアルガが登場する。 強化用のアメの不足分は、ふしぎなアメをぶち込む。 伝説ポケモンは、相棒で稼ぐのは非効率なため、不足分は、ふしぎなアメ一択である。 ディアルガのMAX強化完了。 ドサイドン(FFE)MAX強化(PL40) サイホーンが比較的、雑魚ポケモンの部類で、アメ集めや厳選がしやすいが、 ドサイドンまで育てると非常に種族値が高くなり、技構成も優秀なため、 ジムやレイドのアタッカーとして使える。 いわ統一にしても、 じめん統一にしても、 強力なライバル【 いわ統一 (バンギラスやラムパルド)、 じめん統一 (グラードン)】が既に存在するため、若干、劣化版感は否めないが、 ライバルに比べるとレア度が下がるため、厳選や育成コストで差別化できる。 二重弱点持ちのため、対策されると脆いが、ジム置き要員としても使える。 ファイヤーには つばさでうつが追加され、特別なわざである ゴッドバード持ちのファイヤーであれば、 飛行統一が可能となった。 これにより、 ほのお統一でも、 ひこう統一でも、トップクラスのアタッカーとなった。 ゴッドバード持ちのファイヤーをBOX内から掘り出し、「ふしぎなアメ」を投入してMAX強化。 更に「ふしぎなアメ」を投下し、サードアタック解放。 カイリキー(FFF)MAX強化(PL40) カイリキーは、優秀なジムアタッカーのため、何体作っても困らない。 筆者も、MAX強化カイリキーを、既に十分な数、作成済みであったが、 強化系のフィールドリサーチを拾った時は、とりあえずカイリキーを強化してタスクを処理していた。 今回、MAX強化に至ったため報告。 伝説系はサードアタックの解放コストが高額のため、ライトユーザーなどが使うには、少し敷居が高くなってしまうのが難点。 PL40まで強化する必要があるため、マリルリなどと同様、スーパーリーグ用としては、育成コストが高め。 マッスグマは、 シャドークローの強化と、多彩なゲージ技で、スーパーリーグ界では、ダークホース的な位置づけにいる。 わざの解放コストは、メルメタルとは打って変わって「ほしのすな:10,000」という格安で解放できる。 ただし、最大CPは低いため、スーパーリーグ用に育てる場合、PL40まで強化する必要がある。 個体値によって前後はあるが、最大CPが低いため、ほぼMAX強化が必要となる。 技解放も合わせ、この時点では、まだまだアメが貴重なため、量産の難しいポケモンだった。 とはいえ、幻のポケモンのため、育成コストは高め。 また、トレードも禁止されているため、厳選難易度も高く、ある程度の妥協は必要。 と、いうのも、タマゴ孵化やレイド産の個体は、PL20固定 (天候ブースト時はPL25)のため、 その時点で、トゲキッスまで進化させると自動的にCP1500を超えてしまう。 CP1500以下に抑えるには、野生湧きしたPL17以下のトゲチックを入手する他ないのだが、 トゲチックは野生湧き超激レア種で、当然、ポケモンの巣も存在しない。 絶望的だと思われたスーパーリーグでのトゲチック使用だが、 ナイアン (Niantic, Inc. )からの 計 はからいなのか、 横浜イベント(2019)でトゲチックが (サプライズで)定期湧き対象となり、 厳選が可能となった。 メタグロスが攻撃型なのに対し、ドータクンは防御型のため、スーパーリーグに最適。 じならしはあまり性能がよくないが、 じめん技は使い勝手がよい。 はがねとしても使いたい場合は、 じならしを切って ラスターカノン。 5) 環境が移り変わっても、結局マリルリに回帰する。 スーパーリーグ界の覇者、マリルリ。 スーパーリーグを掌握するためには、マリルリ厳選を避けては通れない。 良い個体を拾ったら、スタメンを刷新して行く。 マリルリをスーパーリーグで使うためには、 ほぼMAX強化が必要なため、量産する場合、砂の出費が手痛い。

次の

【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「スーパーリーグ用に育てたいポケモン」その1~5

マリルリ ポケモンgo

マリルリ みずうさぎポケモン ぜんこくNo. 184 高さ 0. 8m 重さ• 5kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Azumarill タイプ相性による弱点• 5 0. 5 0. 5 進化の流れ• 18で『マリル』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 攻撃時の自分の『こうげき』が2倍になる。 なお、技『イカサマ』の場合も、相手の『こうげき』を自分の能力にコピーした後に2倍にして攻撃する。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 投げつけた道具はなくなる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 それまでに交代したポケモンは効果が消える。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし、PPが0になると解除される。 なお、Zワザは影響を受けずに使うことができる。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 ただし、同じ『タイプ』を持っている場合は失敗する。 自分の技も対象となる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 通常攻撃。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 USUM New! 相手の『みがわり』状態を貫通する。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。

次の

【ポケモンGO】マリルリの色違い情報とPvPのおすすめ技

マリルリ ポケモンgo

レジスチル同様、マリルリ対策のポケモンが多くスーパーリーグにいます。 マリルリは高耐久、高威力を兼ね備え、安定した立ち回りを見せてくれますが、スペシャルわざのたまりがやや遅いのが難点。 そこを狙って、シールドを使いながらマリルリを突破していくポケモンが多くいます。 それらに負けることなくマリルリを最大限に活かすために、この記事を参考にしてみてください。 じゃれつくは対マリルリ、ブラッキーに有効。 ハイドロポンプがないため、はがね相手にはどうしようもなくなるので、不利な場面が多くなる。 ハイドロポンプを持っているかのようにハッタリをかませば、うまく立ち回れることもある。 ハイドロポンプではがねタイプと応戦。 れいとうビームでチルタリス、くさタイプを対処。 素早くスペシャルわざを出したい時にも、れいとうビームは有効。 幅広く対応できるので、大負けしにくい型。 この2匹と対面することは多いため、じゃれつく型も選択の一つに。 チルタリスにばつぐんで与えられるのも大きい。 くさタイプにはさらに不利になってしまうため、パーティーの構成でうまくカバーしたい。 初手で対面した場合は、相手が交代受けを狙いつつ、ゴッドバードをためることがあるので、スペシャルわざ発動のタイミングに気をつける。 すべてのわざを耐性で受けられる。 あわで削りながらゲージ貯めに利用する。 相手が交代したら、こちらも別のポケモンで対応し、マリルリを対リザードン用にキープ。 ブラフのほねこんぼうも気にせず、突破していきたい。 ハイドロポンプが決まれば気持ちいい。 〇レジスチル 5:5 ハイドロポンプ2発で沈められる。 序盤ならほぼ確実にレジスチル側がシールドを張って、ラスターカノンで対抗する。 パーティーの構成次第で、こちらもシールドを張るか張らないか決める。 〇トリデプス 6:4 あわ、ハイドロポンプをばつぐんで与えられ、トリデプス側は等倍になるため、有利に戦える。 ハイドロポンプ読みで別のポケモンに交代してくることがあるので、そこを警戒。 〇クチート 6:4 レジスチル対策のほのおのキバ型がほとんどなので、耐性受けできる。 ハイドロポンプ1発当たればほぼ沈められる。 アイアンヘッドかじゃれつくを1発撃たれる程度なので、突破しやすい。 〇ジラーチ 5:5 お互い等倍での攻撃になるが、耐久力の差でマリルリ側が有利。 〇エアームド 6:4 お互い等倍での戦いになり、基礎性能の差でマリルリが勝つ。 ハイドロポンプとあわで沈められるが、相手の交代受けに注意。 エアームドのHPがわずかなら、等倍になるれいとうビームを使う。 〇チャーレム 6:4 チャーレムの技はサイコキネシス以外耐性で受けられ、こちらの技は等倍で与えられるので有利。 パーティー内のレジスチルやブラッキーがチャーレムと当たらないよう、うまくマリルリと対面したい。 〇ドクロッグ 5:5 ドクロッグは耐久力が低いため、れいとうビームだけでも致命傷になる。 ただしヘドロばくだんを食らえば、一気に不利になるので読みが外れたら負けることも。 ドクロッグ側はシールド前提で戦ってくるので、後続で有利なのがいなければマリルリで戦っていく。 〇ヤルキモノ 6:4 カウンターを耐性受けでき、マリルリの高耐久で押し勝てる。 のしかかりの威力は低いので、シールドを張らずに突破する。 レジスチル、ブラッキー、ゴーストがヤルキモノと対面しないよう、うまくマリルリと戦わせたい。 〇ナマズン 5:5 耐久力の差でマリルリがやや有利。 こちらの技をシールドで防いで突破してくることもあるが、威力の低いどろばくだんにシールドを張るのは少しもったいない気がする。 後続次第でマリルリを残すか、相手に突破させるか決める。 〇ブラッキー 5:5 じゃれつくがあれば、確実に有利。 れいとうビーム型ならハイドロポンプで戦うことになり、シールドを張られたら負けることも。 ブラッキー側がこちらのわざの型を知るために、1回受けてくることがある。 じゃれつく型でない場合は、相手にシールドを張らせて後続に持ち込むか立ち回りを考えていく。 〇ヤミラミ 6:4 ヤミラミ側のイカサマを耐性受けできるため、有利な対面。 れいとうビームでもほぼ致命傷になるので、相手にプレッシャーを与えられる。 終盤のれいとうビームで逆転勝利は狙える。 つるのむちでゲージ貯めに利用されやすいので、なるべくすぐに交代する。 れいとうビーム型なら、そこに希望を見出す。 じゃれつく型で、れいとうビームのブラフとして撃っても1回は受けられるのであまり意味がない。 後半で当たったら絶望的。 れいとうビームが間に合うか。 それどころかバークアウトで大きくゲージ貯めに利用されるので、すぐに交代する。 れいとうビームを2重弱点で与えられるため、1発逆転は期待できる。 が、基本的に対峙しないようにしたい。 はっぱカッター型ならどうしようもない。 シールドがない状態でもかみなりパンチを連発されたり、ボルトチェンジでガンガン減らしてくるのでほぼ勝てない。 アローラライチュウ対策のポケモンをパーティーに入れて立ち回る。 マリルリ、レジスチル対策にランターンが使われているので、カバーできるポケモンを用意したい。 対面したらすぐ逃げる。 ランターンと同様に、マリルリとレジスチル対策に使われる。 さらにむしのさざめきでブラッキーやエスパータイプにも対抗できるので、パーティー選択を難しくさせる。 ハイドロポンプ対策に必ずシールドを1枚張ってくる。 後続に任せるか、シールドを使って倒すかはパーティーの構成次第。 じゃれつくがあれば安心だが、れいとうビームの場合は不利に。 じゃれつく型と見せかけてプレッシャーをかけてくることもあるので、まずは1回受けて相手のわざ構成を確認する。 ハイドロポンプが1発当たれば勝てるが、大体シールドを張られて沈められる。 こちらがシールド1枚多い状況になるので後続に任せる。 プクリンのHPをギリギリまで削って、後続の起点に利用する。 たまったゲージでシャドーボールを撃たれるので、後続に出すポケモン選びは慎重に。 運要素がかなり強く、後続に交代してもうまくいかない事もあるので、マリルリで戦えるところまで戦うか、後続に期待するかが難しい。 こちらのあわやれいとうビームはばつぐんで与えられるが、スペシャルわざの回転の差で負けやすい。 シールドを張るべきか否かが難しい。 ブラフにいわなだれを使ってくることがあるので、安易にシールドは使えない。 ハイドロポンプでシールドを1枚使わせて退場するか、れいとうビーム、じゃれつくをうまく使って2回スペシャルわざを使えるように立ち回るべきか。 かみなりパンチ型なら勝てないが、それ以外なら可能性はある。 ねんりきが痛いので、相手にゲージ貯めに利用されながら突破されやすい。 れいとうビームが2回すぐ撃てる状態なら戦う。 あわだけでもかなり減らせられるので、突破されたとしても後続次第ではなんとかなる。 3匹いずれも高耐久、高威力でそれぞれの弱点を補完し合ってるので、安定性がある。 まずスーパーリーグで戦ってみたいならこの3匹で挑戦し、自分の得手不得手を知り、応用していくのがおススメ。 自分の思うような構成に、マリルリを1匹入れることで安定性を高められる。 くさ対策にエアームドを採用することで、はっぱカッター型やダーテングに壊滅させにくくする。 初手でくさタイプを出されるとかなりキツいが、それ以外だと負けたとしてもボロ負けになることはない。 ゴーストが切り札なので、ブラッキーの部分をレジスチルやメガニウムにして、相手にシールドを使わせるようにしたい。

次の